配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

メラトニンとは

メラトニンとは

メラトニンとは メラトニンとは「眠りを司るホルモン」と呼ばれ、脳内の松果体から分泌されるホルモンです。
メラトニンは体内時計に対して指示を出すホルモンで、睡眠と覚醒の脳内モードを切り替えて自然な眠りへといざなう効果があります。
人間が朝、太陽の強い光を浴びると、脳に存在する体内時計の針がリセットされ「活動状態」へと切り替わります。
また、体内時計はメラトニンの分泌を止める信号を出し、14~16時間の活動時間を経て、再び体内時計からの指令によりメラトニンが分泌されます。
メラトニンの分泌が徐々に上がっていくことで、その効果によって体の深い部分での体温(深部体温)が低下し、休息するのにちょうど良い状態へといざなわれて「眠気」を感じるようになるのです。
こうして眠りの状態を司るだけではなく、抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用とは、細胞の老化の一端となっている活性酵素の活動を食い止める効果の事です。
メラトニンはこうした抗酸化作用による老化防止、そして抗がん作用もあることが認められています。
アメリカでは、このメラトニンのサプリメントは抗老化ホルモンとして大ブームにもなり、現在も愛用されています。

メラトニンの働き

眠りを司るホルモンと言えるメラトニンは、脳の松果体から発せられるその分泌で、副交感神経系へ影響を与えます。
メラトニンの分泌により、血圧、体温、脈拍といったものが低下し、脳は睡眠の態勢が出来上がったと認識することで、眠りに就くことができるのです。
メラトニンにはこうした「催眠作用」への流れを司り、そして人間が体内時計の中で自然と入眠へのサイクルに戻ってこれるような「体内時計の調整」という機能を有しています。
不眠症の原因は、不規則な生活習慣やきちんと太陽光を浴びていないといった「人間本来の活動サイクル」が狂ってしまうことにあります。
メラトニンの活動は、それらの乱れた生活の歯車を調整してくれるのです。
そしてメラトニンには、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用やNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きもあります。
ナチュラルキラー細胞とは、細胞の悪性化やウイルス感染などによって、体内に異常な細胞が現れた際に、すぐに対処しそれら異常な細胞を攻撃する、いわば「体の警備員」です。
体の最前線で活動をするNK細胞が活性化することで、体内のガン化した細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃して、健康を保つのに必須のホルモンと言えるでしょう。 メラトニンの働き

メラトニンが不足する原因

メラトニンが不足する原因 「睡眠ホルモン」と言えるメラトニンは、体内時計のリズムを調整し、入眠状態へといざなってくれるばかりか、老化防止に効果的な抗酸化作用や体内のウイルスを撃退してくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させてくれるなど、良い事づくめのホルモンです。
メラトニンが不足してしまうと、入眠への準備はもちろん、体内時計のバランスは崩れ、体内のウイルスへの対処にも力が入りづらくなると、想像するに恐ろしいことが起きてしまいます。
メラトニンが不足する原因とて挙げられるのは、日光を浴びる時間が減る事にあります。
メラトニンが自然に生み出されるには、日光を浴びるのが必要不可欠です。
室内で行動することも多い現代では、太陽光を浴びる事なく、1日を過ごす事もざらにあります。
紫外線に気を付けるのはもちろんですが、やはりメラトニンの分泌には日光が必要です。
加えて夜型の生活リズムも、様々な要因で生活に圧し掛かるストレスもメラトニン減少のきっかけです。
基本的には、現代の我々人類の生活習慣そのものが、メラトニンを減少させる毎日になっているということですが、サプリメントでの補給も視野に入れつつ、メラトニン不足の条件を調べていきましょう。

1.食生活
食生活 脳の松果体から分泌されるホルモン「メラトニン」の不足時にどうすればいいのか?
体内で生成されるものですので、やはり体を形作るには食品の存在が重要になってきます。
メラトニンを多く含んでいる食物を摂るとすれば、青汁の中身としてよく知られている「ケール」があります。
その他にもバナナやカイワレ大根にも含まれていることが解っています。
ただ、メラトニンを多く含んでいる食品を食べても体内でメラトニンを作り出せるのか?という疑問については、まだ不明な点も多いようです。
ですので、普段の食事からメラトニンを生成させるためには、メラトニン生成の材料となるトリプトファンが重要になります。
トリプトファンは、魚や肉類といったタンパク質に多く含まれていますので、摂り易い食品といえます。
または手っ取り早くサプリメントで補充するのが、効果的と言えます。

2.加齢
加齢 メラトニンは、残念ながら加齢によって減少していきます。
高齢者の起床時間が早過ぎたり、夜中に何度も目が覚めてしまう、若い頃に比べて明らかに睡眠時間が減っているというのも、メラトニン不足によるものと言われています。
メラトニンの分泌量は10歳くらいの時期がピークと言われています。
その後、メラトニンの減少が始まると共に思春期がはじまり、以降は減り続けていきます。
そして高齢になると、60歳でメラトニンの量は6分の1以下にまで減少していくのです。
何も考えずとも「朝は動き回って夜は寝る」という幼き日々を改めて思い出しながらも、年齢と共に減っていくメラトニンという現実は目の前にあり、対策を講じなければ減る一方です。

3.ストレス
ストレス 現代社会における「ヒトの生き方」がメラトニン不足を招いている。というのは以前にも紹介しましたが、特に重要なのがストレスによるメラトニン不足でしょう。
メラトニンの分泌に重要な役割を果たすのが「セロトニン」と呼ばれる脳内物質です。
これは心を落ち着かせ、気持ちをリラックスの方向に導く効果があり、普段の暮らしの中で我々の心を守ってくれる存在です。
しかし、ストレスに曝される事が多くなると、コルチゾールや糖質コルチコイドという通称「ストレスホルモン」と呼ばれる副腎皮質ホルモンの分泌が増え、セロトニンの動きを弱めてしまうのです。
結果、セロトニンが弱まる事で、メラトニンの分泌も防がれてしまうのです。

メラトニンとセロトニン

メラトニンとセロトニン 不眠症について調べると必ず突き当たるのが「眠りを司るホルモン」ことメラトニンの存在です。
メラトニンは、気持ちを落ち着かせる副交感神経を優位にさせ、呼吸や脈拍を緩やかに低くして、体内の核とも言える「深部体温」を下げます。
こうした働きがあるおかげで、我々の体は心地よく眠りに就く事が出来るのです。
特に体温が下がるというのは重要で、体温が高いところから低いところに落ちる時に人間は眠くなると言えます。
雪山で遭難するシチュエーションのようですが、体温が肝ということですね。
通常の生活サイクルでは、夜9時頃からメラトニンの分泌が始まり、夜11時位には眠気を感じる状態まで高くなります。
しかし、朝起きる時間がバラバラになったり、不規則な生活スタイルが続いているとメラトニンの分泌は止まってしまい、結果として眠れなくなってしまうのです。
そんなメラトニンを分泌させるには「セロトニン」という物質が必要不可欠です。
セロトニンは、メラトニンの材料となる物質ですから、セロトニンを増やす事すなわちメラトニンが増えると言えます。
セロトニンは昼間に分泌され、特に太陽の光を浴びることで促進されます。
そのメラトニンの元となる材料がトリプトファンと呼ばれる物質です。
これはお米やパンにも含まれておりますので、体内の生活リズムを整えながら食事をしっかり摂ることが、不眠症改善への一歩と言えます。

不眠症が発症する仕組み

不眠症が発症する仕組み 現代人を多く悩ませている不眠症の発症の仕組みはどうなっているのでしょうか?
入眠時間の乱れ、生活サイクルそのものの変化、人間関係、仕事や家族といった強いストレス、これらの要因が複合して脳の松果体という場所にある「眠りを司るホルモン」メラトニンの分泌量が減ってきます。
このメラトニンが不足する事で、体を落ち着かせ、体温を下げて眠りへといざなう副交感神経の機能が低下します。
そうなると交感神経の緊張が高まり、脳が強い興奮状態になってしまうのです。
結果、分かりやすい言葉で言うと「目が冴えて眠れない」という状況になります。
この状態を改善するには、メラトニンの材料となるセロトニンを作り出す必要があります。
日中に日光を浴びる事で分泌が促進されるセロトニンですが、それも限界があるのです。
そこでセロトニンから遡り、セロトニンを作り出す物質である「トリプトファン」を増やす必要が出てきます。
トリプトファンは白米やパン、バナナや牛乳に含まれているのですが、しっかりした食事を摂りながら生活態度を改める必要があります。
不眠症という病気になってしまった後で、そうした改善活動は、かなりのエネルギーがいることは想像できます。
そこで、メラトニンやセロトニンを効率よく摂取する薬やサプリメントが必要になってくるのです。
TOPに戻る