超低用量ピル

超低用量ピルはエストロゲンの用量を極限まで減らした副作用の少ない避妊薬です。生理不順や肌トラブルの解消にも効果的です。

売れ筋ランキング

超低用量ピルの商品一覧

  • ヤーズ(YAZ)

    ヤーズ(YAZ)

    特徴 ヤーズはバイエル社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、薄いピンク色と白色の錠剤があり、小さい丸形が特徴です。 1シートに薄いピンク色の錠剤が24錠と白色のプラセボ錠が4錠入っています。 当サイトが取り扱っているヤーズはバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ヤーズの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内でも月経困難症や生理痛の治療を目的としてドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mgが処方されています。 当サイトでもドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート28錠が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤミニLS

    ヤミニLS

    特徴 ヤミニLSはルピン社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、ヤーズのジェネリック医薬品です。 1シート24錠です。 効果 ヤミニLSの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトはドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート24錠が購入可能です。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1箱1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロエッテ

    ロエッテ

    特徴 ロエッテはファイザー社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 トリキュラーのジェネリック医薬品で、1シート21錠です。 効果 ロエッテの主成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではレボノルゲストレル0.10mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フェミロン

    フェミロン

    特徴 フェミロンはMSD社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 マーベロンのジェネリック医薬品で、1シート21錠です。 効果 フェミロン主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 南極クリルビタミン

    南極クリルビタミン

    南極クリルビタミンは、文字どおり南極にいる甲殻類「南極オキアミ」から抽出された「クリオオイル」を使用したサプリメントです。 DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、特に魚の油から摂取できることで有名なDHAは、魚から摂る場合とは違い、水に溶けやすく体内で吸収されやすいリン脂質と結びついた「リン脂質結合型オメガ3」であるため、不飽和脂肪酸を非常に効率よく吸収することが可能となっています。
    製造:ジャパンエスピー

    もっと見る

    1粒19円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マーシロン

    マーシロン

    特徴 マーシロンはオルガノン社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 マーベロンのジェネリック医薬品で、1シート21錠と28錠の2種類があり、マーシロンED28は飲み忘れ防止のために白色のプラセボ錠が7錠入っています。 効果 マーシロンの主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mgが購入可能です。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱1,726円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリルオイル

    クリルオイル

    クリルオイルは、コレステロール値が高い方や中性脂肪の数値が気になる方、他にもPMS(月経前症候群)やホルモン剤やピルの使用によって血栓症が気になっている女性なども使用することができる、ドロドロとした血液をサラサラした血液に改善することができ、健康維持の目的で使用が行えるサプリメントになります。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠94円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


超低用量ピル

超低用量ピルとは

日本では、高用量ピルこそ1950年代後半から発売されていましたが、低用量ピルの発売はそれから40年以上の1999年に認可され販売されるようになりました。
当初、低用量ピルの認知のされ方は「避妊薬」「生理(月経)サイクルの調整」を目的に服用するイメージで認知されていました。
ピルのイメージは、長らくホルモン量の多い高用量ピルのイメージが付きまとい、強い副作用を起こす例が度々あったため「副作用が怖い」との印象がもたれていました。
しかし現在では、ホルモン量を抑え副作用の発生率と発生しても軽微な低用量ピルが認可されたため「月経痛」「月経困難症」の治療として積極的に医療現場で取り入れられ、服用目的も様々になりピルを服用する女性が増加しています。
現在、国内ではマーベロントリキュラーヤーズなどを代表とする低用量ピルを処方してくれる婦人科やクリニックも多くなっています。
その中でもヤーズは、「超低用量ピル」に属し、ピルの歴史の中で第4世代のピルと言われています。

超低用量ピルは、世界の多くの国で処方や使用されている避妊を目的とした避妊薬です。
しかし日本国内では、厚生労働省に対し製薬会社が保険適用の薬(病院で健康保険を使用できる処方薬)として許認可を申請する際、月経痛や月経困難症を改善する治療薬として申請したため、処方される超低用量ピルの説明書には「避妊薬ではありません」と記載されています。
これは、日本国内の法律上の話であり医学的には、超低用量ピルにはもちろん避妊効果があります。その避妊効果は、低用量ピルなどと比べても決して劣っているものではありません。
日本の法律上、健康保険の使用範囲は病気の治療を目的とすることで、妊娠や避妊はどちらも病気ではないからです。
厚生労働省で認可される薬は、認められた病気の治療に対してのみ処方してよいという規則があり、含まれている成分が他の病気や症状の治療や改善効果があっても認可を受けたもののみでの処方しか許していません。
そのため、国内処方の超低用量ピルには説明書きで「避妊薬ではありません」と記載されている事が多くあるのです。

避妊効果と副効果

上記で説明したように超低用量ピルには、低用量ピルと同様の効果や作用があります。
避妊や月経痛・月経困難症の治療薬以外にも様々な女性に嬉しい効果を発揮してくれます。

・避妊

ピルの正式名称は「経口避妊薬」と言います。名称通り、その主な目的は避妊です。
1年間のデータで性交渉の避妊失敗率は、コンドーム2~18%、ピル0.3~9%とピルを正しく服用していれば、避妊手術に匹敵するほどの高い避妊効果が期待出来ます。
配合されている成分は商品によって違いますが「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2種類の女性ホルモンに似た有効成分が含有され、この成分により血中のホルモンが増加します。
ホルモンの増加で脳が妊娠していると錯覚の認識をする事で、脳下垂体から分泌されるゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)の分泌が低下し、卵胞の排卵と発育が抑制されます。
血液中に多くの黄体ホルモンが補充されるため、卵胞ホルモンの作用が働かず、子宮内膜の増殖が抑制されます。
通常、子宮内膜は卵胞ホルモンの作用により厚くなり受精卵の着床を助けます。しかし、黄体ホルモンが卵胞ホルモンの働きを低下させ、増殖を抑えることで着床(妊娠)しづらい状態になります。
このような避妊効果をもっているため、超低用量ピルは女性の望んでいない妊娠から身を守ってくれます。
なにより今迄の避妊のイメージは、男性に避妊具を着用し男性に頼った避妊でしたが「女性が自分自身で避妊する」という重要な選択肢と言えるでしょう。

・月経痛・月経困難症

・生理痛改善

生理痛や生理不順は、女性なら誰でも一度は経験があると言っても過言ではない症状です。
一言で生理痛と言っても、症状・痛みの程度・痛む場所など多種多様です。その人それぞれが、別々の生理痛を経験してるといってもいいぐらいです。
多くの女性を悩ませる生理痛ですが、原因やタイプも様々だと言えます。

・プロスタグランジンの分泌量が多い
生理は、子宮を収縮させることにより、はがれ落ちた子宮内膜を血液と共に、経血として体外へ押し出す働きのあるプロスタグランジンが分泌されます。
この物質の分泌量が多いと、過剰な子宮の収縮が起こり陣痛に似た下腹部の鈍痛など、痛みの原因になります。

・子宮口がせまい
若い女性や出産の経験がない女性に多く見受けられる原因です。子宮が成熟しておらず、子宮の出口が狭く硬いため経血がスムーズに体外へ排出されず痛みを伴います。
出産を経験すると、子宮が成熟し出口が広がるため生理痛が軽減される場合があります。

・身体の冷えなどによる血行不良
身体の冷えなどにより、血流の循環が低下するとプロスタグランジンが骨盤内で停滞してしまい、強い痛みの原因になります。
そもそも生理中は、生理前に比べ体温が低下するうえに、プロスタグランジンの働きによって血管が収縮され、血行が悪く体温が低下しやすい状態です。

・精神的・身体的ストレス
精神的にも身体的にもストレスは、自律神経やホルモンのバランスを乱し血行を悪化させ痛みを強めます。
また、体温の調節機能も低下させ冷えが起こりやすくなります。
超低用量ピルは、配合されている成分を継続服用することによりホルモンバランスを安定させ、これらの症状を緩和する働きがあります。

・生理不順の改善

女性が、一定の年齢まで付き合っていく生理(月経)。生理の悩みの中で特に多いとされているのが生理不順です。
初潮から不規則な方もいれば、生活環境の変化によって一時的になる方、更年期の初期症状の一つとして40代後半に急に不規則になる方など様々です。
女性の身体はデリケートなため、生理が規則的なサイクルで訪れるかどうかが、ホルモンバランスの状態を含め、心身が正常な働きをしているか一番分かりやすい「バロメーター」と言えます。
生理周期は、個人の差は多少ありますが、約1ヶ月サイクルで回っています。一般的な「生理周期は、25~38日が通常」です。
生理期間が3~7日、生理周期の変動が6日以内であれば通常の規則正しい生理サイクルと言えます。このような規則性がみられない生理周期や期間のことを「生理不順」と呼びます。
生理不順の原因や症状も生理痛と同様に多種多様にありますが、特に大きな原因として言われているのがホルモンバランスの乱れです。
超低用量ピルには、生理不順の大きな原因であるホルモンバランスを安定させる働きがあり改善する効果をもちます。

・PMSの改善

PMSの正式名称はプレ・メンストラル・シンドローム(生理前症候群)ですが、この症状も各個人によって多種多様な症状があります。

身体的症状

・乳房のはり・痛み  ・頭痛
・肌荒れ・にきび   ・腰痛
・体重増加      ・下腹部のはり
・むくみ       ・疲れ・だるさ
・のぼせ       ・不眠または眠気

精神的症状

・イライラ      ・泣きたくなる
・憂鬱感       ・怒りっぽくなる
・情緒不安定     ・人にやつあたりする
・集中力低下     ・落ち着かない

など、これらの症状もまた女性ホルモンのバランスが乱れる事で起こると考えられています。
PMSの症状が強く出る方は、超低用量ピルを服用する事により排卵前後のホルモン変動がなくなり、症状が軽減されます。
また、ピルには男性ホルモンの働きを抑え、肌荒れや多毛症を減らす美容効果があり、更年期障害や骨粗鬆症の予防にもなります。

・副効果

・排卵を抑えることでの副効果
卵巣ガンの予防・卵巣のう腫の減少・子宮外妊娠の減少など、排卵による卵巣損傷が減り、卵巣ガンや卵巣のう腫などのリスクが低下します。

・長期服用の副効果
乳房良性疾患の予防・骨盤内感染症の予防・子宮体ガンの予防など、ピルに含有されている黄体ホルモンの作用により子宮内膜を保護し、子宮体ガンのリスクが低下します。
また、子宮頸管粘液の変化により、精子の進入だけでなくウイルスや細菌の進入も防ぎ、骨盤内感染症や卵管炎などの不妊の原因になる病気を予防し、不妊症の予防にもつながります。

値段と購入方法

病院で医師から処方を受ける超低用量ピルのほとんどが、海外の製薬会社メーカーの医薬品です。
厚生労働省から承認を受けた、日本国内で流通しているピルのほとんどが、海外の医薬品だからです。医師から処方を受ける代表的なヤーズは、ドイツの製薬会社バイエル社の商品です。
ピルの服用をお考えの方の多くは、長期的な継続服用を考えている方が多いと思います。
病院での処方では、ピル自体の値段も1ヶ月分1シートが3000円前後かかり、その他にプラスして初診料や血液検査、再診料、指導料など病院やクリニックによって様々な費用がかかります。
お薬なびでは、国内で販売されている商品に加え、もっとお得なジェネリック商品も取り揃えております。
長期的な服用を考え、コストを出来るだけ抑えたい方やクリルオイルとセットで購入したい方にも通販での購入方法をおすすめしています。

服用方法

毎日1錠の服用が基本です。
超低用量ピルには、商品によってそれぞれ異なる飲み方になるので、注意しながら服用下さい。
ピルの服用は、毎日1錠が基本ですが21日間継続服用した後、7日間服用を止める商品と24日間継続服用した後、4日間服用を止める商品があります。
これらは、生理周期と似た28日サイクルを作り出すための服用方法になっています。
1シートの錠数は商品によって変り「21日タイプ」「24日タイプ」「28日タイプ」などそれぞれです。

・21日タイプ:21日間実薬を服用→7日間休薬
・24日タイプ:24日間実薬を服用→4日間休薬または4日間偽薬(プラセボ)を服用
・28日タイプ:21日間実薬を服用→7日間偽薬を服用

21日タイプや24日タイプだと休薬期間をはさみ、再び飲み始めるタイミングを忘れてしまう事があるため、服用を休薬する期間も毎日1錠を継続し飲み忘れない様に、ホルモンが配合されていない偽薬(プラセボ)が加えられているのが28日タイプです。

避妊効果を維持していくためには、毎日決まった時間に継続的に服用する事が重要です。
「朝起床して服用」「朝食後服用」「夜寝る前に服用」など生活のサイクルとセットで服用を癖づけておくと飲み忘れを防止できます。
それでも飲み忘れてしまった時には、1~2錠の飲み忘れでは気が付いた時にすぐに1錠を服用し、次の日に2錠まとめて服用して下さい。
しかし、3日以上の飲み忘れでは効果がきれてしまうため、飲み忘れた日から1週間休んだ後から服用を再開して下さい。

副作用と併用禁止薬

・副作用

超低用量ピルは、避妊効果をもちながらホルモンの含有量を最小限に抑えているため、身体への負担はそれほど大きくありません。
しかし、服用を開始した1~2ヶ月は、副作用がでる場合があります。

・吐き気
・倦怠感
・少量の不正出血
・頭痛
・乳房の張り

など、症状の程度に個人差はありますが上記の様な、いわゆる「つわり」に似た軽い症状がでます。
これらの症状は、一時的なもので大半は1~2週間程度で落ち着いてきます。副作用を感じる方も少数です。
一旦ホルモンが安定してしまえば、不快な症状も消えメリットのみが残ります。
また、稀にではありますが「血栓症」の副作用報告があります。血栓症とは、血液が血管の中で固まり循環障害を引き起こす総称です。
血栓症の代表的な病気は、心筋梗塞・脳梗塞・肺塞栓などでエコノミークラス症候群も血栓症のひとつです。
ピルを服用の際、血栓症対策として血液をサラサラにする働きを持つ「クリルオイル」の併用をおすすめします。
特に、次のような方は注意が必要です。

・タバコを1日15本以上吸う方
糖尿病
高血圧などの持病をお持ちの方
・過去に血栓症にかかった経験のある方
・血栓症になった血縁関係のある方
偏頭痛持ちの方

※その他、血栓のリスクや副作用について詳細を知りたい方は、日本産科婦人科学会ページをご確認下さい。

・併用禁止薬

病院などで医師から薬を処方してもらう際は、下記4つの抗生物質が含まれていないか必ずご確認ください。

・テトラサイクリン系の抗生物質
様々な感染症に有効な成分で、風邪やニキビなど多様な症状に処方されます。
・ペニシリン系の抗生物質
・グリセオフルビン
・バルビツール酸製剤
向精神薬として処方され、抗不安薬不眠症などの薬に含有されています。

※上記意外でも、持病をお持ちの方や他の薬を服用中の方は、ご使用の際必ず医師など専門家にご相談下さい。

口コミ・レビュー

  • のぞみさん (46歳)
    体調が一気に良くなった! 血液さらさら効果があるみたいだから次の健康診断の結果が楽しみ!
  • おまこひろみさん (31歳)
    バイエル社の正規品の商品という事で安心して買っています。 PMSの症状がとってもひどくてバイト先の店長や客に当たり散らかしていたんですけど、飲み始めてからは私じゃないみたいに穏やかになりました! 客が増えてきてランクもあがったのでこの薬のおかげだと思っています。
  • 優香さん (25歳)
    学生時代から生理痛が酷くて何度か親に病院へ連れて行ってもらいました。 特に異常はなく、薬を処方してくれることなく痛みに耐えて生活していましたが、最近会社の先輩から勧められて飲み始めました。 びっくりするくらい生理痛もなくなりましたし、PMSもなくなりました!
  • なおさん (22歳)
    生理痛がひどくて毎回薬飲んでました。ピルって避妊の効果だけなのかと思ってたら、生理痛を軽減したり、毎回決まった日に生理が来たりするのを知って使い始めました。今は動けなくなるような生理痛はなくなってくれて、助かってます。
  • カラミティさん (34歳)
    遊びの延長に妊娠があるとか考えたくないじゃないですかー。でもゴムの感触とかニオイが嫌いで、相手がつけようとしても拒んじゃうんですよね。だからあたしが気をつけよっかなって。フェミロンは副作用も全然ないし、今のところ妊娠もしてないから効いてるんじゃないかな。来月も予定いっぱいだからまとめて買わなきゃ。
  • misonoさん (23歳)
    生理不順で旅行の計画が立てづらく困っていたら、友達から低容量ピルがおすすめだよと聞いて購入しました。副作用が心配でしたが今のところほんのちょっとだけ頭痛があるだけで問題なしです。(天気のせいかもしれないですし)飲み忘れさえしなければ避妊も確実にできて女性のお守りですね。生理前の不調も楽になりますよ。
  • 緑川さん (40歳)
    太ってから体調を崩したり、体調の異常が痩せてたときより多くなりました。コレステロールがとくに気になるのでクリルオイルを購入しました。血液がサラサラになるとかかれていたのでそうなると願って使っています。病院になかなか行けないので今の健康状態がどうなのかわかりませんが、クリルオイルを使う前と比べると精神的にもなぜか不安が解消されています。
  • 千夏さん (23歳)
    月経前の不調が酷く、1週間会社を休むこともありました。低容量ピルで生理前の症状が改善されることを知らなかったのですが友人から通信販売でピルが買えることを聞き、ヤミニLSを購入しました。婦人科は苦手で行きたくなかったので気持ち的に楽でした。ジェネリックなので安いし、もっと早く知っていれば良かったです。
  • フィッシュファイトさん (34歳)
    DHCとEPAは魚から摂取できることは知ってますが、さすがに毎日魚を食べる気にもならないので、南極クリルビタミンでオメガ3系を摂取してます。コレステロール値が基準値より少し高く生活習慣病を指摘されたのがきっかけで飲み始めました。飲み始めて3ヵ月目に入りますが、コレステロール値が徐々に下がってきています。
  • acoさん (24歳)
    生理痛が酷くて、痛すぎて気絶したこともあります(笑)こう言うと笑われるけどガチです。で、痛みを抑えるためにも高校2年生くらいから低用量ピルを飲み始めました。それからは気絶することもなく順調です(笑)ホルモンバランスが安定するので肌荒れとかも改善されたけど、それ目的でピルを飲むのはちょっと違うんではないかと。副作用も少なからずあるし、皮膚科で他に肌荒れに効く薬いっぱいあるしね。個人輸入で購入したのは初めてなんですけど、わりと届くのも早くていいなと思いました。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ