低用量ピル

低用量ピルは身体の小さなアジア人向けに改良された副作用の少ない避妊薬です。生理不順や肌トラブルの解消にも効果的です。

売れ筋ランキング

低用量ピルの商品一覧

  • マーベロン

    マーベロン

    1番人気!!  マーベロンは、MSD社が開発した低用量ピルです。 従来のピルに比べ、ホルモン含用量が少ないため副作用も少なく身体の小さい日本人に合ったお薬です。 生理痛や生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,040円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリキュラー

    トリキュラー

    トリキュラーは、バイエル社が開発した低用量ピルです。 ホルモン分泌を自然のパターンに類似させ、身体にあまり負担を掛けない三相性タイプのポピュラーな低用量避妊ピルです。 日本の産婦人科で処方率が1番高い商品です!
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エブラ(避妊パッチ3枚)

    エブラ(避妊パッチ3枚)

    避妊パッチのエブラは身体に貼ることで低用量ピルと同様の効果を得ることが出来るパッチタイプの避妊薬です。 毎日決まった時間に飲み続ける手間が省け、飲み忘れなどの心配もいりません。 パッチも肌の色に近く、薄型となっているため目立つ心配もなく、入浴時などで水に濡れても剥がれにくい設計となっています。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1箱3,060円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オブラル-L

    オブラル-L

    オブラル-Lとは、ワイス社が開発した副作用が少ない低用量ピルです。 低容量ピルは、避妊や生理不順の改善以外にも月経痛や生理前症候群(苛々や不安など)症状の緩和、肌つやUPなどの効果も期待出来ます。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セラゼッタ

    セラゼッタ

    セラゼッタは、マーベロンのジェネリック医薬品でオルガノン社が開発した低用量ピルです。 従来のピルに比べホルモン含用量が少ないため、副作用も少なく身体の小さい日本人に合ったお薬です。 生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プラノバール・ジェネリック

    プラノバール・ジェネリック

    商品名「オブラルG(OvralG)」はプラノバールのジェネリック医薬品です。 アメリカに本拠地を置く世界最大の医薬品メーカー「ファイザー」社より製造されています。 薬の効果効能は「生理の痛み・不順を緩和する女性用中用量ピル」となります。 服用している間は妊娠のきっかけとなる排卵を抑制した状態に近づきやすくなります。 20錠入りのため、飲みきったら翌月月初まではお休み下さい。 生理の調整、更年期障害・女性ホルモン補給を考えている方におすすめです。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱963円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジネット35

    ジネット35

    ジネット35とは、シプラ社が開発したアジア人向けの低用量ピルです。 低用量ピルで有名なダイアン35のジェネリック医薬品です。 副作用も少なく安心して服用出来ます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアン35

    ダイアン35

    ダイアン35は、バイエル社が開発した低用量避妊薬です。 体格が小さいアジア人向けに開発されたお薬で、身体的負担が軽減され、副作用も少ないことから人気の高い商品です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メリアン(Meliane)

    メリアン(Meliane)

    メリアンは、避妊効果を無くすことなくホルモン量を最小限に留めた低用量ピルとなり、低用量ピルであるガイネラの姉妹品となります。 一相性タイプになるため飲み間違えなどの心配もなく、副作用も軽くでき女性の身体への負担も少ない経口避妊薬となります。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,440円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤスミン

    ヤスミン

    ヤスミンは、バイエル社が開発した低用量ピルです。 従来のピルより、ホルモンの変動が少なく自然な形で避妊効果があります。 月経困難症や更年期障害の改善にも用いられます。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,943円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヌーバリング(避妊リング)

    ヌーバリング(避妊リング)

    ヌーバリングは膣内に挿入するリング状の避妊具で、IUD、IUSの一種になります。 膣内で合成女性ホルモンを放出することで、排卵を抑制し避妊効果を発揮します。 正しい方法で使用した場合は98パーセントの確立で避妊が成功すると発表されています。
    製造:オルガノン

    もっと見る

    1箱2,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリザンタ

    クリザンタ

    ヤスミンジェネリックのクリザンタは第4世代の低用量ピルで、有効成分は先発薬同様エチニルエストラジオール0.03mg、ドロスピレノン3mgです。正しく服用することでコンドーム以上の確実な避妊効果や、生理トラブルの解消が期待出来ます。クリザンタは1相性型の低用量ピルにあたり、服用の順番に気をつけなくてもいい、というメリットがあります。また第4世代の低用量ピルであるクリザンタはホルモンの作用が弱いので、個人差もありますが比較的太りにくいとされます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,098円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


低用量ピルとは

低用量ピルとは

低用量ピル(OC)とは女性ホルモンが含まれる医薬品です。
主に経口避妊薬として用いられます。
ピルの種類として「低用量ピル超低用量ピルアフターピル」と大まかに3種類のピルが存在します。

現在、世界中で避妊薬として用いられるオーソドックスなピルは低用量ピルです。
日本では1999年に解禁され処方が始まりましたが、入手するには医師の処方箋が必要です。
基本的には産婦人科の処方が必要ですが、諸外国に比べ歴史が浅いため全ての産婦人科で処方してくれる訳ではありません。
そして全ての医師が使用や服用法に精通している訳でもなく、お産を専門とする産婦人科ではピルを処方していないケースが多くあります。
日本では現在でもピルは特殊なイメージがありますが、欧米諸国ではドイツ約60%・ヨーロッパ全体で約30%・北米で約16%と女性が低用量ピルを服用する事がポピュラーと言えます。(日本は約2%)
ちなみに世界で最も服用者の多い医薬品が低用量ピルです。

ピルを正しく服用する事で、ほぼ100%の確率で妊娠を防ぐことが出来ます。

ピルには2種類のホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)・黄体ホルモン(プロゲステロン)に似た成分が配合され、服用により血中のホルモンが増加し脳が「女性ホルモンが十分に分泌している=妊娠」と錯覚します。
その結果、排卵の促進に必須な黄体ホルモンの分泌が抑制され卵巣は排卵する事無く、休眠状態に入ります。
ピル服用により、血中に多くの黄体ホルモンが補われ卵胞ホルモンが作用せず子宮内膜の増殖を抑えられます。
本来、子宮内膜は卵胞ホルモンの働きにより厚くなり、受精卵の着床を助けますが、増殖が抑制される事で着床(妊娠)しづらい状態になります。
さらに、黄体ホルモンの作用により子宮頸管粘液の粘度が増し、精子の通過を妨げるため避妊効果を高めています。

低用量ピルの最も大きな特徴の一つと言えるのが、「女性の意志で避妊ができコンドームと違いセックス前に避妊が完了している」事です。
避妊方法としてはセックス前に男性がコンドームを着用するのが一般的ですが、快楽のためやムードの流れで着用を拒まれるケースが多いとききます。
意図していない妊娠により、肉体的にも精神的にもダメージを受けてしまうのは女性です。意図しない妊娠はパートナーとの良い関係を保つためにも避けるべきことです。
ピルとは、女性自らが望まない妊娠から身を守るための一つの方法なのです。

避妊以外の効果

ピルには、避妊効果以外でも女性にとって様々なメリットをもたらせてくれる薬です。
その一つには、生理痛・生理不順の改善効果があります。
生理痛は、子宮内膜に収縮を促され痛みが起こります。
通常の月経であれば子宮内膜が厚くなっているのですが、ピルの服用により厚くならず、収縮回数も抑えられるため腹痛や腰痛などの生理痛の緩和に繋がっています。
そして、子宮内膜が薄い状態での生理では、出血の量も減り生理期間も短くなる効果があり、生理痛がひどく毎回鎮痛剤を服用される方や痛み止めが利きづらい方に、とてもおすすめです。

ピルを計画的にコントロールしながら服用することで、生理のタイミングもコントロールすることが出来ます。
生理をコントロールする事により、生理が来ない不安を解消でき、お出かけや大切な用事があればサイクルをずらすことが出来ます。
温泉などの旅行中に生理が来てしまい、痛みや出血で十分に楽しめなくなることも無くなるのです。
プライベートをより充実させるためや生理不順でサイクルがバラバラで悩んでいる方にもとてもおすすめです。

ニキビ、吹き出物など肌荒れの改善効果

肌荒れ、ニキビの原因はホルモンバランスが乱れることで起こります。
疲れが溜まったり、ストレス、寝不足、生理付近でお肌の調子が悪くなるのは、ホルモンのバランスが乱れやすくなるからです。
ピルには女性ホルモンが配合されており、女性ホルモンにはお肌の調子を整える効果があるため、ホルモンバランスを一定に保ち美容にも一役かってくれるのです。

ガンのリスクや特定の症状を軽減する効果

ピルの継続服用により、特定のガンのリスクを軽減することができます。
・子宮体ガン
・卵巣ガン
卵巣ガンは早期発見が難しく、治癒率が低いとされているガンです。
ピルの継続した服用により、卵巣ガンの発症率を約30%下げると言われています。
長期服用により発症リスクの更なる低下も期待出来ます。
その他に良性乳房疾患の発生リスクを下げる効果や子宮内膜症の症状が改善する効果があります。

不妊症にはなりません

低用量ピルは、不妊症の原因にはなりません。
妊娠を望む環境になった時に、服用を中断すれば排卵は再開されます。
ピルを中断した直後の妊娠でも、胎児に悪影響はありません。
ピルを服用すると体内ホルモンが妊娠している状態と同様になり、妊娠時の卵巣は排卵しない状態になります。
生まれ持った女性の仕組みをうまく利用しているのが、低用量ピルなのです。

ピルの種類

低用量ピルには商品によって1シート21錠タイプと28錠タイプがありますが、薬としての影響や効果は全く同じです。
2つの違いとして、ピルは21錠が基本です。21錠飲んで7日間休みます。飲み忘れを防止するために28錠タイプに偽薬(プラセボ)が有るか無いかです。
つまり、ホルモン含有21錠+偽薬7錠となっているのです。ちなみに偽薬の成分は、ブドウ糖、しょ糖、乳糖など身体に影響のない成分です。
低用量ピルには一相性ピルと段階型ピル「一相性」「二相性」「三相性」と大きく分けて3種類のピルに分類されホルモンの配合量の違いで分類されています。
配合されている女性ホルモン(卵胞ホルモン)(黄体ホルモン)の2種類の配合量に差があり、配合量が変わる事で使い易さや効果に違いがあります。
女性の身体はデリケートなため、個人によって女性ホルモンの量なども違い、一相性ピルと段階型ピルのどちらが優れている訳では無く、どちらも高い避妊効果があるので個人に合ったピルを選択しましょう。

「一相性」

マーベロンゼラゼッタなど一相性タイプのピルは、21錠のホルモン配合量が全て同じです。
3種類のピルの中で一相性タイプのピルは服用期間中、28日間のサイクル中にホルモン配合量が変わる事はありません。
1シートを順番に服用していく中で、順番を間違えてしまったり飲み忘れてしまっても、そのまま飲み続ける事ができます。
ただし、1日1錠を飲み忘れたり、間違えて実薬を服用すべき順番に偽薬(プラセボ)を飲むと効果の低下や不正出血の可能性があるため、一相性タイプでも服用の順番は大切です。
一相性タイプのピルは、女性ホルモンの配合量が段階ピルと比べ多く、避妊の効果が高いと考える方や、生理周期のタイミングを調整したいベテランユーザーに好まれます。
飲む順番の間違えや飲み忘れの心配のある方、ピル初心者で服用になれていない方には、女性ホルモンが一定の一相性ピルがおすすめと言えるでしょう。

「二相性」

二相性タイプのピルは、21錠中の前半と後半で配合されているホルモン量が変わります。
2種類の女性ホルモンの内、卵胞ホルモンの配合量は前後半一定で変化がありませんが、黄体ホルモンの配合量は前半に比べると後半は約2倍に増加します。
二相性タイプの特徴として、3種類のピルの中で最も黄体ホルモンの変化が自然に近い形とされ、身体に優しいと言われています。
ただし、前半と後半で錠剤に含まれる配合量が大きく違うため、服用順番を間違えると、不正出血を起こしたり、避妊効果が無くなってしまう可能性があります。

「三相性」

トリキュラーなど三相性タイプのピルは、商品によって21錠中ホルモン配合量の変化のさせ方に違いがあります。
三相性ピルは女性ホルモンの配合量を3段階に変化させていきます。
商品により女性ホルモンの配合量が違い、変化のさせ方も違うため個人の用途や身体に合った選択をする必要があります。
「中間増量型」で28日サイクルの中間で黄体ホルモン配合量が増えるタイプと、「漸増型」で28日サイクルの後半に黄体ホルモンの配合量が増えるタイプがあります。
中間増量型のタイプは、後半の5日間での黄体ホルモン配合量を減らす事で、休薬期間(28錠はプラセボ・偽薬期間)の早い時期に消退出血(みせかけの生理)が起こりやすくなります。
漸増型タイプは、3段階に分けて黄体ホルモンの配合量が増加していき、女性のホルモンバランスとしては自然な形により近く変化するため、不正出血が起きにくくなり休薬期間に消退出血が起こりやすい特徴があります。
両タイプとも錠剤ごとにホルモンの配合量が違うため、間違えた順番での服用や飲み忘れがあると避妊効果が落ち不正出血が起こりやすくなるので、一相性ピルに比べ服用順や飲み忘れに注意が必要になります。

ピルの値段

病院で医師から処方されている低用量ピルのほとんどは海外通販の個人輸入で購入が可能な同じメーカーの同じ商品がほとんどです。
日本国内で厚生労働省から承認を受けたピルのほとんどが海外メーカーだからです。
日本で多く処方されている低用量ピルは、バイエル薬品株式会社のマーベロンやトリキュラーなどが有名です。

医者による処方と個人輸入した場合の価格の差

日本の病院での処方は、特定の症状以外は保険適用外になるため初診料や診察料、血液検査料など病院によって様々な料金がかかってきます。
トータルすると1ヶ月分1シートの料金は平均して3000円前後の費用がかかります。
医薬品の海外通販を利用し、全く同じ商品を1シート購入する場合1000円前後+送料で費用を抑える事ができます。
ピルの服用を長期継続で考えている方には、商品によって6ヶ月分のまとめ買いも出来さらに費用を抑えるでとてもコストパフォーマンスに優れた購入方法だと言えるでしょう。

服用方法

ピルの服用方法は、1日1錠服用します。
服用の時間やタイミングは決められていません。
飲み始めてから血中の女性ホルモンを一定に保つ事が大切になってくるため、飲み忘れてしまうと避妊効果の低下や不正出血の可能性があります。
服用習慣を付けるため、自分の飲みやすいタイミングや毎日決まった時間の服用を心掛けましょう。
ピルを服用する多くの方は、朝か夜に服用することがわかっています。
飲み忘れを防止するため、朝起きてからすぐに飲む、夜寝る前に飲む、など自分のライフスタイルにあった服用法で飲み忘れを防止しましょう。
最近では、通知してくれるメールサービスやアプリなどもあるので上手に活用していくと便利です。
商品は基本的に4週間で「1サイクル1シート」となって販売されおり、1シートで21錠タイプと28錠タイプがありますが、28錠タイプには偽薬(プラセボ)が含まれているだけで、服用習慣を付けるための飲み忘れ防止です。
3週間毎日1錠づつ服用し、1週間休薬期間をもうけるサイクルでの服用法になります。
この1週間の休薬期間に出血が起こりますが、この月経は排卵のない無排卵月経で服用を継続していると、このパターンを繰り返す形に成ります。
もしも、飲み忘れてしまったら、気が付いた時点でなるべく早く飲みましょう。
半日ぐらいの時間であれば、遅れてもピルの効果は継続できますが、24時間空いてしまったら次の日に2錠服用しましょう。
ただし、2日以上の飲み忘れは効果が切れてしまうので飲み忘れた日から1週間休み、新たに飲み始める必要があります。
また、商品によっては1週間の区切りがわかりやすいように、日曜日から服用を始めるサンデーピルもあります。

副作用と併用禁忌薬

副作用

低用量ピルには、避妊の他に女性にとって様々なメリット効果を期待できますが、医薬品であるため副作用もあります。
副作用の症状や程度には個人差がありますが、服用から1~2週間の身体が慣れるまで、吐き気や嘔吐、胸の張りや痛み、頭痛・むくみ・体重の増加・不正出血などが代表的な症状になります。
しかし、この副作用の多くが生理や妊娠初期(つわり)の軽いもので、ホルモンのバランスが安定するまでの一時的なものです。
継続して飲み続ければ次第に治まってくるものが殆どです。また、副作用を感じる方は少数で、殆どの方はトラブルを感じる事無く服用出来ています。
しかし、ごく稀に血栓症などの重い副作用のリスクもある事を知っておきましょう。
アジア人には少ない傾向であると言われていますが、ピルを常飲する事により血栓症のリスクが高ることがわかっています。
欧米などのピル先進国では、血栓症対策として「クリルオイル」を合わせて服用されています。
クリルオイルには血液をサラサラにする効果があり血栓症予防に効果的です。
その他に、低用量ピルの使用に注意が必要な方がいます。
・妊娠中の方
・出産後6週間以内の方
・授乳中の方
高血圧の方
・1日に15本以上のタバコを喫煙される方
・過去に血栓症にかかった経験のある方
・偏頭痛持ちの方
・乳ガンや子宮体ガンの疑いのある方
※血栓のリスクや副作用について詳細を知りたい方は、日本産科婦人科学会ページをご確認下さい。

併用禁忌薬

低用量ピルには併用禁忌薬が存在します。
ピルを服用中、最も注意が必要なのが他の医薬品の服用です。
基本的に市販の薬、胃腸薬・風邪薬・頭痛薬などは問題がありませんが、病院などで医師から処方を受ける
・結核薬
抗てんかん薬
抗不安薬(精神安定剤)
・抗生物質
・解熱・鎮痛剤
・血統降下剤
は併用を避けて下さい。
特に、ペニシリン・テトラサイクリン系の抗生物質
(結核・風邪・歯科治療などで使用)は、注意が必要になります。

上記意外でも、持病をお持ちの方や他の薬を服用中の方は、ご使用の際必ず医師など専門家にご相談下さい。

口コミ・レビュー

  • かななさん (26歳)
    彼氏が避妊してくれないので使っています。 アフターピルは私には少し副作用が強いし、毎日飲むピルなら生理痛も楽になって便利です。
  • 貴子さん (23歳)
    夜勤と昼勤のシフト制、間に休みが3日入るから体調整えるのが難しくてヤミニLSを使い始めました。望んでいた生理の日にちをずらしたり、休みの日だけに当たるように調整したりっていうコントロールが自分の希望でできるのが凄い便利。生理痛がきつくってどうしても今日は無理って日は今まで無理言って休んでたからあんまり心証よくなかったけど、最近はコントロール上手くいってるから、最近頑張ってるねって褒められました
  • ゆりかさん (26歳)
    結構生理痛がひどいため知人の紹介で購入しました。ピルと聞いて抵抗はありましたが、服用してからは生理痛が軽減されました。副作用もあまりなく生活に支障がでなくなったことが本当に嬉しいです。また、肌の調子が服用してからよくなりにきびがでなくなりました。イライラやストレスも感じなくなりました。まわりの生理痛で悩む知人にも紹介しているのですが好評で、私の周りでフェミロンの愛用者が増えてきています。これからも愛用したいです。
  • ゆかちさん (26歳)
    今までマーベロンでも頭痛の副作用を感じるくらいだったんですが、こちらのマーシロンに変えてからは副作用みたいな状態は1回も感じたことありません!しかも効果もほぼ変わらないので、ちゃんと避妊できてるし安心安全です!しかもこれに変えてニキビがまったく出来なくなりました!本当にすごくないですか!?これからはマーシロンを呑んで意向と思います^v^副作用で悩んでる方は一度試してみると良いかと思われます!
  • 安く買えた!さん (30歳)
    ピルを飲むと吐き気や頭痛など副作用がでていつも辛い思いをしていました。副作用が出にくいものは無いのかと色々調べたところジネット35を見つけました。アジア人向けに作られた低用量ピルで副作用が少ないそうです。またジネット35は、ダイアンのジェネリック医薬品だそうですが、口コミなどを読む限り変わりはなさそうだし、何より安かったのでこちらにしました。避妊効果もバッチリで、特に副作用もなく安心して飲めています。
  • 乗り換えさん (28歳)
    いつもトリキュラーを使っていましたが「安いジェネリックがあるよ」と友達に教えてもらってこのオブラル-Lを買いました。ジェネリックというのは、成分や効果も同じで安く購入できる薬のことをそう呼ぶんだそうです。確かに効果はトリキュラーと特に変わらずしっかりと避妊できましたし、また副作用も特にありませんでした。名前と値段が違うだけで安く買えてラッキーって感じです。今後はこっちをリピートしてきたいと思います。
  • miyuさん (28歳)
    以前にアフターピルを一度使ったことがありますが、副作用の吐き気が少々きつく合わないと思いやめました。そこで低用量ピルの方に切り替えようと思い探しているとこのセラゼッタに出会いました。マーベロンの事は友人から聞いていてそれのジェネリックということで値段も安く購入しました。避妊効果はもちろんですが、副作用が今のところまったくありません。それに使い始めてだんだん肌もきれいになっています。星は5にしときます!
  • yuricaさん (27歳)
    ピルを飲んでるから、稀に発症するという血栓症の予防を兼ねて飲んでいます。また、ピルは時々その日の体調によって飲んだ後にめまいやたちくらみが起きるのが悩みでした。でも、これを飲んでから体にかかる負担が軽減された気がします。よくわからないイライラも治まってきているので、家族や友人に八つ当たりする事も減りました。(←イライラすると形振り構わず八つ当たりをしてしまうんです(泣))副作用も特に無いから、同じ悩みを持ってる人がいたらオススメしようかと思います。
  • ほんさん (30歳)
    育児も落ち着いて自分の時間も取れるようになってきたので、ピル再開しました。出産直後は育児のバタバタで自分の体のことは後回しにしてしまいましたが、ピルを服用できない時期は生理痛やイライラ感が募って大変でした。メリアンを使うようになってから、以前の様な落ち着きを取り戻すことが出来ています。次の妊娠までお世話になりそうです。出産後は生理も軽くなるって聞いていたのですが、なかなか思うようにはいかないですね^^;
  • ゆーきさん (26歳)
    友人からピルのような薬は副作用が重いという話を聞いて抵抗がありましたが、避妊パッチは副作用の心配もなく安心して使用できるのが嬉しいです。湿布薬のように肌に張るだけなので簡単ですがしっかり避妊できているのがスゴイと思います。彼はエッチの時にゴムを使う頻度が少ないので率先して避妊パッチを貼るようにしています。彼との結婚はまだまだ先の事だし赤ちゃんもまだ先でいいかな〜。今は自分でしっかり避妊対策するしかないですよね。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ