インフルエンザ・風邪

インフルエンザウイルスには、A~C型の3種類があり種類によって症状も異なります。A型が特に重症になる場合が多く潜伏期間の1~3日後に高熱を発し、発熱に伴う悪寒・身体の震え・関節の痛みなどが現れます。感染力が非常に高い事でも有名です。

売れ筋ランキング

インフルエンザ・風邪の商品一覧

  • タミフル・ジェネリック

    タミフル・ジェネリック

    特徴 タミフルジェンリックはオプト・ファーマ社が開発した抗インフルエンザ薬です。 タミフルのジェネリック医薬品で、白と黄色のカプセル型が特徴です。 効果 タミフルジェネリックの主成分であるオセルタミビルは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害します。 A型、B型のインフルエンザウイルスに適応があります。 副作用 主な副作用には、腹痛、下痢、吐き気、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは75mgが購入可能です。
    製造:オプト・ファーマ

    もっと見る

    1錠113円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オセルタミビル(タミフル)

    オセルタミビル(タミフル)

    特徴 オセルタミビルはアタベイ社が開発した抗インフルエンザ薬です。 タミフルのジェネリック医薬品で、白と黄色のカプセル型が特徴です。 効果 主成分であるオセルタミビルは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害します。 A型、B型のインフルエンザウイルスに適応があります。 副作用 主な副作用には、腹痛、下痢、吐き気、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは75mgが購入可能です。
    製造:アタベイ

    もっと見る

    1錠205円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コルタリン

    コルタリン

    特徴 コルタリンはFortune Pharmacal社が開発した、頭痛、発熱、鼻水などを抑える風邪薬です。 当サイトで取り扱っているコルタリンはFortune Pharmacal社が製造・販売している正規品です。 効果 主成分であるパラセタモールは解熱鎮痛作用があり、その他咳を止める作用があるクロルフェニラミンや、鼻詰りを改善するフェニレフリンが配合されており、風邪の諸症状を緩和する効果があります。 副作用 主な副作用には、発疹、頭痛、食欲不振、胸やけなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではパラセタモール250mg/クロルフェニラミン2mg/フェニレフリン5mgが購入可能です。
    製造:Fortune Pharmacal

    もっと見る

    1錠83円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コルタリンGP

    コルタリンGP

    特徴 コルタリンGPはFortune Pharmacal社が開発した、頭痛、発熱、咳、鼻水などを抑える風邪薬です。 当サイトで取り扱っているコルタリンGPはFortune Pharmacal社が製造・販売している正規品です。 効果 主成分であるパラセタモールは解熱鎮痛作用があり、その他咳を止める作用があるクロルフェニラミンや、咳を鎮め痰を喉から吐き出しやすくするグアイフェネシン、鼻詰りを改善するフェニレフリンが配合されており、風邪の諸症状を緩和する効果があります。 副作用 主な副作用には、発疹、頭痛、食欲不振、胸やけなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではパラセタモール325mg/クロルフェニラミン2mg/フェニレフリン5mg/グアイフェネシン100mgが購入可能です。
    製造:Fortune Pharmacal

    もっと見る

    1錠79円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • タミフル

    タミフル

    特徴 タミフルはロシュ社が開発した抗インフルエンザ薬で、白と黄色のカプセル型が特徴です。 当サイトで取り扱っているタミフルは、ロシュ社が製造・販売している正規品です。 効果 タミフルの主成分であるオセルタミビルは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害します。 A型、B型のインフルエンザウイルスに適応があります。 副作用 主な副作用には、腹痛、下痢、吐き気、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては75mgが処方されています。 当サイトでも75mgが購入可能です。
    製造:ロシュ

    もっと見る

    1錠570円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アマンタジン

    アマンタジン

    特徴 アマンタジンはMERZ社が開発した、パーキンソン症候群、抗A型インフルエンザ薬です。 シンメトレルのジェネリック医薬品で、オレンジ色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 主成分であるアマンタジンは、脳内の神経伝達物質であるドパミンの放出を促進することで、パーキンソン病の症状を改善します。 また、A型インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、感染初期に服用することで、発熱の期間が1日~2日短くなり、治癒が早くなる効果があります。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、食欲不振、めまいなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:MERZ

    もっと見る

    1錠62円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソールはインドの伝統医療であるアーユルヴェーダ(Ayurveda)に基づいて調合された、天然成分を原料にしたサプリメントです。 独自に配合された天然の成分が呼吸器の症状を緩和します。 特にアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみといった症状に有効です。 ブレソールにはウコンやトゥルシ、ヴァサカなど、アーユルヴェーダにおける重要なハーブが独自のブレンドで配合されています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レドキソン

    レドキソン

    Redoxon(レドキソン)は強力な抗酸化作用と免疫力の向上作用を持ち、風邪予防やストレス耐性に効果のあるサプリメントです。 ビタミンCは肌の健康を保ち、シミの予防をすると言われており、強い抗酸化作用によって免疫力を向上させ、風邪の予防のほか、ストレスに対する耐性も向上させる効果があります。 亜鉛は新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応などの体内の様々な働きをサポートします。 レドキソンはこれらの成分により、風邪予防、免疫力向上、ストレス耐性などの向上をサポートするサプリメントです。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1本2,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ホメオパシー(コールド&ソアスロートリリーフ)

    ホメオパシー(コールド&ソアスロートリリーフ)

    Swanson社が製造しているホメオパシー・コールド&ソアスロートリリーフは、人間が本来備えている自然治癒能力を活かす療法である“ホメオパシー療法”によって、鼻水や咳、喉の痛みなどのつらい風邪の症状を一時的に楽にするナチュラルなサプリメントです。ホメオパシーを取り入れた製品に共通して言えるのは、副作用なども少なく、安心して長期間の使用が可能な点です。
    製造:Swanson

    もっと見る

    1錠17円~
    売切れ
    詳細を見る
  • リレンザ

    リレンザ

    特徴 リレンザはがGSKファーマ社が開発した抗インフルエンザ薬で、粉薬を口腔内に直接吸入するタイプの外用薬です。 当サイトで取り扱っているリレンザはGSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 リレンザの主成分であるザナミビルはインフルエンザウイルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害します。 A型、B型のインフルエンザウイルスに適応があります。 副作用 主な副作用には、下痢、発疹、悪心・嘔吐、味覚障害などがあげられます。 成分 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1set6,180円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


インフルエンザ・風邪

インフルエンザとは

インフルエンザとは、文字通りインフルエンザウイルスが気道に入って感染してしまう「気道感染症」です。
風邪と同じカテゴリに入るイメージがありますが、今現在においても「人類において最大級の疫病」と呼ばれている病気であり、一般の風邪とは異なるものとして、重くなりやすい疾患であり、十分な知識を持つ必要があるものです。
インフルエンザは、毎年流行して注意が呼び掛けられている感染症で、世界各地で1年中、どこかで流行しています。
1~2月は北半球、7~8月は南半球、日本では11月にかけて流行が始まり、1~3月にその数が増加し、4月に減少するといった具合です。

インフルエンザの原因

インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスへの感染です。
主だった経路としては空気感染であり、インフルエンザに感染した人のくしゃみ、咳といった唾に含まれるインフルエンザウイルスを吸い込むことにより、感染してしまいます。
ウイルスにはA、B、C型と大きく分けて3つの種類が存在し、その種類によって症状も異なります。

・インフルエンザA型
A型の症状は、高熱、鼻づまり、喉の痛みです。
1~3日の潜伏期間を経て、突如として高熱を発します。それは38°~40°を超えるようなものです。
発熱に伴い、悪寒、体の震え、関節の痛みなどを伴います。
重症になると体がけいれんし、人の声にも反応が悪くなり、呼吸も苦しくなります。

・インフルエンザB型
B型の症状は、微熱の範囲で治まることもあり、ウイルスが変異しにくいものなので、ワクチン(予防接種)による予防が十分可能なものです。
A型よりも症状は軽いですが、下痢や腹痛を伴うのが特徴と言えるでしょう。
また、B型にはその中でも「山形型」と「ビクトリア型」の2つに分けられます。
ウイルスの遺伝子構造が異なることから、何度も繰り返して感染してしまうこともあります。

・インフルエンザC型
C型もまた微熱の範囲で治まることが多いものです。殆どの場合、小児期に感染するウイルスです。
鼻水や咳が多く出るという特徴があります。
このC型は、上記2つとはウイルス特性が異なるため、医師の診断で「インフルエンザではない」という扱いを受けることもあります。

ウイルスの感染経路

インフルエンザは空気感染します。
決して大げさな言い方ではなく、人間の眼に見えないウイルスを含む粒子を吸い込むことで感染します。
1つが「飛沫感染」です。
インフルエンザウイルスに感染した人が「くしゃみ・咳」をする事で、その飛沫は遠くに飛び、他の人の鼻や口からウイルスが入り、感染するのです。
くしゃみの飛距離はどれくらいのものか?
マサチューセッツ工科大学が以前行った実験では、くしゃみの飛沫は一塊のガス雲となって、空中を移動するというものです。
以前では「くしゃみの飛距離は、4~5メートル」と言われていましたが、ガス雲の中に存在する気流の渦は空中に留まり続け、時に5倍以上の飛距離を稼いで空中を漂うのです。
つまり1回のくしゃみで、ウイルスは数十メートルは漂い続けると言って良いでしょう。
もう1つが「接触感染」です。
飛沫から水分が飛び、その蒸発した粒子を吸い込む。またはウイルスの付いた手指、もしくはウイルスの付いた物体に触れる事が、感染のきっかけになるのです。

そして重要なのが、インフルエンザには感染しやすい生活習慣というのが存在するのです。
インフルエンザウイルスは、寒さと乾燥が好物です。ゆえに冬に最も活動が激しくなります。
そうした中、季節の変わり目により睡眠不足などを起こし、体の免疫力が下がっている時には、インフルエンザウイルスに特に掛かりやすくなります。
インフルエンザは重くなると肺炎、そして脳炎を引き起こし、現在でも死に至る病でもあります。
すぐに病院に行くのが、自分と周囲の事を考えて、最も重要です。
また、乾燥に強いということは、湿気には弱いということでもあります。
常に喉を潤しておくのが重要です。
マスクには口の周りの湿度を上げる役割もありますので、冬の時期には必須のアイテムと言えるでしょう。

インフルエンザの予防

インフルエンザには潜伏期間があり「発症する1日前から、人に移すには十分な状態になっている」と言われています。
人に移す事に気を取られて、ストレスを溜めてしまうと、いざ発症した時に更なる体調の低下を招いてしまう事にもなりますので、人に移してしまうのはある程度仕方がないものとして、日常生活での予防法を探っていった方が良いかもしれません。
風邪と同じ予防方法が有効で、部屋の空気を澱ませないような換気、そして加湿が重要です。
うがいと手洗いはもちろん、うがいはヨード系のうがい薬を使うと殺菌作用があるので、効果が上昇します。
人間の喉は守る力が弱く、冬場で粘膜が弱っている時にウイルスの攻撃にあえば、あえなく感染してしまうので、湿度の維持がとても重要です。
お茶に含まれているカテキンには、抗ウイルス効果がありますので、喉を潤し殺菌効果を期待して、冬場はお茶を飲む回数を増やす事も重要です。
そして最も重要な予防方法は、やはり予防接種です。
ワクチンを接種する事により、インフルエンザに掛かり難くする効果があり、重症化を防ぎます。
防御策としてはこれ以上は無いというものですので、毎年の予防接種は必ず行っておきましょう。

インフルエンザの薬

インフルエンザを自然治癒させるというのは、非常に困難です。
不快な体調がいつまでも続くのはもちろん、重症になれば最悪死に至りますので、薬による治療は積極的に行っていきたいところです。
インフルエンザの代表的な薬は大きく分けて5種類が存在します。

1:オセルタミビルリン酸塩
タミフル」という名称で販売されている薬が有名です。
A型・B型のウイルスの増殖を食い止める働きがあり、経口薬として服用が容易なのも特徴です。
症状が出て48時間以内に服用するのが最も効果的であり、逆に48時間を超えた時に服用しても十分が効果が無いばかりか、殆ど効果が無いとも言われています。

2:ザミナビル水和物
リレンザ」という商品名で発売されています。
こちらもA型・B型のウイルス増殖を食い止める働きがあります。
この薬は吸入薬であり、専用の吸入器を使用し、1日2回の服用を5日間に渡り吸入します。
呼吸と共に吸い込まれ、気道で増殖をするウイルスに吸入器からの粉薬が直接作用し、増殖を抑えるのです。

3:ラニナミビルオクタン酸エステル水和物
「イナビル」という名称での販売が有名で、こちらも吸入薬となっています。
特徴として、1回の吸入で治療を完結させる事が出来ます。
2容器を2つ、成人の場合吸入するだけで、他の治療は必要ありません。

4:ペラミビル
「ラピアクタ」という商品名が有名です。
こちらは点滴注射薬となり、自宅での服用は難しいものですが、吸入などが困難な患者にとっては効果的なものです。

5:アマンタジン塩酸塩
シンメトレル」という商品名で販売されているものです。
A型のインフルエンザウイルスに対してのみ効果があるという限定的な薬であり、経口で服用する薬です。
こちらは現在アメリカでは使用が禁止されており、日本でも使用される事例は無くなっています。

口コミ・レビュー

  • 理香さん (25歳)
    子供のころから体が弱く、季節の変わり目でどうしても風邪を引いてしまいます。 私の場合は頭痛が酷く、市販薬では効き目が物足りない為コルタリンを愛用しています。 値段もそこまで高くなく、わざわざ病院に行かないで手に入るので助かります。
  • ラビットさん (35歳)
    タミフルが買えるなんて思ってませんでした!インフルエンザの時にいつも病院で処方されてて、インフル予防に購入してみました。一人暮らしだから何をするにも病気になってからじゃ大変なので、家においてあります。
  • 匿名希望さん (40歳)
    タミフルのジェネリックが前々から欲しくて探していました。このサイトでは海外のを販売しているそうですが、対応もしっかりしていたので安心して購入することが出来ました。
  • ふみさん (50歳)
    タミフルって普通に通販で買えるのですね。 一時期、タミフルはよろしくないっていわれて処方してもらうことができなくなりましたが… タミフルでないとインフルエンザの場合は熱が引かないから…。 インフルエンザの時期はいつもお願いしています。
  • 里奈さん (34歳)
    タミフルってよく聞く名前だったので他の美容商品を買ったついでに購入してみました。 冬の時期にインフルになってから頼むのでは遅いので今から備えておこうと思います。 今はネットで情報を得て薬も買う事が出来るので医者いらずな時代になったのですね。
  • 主婦のハナ子さん (38歳)
    地方に住んでいるので病院や薬局などに行くのに車で30分以上かかります。通販で購入できることでずいぶん助かっています。効果のほどは、風邪が悪化することもないし、体調が変になることもないので、しっかり効いているのだと思います。薬箱の中の常備薬の一つです。
  • なっつーさん (31歳)
    すぐに熱が下るところが良いです。 市販薬だとどうしても熱が下るのに一晩かかってしまうから。
  • 昇竜さん (40歳)
    花粉症は体質改善が必要です。かといって何から手を付けていけばわからない上に漢方薬は匂いが苦手で手を出していませんでした。これはサプリメントとして飲めるのでとても便利です。
  • さざえもんさん (25歳)
    こないだのインフルシーズンでワクチン打とうと思っても足りないから待ってほしいと病院で言われたので次シーズンもどうなるかわからないのでタミフルを買いました。まだ飲んでいませんがワクチンを打てなかった時のことを考えると少し安心です。
  • ムラカミトミコさん (48歳)
    タミフルは良くないとかって言われてるけど… インフルエンザにはやっぱり一番効果的なのがこのお薬。 AとB両方に効果があるのが素晴らしいですよね!

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ