ものもらい・めばちこ

ものもらい(関西名称:めばちこ)の病名は、麦粒腫と霰粒腫という常在菌の黄色ブドウ球菌が原因となる目の疾患です。痒みやシコリが伴う腫れなどの症状が現れます。風邪や疲労、季節の変わり目など免疫力が低下した際に感染する事が多い炎症です。

売れ筋ランキング

ものもらい・めばちこの商品一覧

  • シプロフロキサシン点眼薬

    シプロフロキサシン点眼薬

    シプロフロキサシン点眼薬は、シプラ社が製造販売している細菌感染による眼病を治療する目薬です。 細菌性結膜炎やものもらい(めばちこ)の治療に用いられます。 有効成分シプロフロキサシンは、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬で、様々な細菌に効果を発揮する抗生物質です。 強い抗菌力を持ち、細菌の複製を防ぐことにより症状を改善します。 また他の抗生物質に比べアレルギー反応が少なく、ペニシリン系やセファム系にアレルギーを持つ方に用いられています。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本576円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シプロフロキサシン眼軟膏

    シプロフロキサシン眼軟膏

    シプロフロキサシン眼軟膏は細菌による感染症を治療します。 有効成分シプロフロキサシンは幅広い抗菌作用を持っており様々な感染症治療に使われている抗生物質です。 細菌性結膜炎はまぶたと白目を保護している結膜が黄色ブドウ球菌やクラミジア菌等に感染したことにより起こり、主な症状は粘り気のある目ヤニが多くなり白目が充血します。 この薬は患部に直接塗ることで病巣に素早く移行し細菌を退治し、複製を防ぐ事で症状が治まります。 また他の人に移る事はまれですが、小さなお子さんがいる家庭ではご注意下さい。
    製造:FDC

    もっと見る

    1本1,235円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シフランアイドロップ

    シフランアイドロップ

    シフランアイドロップは麦粒腫や細菌性結膜炎を治療する目薬です。 麦粒腫は主にブドウ球菌属等が皮脂腺に侵入し増殖する事であらわれる病気です。 主にまつ毛の根本にある皮脂腺から侵入し、化膿によるまぶたの炎症、痛みやかゆみを伴います。 化膿が進み患部が裂け膿が出る事で自然に治ることがありますが、まれ大きなしこりが残ってしまったり、膿が大量に溜まってしまった場合は手術にて取り除くことがあります。 この薬は抗菌作用が強くまた素早く病巣へ移行し細菌を撃退し複製を防ぎます。 細菌が消滅したことにより患部のはれがひき痛みやかゆみが改善されます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1本633円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガチブル点眼液

    ガチブル点眼液

    ガチブル点眼液は細菌感染によるものもらい(めばちこ)や細菌性結膜炎などを治療する目薬です。 黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌に感染したことで充血、かゆみ、炎症などの症状が現れます。 この薬は主成分のガチフロキサシン水和物は幅広い抗菌作用持ち様々な細菌感染症に用いられる抗生物質です。 眼細菌の複製を防ぎ、殺菌する事で症状を改善します。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1本1,010円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルメトロン点眼液

    フルメトロン点眼液

    フルメトロン点眼液は、アレルギー性の結膜炎からくる炎症や痒み、痛みを緩和する抗炎症ステロイド点眼液です。 主成分のフルオロメトロン成分が、長く留まるという特徴から炎症抑制効果を長時間持続出来るメリットがあるだけでなく、人間の涙と同じ中世の成分であるため、点眼時の刺激や不快感が感じないというメリットもあります。
    製造:アルコン

    もっと見る

    1本1,266円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビット点眼薬

    クラビット点眼薬

    クラビット点眼薬は参天製薬が開発した細菌感染の治療に用いられる点眼薬です。 結膜炎やものもらいなどの細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。 個人輸入を行っている当サイトでは有効成分レボフロキサシン0.5%の購入が可能です。 クラビット点眼薬の主成分であるレボフロキサシンは、細菌感染による感染症の医療に用いられるニューキノロン系の抗生物質です。DNAジャイレースという酵素の働きを抑えることで細菌の死滅と抗菌に効果があります。国内で感染者数の多い結膜炎、角膜炎、ものもらいなどの治療に用いられるほか、眼科手術後の細菌感染予防にも用いられます。 主な副作用は刺激感や眼痛などがあげられます。錠剤を服用する場合よりも副作用が少なくなっています。
    製造:参天製薬

    もっと見る

    1本2,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン

    アモキシシリン

    アモキシシリンはBristol Laboratories社が開発した細菌感染症の治療薬でカプセル型が特徴です。主に梅毒の治療に用いられる抗生物質です。 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。 アモキシシリンの主成分であるアモキシシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。アモキシシリンは細菌の細胞壁という部分を生成するPBP(ペニシリン結合タンパク質)の働きを抑えます。そうすることで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅していきます。梅毒の治療の他にも淋病、ものもらい、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、ピロリ感染症など多くの細菌感染症に適応があります。 主な副作用として、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。 時間依存性の抗生物質であるため、1日数回の服用が必要になります。
    製造:Bristol Laboratories

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビクシリン・ジェネリック

    ビクシリン・ジェネリック

    ビクシリン・ジェネリックはザイダスカディラ社が開発した細菌感染症の治療薬でオレンジ色のカプセル型が特徴です。主に梅毒の治療に用いられる抗生物質です。 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。 ビクシリン・ジェネリックの主成分であるアンピシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。アンピシリンは細菌の細胞壁という部分を生成するペプチド転移酵素の働きを抑えます。そうすることで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅していきます。梅毒の治療の他にも淋病、ものもらい、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎など多くの細菌感染症に適応があります。 主な副作用として、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。 時間依存性の抗生物質であるため、1日数回の服用が必要になります。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリンダマイシン(ダラシン)

    クリンダマイシン(ダラシン)

    クリンダマイシンとは、Siam Bheasach社が開発した服用タイプのニキビ改善治療薬です。 主成分であるクリンダマイシンは、抗生物質の一種で「重度のニキビ治療」に対して強い殺菌作用があるお薬です。
    製造:Siam Bheasach

    もっと見る

    1錠44円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケフレックス・ジェネリック

    ケフレックス・ジェネリック

    ケフレックス・ジェネリックはFLYNN PHARMA社が開発した細菌感染症の治療薬で緑色のカプセル型が特徴です。主に淋病の治療に用いられる抗生物質です。 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。個人輸入を行っている当サイトでは250mgの購入が可能です。 ケフレックス・ジェネリックの主成分であるセファレキシンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。セファレキシンは細菌の細胞壁という部分を生成するPBP(ペニシリン結合タンパク質)の働きを抑えます。そうすることで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅していきます。淋病の治療の他にも深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、扁桃炎など多くの細菌感染症に適応があります。 主な副作用として、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。
    製造:FLYNN PHARMA

    もっと見る

    1錠77円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン(シロップ)

    アモキシシリン(シロップ)

    アモキシシリンシロップのノバモックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬でシロップ型が特徴です。主に淋病や梅毒の治療に用いられる抗生物質です。 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。個人輸入を行っている当サイトでは125mg/250mgの2種類が購入可能です。 アモキシシリンシロップの主成分であるアモキシシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。アモキシシリンは細菌の細胞壁という部分を生成するPBP(ペニシリン結合タンパク質)の働きを抑えます。そうすることで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅していきます。淋病や梅毒の治療の他にも深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、ピロリ感染症など多くの細菌感染症に適応があります。 主な副作用として、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。 錠剤タイプより、服用後速やかに成分が吸収されるため、高い血中濃度でグラム陽性菌・陰性菌に対しての効率的な治療が可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,280円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


ものもらい・めばちこ

ものもらいとは

目の痒み、そしてゴロゴロ感。
眼の代表的な疾患であり、とても身近なものとなっている「ものもらい」です。
地方では「めばちこ」「めいぼ」などという呼び名がありますが、それらはすべて同じものです。
「ものもらい」という名称も、かつては目の腫物、できものは「他人から物を貰うと治る」という俗信が由来と言われています。
ものもらいですが、正式には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」という2つの眼の疾患を指すものです。
特に発症例が多いのが麦粒腫のため「ものもらい=麦粒腫」として捉えられています。
麦粒腫は、眼球を覆うまぶたの中にある「汗腺・皮脂腺」もう1つ皮脂腺である「マイボーム腺」という箇所に細菌が感染してしまうことによって発症します。
その細菌とは主に黄色ブドウ球菌が原因ですが、この菌自体は一般的に「皮膚・髪・鼻の穴」などに常在している菌です。
それが炎症にまで繋がるのには、原因があるのです。

ものもらいの原因

眼球はとてもデリケートなので、ものもらい(麦粒腫)が発症しやすい原因は多くあります。
ものもらいの元となる菌は、常に体に存在しているものです。
元来は人間が持つ免疫力によって菌の活動を抑えているのですが、アルコールなどを多く飲む、風邪をひく、季節の変わり目といった身体の抵抗力が弱まる時期やストレス、疲労によって細菌の活動が増していきます。
細菌が活発になり、増殖して数が増えることによって感染のリスクが高まるのです。
そして何より、外的要因で細菌の活動を活発にしてしまう行為があり、代表的なものが「まぶたを擦る」ことです。
手というのは、想像以上に細菌や雑菌が付いています。
常に手が触れているパソコンのキーボードなどは、トイレの便座よりも雑菌の数が多く汚いものであるという研究結果もあるくらいです。
そのような菌の塊をまぶたに擦りつけてしまえば、分泌腺に外からの菌をみすみす送り込むような手段で、ものもらいへ菌をあげているようなものです。
また、常在菌は髪の毛にも存在していますので、前髪が目にかかっているとその分菌が入ってしまうリスクも高まります。
・コンタクトレンズも洗浄液に浸けずに使い続けている。
・アイメイクをまぶたのギリギリまで入れている。
・汗を掻いたまま拭かずに放っておいている。
といった「眼に触れるきっかけ」を増やす事が、ものもらいの最大の原因と言えます。

ものもらいの症状

ものもらいが発症すると、どのような症状が出るでしょうか?
まずは痒み、まぶたに違和感が生じます。
瞬きをする度に、目に何か当っているような違和感があり、その違和感は痛みへと繋がっていきます。
鏡を見るとまぶたの上、もしくは目じりの部分に「ニキビ」のような突起が出来ている事に気づくでしょう。
まぶたは赤くなり、目は充血して腫れ、目ヤニが頻繁に出るようになります。
他にも電球など、光を通常よりも眩しく感じられるようになります。
更に炎症が進むと、耳のリンパ節に腫れが見られるようにもなります。
これは、耳のリンパ節が目に近いところにあり、合わせて反応が起こるためです。
一般的なものもらいの見た目は「外麦粒腫」というものですが「内麦粒腫」という、まぶたの内側に出来るものもあります。
こちらの方が強く症状が出るもので、炎症が悪化することにより発熱を伴うこともあります。

ものもらいの予防法

ものもらいを防ぐためには、やはり身体の抵抗力を上げるのが肝要です。
免疫力や抵抗力が弱まっている時に常在菌が悪さをするのが、これらの病気の特徴ですので、免疫力を高める「ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE」の摂取が効果的です。
更には、アルコールや食品添加物といった加工食品に気を付けた方が良いでしょう。
スーパーで販売されている「ハム・ベーコン・ソーセージ」などは、食品添加物も多いものですので、晩酌に「ビールとベーコン」という組み合わせ等はリスクが高いものと言えます。
そしてストレスや精神的重圧なども、身体の抵抗力に関わるポイントです。
季節の変わり目は眠りも浅くなるので、しっかりとした睡眠をとりストレスを軽減させるのが良いでしょう。
ものもらいがある時は、特にストレスや疲労を重ねないように努める必要があります。
そして最も重要なのが、目の周りを清潔にする事です。
まぶたに触れないというのはもちろん、前髪がかかる、タオルで強く顔を拭くといった事は控えましょう。
ストレスのない生活と清潔を心掛けるだけで、ものもらいはかなり防げるものです。

ものもらいの治療

ものもらいは、特に治療をせずとも通常2週間ほどで自然治癒するものではありますが、炎症や化膿の不快感が続くのはストレスになりますし、何より見た目が悪いものです。
少しでも早く症状を軽減したい、治したいのであれば、重要なのは目薬です。
ものもらいの発症原因である「黄色ブドウ球菌」の活動を防ぐためには、抗菌作用のある目薬を選びます。
患部に塗布する軟膏タイプや液体の目薬タイプなどもありますが、目薬タイプであれば使いきりタイプの薬を選ぶのもポイントです。
通常の目薬のようになっている商品は比較的安価ではありますが、防腐剤が含まれていることが多く、目にとって刺激や負担になりうる可能性もあります。
1回の量が個包装によってキープされ、鮮度も保たれる使い切りタイプがやはりおすすめです。

ロート製薬、大正製薬といった大手製薬会社のものでも使い切りタイプの目薬が出ていますが、有効成分を知っていれば、病院で処方される効果の高い薬が安価に購入出来ます。
クラビット点眼薬」は有効成分がレボフロキサシンであり、黄色ブドウ球菌を殺菌します。
シプロフロキサシン点眼薬」は有効成分がシプロフロキサシンとなっており、ジェネリック医薬品として安価に購入が可能です。
フルメトロン点眼液」の有効成分はフルオロメトロンとなっており、ステロイド剤となっています。
炎症に大変効果が高い反面、細菌感染を手助けしてしまう可能性もあるため、よほど炎症が強い場合にのみ使われるのが良いでしょう。

口コミ・レビュー

  • 田村さん (45歳)
    目のかゆみが我慢できず、春の花粉シーズンは本気で日本脱出を考えるくらいですが、市販の薬に比べてこの効き目があればシーズンはもたせることができました。やり取りもスムーズにできて個人輸入の不安感も払拭されました。
  • チェリーさん (22歳)
    恥ずかしながら仕事柄、性病のリスクがあるので常備しています。特定の性病だけではなく抗生物質ということもあって、感染症にも効果があるとのことで、飲んでいるとなんだか安心です(笑)仕事の疲れから喉が腫れてしまったことがあったのですが、アモキシシリンシロップのお陰で病院に行かず治りました。助かりました〜!
  • さやかさん (31歳)
    ものもらいがすぐに治ってビックリです!いつも治るまで時間がかかったのに、この薬は私に合っているのかすぐに治りました。病院にもいかなくてもすむし、キレイに治るもんだから手放せません。目の調子が悪いかなって時に使うのがおススメです。ものもらいにならずに、そのまま治ります。そろそろなくなりそうなので、また購入して置いておこうと思います。いざというときにあると、安心ですね。ものもらいになりやすい人にぜひおすすめしたいです。
  • もこみちさん (31歳)
    効き目があって、思ってたよりも早く淋病が治りました。そのおかげで誰にもバレませんでした。ケフレックスまじありがたい!
  • カレンさん (25歳)
    ニキビは学生時代からの悩みです。皮膚科はお金もかかるし、処方される薬もアドバイスも先生によって変わるし、なかなか治療法がさだまらない状態でした。いったんは合う病院と巡り会えたので、今度は内側から治す方法に移行中です。クリンダマイシンを服用して赤みがひいて治まりました。しばらく続けていこうと思います。
  • ナイーブさん (27歳)
    抜歯のあと傷口がなかなか塞がらず細菌が繁殖してしまったようです。歯医者で処方してもらった薬がなくなってからはこちらのサイトでジェネリックを購入。おかげさまで今は炎症が治まってきてだんだん傷口もきれいになってきました。でもまだ時々疼くような感じがするのでもうしばらく様子見で飲んでおこうと思います。
  • ふうかさん (27歳)
    性病にかかって以来、薬を常備するようになりました。前にかかったときは病気になってから薬を飲むまでに時間がかかってしまいました。いろいろな性病に効くと書いてあったので、一つあれば便利だと思います。病院に行くのは恥ずかしいし、時間的に行けない時もあったりするのでこれからも家に一つはストックしておこうと思います。
  • のんさん (31歳)
    2回目の購入ですー。膀胱炎になりやすいので購入したけど、今回は膀胱炎ではなく扁桃炎になった時に服用しました。高熱と喉の痛みがひどかったけど、このシロップを飲んだら、翌日には少し熱も下がって、喉の痛みは和らぎました。扁桃炎になった時のあの喉の痛みは、錠剤だと絶対飲み込めないと思うから、シロップタイプのものを買っててよかったです。一週間も経たないうちに、喉の痛みは治まったし、病院に行く必要もなかったです。
  • めばちこさん (36歳)
    ものもらいになったときに、シプロフロキサシン点眼薬を使ってます。1本使いきれそうだけどちょっと余ったなってくらいで治ってくれるのですが、酒をのむと目をかいてしまうクセがあって、またものもらいになってしまいました。酒を飲まなきゃいいのですが、付き合いでのまなきゃいけないし、点眼薬を居酒屋とか駅とかに忘れてしまいます。病院で無くさないよう強く言われたので3回無くしてからは気まずくて通販で買うようにしてます。
  • 片桐さん (30歳)
    このあいだ風俗に行って淋病に感染してしまったのですぐ通販でケフレックス・ジェネリックを買って飲みました。助かりました。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ