アルコール依存症

更新日:
アルコール依存症とは、自分で飲酒の量をコントロールする事が出来なくなった疾患です。また身体や仕事、家庭に悪影響を齎し暴言や暴力、育児放棄などの原因となります。断酒しようと心掛けても手足の震えや発汗、不整脈や幻聴などが見られたら早期治療が重要です。

売れ筋ランキング

アルコール依存症の商品一覧

  • レグテクト・ジェネリック

    レグテクト・ジェネリック

    特徴 アカンプロルはサンファーマ社が販売している、アルコール依存症を改善するお薬です。 レグテクトのジェネリック医薬品です。 効果 アカンプロルの主成分であるアカンプロサートカルシウムは、脳神経に働き、お酒を飲みたくなる欲求や高ぶりを抑えて、無理なく断酒を補助する効果があります。 副作用 主な副作用には、下痢、傾眠、腹部膨満、嘔吐などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは333mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠51円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノックビン・ジェネリック

    ノックビン・ジェネリック

    特徴 ノックビン・ジェネリックはCharoon Bhesaj社が開発した、抗酒癖剤です。 ノックビンのジェネリック医薬品です。 効果 ノックビン・ジェネリックの主成分であるジスルフィラムは、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを体内に蓄積させ、少量のアルコールでも、苦しくなり断酒、節酒の効果があります。 副作用 主な副作用には、抗うつ、幻覚、頭痛、めまい、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは500mgが購入可能です。
    製造:Charoon Bhesaj

    もっと見る

    1錠35円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レビア・ジェネリック

    レビア・ジェネリック

    特徴 ノディクトはサンファーマ社が開発した、アルコール依存症の治療薬です。 レビアのジェネリック医薬品です。 効果 ノディクトの主成分であるナルトレキソン塩酸塩は、報酬系の回路であるオピオイドと受容体の結合を防ぎ、アルコールを摂取した際に得られていた多幸感や高揚感を麻痺させ、飲酒に対する生理的な欲求を自然と抑える効果があります。 副作用 主な副作用には、吐き気、腹痛、めまいなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠163円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アカンプロサート

    アカンプロサート

    特徴 アカンプロサートはインタスファーマ社が開発した、アルコール依存症を改善するお薬です。 レグテクトのジェネリック医薬品です。 効果 アカンプロサートの主成分であるアカンプロサートカルシウムは、脳神経に働き、お酒を飲みたくなる欲求や高ぶりを抑えて、無理なく断酒を補助する効果があります。 副作用 主な副作用には、下痢、傾眠、腹部膨満、嘔吐などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは333mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠55円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


アルコール依存症

アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、俗に「アル中」などと呼ばれていましたが、現在は依存症の呼び名が一般的になっています。
はっきり言ってしまうと薬物依存症の1つであり、アルコールによって得られる精神的、肉体的な作用に縛られ、自分の意思で飲酒量をコントロール出来なくなっている状態を指します。
お酒はストレスを和らげて心を落ち着かせ、リラックスさせる効果がありますが、その歯止めが効かなくなると身体をむしばむ行為に変貌します。
アルコールの病理を頭では理解しながらも、それに逆らうことが出来ず酒量は増えて行く依存症となります。
かつては、酒を飲む人間の意思が弱い、道徳心がない、人間が出来ていないといった精神論のみで扱われてきた問題ですが、今は「なぜ酒を飲んでしまうのか?」という心理も含めた病気として論じられています。
「原因を知ることで長い時間を掛けて治していく」もの、それがアルコール依存症なのです。

アルコール依存症の原因

アルコールを大量に長期間摂取し続けることによって、その生理機能に変化が生じます。
少量のお酒は身体にとってプラスの作用をもたらすことが多いものですが、その量が増え毎日という継続的な飲酒となれば、次第にアルコール依存症へとなっていきます。
単純に「酔って気持ちがいい」という状態になるための量が増え、アルコールの摂取を途中で辞めることで不快感、不眠、手の震えといった症状が出てきます。
これらを「退薬症状」と言い、この症状を止めるために更にアルコールに手をだし、また症状が進むという悪循環が生じます。
「酒は百薬の長」から転じて「身体をむしばむ毒」となるのです。
そもそも、日常的な酒量が増えていくのにも原因があります。
多くは日常におけるストレス、気持ちの変化という心理的要因です。
生活環境の変化、早い年齢による飲酒の解禁もまた原因となります。
アルコール依存症は、男性よりも女性の方が発症が早いと言われており。男性では飲酒を開始した年齢から20~30年後、女性はその半分とされており、およそ10年後に発症します。
但し「かなり飲んでいるがまだ数年だから大丈夫」という訳ではありません。
更には、アルコール依存症には遺伝が関係しているという研究結果もあります。
アルコール依存症になる原因の5割~6割が遺伝的要因であり、残りは環境要因から生じるという厚生労働省が推定しています。
アルコールを分解するのは、体内にある酵素「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」なのですが、これは遺伝が強い影響を与えます。
遺伝が半分、環境が半分と覚えながら、如何に「アルコールを求めるきっかけ」を探り、良い付き合いをしていくかというのが重要です。

アルコール依存症の症状

アルコール依存症では、主に2つの症状が現れます。

1:飲酒渇望
「お酒を飲みたい」という気持ちに歯止めが効かなくなること、それが飲酒渇望です。
とにかく飲酒がしたいという欲求に支配され、公共の空間、仕事場など、ふさわしくない場所などでも飲酒を始め、更に自分が思っていた量よりも遥かに多い量を飲んでしまうという症状です。

2:離脱症状
酒量を減らす、飲酒を止めることで現れる症状です。
依存症によって常に体内にアルコールが入っている状態が続くと、身体はその状態に適応しようとします。
つまり「お酒の入っている状態が普通」という態勢に近づけようとするのです。
もちろんそれで済むものではありません。
アルコールが入っていても動ける、普通に話せるという適応しているように見えているのは、相当に身体に負担を掛けていることです。
その状態から一度アルコールが抜けると、身体のバランスはたちどころに崩れ、離脱症状が現れます。
代表的なものとして手の震えで、物が持てなくなる程の震えは、アルコール依存症の中で最も解りやすい症状です。
他には気温に関わらずの大量発汗、不眠、それに伴う苛立ち、吐き気、嘔吐、幻覚などがあります
。 禁酒後わずか1日以内にけいれん発作や幻覚が見られることもあるのです。

そして、心理的な症状も見逃せません。
その1つに「否認」があります。
アルコール依存症になっても、本人がそれを認めない、または過小評価をするというものです。
継続的な飲酒や離脱症状が出ていたとしても、嘘をついてお酒を飲んだり、注意する人に食って掛かるなどの反応を見せます。
「酒をさほど飲んでいないのに、やたらとうるさく言うあいつは自分を騙そうとしている」というような思考になり、周囲に対して配慮のない言動を取ることもあります。
これが「自己中心性」と呼ばれる心理特性です。
エスカレートすると酒を求めて暴力をふるい、周囲に暴言を投げ掛けます。
これらの症状は長期間に及び、そしてアルコールが身体をむしばむことで肝炎、肝硬変、消化器系への癌などの病気に罹患しやすくなります。
飲酒してしまう、それに頼ってしまうことを止められなくなる、ゆっくりとしかし後戻り出来ない状態へと進行する依存症には、直ぐに治療が必要です。

アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療は、カウンセリング、社会的支援、心理・精神療法といった、様々な角度からアプローチされます。
その中でも重要なものの1つが薬物療法です。
アルコール依存症に使われる薬は、主に2つの種類があります。

1:抗酒薬
これまで日本でのアルコール依存症の治療薬として唯一の存在がこの抗酒薬です。
一時的に作用するもので、お酒に対しての耐性を格段に下げる効果があります。
つまり、一時的にお酒にとても弱い体質となる薬です。
お酒の不快な効果「頭痛」「吐き気」などが増加されるので、お酒を飲む気を起きなくさせます。
お酒の強い方は、いくら酒量が増えても頭痛などは起き難くなるものですが、ほんの少しの一杯飲んだだけで激しい悪寒に襲われる抗酒薬が、お酒を遠ざけるキッカケとなります。
抗酒薬にも種類があり、主に「シアナマイド」と「ノックビン」という2種類があります。
シアナマイドは水薬であり、ノックビンは粉薬です。
どちらも1日1回の服用で効果を発揮するものですが、この抗酒薬を飲んだからといって、アルコールそのものが嫌いになるという訳ではありません。
「お酒が不味く感じる薬なら、それを飲まなければいい」という思考回路になるのは当然とも言える訳で、最低条件として自分のアルコール依存症と向き合い、断酒するという意思の基で使われなければ成らないものです。

2:アカンプロサートカルシウム
これまで抗酒薬のみに頼っていたアルコール依存症の治療薬ですが、2013年に30年ぶりとなる新薬が発売されました。
それがアカンプロサートカルシウムで、抗酒薬と違い「お酒を飲む気が起きなくなる薬」という効果があり、アルコールに依存する事で高まる神経活動を抑え込み「飲みたい」という欲求を抑えます。
この薬の服用に加えて、カウンセリングなどの心理治療を合わせる事で、断酒の成功率は上がります。
商品名は「レグテクト」として販売されており、日本で発売が始まったのは近年と言えますが、欧州では1989年から米国でも2004年から使用されており、海外における使用実績は長い薬です。
依存症になると、脳の中に報酬系と呼ばれる神経回路に乱れが生じます。
普段は様々な神経伝達物質がバランスを取り合い、嗜好品などを体内に取り入れた際の快楽、その渇望感などを調整していますが、アカンプロサートによって、飲酒欲求に繋がるグルタミン酸の受容体であるところのNMDA受容体の働きを抑えるのです。
副作用としては、最も顕著なのは下痢や軟便です。
投与初期には特にその作用が現れ、しばらく服用を続けることで慣れていきます。
また、アカンプロサートは腎臓で成分をろ過することから、腎障害のある方の服用は出来ません。
「お酒が嫌いになる抗酒薬」も「お酒を飲む気が薄まるアカンプロサート」のどちらも依存症という「脳から生じる大いなる病」に対しては、まだ足りないところがあります。
治療プログラムを受けながら薬を飲むことで、長く治療に当たることが必要です。

口コミ・レビュー

  • しょうきさん (38歳)
    妻に飲むように言われてかいましたが、実際は全然禁酒するつもりはなかったんです。 でも今は全然飲まなくても大丈夫になったので不思議。 薬止めたらまた酒飲むようになるのかな。
  • らんぷさん (51歳)
    最近夫がいつもより飲むようになり心配になっています。 入院するほどでもないんですけど、薬を進めてみようと思います。
  • 圭人さん (32歳)
    自分ではアルコール依存症だなんて思っていないのですが、周りに危ないんじゃないか?と言われて、飲み始めました。毎日お酒飲んでいたし、むしろそのために仕事頑張ろうと思って、帰ってから結構飲んでしまっていたのですが、最近は家に帰ってもお酒飲もうと思わなくなりました。それだけ十分効果ありました。お酒飲まなくなってからは酒代も浮いたし、身体の調子もいいので、運動でも始めようかなと思います。
  • 川西さん (33歳)
    お酒がやめられませんでした。仕事もプライベートも上手くいってなくて、妻とは離婚しました。自分のせいで、離婚したのですが子供に会えないことが1番辛くて、お酒に逃げていました。病院に行ったらアルコール依存症。ただのお酒好きではなくなってしまったのです…。薄々自分でも気づいていましたが、やっと向き合おうと思えました。この薬で今は治療を続けていますが、お酒を飲みたいという欲求がコントロールできつつあります。
  • ダイナソーさん (34歳)
    禁酒に何度もトライしてきたものの、長年の酒癖が抜け切れずついつい飲んでしまいがちに・・・禁酒をしているときの手の振るえがお薬の効果もあってかある程度治まってきました。悩みである禁断症状が原因で禁酒に失敗してしまったのですが、お薬を飲んだ後にお酒のことを意識しなくなりました。というかしないようにコントロールしているのかなぁ・・・何はともあれ漸く自分に合ったものを見つけることが出来てよかった!
  • minoさん (43歳)
    バーボンを毎日1リットル飲む日が続き、生活が壊れていきました。 離婚してから毎日このような生活が続き、お酒を飲むために生きているといった具合です。 このまま死んでいってもいいと思っていましたが、父親の葬式で家族と話し気持ちに変化が出てきました。 人生は1回です。無駄にした時間を取り戻したい気持ちでこの薬を飲んでいます。 以前よりは落ち着いて仕事にも行く事が出来ています。
  • takeshiさん (45歳)
    仕事のストレスから毎日お酒を飲まないと気が済まない状態になっていました。この感じだと恐らくアルコール依存症の一歩手前・・決心してレグテクト・ジェネリックを購入。飲み始めて一ヶ月。飲みたい衝動がだいぶおさまりました。お酒を適量飲むという感覚を思い出し、妻と一緒に晩酌を楽しんでいます。購入して良かった!
  • ルマンドさん (50歳)
    最近ニュースで芸能人のお酒の失態をよく目にするようになり、私も飲むと記憶が曖昧だったり、他人に迷惑をかけているのかもしれません。 40代の頃に断酒を誓ったのですが、最近ではあの時のことはなかったことになってしまっているので改めて禁酒を始めようと思います。
  • ガンダムさん (27歳)
    しばらくこの薬を飲んでいたのですがいつしか服用を止めても全然酒飲まなくて平気になりましたね。 結果的に体調もよくなったしすごくよかったと思います。
  • 村田さん (40歳)
    お酒が大好きで、毎晩飲んでいます。飲まないと眠れません。親しい友人からお酒の飲みすぎだと指摘があり、自覚があったので、お酒を飲む回数を減らそうとしたのですが、眠れなくなったり、落ち着かないなどの症状があり、どうしてもお酒に頼ってしまっていました。さすがに会社にアルコール依存症だとばれたくないので、通院はできません。通販でアルコール依存の改善薬があると小耳に挟んだので、通販で購入して使っています。早く断酒できるといいです。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ