シミ・肝斑

肝斑は、30~40代の女性に多く見られるシミで頬骨あたりに左右対称に出来る特徴があります。女性ホルモンのバランスが影響しているシミと考えらており、50代半ばの閉経後に薄くなったり消える傾向が見られます。

売れ筋ランキング

シミ・肝斑の商品一覧

  • ヒトプラセンタ(プラセントレックス)

    ヒトプラセンタ(プラセントレックス)

    ヒトプラセンタのプラセントレックスは、アルバートデビッド社が開発した肌を若くなる胎盤(プラセンタ)の美容ジェルです。 プラセンタ効果は、細胞を作り出す(保湿や若返り)作用があり、アンチエイジング・美肌(ニキビ・シミ・シワ・くすみ)美白にも効果があると認められています。
    製造:アルバートデビッド

    もっと見る

    1本2,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • BIHAKUENトラネキサム酸

    BIHAKUENトラネキサム酸

    BIHAKUENトラネキサム酸はシミ、肝斑を改善し、美白を実現するための第3類医薬品です。トラネキサム酸は、メラニンが発生する要因のプラスミンという酵素を阻害することで美しく白い肌を実現します。 また炎症を鎮める効果もあるので、湿疹などシミ以外の肌のトラブルに対しても効果的です。 医薬品の成分ですが、安全性が高く副作用はほとんどないので、長期の使用でも安心して使用いただけます。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラネミック(トラネキサム酸)

    トラネミック(トラネキサム酸)

    トラネミックは、シミや肝斑(かんぱん)といった女性の肌トラブルに有効な錠剤の内服薬です。 トラネミックには、有効成分「トラネキサム酸」が含有されています。この必須アミノ酸には、抗プラスミン作用があります。 抗プラスミンの主な働きである「血栓を溶かす作用」がシミや肝斑を作る原因となるため、トラネキサム酸はこのプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑え、シミや肝斑の発生を止めるのです。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠16円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メラライトフォートクリーム

    メラライトフォートクリーム

    メラライトフォートクリームとは、ニコラスピラマル社が開発した美容クリームです。 主成分ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われるほど、美白効果の高い商品です。 シミ・ソバカスを改善するだけで無く、火傷やニキビ跡にも効果的です。
    製造:ニコラスピラマル

    もっと見る

    1本1,440円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レチノAクリーム

    レチノAクリーム

    レチノAクリームは、ジョンソン社が開発したシミ・シワの改善クリームです。寝る前に1日1回、塗るだけでシミやニキビ跡を綺麗に再生する効果があります。 また皮脂や化粧による黒ずみの毛穴も綺麗にしてくれます。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ユークロマプラスクリーム

    ユークロマプラスクリーム

    ユークロマプラスクリームとは、ヤッシュパーマラボラトリーズ 社が開発した美白クリームです。 ハイドロキノンは「顔の漂白剤」と言われるほどシミ・ソバカスや傷跡を綺麗に美白するクリームで大変人気が高く、海外では有名な人気商品です。
    製造:ヤッシュファーマ

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メラケアクリーム

    メラケアクリーム

    メラケアクリームは、トレチノイン・ハイドロキノン・モメタゾンフランカルボン酸を配合した薬用美白クリームです。 新陳代謝に欠かせないビタミンAの約100倍の効果を持つとされるトレチノイン、肌の再生成を促すハイドロキノンにステロイド剤のフランカルボン酸モメタゾンを含有したクリームを塗り込む事で色素沈着したしわしみにきび跡等に刺激を与えず効果的に働きます。
    製造:アジャンタファーマ

    もっと見る

    1本1,456円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トランサミンカプセル(トラネキサム酸)

    トランサミンカプセル(トラネキサム酸)

    トランサミンカプセルは、肝斑やシミ、ソバカスに効果がある薬です。 有効成分トランサミン(トラネキサム酸を含む)が、皮膚のシミの原因であるメラニンを抑えシミを薄くします。 美白効果もあるため人気の美容スキンケア医薬品です。
    製造:第一三共(ライセンス)

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • BIHAKUENトレチノインクリーム

    BIHAKUENトレチノインクリーム

    ビハクエンのトレチノインクリームとは、クレインアンダーソン(Klein Anderson)社が開発したシミ・シワの改善クリームです。 美肌効果や皮膚の再生効果が強い商品です。 ニキビ跡・美白・アンチエイジングとして期待できるクリームです。
    製造:Klein Anderson

    もっと見る

    1本1,853円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • BIHAKUENホワイチュア

    BIHAKUENホワイチュア

    BIHAKUENホワイチュアは「ビタミンC」「Lシステイン」「パントテン酸カルシウム」などの美白成分を配合したサプリメントです。 配合成分によってシミの原因であるメラニンの生成を抑えると同時に、コラーゲン生成を促し肌にハリを与えシワを防ぎます。 またニキビや吹き出物などの肌トラブルも防ぐなど、美肌に欠かせない多くの成分がバランスよく配合されています。
    製造:Olympian Labs Inc

    もっと見る

    1錠26円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • BIHAKUENハイドロキノンクリーム

    BIHAKUENハイドロキノンクリーム

    ビハクエンのハイドロキノンクリームとは、クレインアンダーソン(Klein Anderson)社が開発した美白・美容クリームです。 ハイドロキノンは、メラニン色素を阻害する効果がある強力な美白剤です。シミ・そばかすの美白効果が市販の化粧品と比較し、数百倍と言われています。
    製造:Klein Anderson

    もっと見る

    1本1,686円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カタツムリクリーム(Elicina)

    カタツムリクリーム(Elicina)

    カタツムリクリームとは、有名なエリシーナ(Elicina)のスネイルクリームプラスでお肌のシミや毛穴の開き、妊娠腺やケロイドなどのお肌の悩みを解決してくれるクリームです。 他にもニキビ、ニキビ跡、傷跡、くすみ、皮膚の炎症、肌荒れなどの様々な肌トラブルにも効果があります。 同クリームはチリ生息のカタツムリから抽出された自然エキスを80%配合、限りなく天然成分に近い美容クリームとなります。
    製造:elicina

    もっと見る

    1本4,696円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トランサミン(トラネキサム酸)

    トランサミン(トラネキサム酸)

    トランサミンは、シミや肝斑(かんぱん)といった女性の肌トラブルに有効な錠剤の内服薬です。 トランサミンには、有効成分「トラネキサム酸」が含有されています。この必須アミノ酸には、抗プラスミン作用があります。 抗プラスミンの主な働きである「血栓を溶かす作用」がシミや肝斑を作る原因となるため、トラネキサム酸はこのプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑え、シミや肝斑の発生を止めるのです。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンチエイジングクリーム

    アンチエイジングクリーム

    アンチエイジングクリームは、しわ・たるみを解消する抗酸化・コラーゲン補給用の美容クリームです。 サプリ等を手がける、アイファイブ社より製造・販売されています。 天然の成分であるアロエやベニバナの種等が含有され、強力な抗酸化作用とコラーゲンの補給をもたらします。 肌が衰える原因は、活性酸素が体に増え、酸化する(さびる)ためです。 血中の酸素は上手く分解されないと、活性酸素へと変化し老化やそばかすしわの原因となります。 アンチエイジングクリームは、これらを抑え体外に排出する事で、肌の劣化を防ぎ、潤いを与えてくれます。 またオールインワンクリームなので化粧落としの後、塗るだけで予防・対策が出来ます。
    製造:アイファイブ

    もっと見る

    1個2,026円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 角質除去クリーム

    角質除去クリーム

    FinaleWhiteningCream(フィナーレホワイトニングクリーム)は、美容大国であるタイ国内でベストセラーとなっている角質除去クリームです。タマリンドやアロエベラなどの、高品質の天然成分を独自のブレンドで配合し、ビキニラインやワキの気になる黒ずみや、肘や膝の古い角質を効果的に取り除くことが出来ます。黒ずみや角質の気になる部分にクリームを塗布してから、4週間ほどで肌が明るくなるのを感じることが出来るはずです。
    製造:ナノメド

    もっと見る

    1本1,806円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • Yukeidoフェイスパック(真珠)

    Yukeidoフェイスパック(真珠)

    Yukeidoフェイスパックは美白やシワの改善に有効な成分を浸透させたパックで、シワ改善の効果が有名なコエンザイムQ10や、肌の保水力を高めるヒアルロン酸や真珠由来のコラーゲンなどの他にも、コラーゲン活性化、抗炎症の作用を持つアロエのエキス、高い抗酸化作用を持つブドウ種子などが独自のブレンドによって配合されています。
    製造:Yukeido

    もっと見る

    1箱3,060円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • Yukeidoフェイスパック(赤ワイン)

    Yukeidoフェイスパック(赤ワイン)

    Yukeidoフェイスパック(赤ワイン)は、近年では飲む美容液とも呼ばれている、赤ワイン由来のポリフェノールを中心に成分が配合された、シミのケアなどに特に有効なパックです。 ポリフェノールの細胞の抗酸化作用によって、皮膚の老化や、黒ずみの原因であるメラニン色素が沈着するのを防ぎ、白く美しい素肌を実現します。 また、肌の保湿、保水効果を持ったヒアルロン酸の配合によってつっぱり感のない、なめらかでしっとりした肌の調子へと整えていきます。
    製造:Yukeido

    もっと見る

    1箱3,060円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • DNSローラー

    DNSローラー

    DNSローラーは、200本もの極細の針が付いたローラーです。肌上に目には見えない小さな穴を複数空けて、刺激によって肌のターンオーバーを促す治療に用いられる器具になります。くすんだカサカサな肌の組織を後退させ、表皮の再生を促し、ハリと輝きを与えます。
    製造:bioGenesis

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


シミ・肝斑

肝斑とは

肝斑とは、一度出来てしまうと厄介なシミの種類で、特に治りにくいものと言われています。
肝斑の特徴はいくつかありますが、ひとつは左右対称に出来るというものです。
顔、特に頬骨のあたりに現れ、その境界がはっきりしない形で広がっていきます。
そしてもう1つは、ほぼ同じ形、同じ大きさで現れるということです。
境界がはっきりしないシミが、左右対称に顔へ広がる肝斑の特徴として、目の周囲には出来ないということがあります。
大きな肝斑が広がるということは、それこそ逆に顔の大半がメラニン色素によって濃くなり「目の周りだけ白い色黒の顔」のように見えることさえあるのです。
肝斑は一般的には30~40代の女性に多く見られるシミと言われており、特にスキンケアに心を配りたい年齢に差し掛かった頃に「悩めるシミ」が現れるというのは何ともつらい話です。
治りにくい肝斑といっても全く対策がないわけではありません。
その原因を知り「肝斑かどうかの判断をする」というところからスタートしていくのは、決して遠回りではない対策のひとつなのです。
肝斑とは

肝斑の原因

肝斑の原因 シミの境界線がハッキリしない肝斑の原因とはいったい何でしょう。
肝斑の原因は、女性ホルモンとの関わりが指摘されています。
30~40代の女性に出来る肝斑は、中年期から更年期への移行の中で、女性ホルモンが減少する時期と重なっており、妊娠中やピルを服用している際などにも見られます。
ホルモンバランスが崩れることによって生じるシミであるため、仕事の悩み、過度のダイエットなど、日常でストレスを感じている人のシミは肝斑である可能性があります。
また、肝斑は物理的な刺激を与えることで広がってゆく可能性があるものです。
過度のマッサージや日常的に強くタオルで体や顔を拭くなどする方は注意が必要です。
これらホルモンバランスからなる肝斑は、ホルモンバランスが安定する閉経後には症状が悪化しにくくなり、人によってはシミが薄まることもあります。
今現在悩んでいる肝斑に対して「閉経後に収まるからそれまで我慢して下さい」というのは酷な話です。
改善方法を探りなら、向き合っていけるようにしたいところです。

肝斑の改善方法

肝斑の改善方法 治りにくいシミ、肝斑にも対処法はしっかりとあります。
まずはビタミンC、L-システイン、トラネキサム酸の処方です。
元々、トラネキサム酸は抗プラスミンの作用をもつアミノ酸です。
固まった血液を溶かす物質であるプラスミンは、紫外線により働きが活性化し、肌荒れ、そしてメラニン色素が過剰に発生することによる皮膚の炎症を起こすことがあるのです。
プラスミンの活動を抑えるトラネキサム酸で、炎症によるメラニン色素の発生を抑えます。
そしてトラネキサム酸は肝斑に有効な成分として認められ、近年では美白の効果を持つ化粧品に配合されているのです。
ホルモンバランスの乱れにより現れてしまう肝斑は、紫外線に気を付けていれば発生を抑えられるというわけでもなく、レーザー治療でもかえって皮膚のシミが濃くなってしまったという報告もあります。
ストレスが原因となる可能性もあるので、あまり気にし過ぎる訳にもいかないという厄介さを持っているのですが、そこで出てくるのがトラネキサム酸です。
さらにはメラニン色素の合成を強力に防ぐハイドロキノンクリームも組合わせることで、より効果を高めることが可能になります。

老人性色素斑とは

①ホルモンバランス
老人性色素斑とは 老人性色素班とは、シミの代表とも言われるもので、これまでに浴びていた紫外線が元となり、時間の経過に伴って現れてくるシミです。
大きさは数mmから十数mmの範囲であり、形のはっきりわかる茶褐色のシミとなっています。
このシミは名前が指し示す通り、加齢と共に徐々に現れてくるものですが、若いころに紫外線を浴びた、特に思春期までに大量に紫外線を浴びる環境にいた人は、20代の後半ごろから現れたり、女性では出産後にシミが増える場合もあります。
老人性色素班は顔、腕、手の甲、デコルテ(首から鎖骨回りにかけての胸元)に出来やすいとされています。
顔では、こめかみや頬といった部分です。これらの体の部位は、太陽の光(紫外線)を浴びやすいということから「露光部」とも呼ばれています。
人の肌は本来、紫外線の攻撃を防ぐ力を持っており、それが先ほどもお伝えした「皮膚をカバーする濃い色の傘」
すなわち日焼けなのですが、紫外線を浴び続けていると肌の表面の細胞はおろか、肌のハリを保つために必要なエラスチンやコラーゲンといった物質も痛めてしまい、シミの原因になっていくのです。

老人性色素斑の原因

老人性色素班の原因で一番大きなものは、なんといっても紫外線の蓄積です。
これまでに浴び続けていた紫外線が、ある日突然にシミとなって帰ってくるのです。
外で太陽を浴びながら遊ぶ夏休みや山の思い出…というような光景は懐かしく、そうして外で元気に遊んでいた人は中年となると夏休みの長い一日が終わり、だんだんと太陽が落ちて夜がやってくるように、肌の闇とも言えるシミが広がってくるのです。
蓄積された紫外線のダメージが、シミとなって現れるのは、早い人で20代後半、多くは40代からと言われています。
また、色白な人も紫外線には弱いものです。
そうした人は、日頃から気を付けて紫外線対策をしているので、色白な人はそのまま歳を重ねる…ということにもなりますが、反面一度シミが出来てしまうと当然小麦色の肌の人よりはシミが目立ちますので「いつか戻ってくるシミを恐れる毎日を送る」と、あまり笑えない話にもなってしまいます。
当然対策はありますので、まずはシミは加齢と共に出来る。ということを自覚して次のステップに進んでゆきたいものです。
老人性色素斑の原因

老人性色素斑の改善方法

老人性色素斑の改善方法 老人性色素班のシミは、顔、腕や手の甲、首元から鎖骨にかけての「デコルテ」と呼ばれる範囲に出来やすいとされています。
露光部と呼ばれるこれらのパーツは、日中の露出も多く、長時間紫外線を浴び続けます。
その結果、肌の表面にある細胞だけではなく、肌のハリを保つために必要なコラーゲンなどにもダメージを与えてしまうのです。
その対策としては、やはり原因の逆をいかなければならず「露光部に紫外線を与えない」というのが一番効果的です。
日頃の対策とケアとなっていますが、既に出来てしまったシミに対してはどう対策すべきでしょうか。

・レーザー照射、光治療という方法があります。
これはメラニンの黒い色素に直接働きかける特殊な光線を当て、メラニンを含む「色が濃く出た細胞」だけを破壊するという方法です。

・ハイドロキノンクリームの塗布です。
メラニン色素の合成を強力に防ぐハイドロキノンクリームや皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の効果を高めてメラニンの排出を助けるトレチノインクリームを使用する事で、治療効果が高まり色素班も再発しにくくなりますので、非常に効果的と言えるでしょう。

雀卵斑(そばかす)とは

雀卵斑(そばかす)とは 雀卵斑(じゃくらんはん)とは、一般的に「そばかす」と呼ばれるもので、皮膚に出来るシミのひとつです。
鼻を中心にして、直径5mmまでの小さな斑点が顔に散らばったように出るものです。
主にまぶた、鼻筋など、顔の正中部に出来る事が多く、日光に当たる部分に多数現れます。
雀卵斑は日本人にも見られますが、白人に発症が多く日本人で見られる場合は、色白の人が発症する率が高いと言われています。
早い人は3歳ごろから見られ、思春期に集中的に数が増えます。
また紫外線が悪化の原因となるので、日差しが強くなる春から夏の季節にかけて目立ち、秋から冬にかけて症状が目に見えづらくなります。
このことから、夏日斑(かじつはん)とも呼ばれています。
雀卵斑そのものの語源は、この小さく散らばるシミが雀の羽にある斑点に色や形が似ている事が由来です。
また一般的に言われる「そばかす」の語源も、そばの実を粉にした後のそば殻に似た斑点が出来る事から「そばのかす⇒そばかす」と呼ばれるようになったと言います。

雀卵斑(そばかす)の原因

雀卵斑(そばかす)の原因 雀卵斑の原因のひとつが遺伝によるものです。
子供にできる雀卵斑は、殆どが両親からの遺伝であると言われています。
また少々複雑ですが、雀卵斑そのものが遺伝するのではなく、雀卵斑ができやすい体質が遺伝します。
雀卵斑とはメラニン色素が局所的に活性化することで、小さいシミを散らばしたような特徴がありますが、それは紫外線によって肌がダメージを受けた結果でもあるので、日頃のスキンケアによって防ぐことは可能です。
それでも子供が日傘を差したり、美白クリームを塗るわけではないので、雀卵斑が出来やすくなるのです。
これらの遺伝性の雀卵斑は、早くて3歳くらいから出来始め、思春期の終わり頃にかけて治まっていきます。
しかし、成人しても治らず、雀卵斑が消えなかったり広がったりしている場合は、間違ったスキンケアや肌に合っていない化粧品を使用し続けるなどの行為、肌のターンオーバーを促すピーリングが過度になっている、化学繊維を含んだタオルで強く体をふくなどの肌に負担を与える行為や、もちろん成人してから浴びる紫外線、ビタミンCなどの栄養不足など、あらためてその原因を探る必要があるでしょう。
雀卵斑(そばかす)の原因

雀卵斑(そばかす)の改善方法

雀卵斑の改善方法と言っても、多くは遺伝性のものであり、思春期を境に収まってくるとはいえ「雀卵斑ができやすい体質が遺伝する=シミができやすい肌質である」ということは変わりません。
改善方法はいくつかありますが、代表的なものは以下となっています。

レーザー治療 ・レーザー治療
肌に直接照射するレーザーがメラニン色素に反応し、雀卵斑の細胞を破壊します。
効果は大きく、照射部位の雀卵斑が消える場合もありますが、治療には「ゴムで弾かれているような痛み」があり、レーザー照射後の肌はしばらくの間赤みが出てかさぶたのようになり、化粧ができなくなる期間が生じるなどのデメリットもあります。

フォトフェイシャル(光治療) ・フォトフェイシャル(光治療)
レーザーとは違うフラッシュ(光線)を皮膚に照射することで、雀卵斑を薄くしていきます。
肌に赤みが出る、かさぶたになるなどの通称「ダウンタイム」が殆ど存在しないというのが特徴です。
その分、一回の照射で治療が終わることはなく、数回の照射と通院期間が必要です。
レーザー治療よりもクリニックに行く回数が増えることで、金銭的負担も生じます。

・イオン導入
メラニン色素の合成を抑えるビタミンCやビタミンAをより効果的に皮膚へと浸透させるため、イオンまたは超音波を使う方法です。
レーザー治療のようにダウンタイムがなく、肌に優しい治療法となっています。
薬やサプリメントの服用と合わせて治療するとより効果的です。

・薬の服用
メラニン色素の過剰な発生を抑える薬、トラネキサム酸を服用してそばかすを防止します。
ハイドロキノンクリームを使うことでメラニン色素を合成させるチロシナーゼという酵素の働きを阻害させます。
また、ビタミンAの100倍以上の効果があると言われるトレンチノインクリームも有効とされています。
通院が難しい人はこうした薬の使用が効果的です。

・ケミカルピーリング
皮膚に化学物質(フルーツ酸やトレンチノインなど)を塗り、皮膚を剥がしてシミになっている部分を除去します。
ピーリングによって肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し、表皮が剥がれて生まれ変わることで、それまで表皮内に留まっていたメラニン色素が落ちるのです。
皮膚を剥がすということですので、施術後のケアは重要です。
紫外線に当たらないような注意が特に必要になるでしょう。

口コミ・レビュー

  • サリーさん (38歳)
    アラフォーになってから肌のしわやしみがとても気になるようになっていろんな美容液を見に行って試してみたりしたのですが自分に合うのが見つからなくて困ってました。ママ友にこの薬を教えてもらって試してみたらあらビックリって感じです。保湿されてる感じがとてもよくて使い続けています。
  • hirokoさん (49歳)
    ずっと気になってたんですよね、ヒトプラセンタ。なんとなく、美容の必需品というか、芸能人の方もやってらっしゃるんでしょう?やってないのかな?私の周りのお友達もこれを使ったらお肌の調子が良くなったと言っていたり。それで私もついに買っちゃいました。まだ届いて間もないので、しばらくわくわくしながら使ってみようと思ってます。
  • めいこさん (38歳)
    最近ほうれい線が気になってネットで色々調べているときにこのDNSローラーの存在を知りました。最初は肌に穴を開けるなんて怖い!痛そう!と思っていたのですが、口コミでは評判なので購入してみることに。結果的に購入してよかったです!確かに痛みはありますが、チクッとするだけで気持ちよく思えてくるくらいです(笑)ほうれい線も目立たなくなり、何より肌にハリが出てきて周囲に最近キレイになったねと褒められました。購入して本当によかったです!
  • こころさん (37歳)
    最近頬のシミが少し気になってきて、ビタミン剤とシミ取りのクリームを使ってましたが全く改善しなくて、いろいろ調べてみたらヒトプラセンタがいいとあったので試しに買ってみました。使った感じとしてはそれほどべた付かず、肌に塗っていくとしみこんでいく感じでしっとりとなじみます。ちょっと匂いが独特なのか少し気になりますが、シミが消えるならと気にせずに使ってみたところ1か月程度でシミが薄く気にならない程度になってました。ほうれい線とかにもいいみたいなのでもう少し使ってみます。
  • めいこさん (38歳)
    最近ほうれい線が気になってネットで色々調べているときにこのDNSローラーの存在を知りました。最初は肌に穴を開けるなんて怖い!痛そう!と思っていたのですが、口コミでは評判なので購入してみることに。結果的に購入してよかったです!確かに痛みはありますが、チクッとするだけで気持ちよく思えてくるくらいです(笑)ほうれい線も目立たなくなり、何より肌にハリが出てきて周囲に最近キレイになったねと褒められました。購入して本当によかったです!
  • あいりさん (42歳)
    この夏は日焼け止めを塗り忘れることが多くてシミが結構できてしまいました。悩んでいたところトランサミンカプセルを友人からオススメされて購入しました。飲み始めたばかりですが、前よりも薄くなってきているような気がします。今後に期待。
  • ゆんさん (33歳)
    美白化粧水を使っても薄くならなかったニキビ跡が、このクリームを使ってから徐々に薄くなってきました!!
  • ももさん (28歳)
    にきびができた後に跡が残ってしまいいつも困っていたのですが、にきびの後もちゃんと消え、シミの黒ずみも消えてきているので嬉しいです。
  • リコピンさん (27歳)
    ニキビ痕を目立たなくしたくてメラライトフォートクリームを使っています。本当にだんだん目立たなくなってきました。
  • りささん (35歳)
    シミが消えると聞いて購入しました。使い始めて、1ヶ月ほどですが、気になっていたシミがちょこっと薄くなっています。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ