フリバン(性的欲求低下障害治療薬)
  • フリバン(性的欲求低下障害治療薬)

フリバンは閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的としたフリバンセリンを主成分とした治療薬です。

特徴 フリバンは新たな女性の不感症の改善を目的として開発されたアディ(addyi)のジェネリック医薬品です。 女性の性欲を高める医薬品が市場で初めて登場したことで注目を集めています。 2015年10月に米国FDAから認可を受けたことで注目されているフリバンと同一成分が含まれた医薬品で、ピンク色の菱形の錠剤が特徴です。 効果 フリバンの主成分であるフリバンセリンは閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした医薬品です。 主成分のフリバンセリンを服用すると、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌を抑制し、快楽ホルモンのドーパミンの分泌を促進させることで性的欲求の低下を改善します。 フリバンセリン成分は、特に閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした有効成分であるため、媚薬的な効果は期待できません。 副作用 主な副作用は、眠気、吐き気、疲労感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgの購入が可能です。
    %%PROPERTY%%

有効成分:フリバンセリン/ Flibanserin 100mg

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ