まつ毛育毛剤

まつ毛育毛剤のルミガンやケアプロストは毛周期を伸ばしまつ毛を長く太くする効果があり海外では広く認知された医薬品です。1日1回、洗顔後のスキンケア時に上まぶたの付け根に塗るだけで理想のまつ毛に生まれ変わります。

売れ筋ランキング

まつ毛育毛剤の商品一覧

  • ヒマラヤ アイライナー カジャル

    ヒマラヤ アイライナー カジャル

    コスメの用途のほかに副次的なメリットが豊富 ・目の疲労を回復 ・目に潤いを与えドライアイを改善 ・まつ毛の育毛をサポート ・まぶたをエイジングケア作用 ・充血当の予防や改善
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1本800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルミガン

    ルミガン

    特徴 ルミガンはアラガン社が開発したまつ毛育毛剤です。 当サイトで取り扱っているルミガンは、アラガン社が製造・販売している正規品です。 効果 ルミガンの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼瞼色素沈着、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においても0.03%が処方されています。 当サイトでも0.03%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルミガン+アプリケーター60本セット

    ルミガン+アプリケーター60本セット

    特徴 ルミガンはアラガン社が開発したまつ毛育毛剤です。 アプリケーター60本とセットなので、すぐにご使用いただけます。 効果 ルミガンの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼瞼色素沈着、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においても0.03%が処方されています。 当サイトでも0.03%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,980円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケアプロスト+アプリケーター60本セット

    ケアプロスト+アプリケーター60本セット

    お得です!!  特徴 ケアプロストはサンファーマ社が販売しているまつ毛育毛剤です。 ルミガンのジェネリック医薬品で、お求めやすくなっています。 アプリケーター60本とセットですので、すぐご使用いただけます。 効果 ケアプロストの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼瞼色素沈着、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.03%が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1本1,306円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビマトアイドロップ(ルミガン)

    ビマトアイドロップ(ルミガン)

    特徴 ビマトアイドロップはアジャンタファーマ社が販売しているまつ毛育毛剤です。 ルミガンのジェネリック医薬品で、お求めやすくなっています。 効果 ビマトアイドロップの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼瞼色素沈着、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.03%が購入可能です。
    製造:アジャンタファーマ

    もっと見る

    1本760円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケアプロスト(ルミガン)

    ケアプロスト(ルミガン)

    特徴 ケアプロストはサンファーマ社が販売しているまつ毛育毛剤です。 ルミガンのジェネリック医薬品で、お求めやすくなっています。 効果 ケアプロストの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼瞼色素沈着、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.03%が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1本920円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • グラッシュビスタ

    グラッシュビスタ

    特徴 グラッシュビスタはSamson Pharmaceutical社が開発したまつ毛育毛剤です。 ジェネリック医薬品で、お求めやすくなっています。 効果 ルミガンの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼脂、眼乾燥、点状角膜炎などがあげられています。 成分量 世界では、0.03%が販売されており、日本国内においても0.03 %が処方されています。 当サイトでもビマトプロスト0.03%が購入可能です。
    製造:Samson Pharmaceutical

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルミガン専用アプリケーター30本

    ルミガン専用アプリケーター30本

    特徴 ルミガン専用アプリケーター30本は、Sincere Beauty社が販売しているまつ毛育毛剤専用のアイブラシです。 30本入りで使い捨てタイプとなっています。 効果 まつ毛育毛剤専用アプリケーターなので、簡単に塗ることができます。 副作用 副作用はありませんが、アプリケーターは使い捨てタイプなので、感染症予防のために使い回しをしないようご注意下さい。 内容量 当サイトでは30本、90本、150本の3種類が購入可能です。
    製造:Sincere Beauty

    もっと見る

    1本13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケアプロストプラス

    ケアプロストプラス

    特徴 ケアプロストプラスはサンファーマ社が販売しているまつ毛育毛剤です。 ケアプロストにチモロールマレイン酸塩が配合されています。 効果 ケアプロストの主成分であるビマトプロストはまつ毛の毛周期を長く保ち、まつ毛を長く、太く、濃くする育毛効果があります。 チモロールマレイン酸塩は、交感神経のβ受容体を遮断することで、房水の生産を減らし眼圧を下げる効果があります。 副作用 主な副作用は結膜充血、眼刺激症、眼そう痒症などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、ビマトプロスト/0.03%、チモロールマレイン酸塩/0.5%が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1本1,483円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


まつ毛育毛剤

まつ毛育毛剤とは

まつ毛育毛剤とは、その名の通りまつ毛の育毛を促す、ルミガンケアプロストといった医薬品や、アプリケーターなどの美容ケア用品の事を指します。
まつ毛は人の印象を変える重要な要素とも言われ、毛量が多く、たくましいまつ毛は、目元がパッチリとした印象を与えるだけでなく、顔全体の印象も自然と変えてくれる事から、多くの女性の憧れでもあります。
偏にまつ毛育毛剤と言っても、それぞれの特性や作用する役割が異なり、選び方によっても育毛効果は変わってきます。
まつ毛育毛剤を効率よく使用し、自分のまつ毛を強く、長く、濃くするためには、まず、まつ毛が伸びるメカニズムを知っておくことが大切です。

まつ毛が伸びるメカニズム

人の体毛(髪毛も含む)には、毛周期と呼ばれる発毛サイクルがあります。
毛周期とは毛が生え変わるサイクルの事で、成長期→退行期→休止期と移変していきます。
この毛周期は、生えている毛の一本一本で異なり、休止期、退行期、成長期の毛が多数混在して生えており、体毛や毛髪が常に一定量に見えているのは、この毛周期のズレによるものです。

毛周期は、まつ毛にも例外なく存在し、日々発毛サイクルを繰り返しているわけですが、この時、成長期が短く、休止期が長い状態だと、まつ毛が抜ける時間が長くなり、生えてもすぐに抜けてしまう状態になります。
この状態で、まつ毛を強く、長く、濃くすることは非常に困難であることは言うまでもなく、理想のまつ毛を手にするためには、先ず成長期を長くする必要があります。

育毛効果があるビマトプロスト

ルミガン、ケアプロストといった代表的なまつ毛育毛剤には、ビマトプロストという欠かせない有効成分が含まれています。
このビマトプロストは、もともと目の病気(緑内障)の進行を抑制するための目薬に用いられていた有効成分ですが、目薬を使用した患者のまつ毛の太さ、密度、長さが増加した事で、まつ毛育毛剤としての開発・臨床試験が開始されたと言われています。
そして、2008年にはアメリカのFDAにより、まつ毛を長くする有効成分として正式に認可を受け、その育毛効果と安全性は確実なものとなりました。

幅広いまつ毛ケア用品

まつ毛育毛剤は総称して「まつ毛ケア用品」とも呼ばれ、大きく分けて①まつ毛育毛剤、②まつ毛美容液、③付けまつ毛(エクステ・マスカラ等)の3種類に分類されます。
それぞれ、効果や作用する役割が異なるのでしっかり把握しておきましょう。

<まつ毛育毛剤>
まつ毛育毛剤は、まつ毛ケア用品の中で、最も高い効果が期待出来る医薬品・医薬部外品です。
育毛効果が極めて高く、まつ毛の寿命を延ばし、密度を増やすだけでなく、太く、長いまつ毛へと育毛してくれます。
1日1回を目安に、3ヶ月程度継続して使用しするだけで、自分のまつ毛が見違える程の変化が現れます。
代表的なまつ毛育毛剤には、ルミガン、ケアプロストなどが挙げられます。

<まつ毛美容液>
まつ毛美容液は、まつ毛が生成されるまぶた上の肌を整え成長をサポートするケア用品です。
既に生えているまつ毛と、これから生まれるまつ毛の成長を促してくれます。
植物由来の天然成分が含有されるものが多く安心して使用出来ますが、効果には個人差があります。
代表的なまつ毛美容液には、スカルプDボーテ、ラッシュケアエッセンスなどが挙げられます。

<付けまつ毛・エクステ・マスカラ>
付けまつ毛やマツエク、マスカラは、使っている方が最も多いまつ毛ケア用品であり、身近で購入しやすいメリットが特徴です。
毎日のケアが必要ですが美容液とセットとなったマスカラが発売されるなど、種類やバリエーションが豊富で、使いやすい仕様のものが大半を占めています。
代表的なマスカラにはモテマスカラ、ディオールショウなどが挙げられます。

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違い

「まつ毛育毛剤とまつ毛美容液は同じ」と誤った認識をされている方が多く見受けられます。
まつ毛美容液は、あくまでも美容液であり、まつ毛にハリ・コシを与えたり、ダメージを補修するなど、元々生えているまつ毛を強くする目的で作られているので、そもそも育毛剤とは役割が異なります。
下記は、まつ毛美容液とまつ毛育毛剤、それぞれ使われる代表的な有効成分ですが、違いを見比べてみればその違いは如実に分かるかと思います。

育毛剤
ビマトプロスト(医療用)

美容液
ヒアルロン酸、コラーゲン、褐藻エキス

育毛剤の有効成分であるビマトプロストは医療用として認められているだけでなく、発毛効果も認められており、「ないものを増やす」役割を担っていることが分かります。

有効成分の認可事情

新宿や銀座に立ち並ぶ大手百貨店の化粧品コーナーに置かれているまつ毛ケア用品は、約90%以上がまつ毛美容液、付けまつ毛・エクステ・マスカラを占め、まつ毛育毛剤を目にする機会はほとんどありません。
これには日本の有効成分に対する認可事情があり、簡潔に言えば、まつ毛育毛剤には日本の厚生労働省に認可されていない有効成分が含まれているからです。
これだけを聞くと、「認可されていない有効成分を利用するのは危険」と思われるかも知れませんが、そうではありません。
日本の医薬品(=有効成分)の認可の仕組みを簡潔に説明すると、1000人中999人に効果があっても、残る1人に重篤な副作用が出た場合、認可・製造・販売が認められません。
これに対し、日本と同水準のアメリカ・ヨーロッパといった先進諸国では、使用者の99%に対して効果が現れれば認可を出す、つまり販売が許可される仕組みになっています。
これは先進諸国の認可基準が低いからではなく、日本が持つ独特の認可基準によるもので、現にアメリカの認可に対する審査基準は、日本の審査基準よりも何十倍も厳しいとされています。
こういった事情により、まつ毛育毛に最も効果のある「まつ毛育毛剤」は、私たちが目にする機会が少ないのです。

まつげ育毛剤の効果

有効成分「ビマトプロスト」

ほとんどのまつ毛育毛剤に含有されているビマトプロストは、世界80ヵ国以上で認可されており、安全と信頼性に長けた有効成分です。
まつ毛育毛剤が最も育毛に優れているのは、この有効成分の効果によるもので、ビマトプロストによって刺激を受けた毛包はメラニンの生成を促し、まつ毛の生成を活発にさせ、長さと寿命を伸ばしてくれます。
この効果は、まつ毛の発毛サイクルにも作用し、まつ毛の毛包(根元に部分)にあるプロスタミドaF2と呼ばれる受容体の働きを活性化させます。
このプロスタミドaF2受容体の働きが活性化すると、発毛サイクルの成長期が長く続くようになり、結果として太く、長く、密度のあるまつ毛にする事が出来るのです。
ビマトプロストが含まれる代表的な医薬品には、ルミガン・ケアプロストが挙げられ、それぞれ異なるメーカーが製造、販売していますが、使用されている有効成分は、ビマトプロスト(0.03%溶液)と全く同一のものです。

効果の実感が早い

まつ毛育毛剤は、使い始めてから約3ヶ月程度で効果が実感出来るとされています。
成分における臨床試験において、12週間で8割以上の方が効果を実感しており、長さは25%アップ、密度が6%アップ、まつ毛の色の濃さが18%アップと、まつ毛全体のボリュームアップに確かなデータが発表されています。
日本ではまだ未認可のまつ毛育毛剤ですが、日本を含めた世界100ヵ国以上に支社を持つ「アラガン・ジャパン」や、医療美学の分野で優れた実績と信頼を持つ製薬会社らが開発に携わっている事から見ても、まつ毛育毛剤は安心して使用出来る医薬品と言えます。

まつげ育毛剤の作用

<毛包を刺激する>
まつ毛の毛根を包んでいる毛包は毛周期(まつ毛の成長リズム)と関係しています。
まつ毛育毛剤には、この毛包を刺激し成長の元となるケラチン(髪や毛の原材料)の生成リズムを延長する効果があり、結果としてまつ毛が育ちやすく抜けにくくなります。

<まつ毛の育つ環境を整える>
まつ毛の寿命が伸びても健康的でなければ育毛の意味がありません。
皮膚の潤いや血行を良くする事でまつ毛が成長しやすい環境を作ります。
このため産生されたまつ毛が太く長く成長していきます。
伸びたまつ毛は、切れにくく抜けにくくなります。

まつ毛美容液の効果

「まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違い」でも書いたように、まつ毛美容液は、まつ毛にハリ・コシを与えたり、ダメージを補修する目的として使用されるもので、そもそも育毛剤とは役割が異なります。
その為、まつ毛美容液には育毛成分は含有されておらず、反対にまつ毛の育毛環境を整える美容成分(保湿・ハリ、コシ、つやを与える等)が多く配合されています。
理想的なまつ毛を手に入れる為には、まつ毛育毛剤と美容液の併用が最も望ましいと言えます。

使用方法

まつげ育毛剤は医薬品です。
せっかく高い育毛効果があっても、使用方法(塗り方)を誤ると、その効果が得られないだけでなく、重大な副作用を引き起こす可能性もあります。
正しい使用方法(塗り方)をしっかりとマスターしておく事が重要です。

まつ毛育毛剤の正しい塗り方

まつ毛の発毛サイクルは寝ている時に活発となるため、まつ毛育毛剤は寝る前に使用するようにして下さい。

①目の周りを清潔にする
化粧をしていたり、マスカラがついている時に使用しても効果が得られません。
まつ毛育毛剤を塗る時は、目の周りやまつ毛を清潔にしてから塗る事が大事です。

②生え際にきちんと塗る
片側(片目のまつ毛)に1滴程度垂らします。
この時、まつ毛の根元に塗る事が大事です。
専用のアプリケーター(ブラシ)などを使用すると均一に塗りやすくなります。
また、塗る際は、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように丁寧に塗る事を心がけましょう。
万が一、まぶたや目の周りに付いてしまった場合は塗れタオルなどで優しく拭き取って下さい。

③上下のまつ毛に塗る
上と下のまつ毛に塗る際は「上側・下側から塗る」と生え際もカバー出来ます。
上まつ毛の場合は瞼の上の方から、下まつ毛の場合は涙袋の方から塗る事を心がけましょう。
※まつ毛育毛剤によっては下まつ毛への塗布が推奨されていないものもありますので注意して下さい。

なお、まつ毛育毛剤を塗る時は多く塗りすぎないよう、1日1回の適量を守って塗布して下さい。

まつ毛育毛剤の注意点

まつ毛育毛剤は3ヶ月以上塗り続ける事で、まつ毛の量感や濃さに変化が見られるようになります。
しかしその反面、3週間以上塗るのを止めてしまうと元に戻ってしまうというデメリットもあります。
まつ毛は髪の毛と同様に、毛周期と呼ばれる発毛サイクル(毛が産生されてから死んで老廃物となるまでの一定のリズム)があり、育毛に効果があるビマトプロスト等の含有成分は、この毛周期の成長期を2倍のロングスパンに伸ばし、育毛されやすく整える効果があります。
一方で、長らく使用を止めていると、毛周期が元の発毛サイクルに戻り、結果として貧しいまつ毛の状態に戻ってしまうのです。
理想のまつ毛を達成したからといって使用を止めるのではなく、「使用頻度を下げて定期的に塗る」「美容液も併用して育毛剤の量を減らす」といった工夫をしてみると良いでしょう。

副作用・トラブル

トラブルの事例と対処法 まつ毛育毛剤の使用で最も多いトラブルが副作用による色素沈着です。
色素沈着は、まつ毛育毛剤を長く使用した際に起きやすい副作用で、目元の黒ずみ・目の充血・かぶれ等の症状を引き起こしますが、使用を中止すれば元に戻る症例がほとんどです。
また、色素沈着以外の副作用として挙げられるのが、

①瞼のくぼみ
瞼のくぼみが目立って使用を中止される方も多い一方で、目の周りがスッキリしたり二重瞼になったりと副作用を好転的に捉える方も多いようです。

②多毛
まつ毛育毛剤を塗布した周辺から毛が生えてしまう事があります。
必要な場所以外には塗布しないようにしましょう。

③目の不快感
かすみ・かゆみ・充血・ドライアイを感じる場合があります。

これらの症状は一時的なものですが、どうしても気になる場合には成分を洗い流し清潔なタオルでふき取るようにしましょう。
また、副作用症状が持続する場合には、直ちに使用を中止し専門医に受診するようにして下さい。
※必ずしも副作用が出るとは限りません。

まつ毛育毛剤を使用出来ない人

・妊娠中又は授乳中の方は使用できません。
・コンタクトレンズを着用されている方は必ず外してから使用するようにして下さい。
結膜炎や緑内障、目の病気を患っている方、治療中で目薬を点眼している方は必ず完治してから使用するようにして下さい。
・肌が弱い方は発疹が出たりかぶれたりする可能性があるので、少量から様子を見るようにして下さい。

価格と種類

まつ毛育毛剤で有名なルミガンやケアプロスト、グラッシュビスタは薬局やドラッグストアでは市販されていません。
また、一部は厚生労働省の認可は受けているものの、保険適用外となっている為、美容クリニックなどでは1本あたり1万円~と非常に高額となっています。

個人輸入がオススメ

まつ毛育毛剤は美容クリニックや皮膚科で入手する事が可能ですが、1本あたり1万円と非常に高額です。
ですが、個人輸入を利用することで、およそ3分の1の価格で入手する事が可能です。
参考までに美容クリニックを利用した場合と、個人輸入を利用した場合の平均的な価格を掲載していますので見比べてみて下さい。

<美容クリニック>

ルミガン
ルミガン 1本7,000円~10,000円
ケアプロスト
ケアプロスト 1本5,000円~10,000円
グラッシュビスタ
グラッシュビスタ 5ml10,000円~12,000円

<個人輸入>

ルミガン
ルミガン 1本1,520円~
ケアプロスト
ケアプロスト 1本1,150円~

グラッシュビスタは日本国内の病院でしか入手する事ができず、価格もクリニックで処方される中で最も高額となっています。

まつ毛育毛ならルミガン

個人輸入をする上で、最もオススメしたいまつ毛育毛剤はルミガンです。
現在、ビマトプロストを有効成分として日本で処方されているまつ毛育毛剤はグラッシュビスタとルミガンの2種類しかありません。
この2種類の中で、個人輸入が可能なのはルミガンのみとなっており、入手のしやすさ、価格を比較してもルミガンが圧倒的にオススメと言えます。
ルミガンアプリケーターとセットで購入しても2,000円前後で購入でき、ルミガンにはケアプロスト、ビマトプロストといったジェネリック医薬品が製造されているため、さらに安価で購入する事も可能です。

これらの事から鑑みても、まつ毛育毛剤はルミガンを個人輸入で入手するのが最もコストパフォーマンスが高い方法と言えるでしょう。

さまざまなまつ毛事情

日本人のまつ毛は短い?

海外ドラマや映画に登場する女優さんはスッピンでもまつ毛がフサフサで、とても濃い印象があります。
これは人種、顔立ち、遺伝(DNA)などによるものでしょうか?
参考までに欧米人と日本人のまつ毛を比較してみると・・・

①平均的な長さ
日本人のまつ毛の平均的な長さはおよそ6.8ミリ、対して欧米人は8.1ミリ。
平均して1ミリ程度、欧米人が長い事が分かりますが、この1ミリが人の印象を大きく変える事は言うまでもありません。

②量と角度
幅1ミリあたりに生えているまつ毛の本数は日本人が2.6本、対して欧米人は3.4本と1本程多く、角度は20度も違います。

③成長速度
日本人のまつ毛の伸びる長さは1日0.1ミリ~0.18ミリ、対して欧米人はその2倍も1日で伸びてしまうと言われています。

平均的な長さや量、成長速度もさることながら、括目すべきはカール度です。
カール度で比較してみると、日本人が約80.9度に対して、欧米人は約10.2度。
つまり、欧米人は元々まつ毛がカールしているのです。
欧米人は目元がパッチリと見えるのは、長さや量だけでなく、カール度によるものが大きく、「外国人はビューラー要らず」と言われる所以になっています。

年を取るとまつ毛も減る?

髪の毛は年齢を重ねるごとにコシやハリ、ボリュームがなくなっていきますが、まつ毛も同じ「毛」なので細くなったり抜け落ちたりして自然と減っていきます
年齢を重ねていくと発毛サイクルが乱れ、毛の生え変わるスピードが少しずつ遅くなっていくことが大きな原因で、30代半ばくらいから実感し始めることが多いと言われています。
さらに、目の周りの血行が悪くなる事で、まつ毛に十分な栄養が行き渡らず貧しいまつ毛になってしまう事もあります。
まつ毛育毛剤と美容液を併用して使用するなどして、まつ毛に十分な栄養が行きわたるようにケアをする事も大事です。

ルミガン(まつ毛美容液)(動画)

口コミ・レビュー

  • お薬なび担当者さん (30歳)
    このアイライナーカジャルは、目元へ使用している途中に、無理に強く押し付けるように使用すると、破損することがあります。
  • お薬なび担当者さん (30歳)
    このアイライナーカジャルの使用感は、非常にクリーミーで滑やかに滑るため使いやすく、塗った感覚も軽くかゆくなるなどがありません。安価な割にしっかりと目元を際立たせ、黒目を強調することができます。
  • 匿名希望さん (27歳)
    初めて3ヵ月前に1本購入しました。未だに残っています。 私の使用例ですが、頻度はだいたい2日に1回(たまに数日休憩)寝る前に上下まつ毛にアイラインを引くように。 ブラシは100円ショップのネイルコーナーにある数本入りの細筆を代用。 まず結果ですが、まつ毛が長くなったと思います。 短いまつ毛もチョロチョロと生えてきたので、増量効果もあると思います。 実際にビューラーで上げた時の毛量が違います! マスカラすると、マツエクしたような印象になります。 しかし、説明にもあったように、副作用がありました。 まず、塗布した翌朝、瞼がべたつくような感覚。 ずっと繰り替えし塗布すると、瞼が黒っぽくなる。なので黒く感じたら数日休憩をすると元に戻ります。 あと、塗布した際に、液が目に流れこんでしまうと、翌朝、充血してしまいます。 たまに、痒み。 体質上もしかしたら合わないのかもしれませんが、 効果は得られているので私用の中止をしたくなく、塗布の方法を注意し丁寧にすれば、問題ないかと思うので、リピしようと思います。
  • keiさん (50歳)
    知り合いの先生のススメで先月買ってみました! 正直なところ会話を作る為に買ったようなものですが、効果がとても感じられていて驚きました! まつ毛にこだわりが無かったのですが、今は顔の印象が変わっていく事がとっても楽しいですね! 多くの人に感動してほしいです。
  • しのさん (42歳)
    ルミガン有名だから使ってたけど最近こっち見つけて使ってみたんですけど本当によいです! 顔の印象が全然違ってくるので私のような化粧ノリが悪くなってくる年齢の方にもお薦めですよ!
  • ぶたぞうさん (45歳)
    結構いい感じだけど実際マツエク付けた方が早いしいいかなって思う。値段が安いのと家で出来るのはいいけど私はお金に困ってないのでマツエクにいこうかなって。
  • ちゅっちゅっちゅさん (22歳)
    私小学生のときにまつ毛を抜く酷い癖があったのかも知れないんだけど、そのせいかまつ毛がないんじゃない?ってくらい薄くて、これを使ってからは少ないまつ毛が伸びるようになりました。 ただでさえ少なかったので伸びたことでなんとか助かってます。
  • まいちゃんさん (22歳)
    マツエクより安いし、自マツが伸びてくれるのホント助かる!コスパもいいし、使い方も簡単だし、やることも多くないから、続けられてる!まつ毛が伸びてるのを実感できるし、もう手放せないなぁ~
  • しおさん (42歳)
    アプリケーターなくなっても綿棒で全然問題ないです!私はずっと綿棒でやっています。
  • 新潟駅西口集合さん (36歳)
    衝撃の眉毛の伸び具合にビックリさせられますよ!こんなに生えるクスリがあるならもっと早く教えて欲しかった…!

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ