配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

電子タバコとは

電子タバコとは 電子タバコとは、海外で爆発的にヒットしており日本ではこれからの商品です。
電子タバコは、電熱線を使って様々な味や香りをつけた液体(リキッド)を気化させて出来た水蒸気を吸い込むという普通のタバコでも、禁煙具でもない1つの嗜好品ですが、ニコチンを含んだリキッドを気化させる事で、タバコと同様にニコチンを吸い込む事が可能であり、タールを含まないため、部屋を黄色く汚す心配なども軽減されます。
日本国内では、ニコチン入りのリキッド販売は既に規制が掛かって下りますので、手に入れる場合は、海外からの個人輸入となるようです。
また禁煙グッズとしても普及しており、ニコチンを含まないフルーツ味等の様々な香料を含んだリキッドを気化させた煙を吸って吐き出すなど、類似行為が禁煙器具として注目を集めています。
ニコチンを含んでいないので、周囲に迷惑な副流煙の心配もありません。
身体的依存によるニコチン摂取量低減などの医療的な効果は、あまり期待出来ませんが、口寂しさを紛らわす精神的依存の解消効果に繋がります。
普通の紙タバコと比較して、ニコチン入りのリキッドを選べば、同様の効果で高いコストパフォーマンスを得られますが、香料入りのリキッドであれば、禁煙具として副流煙が無い・誰にも迷惑が無い・コスト面の安さなど様々なメリットがあります。
日本国内でも、新しい物好きな若い世代で段々と普及し始めているようです。

電子タバコのメカニズム

電子タバコのメカニズム 電子タバコのパーツは、主に本体のバッテリーとカトマイザーの2つから成り立っており、そこにお好みのリキッドを入れれば直ぐに使用できます。
本体を充電し、カトマイザーと呼ばれる部分にミストとなるためのリキッドを入れて、ミストを噴射・吸引します。メーカーにもよりますが取り付けも差し込むだけと簡単です。
カトマイザーに入れる液体も種類が豊富でタバコ味やメンソール味、チョコレートやイチゴと様々な味があり、香りを楽しめます。
吸い方も手動ならスイッチを押す、自動なら先に煙の量を調整して、そのまま吸い口より吸引することで気流センサーが反応して、カトマイザー内の液体を霧状化し、吸い口から霧状の希釈液を噴出します。
タバコの煙とほぼ同じの粒子の大きさの為、水分吸収されにくく、肺まで深く吸引した後に吐き出しても、煙が良く見え長く残ります。
メーカーによって、詳細や専用のカートリッジなどの使い分けが必要になることもありますので、購入前にはメーカーなどを調べておくとより便利に電子タバコを使うことができます。

電子タバコの利用価値

吸入感覚が、タバコに非常に近いと言われており、タバコの代替品や禁煙あるいは減煙用の補助具として用いられることもあります。
喫煙者に多いのが口寂しさからタバコを吸ってしまう、という精神的依存の解消が期待されると言われておりますが、個人輸入代行でニコチン入りのリキッドを買うことも可能ですので、徐々にニコチンの量を減らして行き、ニコチン依存から効率的に脱却できるとも言われております。
また間食の代用品として使用する人もいるので、間食を抑えダイエットに繋がるとも考えられます。
電子タバコの購入は、初期費用(1セット平均5000円ほど)やリキッド代、消耗パーツ交換などの購入費用は必要ですが、ずっとタバコを購入することを考えますと経済的であることが分かります。
ニコチン入りのリキッドは、500円前後(10~15ml)で、1~2週間ほど持たせる事ができるので、コストパフォーマンスも良いと言えます。
火も使わないので安全ですし、吸い殻や灰の始末がないので手間も減るかと思います。

電子タバコのメリット・デメリット

1番のメリットとして、現状は電子タバコの方が安いことがあげられます。
初期費用は掛かりますが、長期使用することを考えていくとタバコを購入するよりも遥かに安いことが挙げられます。
リキッドのフレーバーも種類が豊富で美味しく、気分によって変えられるので自分の好みの味を探す楽しみもあります。
火を使わないので火事の心配もなく、吸い殻や灰も出ないので、片付けの手間も省けます。
リキッドを購入すると1、2週間は、保つのでタバコが切れるという心配もありません。
発癌性物質であるタールが含まれないので、部屋が黄ばむこともなく、より健康的とも言われておりますが、電子タバコの安全性が証明されていないのも事実です。
一部の粗悪なリキッドに有害物質が含まれていたとの報告もあり、世に出て新しいものなので、症例もあまりありません。
確実に体に悪いとされているタバコを吸うか?あまり分かっていないが良いかもしれない電子タバコを吸うか?こればかりは、吸う人の判断に委ねられるので長所短所知った上で電子タバコを検討しましょう。

電子タバコの世界背景

タバコに対する健康被害などの考え方は、欧米先進国の方がシビアで、日本より遥かに高く、たばこ税がかけられている国が多く、中にはタバコ1箱が1000円以上する国もあります。
値段が高いタバコを買い続けるわけにもいかないので、海外の喫煙者の間でニコチンを水蒸気で摂取できる電子タバコが注目を集めております。
その後2007年から2008年には、電子タバコの市場は拡大し、多くの企業が参入しましたが、WHOが電子タバコの安全性を危惧しており、一部リキッドに「ニコチン以外の有毒化学物質の存在」が示されており、使用しないよう勧告しております。
2010年には、電子タバコの規制を強化する国が増加し、タバコと同じレベルまで引き上げようとする動きもあるようです。
しかしながら電子タバコの種類増加やリラックス効果の高い商品も登場し、電子タバコの市場は若い人を中心に支持され続けています。
市場はさらに拡大されるかと思われますので今後の動きに注目です。
TOPに戻る