パーキンソン病

パーキンソン病とは、神経変性疾患で40歳以降に多く見られます。原因は神経伝達物質のドーパミンが不足する事で起こります。症状は【固縮・振戦・無動・姿勢障害】の4つに分かれ、身体の硬直や震えなど日常生活に支障を来します。

売れ筋ランキング

パーキンソン病の商品一覧

  • メネシット

    メネシット

    特徴 メネシットはMSD社が開発した抗パーキンソン薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトで取り扱っているメネシットは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 メネシット主成分であるカルビドバとレボドバは、脳内でドパミンに変化する成分とその効力を高める成分が含まれているためパーキンソン病の症状を緩和する効果があります。 持続時間は5時間です。 副作用 主な副作用には不随意運動、悪心、食欲不振、めまい、不眠などがあげられます。 成分量 日本国内においてはカルビドバ10mg/レボドバ100mg、カルビドバ25mg/レボドバ250mgの2種類が処方されています。 当サイトではカルビドバ25mg/レボドバ250mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠60円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カベルゴリン

    カベルゴリン

    特徴 カベルゴリンはサンファーマ社が販売しているドパミン作動薬です。 パーキンソン病や高プロラクチン血症による血性排卵障害、乳汁漏出症などの治療に用いられています。 効果 カベルゴリンの主成分であるカベルゴリンは、ドパミンが不足したことによる手足の震えや身体のこわばりを改善し、パーキンソン病の症状を改善します。 また高プロラクチン血症による血性排卵障害、乳汁漏出症の治療にも使われています。 副作用 主な副作用には嘔気、悪心、食欲不振、胃部不快感、口渇、嘔吐などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠253円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アマンタジン

    アマンタジン

    特徴 アマンタジンはMERZ社が開発した、パーキンソン症候群、抗A型インフルエンザ薬です。 シンメトレルのジェネリック医薬品で、オレンジ色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 主成分であるアマンタジンは、脳内の神経伝達物質であるドパミンの放出を促すことで、パーキンソン病の症状を改善します。 また、A型インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、感染初期に服用することで、発熱の期間が1日~2日短くなり、治癒が早くなる効果があります。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、食欲不振、めまいなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:MERZ

    もっと見る

    1錠62円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エクセグラン・ジェネリック

    エクセグラン・ジェネリック

    特徴 エクセグランジェネリックはサンファーマ社が開発した抗てんかん薬、パーキンソン病治療薬です。 抗てんかん薬のエクセグラン、パーキンソン病治療薬のトレリーフのジェネリック医薬品です。 効果 主成分であるゾニサミドは、サルファ薬系の神経作用薬であり、抗てんかん薬として有効発作型のスペクトラムが多くさまざまなタイプのてんかんに有効です。 パーキンソン病に対してはドパミンの分解を抑えると共に、合成促進をもたらすと推察されており、病状が進行し他の治療薬では十分な効果が得られなかった場合に追加併用薬として使用されています。 副作用 主な副作用には、眠気、食欲不振、無気力、運動失調、嘔吐などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パーロデル

    パーロデル

    特徴 パーロデルはメダ社が販売している持続性ドパミン作動薬です。 パーキンソン病や結成排卵障害、乳汁漏出症、下垂体性巨人症の治療に用いられています。 効果 パーロデルの主成分であるブロモクリプチンメシル酸塩は、脳内にあるドパミン受容体に働きかけることにより、ドパミンを活性化させ症状を緩和する効果があります。 副作用 主な副作用には傾眠、錯覚覚、頻脈、徐脈、不整脈などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類が購入可能です。
    製造:メダ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レキップ・ジェネリック

    レキップ・ジェネリック

    特徴 レキップ・ジェネリックはサンファーマ社が販売している抗パーキンソン薬です。 レキップのジェネリック医薬品で、パーキンソン病の治療に用いられています。 効果 レキップ・ジェネリックの主成分であるロピニロール塩酸塩は、低下したドパミン受容体の機能を向上させ症状を緩和する効果があります。 副作用 主な副作用には傾眠、悪心、発疹、そう痒、蕁麻疹、血管浮腫などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


パーキンソン病

パーキンソン病とは

パーキンソン病とは、主に中高年の40歳~50歳以降に起こり、発症からゆっくりと進行する神経変性疾患です。
ドパミンという神経伝達物質が不足することで、発症すると考えられていますが、その原因は未だに不明です。
この病気が世に知られることになったのは、1817年のことです。
イギリス人医師の「ジェームズ・パーキンソン」氏が発表し、その名前が冠されました。
「謎の病気」ということで恐怖心が先行していますが、プロボクサーの「モハメド・アリ」俳優の「マイケルJフォックス」など、罹患した有名人が病名の告白をしたこともあり、解明が進んで決して珍しい病気ではありません。
人口全体で1000人に約1人の割合で患者がいる病気とされており、日本全体では10万人以上の患者がいると言われております。
中高年から患う病気であるため、高齢化社会となった日本においては、今後も患者の数は増加傾向であり、正しい情報を得る必要があります。
※パーキンソン病(指定難病6)について詳しく確認する方はコチラ

パーキンソン病の原因

脳は、大きく分けて「大脳・小脳・脳幹」3つの箇所に分けられます。
その内の1つである、脳幹の中にある中脳の「黒質」という部分と「線条体」と呼ばれる大脳における大脳基底核にある部分に異常が起きることが原因とされています。
黒質に異常が起こることで、神経細胞の数が減ってしまいます。
通常、黒質ではドパミンという神経物質が作られています。
ドパミンは人間の運動機能を調節したり「快い」という感情を司り、学習への意欲などにも関わってくる重要な物質です。
この量が減ってくることで、脳の情報伝達がうまくいかなくなり、運動機能も低下してきますので、姿勢の維持が困難になるといった症状が現れます。
正常な人が持つドパミンの量が、それと比較して2割以下にまで下がってしまうとパーキンソン病の症状が出ると言われています。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の症状は、身体の片側から始まり、他の部分へと広がっていきます。
初期症状は主に4つに分かれており、以下のものがあります。

1.固縮
身体の筋肉が強く強張りを見せます。これが持続的になることが固縮です。
筋肉の緊張が亢進されるものであり、身体の屈伸などに対してつっぱり、強張りなどの抵抗が生じます。
主に手首、肘といった四肢の関節に多くみられます。

2.振戦
「静止時振戦」とも呼ばれ、じっとしているときに手や足に震えが出ます。
手を膝の上に置き、座っていると次第に膝の上の手が震え、膝から離すとその震えは止まります。

3.無動
動きが緩慢になります。椅子に座った時に手や足の揺れが少なくなります。
人よりも遅れて歩くようになり、手の動きも減りますので、字を書く際には小さな字になり、瞬きの回数も減っていきます。

4.姿勢障害
身体の姿勢を維持、変更することが困難になります。
歩く時の歩幅が狭くなり、歩き始めの一歩が出し難いといった事があります。

他にも精神症状といって、パーキンソン病からの身体機能の制限により、気持ちが落ち込む「うつ病の症状・睡眠障害・自発性の低下」といった問題があります。
自律神経にまで症状が及びますので「よだれが増え・手足のむくみ・顔が脂ぎってくる」といった症状もあります。

診断を受ける

パーキンソン病は進行の度合いが遅いので、放っておくと「気が付かない内に進行していた」「別の病気だと思っていた」ということが考えられます。
初期症状などが出た場合には、早めに正しい診断を受ける必要があります。神経内科の専門医に掛かることが重要です。
パーキンソン病は、他の神経症であっても同じような症状が出ることがあります。
これらをパーキンソン症候群と呼び、部分症状としての脳梗塞であったり、薬の副作用、脳炎の後遺症といった神経変性疾患と呼ばれる難病が含まれます。
パーキンソン病なのか?パーキンソン症候群なのか?これらの区別のためにも「CTスキャン・MRI検査」などが重要になっていきます。

パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療は、大きく分けて以下のものがあります。

1.薬物治療
経口薬による継続治療を行います。

2.リハビリ―テーション
身体の運動機能に支障が出るパーキンソン病は、バリエーション豊かな運動療法によるリハビリテーションが効果的です。
症状を緩和し安定へと向かわせ、日常生活を送りやすくさせるものです。

3.手術治療
投薬による治療で副作用が強く出てしまった場合など、脳の手術を行うこともあります。

脳深部刺激療法(DBS)と呼ばれる手術に一定の効果があることが解ってきました。

この中でも最も重要と言われているのが薬物治療です。
パーキンソン病は、ドパミンの不足が原因ですので、外部からドパミンを補うことで、その症状を和らげる事が可能です。
以下が代表的な薬となります。

メネシットメネシット
ドパミンが化合される前の物質であり、不足したドパミンを補う薬です。
ドパミンそのものは、血液を通して脳へと繋がるゲートとも呼べる「血液脳関門」を通ることが出来ません。
ですので、血液脳関門を通ることが出来る有効成分のレボドパは、脳に届けた後でドパミンへと変化することが出来る重要な薬と言えます。
パーキンソン病治療の中心とも呼ばれ良く効く薬ではありますが、服用した後に体内へと留まる時間が短いというデメリットがあります。
その持続時間は1時間強とも言われ、何度も服用する必要があるものです。
また、症状の軽い内は長く効果が続くものの、病気が進行する事でドパミンを蓄える力が減って来ると、次の薬を飲む前にパーキンソン病の症状が出てしまうという「ウェアリング・オフ」現象があります。
身体に長く残らないドパミンの供給が続く事で、手足や口が勝手に動いてしまう症状、通称「ジスキネジア」が起こることもあります。

パーロデルパーロデル
この薬は、ドパミンの受容体に直接働きかけることにより、不足したドパミンの役目を補う効果がある薬です。
メネシットと比べるとその効果は若干下回るとも言えますが、効果時間が長いという特徴があります。
早期のパーキンソン治療に適している所以です。
パーロデルから治療をスタートすることで、メネシットでは避けては通れない「ウェアリング・オフ」の発症を遅らせることも出来ます。
副作用として「妄想・幻覚の発言」が、レボドパと比べて高めと言われております。

・カテコールOメチル基転移酵素(COMT)阻害薬
ドパミンが化合される前の物質がレボドパですが、それを体内で分解してしまう「COMT」と呼ばれる酵素があります。
この薬はその酵素の働きをブロックし、血液の中にレボドパが滞在する時間を長くし、ドパミンが化合されるように向かわせます。

・モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害薬
脳内のドパミンを分解してしまう酵素「MAO-B」の働きを止め、ドパミンの効果を持続させます。
それにより「ウェアリング・オフ」現象も改善へと向かわせます。

エクセグランエクセグラン
てんかんによる発作を抑えるために使われている薬であり「ウェアリング・オフ」現象を改善へと導きます。

・アデノシンA22A受容体拮抗薬
神経伝達物質の1つにアデノシンというものがあります。
ドパミンと神経細胞への仲立ち、バランスを取るために作用していますが、ドパミンの力が弱くなるパーキンソン病においては、アデノシンとのバランスが崩れて作用が強まり、神経の過剰な興奮を招きます。
この薬は、アデノシンの作用をブロックする事でバランスを取り、運動機能を回復させます。

・ドロキシドパ
ドパミンに留まらず、パーキンソン病で不足するのがノルアドレナリンです。
この神経物質は「集中力・判断力」を司るものと言われており、ノルアドレナリンを脳内に取り入れる成分です。

アマンタジンアマンタジン
「身体の強張り・手足の震え・身体の不安定さ」など、ドパミンが不足してアセチルコリンが多くなることにより、運動機能に対する神経の伝達がうまく伝わらないために出てしまう症状です。
アマンタジンは、ドパミンを活性化し分泌を促す事で進行を抑制します。
パーキンソン病の治療薬として単体では効果が弱い事が多いので、レボトパ成分のメネシットと併用して服用する事も多い薬です。

・抗コリン薬
ドパミンとバランスを取っている物質がもう1つあり、それがアセチルコリンです。
ドパミンが減ってしまう事で、必要以上に強くなってしまうアセチルコリンの働きを弱める効果があります。
パーキンソン病においては、症状の1つである「振戦」が、他の薬で十分に解消出来ない時に合わせて用いられます。

口コミ・レビュー

  • ますたあさん (38歳)
    ドーパミン不足が疑われたため、こちらの商品を試しで買ってみました。 ドーパミンの分泌を助けてくれるため、以前にもまして性欲が強くなった気がします!笑
  • 男梅男爵さん (35歳)
    気がついたら、乳首から白い液体が出ているのに気がつきました。とくに痛みはないので放っておこうかと思ったんですが、人がいるところで症状がでてしまうと困ると考え、購入しました。まだ使ってはいませんが、効いてくれると助かります。また、ネットで調べると、男性からも母乳がでることはあるらしく、量が多いと危険だということで、そのうち病院にも行きます。
  • ロックさん (32歳)
    たまたまこの薬が射精後の脱力感に効くと知り、利用してます。効き目があったのかどうかは別として、以前と比べると彼女との関係は良好。効いてるのかな?
  • sakura.kさん (34歳)
    授乳期間を終えて1年あまり経ってから、乳頭から分泌物か出てしまい検査の結果、乳汁漏出症と診断されました。0.5mgを毎朝服用しています。服用して3ヵ月で分泌物が全くでなくなったので治ったと思い服用を止めたら4日後にまた再発してしまい、完治はできてないです。が、薬は効きます。2人目の子も欲しいし、なるべく早く完治して欲しいんですが、ゆっくり治療していきたいと思ってます。ちょうど3ヵ月目までは副作用として胃が緊張したときみたいにきりきりすることがあったんですが今はおさまっています。
  • 名無しさん (32歳)
    よく転ぶし、物もすぐ無くすんです。昔からだから母親も気にして病院に連れて行ってくれたみたいなんですけど、その時は成長が遅いだけと言われました。大人になってからも続くんで、自分でも発達障害かなって思います。試しにこの薬を飲んでるんですけど、落ち着いて行動できる気がします。
  • tukushimamaさん (37歳)
    "乳汁漏出症の治療のために購入しました。仕事や育児で忙しくてストレスがたまっても発散する場所もなく、産婦人科ではホルモンの過剰分泌に加えてストレスも原因であると診断されました。乳汁漏出症の方は月経異常を併発する場合も多いみたいですが、私はまだ月経の周期などに異常は無いです。こちらのサイトでカベルゴリンを購入できるので忙しいときなどには助かっています。まだ病院で診察などをされてない方は、飲み合わせができない薬などもある様なので、1度診療してもらってから購入されると良いと思います。
  • 匿名さん (36歳)
    最近、良く個人輸入は違法とか目にするからちょっと不安。 でも私が住む地域は医者まで遠いので仕方がなく試しにこちらで購入してみました。 今のところ、使用している医薬品は問題ないように思います。
  • れいなさん (36歳)
    病院へは行くようにしてますが、なにせ遠いから。 薬を飲み忘れたりすると発作が出てしまうからいつも切らさないように買っています。
  • ごまどれ25円さん (42歳)
    高プロラクチン血症で乳汁がでるようになり、去年から0.25mgを就寝前に服用してます。通院できないときにこちらで購入できるので助かります。
  • みかよさん (69歳)
    パーキンソンの症状の手の震えがひどくなってきたため、ペンを握ることさえ難しくなってきました。私は琉歌が趣味だったので、よく字を書くことなどが多かったのですが、今はもっぱらパソコン入力です。でもやっぱり前みたいに書けるようになりたいと思い、治療を頑張っています。こちらのお薬は、医師の処方箋がなくても買えるので、病院に通院することが難しい際などに利用させて頂いています。飲み合わせに注意が必要ですので、他に持病をお持ちの方は一度医師に相談してみるといいですよ。お互いに頑張りましょうね。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ