てんかん・ADHD

てんかんとは、脳の慢性的な疾患で神経細胞「ニューロン」の興奮により発作を繰り返します。てんかん症候群には30種類もあり、患者数は人口の0.1%も存在し、幼児から高齢者まで幅広い世代に見られる病気です。

売れ筋ランキング

てんかん・ADHDの商品一覧

  • エクセグラン・ジェネリック

    エクセグラン・ジェネリック

    エクセグランジェネリックは、てんかんの治療薬で有効成分はゾニサミドです。 てんかん発作の部分、全般共に効果を発揮し、発作を抑制する働きがあります。 近年は、臨床試験によりパーキンソン病の手足の震えに効果が認められ、新たなパーキンソン治療薬として承認されたお薬です。 臨床試験では、レボドパとの併用により運動機能の改善、日常の動作改善が確認されています。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トピナ・ジェネリック

    トピナ・ジェネリック

    トピナジェネリックの有効成分トピラマートは、部分発作に利用される抗てんかん薬です。 脳神経内で信号を通過させるカルシウムチャネルとナトリウムチャネルを遮断し、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸受容体の機能を抑制し、興奮の伝達を防ぎます。 また、脳の神経組織に存在する炭酸脱水酵素の働きを阻害し、てんかん発作の原因である脳からの電気信号の過剰な発信自体を抑えます。 鎮静作用を持つGABAの受容体を活発にする効果があり、興奮を抑えると同時に鎮静を促す効果によって、てんかん発作を抑えます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラミクタール・ジェネリック

    ラミクタール・ジェネリック

    ラミトールとは、トレントファーマ社が開発した抗てんかんの医薬品です。 また、うつ病の再発予防として使用することも出来ます。 ラミクタールジェネリックは、双極性障害(うつ病+気分的障害)治療にも服用され、感情の浮き沈みを抑制、躁うつの再発にも効果があります。 精神科関連の薬を服用される方で、ごくたまにてんかん発作が起きる方もいます。 てんかん発作とうつの双方でお悩みのかたは、是非お試し下さい。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠34円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テグレトール・ジェネリック

    テグレトール・ジェネリック

    テグレトール・ジェネリックは、脳神経に作用することで、てんかんの発作を抑える抗てんかん薬です。 テグレトールの有効成分カルバマゼピンは、ナトリウムチャネルの遮断をすることで、脳神経に興奮が伝わるのを抑え、てんかんの発作を鎮めます。 また、テグレトールは脳神経の興奮を抑えることで、躁病、躁うつ病(双極性障害)の躁状態に対しての改善効果が認められています。 他にも、三叉神経に痛覚の信号が走るのを遮断することで三叉神経痛を改善する効果があります。
    製造:Myfarma ilac San

    もっと見る

    1錠68円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラミクタール

    ラミクタール

    ラミクタールとは、GSKファーマ社が開発した抗てんかん剤です。 てんかん以外に双極性障害を改善する気分安定医薬品でもあります。 気分の浮き沈みを穏やかにしてくれる作用があり、躁うつ病・統合失調症・神経症に効く気分安定医薬品は、ラミクタールだけです。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガバペン

    ガバペン

    ガバペンの有効成分ガバペンチンは、部分発作に作用する抗てんかん薬です。 てんかんは、脳神経の興奮によって電気信号が過剰に送られてしまう「てんかん放電」によって、身体の痙攣や意識障害を起こす病気で、部分発作と全般発作に分けられます。 有効成分であるガバペンチンは、興奮性の脳内神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑えると同時に、GABAという鎮静の効果を持つ神経伝達物質の働きを活性化させます。 つまり脳の興奮を抑え、鎮静を促すことによっててんかんの発作を防ぎます。
    製造:Knoll Healthcare

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ストラテラ・ジェネリック

    ストラテラ・ジェネリック

    ストラテラ・ジェネリックの有効成分アトモキセチン塩酸塩が、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、減少を防ぐことで注意力や集中力を高め、注意欠如や多動性障害(ADHD)の症状を改善します。 中枢神経に作用する薬ですが、比較的副作用が少ないことも特徴です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イーケプラ

    イーケプラ

    イーケプラはてんかんによる部分発作を予防する抗てんかん薬で、ピロリドン誘導体の新しい作用機序を持った薬です。 てんかん発作の予防において、素早い効果を発揮する点や、他の抗てんかん薬とは薬理が異なるために併用することが可能な点が特徴です。 イーケプラの有効成分レベチラセタムは、脳内神経伝達物質の放出を調整する部分に作用し、さらに神経内で電気信号の通過に関係する膜であるカルシウムチャネルを遮断することで、てんかんによる発作を予防します。
    製造:UCB Pharma

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガバペン・ジェネリック

    ガバペン・ジェネリック

    ガバペンジェネリックは、てんかんの発作を予防する薬で、抗てんかん薬の中では比較的新しい薬となり、現在では多くの国で使用されています。 有効成分であるガバペンチンは、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑制する効果があり、同時に鎮静の効果を持つ神経伝達物質であるGABA(GammaAminoButyricAcid)というアミノ酸の働きを活発にさせ、てんかんの発作を防ぎます。
    製造:Biofarma

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビムパット・ジェネリック

    ビムパット・ジェネリック

    ビムパット・ジェネリックの有効成分であるラコサミドは、部分発作に改善効果がある抗てんかん薬です。 脳神経の電気信号の発信に関係しているナトリウムチャネルに作用することで、必要以上の電気信号の発信を防ぎ、てんかんの部分発作による症状を改善します。 他の抗てんかん薬とは異なった薬理を持っているために、他の抗てんかん薬との併用が可能で発作を更に大きく改善することが出来ます。 てんかんの原因は未だにはっきりと解明されておらず、薬物によって症状を抑える治療が主流になっています。
    製造:Adeka Pharma

    もっと見る

    1錠100円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ストラテラ

    ストラテラ

    ADHDは、精神的な発達障害や行動障害の一種で、第一選択薬に利用される投薬がストラテラのアトモキセチン塩酸塩となります。 落ち着きがなかったり、衝動的、突発的な行動や言動、物忘れや無くし物などが具体的な症状となります。 ストラテラは、脳内で分泌されたノルアドレナリンを再取り込みするノルアドレナリントランスポーターというタンパク質の働きを阻害することで、ノルアドレナリンの量を安定させ、集中力や注意力の低下を防ぎADHDの症状を改善させます。
    製造:イーライリリー

    もっと見る

    1錠254円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアモックス・ジェネリック

    ダイアモックス・ジェネリック

    ダイアモックスは、有効成分アセタゾラミドが体内の炭酸脱水酵素を阻害して余分な水分を排出することで、緑内障やてんかん発作を始めとする様々な症状を改善する薬です。 呼吸性アシドーシス、月経前緊張症、メニエル症候群、睡眠時無呼吸症候群などを改善する効果もあります。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピルカッター

    ピルカッター

    ピルカッターとは、薬剤量の多い錠剤をカットするために利用する錠剤カッターです。ピルケースとしても利用できます。
    1個880円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


てんかん・ADHD

てんかんとは

てんかんとは、慢性的な脳の疾患のことで、様々な成因によって起こり得るものです。
大脳における神経細胞「ニューロン」に激しい電気的興奮(ニューロンの過剰な発射)により発作を繰り返します。
脳は情報の伝達と処理をニューロンの働きによって担います。
大脳のニューロンは本来、規則正しく調和を取りつつ、電気的な働きをしています。
このバランスが突如として崩れ、激しい乱調によって生み出されるのが、てんかん発作です。
また、てんかん発作は繰り返し起きるため、1回の発作で「てんかんである」という判断は出来ません。
てんかんは子供から大人まで、全ての世代にとって起こりうる病気です。
100人に1人の割合で患者が存在すると言われ、30種類ものてんかん症候群に分類されています。
薬を飲まずに自然治癒するてんかんから、薬の服用が数年続くもの、更には薬を飲んでも治ることが困難な「難治てんかん」も存在します。
大脳の働きは様々な組み合わせによるため、てんかんの症状もまた様々ではありますが、患者1人における発作の症状は、ほぼ同じと言って良く変わる事は殆どありません。

てんかんの原因

てんかんの原因は人によって多岐に渡りますが、てんかんの種類は大きく分けると以下の2つとなります。

①症候性てんかん
症候性てんかんは脳の傷や損傷など、生まれた際の脳ダメージによって起こるてんかんです。
生まれる際に仮死状態や低酸素である、脳炎や脳出血を伴う状況で生まれてくることなどが主な原因となります。
発病年齢が早い病気とされ、新生児期もしくは乳児期に発病するケースが多くなっております。
発作の回数が多く、発病前から神経症状や精神の遅滞(人とのコミュニケーション、意思伝達、自己管理といった生活に必要な部分の制限です)が見られます。
「ウエスト症候群」「レノックス・ガストー症候群」「ミオクロニー失立発作てんかん」と呼ばれているものです。
症候性てんかんの発症は、8割が18歳未満とされていますが、近年では成人後、さらには65歳を超える高齢になってから発症する割合も増えてきています。
これらの原因は、乳児期の脳の損傷と同じように、脳卒中やアルツハイマー型認知症など、脳の神経細胞に損傷を受けることで発症に至ると言われています。

②特発性てんかん
主に小児期から若年期といった時期に起こるてんかんです。
25歳以上になってからの発症は、とても少ないと言われています。
神経症状が特に存在せず、突発的に意識を失うケースが多いものです。
左右の脳から生じる脳波に同じ帯域の異常が同時に現れるなどの特徴があります。
すなわち、脳の深部に位置する意識覚醒の部分に電気的異常が起こり、呼吸が止まるなどの現象が起こるのです。
その原因は今をもって不明とされており、MRIやCTスキャンなどによって脳を検査しても異常は見つかりません。
現時点で解っていることは「起こり易さ」に遺伝的な要因があると考えられています。
一定の年齢で発作が起こり始め、ある程度の年齢になるとだんだんと発作の数が減り、やがて止まっていくケースが多いとされています。
重要なのは「発作の起こり易さが遺伝に関わりがある」という部分であり、てんかんそのものが遺伝するということではないということです。

てんかんの症状

てんかんの症状もまた特発性てんかんと症候性てんかんとで分けられます。
症候性部分てんかんは、原因となる脳の損傷部位によって、その症状の現れ方が異なります。
広範囲に及ぶ前頭葉が原因となる「前頭葉てんかん」では、自転車こぎのような足の動き、突然走り出す、眼や顔がねじれるという運動系の発作が特徴です。
発作中に意識が保たれている場合と短い間意識を失う「短時間消失」の場合とがあります。
心因性による発作や本人の遺志で、わざと発作があるようにふるまう「偽発作」と呼ばれる状態との違いを知る必要があり、注意が必要です。
「側頭葉てんかん」では、意識が止まり、一点を凝視し、中空のものを掴もうとする発作の動きを見せます。
成人のてんかんで最も多く見られる症状で、本人に自覚が全くなく、無意識化で動作が観られる「自動症」が最大の特徴です。
また、意識が無いまま歩き周るという症状も観られます。
視覚に発作が起こるの「後頭葉てんかん」では、視界に1つまたは複数の光が見えたり、視界の一部が欠ける、眼に見えるものが歪むといった発作の症状が挙げられます。
発作中においては本人の意識は明快で、発作の後もその時の事をよく覚えています。
視覚発作に続いて頭痛、嘔吐といった特徴があります。
最も少ないてんかんと呼ばれている「頭頂葉てんかん」では、しびれ、痛みといった知覚症状が起こるのが特徴です。
対して「特発性てんかん」の症状は、新生児期にのみ症状が出る家族性けいれん発作や欠神発作という突如として意識がなくなる発作があります。
その際に姿勢が崩れる、倒れるということはありません。
会話の途中で突如として動きが止まり、眼は一点を凝視しながら、1秒に3回ほどの瞬きをするというものです。
この状態が数秒から1分間ほど続き、元に戻ります。
他の症状としては、全身のけいれん、手足のつっぱり、顔色がチアノーゼ(赤紫色)となり、眼は見開かれたまま白目をむくように眼球が上向き、全身の筋肉が萎縮されます。
これらの発作は短時間で自然と治まりますが、その後は意識がおぼろげになり、会話などはしばらく不可能になります。

てんかんの治療方法

てんかんは慢性疾患であり、治療には長い期間が必要となります。
その中で主だった治療方法は、抗てんかん薬による薬物療法です。
抗てんかん薬とは、てんかんの主だった原因である「脳への電気信号の伝達過多」「脳神経細胞の異常興奮」を抑える成分が入ったものです。
最小量の単位から服用し、単剤(1種類の薬)の服用で効果が観られなかった場合には、徐々に量を増やすか?他の薬物に変更するなど、合わせて使う(多剤服用)などの選択があります。
薬もてんかんの種類によって薬効成分も異なりますので、正しい情報を入れる必要があります。

抗てんかん薬の種類

1:バルプロ酸ナトリウム
てんかんの治療薬として第一に選択されるのは、バルプロ酸ナトリウムです。
欠神発作については、こちらの薬で十分な治療が可能と言われています。
1975年に発売された「デパケン」という薬が最初となっていますが、今日では「バルプロ酸ナトリウム」として、ジェネリック医薬品も数多く販売されています。
バルプロ酸ナトリウムは多くの作用を持ち、精神科の医師は気分を安定させる薬として処方をしてきました。
世に言う「気分安定薬」というもので、主に「躁うつ病」と呼ばれる双極性障害の患者に対して処方されていました。
過度の気分の高揚を抑え、また気持ちが落ち込んでしまうことをフォローするといった激しい気持ちの波のバランスを保つ薬です。
バルプロ酸ナトリウムは、まずGABAと言われる気持ちのリラックスに繋がる神経物質の働きを上昇させます。
グルタミン酸をGABAに変換させるGAD酵素を活発にさせるので、GABAの合成が促進されるのです。
加えて、GABAを分解してしまう酵素「GABAトランスアミナーゼ」の働きを阻害する作用もありますので、GABAの高濃度を維持することが可能となります。
またナトリウムチャネル、カルシウムチャネルという神経細胞の働きを抑える作用により、神経細胞にナトリウムやカルシウムが入ることで起こる細胞の興奮を抑えることが出来るのです。

2:ラモトリギン
全般的な発作において選ばれる薬が、ラモトリギンと呼ばれる薬です。
ラミクタールの名称で発売されています。
この薬が適応されるのが部分発作の内、大発作と呼ばれる強直間代発作、レノックス・ガストー症候群における全般発作などです。
神経細胞のナトリウムチャネルの働きを抑え、神経の過度の興奮を防ぎます。
加えて、興奮の元となる物質グルタミン酸の発生を抑える効果があります。
他の抗てんかん薬では、十分な効果が認められない場合などに併用療法で使われることが多い薬です。
抗てんかん薬を初めとする脳神経に働きかける薬全般に言えることですが、用量はしっかりと守る必要があります。
併用ということは、飲む薬の量が単純に増えることです。
薬への反応には個人差がありますが、薬が開発されてから長い年月を経て「人が許容できる範囲」というのは解って来ています。
不適切な投与が危険に繋がるという認識は特に脳に作用するお薬で持っておきたいものです。
医師の相談などを受けて使用する薬、その量を計って行かなければなりません。

ADHDとは

ADHDとは、幼児期や大人期で分かれることが多い疾患ですが、イメージとしては小学校低学年の子供が授業中ジッとして居られない症状です。
人の話を聞けない(家族や特定の人も含め)1つの事に集中して時間を見れない、順番待ちが出来ず突発的な行動をするなど生活に支障を来すレベルで行ってしまう全般的な注意欠如、突発的な行動のことを指します。
ただしADHDは、てんかんと異なり薬での完治が難しく、成人するとカウンセリングや本人のトレーニング次第でもあると言われています。
以前まで別々の治療が多かったADHDですが、2015年以降はてんかん患者の内、5人に1人はADHDを発症し、逆もまた同様であるという臨床結果が発表されました。
これら2つの病気は、相関性が高く治療薬も同様に効果がある可能性が高いと言われています。

ADHDの原因

ADHDの原因は、脳の先天的機能異常が有力だとされます。
脳の前頭野の行動を司る神経系にドーパミン・ノンアルドレナリンという緊張・興奮を伝える神経伝達物質が過剰に取り込んでしまい異常を起こしていることで、物事の整理や優先順位に自制が働かず偏りが出てしまうとされます。
また成人後に発症するのは発達障害、すなわち先天的にいくつか要因はあったけど、学生までの環境下では発症に至らなかったことが理由です。
社会人になって急に注意力が落ちたりミスが多発するのは、慣れない環境や緊張下の中で先天的な要因が合わさり発症するためとされます。
そのため昔から言われていた親のしつけは、心身的トラウマ以外に神経系に範囲は及ばないので、ADHDの症状とは全く関係が無いことが明らかにされています。

ADHDの症状

ADHDの症状は衝動性・多動性・注意欠如の3つに分かれます。
例えば7歳以後の子供の場合、急に道路に飛び出す(衝動性)、順番待ちが出来ず騒いでしまう(多動性)、両親のスマホや財布を知らない所に置いて来てしまう(注意欠如)等が上げられます。
周囲の大人がしっかり見張っていれば何とか防げますが、大人になってからの症状の場合は更に重くなります。
・仕事で同じミスを3回も4回も繰り返してしまう。(注意欠如)
・思ったことを口にしてしまい、会話のキャッチボールが上手く出来ない(衝動性)
・口座残高を全く確認せずカードで衝動買いをしてしまう(衝動性)
・電車や映画館など、人が多い場所で絶えず貧乏揺すりやキョロキョロしてしまう(多動性)
周りに迷惑をかける以上に本人が無意識にこういった行動をとってしまうのがADHDの難しいところです。
また少なからず本人に生活能力や社会適応する意思はあるため、下手に親御さんやパートナーに干渉されると「自尊心が傷つけられた」とかえって逆上してしまいます。
音信不通や放浪癖を突然起こすこともありますので、関わり方や治療がとても難しい症状とされています。

ADHDの治療方法

ADHDの治療に際しては、まず本人にとって不利な環境を解消するところから始めます。
ADHD患者の方は日常的な生活に支障がある反面、ある分野においてトップレベルの技能やアイデアを生み出すことが得意な点が評価されています。
例えばAppleの創始者スティーブ・ジョブスや日本人でも有名なバンドマン、坂本竜馬等はADHDの可能性が高かったとされています。
そのため自分に向いた環境下で作業や仕事を行うことで、本人も気付かない隠れた実力が発揮されると言えます。
頑張って無理に適応しようとするのではなく、自分に向いた環境を探したり調整することが、第一優先だとされています。
どうしても環境を変えられずに症状が深刻化する場合は、薬による支援が必要となります。
ADHDの治療薬は、途中で辞めると副作用がゴムのように跳ね返って大きく出てしまうので、必ず継続と医師との相談が必要となります。
使用する場合は近隣の病院で診断を受けてから服用を開始するのがおすすめです。

ADHD薬の種類

・ストラテラ
大手製薬イーライリリーより製造販売されるADHDの対症療法(症状を抑える)薬です。
ストラテラは、アトモキセチン塩酸塩という有効成分がノルアドレナリン物質の量を安定させ、集中力を働かせてくれる作用があります。
また過度の不安や緊張なども抑えるので、外出時の発作への不安や緊張を緩和するようにも働いてくれるとされます。
国内で承認を受け依存度も少ないとされていますが6歳未満のお子さんには安全性・有効性ともに確認されていません。

・コンサータ
ADHDの治療薬として使われる対症療法薬です。
含有成分メチルフェニデート塩酸塩は、国内で最初に承認を受けた成分で、効能はストラテラと同様となります。
ただし現在ではある一定基準を受けた医療機関で診断を受けないと服用出来なくなった治療薬となります。
これらの薬は対症療法薬(症状を抑える薬)になるため、厳密にはADHDを完治することは難しいとされています。
自分にあった環境と合わせて服用し続けることで、日常的に症状を抑えられることが出来ます。

口コミ・レビュー

  • さん (36歳)
    双極性障害と診断され、ラミクタールを使っています。最初飲んだときは吐き気を感じましたが、今は体が慣れたのか全く感じません。双極性障害の症状も改善されてきて、だんだんと普通の生活に戻りつつあります(涙)
  • 半分マンさん (26歳)
    もともとはてんかんの治療薬だそうですが、私は抗うつ薬として飲んでいます。飲み始めてからはイライラすることが減って、気分も落ち着いてかなり楽になりました。100mgをピルカッターで半分に割って飲むとお得です。
  • 加藤さん (34歳)
    副作用で眠気を感じるので、寝る前に飲むようにしてます。眠気以外の副作用はとくに気になりません。気分の浮き沈みが激しかったけど、最近は落ち着いている気がします。周りに迷惑かける事が多いから飲み忘れないように気をつけてます。
  • ice tekさん (21歳)
    不眠症から始まり最近は外にも出ず引きこもり気味でうつ病になりかけでした。これではまずいと思い、こちらを使ってみた所効果があったのでよかったです。
  • ヨッティーさん (35歳)
    少しでもADHDの症状を抑えるために、服用しています。 仕事中は症状を抑える事ができます。 服用しているしてないでは全然違います。 値段も非常に安いし、手軽に通販を利用して購入できるので、 病院に行く手間を省けて助かります。 今度とも利用させて貰います。 宜しくお願いします。
  • モウモウさん (48歳)
    てんかん持ちには有難いお薬です。 突然の発生で周囲の人に迷惑を掛ける事が多く、 この薬で発作を予防する事ができてとても満足しています。 確かに併用はしていますが、本当にあると安心な薬だと思います。
  • タロウさん (64歳)
    少しでもパーキンソン病の進行を抑えるために、購入して服用させて貰っています。 服用している間は、症状が全く出なく、抑える事ができるので、嬉しい限りです。 歳も歳なので、病院に行くまでがしんどいです。 少しでも楽にと思い、通販を利用させて貰っています。 この薬がある事で、明日も明後日も毎日楽しく過ごせる気がします、 これからも愛用させて貰います。
  • ひつまぶしさん (37歳)
    うつ症状の緩和に使っています。夜に特に強くなるので、夜にラミクタールを使っています。最初は軽い吐き気がありましたが、水をいつもより多めに飲んでたら無くなった気がします。1日1回飲むのが楽でいいと思います。
  • かんさん (26歳)
    数年前までうつ病だったので予防薬としてラミクタール・ジェネリックを服用しています。うつ病が治ってからは精神状態も安定しているので、気分が沈んだりすることはないのですがラミクタール・ジェネリックを服用すると落ち着きます。
  • たかおさん (33歳)
    仕事での精神的なストレスや疲れが溜まるとよく発作を起こしていたのですが、ビムパット・ジェネリックを飲むようになってから発作の割合が減りました。以前は月に4~5回はあったのですが、2~3回程度に治まっているので外来に行く機会も減りました。もうしばらく様子をみます。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ