副鼻腔炎・蓄膿症

更新日:
副鼻腔炎とは、ウイルスや細菌感染により鼻が詰まり頭痛や息苦しさを伴う疾患です。風邪と併発しやすく鼻水の粘度が黄色くドロっとして異臭が出る特徴があります。3ヶ月以上症状が持続すると慢性化し蓄膿症に発達してしまいます。

売れ筋ランキング

副鼻腔炎・蓄膿症の商品一覧

  • ジスリン

    ジスリン

    特徴 ジスリンはスマート社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ジスリンの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。 また、抗炎症作用があります。 副作用 主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mg/1000mgの3種類が購入可能です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠253円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン点鼻薬

    ナシビン点鼻薬

    特徴 ナシビン点鼻薬はMSD社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 ナシビン点鼻薬は、花粉症などの症状を改善するアレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン点鼻薬は、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン点鼻薬の主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本862円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オトリビン点鼻薬

    オトリビン点鼻薬

    特徴 オトリビン点鼻薬はGSKファーマが開発したアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療薬で、直接鼻に噴霧するタイプの外用薬です。 当サイトが取り扱っているオトリビン点鼻薬は、GSKファーマが製造・販売している正規品です。 効果 オトリビン点鼻薬の主成分であるキシロメタゾリンは鼻の中の血管を収縮して、鼻詰まりを解消します。 優れた即効性と持続性があります。 副作用 主な副作用は、刺激感、めまい、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本973円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン鼻炎スプレー

    ナシビン鼻炎スプレー

    特徴 ナシビン鼻炎スプレーはシェリング・プラウ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 日本で販売されているナシビンMスプレー(佐藤製薬)と同成分の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン鼻炎スプレーは、シェリング・プラウ社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン鼻炎スプレーの主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:シェリング・プラウ

    もっと見る

    1本1,780円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビリン

    クラビリン

    特徴 クラビリンはスマート社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄いピンク色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 クラビリンの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シプロキサン・ジェネリック

    シプロキサン・ジェネリック

    特徴 シプロックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 淋病などの性感染症のほか、幅広い細菌感染症の治療に用いられます。 先発薬であるシプロキサンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 シプロックスの主成分であるシプロフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発疹、光線過敏症、蕁麻疹、そう痒症、消化機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビクシリン・ジェネリック

    ビクシリン・ジェネリック

    特徴 ビクシリン・ジェネリックはザイダスカディラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 主に梅毒の治療に用いられます。 ビクシリンのジェネリック医薬品で、オレンジ色のカプセル型が特徴です。 効果 ビクシリン・ジェネリックの主成分であるアンピシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリスロマイシン・ジェネリック

    クラリスロマイシン・ジェネリック

    特徴 ゾクラーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアやマイコプラズマなどの細菌感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なクラリスやクラリシッドの有効成分クラリスロマイシンを含んだジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ゾクラーの主成分であるクラリスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、腹痛や下痢などの胃腸症状があげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠180円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリンダマイシン(ダラシン)

    クリンダマイシン(ダラシン)

    特徴 クリンダマイシンはSiam Bheasach社が開発した抗生物質で、ニキビ、ものもらいなどの治療薬です。 ダラシンのジェネリック医薬品で、赤と紫色のカプセル型が特徴です。 効果 クリンダマイシンは、リンコマイシン系の抗生物質で、感染症の原因となるグラム陽性菌や嫌気性菌に抗菌作用を示します。 病原菌が死滅することにより腫れや発赤も収まり痛みが取れるため、重度のニキビなどに効果があります。 副作用 主な副作用には、食道炎、下痢、耳鳴り、頭痛、めまい、カンジダ症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは150mgが購入可能です。
    製造:Siam Bheasach

    もっと見る

    1錠44円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ムコダイン・ジェネリック

    ムコダイン・ジェネリック

    特徴 マーヒノールはBangkok Lab社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているムコダインのジェネリック医薬品で、服用タイプが特徴です。 効果 マーヒノールの主成分であるカルボシステインは痰の排泄を促す去痰作用がある薬です。 また、副鼻腔炎、咽頭炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、肺結核の治療にも用いられます。 副作用 主な副作用は、食欲不振、下痢、腹痛、悪心、口渇、湿疹、紅斑などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは375mgが購入可能です。
    製造:Bangkok Lab

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジスロマック・ジェネリック

    ジスロマック・ジェネリック

    特徴 アジーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アジーの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。 また、抗炎症作用があります。 副作用 主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mg/1000mgの3種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠255円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビット・ジェネリック

    クラビット・ジェネリック

    特徴 LQUINはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄い茶色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 LQUINの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mg/750mgの3種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アジードライシロップ(ジスロマック)

    アジードライシロップ(ジスロマック)

    特徴 アジードライシロップはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なジスロマックと同一成分が含まれた医薬品で、シロップタイプが特徴です。 錠剤タイプよりも速やかで効率的な治療が可能です。 効果 アジードライシロップの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。 また、抗炎症作用があります。 副作用 主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本433円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケフレックス・ジェネリック

    ケフレックス・ジェネリック

    特徴 ケフレックス・ジェネリックはFLYNN PHARMA社が開発した細菌感染症の治療薬です。 主に淋病の治療に用いられます。 ケフレックスのジェネリック医薬品で、緑色のカプセル型が特徴です。 効果 ケフレックス・ジェネリックの主成分であるセファレキシンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:FLYNN PHARMA

    もっと見る

    1錠77円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボフロックス(クラビット)

    レボフロックス(クラビット)

    特徴 レボフロックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄いピンク色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 レボフロックスの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボクイン(クラビット)

    レボクイン(クラビット)

    特徴 レボクインはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄い茶色の錠剤が特徴です。 効果 レボクインの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠94円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ファロムジェネリック

    ファロムジェネリック

    特徴 ファロバクトはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 日本でも処方されているファロムのジェネリック医薬品で、服用タイプが特徴です。 効果 ファロバクトの主成分であるファロペネムナトリウムは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 主にアクネ菌の治療に用いられますが、その他にも副鼻腔炎、咽頭炎、膀胱炎、ものもらいなどの細菌感染症にも適応があります。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒症、蕁麻疹、血液障害、肝臓機能障害、消化器障害、口内炎、ビタミン欠乏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠190円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジスロマック

    ジスロマック

    特徴 ジスロマックはファイザー社が開発した細菌感染症の治療薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 当サイトが取り扱っているジスロマックは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。 また、抗炎症作用があります。 副作用 主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。 成分量 日本国内においては250mg/500mg/600mgの3種類が処方されています。 当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠472円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    ストップ&プロテクト社のコールド&サイナスリリーフ点鼻薬は副鼻腔炎(蓄膿症)や、風邪などによる鼻づまりの症状を改善することが出来ます。100%天然の海水をベースにした高張液は、自然浸透効果によって、鼻腔に溜まって鼻づまりを起こしている鼻水を除去します。 さらにユーカリのエッセンシャルオイルなど、自然からインスパイアを受けた独自の処方は特許を取得済みで、鼻腔粘膜内に水分を補給し健康な状態を保つと同時に、粘膜を保護する膜を作り出し、風邪などの原因菌に対する鼻のバリア機能を強化します。
    製造:Sofibel

    もっと見る

    1本2,266円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クラビット(海外市場向け)

    クラビット(海外市場向け)

    特徴 クラビットは第一三共が開発した細菌感染症の治療薬で、薄い橙色の楕円形の錠剤が特徴です。 クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。 当サイトが取り扱っているクラビットは、第一三共が製造・販売している正規品です。 効果 クラビットの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては250mg/500mgの2種類が処方されています。 当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠360円~
    売切れ
    詳細を見る
  • セフジニル

    セフジニル

    特徴 オムニセフはトレントファーマ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 淋病や多くの細菌感染症の治療に用いられます。 セフゾンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。 効果 オムニセフの主成分であるセフジニルは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは300mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠54円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


副鼻腔炎・蓄膿症

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、ウイルスや細菌の感染で鼻が詰まり「頭痛・息苦しさ・異臭」などが起こる病気です。
アレルギー性鼻炎と間違えられやすいですが、風邪と併発しやすく、鼻水の粘度が高くてドロドロしていることが特徴的です。
鼻の穴の中は「鼻腔」と言います。
穴の奥には副鼻腔という部分があって、頬の裏側、左右の眼の間、おでこの裏側など、細い経路を通して全て繋がった構造となります。


※参考図の「赤・青・緑・黄の色」がついた丸部分が全て副鼻腔です。

本来、副鼻腔の表面には粘膜があるので守られていますが、風邪等で免疫が弱まると、粘膜が薄まりウイルスや細菌に感染されやすいとされます。
感染すると炎症を起こし、膿状の鼻水が黄色くドロっとした状態で溜まりやすくなり、副鼻腔炎となります。
副鼻腔炎には、急性と慢性の症状があり、3ヶ月以上症状が持続する場合は、慢性副鼻腔炎「蓄膿症(ちくのうしょう)」と呼ばれる病気になります。
・慢性副鼻腔炎=蓄膿症
蓄膿症の状態が続くと、黄色い鼻水や鼻血が出る、息苦しさ、ネバネバの鼻水が喉の奥に入ったり出たりし続ける、歯痛や頭痛がするなどの症状が日常的に続きとても辛くなります。
副鼻腔炎が重症になると蓄膿症へと発達してより苦しくなりますので、副鼻腔炎時に早めの対処をおすすめします。

副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎の症状には、段階があります。
初期症状として出るのは、ドロドロの黄色い膿が混じった鼻水です。
副鼻腔は、鼻の裏側にも繋がるので、鼻水が出る量が増える他、喉の奥へと流れ痰も多くなります。
また強烈な鼻詰まりが起きるので、息苦しさで呼吸がし辛く、口呼吸が増える等の症状も増えます。
他の鼻炎と合併すると、中の粘膜が更に腫れ、より息苦しい口呼吸が増えます。
口呼吸は、空気中の雑菌を取り入れるだけでなく、口内が乾燥する事で雑菌が繁殖し、膿の異臭と混じってきつい口臭の原因となります。
この症状が数週間以上続くと「青っぱな」という、白いネバネバの鼻水が多くなり、蓄膿症となります。
「頭痛・歯痛・頬・眼」の裏側に近い部分の痛みが激しくなり、周囲の人にも伝わるほど、異臭が漂い始めます。
嗅覚も炎症が酷くなり、本人も臭いの判別が相当難しくなります。
蓄膿症が重症化すると、病院での処方が推奨されます。

副鼻腔炎の原因と予防

副鼻腔炎や蓄膿症の原因は「栄養不足・ストレス」などで免疫が低下し、ウイルスや細菌に感染することで起こります。
鼻の粘膜は、身体が弱まると薄まるので、ガード出来る箇所にばらつきが出がちです。
このため、薄まった箇所に細菌が付くと普段のように粘膜でカバーが出来ず、菌が付着し増殖します。
増殖した部分は炎症を起こすため、膿が溜まりがちになり副鼻腔炎となります。
このため普段から免疫が弱まらないよう、注意していく必要があります。

1.風邪から身を守る
まず1つが風邪をひかないようにするという事です。
風邪は、鼻粘膜の状態を悪化させるので、副鼻腔炎の悪化に繋がります。
風邪になると合併症も引き起こしやすくなるため、副鼻腔炎だけでなく、他の症状にも悩まされるようになります。
生活習慣に気を付けて、食事における栄養のバランスを整たり、湯船に長く浸かるといった行動を積み重ねる必要があります。

2.鼻水を極力溜めない
また風邪の時、鼻水を溜めないことも重要です。
鼻水とは、菌を粘液の中に閉じ込めたもので、鼻の中に入ったままで良い事はありません。
人前で少し我慢したら、ポケットティッシュを使って極力出しましょう。
鼻をかむ際は、左右片方ずつかむことで、耳を痛める危険性が減ります。

3.鼻詰まりを解消する
鼻詰まりの解決方法としては、鼻の血流を良くするという方法があります。
鼻を温める事で、血流がグッと上がり鼻詰まりも気に成らなくなるか楽になるとされます。
また鼻の状態は、部屋の温度によっても左右されるものですので、湿度や温度を適切に保つことも必要になってきます。
副鼻腔炎を予防するための適切な「室温は20~25°」「湿度は50~60%」程と言われています。

4.薬や外科治療
副鼻腔炎は、数ヶ月長引くと蓄膿症になります。
急性の副鼻腔炎を繰り返す事で、粘膜の再炎症が起こり細菌も増えるので、更に粘膜の炎症に繋がる可能性が高いとされます。
そのため治療は早めに、そして違和感を感じれば、即行うのが望ましいです。
多くの場合、薬の治療で抗生物質の内服となりますが、症状が重い場合は、病院で外科手術となってしまいます。
副鼻腔を切開して、粘膜を取り除き膿を出す手術となります。
現在は内視鏡手術に変わってきており、4ミリ程度の直径の内視鏡を鼻へと入れ、その映像を見ながら炎症している粘膜を取り除き、膿を出す方法で手術痕も残りません。
これらの手術は「薬の効果が得られない時の手段」ですので、通常は内服薬や噴霧器による吸入薬を使った治療がメインです。
副鼻腔炎は、放置すると頭重(おでこ部分が重く感じやすい)症状が出やすく、仕事や家事がままならなくなります。
蓄膿症へ発展させないため、早めの対処と予防が重要です。

副鼻腔炎の治療薬

副鼻腔や蓄膿症の炎症を抑えるには、抗生物質が最も効果的です。
副鼻腔炎は、風邪などから延長して発症することも多いので、ウイルスや細菌を死滅させれば治る事が多いとされます。
以下は急性副鼻腔炎の際に、処方される代表的な抗生物質です。

1.ペニシリン系
「グラム陽性菌」と呼ばれる菌に対して効果があり、古くから使われてきた薬です。
「ユナシン」「ビクシリン」「オーグメンチン」などの薬があります。

2.セフェム系
ペニシリンに近い抗生物質として知れ渡る抗生物質です。
有効な菌の数も多く、安全性も高い為に処方されることも多い薬です。
第3世代まで出ており、第1世代薬では「グラム陽性菌」を中心とした効果があります。
代表的な薬に「ケフレックス」「ケフラール」「セフゾン」があります。

3.ニューキノロン系
薬は服用した際、主に腸から吸収されるのですが、このニューキノロン系の薬は、腸からの吸収力が非常に高く、利便性の高い薬です。
ニューキノロン系の薬で最も有名な商品は「クラビット」です。

4.マクロライド系
急性副鼻腔炎が上記の薬で解消出来る一方で、蓄膿症にはマクロライド系が勧められています。
マクロライド系のメリットとして、副鼻腔内にある「上皮細胞」「鼻腺細胞」という粘液の元が作り出される箇所の炎症を抑え、鼻水の過剰な分泌を防ぎます。
1回の投与で約1週間~10日程も効果が持続しやすく、副作用の胃荒れ等も少ないので、病院では広く第一選択薬として採用されています。
代表的な薬で「ジスロマック」「クラリスロマイシン」などが挙げられ、いずれの抗生物質も成分が全く同じで安価のジェネリック医薬品が既に発売されています。

解消のメリット

副鼻腔炎や蓄膿症を解消することで、鼻閉感が消え新鮮な空気を思いっ切り吸う事が出来ます。
また寝苦しさや味覚が回復するので、睡眠不足や何を食べても同じ味がする問題から解放され、元の生活を送る事が出来ます。
蓄膿症においては、長期間に渡って少しずつの回復になりますが、痛みや鼻水量がだんだんと減り、鼻が元の状態に戻る実感を感じられやすいとされます。
但しアレルギー症状と同じで副鼻腔炎は、大人になっても風邪と共に再発する可能性が高いとされます。
普段から、食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んだ魚や野菜を摂る事や自分にあった睡眠時間を確保する等、健康には意識しておく方が良いでしょう。
またお酒は、副鼻腔炎や蓄膿症に直接影響がなくとも、薬の副作用で違う方向に悪化することが多いため、お控え下さい。
鼻詰まりや痛みで辛い毎日を送る前に、まずはどの薬が合うか医師と相談しましょう。

口コミ・レビュー

  • キャンキャン20さん (30歳)
    私個人としては予防として性行為後に抗生物質として必ず飲むようにしています。 細菌を死滅させて、2度と性病にはかからないように予防薬ですね。
  • 症状的に淋病さん (44歳)
    ほんとさいあく。たった1回の遊びでまさかツモるとは…。 いや、とりあえずは8月までには治したいので即効購入しました。 …今年の夏の楽しみが半減してしまった…
  • がっくんさん (22歳)
    薄めて飲むって書いてあったけどそのまま飲んでしまった笑 でもしっかりと治ってくれたので良かったです。
  • ひろしさん (41歳)
    クラミジアにはもう何回なったんだろうかw 性病で病院に行くのはもう嫌なので、最近は検査薬も薬もここで買う様になりましたw
  • じゃいあんさん (35歳)
    怪しいと思ったら、しばらく飲むようにしてます。 今のところ変な症状も出ていないので、どうなってるかはわかりませんが健康ですw
  • ロペさん (34歳)
    性病になってしまいました。病院に行くのが恥ずかしくて、購入しました。住んでるところの病院に行ったらバレそうで嫌だし、通販で買えるのはほんと助かります。しっかり治るまで使っていこうと思います。
  • 雄治さん (22歳)
    クラミジアの感染が多く、人生で2度かかっているので、病院に行くのも手間だし買わせてもらいました。 症状はもう自分で把握してるので、あれ?と思ったら飲むようにしてます。 しっかり届くのがGOOD!!
  • 靴下に舌鼓さん (36歳)
    クラビットみたいな医薬品を普通に通販で購入できるとは…!近いうちにアマゾンとかでも買えるようになってしまいそう!
  • 幹久さん (26歳)
    軽いつもりでやった人から性病をもらいました。 膿が出てきて病名は分からないですがおそらく淋病だろうと思います。朝から晩まで仕事なので病院へは行けずに放置していたのですが排尿時に痛みが強くなってきて通販で何種類か抗生物質をかってみました。 5日くらいで届いたのですがそれまではパンツが汚れて大変でした、、 レボフロックスは最初に飲んだ薬だったのですがしっかりと治ってよかったです。
  • いくろうさん (41歳)
    1000ミリのやつ一回飲んだら治ったのでとっても便利だと思いました! 結構前に病院で薬をもらったときは2週間くらい飲み続けてやっと治ったので医学は進歩してるんだなって思いましたね。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ