生理痛・生理不順

生理痛に伴う痛みには個人差がありますが、代表的な【腹痛・腰痛・頭痛・便秘】など身体の症状に加え【イライラ・無気力・不安感】など精神的にも悩まされます。生理不順の原因は【血行不良・自律神経のバランス・骨盤の歪み・病気】などが考えられます。

売れ筋ランキング

生理痛・生理不順の商品一覧

  • マーベロン

    マーベロン

    1番人気!!  マーベロンは、MSD社が開発した低用量ピルです。 従来のピルに比べ、ホルモン含用量が少ないため副作用も少なく身体の小さい日本人に合ったお薬です。 生理痛や生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,040円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アスピリン・ジェネリック

    アスピリン・ジェネリック

    アスピリンジェネリックのエコスピリンは、USV社が開発した痛み・腫れ・熱をを治療する痛み止め兼解熱剤の医薬品です。 エコスピリンは、サリチル系(炎症・痛みに効果)の一種で鎮痛剤としての役割が大きいです。 抗炎症薬とも言われており、幅広く痛み・腫れ・炎症を和らげる効果もあります。 風邪症状にも効果があり、購入される方が増えています。
    製造:ユーエスブイ

    もっと見る

    1錠15円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリキュラー

    トリキュラー

    トリキュラーは、バイエル社が開発した低用量ピルです。 ホルモン分泌を自然のパターンに類似させ、身体にあまり負担を掛けない三相性タイプのポピュラーな低用量避妊ピルです。 日本の産婦人科で処方率が1番高い商品です!
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナイキサン・ジェネリック

    ナイキサン・ジェネリック

    ナイキサンジェネリックはナプロキセンを有した、腰痛や関節痛などの痛みや炎症を鎮める、痛み止め薬として処方されることが多い、解熱鎮痛消炎剤です。 この薬は非ステロイドの抗炎症薬で、鎮痛薬としての効果の発現が早いのが特徴です。 腰痛、リウマチ関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)、腱鞘炎などの関節痛や月経困難症、痛風、歯痛などの症状にも用いられている治療薬です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠12円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロキソニン(海外市場向け)

    ロキソニン(海外市場向け)

    ロキソニンの主要成分はロキソプロフェンナトリウムになります。鎮痛薬の中でも認知度が非常に高く、生理痛、外傷後、手術後、抜歯後の鎮痛、急性情動炎の解熱、間接リウマチに使われ、鎮痛だけでなく、熱を下げるのにも効果があります。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マレフェMTF(プロベラ)

    マレフェMTF(プロベラ)

    マレフェMTF(プロベラ)は、経口黄体ホルモンのプロベラのジェネリック医薬品です。 プロベラと同一成分のメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを配合していますので、ホルモンバランスの乱れから起こる様々な症状を改善してくれます。 また不妊症治療に使用されることもある薬です。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠17円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロキソニン

    ロキソニン

    ロキソニンは、腫れや痛みを和らげて熱を下げる抗炎症薬です。 炎症を鎮めて腫れや発赤、痛みなどの症状を抑えます。風邪や生理痛、頭痛や抜歯後の陣痛や重めな病気の痛み止めにも一般的に利用されております。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エブラ(避妊パッチ3枚)

    エブラ(避妊パッチ3枚)

    避妊パッチのエブラは身体に貼ることで低用量ピルと同様の効果を得ることが出来るパッチタイプの避妊薬です。 毎日決まった時間に飲み続ける手間が省け、飲み忘れなどの心配もいりません。 パッチも肌の色に近く、薄型となっているため目立つ心配もなく、入浴時などで水に濡れても剥がれにくい設計となっています。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1箱3,060円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤーズ(YAZ)

    ヤーズ(YAZ)

    超低用量ピルのヤーズは、バイエル社が開発した避妊薬です。副作用も少なく月経期間を短くする効果もあります。 また生理痛や生理前の症状が重度な方にもオススメのピルです。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オブラル-L

    オブラル-L

    オブラル-Lとは、ワイス社が開発した副作用が少ない低用量ピルです。 低容量ピルは、避妊や生理不順の改善以外にも月経痛や生理前症候群(苛々や不安など)症状の緩和、肌つやUPなどの効果も期待出来ます。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤミニLS

    ヤミニLS

    ヤミニLSとは、ルピン(Lupin)社が開発した超低用量ピルです。 日本国内では、最も低用量の卵胞ホルモン0.02mg配合なので、副作用が殆どない新しい避妊薬です。 日本の産婦人科で処方されるヤーズのジェネリック医薬品です。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1箱1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フェミロン

    フェミロン

    避妊薬のフェミロンは、MSD社が開発した低用量ピルです。 マーベロンのジェネリック医薬品で、同じ成分・効果ながら先発薬のマーベロンよりも安く購入出来ます。 従来のピルに比べ、ホルモン含用量が少ないため副作用も少なく身体の小さい日本人に合ったお薬です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロエッテ

    ロエッテ

    ロエッテは、ファイザー社が開発した避妊薬の低用量ピルです。 毎日服用する低用量ピルの中でも成分量が少ないので副作用が出にくく、避妊効果が高い商品です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬は、自宅で早期に妊娠を確認することができる妊娠検査薬です。 従来までの妊娠検査は、生理予定日の1週間前後のチェックでしたが、この商品は受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。
    製造:Runbio Biotech

    もっと見る

    1個304円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 排卵検査薬

    排卵検査薬

    排卵検査薬は、排卵日を特定するための検査薬です。 妊娠を望む女性が月に1回ある排卵日を知ることは妊娠をする上で重要なことです。 自宅で簡単に、最も妊娠しやすい時期を検査することができます。
    製造:Runbio Biotech

    もっと見る

    1個304円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セラゼッタ

    セラゼッタ

    セラゼッタは、マーベロンのジェネリック医薬品でオルガノン社が開発した低用量ピルです。 従来のピルに比べホルモン含用量が少ないため、副作用も少なく身体の小さい日本人に合ったお薬です。 生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プラノバール・ジェネリック

    プラノバール・ジェネリック

    商品名「オブラルG(OvralG)」はプラノバールのジェネリック医薬品です。 アメリカに本拠地を置く世界最大の医薬品メーカー「ファイザー」社より製造されています。 薬の効果効能は「生理の痛み・不順を緩和する女性用中用量ピル」となります。 服用している間は妊娠のきっかけとなる排卵を抑制した状態に近づきやすくなります。 20錠入りのため、飲みきったら翌月月初まではお休み下さい。 生理の調整、更年期障害・女性ホルモン補給を考えている方におすすめです。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱963円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マーシロン

    マーシロン

    マーシロンは、低用量ピルのマーベロンと同じ成分が配合されていて、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの配合を0.02㎎と少量に抑え身体への負担を軽減した3.5世代の超低用量のピルになります。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱1,726円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジネット35

    ジネット35

    ジネット35とは、シプラ社が開発したアジア人向けの低用量ピルです。 低用量ピルで有名なダイアン35のジェネリック医薬品です。 副作用も少なく安心して服用出来ます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリザンタ

    クリザンタ

    ヤスミンジェネリックのクリザンタは第4世代の低用量ピルで、有効成分は先発薬同様エチニルエストラジオール0.03mg、ドロスピレノン3mgです。正しく服用することでコンドーム以上の確実な避妊効果や、生理トラブルの解消が期待出来ます。クリザンタは1相性型の低用量ピルにあたり、服用の順番に気をつけなくてもいい、というメリットがあります。また第4世代の低用量ピルであるクリザンタはホルモンの作用が弱いので、個人差もありますが比較的太りにくいとされます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,098円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メリアン(Meliane)

    メリアン(Meliane)

    メリアンは、避妊効果を無くすことなくホルモン量を最小限に留めた低用量ピルとなり、低用量ピルであるガイネラの姉妹品となります。 一相性タイプになるため飲み間違えなどの心配もなく、副作用も軽くでき女性の身体への負担も少ない経口避妊薬となります。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,440円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤスミン

    ヤスミン

    ヤスミンは、バイエル社が開発した低用量ピルです。 従来のピルより、ホルモンの変動が少なく自然な形で避妊効果があります。 月経困難症や更年期障害の改善にも用いられます。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,943円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアン35

    ダイアン35

    ダイアン35は、バイエル社が開発した低用量避妊薬です。 体格が小さいアジア人向けに開発されたお薬で、身体的負担が軽減され、副作用も少ないことから人気の高い商品です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヌーバリング(避妊リング)

    ヌーバリング(避妊リング)

    ヌーバリングは膣内に挿入するリング状の避妊具で、IUD、IUSの一種になります。 膣内で合成女性ホルモンを放出することで、排卵を抑制し避妊効果を発揮します。 正しい方法で使用した場合は98パーセントの確立で避妊が成功すると発表されています。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱2,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロベラ(生理周期の改善)

    プロベラ(生理周期の改善)

    プロベラは、ファイザー社が開発した女性ホルモン剤です。 黄体ホルモンを補充したり女性ホルモンのバランスを改善するお薬で、生理周期の改善や不妊治療に用いられます。 女性ホルモンのバランスが崩れる事で、月経不順・無月経に繋がり肌荒れ・冷え性、代謝が悪くなる、むくみやすいといった症状になってしまいます。 プロベラは、そんな女性の悩みを解消するお薬です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シャタバリ

    シャタバリ

    シャタバリは、女性ホルモン全般を整える植物性エストロゲンを主成分しており、生理不順や更年期障害を改善する効果がある天然成分のサプリメントです。他にも免疫を強める効果があり、ストレス軽減による若返りや滋養強壮作用などが期待出来ます。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イブケア(子宮ケア)

    イブケア(子宮ケア)

    イブケアは「PMS」と呼ばれる女性の月経前症候群や月経困難症、あるいは月経過多といった女性特有の悩める症状に効果が期待出来る天然成分が配合されたサプリメントです。 イブケアに含まれている天然ハーブが、女性のホルモンバランスのリズムを整え、各種症状を和らげていきます。 主成分の1つであるシャタバリは、インドの伝統医学アーユルヴェーダにおける「女性にとって重要なハーブ」とされています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレミアコンティニュアス

    プレミアコンティニュアス

    プレミアコンティニュアスとは、ワイス社が開発した更年期障害などの症状を改善する女性ホルモン剤です。 プレマリンとプロベラの成分が一緒に配合された医薬品です。 女性ホルモンであるエストロゲン成分・メドロキシプロゲステロン成分は生理周期の改善や更年期障害の改善に用いられる女性ホルモン剤です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠192円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


生理痛・生理不順

生理痛・生理不順

女性なら、誰でも一度は経験があるであろう生理痛・生理不順
一言に生理痛や生理不順と言っても個人によってタイプや症状は様々です。
その多くの原因は、アンバランスなホルモン分泌により起こっていると考えられています。
それぞれ個人や症状にあった適切なケアをすることにより、健康で豊かな生活をおくりましょう。

生理とは

生理(月経)とは約1ヶ月に一度は巡ってくる受精が行われず、子宮内膜がはがれ落ち血液と共に体外へ排出される症状です。
子宮内で月経周期に応じ、子宮内膜を厚くする→はがれ落ち体外へ排出→新たに子宮内膜を厚くするというサイクルを繰り返します。先ずはそのメカニズムを見てみましょう。

・卵胞期(増殖)
卵子のもととなる原子卵胞の成熟につれ、卵胞ホルモンが分泌され、妊娠に備え子宮内膜が厚くなります。

・排卵
卵胞ホルモンの分泌がピークになると、卵胞から卵子が排出されます。

・黄体期(分泌)
排卵後、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増加し、受精卵が着床して生育しやすくなるように子宮内膜を厚く、柔らかくします。

・月経期
受精が行われなかった状態では、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が減少し、その作用が低下していきます。
2つのホルモン作用の低下により、子宮内膜がはがれ落ち血液と共に排出されます。
その際に、月経血が逆流し子宮内膜症を引き起こすこともあります。

生理痛とは

一言で生理痛と言っても、症状、痛む場所、痛みの程度など、同じ女性であっても十人十色です。
個々人が別々の生理痛を毎月経験していると言っても過言ではありません。
多くの女性が悩む生理痛ですが、痛みを人に伝えるというのは難しいものです。生理痛は「あって当たり前」「いつものこと」と我慢せず、生理や生理痛とうまく付き合っていくためにも、その原因を理解し自身に合った適切な対処法を見つけましょう。
生理痛の症状として代表的な下腹部痛以外に、頭痛・腰痛・胃痛など痛む箇所が違ったり、痛み方も重苦しい鈍痛からキリキリとする様な痛みなどそれぞれです。
また、肉体的な症状が軽くてもイライラ・集中力低下・不安感・憂鬱感・無気力感などの精神的な症状に悩む方も多く見受けられます。
これらの症状は、原因の違いによって起こると考えられています。

生理痛の主な原因

生理痛の主な原因は下記のようなものです。

・プロスタグランジンの過剰分泌
プロスタグランジンとは生理中に分泌されるホルモンの一種です。
子宮を収縮させ子宮内膜がはがれ落ちる時に、月経血をスムーズに体外へ排出する働きがあり、陣痛促進剤として使用されるほどです。
このホルモンが過剰分泌することにより、生理痛であっても陣痛に似たキリキリとした痛みが押しよせてくるのです。
このプロスタグランジンは、神経を痛みに対して敏感にする作用や血管の収縮作用があり、これにより頭痛・肩こり・腰痛・冷え・だるさ・胃痛・吐き気の原因となるのです。
このような症状は、一般的に生理初期に起こる事が多くあります。

・子宮が未発達で子宮口が狭い
若い女性は子宮の発達が十分ではなく、月経血の出口である子宮口周辺も狭く硬いため、プロスタグランジンの分泌が過剰になります。
子宮が成熟するにつれ自然と痛みは弱まります。
妊娠や出産を経験したり、30代以降に生理痛が軽くなる女性が多くなるのは、子宮が十分に成熟し子宮口が広がりやすくなるからです。

・身体の冷えなどによる血行不良
冷房などによる身体の冷えや、締め付けのキツイ下着やタイトなデニムなどの服装、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることにより全身の血行が悪くなり、お腹の張り・腹痛・腰痛の痛みが増したりします。
こうした痛みは個人の体質もあるので、生理後半まで継続することも考えられます。
タバコの喫煙も血管を収縮するため、血行不良により生理痛の一因となります。

・ストレスや緊張
生活環境の変化・生活習慣の乱れ・過度な緊張などにより精神的ストレスが高まり、自律神経やホルモンのバランスが崩れると生理痛が強くなります。

・病気
子宮筋腫や子宮内膜症などの病気があると、生理痛が強く出る場合があります。
これら2つの病気は生理痛と症状が似ており、病気の発症を自身で気づけないことが多いと聞きます。
強過ぎる痛みや長く痛む場合には、医師や専門家に相談する事をおすすめします。

生理不順とは

生理のお悩みとして一番多く挙げられているのが生理不順(月経不順)です。
様々な種類や症状がありその原因も様々です。
生理不順の状態とはどんなものなのか、原因として考えられてるのはどんなことがあるのかを見てみましょう。

生理不順の状態

女性の生理周期は、個人によって多少の差があります。
サイクルとしては、約1ヶ月で回ってくるのが一般的です。
正常な生理の周期とは25~38日、周期の変動差が6日以内、生理の持続が3~7日と言わていります。
上記のような規則的な生理周期から外れてしまった状態を「生理不順」と呼びます。

生理不順になる原因

生理不順の多くの原因は、女性ホルモンの乱れと考えられます。
生理は基本的に女性ホルモンである卵胞ホルモン、黄体ホルモンによりコントロールされています。
実際にはホルモン分泌の体内メカニズムはより複雑で、脳の「視床下部・脳下垂体」、「卵巣」の3つの器官の関係でホルモンを分泌し生理が始まります。
そのうち一つの器官でもトラブルが発生してしまうと、女性ホルモンの分泌に影響しホルモンバランスが崩れてしまうのです。
この女性ホルモンのバランスを乱してしまう多くの原因は、「ストレス」にあると言われています。
過激なダイエットや激しい運動などの身体的なことも原因の一つに挙げられますが、圧倒的に多いのは精神的なストレスによるところです。
現代社会での日常的なストレス・激務など仕事のストレス・一時的、突発的な強いストレス・引越しや転職など日常変化でのストレスなど、生理不順をストレスのバロメーターと見ている方もいる程です。

生理不順の種類

生理(月経)不順には、周期の違いと日数の長さの違いなど、様々な種類があります。

・稀発月経(きはつげっけい)
一般的な生理周期25~38日間では無く、39日以上と期間が長く空いてしまうことを稀発月経といいます。
原因として、卵巣の働きが弱くホルモンが十分に分泌されない状態が考えられます。

・頻発月経(ひんぱつげっけい)
稀発月経とは逆に、24日以下と短いサイクルで生理が来てしまうことを頻発月経といいます。
原因として、卵巣の働きが低下しているか、ストレスによってホルモン分泌に乱れがあると考えられます。

・過長月経(かちょうげっけい)
生理期間が8日以上ダラダラと継続する状態を過長月経といいます。
原因として、脳の視床下部・脳下垂体、卵巣の3つの器官のどれかにトラブルが発生している可能性があります。

・過短月経(かたんげっけい)
過長月経とは逆に、2日以内で終わってしまう状態を過短月経といいます。
経血の量が極端に少ない過小月経(かしょうげっけい)と同時に起こることが多くあります。
原因として、子宮の未発育や女性ホルモンの分泌が少なく、子宮内膜が厚くならないことが考えられます。

生理不順の問題

「生理のサイクルや期間がバラバラでも生理自体があるから大丈夫」と考えている方も多いと思いますが、軽く考え対処しないでおくと大きなリスクがあります。
実は様々な症状の裏に、婦人科疾患の可能性があります。
稀発月経や過長月経で考えられるのは、黄体機能不全です。
黄体とは、排卵時に卵子が卵巣から放出後、卵子を包み込んでいた卵胞が残り、その卵胞が変化し一時的にホルモンの分泌機能をもったものをいいます。
黄体機能不全は、黄体ホルモンを分泌する黄体の機能が上手く働かない疾患のことです。
黄体ホルモンには子宮内膜を厚くする働きがあり、これが不足してしまうと子宮内膜が十分に成熟できなくなります。
そのため黄体機能不全の状態では、妊娠しにくくなり妊娠したとしても流産のリスクが増加します。
卵巣機能の低下により、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスの乱れによって起きる卵巣機能不全も生理不順の原因となります。
この状態により女性ホルモンの分泌が低下してしまうと、排卵がうまく起こらず無月経となってしまいます。
無月経の状態が続くと、子宮内膜は育つことができず萎縮してしまいます。
無月経が長く続き、その後にホルモン分泌がされても無月経期間が長いとホルモンへ反応することが出来なくなってしまいます。
そのため、無月経の長期間の放置は、月経周期が戻らない可能性があります。
その他にも、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮頸ガン、子宮体ガンなど多岐に渡るため、たかが生理不順と軽く考えずしっかりと対処しましょう。

改善方法

生理不順は生理痛と同様に、女性ホルモンのバランスが大きく起因しています。
その多くが精神的なストレスと結びつくと考えられているため、一番の改善は日常的にストレスを溜めずうまく発散していくことが近道と言えるでしょう。
自分自身での改善方法としては、
・ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの適度な有酸素運動でのストレス発散。
・アロマテラピーやマッサージなどで精神のリフレッシュ。
・十分な睡眠により体の機能を乱さない。
・栄養バランスの取れた食生活によりホルモンバランスを乱さない。
などが挙げられます。
運動、私生活、食事と調整することで身体機能やストレス、それに伴うホルモンバランスの乱れを起こさないことが重要です。

薬の種類と効果

生理痛や生理不順は、我慢や放置しても改善されることはありません。
かえって強い痛みになることや不妊症になることさえあります。
女性が長年、共にしていかなければならない生理とうまく付き合っていくためには、あらゆる対処法と治療薬を知っておきましょう。

鎮痛剤

生理痛の一般的な対処法として、市販薬や医師から処方された医薬品を問わず鎮痛剤が多く用いられています。
医師の処方する医薬品としては鎮痛剤が多く処方されています。
ロキソニン
ボルタレン

ホルモン治療薬

つらくて痛い生理やホルモンバランスの乱れによる生理不順自体を緩和するため、女性ホルモンが配合されているホルモン剤を用いた治療法があります。
近年では、経口避妊薬の低用量ピル・超低用量ピルなどを服用して治療を行うケースが多くなってきています。
また、器質性月経困難症の原因である子宮内膜症の治療薬としても用いられています。
マーベロントリキュラーなど、女性ホルモンが含有されている低用量ピル
ヤーズを代表とする超低用量ピル
プロベラプレマリンなど、女性ホルモン剤

精神治療薬

精神的ストレスや症状が強く出る方の対処法としては、抗うつ薬や抗不安薬などを服用する治療法があります。
デパスなど、抗うつ剤
ジェイゾロフトなど、抗不安剤

サプリメント

昔から日本では、漢方などを用いて体質の改善を行っている方も多く見られます。
しかし、漢方も薬と同じく調合が必要で、専門的な症状には薬局や病院などでの処方が必要になります。
今では、漢方と同様の世界三大医学であるインドのアーユルヴェーダなど自然由来の天然成分を配合したサプリメントも販売されています。
シャタバリイプケアなど、サプリメント

薬の副作用

生理痛や生理不順の対処法として用いられている、医薬品やサプリメントには有効的な効果の反面、強弱はあれど副作用があります。

・鎮痛剤

一般的な鎮痛剤の直接的副作用としては、嘔吐・食欲不振・消化不良などの内臓の働きを鈍らせる症状が多くあります。
また、長期服用により自律神経の乱れや場合によって、生命に関わるような重篤な症状につながる危険性があります。

・ホルモン治療薬

女性ホルモンが含有されるホルモン剤の代表的な副作用としては、不正出血・妊娠の初期症状・更年期障害と似た症状・血栓症リスクの増加などが挙げられます。
服用により、一時的に体内のホルモンが増加しバランスが乱れることによって起こる副作用です。
また、血栓症リスクにはクリルオイルの同時服用をおすすめします。

・精神治療薬

抗うつ剤、抗不安剤の一般的な副作用は、頭痛・急激な眠気・倦怠感などがあります。
また、抗不安剤には依存性があるため自身で適量を定めて服用することが肝心です。

・サプリメント

漢方やアーユルヴェーダなどのサプリメントにも自然由来の成分とはいえ、配合されている成分によって副作用が考えられます。
様々なサプリメントがあり、配合されている成分も違うため各商品の副作用をしっかりと確認する必要があります。

その他に、各医薬品には併用禁止薬が存在します。
持病をお持ちの方や他の薬を服用中の方は、各商品をご使用の際必ず医師など専門家にご相談下さい。

口コミ・レビュー

  • 文乃さん (29歳)
    友人のすすめで使い始めました。使い始めて生理周期が調節できるので予定が立てやすくなりました。また生理痛が緩くなったのが良かったです。
  • 名無しさん (25歳)
    生理痛が本当にひどくて毎月仕事に行く事が厳しいほどです。 お客さまの信用に繋がる問題も出てきてしまうので、ネットで購入しました。 飲み始めてからは以前よりだいぶましで、何とか日常生活に支障が出ないくらいには改善しています。 ピルと聞くと副作用がすごくでるというイメージがあったのですが、自分は特になかったように思うのでとても良かったです。
  • ともさん (29歳)
    マーベロンを使ってましたが、フェミロンが安くて効果も同じと聞いたので、今回こちらを購入してみました。副作用が心配だったのですが、問題なかったです。さすがジェネリック!いいことだらけ!!つぎからフェミロンにしまーす!
  • 香澄さん (28歳)
    サプリメントで生理痛が軽くなるのは本当に嬉しいです。おかげさまで、飲み始めてから生理痛軽減の他にもなんとも言えないイライラも減りました。今度、友達にも教えようかなって思ってます。インドの伝統医学アーユルヴェーダってすごいですね。
  • コアラさん (26歳)
    副作用がきつかったのでマーベロンから乗り換えました。こっちでは副作用も出てないです。避妊効果もそうですけど、ずーっと出来続けてたニキビがなくなったことに驚きました。おそらく今までの薬は自分に合ってなかったんですね、マーシロンに乗り換えて正解でした。
  • 麻衣さん (31歳)
    低用量ピルは他のを最初使ってましたが、吐き気などが多くて結局やめてしまいましたが、友人から「これなら大丈夫じゃない?」と勧められたのがジネット35でした。一度試してみてダメだったら考えようと購入しました。使ってみると、以前のものより吐き気も無く、副作用が全然ないので安心でした。次からもこれにします。
  • 春奈さん (28歳)
    以前に低用量ピルで合わずに何度か吐いた事があるので、心配な面もありましたが、このオブラル-Lはその心配もなく大丈夫でした。おかげで生理不順も治ってくれて助かりました。また肌の調子も良くなっているのでまさにこれが私に合ってるて感じです。ジェネリックで値段も安いし、余裕をもって続けられそうです。
  • ガンタさん (31歳)
    関節痛みと腰痛が頻繁におこります。仕事が肉体労働なのでしょうがないとは思いますが、この歳で肉体労働は正直しんどいです。市販でバンテリンの塗るタイプなどを使っていましたが、汗と一緒に流れてあまり効果がありません。ナイキサンを購入して使ってみます。内部からだと凄く効きそうですね。
  • れなさん (24歳)
    マーベロンを以前から使っています。ジェネリックの存在を最近知ったので、試しにセラゼッタを使ってみました。他のピルよりも副作用を感じなかったのでこれは私に合いますね。生理痛と生理不順がひどいので使う目的でします。副作用なのか以前はむくみもでていたのですが、セラゼッタはでませんね。重宝します。
  • komuさん (33歳)
    友人から避妊薬を通販で購入できると聞いて早速ヤミニLSを注文しました。副作用が怖いので低用量ピルを選びました。最近から付き合いたての彼氏がいますが若くてセックスに対する欲求が強いので用心のために飲んでます。また生理不順の改善になるのも便利ですね。通販は思っていたより安く購入できるのが非常に便利だと思いました。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ