うつ病

更新日:
うつ病とは、強いうつ状態が長期間続いてしまい通常の生活が送れなくなってしまう病気です。原因は様々で仕事のストレスや妊娠、出産などの環境変化などが挙げられます。早期発見が大切で薬の種類も多数あります。

売れ筋ランキング

うつ病の商品一覧

  • ジェイゾロフト

    ジェイゾロフト

    特徴 ジェイゾロフトはファイザー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているジェイゾロフトは、ファイザー社が製造・販売している正規品です効果 ジェイゾロフトの主成分である塩酸セルトラリンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては25mg/50mg/100mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルボックス・ジェネリック

    ルボックス・ジェネリック

    特徴 ファベリンはアボット社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ルボックスのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ファベリンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、100mgが購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル・ジェネリック

    パキシル・ジェネリック

    特徴 パロキセチンはザイダスカディラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 パキシルのジェネリック医薬品です。 効果 パロキセチンの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリプタノール・ジェネリック

    トリプタノール・ジェネリック

    特徴 アローはアクタビス社が開発した、うつ病や夜尿症の治療薬です。 日本でも処方されているトリプタノールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 アローの主成分であるアミトリプチリンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 また、夜尿症の治療にも用いられます。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、循環器障害、精神神経障害、発疹、蕁麻疹、肝臓機能障害、消化器障害、泌尿器障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/25mg/50mgが購入可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サインバルタ・ジェネリック

    サインバルタ・ジェネリック

    特徴 デュゼラはサンファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 サインバルタのジェネリック医薬品で黄色と茶色のカプセルが特徴です。 効果 デュゼラの主成分であるデュロキセチン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。 神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。 意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。 副作用 主な副作用は、倦怠感、頭痛、動悸、耳鳴、排尿困難、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/30mg/40mg/60mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠44円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レクサプロ・ジェネリック

    レクサプロ・ジェネリック

    特徴 エスシタデップはシプラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 エスシタデップの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、5mg/10mg/20mgの購入が可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トフラニール

    トフラニール

    特徴 トフラニールはAssos社が開発した世界初の抗うつ剤や遺尿症の治療薬で、薄ピンク色の丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているトフラニールは、Assos社が製造・販売している正規品です。 効果 トフラニールの主成分であるイミプラミンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 また、尿が出にくくなる効果があることから、遺尿症の治療にも用いられます。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、循環器障害、精神神経障害、抗コリン作用、発疹、肝臓機能障害、消化器障害、けん怠感、脱力感、頭痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては10mg/25mgが処方されています。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:Assos

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロザック・ジェネリック

    プロザック・ジェネリック

    特徴 オキセチンはPharmaland社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 プロザックのジェネリック医薬品で、緑色のカプセルが特徴です。 効果 オキセチンの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mgが購入可能です。
    製造:Pharmaland

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジプレキサ・ジェネリック

    ジプレキサ・ジェネリック

    特徴 オリザはインタスファーマ社が開発した、抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐剤です。 ジプレキサのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 オリザの主成分であるオランザピンは、神経伝達物質のセロトニンおよびドパミン受容体に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑え神経伝達を正常に戻す効果があります。 副作用 主な副作用には、傾眠、不眠、めまい、アカシジア、便秘などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキサン・ジェネリック

    アモキサン・ジェネリック

    特徴 デピロックスはConsern Pharma社が開発したうつ病の治療薬です。 日本でも処方されているアモキサンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 デピロックスの主成分であるアモキサピンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、精神神経障害、精神神経系障害、抗コリン作用、発疹、紅斑、消化器障害、めまい、けん怠感、脱力感などがあげられます。 従来の三環系の抗うつ剤よりも副作用が少ない薬です。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mg/100mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠29円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イフェクサー・ジェネリック

    イフェクサー・ジェネリック

    特徴 ベンラ―XRはシプラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 イフェクサーのジェネリック医薬品で黄色のカプセルが特徴です。 効果 ベンラ―XRの主成分であるベンラファキシン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。 神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。 意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。 副作用 主な副作用は、傾眠、悪心、動悸、肝機能検査値異常、γ-GTPの上昇、排尿困難、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは75mg/150mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トレドミン・ジェネリック

    トレドミン・ジェネリック

    特徴 ミルネースはトレントファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 トレドミンのジェネリック医薬品でピンク色の錠剤が特徴です。 効果 ミルネースの主成分であるミルナシプラン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。 神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。 意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。 副作用 主な副作用は、頻脈、めまい、発疹、口渇、γ-GTPの上昇、頻尿、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mg/50mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠25円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テグレトール・ジェネリック

    テグレトール・ジェネリック

    特徴 カラゼピンはMyfarma ilac San社が開発した抗てんかん薬です。 日本でも処方されているテグレトールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 カラゼピンの主成分であるカルバマゼピンは、てんかん発作を抑える働きがあります。 また、てんかんに伴う精神症状、躁うつ病、統合失調症による興奮状態、三叉神経痛の治療にも用いられます。 副作用 主な副作用は、血管炎、血管浮腫、皮膚障害、血液障害、腎臓障害、精神神経障害、消化器障害、内分泌障害、代謝障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:Myfarma ilac San

    もっと見る

    1錠68円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レメロン・ジェネリック

    レメロン・ジェネリック

    特徴 レデプラはMustafa Nevzat社が開発した、うつ病の治療薬です。 日本でも処方されているレメロンのジェネリック医薬品で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 レデプラの主成分であるミルタザピンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 NaSSAと呼ばれる新しいタイプの抗うつ剤で、強力な効果と即効性がある薬です。 副作用 主な副作用は、体重増加、けん怠感、胸痛、疲労、精神神経障害、消化器障害、循環器障害、血液障害、肝臓機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは15mg/30mgが購入可能です。
    製造:Mustafa Nevzat

    もっと見る

    1錠86円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シタロプラム(レクサプロ)

    シタロプラム(レクサプロ)

    特徴 シタロプラムはアクタビス社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品です。 効果 シタロプラムの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、20mg/40mgの購入が可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イフェクサーXR

    イフェクサーXR

    特徴 イフェクサーXRはファイザー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で白いカプセルが特徴です。 当サイトが取り扱っているイフェクサーXRは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 イフェクサーXRの主成分であるベンラファキシン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。 神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。 意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。 副作用 主な副作用は、傾眠、悪心、動悸、肝機能検査値異常、γ-GTPの上昇、排尿困難、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内において、37.5mg/75mgが処方されています。 当サイトでは75mg/150mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠118円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デジレル・ジェネリック

    デジレル・ジェネリック

    特徴 トラザロンはサンファーマ社が開発した、うつ病の治療薬です。 日本でも処方されているデジレルのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。 効果 トラザロンの主成分であるトラゾドンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 鎮静系抗うつ剤と呼ばれるタイプで、抗うつ効果は弱いですが眠気をもたらし、睡眠薬としても扱われます。 副作用 主な副作用は、低血圧、動悸、眠気、めまい、頭痛、発疹、貧血、消化器障害、けん怠感、脱力感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠38円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルティマ(ゾロフト)

    セルティマ(ゾロフト)

    特徴 セルティマはインタスファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ジェイゾロフトのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 セルティマの主成分である塩酸セルトラリンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mg/50mg/100mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コントミン・ジェネリック

    コントミン・ジェネリック

    特徴 クロルプロマジンはDD Pharma社が開発した、精神神経安定剤です。 コントミンのジェネリック医薬品で、薄いピンク色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 クロルプロマジンの主成分であるクロルプロマジン塩酸塩は、過剰なドパミンの分泌を抑え、神経の高ぶりや緊張を緩和する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、血圧降下、頻脈、食欲不振、悪心、嘔吐などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:DD Pharma

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルニル(プロザック)

    フルニル(プロザック)

    特徴 フルニルはインタスファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 プロザックのジェネリック医薬品で、緑色のカプセル型が特徴です。 効果 フルニルの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/20mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サインバルタ

    サインバルタ

    特徴 サインバルタはイーライリリー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 青色と白色のカプセル錠が特徴です。 効果 サインバルタの主成分であるデュロキセチン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。 神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。 意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。 副作用 主な副作用は、倦怠感、頭痛、動悸、耳鳴、排尿困難、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは30mg/60mgが購入可能です。
    製造:イーライリリー

    もっと見る

    1錠144円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エスシタロプラム

    エスシタロプラム

    特徴 Citolesはアブディイブラヒム社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 レクサプロのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 Citolesの主成分であるエスシタロプラムシュウ酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、動悸、口喝、排尿障害、耳鳴りなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、10mg/20mgの購入が可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠73円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レクサプロ

    レクサプロ

    レクサプロは、第3世代の抗うつ薬です。 主成分のエスシタロプラムは、うつ病・対人恐怖症・パニック障害による精神的不安に用いられています。 医療現場で使用しているお薬ですので、安心・安全にお使い頂けます。
    製造:ルンドベック

    もっと見る

    1錠289円~
    売切れ
    詳細を見る
  • フルボキサミン(ルボックス)

    フルボキサミン(ルボックス)

    特徴 フルボキサミンはアッヴィ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。 ルボックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 フルボキサミンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは、50mgが購入可能です。
    製造:アッヴィ

    もっと見る

    195円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロザック

    プロザック

    特徴 プロザックはイーライリリー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているプロザックは、イーライリリー社が製造・販売している正規品です効果 プロザックの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mgが購入可能です。
    製造:イーライリリー

    もっと見る

    1錠138円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール・ジェネリック

    アナフラニール・ジェネリック

    特徴 クロフラニルはConsern Pharma社が開発した、うつ病や遺尿症の治療薬です。 日本でも処方されているアナフラニールのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。 効果 クロフラニルの主成分であるクロミプラミンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 また、尿が出にくくなる効果があることから、遺尿症の治療にも用いられます。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、循環器障害、抗コリン作用、精神神経障害、発疹、肝臓機能障害、血液障害、消化器障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/25mg/50mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル

    パキシル

    特徴 パキシルはGSKファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているパキシルは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 パキシルの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。 脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。 副作用 主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。 当サイトでは、20mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠144円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セディール

    セディール

    特徴 セディールは、大日本住友製薬社が開発した、依存症の心配が少ない抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトで取り扱っているセディールは、大日本住友製薬社が製造・販売している正規品です。 効果 セディールの主成分であるタンドスピロンがセロトニン受容体(5-HT1A)に作用し、心身症からくる不安な気持ちや緊張などの症状を改善、その他、自律神経失調症、神経症などに効果があります。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、倦怠感、認知機能低下、肝機能障害、食欲不振などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:大日本住友製薬

    もっと見る

    1錠139円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピルカッター

    ピルカッター

    ピルカッターとは、薬剤量の多い錠剤をカットするために利用する錠剤カッターです。ピルケースとしても利用できます。
    1個880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール

    アナフラニール

    特徴 アナフラニールはノバルティスファーマ社が開発した、うつ病や遺尿症の治療薬で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているアナフラニールは、ノバルティスファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 アナフラニールの主成分であるクロミプラミンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 また、尿が出にくくなる効果があることから、遺尿症の治療にも用いられます。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、循環器障害、抗コリン作用、精神神経障害、発疹、肝臓機能障害、血液障害、消化器障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては10mg/25mgが処方されています。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠56円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クロフラニール

    クロフラニール

    特徴 クロフラニールはSun Pharm社が開発した、うつ病や遺尿症の治療薬です。 日本でも処方されているアナフラニールのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 クロフラニールの主成分であるクロミプラミンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。 また、尿が出にくくなる効果があることから、遺尿症の治療にも用いられます。 三環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。 副作用 主な副作用は、循環器障害、抗コリン作用、精神神経障害、発疹、肝臓機能障害、血液障害、消化器障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/25mg/50mgが購入可能です。
    製造:Sun Pharm

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エチラーム(デパス)

    エチラーム(デパス)

    特徴 エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。 効果 エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.5mg/1mgの2種類が購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチゾラム錠

    エチゾラム錠

    特徴 エチゾラム錠は、日医工が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。 効果 エチゾラム錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。 当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:日医工

    もっと見る

    1錠80円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム舌下錠(デパス)

    エチラーム舌下錠(デパス)

    特徴 エチラーム舌下錠は、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。 世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品で、舌の下で服用する舌下錠となっており、即効性に優れています。 効果 エチラーム舌下錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    売切れ
    詳細を見る
  • デパス

    デパス

    特徴 デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているデパスは、田辺三菱製薬が製造・販売している正規品です。 効果 デパスの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。 その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。 効果の持続時間は6時間です。 副作用 主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。 当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:田辺三菱製薬

    もっと見る

    1錠95円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


うつ病

うつ病の診断

※Javascriptが無効の状態です。
現在は Javascript が使用できない状態です。
無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。
恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

うつ病診断チェック

あなたにうつ病の傾向がないか、
現在の症状から無料で診断します。
全21問で2分程度で診断できます。

スタート »

※うつ病診断は、こころナビより利用させて頂いております。

  • 気分についてお答えください

    • とても辛く、不幸で耐えられそうにない

    • いつも辛いなど、マイナスの感情から逃れられない

    • 特に気分に変わりはない

    • 気分が上がらない

  • 将来についてお答えください

    • 将来を悲観的に考えていない

    • 将来に希望はない

    • 将来は暗く、良くなる光も見えない

    • 将来を悲観視している

  • 人生についてお答えください

    • 今までの人生、全て失敗だと思う

    • 他の人よりも失敗が多かったと思う

    • そこまで失敗ではないと思う

    • 特に失敗とは思わない

  • 日常についてお答えください

    • 全てが不服で不満でうんざりする

    • 今までと同じで満足している

    • 今までのように楽しむことができなくなった

    • 満足をすることができなくなった

  • 罪悪感、罪の意識についてお答えください

    • 感じたことがない

    • ときどき感じる

    • 常に感じている

    • 悪いと感じるが気にしないようにしている

  • 罰についてお答えください

    • 今、受けていると感じる

    • 受けるとは思わない

    • 受けるかもしれない

    • 与えてほしい

  • 自分自身についてお答えください

    • 嫌い

    • うんざりしている

    • 失望していない

    • 失望している

  • 自尊感情についてお答えください

    • いつも失敗に対して自分を責める

    • 他の人より劣っているとは思わない

    • 欠点や誤りに対して批判的である

    • マイナスな事があると自分が原因だと責める

  • 希死念慮についてお答えください

    • 自殺や傷つけようとは全く思わない

    • 機会、チャンスがあれば自殺するつもりである

    • 自殺したいと思う

    • 死にたいと思うが、自殺をしようとは思わない

  • 泣くことについてお答えください

    • 常に泣いている

    • 以前は泣くことができたが、今は泣きたくても泣けない

    • いつも以上に泣くことはない

    • 以前よりも泣く

  • 焦燥感についてお答えください

    • たまにイライラしている

    • イライラしていない

    • 現在、たえずイライラしている

    • しょっちゅうイライラしている

  • 他人への関心についてお答えください

    • 関心を全く失った

    • 関心をほとんど失った

    • 関心を失っていない

    • 以前よりも興味・関心がなくなった

  • 判断力についてお答えください

    • もはや全く決断することができない

    • 以前と同じように決断することができる

    • 以前より決断をのばしがち

    • 以前より決断をするのが難しい

  • 容姿についてお答えください

    • 以前より醜いとは思わない

    • 醜いにきまっている

    • 老けて見えていないか、魅力がないのではないか心配になる

    • もう魅力がなくなったように感じる

  • 労働意欲についてお答えください

    • 以前と同じように働ける

    • 何もすることができない

    • 働くには以前以上に努力が必要である

    • 何をするにしても大変な努力がいる

  • 睡眠についてお答えください

    • 以前よりも眠れない

    • 以前と同じように眠れる

    • 以前より1~2時間早く目が覚め、再び眠ることができない

    • 以前より数時間早く目が覚め、再び眠る事ができない

  • 疲労感についてお答えください

    • 疲れて何もできない

    • 以前より疲れやすい

    • ほとんど何をしても疲れる

    • 以前と変わらず疲れた感じはしない

  • 食欲についてお答えください

    • 以前と変わらずある

    • 全くない

    • いつもよりはない

    • ほとんどない

  • 体重の変動についてお答えください

    • それほどやせたということはない

    • 最近2キロ以上やせた

    • 最近4キロ以上やせた

    • 最近6キロ以上やせた

  • 自己健康意識についてお答えください

    • いつも以上に心配することはない

    • どこかが痛い、胃が悪い、便秘など身体の調子を気遣う

    • 身体の具合ばかり心配で、他のことがあまり考えられない

    • 身体の具合ばかり心配で、他のことが全く考えられない

  • 性欲についてお答えください

    • 全くない

    • ほとんどない

    • 以前と変わりない

    • 以前と比べてない

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

うつ病とは

ストレス社会と呼ばれる最近の日本では、うつ病に悩む人が急激に増えています。
会社勤めのサラリーマンだけでなく、学生や主婦の間でも広がっており、関係のない病ではないのです。
うつ病とは、強いうつ状態が長期間続いてしまい、通常の生活が送れなくなってしまう病気です。
誰でも生活していく中で、何かしら嫌なことや落ち込むことがあるでしょう。
気持ちが沈んでしまい、何をしても元気が出ないという経験は、決して珍しいことではありません。
しかし殆どのケースで、時間の経過と共に落ち込んだ気分も紛れ、他に何か楽しい事があれば元気が出て、気持ちが晴れていくものです。
このように、一時的な気持ちの落ち込みとその後の回復は、誰でも一度は経験する「ごく普通の現象」です。これはうつ病とは言いません。
うつ状態というのは、物事に対する関心や意欲が失われ、何もやる気が起こらないという状態を指します。
更にその脱力感が1日中続き、2週間以上も回復しない場合は、うつ病と診断されます。
脱力感だけでなく、不眠や食欲の減退、頭痛、吐き気といった様々な辛い身体の症状が出てくる場合もあります。
このような場合は、通常の日常生活に支障を来たし、うつ状態が酷くなるという「負のスパイラル」に陥ってしまうこともあります。
上記した通り、うつ病は誰にでも起こりうるのです。

うつ病とは

早期発見が大切

厚生労働省の調査によると、20歳以上の約7.5%が一度は患ったことがあるとされているのです。
世界を見ても、総人口の約4%に当たる人が罹患しているとされています。
つまり日本でも600万人以上の人が、大なり小なりその経験があるということです。
ところが、実際に症状を自覚して医療機関を受診している人は、その内の25%程度しかいません。
うつ病は、出来るだけ早く気付いて治療を開始することが最も重要です。
軽度の内であれば、軽い薬の服用で劇的に回復することも良くあります。
また、うつ病だと診断されれば、所定の手続きを行うことで、国が心療内科への受診費用を補助してくる制度もあります。
一般的に薬代など含めて、1割程度の負担で済むことが多いです。
経済的に受診を躊躇してしまう人がいれば、そういった制度を活用すると良いでしょう。
また早期発見がとても重要で「気分の落ち込みが続いている人・明らかに以前と様子が違う人」がいれば、周囲の人が出来るだけ早く病院へ連れていくことが、早期発見のコツです。

気分障害患者数の推移

うつ病になる原因

うつ病は、元々の性格や考え方などで罹りやすい場合もありますが、体内や脳内の物質の変化なども発病の原因になっています。
仕事のプレッシャー、妊娠や出産など環境の変化、近親者の死などの強いストレスを受けた時などが、うつ病に罹りやすくなります
一時的なもので改善する場合もありますが、抑うつ状態や不眠症、意欲の低下などが続く場合は、神経精神科を受診するようにして下さい。
脳内のセロトニンが不足すると症状が悪化しやすいので、適度に日光に当たるようにしたり、納豆や牛乳などの食品を積極的に食べることが大切です。
うつ病の原因は、まだ解明されていないことも多いですが、ストレスが発症の要因になっていることが多くなっています。
薬による外来治療が中心になってきますが、入院が必要になる場合があります。
最近は、病気になりやすい考え方を改善するための、認知行動療法を行っている病院も増えているので、早めに治療を受けることが大切です。

抗うつ剤の種類

抗うつ剤の種類

【三環系】

1950年頃から利用されている抗うつ剤で、脳内物質である「セロトニン」と「ノルアドレナリン」を増やす強力な作用があります。
現在では、副作用の多さから初めてうつ病を患った方には処方されていませんが、過去にうつ病を患い三環系で改善した患者が、SSRI系などで回復が見込めない一部の患者に現在も利用されています。
「セロトニン」は、不安や抑うつと関係しており「ノルアドレナリン」は、意欲に関係する脳内物質です。
三環系抗うつ剤は、うつ病の他に不安障害夜尿症の患者にも処方される事があります。
アナフラニール(一般名:クロミプラミン塩酸塩)
トリプタノール(一般名:アミトリプチリン塩酸塩)
トフラニール(一般名:イミプラミン塩酸塩)
アモキサン(一般名:アモキサピン)

【四環系】

三環系抗うつ剤を改良し、副作用の軽減を狙った抗うつ剤ですが、結果として効果も軽減してしまい、一部で睡眠薬の代替えとして利用されています。
不眠症から来るうつ病患者に、他の抗うつ剤との補助薬として利用されています。
トラミド
ルジオミール

【SSRI】※1番人気

選択的セロトニン再取り込み阻害剤と呼ばれる抗うつ剤で、効果と少ない副作用のバランスに優れ、第一選択薬として最も活躍している抗うつ剤です。
三環系と比較し、SSRIは「セロトニン」のみを増やす効果があり不安を払拭する役割に利用されます。
パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩水和物)
ジェイゾロフト(一般名:塩酸セルトラリン)
ルボックス(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)
レクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)
プロザック(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)

【SNRI】

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ剤で、効果と少ない副作用のバランスに優れ、第一選択薬として最も活躍している抗うつ剤です。
SSRIでは「セロトニン」のみを増やす作用でしたが、SNRIは三環系と同じく「ノルアドレナリン」も増やします。
要するに三環系を進化させた効果でありながら、副作用を軽減し安全性を向上させた抗うつ剤です。
SSRIは、不安や抑うつ払拭に特化した作用となりますが、SNRIは意欲も一緒に低下している患者に利用されます。
サインバルタ(一般名:デュロキセチン塩酸塩)
イフェクサー(一般名:ベンラファキシン塩酸塩)
トレドミン(一般名:ミルナシプラン塩酸塩)

【NaSSA】

ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤で、SSRIやSNRIと比較して若干強めの作用があります。
四環系抗うつ剤の副作用である眠気を改善した進化系であるため、三環系と比較して少し効果が弱まる作用感です。
脳内物質「セロトニン・ノルアドレナリン」の分泌を促進する効果で濃度を濃くする作用秩序となります。
レメロン(一般名:ミルタザピン)

【分類不明】

デジレル(一般名:トラゾドン塩酸塩)
デジレルは、精神賦活作用と抗不安作用を持つ抗うつ剤で、不安や無気力を伴う初期段階の軽いうつ病の治療薬です。
「SSRI・SNRI」といった抗うつ剤の補助薬として利用する事も多く、これらの薬効を強くし副作用を抑制する効果があります。
セディール(一般名:タンドスピロンクエン酸塩)
セディールは、アザピロン系の抗不安薬で、過敏になっていた神経を「抑え込む」のではなく、不安に思う神経を「狙い撃ち」することが出来るのが大きな特徴となっています。
抗うつ剤の補助薬として利用される事が多い薬です。

抗うつ剤の副作用

下記は、同じ作用秩序を持つSSRI系の中で、特に人気の3商品で特徴を比較してみました。
※同じ「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の種別で、効果や副作用を比較してみたので、参考にして下さい。

【ジェイゾロフト】

ジェイゾロフト ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)は、うつ病や不安障害などの病気に処方されている「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の1つです。
神経科で良く処方されている医薬品で、抑うつ状態や気分の落ち込みなどを改善します。
効果を実感するためには、2週間から数週間の服用を続ける必要があります
比較的に副作用の少ない医薬品ですが、悪心や頭痛、めまい、下痢、眠気などの症状が見られる場合があります。
病院やクリニックでは、副作用について説明を受けることが出来るので、気になる症状が見られたら、早めに診察を受けることが大切です。
うつ病は、ある程度の治療期間が必要な病気なので、根気よく薬による治療を続けるようにして下さい。

【レクサプロ】

レクサプロ レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は、「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」という系統に分類される抗うつ剤です。
抗うつ作用の効果は高く、しかも副作用が少ないというのが特徴で、バランスが良く使い勝手が良いお薬とされています。
実際にうつ病治療で受診する精神科だけでなく、心療内科や内科でも処方されるケースがあります。
抗うつ剤は本来、数週間かけて服用することで効果を発揮しますが、レクサプロは最初に処方される10mgが治療用量となるので、即効性も期待することが出来ます
副作用には特に吐き気が多くみられますが、人によっては数週間で軽快になると言われています。

【パキシル】

パキシル パキシル(一般名:パロキセチン)は、うつ病や不安障害など精神病の治療に処方される抗うつ剤「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の1つです。
効き目が強い反面、飲み始めで多いとされる「吐き気」があり、2週間程度で治まる人もいれば、パキシルを飲んでいる間はずっと続いてしまう事もあります。
離脱症状が強めに出るとされ、耳鳴り(シャンシャン)や手の痺れ(ビリビリ)といった「シャンビリ」という症状が現れることがあるので、医師の指示通りの服用が必要となります。
副作用に注意が必要な一方で効き目は強いとされ、脳の中のセロトニンを増やす効果によって、抑うつ状態や気分の落ち込みなどを改善することが出来ます。
脳内の余計な部分に作用せず、セロトニンにのみ作用する事から、服用方法をしっかり守ることで、副作用を少なく抑えることが出来るはずです。
また抗コリン作用といって、口の渇きや眠気、便秘などの症状が起こる事もありますが、他のSSRIの抗うつ剤に比べて副作用は少ないとされています。

何故うつ病になるの?

口コミ・レビュー

  • フェンダー笹林さん (39歳)
    いまの仕事になってから、軽いうつ症状が出るようになってきていたので、本当に助かります。 医者へわざわざ通院するまでではないと思っていますし、何より医者まで行かなくて良いのが良いですね!
  • マッケンリーさん (38歳)
    持ち運びには便利だし、ED治療薬以外はあまり詳しくは知らんが錠剤を半分にする線が入ってるやつを綺麗に割れるからめちゃくちゃこの商品は便利だぞ
  • 腰痛さん (29歳)
    元々医者で貰っていたものと同じ成分の薬を購入しました。 同じように効いている気がします。
  • 泰恵さん (32歳)
    気持ち的には楽になったかな?というくらいでした。 常に理由がない不安で頭がいっぱいだったのですけど今は普通に仕事が進められるようになっています。
  • ブラコンさん (30歳)
    僕はおにいちゃんがいないと何もできません。周りにもそう思われていないか不安で不安で…このジェイゾロフトを飲まないと一日仕事になりません。インターネット通販で購入できるのは本当に助かります。通院してるところとか見られたらまたなんていわれるか分からないし…。
  • 夜食さん (35歳)
    病院でレクサプロを処方されていたので同じジェネリックを購入しました。 効果は変わらずにあると思います。 病院へ行く時間が見つからないのでしばらくは通販で購入すると思います。
  • ゆきおさん (32歳)
    効果が強すぎて半分にして使うために買いました。初めてピルカッター使って半分にしてみたけど、思ってよりも簡単にできたし、1個あると便利だなと思いました。
  • ほのかさん (30歳)
    季節だったり天気だったりに影響されやすくて気持ちがすぐ落ちてしまいます。なにもする気が起きないことも多くて薬がないとダメな時もあります。でも元気な時はなんともなく、生活にも問題ありません。なので定期的に病院に通うのはやめて必要な時に薬を飲むようにしています。これを飲むと気分が落ち着いて楽になるので助かっています。
  • 信二さん (27歳)
    なんなんでしょうか。急に仕事前に動悸っていうか、自分でも分からないくらいの不安?のようなものに襲われてソワソワしたり家の中を歩き回ってみたり不安定な日常が続いて、でも精神科に行くと多分僕のような人は欝です。って言われたら病は気からになってしまいそうだったので、病院には行かずにこちらで頼ませてもらってます。 飲むと気持ちが和らいだりするので、今は薬に助けてもらってます。
  • あんりさん (24歳)
    前までは錠剤をカッターで切って、100均のケースに入れていました。 専用じゃないので、欠けたり飛んでなくなったりだったので、これが1つ2役で働いてくれてます。 マジ卍!

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ