アストラゼネカの商品一覧

  • テノーミン

    テノーミン

    特徴 テノーミンはアストラゼネカ社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。 当サイトで取り扱っているテノーミンは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 テノーミンの主成分であるアテノロールは、心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては25mg/50mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠67円~
    売切れ
    詳細を見る
  • パルミコート吸入液(リノコート)

    パルミコート吸入液(リノコート)

    特徴 リノコート点鼻薬はアストラゼネカ社が販売している吸入ステロイド喘息治療剤です。 パルミコート吸入液のジェネリック医薬品で、鼻から直接吸入するタイプが特徴です。 効果 セロフロの主成分であるブデソニドは、強い抗炎症の効果を持ち、組織の反応を鈍化させることで、気管支喘息の治療に効果があります。 その他にも、喘息の予防効果、アレルギー症状の緩和、炎症部位の緩和などの効果があります。 副作用 主な副作用には口腔カンジダ症、感染症、発疹、悪心などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120回分が購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブロプレス

    ブロプレス

    特徴 ブロプレスはアストラゼネカ社が開発した高血圧症、腎実質性高血圧症の治療薬です。 当サイトで取り扱っているブロプレスは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 ブロプレスの主成分であるカンデサルタンシレキセチルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、ふらつき、食欲不振、胃部不快感などがあげられます。 成分 日本国内においては2mg/4mg/8mg/12mgが処方されています。 当サイトでは4mg/8mg/16mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠60円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オングリザ

    オングリザ

    特徴 オングリザはアストラゼネカ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているオングリザは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 オングリザの主成分であるサキサグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎などがあげられます。 成分量 日本国内においては2.5mg/5mgが処方されています。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠202円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • キシロカインゼリー

    キシロカインゼリー

    特徴 キシロカインゼリーはアストラゼネカ社が開発した表面麻酔薬です。 直接痛み、かゆみの患部や、陰茎、亀頭に塗布するタイプの外用薬です。 効果 キシロカインゼリーの主成分であるリドカインは、局部麻酔の効果があり、体内の活動電位を不活性化する作用により神経伝達を遮断し、早漏を解消します。 医療現場でも使用されており、痛み、かゆみの箇所に直接塗布することで、患部を麻痺させ緩和させる効果があります。 副作用 主な副作用には、かゆみ、かぶれ、発疹などの症状があげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 個人輸入を行っている当サイトでは2%が購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1本1,910円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る

最近チェックした商品

上へ