アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬です。服用して100%の確率で妊娠を防げると思いがちですが、服用のタイミングによって避妊率が異なります。24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で80%と言われてます。万一に備え携帯している方が多い商品で副作用に吐き気や出血を伴う事があります。

売れ筋ランキング

アフターピルの商品一覧

  • ナイピル

    ナイピル

    特徴 ナイピルはスマート社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ナイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠596円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アイピル

    アイピル

    特徴 アイピルはPiramal Healthcare社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:Piramal Healthcare

    もっと見る

    1箱840円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルレボ

    ノルレボ

    特徴 ノルレボはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているノルレボは、HRA Pharma社が製造・販売している正規品です。 効果 ノルレボの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては0.75mg/1.5mgが処方されています。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱2,625円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラ(5日以内)

    エラ(5日以内)

    特徴 エラはアブディイブラヒム社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエラは、アブディイブラヒム社が製造・販売している正規品です。 効果 エラの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1箱3,960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    特徴 アンウォンテッド72はマンカインドファーマ社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アンウォンテッド72の主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgの購入可能です。
    製造:マンカインドファーマ

    もっと見る

    1箱994円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルパック(2錠1回分)

    ノルパック(2錠1回分)

    特徴 ノルパックはABCA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ノルパックの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgの購入可能です。
    製造:ABCA Pharma

    もっと見る

    1箱1,024円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マドンナ(2錠/1回分)

    マドンナ(2錠/1回分)

    特徴 マドンナはBiopharm Chemicals社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 マドンナの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Biopharm Chemicals

    もっと見る

    1箱945円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポスティノール(2錠1回分)

    ポスティノール(2錠1回分)

    特徴 ポスティノールはGedeon Richter社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ポスティノールの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Gedeon Richter

    もっと見る

    1箱1,080円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 南極クリルビタミン

    南極クリルビタミン

    南極クリルビタミンは、文字どおり南極にいる甲殻類「南極オキアミ」から抽出された「クリオオイル」を使用したサプリメントです。 DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、特に魚の油から摂取できることで有名なDHAは、魚から摂る場合とは違い、水に溶けやすく体内で吸収されやすいリン脂質と結びついた「リン脂質結合型オメガ3」であるため、不飽和脂肪酸を非常に効率よく吸収することが可能となっています。
    製造:ジャパンエスピー

    もっと見る

    1粒19円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬は、自宅で早期に妊娠を確認することができる妊娠検査薬です。 従来までの妊娠検査は、生理予定日の1週間前後のチェックでしたが、この商品は受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。
    製造:Runbio Biotech

    もっと見る

    1個304円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ

    ラスナ

    ラスナは、コレステロール・高血圧を低下させるサプリメントです。 主成分であるニンニクは、コレステロール値や血圧を下げる効果と細菌や、水虫などの真菌に対する殺菌作用があります。 ラスナは様々な健康面をサポートしてくれるサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ印薬煎

    ラスナ印薬煎

    印薬煎のラスナはインドの伝統医学に基づき調合された、脂肪燃焼効果のある漢方薬です。 大蒜(ニンニク)を原材料に調合されビタミンB1、B6を豊富に含みます。 そのためこれら二つの栄養素が、体内の糖質代謝・脂肪燃焼を高める体質へと改善します。 また、利尿作用にも優れ、むくみの解消効果を期待することも出来ます。 健康的で太りにくい体質をお考えの方に飲むだけで効果が現れやすくなる漢方薬です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クリルオイル

    クリルオイル

    クリルオイルは、コレステロール値が高い方や中性脂肪の数値が気になる方、他にもPMS(月経前症候群)やホルモン剤やピルの使用によって血栓症が気になっている女性なども使用することができる、ドロドロとした血液をサラサラした血液に改善することができ、健康維持の目的で使用が行えるサプリメントになります。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠94円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エラワン(5日以内)

    エラワン(5日以内)

    特徴 エラワンはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 エラワンの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱3,960円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

アフターピル

アフターピル(緊急避妊薬)とは?

アフターピルは、避妊に失敗した場合や、望まない妊娠を避けるために緊急的に服用する避妊薬です。
女性ホルモンの成分が含まれた医薬品で、モーニングピルとも呼ばれています。

性行為後72時間以内(できれば24時間以内)に服用します。

アフターピルは12時間の間隔で2回に分けて服用するヤッペ法と、1回のみ服用するレボノルゲストレルという2種類に分けられますが、いずれも性行為後服用する時間が早いほど高い避妊効果があります。
性行為後、72時間以内に服用すれば8割以上の高い確率で望まない妊娠を回避することができると言われています。
しかし、服用のタイミングが遅いと妊娠阻止率が下がることや、配合されているホルモン量が多いため、吐き気などの副作用が生じやすいという特徴もあります。

アフターピルの種類

アフターピルは従来の緊急避妊法であるヤッペ法と、ノルレボ錠(レボノゲストレル)と2種類あります。
ヤッペ法とノルレボ錠では、主に妊娠阻止率とクリニックで処方してもらう価格(服用指導+薬代)の差、副作用の発症率に違いがあります。

種類 妊娠阻止率 副作用 価格(服用指導+薬代)
ノルレボ錠 84% 吐き気・頭痛が10%ほど 15,000円程度
ヤッペ法 57% 吐き気・頭痛が50%ほど 5,000円程度

・ノルレボ錠(レボノゲストレル)
ノルレボ錠は2011年5月に日本で認可されたアフターピル(緊急避妊薬)です。

性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

服用するタイミングが早ければ早いほど妊娠阻止率が上がりますし、ノルレボ錠の場合服用回数は1回です。
ノルレボ錠の主成分であるレボノゲストレルは、第3世代を代表するトリキュラーに含まれている黄体ホルモンと同じ成分です。

価格はクリニックで処方してもらうと15.000円ほどの金額となります。
重大な副作用はほとんどありませんが、一時的に吐き気や嘔吐が生じる方が10%ほどいるようです。

・ヤッペ法
ヤッペ法とは性行為後72時間以内に1錠を服用し、その12時間後にもう1錠を服用します。

72時間以内の妊娠阻止率は57%とノルレボ錠より低くなっておりますが、ヤッペ法も服用するタイミングが早ければ早いほど妊娠阻止率も上がると言われています。
ヤッペ法に使用されているのは主にプラノバール配合錠というお薬で、主成分が黄体ホルモンであるノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの2つのホルモンが使用されています。

価格はクリニックで処方してもらうと5.000円前後とノルレボ錠より低価格ですが、一時的な吐き気や嘔吐などの副作用が50%ほどの方に生じると言われています。
また、その後の生理にも変化がある可能性があります。

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
ノルレボ ノルレボ
2,625円~
レボノルゲストレル 1.5mg ノルレボの先発薬です。従来のヤッペ法より、妊娠阻止率が高く、副作用も少ないことが特徴です。
ナイピル ナイピル
596円~
レボノルゲストレル 1.5mg ノルレボのジェネリック医薬品で、日本人の体格や体質にあった商品です。
アイピル アイピル
840円~
レボノルゲストレル 1.5mg 世界で1番利用率が高いノルレボのジェネリック医薬品です。
エラ エラ
3960円~
ウリプリスタール酢酸エステル 30mg エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。
※お薬なびではプラノバール配合錠(ヤッペ法)は取り扱っておりません。

アフターピルの効果

通常、受精卵が受精してから卵管の中で運ばれて子宮の粘膜の上にたどり着くまでに6~7日ほどかかるため、その間に子宮内膜を変化させて妊娠しにくくさせたり、排卵を遅らせたり、卵管の動きを悪くすることなどによって妊娠しにくくなると考えられています。

アフターピルによる作用機序は解明されていませんが黄体ホルモンの作用で排卵を抑え、受精を回避することで妊娠を防ぎます。たとえ受精後だとしても、子宮内膜の肥厚を抑えて着床をしにくくさせてくれると言われています。

排卵前の服用と排卵後の服用では、作用は異なり排卵前に服用することにより、排卵過程を妨げることが明らかとされており、服用後約80%の女性がその後5日以内の排卵が阻害されるか、あるいは排卵障害が起こります。

排卵後の服用は、黄体期の短縮などにより避妊効果を発揮します。

アフターピルは短期間の間で強制的に避妊を行うもので、そのホルモン量は低用量ピルの7~10日分に相当すると言われています。
多量のホルモンを一気に摂取してホルモンバランスを急激に変えるため、その分副作用も生じる可能性が高くなります。

アフターピルの服用方法

アフターピルには2通りの服用方法があり、1つ目は「ヤッペ法」、もう1つ目は「ノルレボ法」と呼ばれています。
アフターピルは低用量ピルとは違い、避妊に失敗、あるいは妊娠を望まない性行為後に緊急的に用います。
いずれの方法も性行為後72時間以内に服用しますが、服用のタイミングが早いほど妊娠阻止率も高くなります。

ヤッペ法

ヤッペ法とはプラノバール配合錠、2錠を24時間以内に2回に分けて服用する方法です。
性行為後最初の1錠を72時間以内に服用し、その12時間後にもう1錠を服用します。

1度服用した後に12時間後にもう1度服用しないといけないため飲み忘れには注意が必要です。

またプラノバールは中用量ピルですので、1度に服用するホルモン量が多いのが特徴です。
そのため高い確率で吐き気などの副作用が発生することも報告されています。

ノルレボ錠

性行為後72時間以内に1錠ノルレボ錠を服用します。

1度の服用で済むため飲み忘れてしまう心配がありません。

服用についての注意点

アフターピルは72時間以内に服用すれば高い避妊効果があると言われていますが、できる限り早めに服用するようにしましょう。
服用のタイミング早ければ早いほど妊娠阻止率も上がります。

・副作用により嘔吐してしまった場合
従来のヤッペ法では強い吐き気が続くことが多く、吐いてしまうこともよくあります。
服用後2時間ほどで嘔吐してしまった場合は薬の効果が無くなる可能性があるため、飲み直す必要があります。

以前にホルモン剤を服用して吐き気がでたことがある人なら、薬を服用する1時間前に吐き気止めを服用しておくと、少し吐き気が予防できます。

・アフターピルを服用後の生理
アフターピルを服用後、7日くらいで出血することが最も多いのですが、早いときは3日で来る方もいます。
生理の時期は人によりまちまちですが、一般的に排卵前にアフターピルを服用すると生理予定日より早く生理が来る傾向があります。

これはアフターピルによって生じた生理であり、本来の生理ではありません。
つまり排卵前にアフターピルを服用すると月に2回生理が来ることもあります。

注意が必要なのは、アフターピルを服用すると生理予定日より遅く生理が来るということはほとんどありません。
この場合は早めに妊娠検査をする必要があります。

・安易な服用はしない
アフターピルは避妊に失敗した場合や、望まない妊娠を避けるために緊急的に服用する避妊薬で、女性の望まない妊娠や中絶を防ぐためには必要な方法です。
しかし、1度に大量のホルモン剤を服用するため体のホルモンバランスが一時的に乱れてしまう可能性があります。

アフターピルの使用をきっかけに低用量ピルを使用してみるのも1つの手段で、日頃から低用量ピルを服用すると予期せぬ失敗もなくなります。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用として最も多かったのは吐き気です。これは一時的に体内のホルモンバランスを急激に変化させていることから生じる副作用です。
以前にホルモン剤を服用して吐き気がでたことがある人なら、薬を服用する1時間前に吐き気止めを服用しておくと、少し吐き気が予防できます。
吐き気止めは市販の薬で問題ありません。

そのほか一過性の頭痛やめまいなども起こる可能性がありますが、ほとんどの場合は2日目には治まります。
長引く場合は医療機関に相談しましょう。

アフターピルは緊急的な避妊方法であり、長期間にわたって服用するものではないため過度な心配は要りませんが、1度に服用するホルモン量が高いため副作用が生じる可能性があります。

妊娠している可能性のある方の服用は禁止されています。

口コミ・レビュー

  • ぽんさん (41歳)
    膣外射精の10分後 アイピル服用しました。 嘔吐や下痢は一切してません。 その後の性行為も一切してません。 妊娠しました。 こちらでお世話になって2回目の出来事です。
  • ふわりさん (27歳)
    不倫なので妊娠は困る、と彼から言われアフターピルを購入しました。 彼は、ゴムをつけるとイかないたちなので。。 今回初めて服用しましたが、副作用もなく、これからもお世話になろうと思います。
  • まろんさん (22歳)
    時々中出しされちゃうのでその度のんでます。 妊娠してないのでちゃんと効果あります。 またなくなる前に注文しようと思います。
  • のぞみさん (46歳)
    体調が一気に良くなった! 血液さらさら効果があるみたいだから次の健康診断の結果が楽しみ!
  • ゆいさん (26歳)
    アフターピルって通販で買えるんですね!前に一度避妊に失敗してしまって、病院行ってアフターピルもらって、結構恥ずかしかったし、思ったよりも薬代がかかって大変でした。アフターピルをこんなに安く買えるなら、絶対に1個は常備しといたほうがいい!念のために持ってます!
  • カレンさん (25歳)
    スナックで働いてるんですけど、酔っ払ってしまってお客さんとそういう関係になってしまいました。 それで翌日ホテルのゴミ箱漁ってもアレがなかったんで焦りました。 もうこんなことはないと思いたいですが念のために常備しておきたいと思います。
  • はなさん (27歳)
    アフターピルって1つ持ってるとだいぶ安心感が違うなと思います。周りの友達も一応常備してる子が多くて、私もそうしてます。エラって他のより飲むのが遅れても大丈夫って書いてあったので、使いやすいかなと思いました。アフターピル飲まないようにするのが一番なんですけどね…
  • ユリさん (29歳)
    アフターピル常備してると安心感が違います。もちろんちゃんと避妊してるんですけど、たまに避妊できてなかったりとかしちゃってそういう時に使ってます。そんなに多くは無いけど、病院に行くよりも通販で安く買えて助かります。
  • めぐさん (26歳)
    10代の頃に中絶して経験があります。 もうあんな思いをしたくないので、今は危ないと思ったら必ず使っています。
  • ナナさん (26歳)
    前に病院でアフターピル処方してもらってから、常備するようになりました。お酒飲んで失敗すること多くて一応保険のためにも…。通販でアフターピルが買えるなんて思ってなかったし、ジェネリックって安くすんでお財布にも優しくて助かってます。もちろん失敗しないようにはしようと思うんですけどね…

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ