お問い合わせ11:00~18:00
お問い合わせ
電話番号
お薬の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
カテゴリー検索
メーカー検索
重要なお知らせ

ジェネリック薬の効果と安全性

ジェネリック医薬品とは ジェネリック医薬品という薬の存在は耳にしたことがあっても、どのような薬なのか一般的な認知は広まっていないのが現状です。
効果はあるのか、そもそも安全なのかという点が気になりますが、ジェネリック医薬品について正しい認識を持てば利用の幅も広がるでしょう。
そもそもジェネリック医薬品とは、先発医薬品である新薬の有用成分をもとに製造された医薬品であり、そのため後発医薬品とも呼ばれています。
新薬の有用成分、用量、用法、製法を用いて製造するため、新薬と同様の品質と効果を持つ医薬品であり、その効果は厚生労働省にも認証されています。
厚生労働省に認可されないと製造・販売することは禁止されているので、世に出回るジェネリック品は国お墨付きの効果があると思って間違いありません。
また、ジェネリック品は特許権が切れた新薬から作られますので、約20年の特許期間中に多くの患者さんが利用した症例から成分の有効性から副作用までが確認されています。
そのため、信頼できる薬ですので安全に服用してもらうことが可能です。

余談として、服用しやすいように剤型を小型化したり、形状を換えたり、苦みを抑えるために異なる添加剤を使用することもありますが、それが新薬との効果の差に表れるというようなことはありません。
いずれにしても、厚生労働省の設ける基準をクリアして製造されていますので、異なる添加物が配合されていようが安全性には変わりありませんし、効果への影響もないでしょう。
ここまででも十分に効果と安全性は確認できたかと思いますが、さらに安全性の証明の一つとして、ジェネリック品は医師が処方する医薬品としても用いられることもあります。
そのためジェネリック品の利用にあたっては、医師または調剤薬局で薬剤師に相談してみてください。
また、医師が出す処方箋にジェネリック品の名称の明記がある、または「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更可能」欄にチェックと医師のサインがあれば患者の意思で処方される薬を先発医薬品からジェネリック品に変更してもらうこともできます。
ジェネリック品を利用することの最大の目的は薬価の安さです。
新薬と比べて3割程度安く入手できるので、患者さんへの医療費負担が減らせます。
ただし、すべての新薬にジェネリック品があるわけではありませんので、現在服用している薬のジェネリック品が知りたいときには日本ジェネリック医薬品学会ホームページにて検索してみましょう。
TOPに戻る