結膜炎

結膜炎は、3種類の原因【ウイルス・細菌・アレルギー】があり、結膜に炎症が起こる眼の疾患です。ウイルス性結膜炎の場合は「アデノウイルス」が原因で眼を保護する涙が多く分泌し、黄ばんだ目やにが現れます。伝染力が非常に強いウイルスであり「手で目をこすらない」「タオルを使いまわさい」などの注意が必要です。

売れ筋ランキング

結膜炎の商品一覧

  • ニフラン点眼液

    ニフラン点眼液

    特徴 ニフラン点眼液は千寿製薬社が開発した、非ステロイド性抗炎症点眼薬です。 結膜炎や角膜炎・眼瞼炎などの治療にも用いられます。 当サイトで取り扱っているニフラン点眼液は、千寿製薬社が製造・販売している正規品です。 効果 ニフラン点眼液の主成分であるプラノプロフェンは、炎症や痛み、痒みを抑える効果だけでなく、解熱作用もあることから解熱薬としても利用されています。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、発疹、蕁麻疹、気道搾取などがあげられます。 成分 日本国内においては0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:千寿製薬

    もっと見る

    11,460円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シプロフロキサシン点眼薬

    シプロフロキサシン点眼薬

    特徴 シプロフロキサシン点眼薬はシプラ社が販売している、細菌感染による眼病を治療する点眼薬です。 細菌性結膜炎やものもらい(めばちこ)の治療に用いられます。 効果 シプロフロキサシン点眼薬の主成分であるシプロフロキサシンは、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬で、様々な細菌に効果を発揮する抗生物質です。 強い抗菌力を持ち、細菌の複製を防ぐことにより症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼瞼炎、結膜炎、麦粒腫、角膜炎、涙嚢炎などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.3%が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本576円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シプロフロキサシン眼軟膏

    シプロフロキサシン眼軟膏

    特徴 シプロフロキサシン眼軟膏はFDC社が販売している、細菌感染による眼病を治療する眼軟膏で、直接患部に塗布する外用薬です。 細菌性結膜炎やものもらい(めばちこ)の治療に用いられます。 効果 シプロフロキサシン眼軟膏の主成分であるシプロフロキサシンは、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬で、様々な細菌に効果を発揮する抗生物質です。 強い抗菌力を持ち、細菌の複製を防ぐことにより症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼瞼炎、結膜炎、麦粒腫、角膜炎、涙嚢炎などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.3%が購入可能です。
    製造:FDC

    もっと見る

    1本1,235円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エピナスチン点眼液

    エピナスチン点眼液

    特徴 エピナスチン点眼液はアラガン社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 アレルギー性結膜炎などの治療に用いられます。 効果 エピナスチン点眼液の主成分であるエピナスチン塩酸塩は、アレルギーを引き起こすヒスタミンなどの体内物資の活動を阻害することで花粉症や目の痒み、結膜充血などの症状を改善する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、眼瞼炎、眼痛、流涙、点状角膜炎、そう痒感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シフランアイドロップ

    シフランアイドロップ

    特徴 シフランアイドロップはサンファーマ社が販売している、細菌感染による眼病を治療する点眼薬です。 細菌性結膜炎やものもらい(めばちこ)の治療に用いられます。 効果 シフランアイドロップの主成分であるシプロフロキサシンは、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬で、様々な細菌に効果を発揮する抗生物質です。 強い抗菌力を持ち、細菌の複製を防ぐことにより症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼瞼炎、結膜炎、麦粒腫、角膜炎、涙嚢炎などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.3%が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1本633円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • IF2点眼液(パタノール)

    IF2点眼液(パタノール)

    特徴 IF2点眼液はシプラ社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 錠剤のアレロックと同一成分の点眼薬です。 効果 IF2点眼液の主成分であるオロパタジン塩酸塩は、体内物質をブロックし、働きを抑えることで症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、角膜炎、眼刺激、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mlが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルメトロン点眼液

    フルメトロン点眼液

    特徴 フルメトロン点眼液はアルコン社が販売している、抗炎症ステロイド水性懸濁点眼薬です。 眼瞼炎や結膜炎、角膜炎などの治療に用いられます。 効果 フルメトロン点眼液の主成分であるフルオロメトロンは、アレルギー(花粉症など)による炎症を抑える強い効果があり、抗アレルギー点眼液で症状が改善されない場合などに効果があります。 副作用 主な副作用には、眼圧上昇、眼刺激感、結膜充血、眼脂などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:アルコン

    もっと見る

    1本1,266円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビット点眼薬

    クラビット点眼薬

    特徴 クラビット点眼薬は参天製薬が開発した細菌感染症の治療薬です。 結膜炎やものもらいなどの細菌感染症の治療に用いられます。 世界的に有名なクラビットと同一成分が含まれている点眼薬です。 効果 クラビット点眼薬の主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 早期の使用で感染症の悪化を防ぎます。 副作用 主な副作用は、刺激感、眼痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.5%/1.5%が処方されています。 当サイトでは0.5%が購入可能です。
    製造:参天製薬

    もっと見る

    1本2,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガチブル点眼液

    ガチブル点眼液

    特徴 ガチブル点眼液はルピン社が販売している、広範囲抗菌点眼薬です。 眼瞼炎、結膜炎などの治療に用いられます。 効果 ガチブル点眼液の主成分であるガチフロキサシン水和物は、眼細菌の複製を防ぎ、殺菌する事で症状を改善する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、眼瞼炎、眼痛、流涙、点状角膜炎、そう痒感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.3%が購入可能です。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1本1,010円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


結膜炎

結膜炎とは

結膜炎とは、眼が真っ赤に染まってしまい、見た目も悪く「気になる身近な病気」の上位に位置する眼病です。
はるか昔から患者数も多く、感染からの流行という場合もある病気ですので、原因と予防方法を知っておく必要があります。
結膜炎を知るには、まず眼球の仕組みを知る必要があります。
眼球は上下左右と、可動域の広い特殊な部位です。
こうした自由な動きを可能にするためには、眼球とまぶたがぴったりくっついていてはいけません。
かといってそこに空間が生じてしまえば、ゴミやホコリ等を始めとする異物が眼球の裏側まで入り込んでしまい、大変な問題になります。
そのため、まぶたの裏と眼球の表面をカバーする薄い膜が存在しており、それが「結膜」と呼ばれるものです。
結膜炎とは、文字通りその結膜が炎症してしまう病気であります。
結膜は目を開けている間は、外にさらされ続けている状態であり、極めて刺激を受けやすい部位と言えます。
また結膜は、まぶたに掛かる袋のような作りでもあり、異物が溜まり易く、涙によって常に潤いがあるため、水分と栄養に富んだ状態から、細菌やウイルスが増えやすい環境となっているのです。
結膜炎が現在に至るまで、患者の多い病気である理由には、こういう背景があるためです。

結膜炎の原因と治療

結膜炎には種類があり、それによって罹患する原因も変わってきます。
下記の3種類が代表的な結膜炎と言えるでしょう。
また、結膜炎の感染経路は、眼や顔を触った手指、その指がタオルや手すりなどに触れ、それを媒体にする接触感染などがあります。
乳幼児の便の処理をした際に、その手を介して感染することもあります。
タオルの共有はしない、乳幼児の便処理の後は手を洗うなどの方策が必要です。

1:ウイルス性結膜炎
ウイルスの感染によって生じる結膜炎です。ウイルスの種類によって細分化されます。

・流行性角結膜炎
アデノウイルス8型が原因で生じる結膜炎です。
感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後「涙が多く出る」「まぶしさを感じる」「サラサラとした目やに」といった症状が現れます。
夏に多い結膜炎であり、幅広い年齢で罹患します。
現時点でアデノウイルスに対して有効な薬剤はありませんが、3週間ほどで自然に治るものではあります。
角膜の濁りが見られる場合にはステロイド薬の点眼「フルメトロン点眼液」が必要です。
アデノウイルスは伝染力が非常に強いウイルスであり、手で目をこすらないように注意をし、更なる感染を防ぐために学校、仕事などは休む必要があります。

・咽頭結膜熱
アデノウイルス3型により感染するもので「プール熱」という呼び名が一般的です。
手足口病、ヘルパンギーナと並んで「子供の三大夏風邪」という名称もついている、子供にとっては馴染の深い病気です。
喉の痛み、眼の充血、数日にも及ぶ発熱と、風邪に似た症状が出るものです。

・急性出血性結膜炎
「アポロ熱」とも呼ばれているもので、伝染する結膜炎として1960年代に突如として大流行しました。
アポロ11号の月面着陸の時期だったこともあり、月から病原体がやってきたという噂が流れ、アポロ熱という俗称が付いたものです。
エンテロウイルス70型、そしてコクサッキーウイルスA24変異株がこの病気をもたらす菌です。

2:細菌性結膜炎
黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、クラミジアなど、我々の周りに存在する身近な菌により起こります。
感染力はさほど高くはなく、抗生物質のクラビット点眼薬による治療が可能ですが、体の抵抗力が下がっている乳幼児などは、十分感染するものですので注意が必要です。

3:アレルギー性結膜炎
「アレルゲン」という、アレルギー反応の元となるものが結膜に付くことで生じます。
これは他人に感染することはなく、自分自身のアレルギー反応によるものです。
原因は「ハウスダスト・花粉・ダニの死骸」などですが、近年ではコンタクトレンズの汚れによるアレルギー反応もあります。
エピナスチン点眼液は、第二世代の抗ヒスタミン薬なので、副作用は少なめでアレルギーを引き起こすヒスタミンなどの体内物資の活動を阻害する目薬です。

結膜炎は自然治癒するものではありますが、不快感は長い間続き、人に伝染させてしまう疾患ですので、薬による治療が必要です。
市販の薬と処方される薬で大きく2つに分けられますが、それぞれに特徴があります。

・市販薬
薬局で販売している商品です。
手軽に購入出来るもので、軽い症状の際に一時的なものとして対応することに適しています。
しかし結膜炎に関しては、気軽に購入出来る分だけ、効き目が弱い場合もあり、治るまで時間が掛かる事もあります。
多くは有効成分として、サルファ剤というジャンルに位置する「スルファメトキサゾール」が配合されており、細菌の合成を食い止める力があり、細菌性結膜炎に特に有効なものです。

・処方薬
医療機関において処方される目薬です。
塩化ベンザルコニウムという防腐剤が多く含まれていない商品を選ぶことにより、開封後早めの使用が必須となりますが、目への負担は減り、悪化するリスクも少なくなります。
結膜炎では痒みを伴う症状が多く、抗アレルギー点眼薬、そしてステロイド点眼薬が処方されることも多いものです。
抗アレルギー点眼薬は、痒みの基であるヒスタミンという物質の活動を抑えるもので、副作用の心配はいらない目薬となっています。
ステロイド点眼薬は、炎症に直接的に作用する薬ですので、速効性が高い反面、副作用に気を付けなければなりません。

※日本眼科学会の結膜炎についてはコチラをご確認下さい。

口コミ・レビュー

  • zhitanさん (49歳)
    毎年必ずめばちこになりますが、 私の場合はこちらのシプロフロキサシン点眼薬を使って対処してます。 効果も抜群で愛用してやまない商品です。
  • Gさん (24歳)
    体質なのか年に3回くらいものもらいになってしまうのですが、シプロフロキサシン点眼薬があるから安心してますね。市販薬も割りと効くんですが、やっぱりこれには敵いません。初めての個人輸入をする方は日本未承認の薬に抵抗があるかもしれませんが、外国ではポピュラーな薬なので用法用量を守っていれば安全に使えますよ。
  • じゅんさん (30歳)
    ものもらいには、ちゃんとした目薬が効きますよ!眼科に行く時間が無いのでこれを常備しておけば安心です。
  • トイトイさん (26歳)
    たまに何度かものもらいになるときがあるので、このシプロフロキサシン点眼薬を利用させてもらってます。最初は放置すれば治るんじゃね?とか思ってものもらいですが、この歳ぐらいになると、そうはいかないみたいです。丁度このサイトは他の頭痛薬を買ったことがあって知ってたので、見つけられて良かったです。使ってからは早めに腫れも引いてきて、1週間までには治ってくれました。1本の値段なら、そんなに高くないですし。
  • Kenさん (44歳)
    泳ぐのが大好きで、夏にはプールで泳いだりと体を動かしてるのですが、 プール上がりの目の充血に悩まされてました。 眼科に行くのも手間なので、いつもこのお薬を使って治してます! 大きさも丁度良く、大変重宝しております。
  • 太郎さん (34歳)
    よく結膜炎になるんです。いつもケチって2weekのコンタクトを長く使ってるんですけど、たぶんそれですよね。衛生的に良くないんだよなーって思いつつもやっちゃうんです。病院のお金ももったいないなって思ってたらこれを見つけたんで買ってみたんですけど。すぐ治りました!よかったー
  • ストらとスさん (26歳)
    普段から結構目が痒くなるときがあるんで、よく目をかくんですが、ものもらいになったりするということはあまり無いです。ですが、この前目をかきすぎたせいか、思いっきり左のまぶたが腫れてて、ものもらいになってました。すぐに治るかなと思っていましたが、中々治らなかったので、こちらのシプロフロキサシン点眼薬を買いました。ちょっと2時間ごととか、4時間ごととか面倒くさかったですが、おかげで5日ぐらいで治りましたよ。
  • ryoukoさん (31歳)
    新しいカラコンが合わなかったのか目の充血と目やにがひどくて使用を止めてもずっとそのままでした。 病院へ行くほどでは無かったのでここでこの目薬を買いましたが一発で良くなりました。 ものもらいにもなりやすいのでいざという時に助かります。
  • MINTさん (30歳)
    充血がひどくてサングラスをいつもかけているくらいです。 肩こりも激しくなってきたので目薬を使おうとしましたが、どうせなら海外の効き目が強いやつがいいかなぁ~なんて思っての購入でした。実際にいいですね!かゆみはカンペキに止められますよ。
  • まんだらけさん (24歳)
    コンタクトをずっとつけっぱなしにしていたら結膜炎になりました。 光を見るのもすごく目がいたくなる状態になってしまいましたが、これを使ったらすぐによくなったので良かったです。 コンタクトは毎日外しましょう笑

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ