超低用量ピル

超低用量ピルはエストロゲンの用量を極限まで減らした副作用の少ない避妊薬です。生理不順や肌トラブルの解消にも効果的です。

売れ筋ランキング

超低用量ピルの商品一覧

  • ヤーズ(YAZ)

    ヤーズ(YAZ)

    特徴 ヤーズはバイエル社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、薄いピンク色と白色の錠剤があり、小さい丸形が特徴です。 1シートに薄いピンク色の錠剤が24錠と白色のプラセボ錠が4錠入っています。 当サイトが取り扱っているヤーズはバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ヤーズの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内でも月経困難症や生理痛の治療を目的としてドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mgが処方されています。 当サイトでもドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート28錠が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤミニLS

    ヤミニLS

    特徴 ヤミニLSはルピン社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、ヤーズのジェネリック医薬品です。 1シート24錠です。 効果 ヤミニLSの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトはドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート24錠が購入可能です。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1箱1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フェミロン

    フェミロン

    特徴 フェミロンはMSD社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠です。 効果 フェミロン主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロエッテ

    ロエッテ

    特徴 ロエッテはファイザー社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠です。 効果 ロエッテの主成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではレボノルゲストレル0.10mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 南極クリルビタミン

    南極クリルビタミン

    南極クリルビタミンは、文字どおり南極にいる甲殻類「南極オキアミ」から抽出された「クリオオイル」を使用したサプリメントです。 DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、特に魚の油から摂取できることで有名なDHAは、魚から摂る場合とは違い、水に溶けやすく体内で吸収されやすいリン脂質と結びついた「リン脂質結合型オメガ3」であるため、不飽和脂肪酸を非常に効率よく吸収することが可能となっています。
    製造:ジャパンエスピー

    もっと見る

    1粒19円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セラゼッタ

    セラゼッタ

    特徴 セラゼッタはオルガノン社が開発した経口避妊薬です。 一般的な低用量ピルと異なり黄体ホルモンだけを含むミニピルです。 1シート28錠で、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 休止期間のある他のピルとは異なり、セラゼッタは休止期間がありません。 効果 セラゼッタの主成分であるデソゲストレルは、排卵を抑える効果があります。 また、子宮頚管の粘液を変化させることで、子宮内部への精子の侵入を防ぎ、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用は吐き気、乳房痛、頭痛、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.075mgが購入可能です。
    製造:オルガノン(現:MSD社)

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マーシロン

    マーシロン

    特徴 マーシロンはオルガノン社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠と28錠の2種類があり、マーシロンED28は飲み忘れ防止のために白色のプラセボ錠が7錠入っています。 効果 マーシロンの主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mgが購入可能です。
    製造:オルガノン(現:MSD社)

    もっと見る

    1箱1,726円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ

    ラスナ

    ラスナは、コレステロール・高血圧を低下させるサプリメントです。 主成分であるニンニクは、コレステロール値や血圧を下げる効果と細菌や、水虫などの真菌に対する殺菌作用があります。 ラスナは様々な健康面をサポートしてくれるサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ印薬煎

    ラスナ印薬煎

    印薬煎のラスナはインドの伝統医学に基づき調合された、脂肪燃焼効果のある漢方薬です。 大蒜(ニンニク)を原材料に調合されビタミンB1、B6を豊富に含みます。 そのためこれら二つの栄養素が、体内の糖質代謝・脂肪燃焼を高める体質へと改善します。 また、利尿作用にも優れ、むくみの解消効果を期待することも出来ます。 健康的で太りにくい体質をお考えの方に飲むだけで効果が現れやすくなる漢方薬です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クリルオイル

    クリルオイル

    クリルオイルは、コレステロール値が高い方や中性脂肪の数値が気になる方、他にもPMS(月経前症候群)やホルモン剤やピルの使用によって血栓症が気になっている女性なども使用することができる、ドロドロとした血液をサラサラした血液に改善することができ、健康維持の目的で使用が行えるサプリメントになります。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠94円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

超低用量ピル

超低用量ピルとは?

超低用量ピルは経口避妊薬やOCとも呼ばれており、女性ホルモンの成分が含まれた避妊薬・月経困難症や子宮内膜症の治療薬です。
超低用量ピルは従来の低用量ピルよりも卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が抑えられ、さらに身体に負担が少なくなった最新のピルで、「第4世代のピル」と呼ばれています。

日本で販売が開始されたのも2010年代とごく最近です。

日本国内では、第4世代のピルは、月経困難症子宮内膜症の治療薬として処方されています。
少量の女性ホルモンが配合されている超低用量ピルは、女性ホルモンの体内分泌をなだらかにする作用があり、排卵をおさえるため卵巣や子宮を休ませます。
そして、生理が軽くなり月経困難症の痛みが緩和されます。
また女性ホルモンであるエストロゲンの配合を減らしており、副作用もかなり抑えられています。

現在国内で処方されているピルの種類は低用量ピル・超低用量ピル・アフターピルと大まかに3種類があります。
第3世代を代表する商品は、マーベロントリキュラーがありますが、第4世代は主にヤーズが代表されます。

超低用量ピルヤーズの成分

超低用量ピルヤーズの成分は、黄体ホルモンのドロスピレノンと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールです。
月経困難症の改善作用はおもに黄体ホルモン薬に由来するのですが、卵胞ホルモン薬を配合することにより、卵胞からの持続的な卵胞ホルモン分泌が抑えられ、破綻出血の発現がおさえられるものと考えられています。

超低用量ピルは卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの量を抑えているため、副作用が少ないと言われています。
また、ドロスピレノンは新しい黄体ホルモンであり、抗アンドロゲン作用を持ち合わせているため、男性ホルモン作用が出にくく、海外ではニキビ治療薬としても人気です。

超低用量ピルの特徴

・副作用を軽減
卵胞ホルモンを減らした超低用量ピルで、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの含有量は国内最低の0.02mgです。
超低用量化により、休薬期間の短縮が図られたため、ホルモン消退時の頭痛や腹痛などの諸症状の軽減に繋がりました。
また、第4世代のピルには弱い利尿作用があるのも特徴で、これによりむくみなどの症状も出にくくなりました。

・休薬期間が4日間のため飲み忘れが起こりにくい
従来の低用量ピルは休薬期間が7日間だったため、タイミングがずれてしまったり飲み忘れが起こりやすかったりしましたが、休薬期間が短くなったため、調整がしやすくなりました。

超低用量ピルの効果

第4世代のピルは月経困難症や子宮内膜症に対する第一選択薬として処方されています。

配合されているホルモンは、女性ホルモンの体内分泌をなだからにする作用があり、排卵を抑えて卵巣や子宮を休ませます。
排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があり、その結果痛みの元となる物質(プロスタグランジン)の産生が抑えらるため、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。

子宮内膜症いおいては、病巣の活動が低下し、病巣の拡大や悪化を防ぐ効果も期待できます。

月経困難症とは、生理時またはその直前からの下腹部痛や腰痛などの生理痛やイライラ感、脱力感、憂うつな気分になるなどのさまざまな症状があり、日常生活への支障が起こり何かしらの治療が必要なことを指します。
日本国内での処方は、月経困難症や子宮内膜症の治療薬としてですが、海外では超低用量でも避妊効果が認められています。
また、ピルには男性ホルモンの働きを抑え、ニキビや多毛症を減らす美容効果があり、更年期障害や骨粗鬆症の予防にもなります。

・月経前症候群を和らげる
PMSの症状としては、生理前の黄体期にはいると脳の視床下部から分泌される黄体ホルモンが身体や精神に何らかの影響を及ぼすことがあります。
多くは、頭痛やお腹が張るなどの身体症状と特に理由もないイライラ感や倦怠感などの精神症状で、生理を経験する女性陣の半数近くを悩ませています。

しかし、超低用量ピルには排卵を抑える効果があるため、プロゲステロンの分泌が抑えられます。
こうしてプロゲステロンの分泌量を調整することで、生理前の不快感を和らげてくれるのです。

・過多出血を抑える・貧血改善
生理時の出血量が多かったり、生理自体が長引いたりする症状を過多出血と言いますが、ピルの作用により子宮内膜の厚みが減ることで、生理時の経血量が減少します。
過多出血は、生理時に貧血や立ちくらみを起こす原因ともなります。

・子宮内膜症の予防や治療
子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮の外の場所で増えてしまい、剥がれ落ちるというのを繰り返す病気で、剥がれ落ちた組織は通常月経血として体の外へ出ていきます。
しかし子宮内膜症では、お腹の中に留まってしまい炎症や痛みなどの原因となり、鎮痛剤が必要なくらい辛い生理痛や不妊につながることもあります。
ホルモンバランスの乱れが原因とされる病気なため、ピルの服用で改善が見られます。

・子宮に関する病気の低減
長期服用した場合、卵巣がん、子宮体がん、直腸がん、リウマチなどの発症予防に繋がります。

・ニキビや肌荒れ多毛症の改善
ピルを服用し、ホルモンバランスを整えることで、ニキビや多毛症などの美容効果があります。
特に大人ニキビの原因となる男性ホルモンの生産と働きを抑えることでニキビの効果が期待できます。

・妊活効果
ピルを服用することによって排卵を抑えますが、服用中止後は良い排卵が起こることが分かっています。
それは女性ホルモンが安定することによって生殖器の成熟が図られるのではないかと言われています。
ピルはもともと不妊治療の専門家であったアメリカの医師が開発し、不妊症の女性50人に臨床試験に協力してもらったところ、服用を中止した後7人が妊娠したとのデータもあります。

超低用量ピルヤーズの服用方法

1日1錠を決まった時間に24日連続で服用してください。
24日と4日間の休薬期間を含めた28日間を1クールとし、シートに記載されている1番から順番に24日間連続服用してください。
24日間連続で服用することで、月経困難症に対しての効果が期待できます。

24日間はホルモンが配合されている実薬を服用し、その後4日間の休薬期間に入ります。

28日間の1クールを終えた後は、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次のクールに入り新しいシートの1番から順番に服用をします。
ヤーズは1シートに薄いピンク色の錠剤が24錠と白色のプラセボ錠が4錠入っていますが、白色の錠剤は飲み忘れを防止するため薬の成分が入っていないプラセボ錠(偽薬)です。

ピルを服用するのが初めての方、またはピルの服用を再開する方は、生理開始から24時間以内に服用し、生理開始日を1シートの1日目として、シートに記載されている1番から順番に21日間連続服用してください。

飲み忘れた場合

ピルは毎日決まった時間に服用することで高い避妊効果が得られます。
しかし万一飲み忘れてしまった場合、いつも服用している時間から12時間以内でしたら、その間に服用すれば問題ありません。

気づいたときにすぐピルを服用し、次の日も通常通り服用してください。
また、日にちをまたいでしまった場合はその当日に2錠を服用します。
12時間以内の飲み忘れの場合も避妊効果は持続していると考えられますが、12時間を過ぎた場合は、飲み忘れたピルを服用したうえで、念のために他の避妊方法と併用するようにしましょう。

ピルを2錠以上(48時間)飲み忘れてしまった場合、なるべく早く飲み忘れたピルを1錠のみ服用し、その後は残りのピルを予定通りに服用します。

ピルを3錠以上(48時間以上)飲み忘れた場合は、服用を中止し、飲み忘れた日から1週間休薬した後から服用を再開しましょう。

超低用量ピルの副作用

超低用量ピルは生理がはじまった思春期から使用することができ、健康でタバコを吸わない人であれば40代でも服用することができます。

ホルモン量を低く抑えた超低用量ピルは、副作用の症状も発症率はかなり低く、吐き気、軽い頭痛やむくみなどがほとんどです。
また、ピル服用後に体重が増加したように感じる方もいらっしゃいますが、その原因はこのむくみと食欲が増加したことによります。

極めて稀ではありますが、ピルを服用ことで血栓症やがんなどの重篤な副作用があることも指摘されています。

血栓症は肥満の方や喫煙癖のある方がかかりやすいとされています。
がんは主に遺伝であったり、もともと子宮に何らかの病気の土台となるものがある方が注意を必要とします。

軽度の副作用

・吐き気
・頭痛
・むくみ
・不正出血(飲み忘れや飲み違いなどで生じる可能性がある)

特に吐き気に関しては、かかる確率が低いとは言え、一時的な症状としてよく見られます。

しかし、多くの場合、こうした症状が現れるのは服用後の最初の1ヶ月のみで、3~4ヶ月目には治まっていることが多いと言われています。
これらの副作用の原因は一時的なホルモンバランスの乱れとされており、服用した方全員に現れるわけではありません。

生活に支障をきたしてしまう場合は、ピルの種類を変える、飲む時間帯を変える、吐き気止めや頭痛薬を服用するなどしてみてください。
ただし、服用後4~5ヶ月目に入ってもそのような副作用が続いているのであれば、医療機関に相談するようにしましょう。

重篤な副作用

ピルの重い副作用として血栓症があげられます。
これは血管に血の塊ができ、血液の通り道をふさいでしまう病気で、患部にむくみや激しい痛みが認められます。
放置すると心臓や肺にまで血栓ができることもあります。

40歳以上の方、ヘビースモーカーの方、また肥満の方がピルを服用している場合、血栓症を発症するリスクが高まります。
高血圧糖尿病などを患っている方も慎重投与か服用中止になる可能性があります。

血栓症が心配な方は血液をサラサラに改善してくれるクリルオイルなどのサプリメントと併用するのがお薦めです。

もう1つ重い症状として乳がんや子宮頸がんを発症させるリスクもあります。
乳がんはご家族で乳がんにかかった方がいた場合、長期間の使用は医師から止められることがあります。
ただ、必ず発症するものと断定するのは難しく、ホルモンの量を調節すればリスクを軽減できるとも言われています。

ピルを服用してはいけない方

該当する方はピルの服用を認められない、もしくは医師の判断によって慎重投与となる可能性があります。

  • 妊娠している方
  • ご家族に乳がんもしくは子宮頸がんの疑いがある方
  • 心臓や腎臓の病気をお持ちの方
  • 喫煙者の方(35歳以上で1日に15本以上の場合は服用不可)
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • かなりの肥満体系の方
  • 40歳以上の方
  • 高血圧の方

上記に該当する方は血栓症やガンにかかるリスクを高めます。
このほかにも感染症に有効なペニシリン系の抗生剤や抗不安薬抗てんかん薬などを服用している方は、ピルと併用するとその効果が増強したり、逆に弱まったりする可能性があります。
もちろん併用しても問題ない薬もありますので、ピルと併用する場合は身体への影響をしっかりと確認しておきましょう。

価格と購入方法

病院で医師から処方を受ける超低用量ピルのほとんどが、海外の製薬会社メーカーの医薬品です。
厚生労働省から承認を受けた、日本国内で流通しているピルのほとんどが、海外の医薬品だからです。医師から処方を受ける代表的なヤーズは、ドイツの製薬会社バイエル社の商品です。
ピルの服用をお考えの方の多くは、長期的な継続服用を考えている方が多いと思います。
病院での処方では、ピル自体の値段も1ヶ月分1シートが3000円前後かかり、その他にプラスして初診料や血液検査、再診料、指導料など病院やクリニックによって様々な費用がかかります。
お薬なびでは、国内で販売されている商品に加え、もっとお得なジェネリック商品も取り揃えております。
長期的な服用を考え、コストを出来るだけ抑えたい方やクリルオイルとセットで購入したい方にも通販での購入方法をおすすめしています。

口コミ・レビュー

  • のぞみさん (46歳)
    体調が一気に良くなった! 血液さらさら効果があるみたいだから次の健康診断の結果が楽しみ!
  • おまこひろみさん (31歳)
    バイエル社の正規品の商品という事で安心して買っています。 PMSの症状がとってもひどくてバイト先の店長や客に当たり散らかしていたんですけど、飲み始めてからは私じゃないみたいに穏やかになりました! 客が増えてきてランクもあがったのでこの薬のおかげだと思っています。
  • 優香さん (25歳)
    学生時代から生理痛が酷くて何度か親に病院へ連れて行ってもらいました。 特に異常はなく、薬を処方してくれることなく痛みに耐えて生活していましたが、最近会社の先輩から勧められて飲み始めました。 びっくりするくらい生理痛もなくなりましたし、PMSもなくなりました!
  • なおさん (22歳)
    生理痛がひどくて毎回薬飲んでました。ピルって避妊の効果だけなのかと思ってたら、生理痛を軽減したり、毎回決まった日に生理が来たりするのを知って使い始めました。今は動けなくなるような生理痛はなくなってくれて、助かってます。
  • カラミティさん (34歳)
    遊びの延長に妊娠があるとか考えたくないじゃないですかー。でもゴムの感触とかニオイが嫌いで、相手がつけようとしても拒んじゃうんですよね。だからあたしが気をつけよっかなって。フェミロンは副作用も全然ないし、今のところ妊娠もしてないから効いてるんじゃないかな。来月も予定いっぱいだからまとめて買わなきゃ。
  • misonoさん (23歳)
    生理不順で旅行の計画が立てづらく困っていたら、友達から低容量ピルがおすすめだよと聞いて購入しました。副作用が心配でしたが今のところほんのちょっとだけ頭痛があるだけで問題なしです。(天気のせいかもしれないですし)飲み忘れさえしなければ避妊も確実にできて女性のお守りですね。生理前の不調も楽になりますよ。
  • さん (26歳)
    ピルはいろんな種類があって、よくわからなかったので、とりあえず有名な薬のジェネリックということでセラゼッタを選びました。とりあえず子供ができなければいいというのと、PMSが少し軽くなればいいなという気持ちで使っています。生理が規則正しくくるようになったのはビックリしました。そして避妊も成功しているので効果あると思います。
  • 緑川さん (40歳)
    太ってから体調を崩したり、体調の異常が痩せてたときより多くなりました。コレステロールがとくに気になるのでクリルオイルを購入しました。血液がサラサラになるとかかれていたのでそうなると願って使っています。病院になかなか行けないので今の健康状態がどうなのかわかりませんが、クリルオイルを使う前と比べると精神的にもなぜか不安が解消されています。
  • 千夏さん (23歳)
    月経前の不調が酷く、1週間会社を休むこともありました。低容量ピルで生理前の症状が改善されることを知らなかったのですが友人から通信販売でピルが買えることを聞き、ヤミニLSを購入しました。婦人科は苦手で行きたくなかったので気持ち的に楽でした。ジェネリックなので安いし、もっと早く知っていれば良かったです。
  • ミラクルさん (42歳)
    ニンニクの効果はすごいですね。様々なものに使われるニンニクは健康に欠かせないものなんですね。ラスナを使ってからは風邪を引きにくくなっています。さらに便秘や下痢の症状も改善されてきています。もともと血圧低下のために購入しましたが、それ以外の効果がとてもよくてずっと愛用しています。これからも使い続けたいです。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ