避妊薬

避妊薬の種類【アフターピル・低用量ピル・避妊リング】と効果・副作用を掲載しています。ピルには女性ホルモンが配合されており【月経痛・貧血・月経不順、子宮がん・子宮内膜症】の改善や予防に効果があります。

売れ筋ランキング

  • 避妊薬 総合
  • アフターピル
  • 低用量ピル
  • 超低用量ピル
  • 避妊具

避妊薬 総合 ランキング

商品ジャンル

避妊薬の商品一覧

  • ナイピル

    ナイピル

    特徴 ナイピルはスマート社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ナイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠596円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アイピル

    アイピル

    特徴 アイピルはPiramal Healthcare社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:Piramal Healthcare

    もっと見る

    1箱840円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マーベロン

    マーベロン

    1番人気!!  特徴 マーベロンはMSD社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない低用量ピルで白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠と28錠の2種類があり、マーベロンED28は飲み忘れ防止のために緑色のプラセボ錠が7錠入っています。 当サイトが取り扱っているマーベロンはMSD社が製造・販売している正規品です。 効果 マーベロンの主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においてはデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.03mgが処方されています。 当サイトでもデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.03mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,040円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 早漏防止コンドーム

    早漏防止コンドーム

    早漏防止コンドームは、コンドームの内側に局所麻酔薬のベンゾカインが塗布してあり、装着後しばらく経つと麻酔成分が効き始め亀頭を麻痺させます。 スプレータイプと同様に陰茎の感度・刺激を落とし、射精防止効果を得られるので、通常のコンドームの代わりに利用すれば、パートナーへばれずに早漏改善が可能となる商品です。
    製造:ジェイケーアンセル

    もっと見る

    1個101円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリキュラー

    トリキュラー

    特徴 トリキュラーはバイエル社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、赤色、白色、黄色の丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠と28錠の2種類があり、28錠には大きく白い丸形のプラセボ錠が入っています。 当サイトが取り扱っているトリキュラーはバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 トリキュラーの主成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においてはレボノルゲストレル0.05mg/エチニルエストラジオール0.03mgが処方されています。 当サイトでもレボノルゲストレル0.05mg/エチニルエストラジオール0.03mgが購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エブラ(避妊パッチ3枚)

    エブラ(避妊パッチ3枚)

    特徴 エブラはジョンソン社が開発した避妊パッチです。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルと同様の効果を得ることができ、肌色のパッチが特徴です。 パッチも肌の色に近く、薄型となっているため目立つ心配もなく、入浴時などで水に濡れても剥がれにくい設計となっています。 当サイトで取り扱っているエブラはジョンソン社が製造・販売している正規品です。 効果 エブラの主成分であるノルエルゲストロミンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には月経不順、頭痛、吐き気、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではノルエルゲストロミン150mcg/エチニルエストラジオール20mcgが購入可能です。
    製造:ジョンソン&ジョンソン

    もっと見る

    1箱3,060円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルレボ

    ノルレボ

    特徴 ノルレボはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているノルレボは、HRA Pharma社が製造・販売している正規品です。 効果 ノルレボの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては0.75mg/1.5mgが処方されています。 当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱2,625円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤーズ(YAZ)

    ヤーズ(YAZ)

    特徴 ヤーズはバイエル社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、薄いピンク色と白色の錠剤があり、小さい丸形が特徴です。 1シートに薄いピンク色の錠剤が24錠と白色のプラセボ錠が4錠入っています。 当サイトが取り扱っているヤーズはバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ヤーズの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内でも月経困難症や生理痛の治療を目的としてドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mgが処方されています。 当サイトでもドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート28錠が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラ(5日以内)

    エラ(5日以内)

    特徴 エラはアブディイブラヒム社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエラは、アブディイブラヒム社が製造・販売している正規品です。 効果 エラの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1箱3,960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 避妊用フィルム(マイルーラVCF6枚)

    避妊用フィルム(マイルーラVCF6枚)

    特徴 マイルーラVCFはApothecus社が開発した避妊用フィルムで、女性の膣内に挿入し使用するのが特徴です。 当サイトが取り扱っているマイルーラVCFは、Apothecus社が製造・販売している正規品です。 効果 有効成分ノノキシノール-9を含むフィルムが精子の活動を鈍らせ、殺傷するため避妊の効果があります。 また、膣内で溶けてジェル状になることで、子宮頚部を覆い精子が侵入しにくくなる効果もあります。 効果持続時間は3時間以内と言われています。 副作用 主な副作用は、膣の炎症、痒みなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではノノキシノール-9の28%が購入可能です。
    製造:Apothecus

    もっと見る

    1箱1,780円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オブラル-L

    オブラル-L

    特徴 オブラル-Lはワイス社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 トリキュラーのジェネリック医薬品で、1シート21錠です。 効果 オブラル-Lの主成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではレボノルゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.03mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    特徴 アンウォンテッド72はマンカインドファーマ社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 アンウォンテッド72の主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1.5mgの購入可能です。
    製造:マンカインドファーマ

    もっと見る

    1箱994円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルパック(2錠1回分)

    ノルパック(2錠1回分)

    特徴 ノルパックはABCA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ノルパックの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgの購入可能です。
    製造:ABCA Pharma

    もっと見る

    1箱1,024円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マドンナ(2錠/1回分)

    マドンナ(2錠/1回分)

    特徴 マドンナはBiopharm Chemicals社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 マドンナの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Biopharm Chemicals

    もっと見る

    1箱945円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤミニLS

    ヤミニLS

    特徴 ヤミニLSはルピン社が開発した月経困難症の治療薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、ヤーズのジェネリック医薬品です。 1シート24錠です。 効果 ヤミニLSの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑えることで、子宮内膜を薄くする効果があります。 その結果、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させ月経困難症を改善します。 副作用 他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトはドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート24錠が購入可能です。
    製造:ルピン

    もっと見る

    1箱1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロエッテ

    ロエッテ

    特徴 ロエッテはファイザー社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠です。 効果 ロエッテの主成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではレボノルゲストレル0.10mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フェミロン

    フェミロン

    特徴 フェミロンはMSD社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠です。 効果 フェミロン主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 南極クリルビタミン

    南極クリルビタミン

    南極クリルビタミンは、文字どおり南極にいる甲殻類「南極オキアミ」から抽出された「クリオオイル」を使用したサプリメントです。 DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、特に魚の油から摂取できることで有名なDHAは、魚から摂る場合とは違い、水に溶けやすく体内で吸収されやすいリン脂質と結びついた「リン脂質結合型オメガ3」であるため、不飽和脂肪酸を非常に効率よく吸収することが可能となっています。
    製造:ジャパンエスピー

    もっと見る

    1粒19円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジネット35

    ジネット35

    特徴 ジネット35はシプラ社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、薄い黄色で小さい丸形の錠剤が特徴です。 ダイアン35のジェネリック医薬品で、1シート21錠です。 効果 ジネット35の主成分である酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には頭痛、乳房緊満感、嘔吐、不正出血などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは酢酸シプロテロン2mg/エチニルエストラジオール0.035mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬

    早期妊娠検査薬は、自宅で早期に妊娠を確認することができる妊娠検査薬です。 従来までの妊娠検査は、生理予定日の1週間前後のチェックでしたが、この商品は受精後9~12日ほどで検査することが可能となります。
    製造:Runbio Biotech

    もっと見る

    1個304円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セラゼッタ

    セラゼッタ

    特徴 セラゼッタはオルガノン社が開発した経口避妊薬です。 一般的な低用量ピルと異なり黄体ホルモンだけを含むミニピルです。 1シート28錠で、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 休止期間のある他のピルとは異なり、セラゼッタは休止期間がありません。 効果 セラゼッタの主成分であるデソゲストレルは、排卵を抑える効果があります。 また、子宮頚管の粘液を変化させることで、子宮内部への精子の侵入を防ぎ、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用は吐き気、乳房痛、頭痛、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.075mgが購入可能です。
    製造:オルガノン(現:MSD社)

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プラノバール・ジェネリック

    プラノバール・ジェネリック

    特徴 オブラルGはファイザー社が開発した機能性子宮出血や月経困難症などの治療薬です。 ホルモン含有量の多い中用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 プラノバールのジェネリック医薬品で、1シート20錠です。 効果 オブラルGの主成分であるノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 また、ホルモンを調整することで、機能性子宮出血や月経困難症などに効果があります。 副作用 副作用は悪心、嘔吐、食欲不振などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではノルゲストレル0.5mg/エチニルエストラジオール0.05mg、1シート20錠が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱963円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マーシロン

    マーシロン

    特徴 マーシロンはオルガノン社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルで、白くて小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠と28錠の2種類があり、マーシロンED28は飲み忘れ防止のために白色のプラセボ錠が7錠入っています。 効果 マーシロンの主成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房痛、頭痛、不正性器出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではデソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mgが購入可能です。
    製造:オルガノン(現:MSD社)

    もっと見る

    1箱1,726円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クリザンタ

    クリザンタ

    特徴 クリザンタはシプラ社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない低用量ピルで、黄色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 ヤーズと同成分の低用量ピルで、1シート21錠です 効果 クリザンタの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトはドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.03mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,098円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メリアン(Meliane)

    メリアン(Meliane)

    特徴 メリアンはバイエル社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、白色、ピンク色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 1シート21錠と28錠の2種類があり、28錠にはピンク色のプラセボ錠が7錠入っています。 当サイトで取り扱っているメアリンはバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 メアリンの主成分であるゲストデンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には頭痛、乳房の圧痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではゲストデン0.075mg/エチニルエストラジオール0.02mgが購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,440円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポスティノール(2錠1回分)

    ポスティノール(2錠1回分)

    特徴 ポスティノールはGedeon Richter社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。 ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 ポスティノールの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。 性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。 また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。 副作用 主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Gedeon Richter

    もっと見る

    1箱1,080円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドームは、ペニスの増大が実感出来る夢のようなコンドームです。 従来の避妊効果に加え、赤外線とアニオンの特殊な効果により、勃起力とサイズアップ向上が期待出来ます。 また、ストレス解消や疲労回復への効果もあり、虚弱体質の改善、糖尿病や心臓疾患を患っている方など様々な方に対して速効性があるため、装着後、目に見えて分かる効果を期待出来るコンドームです。
    製造:SSN

    もっと見る

    1個213円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアン35

    ダイアン35

    特徴 ダイアン35はバイエル社が開発した経口避妊薬です。 ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、黄色く小さい丸形の錠剤が特徴です。 当サイトで取り扱っているダイアン35はバイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ダイアン35の主成分である酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には頭痛、乳房緊満感、嘔吐、不正出血などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは酢酸シプロテロン2mg/エチニルエストラジオール0.035mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤスミン

    ヤスミン

    特徴 ヤスミンはバイエル社が開発した経口避妊薬です。 ホルモンの含有量が少ない低用量ピルで、黄色の小さい丸形の錠剤が特徴です。 ヤーズと同成分の低用量ピルで、1シート21錠です。 効果 ヤスミンの主成分であるドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトはドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.03mg、1シート21錠が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,943円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ

    ラスナ

    ラスナは、コレステロール・高血圧を低下させるサプリメントです。 主成分であるニンニクは、コレステロール値や血圧を下げる効果と細菌や、水虫などの真菌に対する殺菌作用があります。 ラスナは様々な健康面をサポートしてくれるサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ印薬煎

    ラスナ印薬煎

    印薬煎のラスナはインドの伝統医学に基づき調合された、脂肪燃焼効果のある漢方薬です。 大蒜(ニンニク)を原材料に調合されビタミンB1、B6を豊富に含みます。 そのためこれら二つの栄養素が、体内の糖質代謝・脂肪燃焼を高める体質へと改善します。 また、利尿作用にも優れ、むくみの解消効果を期待することも出来ます。 健康的で太りにくい体質をお考えの方に飲むだけで効果が現れやすくなる漢方薬です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クリルオイル

    クリルオイル

    クリルオイルは、コレステロール値が高い方や中性脂肪の数値が気になる方、他にもPMS(月経前症候群)やホルモン剤やピルの使用によって血栓症が気になっている女性なども使用することができる、ドロドロとした血液をサラサラした血液に改善することができ、健康維持の目的で使用が行えるサプリメントになります。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠94円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ヌーバリング(避妊リング)

    ヌーバリング(避妊リング)

    特徴 ヌーバリングはオルガノン社が開発した膣内に挿入するリング状の避妊具です。 弾力のあるリング状の形をしていて、大きさは直径およそ5センチと指でつまめるのが特徴です。 当サイトで取り扱っているヌーバリングはオルガノン社が製造・販売している正規品です。 効果 ヌーバリングの主成分であるエトノゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。 万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。 副作用 副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には頭痛、吐き気、乳房の張りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではエトノゲストレル11.7mg/エチニルエストラジオール2.7mgが購入可能です。
    製造:オルガノン(現:MSD社)

    もっと見る

    1箱2,833円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エラワン(5日以内)

    エラワン(5日以内)

    特徴 エラワンはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。 効果 エラワンの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。 一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。 副作用 主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱3,960円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


避妊薬

経口避妊薬とは?

経口避妊薬(以下:ピル)は女性が望まない妊娠を防ぐ目的で使用するホルモン剤です。
1960年代に米国で開発された後、避妊に効果的な女性ホルモン剤として高く評価され、現在に至るまで全世界で幅広く女性から愛用されています。

避妊の手段は一般的なコンドームのほか、女性が装着するペッサリーや子宮内避妊器具(IUD)も存在しますが、ピルが避妊のツールの中で最も高い避妊率を誇ると言われています。

ピルの有効成分は女性ホルモンである、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
この成分が体内で作用することにより、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの働きを抑え、排卵を抑制します。

排卵を抑えることで、侵入してきた精子と受精する確率を限りなく低くすることができます。

万一排卵した場合でも、精子の侵入を防ぐために子宮経管粘液の性状変化や、受精卵が子宮内で着床しにくいように子宮内膜を変化させるため高い避妊効果が認められています。

また、ピルは避妊薬としてだけでなく、生理前症候群(PMS)や生理不順の改善、ニキビ治療薬として処方されることもあります。

ピル(経口避妊薬)の種類

現在日本で処方されているピルは大きく分けると2種類あります。
継続して服用するホルモン量の低い低用量ピルと、避妊に失敗、または妊娠を望まない性行為後にのみ服用するアフターピル(緊急避妊薬)があります。

それぞれ、服用方法などが異なるため、注意が必要です。

低用量ピル
低用量ピルはその名の通り、有効成分の女性ホルモン量を低く抑えたピルで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の成分が配合されているのが一般的です。
低用量ピルは性行為の有無に関わらず毎日決まった時間に服用することが大切で、継続して服用しなかった場合や、飲み忘れがあると避妊効果が落ちる可能性があります。

低用量ピルは配合されているホルモン量が低いため副作用も少なく、避妊効果以外にも生理前症候群(PMS)や生理痛の緩和などの効果が期待できます。

その中でも特にホルモン量を抑えた超低用量ピルは、子宮内膜症に伴う月経困難症のみ国内で唯一保険適用される治療用のピルです。

日本国内での処方は、月経困難症の治療にのみの処方で、避妊目的での処方は行われてませんが、海外では避妊薬としても処方されています。
副作用をさらに抑える目的で開発された超低用量ピルは、副作用が心配という方でも安心して服用することができます。

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
マーベロン マーベロン
1040円~
エチニルエストラジオール0.03mg
デソゲストレル 0.15mg
第三世代1相性の低用量ピルで、黄体ホルモンがどの錠剤も一定量含まれており、男性ホルモンの活性化を抑える性質があるためニキビの治療薬としての効果が期待できます。
トリキュラー トリキュラー
960円~
レボノルゲストレル 0.05mg
エチニルエストラジオール 0.03mg
第二世代3相性タイプの低用量ピルで、用量が3段階に分かれており、女性ホルモンの配合を自然な生理の流れと同じように調整することができ、副作用が少なく不正出血しにくいのが特徴です。
ダイアン35 ダイアン35
1200円~
エチニルエストラジオール 0.035mg
酢酸シプロテロン 2mg
体格の小さいアジア人向けに開発された低用量ピルです。
メリアン メリアン
1440円~
エチニルエストラジオール 0.02mg
ゲストデン 0.075mg
最も女性ホルモン量が少ないピルで、副作用を殆ど感じられません。更年期ホルモン療法にも使用されています。
ヤーズ ヤーズ
2,160円~
エチニルエストラジオール 0.02mg
ドロスピレノン 3mg
第4世代の超低用量ピルで避妊効果もありますが、月経困難症の改善をする治療薬です。

アフターピル(緊急避妊薬)
アフターピルは避妊に失敗した場合や、望まない妊娠を避けるために緊急的に服用する避妊薬です。
アフターピルは12時間の間隔で2回に分けて服用するヤッペ法レボノルゲストレルという2種類に分けられますが、いずれも性行為後服用する時間が早いほど高い避妊効果があります。
レボノルゲストレルの場合、性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。

アフターピルの場合、配合されているホルモン量が多いため、吐き気などの副作用が生じやすいという特徴もあります。

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
ノルレボ ノルレボ
2,625円~
レボノルゲストレル 1.5mg ノルレボの先発薬です。従来のヤッペ法より、妊娠阻止率が高く、副作用も少ないことが特徴です。
ナイピル ナイピル
596円~
レボノルゲストレル 1.5mg ノルレボのジェネリック医薬品で、日本人の体格や体質にあった商品です。
アイピル アイピル
716円~
レボノルゲストレル 1.5mg 世界で1番利用率が高いノルレボのジェネリック医薬品です。

ピルの効果

低用量ピルは主成分である卵胞エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の相乗効果で排卵を抑える働きをします。
万一排卵した場合でも、子宮頚管粘液の性状の変化により精子の侵入を阻む作用や、子宮内膜の変化により、受精卵の着床を防ぐ効果があるため、高い避妊効果があります。

この仕組みはピルに配合されているホルモンが女性の体内で排卵後の状態を作り出し、脳の視床下部から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンのはたらきを抑えるためです。

アフターピルの場合は、詳しい作用機序は明らかとなっていませんが、主に受精卵の着床の阻害よりも排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものと考えられています。
また排卵前と排卵後でも作用が異なり、排卵前に服用した場合は、排卵過程を妨げる作用があり、服用した場合の多くの女性が服用後5日以内の排卵が阻害されるか、あるいは排卵障害が起こります。
排卵後に服用した場合は、黄体期の短縮などにより避妊効果を発揮します。

高い避妊率

低用量ピルは用法用量を守って正しく一定期間服用を継続していれば、妊娠する確率を0.1~0.3%とかなり低く保つことができ、高い避妊率が見込めます。
コンビニやドラッグストアで気軽に買えるコンドームの妊娠する確率は2%ほどだと言われています。

アフターピルも性行為後に服用する時間が早いほど高い確率で避妊効果があると言われています。
ただし、アフターピルは72時間以内に服用しなければ避妊効果が著しく下がるため注意が必要です。

低用量ピルの避妊以外の効果

避妊薬として有名なピルですが、それ以外にも女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

ピルがもたらす避妊以外の効果は以下の通りです。

  • PMS(月経前症候群)、過多月経(月経量が多い)、月経困難症(生理痛)などの症状緩和
  • 子宮筋腫や子宮内膜症の改善
  • ニキビ・肌荒れ予防
  • 長期間の服用により乳房の良性疾患、子宮体がん、卵巣がんの予防
  • 生理予定日を移動

低用量ピルを服用中は排卵を抑えており、卵巣を休ませているためピルの服用をやめた直後に良い排卵が起こることも分かっています。
真逆のように見えますが、低用量ピルは妊活にも使用されることがあります。
妊娠を希望するときは服用を中止すれば、はじめは多少生理周期の変動もありますが、自然と排卵が起き、生理が訪れるようになります。
また、ピルに含まれているホルモン剤が多毛症の改善や更年期障害の予防にも期待できます。

ピルの副作用

低用量ピルは生理がはじまった思春期から使用することができ、健康でタバコを吸わない人であれば40代でも服用することができます。

ホルモン量を低く抑えた低用量ピルは、副作用の症状も発症率はかなり低く、吐き気、軽い頭痛やむくみなどがほとんどです。
また、ピル服用後に体重が増加したように感じる方もいらっしゃいますが、その原因はこのむくみと食欲が増加したことによります。

アフターピル、1度に服用するホルモン量が多いため低用量ピルに比べると吐き気が生じる可能性が上がります。

特にアフターピルの場合、服用後の2時間以内に嘔吐してしまった場合は、再度同量のピルを服用することが必要です。

また、吐き気を感じた場合は、吐き気防止薬と併用することも可能です。

一方、極めて稀ではありますが、ピルを服用ことで血栓症やがんなどの重篤な副作用があることも指摘されています。
血栓症は肥満の方や喫煙癖のある方がかかりやすいとされています。
がんは主に遺伝であったり、もともと子宮に何らかの病気の土台となるものがある方が注意を必要とします。

軽度の副作用

低用量ピルやアフターピルの副作用として発現頻度の多い副作用は吐き気、めまい、頭痛、身体のむくみ、また不正出血です。
特に吐き気に関しては、副作用が生じる確率が低いとは言え、一時的な症状としてよく見られます。

しかし、多くの場合、こうした症状が現れるのは服用後の最初の1ヶ月のみで、3~4ヶ月目には治まっていることが多いと言われています。

これらの副作用の原因は一時的なホルモンバランスの乱れとされており、服用した方全員に現れるわけではありません。

ただし、服用後4~5ヶ月目に入ってもそのような副作用が続いているのであれば、医療機関に相談するようにしましょう。

重篤な副作用

ピルの重い副作用として血栓症があげられます。
これは血管に血の塊ができ、血液の通り道をふさいでしまう病気で、患部にむくみや激しい痛みが認められます。
放置すると心臓や肺にまで血栓ができることもあります。

40歳以上の方、ヘビースモーカーの方、また肥満の方がピルを服用している場合、血栓症を発症するリスクが高まります。
高血圧や糖尿病などを患っている方も慎重投与か服用中止になる可能性があります。
血栓症が心配な方は血液をサラサラに改善してくれるクリルオイルなどのサプリメントと併用するのがお薦めです。

もう1つ重い症状として乳がんや子宮頸がんを発症させるリスクもあります。
乳がんはご家族で乳がんにかかった方がいた場合、長期間の使用は医師から止められることがあります。
ただ、必ず発症するものと断定するのは難しく、ホルモンの量を調節すればリスクを軽減できるとも言われています。

ピルの服用方法

服用方法は低用量ピルとアフターピルとでそれぞれ大きく異なるため注意が必要です。

低用量ピル
低用量ピルは毎日決まった時間に服用するもので、まず1周期分1シート(21日分)を1日1錠服用し、その後7日間休薬し、これを繰り返し行います。
1シートに28錠あるものは、飲み忘れ防止のためにプラセボ錠が7錠入っています。

アフターピル
アフターピルは妊娠を望まない性行為後、なるべく早く服用するものです。
性行為後72時間以内に服用するのが望ましく、服用が早いほど避妊効果を高めます。

低用量ピルの21錠と28錠

低用量ピルには21錠のタイプと28錠のタイプがあります。
どちらも28日間を1周期として服用を開始します。

服用の開始のタイミングは生理の出血を確認してから24時間以内が最適と言われています。

低用量ピルは原則として1日に1錠を決まった時間に服用し、これを21日間続けます。
その後、7日間の休薬期間を経て、翌日からまた新しいシートの服用を開始します。

1シート28錠のものは、飲み忘れを防止するために、7日分のプラセボ錠(偽薬)がついているのが特徴です。

21日間の服用した後、これを1日に1錠服用することで1日単位での飲み忘れを回避できるようになっています。

低用量ピルを飲み忘れた場合

ピルは毎日決まった時間に服用することで高い避妊効果が得られます。
しかし万一飲み忘れてしまった場合、いつも服用している時間から12時間以内(1錠)でしたら、その間に服用すれば問題ありません。

気づいたときにすぐピルを服用し、次の日も通常通り服用してください。
また、日にちをまたいでしまった場合はその当日に2錠を服用します。
12時間以内の飲み忘れの場合も避妊効果は持続していると考えられますが、12時間を過ぎた場合は、飲み忘れたピルを服用したうえで、念のために他の避妊方法と併用するようにしましょう。

ピルを2錠以上(48時間)飲み忘れてしまった場合、なるべく早く飲み忘れたピルを1錠のみ服用し、その後は残りのピルを予定通りに服用します。

ピルを3錠以上(48時間以上)飲み忘れた場合は、服用を中止し、次の生理が来るのを待ち、新しいシートで服用を再開するようにしましょう。
なお、ピルを7日間続けて服用するまではほかの避妊方法を併用するようにしてください。

ピルを服用してはいけない方

該当する方はピルの服用を認められない、もしくは医師の判断によって慎重投与となる可能性があります。

  • 妊娠している方
  • ご家族に乳がんもしくは子宮頸がんの疑いがある方
  • 心臓や腎臓の病気をお持ちの方
  • 喫煙者の方(35歳以上で1日に15本以上の場合は服用不可)
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • かなりの肥満体系の方
  • 40歳以上の方
  • 高血圧の方

上記に該当する方は血栓症やガンにかかるリスクを高めます。
このほかにも抗生剤や抗うつ剤、「ミノマイシンアンピシリントフラニール」などを使用している方は、ピルと併用するとその効果が増強したり、逆に弱まったりする可能性があります。もちろん併用しても問題ない薬もありますので、ピルと併用する場合は身体への影響をしっかりと確認しておきましょう。

先発薬とジェネリックについて

厚生労働省では、お薬を病院で処方する医療用医薬品と、薬局で購入できる一般用医薬品に大別しています。
さらに医療用医薬品を「先発医薬品」(新薬)と「後発医薬品」(ジェネリック医薬品)に分類しています。

病院や調剤薬局で、ジェネリック医薬品を説明したポスターや張り紙などを目にすることがありますが、「ジェネリックってなに?」と疑問に思っている人もいるでしょう。
私たち「お薬なび」でも、多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。
当サイトを安心してご利用していただくためにも、ジェネリック医薬品について、お客様に少しでも知っていただくことが大事だと考えています。

先発医薬品とジェネリック医薬品の違い

新薬(先発医薬品)は開発されると、製薬会社は特許を出し、原則20年(最長25年)利権が守られることになります。
10年、15年かけて何百億、何千億もの莫大な費用をかけて開発されたものですので、一定期間は権利と利益を保証しましょう、ということです。
その期間が過ぎると、開発された薬は国民の財産とみなされ、別の製薬会社でも同じ有効成分を使って薬を作ることができます。
これがいわゆる「ジェネリック医薬品」と呼ばれるもの。

ただし、品質、有効性、安全性が先発医薬品と同等であることが証明されなければ、厚生労働省から承認されることはありません。
したがって、効果や安全性や品質について疑問を持っている方でも、安心してご利用いただけるようになっています。

病院で処方を受けるピルと海外通販で購入出来るピルは、殆ど同じメーカーの商品です。
日本国内で厚生労働省の承認を受けているピルは、海外企業が開発したピルがほとんどだからです。
特にバイエル社の商品が多く、処方率も高いマーベロンやトリキュラーなどが有名です。

ジェネリック医薬品が先発薬よりも低額な訳とは?

ジェネリック医薬品が先発薬よりも低額な理由についてですが、新薬が開発されて、特許の期間が過ぎると、開発された薬は国民の財産とみなされ、別の製薬会社でも同じ有効成分を使って薬を作ることができます。
そのため、ジェネリック医薬品は開発コストが大幅におさえられ、新薬の2割から5割程度の価格で安く販売できるのです。

もちろん、すでに説明したように品質面もパスされていますので、新薬とくらべて安全面など、劣るところはなにもありません。
少子高齢化の加速が止まらない日本では、医療費が年々増加しているため、国は少しでも医療費を削減したい。
価格が安いジェネリック医薬品が推奨されているのは、そのためなのです。
日本のジェネリック医薬品の普及率は65%ほどです。
一方、ジェネリック先進国のアメリカは約92%
日本にはまだ伸びしろがありることから今後、普及率も上がってくるのではないかと予想されます。

口コミ・レビュー

  • ぽんさん (41歳)
    膣外射精の10分後 アイピル服用しました。 嘔吐や下痢は一切してません。 その後の性行為も一切してません。 妊娠しました。 こちらでお世話になって2回目の出来事です。
  • ふわりさん (27歳)
    不倫なので妊娠は困る、と彼から言われアフターピルを購入しました。 彼は、ゴムをつけるとイかないたちなので。。 今回初めて服用しましたが、副作用もなく、これからもお世話になろうと思います。
  • まろんさん (22歳)
    時々中出しされちゃうのでその度のんでます。 妊娠してないのでちゃんと効果あります。 またなくなる前に注文しようと思います。
  • 匿名希望さん (24歳)
    使用して半年以上になりますが生理痛がとても軽くなりました。私自身とても生理痛が重い事から使用して見ましたが、肌荒れが一期に改善され吹き出物がかなり出にくくなりました! ただ、最初の1ヶ月目は吐き気や目眩の副反応がありましたが今では全然ありません! 今後も使用していきます♪
  • たかさん (40歳)
    このコンドームはなかなか良いです 我慢すれば15分以上はもちます 普段は5分以内です
  • やっぴまんこくさいさん (31歳)
    トリキュラーが通販で買えるなんて驚きました! 生理不順だし、PMSがとってもひどいので以前に飲んでいましたが、最近は気にしなくなってきて、肌はボロボロだし色々と振り回されてしまう事がおおいし、痛みも激しいのでまた飲み始める事にしました。 値段も安いし、通院の手間が省けるのは大きいのでとっても助かります。
  • レジアッシーさん (35歳)
    この年齢で彼氏1人もいないんですけど、セックスは大好きです。 でも妊娠をしたい願望もないし、これを常備しているおかげで気兼ねなくセックスを楽しめます。
  • かすみさん (22歳)
    生理もしっかりくるので不順などではないけど、肌荒れがひどいので飲み始めました。 前に別サイトで頼んだこともあるのですが、比べたら到着が早く助かりました。
  • ランランさん (26歳)
    なくなりかけなので追加で買います。 私も最初の頃は病院へ行き処方してもらっていましたが、通販で購入したほうがお得ですし、なにより楽です。
  • さん (34歳)
    ストレス解消効果って面白いなw でも確かにハメた時にいつもより女が感じてくれてる気がするし、今日はすごいって言ったりもしますねw

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ