花粉症・アレルギー

花粉症やハウスダストによる眼の痒み、充血はアレルギー性結膜炎と言います。症状は【充血・痒み・目やに・痛みや異物感】などが挙げられ、原因は免疫物質ヒスタミンがアレルギー体質の方に過剰反応した事で現れます。

売れ筋ランキング

花粉症・アレルギーの商品一覧

  • エピナスチン点眼液

    エピナスチン点眼液

    特徴 エピナスチン点眼液はアラガン社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 アレルギー性結膜炎などの治療に用いられます。 効果 エピナスチン点眼液の主成分であるエピナスチン塩酸塩は、アレルギーを引き起こすヒスタミンなどの体内物資の活動を阻害することで花粉症や目の痒み、結膜充血などの症状を改善する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、眼瞼炎、眼痛、流涙、点状角膜炎、そう痒感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • IF2点眼液(パタノール)

    IF2点眼液(パタノール)

    特徴 IF2点眼液はシプラ社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 錠剤のアレロックと同一成分の点眼薬です。 効果 IF2点眼液の主成分であるオロパタジン塩酸塩は、体内物質をブロックし、働きを抑えることで症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、角膜炎、眼刺激、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mlが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレルギーアイリリーフ(使い捨て)

    アレルギーアイリリーフ(使い捨て)

    特徴 アレルギーアイリリーフはシミラサン社が販売している、点眼液です。 カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギーによる充血、かゆみの治療に用いられています。 使い捨てタイプの点眼液です。 効果 アレルギーアイリリーフの主成分であるエイピス、ユーフラシア、サバディラは、ホメオパシー治療(同質治療)により目の治癒力を刺激し、アレルギー症状の抑える効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、視力の変化などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.4mlを20本セットで購入可能です。
    製造:シミラサン

    もっと見る

    1箱2,026円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレルギーアイリリーフ

    アレルギーアイリリーフ

    特徴 アレルギーアイリリーフはシミラサン社が販売している、点眼液です。 カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギーによる充血、かゆみの治療に用いられています。 効果 アレルギーアイリリーフの主成分であるエイピス、ユーフラシア、サバディラは、ホメオパシー治療(同質治療)により目の治癒力を刺激し、アレルギー症状の抑える効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、視力の変化などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mlが購入可能です。
    製造:シミラサン

    もっと見る

    1本2,026円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る

アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉症とは

特定の季節に発生するスギ花粉、ヒノキ花粉、またブタクサなどが目や鼻の粘膜に付着することで起こる季節性アレルギー疾患の総称をいいます。

日本人の約25%に症状が出ているという花粉症ですが、医学的には「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。
代表例がアレルギー性鼻炎や結膜炎といった目や鼻の炎症です。
目のかゆみ、激しいくしゃみ、鼻づまり、止まらない鼻水など一連の症状が特徴的で、症状には個人差があるものの、年々その患者数は増加しています。

2月の終わりごろから花粉が飛び始めますので、Ⅰ~Ⅴ型まである中で花粉症はIgE抗体(免疫グロブリン)が関与するⅠ型アレルギーに分類されます。

花粉の種類と飛散時期

花粉症状を引き起こす植物として有名なのが、スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ、イネの5つです。
一般的に知られているのがスギ花粉やヒノキ花粉で3~5月にかけてその飛散量はピークに達します。

しかし、春以外でも花粉を飛ばす植物は存在しており、夏~秋にかけて飛ぶものもあります。

例えばブタクサ花粉は夏から秋にかけて飛散しているので、スギ花粉の季節が終わっても生活圏にブタクサがあれば炎症が続く可能性が有ります。

このように一般的に花粉は季節限定ではなく、1年を通してどこかで飛んでいるものです。

代表的な花粉植物の飛散時期は以下の通りです。
  • スギ花粉

    飛散時期:2~4月
    症状:鼻、目、のど、皮膚にアレルギー炎症
  • スギ花粉

    飛散時期:3~5月
    症状:鼻、目、のど、皮膚にアレルギー炎症
  • ブタクサ花粉

    飛散時期:8~10月
    症状:鼻、目、のど(主に喘息)にアレルギー炎症
  • シラカンバ花粉

    飛散時期:4~6月
    症状:鼻、目にアレルギー炎症
  • イネ花粉

    飛散時期:5~6月
    症状:鼻、目にアレルギー炎症

このほかにも花粉を飛ばす植物は複数存在しているため、基本的に花粉は年中飛散しているといっていいでしょう。

多くの人が春のみ花粉症状を体験するのは、一過性とはいえそれだけスギやヒノキの花粉量が多く、飛距離が長いということでもあります。

花粉症患者が増加している理由

毎年春の時期になるとくしゃみや鼻水といった花粉症に悩まされる方がおりますが、近年その患者数が増えています。特にスギ花粉ではその傾向が顕著です。

増加している理由としては以下が考えられています。
  • 地球温暖化による気温上昇のため、花粉の飛散量が激増した
  • ストレスフルな毎日や生活習慣の乱れによって自律神経や免疫機能に障害をもつ人が増えている
  • 自宅やオフィスなどの住環境の変化でアレルゲンとなるダニや細菌の温床ができている
  • 排気ガスや大気汚染物質など

年齢層で言うと、10年ほど前までは20~30代の若い世代に目立っていましたが、現在は児童からお年寄りまで広範囲に及び、世代問わず花粉症に悩まされている状況が続いています。

2010年代に入り、目のかゆみや鼻の症状を訴えた患者数は2,000万人前後に達しており、もはや国民病と呼んで差し支えないでしょう。

大人になって花粉症になる理由は?

「子どものころは花粉症なんてなかったのに大人になって始めて発症した!いったいなぜ!?」と驚かれる方がいます。

これは免疫細胞が産生するIgE抗体が関係しており、花粉症の症状を出すほどのIgE抗体が作られるのはおよそ20~30年前後かかるとされています。

しかし、アレルゲンを受ける量や環境によって発症までの期間は変わってきます。

大人になって症状が出てきた方は、血中でIgE抗体が発症に至るまで産生されたということになります。

また、年々飛散量が増加している事もあり、抗体が産生されるスピードが速いというのも理由のひとつでしょう。

花粉症の症状

花粉症は一般的にくしゃみ、鼻づまり、鼻水、そして目のかゆみが主な症状であり、これは花粉症の4大症状と呼ばれています。

具体的な症状としてよく聞かれるのは「鼻がつまった状態で水のような鼻水が垂れてくる」、「くしゃみが1度出ると10回は止まらない」、また「充血で目が真っ赤になり、眼球に傷がつくほど掻きむしってしまう」など典型的なアレルギー症状です。

鼻や目だけではなく、その影響は皮膚にまで及ぶこともあり、肌の皮脂膜や角質が弱いアトピー性皮膚炎の方は、皮膚に花粉のアレルゲンが触れることによりその症状が悪化する可能性もあります。

また、気管支喘息をお持ちの方は花粉による炎症で気道が狭まってしまい、呼吸困難や激しい咳に見舞われることもあります。

鼻炎

くしゃみ、鼻づまり、水のように垂れる鼻水といった3大不快症状がでます。
個人差があり、すべてにかかる人もいれば、鼻づまりだけといったような決まりきった症状しか起きない人もいます。

しかし、一般的に鼻で呼吸ができない不快感やくしゃみの連続による体力消耗などから食欲不振、不眠、また集中力の低下などを引き起こしやすく、一定期間著しい体調不良を招きます。

そのため、アレルギー性鼻炎を患っている方は特化型眼鏡やマスクなどの花粉防具が欠かせません。

治療には抗ヒスタミン薬とステロイド薬が使われます。経口タイプと点鼻薬があります。
アレルギー性鼻炎は⇒コチラ(リンク)

結膜炎

目のかゆみが生じるのはまぶたの裏と眼球を覆っている結膜にアレルゲンが触れるためです。
花粉が侵入すると目の周辺の免疫細胞が活性化し、ヒスタミンを過剰に分泌させるため、あのような痒みが起こります。

結膜は外界に出ているため、花粉の時期は最も被害にあいやすい場所と言えるでしょう。

目のかゆみのほかにも「涙が止まらない」、「充血が激しい」といった特徴も見られ、重症化するとウサギの目のように真っ赤に腫れ上がることもあります。

主にステロイド配合の点眼薬で症状を抑えます。

皮膚炎

花粉が皮膚に接触することにより「花粉皮膚炎」が生じることがあります。
主に頭部や首など普段外にさらされている部位に発症しやすく、赤く盛り上がった発疹が特徴です。

アレルギー性疾患を持っている方はこうした皮膚炎の症状も併発することがあります。

また、元々アトピー性皮膚炎を患っている方は乾燥してはがれた皮膚内に花粉が入り込み、症状がさらに悪化する可能性もありますので、できる限り皮膚を露出しないことや出かける際のスキンケアが非常に大切になります。

保湿クリームやステロイド軟膏などで症状を抑えます。
アトピー性皮膚炎は⇒コチラ(リンク)

喘息

鼻と気管支は空気の通り道として1つに繋がっています。そのため、花粉で鼻の粘膜に炎症が生じると、その刺激が気道にも伝わって喘息発作が起きることがあります。

気管支喘息のアレルギー疾患を持っている方はアレルギー性鼻炎を併発していることが多いので注意が必要です。

治療薬はステロイド吸入器、または錠剤タイプのお薬です。
気管支喘息は⇒コチラ(リンク)

咽頭炎

花粉は鼻の症状と連動して口腔内でも炎症も生じさせることがあります。
実際、花粉の季節にのどの痛みを感じた患者さんはかなりの数に上っており、食事も喉を通らず辛い思いをしている方も多数おられます。

原因としては、咽頭は口や鼻を通って直接外界と接するところなので、アレルギーや風邪などで感染を起こしやすいことが挙げられます。

症状は「喉が腫れていたい」、「喉がイガイガする」、また「喉の奥にかゆみが生じる」といったものでその多くはアレルギー性鼻炎と併発します。

アレルギー性鼻炎を患っている方は鼻がふさがってしまい、どうしても口呼吸になりますから花粉を口から吸いこんでしまいがちです。

喘息持ちや特定の食物アレルギーをお持ちの方も喉の粘膜に炎症が出やすいとされています。

また、花粉によるアレルギー性鼻炎による大量の鼻水の影響で後鼻漏に発展してしまう方もいます。

後鼻漏

後鼻漏とは様々な鼻の炎症・疾患によって大量の鼻水が喉の方へ流れてしまう症状をいいます。
これにかかると鼻をいくらかんでも喉の方へ流れ続けてしまうため、喉の不快感を生じやすく、心身共にストレスとなります。

さらにそのまま鼻水が気管支に流れ込むことで咳込みやすくもなります。

花粉症と風邪の見分け方

皆さまは花粉症と風邪の違いをご存知でしょうか。
春はスギ花粉の被害が甚大ですが、同時に鼻風邪やインフルエンザなどの感染も多い時期で知られています。

花粉はアレルギー症状を引き起こす物質(アレルゲン)によって、風邪やインフルエンザはウイルスの感染によって起こりますが、端から見た場合はどちらの症状か見分けがつきませんし、本人でも区別しにくい部分があるかもしれません。

しかしその症状でいくつか違いを見分けることは可能です。
例えば鼻水です。花粉症の場合は鼻水がサラサラしており、比較的透明です。
一方風邪の場合は鼻水が黄色く粘着性が有るのが特徴です。

また、くしゃみの回数でもそれとなくわかります。花粉症の場合は7~10回連続で出ることも珍しくありませんが、風邪やインフルエンザの場合は多くても通常3回程度にとどまります。

さらに、花粉症では発熱はめったにありませんが、風邪やインフルエンザでは37度以上の熱が出ることが多いです。

上に挙げたのはあくまで大まかな違いですが、花粉症と風邪どちらにかかっているのかを明確にできれば、原因の除去もその分スムーズに行えることでしょう。

花粉症の診断

花粉症と思われる症状がでたら、医療機関で花粉症の診断をしてもらいましょう。
検査をしてみるとどの症状が特に強いかがわかり、それに合った診療先を紹介してもらえます。

鼻なら耳鼻科、目なら眼科、気管支なら呼吸器科など。

アレルゲンの特定と症状の的確な把握によって、自分自身に合った治療法を見つけることができます。
診断方法は大体以下3つが行われています。

  • 血中IgE検査

    …血中のIgE抗体の総量、花粉に反応する特異的IgE抗体を検査します。別料金になりますが、アレルゲンそのものを調べることもできます。
  • 皮膚反応テスト

    …腕の皮膚をひっかき、その部分に花粉のエキスを当てて反応を調べる検査です。 反応があればその部分は赤く腫れ上がり、IgE抗体が反応しているのがわかります。 1か所につき160円、22か所以上になると3,500円がかかります。
  • 鼻粘膜誘発テスト

    …花粉のエキスをしみこませた紙切れを鼻の粘膜に押し付けて反応を調べるテストです。 1か所につき160円、22か所以上になると3,500円がかかります。

また、このほかにも目に直接アレルゲンを当てて検査する方法などもあります。

さらに、最近ではインターネットで自分一人でも簡単な診断ならできるようになっています。

チェックをしていくだけなのでとても楽です。
自分がどの程度の症状なのかを客観視する場合に非常に役立ちます。

公益社団法人 全日本病院協会

花粉症について

花粉症に有効な医薬品

花粉症は基本的にマスクや密着型メガネ、生活習慣の見直しなどで防護するものですが、症状が酷い場合は適切な医薬品を使用すると効果的です。

花粉症の患者数の増加に合わせて、医薬品で症状の改善を試みる方も年々増加しています。

アレルギー性鼻炎

フルナーゼ点鼻薬50mcg
名称 フルナーゼ点鼻薬50mcg
有効成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル
価格 2,250円(1本)
効能 直接鼻腔に噴射するタイプのお薬で、鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、鼻炎の症状を抑えます。

アレルギー性結膜炎

ニフラン点眼液
名称 ニフラン点眼液
有効成分 プラノプロフェン
価格 1,620円(1本)
効能 結膜炎や角膜炎に有効。プラノプロフェンは炎症の原因となる体内の生理活性物質、プロスタグランジンの生成を抑える効果を持ちます。

アトピー性皮膚炎

デルモベートクリーム0.05%
名称 デルモベートクリーム0.05%
有効成分 クロベタゾールプロピオン酸エステル
価格 2,090円(1本)
効能 ステロイドの中でもstrongest(最も強い)なタイプです。皮膚が厚くて薬が浸透しにくかったり、症状が酷い場合などに用いられます。大きく広がった蕁麻疹などにも処方されることがあります。

気管支喘息

セロフロインヘラー(アドエア)吸入器125mcg
名称 セロフロインヘラー(アドエア)吸入器125mcg
有効成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩
価格 2,700円(1本)
効能 アドエアのジェネリック医薬品でお薬なびのおすすめ商品です。有効成分であるステロイドとβ2刺激薬が喘息発作を抑えるうえ、狭まっている気道を広げて呼吸機能を改善させます。持続時間も10時間以上と長め。

花粉症・アレルギーのまとめ

  • 花粉症は花粉が目や鼻の粘膜に付着することにより発症する季節性アレルギー疾患 「くしゃみ」「鼻づまり」「鼻水」「目のかゆみ」の4大症状がみられる
  • 代表的且つ多くの人が被害を被るのはスギ・ヒノキ花粉 年々患者数が増えており、大人になって発症する人もいる
  • その被害は鼻や目だけではなく、皮膚や喉にも及ぶことがある
  • 花粉症はその辛い症状故、日常生活に及ぼす影響が大きい
  • 花粉症の診断でアレルゲンや抗体の総量を測ることができるので、それに基づいた適切な処置が不可欠である
  • 予防は密着タイプのメガネ、マスク、毎日の清掃や十分な休息など
  • 花粉症のお薬はお薬なびにて安価で購入可能

口コミ・レビュー

  • MINTさん (30歳)
    充血がひどくてサングラスをいつもかけているくらいです。 肩こりも激しくなってきたので目薬を使おうとしましたが、どうせなら海外の効き目が強いやつがいいかなぁ~なんて思っての購入でした。実際にいいですね!かゆみはカンペキに止められますよ。
  • よしえさん (39歳)
    目の充血が気になっていたので購入しました。 自分の体の中に入るものなので天然成分からなるこの目薬はいいかなと思いました。 しかし、個人的には使い捨てじゃない方が使いやすいと感じました。 効果はとても良かったのでお勧めします。
  • まんだらけさん (24歳)
    コンタクトをずっとつけっぱなしにしていたら結膜炎になりました。 光を見るのもすごく目がいたくなる状態になってしまいましたが、これを使ったらすぐによくなったので良かったです。 コンタクトは毎日外しましょう笑
  • なおきんさん (29歳)
    花粉症の時はコレ! 今年は3本買って使い切りました。 自分には目薬で花粉症は防げないって思ってたけど、この目薬に合ってからはかなり楽になりましたね。
  • KUMAさん (36歳)
    この商品使用するのは初めてです。 花粉症の時期が近付いているため早めの対策用です。
  • チョッパーさん (38歳)
    使い心地はとても良いです。 目にも優しく、アレルギーも抑えられます。
  • としさん (33歳)
    使い捨てタイプなので目薬を無くすこともないので私個人的にはいいですね。 凄物を無くすくせがありまして…。笑 私は花粉症に加え、アレルギー持ちです。 この薬は即効性があり助かります。
  • こなつさん (35歳)
    慢性的なアレルギー性結膜炎で、頻繁に目がかゆくなるので、 眼科の目薬の代用になるかと思い購入しましたが 、症状がきつくなってからさしてもほとんど効果がありませんでした。泣 予防的に使用する分には効果があるのかもしれません。
  • くうさん (35歳)
    病院に行かず手軽に手に入るので助かります。 病院では診察料金、処方代と高く取られてしまいます。 少しでも費用を抑えるために、私は通販を利用して購入させて貰っています。 花粉症の季節にはかかせませんが、常に持ち歩いている目薬です。 効き目はとてもいい感じです。 今まで出会ってきた目薬の中でも1番です。
  • ゆりんこさん (32歳)
    花粉症の季節には欠かせないお薬です。 使い捨てなので持ち運びも楽ですし、 使用したら直ぐに捨てられるので荷物にもなりません。 今年の花粉症の季節はこのアレルギーアイリリーフで乗り切る事が出来ました。 また来年ももちらの目薬を愛用させて貰います。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ