不安障害・抗不安薬

不安障害とは不安感が異常な高まりを見せて日常生活に支障を来してしまう疾患です。過剰な不安や恐怖によってストレスを感じてしまいます【社会不安障害・パニック障害・恐怖症】など恐怖の対象により病名が異なります。

売れ筋ランキング

不安障害・抗不安薬の商品一覧

  • ジェイゾロフト

    ジェイゾロフト

    特徴 ジェイゾロフトはファイザー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているジェイゾロフトは、ファイザー社が製造・販売している正規品です効果 ジェイゾロフトの主成分である塩酸セルトラリンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては25mg/50mg/100mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルボックス・ジェネリック

    ルボックス・ジェネリック

    特徴 ファベリンはアボット社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ルボックスのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ファベリンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、100mgが購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バスピン

    バスピン

    特徴 バスピンは、インスタファーマ社が開発した、安全性の高い抗不安薬です。 世界的に有名なバスパーのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 成分量によって錠剤の色が変わります。 効果 バスピンの主成分であるブスピロンは、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。 セロトニン濃度を向上させることによって不安感を取り除いてくれます。 副作用 主な副作用は、強い眠気、頭痛、無気力、立ちくらみなどがあげられます。 稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル・ジェネリック

    パキシル・ジェネリック

    特徴 パロキセチンはザイダスカディラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 パキシルのジェネリック医薬品です。 効果 パロキセチンの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レクサプロ・ジェネリック

    レクサプロ・ジェネリック

    特徴 エスシタデップはシプラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 エスシタデップの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、5mg/10mg/20mgの購入が可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロザック・ジェネリック

    プロザック・ジェネリック

    特徴 オキセチンはPharmaland社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 プロザックのジェネリック医薬品で、緑色のカプセルが特徴です。 効果 オキセチンの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mgが購入可能です。
    製造:Pharmaland

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トフィソパム

    トフィソパム

    特徴 トフィソパムはサンファーマ社が販売している自律神経調整剤です。 グランダキシンのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 トフィソパムの主成分であるトフィソパムは、自律神経を正常に整えることで、自律神経失調症の他にも多汗症の改善や更年期障害による症状の改善など、多くの効果があります。 副作用 主な副作用には眠気、嘔吐、ふらつき等の精神神経系症状、口渇、悪心などがあげられています。 成分量 日本国内においては50mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • L-テアニン

    L-テアニン

    特徴 L-テアニンはサフアイアヘルスケア社が開発したお茶特有のアミノ酸であるL-テアニンを配合したストレスケアや、リラックスした状態にさせ、睡眠の質を上げる効果が期待できるサプリメントです。 効果 ストレスや、不安をケアし気持ちを落ち着かせてリラックスした状態に誘導しま。 気持ちをリラックスさせることで睡眠に誘い、眠りの質を高めることで、朝にスッキリとした目覚めが得られます。 副作用 特に報告されているものはありません。
    製造:Sapphire Healthcare LLC

    もっと見る

    1錠9円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルティマ(ゾロフト)

    セルティマ(ゾロフト)

    特徴 セルティマはインタスファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ジェイゾロフトのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 セルティマの主成分である塩酸セルトラリンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mg/50mg/100mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コントミン・ジェネリック

    コントミン・ジェネリック

    特徴 クロルプロマジンはDD Pharma社が開発した、精神神経安定剤です。 コントミンのジェネリック医薬品で、薄いピンク色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 クロルプロマジンの主成分であるクロルプロマジン塩酸塩は、過剰なドパミンの分泌を抑え、神経の高ぶりや緊張を緩和する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、血圧降下、頻脈、食欲不振、悪心、嘔吐などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:DD Pharma

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バスパー・ジェネリック

    バスパー・ジェネリック

    特徴 バスポンは、Deva Holdings社が開発した、安全性の高い抗不安薬です。 バスパーのジェネリック医薬品で、白色と青色のカプセル型の錠剤が特徴です。 効果 バスポンの主成分であるブスピロンは、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。セロトニン濃度を向上させることによって不安感を取り除いてくれます。 副作用 主な副作用は、強い眠気、頭痛、無気力、立ちくらみなどがあげられます。 稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:Deva Holdings

    もっと見る

    1錠51円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レクサプロ

    レクサプロ

    レクサプロは、第3世代の抗うつ薬です。 主成分のエスシタロプラムは、うつ病・対人恐怖症・パニック障害による精神的不安に用いられています。 医療現場で使用しているお薬ですので、安心・安全にお使い頂けます。
    製造:ルンドベック

    もっと見る

    1錠289円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エスシタロプラム

    エスシタロプラム

    特徴 Citolesはアブディイブラヒム社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 Citolesの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、10mg/20mgの購入が可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠73円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルボキサミン(ルボックス)

    フルボキサミン(ルボックス)

    特徴 フルボキサミンはアッヴィ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ルボックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 フルボキサミンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、50mgが購入可能です。
    製造:アッヴィ

    もっと見る

    195円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル

    パキシル

    特徴 パキシルはGSKファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているパキシルは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 パキシルの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。 当サイトでは、20mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠144円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セディール

    セディール

    特徴 セディールは、大日本住友製薬社が開発した、依存症の心配が少ない抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトで取り扱っているセディールは、大日本住友製薬社が製造・販売している正規品です。 効果 セディールの主成分であるタンドスピロンがセロトニン受容体(5-HT1A)に作用し、心身症からくる不安な気持ちや緊張などの症状を改善、その他、自律神経失調症、神経症などに効果があります。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、倦怠感、認知機能低下、肝機能障害、食欲不振などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:大日本住友製薬

    もっと見る

    1錠139円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピルカッター

    ピルカッター

    ピルカッターとは、薬剤量の多い錠剤をカットするために利用する錠剤カッターです。ピルケースとしても利用できます。
    1個880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルピナ

    セルピナ

    セルピナの有効成分は、サルバカンダという食物の根の部分を乾燥させた成分になります。 血管の拡張作用により高ぶった神経を落ち着かせ、心臓や血管に働きかける高血圧のサプリになります。その他、アドレナリン作動性の緊張を少なくさせて不安感を制御するなど、不安障害の治療にも有効とされているサプリメントになります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠12円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シタロプラム(レクサプロ)

    シタロプラム(レクサプロ)

    特徴 シタロプラムはアクタビス社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品です。 効果 シタロプラムの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、20mg/40mgの購入が可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠52円~
    売切れ
    詳細を見る
  • グランダキシン・ジェネリック

    グランダキシン・ジェネリック

    特徴 グランダキシン・ジェネリックはConsern Pharma社が販売している自律神経調整剤です。 グランダキシンのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 トフィソパムの主成分であるトフィソパムは、自律神経を正常に整えることで、自律神経失調症の他にも多汗症の改善や更年期障害による症状の改善など、多くの効果があります。 副作用 主な副作用には眠気、嘔吐、ふらつき等の精神神経系症状、口渇、悪心などがあげられています。 成分量 日本国内においては50mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠38円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム(デパス)

    エチラーム(デパス)

    特徴 エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。 効果 エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.5mg/1mgの2種類が購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチゾラム錠

    エチゾラム錠

    特徴 エチゾラム錠は、日医工が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。 効果 エチゾラム錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。 当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:日医工

    もっと見る

    1錠80円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アタラックス

    アタラックス

    ※発送一時停止 特徴 アタラックスはGSKファーマ社が開発した抗アレルギー性の抗不安薬で、白色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アタラックスは、抗アレルギー作用と鎮静、催眠作用など複数の作用を持っている薬です。 抗アレルギー作用としては、蕁麻疹や皮膚に起こる痒み(発疹や皮膚炎)などを抑えるために用いられ、鎮静、催眠作用は不安や心配事など、心の不具合によって起こる不眠症などの精神的な症状にも使用されます。 副作用 主な副作用は、眠気、身体のだるさ、めまいなどがあげられます。 成分量 日本国内においては10mg/25mgが処方されています。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠58円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム舌下錠(デパス)

    エチラーム舌下錠(デパス)

    特徴 エチラーム舌下錠は、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品で、舌の下で服用する舌下錠となっており、即効性に優れています。 効果 エチラーム舌下錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    売切れ
    詳細を見る
  • デパス

    デパス

    特徴 デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているデパスは、田辺三菱製薬が製造・販売している正規品です。 効果 デパスの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。 当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:田辺三菱製薬

    もっと見る

    1錠95円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

不安障害とは

不安自体はなにも、特別な心の状態でも病的な症状でもありません。
私たちの何気ない日常の中で、当たり前のように心の中に生まれる、これから起こることに対する一種の“危険信号”といっていいかも知れません。

それはこれからやってくる危機に備えたり準備するための、自己防衛的な生理反応です。
そのような不安は通常、一時的ですが、長期間続いたり、心身に影響を与えたり、日常生活に支障を来たすほどになると「不安障害(不安症)」という精神疾患に発展します。

しかし、一時的な心の状態としての不安と、精神疾患としての不安障害の間に明確な違いはありません。
びくびくしたり、おびえたり、気を揉んだりして動悸がする、手に汗をかくなどの症状は多くの不安に見られる症状ですが、それがいつの間にか、明確な対象に対する恐怖にまで発展すると「恐怖症」という不安障害になり、心のバランスをくずして突発的にパニックになってしまうと「パニック障害」という不安障害になります。

その症状や原因はさまざまですが、代表的な不安障害は下記の通りになります。まずは、どのような症状があるのか確認してみてください。

不安障害の種類

心身のバランスがくずれ、日常生活にも支障を来たすほど影響を与える不安障害。
うつ病や統合失調症などと同じ精神疾患の一種ですが、最新のアメリカ精神医学会の診断基準(DSM-5)によると、不安障害は9つの症状に分類されます。

DSM-5にしたがって、それぞれの症状について説明していきましょう。

分離不安障害

小児期に愛着のある人(特に母親)や自宅から離れることに対して、持続的に強い不安を感じることをいいます。
ほぼすべての幼児に見られる正常な反応ですが、思春期以降も、著しく強い不安が生じることもあります。

成人しても分離不安症があらわれる原因は、親族やペットの死、慣れ親しんだ土地からの転居などがあります。

選択性緘黙症(場面緘黙症)

話すことが期待される状況にあっても、一貫して話すことができない症状を指します。
2~5歳くらいの幼少期に発症することが多く、他の幼児にくらべて言語発達が遅いケースが目立つようです。

一般的には、成長にしたがって緘黙の症状は改善されますが、成人しても発症することがあり、話したくても話せずに、苦しむことも多いようです。

局限性恐怖症

特定の対象や状況に対して、不合理で強い恐怖を抱いている状態です。
おもに、次の5つの状況・対象に対する恐怖が見られるようです。
  • 動物
    ヘビ、クモ、昆虫類、犬など
  • 状況
    飛行機、新幹線、エレベーターなど
  • 自然環境
    地震、雷、嵐など
  • 血液・注射・重傷
    注射針、医療行為など
  • その他
    窒息、嘔吐を引き起こす状況

社会不安障害

特定の状況や、人の注目を集める場面において、過剰な緊張や不安が誘発されて、動悸や赤面、発汗などの症状があらわれてきます。

人前で字を書こうとすると手が震える、会社の電話に出るのが怖い、会食やパーティーなど人の集まりに参加するのが嫌だ、などの症状があり、人との接触や活動を避けるようになります。

パニック障害

ある日突然、胸が苦しくなったりめまいがしたり、動悸や呼吸困難などの発作が起こることをいいます。
20~30分ほどでおさまりますが、また同じような発作が起こったらどうしようという予期不安に駆られます。
大勢の人が集まる場所を避けるようになり、広場恐怖症を併発してしまうことがあります。

そうすると、正常な社会生活が困難になり、悪化すると、うつ病に発展してしまいます。

20~30代の女性に発症することが多く、一般的に女性は男性の3倍いると言われています。

広場恐怖症

パニック発作や、パニックに似た症状が起こることを恐れて、バスや電車などの交通機関や人混み、群集の中、映画館や劇場、お店などの閉鎖的空間を避ける症状です。

これは典型的なパニック症状の合併症です。
信頼できる家族や友人が一緒であれば外出も可能ですが、行動範囲が狭くなり、社会生活を継続するのに大きな困難をともないます。

全般性不安障害(GAD)

ある特定の状況や対象に限定されず、さまざまな出来事などによって、心配や不安が6ヶ月以上続いている状態を指します。
ひとつの不安が解消されても、すぐにまた違う不安が心の中に兆して、絶えず不安や心配事が頭から離れません。
落ち着きがなくなったり、集中できなかったりして、日常生活に支障をきたします。

男性にくらべて、女性の方が1.5倍から2倍ほど多く見られます。

物質・医薬品誘発性不安障害

特定の物質や薬物によって不安が生じる症状です。
アルコールやカフェイン、違法薬物ではコカインや覚せい剤などです。

また、睡眠薬や抗不安薬などからの離脱症状の際に起こることがあります。
他にも、経口避妊薬、甲状腺治療薬、インスリン、抗ヒスタミン薬などでも不安症状があらわれることがあります。

他の医学的疾患による不安障害

医学的疾患の生理作用として、不安症状を生じることがあります。
内分泌疾患としては、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、低血糖症、心血管疾患として、肺塞栓症、神経疾患としてけいれん性疾患、脳炎などがあります。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは

命の安全が脅かされるような天災、犯罪、事故、犯罪などによって精神に強い衝撃を受けたことが原因で、不眠や不安、抑うつがあらわれて心身に支障をきたしたり、社会生活を送ることが困難になる疾患のことです。

パニック障害や全般性不安障害と症状は似ていますが、不安障害とは異なる精神疾患として区別されています。

心的外傷(トラウマ)となる出来事を思い出すことを避けようとしますが、フラッシュバック(体験した感情を追体験すること)が起きたり、不眠症など過覚醒症状をあらわしたりします。

症状が出て1ヶ月未満の場合は、急性ストレス障害(ASD)といいます。6ヶ月以上続くと、PTSDと診断されます。

強迫性障害とは(OCD)

以前は強迫神経症とも呼ばれていましたが、現在では強迫性障害という呼び名で統一されています。

その症状は、「強迫観念」と「強迫行為」があげられます。
強迫観念は、手を洗った後でも汚れていないだろうかと気になったり、鍵をかけた後でも何度も戸締りを確認したり、強い不安を感じることです。

周囲から見たら、何でそんなに心配するんだろうと思うようなことに、気に病んだりします。

強迫行為は、そういった強迫観念を振り払うように何度も手を洗ったり、何度も鍵をかけたかどうか確認したりすることです。

不安障害の原因

不安障害にかかってしまう原因は人それぞれで一様ではありませんが、大きく分けて4つに分類することができます。

  • ストレス要因
    疲労や過労、不眠といった身体的ストレス、そして職場や学校などで受ける心理的ストレスの2種類のストレスが考えられます。
  • 遺伝的要因
    神経質、こだわりが強い、完ぺき主義、小心などといった、不安障害につながりやすい性格が遺伝されることが原因で、不安障害を発症することがあります。
  • 薬物的要因
    アルコールやカフェインのような嗜好品から、覚せい剤などの違法薬物の中毒症状によって強い不安が引き起こされることがあります。
  • 疾患要因
    特定の身体疾患が原因で不安症状を引き起こすことがあります。
    甲状腺機能亢進症、低血糖症、鬱血性心不全、 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 、脳炎、けいれん性疾患などがあります。

不安障害の治療法

不安障害の治療法には薬物療法と精神療法の2種類あります。
一般的には薬物で治療し、6割から7割の方に症状の改善が見られますが、薬だけでは治療が不十分な場合もあります。

そんな時に有効なのが精神療法です。
自分に合った治療法を選び、長い目で症状を改善させることが必要です。

薬物療法で治す

不安障害の治療薬にはおもに、以下の4種類があります。

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
    SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor) は抗うつ薬の一種ですが、社会不安障害、パニック障害などの不安障害の第一選択薬としても使用されています。
    また、外傷後ストレス障害(PTSD)などにも有効で、精神医療で幅広く利用されているお薬です。

    詳しくはうつ病のページで説明していますので、参考にしてください。

  • ベンゾジアゼピン(BZD)系抗不安薬
    ベンゾジアゼピン系薬はSSRIと併用されることの多い、抗不安作用に有効な治療薬です。
    SSRIは効果が出るのに4週間~6週間ほどかかるため、その間の不安障害の症状を抑えるため即効性のあるベンゾジアゼピン系の抗不安薬が利用されます。
    依存性があるため、短期間での使用が望ましいでしょう。

    また、ベンゾジアゼピン系のお薬には、

    催眠作用

    抗不安作用

    筋弛緩作用

    抗けいれん作用

    の4種類があります。
    お薬の種類によって、強く作用する部分が異なります。
    急に服用を中断したり、用量を大幅に減少させたりすると、GABAに よって抑制されていた脳機能が亢進し、手の震えやパニック発作、吐き気などの離脱症状が見られることあるので注意が必要です。

    作用の仕方 ベンゾジアゼピン系薬の最も重要な役割は、脳内神経細胞であるニューロン間の情報伝達を行う神経伝達物質GABAの機能を促進させることです。
    GABAには鎮静作用があるため、興奮を抑えるという特性があります。
    ニューロンから放出されたGABAは、受け取り側のGABA受容体に結合することで、塩素イオン(Cl-)がニューロン内部を通過してノルアドレナリンやドーパミンなど神経伝達物質の活動を抑制します。

    さらに、ベンゾジアゼピンがGABA受容体に結合することで、GABAの抑制機能を活性化させて興奮に対する抑制作用が強く働くようになります。

    それによって、脳全体に鎮静作用が働き、不安障害が改善されることになります。

    例)グランダキシン・ジェネリック、トフィソパム
  • セロトニン5-HT(1A)受容体作動薬(アザピロン系)
    疲労や過労、不眠といった身体的ストレス、そして職場や学校などで受ける心理的ストレスの2種類のストレスが考えられます。

    SSRIと同様に、効果の発現に時間のかかるタイプの医薬品です。
    依存性が少なく、筋弛緩作用も弱いため、高齢者にも使いやすく、パーキンソン病患者の方にも有効とされています。

    作用の仕方 セロトニン5-HT(1A)受容体の結合することで、セロトニンの放出を抑制し、神経活動の働きを弱まらせます。
    それが抗不安作用としての効果を発揮させます。

    例)バスピン、バスパー・ジェネリック、セディール

認知行動療法(cognitive behavior therapy:CBT)

パニック障害や全般性不安障害といった不安障害を発症すると、強いストレスなどで適応的な行動をとることができず、うまく社会生活が送れなかったりQOL(生活の質)の低下などを招いてしまいます。

症状を改善するために薬物によって治療するのが一般的ですが、すべての方に有効に働くとは限りません。

アメリカやヨーロッパでは、認知行動療法の有効性が認識されると、薬物療法と同時に広く使われるようになり、日本でも十分に確立された治療法として推奨されています。

認知行動療法の眼目は不安障害の改善ですが、一時的な改善ではなく、不安をセルフコントロールしマネジメントする力を身につけることで、その先不安が訪れても自分自身で対処できるようにします。

症状によって方法は異なりますが、例えばパニック障害の場合をみてみましょう。

電車に乗る、人ごみの中を歩くなど発作の引き金になるような対象に対して恐怖や不安が高まると、動悸や呼吸困難が生じてきます。

その不安反応によって、窒息するなどの悪いイメージが自動的に思い浮かび、さらに不安が増幅することになります。

その悪いイメージが起こった理由付けと、それに対する反証を立てることで、認知の偏りを修正し現実的で適応的な行動思考を導き出していきます。

そういった認知行動療法がパニックの発作を予防することになります。

そういった行動低アプローチがQOL(生活の質)の改善と、再発予防に役立つと考えられています。

口コミ・レビュー

  • ぽんたさん (51歳)
    これ全然効かない。眠くならない。
  • 匿名希望さん (60歳)
    錠剤をカッターで切るのと比較出来ないくらい便利。飛び散らない、綺麗に切れる。価格高めかなと思ったけど、使ったらその便利さに満足。
  • クスリ探検家 さん (29歳)
    眠くなる。身体のだるさが残る。 逆に何もする気がなくなる。 ほかのレビュー見てると個人差なんだろうか。
  • 匿名希望さん (50歳)
    この手の薬は今まで全く使用した事がなかったので、 どうせおまじないみたいなもんだろう・・・っと半信半疑で購入しましたが、 これほど効果があるとは驚きです。 どんなに嫌な事があっても、これのおかげでいつも平静でいられるので、 使用方法を間違えなければ、非常にいい薬なのは間違えないですね。
  • クリスタルさん (30歳)
    以前心療内科を受診していて、ジェイゾロフト100mgを服用していました。症状が回復して、病院にしばらく行かなくなったのですが、ストレスでまた再発かも?と感じ始めたので、ジェネリックでもあるこちらを購入しました。セルティマ50mgを夕食後2錠(100mg)服用して2週間位して、気分がとても落ち着き楽になっていくのを感じました。副作用も多少の倦怠感があるくらいで問題ないです。またなくなる前に、まとめて購入したいと思います。
  • まるさん さん (52歳)
    錠剤をキレイに真ん中で割れるイメージでしたが、実際使ってみると錠剤が安定しないのでうまく固定できずに真ん中で割れませんでした、割る際に錠剤の破片が飛ぶし作りがとても貧弱でした。これだったら普通にハサミやカッターで切った方がキレイに切れます。
  • 天井さん (25歳)
    デパスを使っていましたが、代用品でこちらを購入しました。しかし私には合わなかったのか、副作用で下痢、嘔吐、特にひどいのが不眠が出てしまい逆に夜中に何度も目が覚めてしまいイライラしてしまいました。ここのサイトには書いておらず、参考サイトできちんと読まないと得られない情報でした。200錠を購入しまい使い道に悩んでいます。個人差があると思いますが、薬と相性が悪いことが初めてなのでとても残念です。
  • フェンダー笹林さん (39歳)
    いまの仕事になってから、軽いうつ症状が出るようになってきていたので、本当に助かります。 医者へわざわざ通院するまでではないと思っていますし、何より医者まで行かなくて良いのが良いですね!
  • マッケンリーさん (38歳)
    持ち運びには便利だし、ED治療薬以外はあまり詳しくは知らんが錠剤を半分にする線が入ってるやつを綺麗に割れるからめちゃくちゃこの商品は便利だぞ
  • まことさん (45歳)
    この薬の鎮静効果が1番自分に合ってると思います。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ