アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬です。服用して100%の確率で妊娠を防げると思いがちですが、服用のタイミングによって避妊率が異なります。24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で80%と言われてます。万一に備え携帯している方が多い商品で副作用に吐き気や出血を伴う事があります。

売れ筋ランキング

アフターピルの商品一覧

  • ナイピル

    ナイピル

    特徴 ナイピルはスマート社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ナイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠596円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アイピル

    アイピル

    特徴 アイピルはPiramal Healthcare社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:Piramal Healthcare

    もっと見る

    1箱840円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルレボ

    ノルレボ

    特徴 ノルレボはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているノルレボは、HRA Pharma社が製造・販売している正規品です。 効果 ノルレボの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては0.75mg/1.5mgの2種類が処方されています。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱2,625円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラ(5日以内)

    エラ(5日以内)

    特徴 エラはアブディイブラヒム社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエラは、アブディイブラヒム社が製造・販売している正規品です。 効果 エラの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1箱3,960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    特徴 アンウォンテッド72はマンカインドファーマ社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アンウォンテッド72の主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgの購入可能です。
    製造:マンカインドファーマ

    もっと見る

    1箱994円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルパック(2錠1回分)

    ノルパック(2錠1回分)

    特徴 ノルパックはABCA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ノルパックの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgの購入可能です。
    製造:ABCA Pharma

    もっと見る

    1箱1,024円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マドンナ(2錠/1回分)

    マドンナ(2錠/1回分)

    特徴 マドンナはBiopharm Chemicals社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 マドンナの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Biopharm Chemicals

    もっと見る

    1箱945円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 南極クリルビタミン

    南極クリルビタミン

    南極クリルビタミンは、文字どおり南極にいる甲殻類「南極オキアミ」から抽出された「クリオオイル」を使用したサプリメントです。 DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、特に魚の油から摂取できることで有名なDHAは、魚から摂る場合とは違い、水に溶けやすく体内で吸収されやすいリン脂質と結びついた「リン脂質結合型オメガ3」であるため、不飽和脂肪酸を非常に効率よく吸収することが可能となっています。
    製造:ジャパンエスピー

    もっと見る

    1粒19円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬は、自宅で早期に妊娠を確認することができる妊娠検査薬です。 従来までの妊娠検査は、生理予定日の1週間前後のチェックでしたが、この商品は受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。
    製造:Runbio Biotech

    もっと見る

    1個304円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポスティノール(2錠1回分)

    ポスティノール(2錠1回分)

    特徴 ポスティノールはGedeon Richter社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ポスティノールの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Gedeon Richter

    もっと見る

    1箱1,080円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリルオイル

    クリルオイル

    クリルオイルは、コレステロール値が高い方や中性脂肪の数値が気になる方、他にもPMS(月経前症候群)やホルモン剤やピルの使用によって血栓症が気になっている女性なども使用することができる、ドロドロとした血液をサラサラした血液に改善することができ、健康維持の目的で使用が行えるサプリメントになります。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠94円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラワン(5日以内)

    エラワン(5日以内)

    特徴 エラワンはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 エラワンの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱3,960円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


アフターピル

アフターピルとは

アフターピルとは、緊急用に使われる避妊薬の1つです。
「パートナーとの望まない妊娠をしてしまった」「性犯罪に巻き込まれた」等の予期せぬ妊娠に対して半強制的に避妊させる薬となります。
飲んで確実に妊娠しない訳ではありませんが、24時間以内の服用であれば95%の確率、72時間以内であれば80%の確率で妊娠する事で防げます。
アフターピルの中身は、女性ホルモン(黄体ホルモン等)と似た成分のホルモン剤です。
体内に取り入れる事により排卵を抑制したり、着床を防ぐとされています。
排卵や着床は妊娠に欠かせないため、これらの働きを抑えることで避妊する確率を上げます。
一方で、一時的にでも身体にホルモンを大量発生させるので、副作用が大きく出る事もあります。
吐き気や頭痛等がそうですが、吐いてしまうとやり直し等、あまり身体には良いとは言い切れない薬です。
万が一のお守り用として使わないことが望ましい避妊薬ピルの1つとなります。

低用量ピルとの違い

低用量ピルとは、避妊を目的として使われる経口避妊薬です。
緊急用のアフターピルと比べ、低用量ピルは毎日飲み続けて効果を得る方式のピルです。
どちらが良いかは、人にもよりますが明確な違いとしては、含有されるホルモン量と避妊率の高さが異なります。
アフターピルは上記の通り、黄体ホルモンにより不安行為の72時間の間にほぼ無理やりに身体の調子を乱す事で、避妊を行う突貫工事的なお薬です。
効果はそれなりに高いですが、その分の反動となる副作用は重く出やすくなっています。
また確実性はなく、出来ても約8割ほどと安心は出来ない数値です。
一方で低用量ピルは、緊急用のアフターピルと同様の黄体ホルモンが含まれていますが、それと合わせて卵胞ホルモンも加わります。
これは、女性らしさと妊娠に作用し排卵から受精後の準備をする他にふっくらとした丸みなど女性特有の特徴を現すために必要とされます。
この2種類の女性ホルモンを服用し続ける事で、バランスを調整して限りなく100%に近い避妊率を達成する事が出来ます。
また生理痛や生理不順を緩和する効果もあり、服用を止めたりプラセボ錠(中に含有成分が入っていない錠剤)を飲むタイミングで穏やかに起こす事も出来ます。
1相性と3相性があり、1錠あたりの含有量が違うためその種類は豊富で、ホルモン異常にも効果が及びますが、注意点として2日以上の飲み忘れがあると次の月経まで控えなければなりません。
低用量ピルは、積み重ねによる意思で服用してアフターピルは自分の判断で使用するピルと言う事が言えます。

妊娠する仕組み

妊娠する仕組み アフターピルは低用量ピルと比べ、確実性は減りますが避妊効果を上げる事が出来る薬です。
その仕組みを理解するために、妊娠に至る経緯から説明していきます。
女性は1ヶ月周期で生理の症状が起こりますが、その間に排卵が行われています。
排卵は、20個ほどの卵胞の内、1個が子宮の卵管へと飛び出し精子を待ち構えている状態です。
卵胞の生存出来る時間は24時間程ですが、その間に精子をキャッチした場合に受精します。
受精すると受精卵へと変化し、何度かの細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動して行きます。
移動しきって、子宮の内側の膜へと受精卵が到着すると妊娠が確実になります。

妊娠する仕組み アフターピルは、この受精する前と後を対策することで妊娠を防ぎます。
ピルを飲むと黄体ホルモンという成分が体内に広がり、排卵を抑えるか遅めさせます。
排卵は、野球で言えばキャッチャーのミットにあたる部分なので、ミットが無いあるいはキャッチが遅れる限りは受精は行われません。
また子宮の内側は、ある一定の厚さと体温が保たれている事で、受精卵を育てます。
黄体ホルモンは、この厚さと温度を乱すことで受精卵が育たないように働きます。
十分に育たない受精卵は、やがて内膜と一緒に剥がれ落ち外に排出されるため、妊娠を防ぐことが出来ます。
ただし、これらの作用が100%確実に起こるわけではないため、アフターピルを使用しても妊娠してしまうこともあります。

アフターピルの有効性

アフターピルの有効性について、代表的なノルレボを例に挙げていきます。
ノルレボは、WHO(世界保健機関)から国際的な承認を受けた日本初のアフターピルです。
きちんとした臨床試験結果を取っており
・海外では、性行為後72時間内にノルレボを服用した1198名の治験者(実験を受ける人)の内、約1.3%にあたる16名が妊娠し、他は避妊の報告とされています。
・国内試験結果では、同様に服用した63名の中で妊娠したのがわずか1名とされ、避妊率が81%程だったとされています。
※ノルレボはアフターピルの中でも有名で、ジェネリック医薬品のアイピルを筆頭に多くの種類が販売されています。
ノルレボの試験結果から分かるとおり、約8割以上は避妊が見込めるとされます。
範囲としては、かなり高い方にはなりますが、全てをカバー出来る訳ではありません。
実際に服用して妊娠してしまう場合も少数はあるため、あくまで有効性が高いという認識に留めておくのが良いとされます。

アフターピルの種類

ノルレボ ノルレボ
ノルレボは、レボノルゲストレルを主成分とする緊急避妊薬です。
2011年に日本で発売され、現在ではWHO(世界保健機構)から多くの医薬分類の中で選ぶべき必須薬としての認可を受けた薬の1つとされています。
主成分レボノルゲストレルは、女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」であるため、排卵を抑制する事で受精を防ぎ、子宮内膜の増殖を防ぐことで受精した場合も定着し難くするという効果もあります。
先発薬のため値段は高めですが、効果は上記の臨床試験結果の通り、かなり高いとされます。

アイピル アイピル(ノルレボジェネリック)
アイピルは、緊急避妊用として使用されるノルレボのジェネリック医薬品です。
アイピルの主成分レボノルゲストレルは、ノルレボと同成分で排卵の周期を遅らせる・精子が受精しないようにする効果があります。
つまり、強制的に精子の受精をさせない「妊娠させない」強い効果があります。
通常のピルは、毎日同じ時間に服用しなければ成らないため、飲み忘れが多く避妊を失敗するケースがありますが、アフターピルは行為後避妊出来るお薬です。
緊急用ですので、毎日の服用は使用しないで下さい。

エラ エラ(ウリプリスタール酢酸エステル)
エラとは、緊急避妊薬の中でも比較的新しく出た薬で、従来の避妊薬とは異なり時間の制約が大幅に改良されたアフターピルです。
一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは5日間以内(120時間)の服用でも95%以上の避妊効果が得られると言われています。
具体的には3日以内であれば95%の確立で、5日以内であれば85%の確立で避妊することが可能となります。
また通常のアフターピルは時間を空けて2錠の服用が必要ですが、1錠のみの服用で良いため飲み忘れなどもなく、万が一時の護身用として常備しておくのもお勧めです。

アフターピルのまとめ

重ねてになりますが、アフターピルは緊急用の避妊薬です。
出来れば使う場面に遭遇しないのが1番ですが、万が一のために所持している方もいらっしゃいます。
お守り用に1つ買い置きしておくのも良いとされます。
避妊失敗と共に慌てて産婦人科やレディースクリックを探し、急場を凌ぐ慌ただしさを想像してみて下さい。
また、国内でノルレボの処方を受ける際には、健康保険の対象外となるため1回分で1万円前後の出費となってしまいます。
海外ジェネリックのアイピルであれば、通販で1350円で購入出来ます。
また、もし繰り返し使うようなことがあれば、低用量ピルに切り替えるのも1つでしょう。
妊娠は、女性にとって心身ともにとても大事なイベントです。
パートナーやお相手とよく話し合いながら服用していって下さい。
避妊具の第一選択は、性病も考慮するとコンドームが1番良いとされています。

口コミ・レビュー

  • あおいさん (21歳)
    お守り感覚で持ち歩いてる友人がいるので、私も買ってみました。この間クラブに行ったときに酔った勢いでエッチしてしまい、しかもゴムが破けるという事態に。慌てている相手をよそに、カバンからノルパックを取り出し飲みました。そのあと、ちゃんと検査もしましたが妊娠していなく安心しました。持ち歩いててよかったぁと思ったので、追加購入しますね。
  • 緑川さん (40歳)
    太ってから体調を崩したり、体調の異常が痩せてたときより多くなりました。コレステロールがとくに気になるのでクリルオイルを購入しました。血液がサラサラになるとかかれていたのでそうなると願って使っています。病院になかなか行けないので今の健康状態がどうなのかわかりませんが、クリルオイルを使う前と比べると精神的にもなぜか不安が解消されています。
  • rikaさん (24歳)
    以前、避妊に失敗して産婦人科に行きました。そのときは妊娠していなかったのですが、高校生だったので親にばれてしまいました。今は社会人なので親にばれることはないですが、知人や友人に見られるのが嫌でパスティノールをひそかに購入して常備していました。使うことはないだろうと思っていましたが、彼氏が最近間違って中に少し出してしまい、焦ってすぐにパスティノールを使ったところ、妊娠にいたらなかったので安心しています。
  • フィッシュファイトさん (34歳)
    DHCとEPAは魚から摂取できることは知ってますが、さすがに毎日魚を食べる気にもならないので、南極クリルビタミンでオメガ3系を摂取してます。コレステロール値が基準値より少し高く生活習慣病を指摘されたのがきっかけで飲み始めました。飲み始めて3ヵ月目に入りますが、コレステロール値が徐々に下がってきています。
  • すみれさん (35歳)
    結婚5年目。ずっと赤ちゃんがほしいなと思ってがんばってるのですが、歳のせいなのか体質なのかなかなか子宝に恵まれません。できれば自然に授かりたいけれど、年齢のこともあるし、今は不妊治療に乗り出すか悩んでいる最中です。不妊治療をするにも費用がかかると聞いているので、こんなに安く検査薬を買うことができて助かってますよ。検査薬の結果を見てはガッカリする日々ですが、一日でも早く妊娠の有無を知ることができるのは次の対策に繋がるのでありがたいです。
  • マリモさん (25歳)
    友人からの進めもあり、エラを以前購入していました。彼氏の浮気で別れました。しかし、彼氏の浮気が発覚する前に中に出されました。それから2日たっていたのですが、エラをすぐ飲んだお陰で妊娠している様子はありません。最低な人との子供は産みたくないので避妊できてよかったです。緊急用でもっておいて本当によかったです。この先も何があるかわからないので常備しておこうと思っています。通販でこのような薬が購入できるのは本当に便利です。
  • サリーさん (25歳)
    結構ワンナイトラブが多めな私ですが、そのくせこの前までアフターピル一つも常備してなかったので、友達にも「絶対持っとくべき!」とめっちゃ押してきたので、とりあえず買うことに。このサイトを見つけて探してましたが、どれが良いのか分からず、友達から聞いた、ノルレボをとりあえず購入してみました。試しに、一度使ってみました。最初に一瞬だけ吐き気がきましたが、すぐに治まり、避妊もちゃんとできてました。
  • Minamiさん (27歳)
    前までアフターピルは持っていませんでしたが、この前ゴムが破けたり、外れたりして、何度かヒヤヒヤする場面があったので、それから持ち歩くようにしています。で、最初に使ったアフターピルというと、副作用が思ったより強め。あるとは、分かってたけど、吐き気がきついので、別のにしようとアンウォンテッド72にしました。これも、多少副作用で、吐き気があったものの、前のよりきつくなくて、個人的には使いやすいです。
  • ponさん (24歳)
    友達がこの前、アフターピルを飲んでいました。なんでそんなことになったの?と聞いたら、彼氏が避妊していなかったとのこと…。そんなことあるんだって思ったんですけど、他人事じゃないなって。もしかしたら、私も避妊に失敗することだってあるんだと思い、買っておきました。まだ使う機会はありませんが、持ってるだけで気持ちに余裕があります。最悪、これを飲めば何とかなるって思えてるからかな。今は妊娠するタイミングじゃないので、持っておきます。
  • ニムラさん (32歳)
    挿入していなくても妊娠するらしいです。 心当たりがちょくちょくあるため、常備薬として買っています。

最近チェックした商品

上へ