うつ病

うつ病とは、強いうつ状態が長期間続いてしまい通常の生活が送れなくなってしまう病気です。原因は様々で仕事のストレスや妊娠、出産などの環境変化などが挙げられます。早期発見が大切で薬の種類も多数あります。

売れ筋ランキング

うつ病の商品一覧

  • ジェイゾロフト

    ジェイゾロフト

    ジェイゾロフトは、ファイザー社が開発した抗うつ剤です。 主成分セルトラリンは、うつ病やパニック障害・不安障害・ストレス障害に効果があります。 精神的不安要素のある患者以外にも、健常者が使用しても効果が認証されており、また副作用が少ない特徴性があります。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルボックス・ジェネリック

    ルボックス・ジェネリック

    ファベリンは、不安な気分や不安定な心の調整をするSSRI系の精神治療薬です。 この薬は脳内でセロトニンが不足したことにより不安感や悲観的になってしまう気分「自信がない」「眠れない」など、心のバランス調整が取れなくなった状態を改善します。 セロトニンは幸せホルモンとも言われていて、心の安定や安らぎをもたらし、感情をコントロールする事でマイナス思考になってしまった気持ちをプラス思考にします。 ファベリンの有効成分フルボキサミンマレイン酸塩は、セロトニン系にのみ働きかけ脳内に不足したホルモンを増やし症状を改善します。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レクサプロ・ジェネリック

    レクサプロ・ジェネリック

    レクサプロジェネリックは、シプラ社が開発した抗うつ剤のお薬です。 第3世代の抗うつ薬で、主成分のエスシタロプラムは、うつ病・対人恐怖症・パニック障害による精神的不安に用いられています。 医療現場で使用しているお薬ですので、安心・安全にお使い頂けます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル・ジェネリック

    パキシル・ジェネリック

    パキシルジェネリックは、SSRI系の抗うつ剤です。 SSRIは、気分を改善する神経伝達物質セロトニンを摂取する事でうつ病の症状が緩和します。 ジェネリック医薬品のため新薬より安く購入でき、効果も期待できる商品です。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリプタノール・ジェネリック

    トリプタノール・ジェネリック

    トリプタノールジェネリックは、第一世代の三環系抗うつ薬でうつ病治療の他に夜尿症にも使われています。 三環系の中でも第一世代と呼ばれ古いタイプの薬ですが、抗うつ薬としての効果は1番強いとされており、有効成分はアミトリプチリン塩酸塩です。 うつ病の治療薬として1番効果があると言われ、うつ病によって不足したセロトニンとノルアドレナリンをバランスよく分泌させることで心の安定と意欲を向上させることによって症状を改善します。 夜尿症は、読んで字のごとく夜寝ている間に知らずに小便を漏らしてしまう症状です。 膀胱を弛緩させ尿道を漏れにくい状態にすることで、尿漏れを防ぎ尿意による目覚めを良くする作用が症状を改善します。
    製造:Actavis

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テグレトール・ジェネリック

    テグレトール・ジェネリック

    テグレトール・ジェネリックは、脳神経に作用することで、てんかんの発作を抑える抗てんかん薬です。 テグレトールの有効成分カルバマゼピンは、ナトリウムチャネルの遮断をすることで、脳神経に興奮が伝わるのを抑え、てんかんの発作を鎮めます。 また、テグレトールは脳神経の興奮を抑えることで、躁病、躁うつ病(双極性障害)の躁状態に対しての改善効果が認められています。 他にも、三叉神経に痛覚の信号が走るのを遮断することで三叉神経痛を改善する効果があります。
    製造:Myfarma ilac San

    もっと見る

    1錠68円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール

    アナフラニール

    アナフラニールは、気持ちが晴れやかにならない、マイナス思考に陥ってしまうと言った抑うつ状態とも呼べる症状に対して作用する薬です。 うつ状態の他、子供の夜尿症に対しても効果を発揮する薬です。 自分の意志とは無関係に収縮運動を始める膀胱の反応を抑えたり、開いてしまった尿道を締める効果もあります。 また「過眠症」とも呼ばれるナルコレプシーにも処方される薬でもあります。 三環系の抗うつ剤として知られておりますが、使用は広い範囲に渡ります。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠56円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トフラニール

    トフラニール

    トフラニールは、第一世代の三環系抗うつ薬でうつ病や遺尿症の治療薬です。 悲観的になり、やる気が出ない、何をしても集中出来ない、夜眠れないなどの否定的になってしまう心を前向きにするのをサポートします。 うつ病では、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンと怒りのホルモンと呼ばれるノルアドレナリンが不足したことにより、脳内ホルモンのバランスが崩れ心の症状が現れてきます。 この薬は2つのホルモンをバランスよく分泌させることにより、症状の改善をします。 また抗コリンの作用が膀胱の収縮を抑え尿道を締める効果があるので、遺尿症の治療にも用いられています。
    製造:Assos

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロザック・ジェネリック

    プロザック・ジェネリック

    オキセチンは、抗うつ剤であるプロザックのジェネリック薬品です。 うつ病・強迫性障害・過食症等の治療に使用する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)型新世代抗うつ剤の1つとなっています。 脳内の神経伝達物質であるセロトニンが、シナプスにおいてセロトニン受容体に再取り込みをされますが、そのセロトニンの再取り込みを止めることで、結果、セロトニンの濃度を高めてうつ状態を軽減させます。
    製造:Pharmaland

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキサン・ジェネリック

    アモキサン・ジェネリック

    アモキサンは、第二世代の三環系抗うつ剤で、他の三環系よりも効果の発現が早いのが特徴です。 うつ病は気分の落ち込みや食欲不振、意欲、記憶力の低下、不眠などの症状が現れます。 アモキサンは、ノルアドレナリンを増加させることに優れており、無気力、不安感といったマイナス方向に偏ってしまった心が前向きになっていきます。 セロトニンを増加させる作用も併せ持っていますので、不安や恐怖を和らげ気持ちを楽にします。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠29円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジプレキサ・ジェネリック

    ジプレキサ・ジェネリック

    ジプレキサジェネリックは、統合失調症や双極性障害などの精神疾患の治療に用いられるジプレキサのジェネリック医薬品です。 有効成分のオランザピンは、神経伝達物質のセロトニン及びドパミン受容体に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑制し神経伝達を正常に戻します。 また、過度な気持ちの高ぶりや不安感・緊張感等の精神を鎮静する作用がある事から、うつ病に治療にも用いられています。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イフェクサー・ジェネリック

    イフェクサー・ジェネリック

    イフェクサー・ジェネリックは、シプラ社が開発した抗うつ剤のお薬です。 うつ病・対人恐怖症などの精神的不安による症状を治療するお薬です。 第4世代の抗うつ剤と言われ「副作用が少なく、効果が高く長い」お薬です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トレドミン・ジェネリック

    トレドミン・ジェネリック

    トレドミンジェネリックのは、SNRIと呼ばれる抗うつ剤です。 日本での商品名はトレンドミンとなり、ミルナシプラン塩酸塩が有効成分です。 日本国内初の2種ホルモン再取込阻害薬で、セロトニン系とノルアドレナリン系にのみ働きかけるのが特徴です。 うつ病の症状で良く見られるのは、意欲、判断力、集中力の低下や無気力、無関心が上げられます。 これはノルアドレナリンが記憶、集中力、積極性、興味などに関連しているからで、これが減少してしまったことにより憂鬱、悲観的、眠れないなどの症状が現れます。 セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれ心の安定、安らぎを司り、これが減少してしまうと不安や恐怖感を覚えます。 この薬は2つのホルモンに働きかけることで、脳内ホルモンのバランスを整え症状を改善します。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠25円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レメロン・ジェネリック

    レメロン・ジェネリック

    レメロンジェネリックは、新しいカテゴリーに分類されるNaSSAの抗うつ剤です。 気持ちが落ち込んでしまったり、悲観的になったり、やる気が起きない、集中出来ない、眠れないなど、心の不具合によって起こる症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。 気持ちを落ち着かせたり、不安や緊張を和らげる効果もあります。 うつ病に伴った不眠の症状を改善し寝つきを良くしたり、夜間の睡眠を持続させることも出来る抗うつ剤となります。
    製造:Mustafa Nevzat

    もっと見る

    1錠86円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サインバルタ・ジェネリック

    サインバルタ・ジェネリック

    サインバルタジェネリックは、サンファーマ社が開発したSNRI系の抗うつ剤です。 SNRIは、従来の抗うつ剤と比較して効果が高い上に、副作用が少ない第4世代の抗うつ剤です。 うつ病の他にも、慢性腰痛症や変形性関節症に伴う痛みに用いる場合もあります。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠44円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シタロプラム(レクサプロ)

    シタロプラム(レクサプロ)

    シタロプラムとは、抗うつ剤でレクサプロのジェネリック医薬品です。 精神的不安を抑制する効果があり、うつ病以外にも社会不安障害などの治療にも使用されるお薬です。途中で使用中止しても薬の禁断症状は、殆どありません。 初めて抗うつ剤使用する方にオススメする商品です。
    製造:Actavis

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イフェクサーXR

    イフェクサーXR

    イフェクサーXRとは、ワイス社が開発したうつ病に効果がある【SNRI】セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ剤です。 イフェクサーXRは、第4世代と言われる「副作用が少なく、効果が高い」お薬です。 効果が高いだけでなく、服用後は長時間作用するのもイフェクサーXRの特徴です。 従来の抗うつ剤で副作用が気になる方は、是非お試しください。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠118円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デジレル・ジェネリック

    デジレル・ジェネリック

    デジレルジェネリックは、精神賦活作用と抗不安作用を併せ持ち、うつ病の治療に用いられています。 うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンが脳内で不足したことにより、倦怠感や不安、恐怖などの症状が現れます。 この薬は幸福ホルモンと言われる心の安定や安らぎに関与するセロトニンを増加させ、不安感や恐怖などを和らげ心を安定させます。 他の抗うつ薬のSSRIやSNRIの副作用を軽減する効果があることから、SSRIやSNRIの補助として使われることがあります。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠38円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルニル(プロザック)

    フルニル(プロザック)

    フルニルとは、SSRIと言われる抗うつ剤です。主に摂食障害(拒食・過食)強迫観念・精神的不安性障害に用いられるお薬です。また薬依存症になりにくいのも特徴的です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルティマ(ゾロフト)

    セルティマ(ゾロフト)

    セルティマとは、インタスファーマ社が開発した抗うつ剤の医薬品です。セルトラリン成分は「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」という作用で、うつ病に利用される第一選択薬と言われています。新薬と同一成分なので、同様の効果が期待出来ます。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コントミン・ジェネリック

    コントミン・ジェネリック

    コントミンジェネリックは、精神の高ぶりや不安感を鎮め心の調整をする薬です。 心の病気の代表的な統合失調症は、若い世代に多く発症し10代後半から30代後半ぐらいまでに多いとされています。 主な症状は幻聴や幻覚、被害妄想が現れます。 この病気は脳の情報伝達系が不調になり、認識力の低下や自分の感情をうまくコントロール出来なくなってしまいます。 コントミンの有効成分クロルプロマジンは、過剰なドパミンの分泌を鎮め神経の高ぶりや緊張を鎮めます。
    製造:DD Pharma

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エスシタロプラム

    エスシタロプラム

    エスシタロプラムは、Abdi Ibrahim社が開発した抗うつ剤でレクサプロのジェネリック医薬品です。 アメリカでは1800万人もの患者に使用され、成人の他に12-17歳の未成年でも服用できる安全な商品です。 うつ病は、マイナス思考気味になりがちで無気力の状態が続く症状ですが、エスシタロプラムを服用すれば憂鬱さが改善され、やる気になります。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠73円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サインバルタ

    サインバルタ

    サインバルタとは、憂うつな気分を緩和させ意欲を高めてくれるSNRI系の抗うつ剤です。 SNRI系とは、従来の抗うつ剤と比較して効果が高い上に、副作用が少ない第4世代の抗うつ剤です。 うつ病の他にも、慢性腰痛症や変形性関節症に伴う痛みに用いる場合もあります。
    製造:イーライリリー

    もっと見る

    1錠144円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルボキサミン(ルボックス)

    フルボキサミン(ルボックス)

    フルボキサミンは、SSRIと呼ばれる薬で、不安感や憂鬱な気分を和らげるうつ病や不安障害、強迫性障害の治療薬です。 SSRIとは選択的セロトニン再取込阻害薬と言い、セロトニン系の神経にのみ働きかけるのが特徴です。 セロトニンは心理部分に大きく影響し、心の安定や安らぎに密接に係っており、これが十分にあることで安心感や自信、やる気が出ます。 これを調整しているのが、セロトニントランスポーターというたんぱく質です。 脳内にセロトニンが不足したことで、心がバランスを保てなくなり、うつ病、不安障害や強迫性障害などの精神疾患に繋がります。 この薬は脳内でセロトニン濃度を高め神経の伝達を良くしたことにより、心を安定させ症状を改善します。
    製造:アッヴィ

    もっと見る

    195円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール・ジェネリック

    アナフラニール・ジェネリック

    アナフラニールは、第一世代の三環系抗うつ薬です。不安障害や過食症などにも利用される精神薬です。 セロトニンを増やす作用に非常に長けており、抑うつ状態の改善に強く効果を発揮します。 不安感や憂うつ感、うつ症状や悲観的な感情など様々な精神状態に効果的に作用する万能薬です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プロザック

    プロザック

    プロザックは、イーライリリー社が開発した世界で最も有名な抗うつ剤医薬品です。 主成分フルオキセチンは、脳内物質のセロトニン分泌をサポートする効果があります。 うつ病の憂鬱な気分を改善するお薬で、20年以上の実績がありますので、安心して服用頂けます。
    製造:イーライリリー

    もっと見る

    1錠138円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パキシル

    パキシル

    パキシルは、パニック障害やうつ病の治療に使われる抗うつ剤です。パロキセチンという薬効成分が、心の安定に関わる神経伝達物質セロトニンが脳から外に向かって放出されることを防ぎ、留まらせます。 こうした刺激によって放出された伝達物質が減ってしまうのを防ぐことで、気持ちが安らかになり、うつ状態を改善へと導きます。 パキシルはパニック障害やうつ病といった症状以外にも、社会不安障害、強迫性障害にも効果がある薬です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠144円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セディール

    セディール

    セディールは、アザピロン系の抗不安薬です。 気持ちを落ち着かせる効果や不安、緊張といった気持ちを和らげる効果があります。 抗不安作用に加えて、抗うつ作用もあることから不安障害や心の不具合によって起こる様々な症状に用いられています。 新しい系統の薬となることから、過敏になっていた神経を「抑え込む」のではなく、不安などを起こしてしまう神経を「狙い撃ち」することが出来るのが大きな特徴となっています。
    製造:大日本住友製薬

    もっと見る

    1錠139円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピルカッター

    ピルカッター

    ピルカッターとは、薬剤量の多い錠剤をカットするために利用する錠剤カッターです。ピルケースとしても利用できます。
    1個880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エチラーム(デパス)

    エチラーム(デパス)

    エチラームはデパスのジェネリック薬で、インタスファーマ社が開発した精神安定剤です。 幅広い精神薬(うつ病・自律神経失調症・パニック障害)にも効果があり、睡眠障害にも利用されているお薬です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチゾラム錠

    エチゾラム錠

    エチゾラム錠は、デパスのジェネリック医薬品で、日本のCMでお馴染みの日医工が開発した精神安定剤です。 幅広い精神薬(うつ病・自律神経失調症・パニック障害)にも効果があり、睡眠障害にも利用されているお薬です。
    製造:日医工

    もっと見る

    1錠80円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム舌下錠(デパス)

    エチラーム舌下錠(デパス)

    エチラーム舌下錠は、デパスのジェネリック薬でインタスファーマ社が開発した抗うつ剤です。 錠剤と比較して、即効性に優れています。 幅広い精神薬(うつ病・自律神経失調症・パニック障害)にも効果があり、睡眠障害にも使用されているお薬です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    売切れ
    詳細を見る
  • デパス

    デパス

    デパスとは、エチゾラムを主成分とする精神安定剤です。田辺三菱製薬が製造している日本製の先発薬となります。 うつ病における不安・緊張・睡眠障害の緩和にも良く処方される医薬品です。
    製造:田辺三菱製薬

    もっと見る

    1錠95円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


うつ病

うつ病の診断

※Javascriptが無効の状態です。
現在は Javascript が使用できない状態です。
無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。
恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

うつ病診断チェック

あなたにうつ病の傾向がないか、
現在の症状から無料で診断します。
全21問で2分程度で診断できます。

スタート »

※うつ病診断は、こころナビより利用させて頂いております。

  • 気分についてお答えください

    • とても辛く、不幸で耐えられそうにない

    • いつも辛いなど、マイナスの感情から逃れられない

    • 特に気分に変わりはない

    • 気分が上がらない

  • 将来についてお答えください

    • 将来を悲観的に考えていない

    • 将来に希望はない

    • 将来は暗く、良くなる光も見えない

    • 将来を悲観視している

  • 人生についてお答えください

    • 今までの人生、全て失敗だと思う

    • 他の人よりも失敗が多かったと思う

    • そこまで失敗ではないと思う

    • 特に失敗とは思わない

  • 日常についてお答えください

    • 全てが不服で不満でうんざりする

    • 今までと同じで満足している

    • 今までのように楽しむことができなくなった

    • 満足をすることができなくなった

  • 罪悪感、罪の意識についてお答えください

    • 感じたことがない

    • ときどき感じる

    • 常に感じている

    • 悪いと感じるが気にしないようにしている

  • 罰についてお答えください

    • 今、受けていると感じる

    • 受けるとは思わない

    • 受けるかもしれない

    • 与えてほしい

  • 自分自身についてお答えください

    • 嫌い

    • うんざりしている

    • 失望していない

    • 失望している

  • 自尊感情についてお答えください

    • いつも失敗に対して自分を責める

    • 他の人より劣っているとは思わない

    • 欠点や誤りに対して批判的である

    • マイナスな事があると自分が原因だと責める

  • 希死念慮についてお答えください

    • 自殺や傷つけようとは全く思わない

    • 機会、チャンスがあれば自殺するつもりである

    • 自殺したいと思う

    • 死にたいと思うが、自殺をしようとは思わない

  • 泣くことについてお答えください

    • 常に泣いている

    • 以前は泣くことができたが、今は泣きたくても泣けない

    • いつも以上に泣くことはない

    • 以前よりも泣く

  • 焦燥感についてお答えください

    • たまにイライラしている

    • イライラしていない

    • 現在、たえずイライラしている

    • しょっちゅうイライラしている

  • 他人への関心についてお答えください

    • 関心を全く失った

    • 関心をほとんど失った

    • 関心を失っていない

    • 以前よりも興味・関心がなくなった

  • 判断力についてお答えください

    • もはや全く決断することができない

    • 以前と同じように決断することができる

    • 以前より決断をのばしがち

    • 以前より決断をするのが難しい

  • 容姿についてお答えください

    • 以前より醜いとは思わない

    • 醜いにきまっている

    • 老けて見えていないか、魅力がないのではないか心配になる

    • もう魅力がなくなったように感じる

  • 労働意欲についてお答えください

    • 以前と同じように働ける

    • 何もすることができない

    • 働くには以前以上に努力が必要である

    • 何をするにしても大変な努力がいる

  • 睡眠についてお答えください

    • 以前よりも眠れない

    • 以前と同じように眠れる

    • 以前より1~2時間早く目が覚め、再び眠ることができない

    • 以前より数時間早く目が覚め、再び眠る事ができない

  • 疲労感についてお答えください

    • 疲れて何もできない

    • 以前より疲れやすい

    • ほとんど何をしても疲れる

    • 以前と変わらず疲れた感じはしない

  • 食欲についてお答えください

    • 以前と変わらずある

    • 全くない

    • いつもよりはない

    • ほとんどない

  • 体重の変動についてお答えください

    • それほどやせたということはない

    • 最近2キロ以上やせた

    • 最近4キロ以上やせた

    • 最近6キロ以上やせた

  • 自己健康意識についてお答えください

    • いつも以上に心配することはない

    • どこかが痛い、胃が悪い、便秘など身体の調子を気遣う

    • 身体の具合ばかり心配で、他のことがあまり考えられない

    • 身体の具合ばかり心配で、他のことが全く考えられない

  • 性欲についてお答えください

    • 全くない

    • ほとんどない

    • 以前と変わりない

    • 以前と比べてない

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

うつ病とは

ストレス社会と呼ばれる最近の日本では、うつ病に悩む人が急激に増えています。
会社勤めのサラリーマンだけでなく、学生や主婦の間でも広がっており、関係のない病ではないのです。
うつ病とは、強いうつ状態が長期間続いてしまい、通常の生活が送れなくなってしまう病気です。
誰でも生活していく中で、何かしら嫌なことや落ち込むことがあるでしょう。
気持ちが沈んでしまい、何をしても元気が出ないという経験は、決して珍しいことではありません。
しかし殆どのケースで、時間の経過と共に落ち込んだ気分も紛れ、他に何か楽しい事があれば元気が出て、気持ちが晴れていくものです。
このように、一時的な気持ちの落ち込みとその後の回復は、誰でも一度は経験する「ごく普通の現象」です。これはうつ病とは言いません。
うつ状態というのは、物事に対する関心や意欲が失われ、何もやる気が起こらないという状態を指します。
更にその脱力感が1日中続き、2週間以上も回復しない場合は、うつ病と診断されます。
脱力感だけでなく、不眠や食欲の減退、頭痛、吐き気といった様々な辛い身体の症状が出てくる場合もあります。
このような場合は、通常の日常生活に支障を来たし、うつ状態が酷くなるという「負のスパイラル」に陥ってしまうこともあります。
上記した通り、うつ病は誰にでも起こりうるのです。

うつ病とは

早期発見が大切

厚生労働省の調査によると、20歳以上の約7.5%が一度は患ったことがあるとされているのです。
世界を見ても、総人口の約4%に当たる人が罹患しているとされています。
つまり日本でも600万人以上の人が、大なり小なりその経験があるということです。
ところが、実際に症状を自覚して医療機関を受診している人は、その内の25%程度しかいません。
うつ病は、出来るだけ早く気付いて治療を開始することが最も重要です。
軽度の内であれば、軽い薬の服用で劇的に回復することも良くあります。
また、うつ病だと診断されれば、所定の手続きを行うことで、国が心療内科への受診費用を補助してくる制度もあります。
一般的に薬代など含めて、1割程度の負担で済むことが多いです。
経済的に受診を躊躇してしまう人がいれば、そういった制度を活用すると良いでしょう。
また早期発見がとても重要で「気分の落ち込みが続いている人・明らかに以前と様子が違う人」がいれば、周囲の人が出来るだけ早く病院へ連れていくことが、早期発見のコツです。

気分障害患者数の推移

うつ病になる原因

うつ病は、元々の性格や考え方などで罹りやすい場合もありますが、体内や脳内の物質の変化なども発病の原因になっています。
仕事のプレッシャー、妊娠や出産など環境の変化、近親者の死などの強いストレスを受けた時などが、うつ病に罹りやすくなります
一時的なもので改善する場合もありますが、抑うつ状態や不眠症、意欲の低下などが続く場合は、神経精神科を受診するようにして下さい。
脳内のセロトニンが不足すると症状が悪化しやすいので、適度に日光に当たるようにしたり、納豆や牛乳などの食品を積極的に食べることが大切です。
うつ病の原因は、まだ解明されていないことも多いですが、ストレスが発症の要因になっていることが多くなっています。
薬による外来治療が中心になってきますが、入院が必要になる場合があります。
最近は、病気になりやすい考え方を改善するための、認知行動療法を行っている病院も増えているので、早めに治療を受けることが大切です。

抗うつ剤の種類

抗うつ剤の種類

【三環系】

1950年頃から利用されている抗うつ剤で、脳内物質である「セロトニン」と「ノルアドレナリン」を増やす強力な作用があります。
現在では、副作用の多さから初めてうつ病を患った方には処方されていませんが、過去にうつ病を患い三環系で改善した患者が、SSRI系などで回復が見込めない一部の患者に現在も利用されています。
「セロトニン」は、不安や抑うつと関係しており「ノルアドレナリン」は、意欲に関係する脳内物質です。
三環系抗うつ剤は、うつ病の他に不安障害夜尿症の患者にも処方される事があります。
アナフラニール(一般名:クロミプラミン塩酸塩)
トリプタノール(一般名:アミトリプチリン塩酸塩)
トフラニール(一般名:イミプラミン塩酸塩)
アモキサン(一般名:アモキサピン)

【四環系】

三環系抗うつ剤を改良し、副作用の軽減を狙った抗うつ剤ですが、結果として効果も軽減してしまい、一部で睡眠薬の代替えとして利用されています。
不眠症から来るうつ病患者に、他の抗うつ剤との補助薬として利用されています。
トラミド
ルジオミール

【SSRI】※1番人気

選択的セロトニン再取り込み阻害剤と呼ばれる抗うつ剤で、効果と少ない副作用のバランスに優れ、第一選択薬として最も活躍している抗うつ剤です。
三環系と比較し、SSRIは「セロトニン」のみを増やす効果があり不安を払拭する役割に利用されます。
パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩水和物)
ジェイゾロフト(一般名:塩酸セルトラリン)
ルボックス(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)
レクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)
プロザック(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)

【SNRI】

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ剤で、効果と少ない副作用のバランスに優れ、第一選択薬として最も活躍している抗うつ剤です。
SSRIでは「セロトニン」のみを増やす作用でしたが、SNRIは三環系と同じく「ノルアドレナリン」も増やします。
要するに三環系を進化させた効果でありながら、副作用を軽減し安全性を向上させた抗うつ剤です。
SSRIは、不安や抑うつ払拭に特化した作用となりますが、SNRIは意欲も一緒に低下している患者に利用されます。
サインバルタ(一般名:デュロキセチン塩酸塩)
イフェクサー(一般名:ベンラファキシン塩酸塩)
トレドミン(一般名:ミルナシプラン塩酸塩)

【NaSSA】

ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤で、SSRIやSNRIと比較して若干強めの作用があります。
四環系抗うつ剤の副作用である眠気を改善した進化系であるため、三環系と比較して少し効果が弱まる作用感です。
脳内物質「セロトニン・ノルアドレナリン」の分泌を促進する効果で濃度を濃くする作用秩序となります。
レメロン(一般名:ミルタザピン)

【分類不明】

デジレル(一般名:トラゾドン塩酸塩)
デジレルは、精神賦活作用と抗不安作用を持つ抗うつ剤で、不安や無気力を伴う初期段階の軽いうつ病の治療薬です。
「SSRI・SNRI」といった抗うつ剤の補助薬として利用する事も多く、これらの薬効を強くし副作用を抑制する効果があります。
セディール(一般名:タンドスピロンクエン酸塩)
セディールは、アザピロン系の抗不安薬で、過敏になっていた神経を「抑え込む」のではなく、不安に思う神経を「狙い撃ち」することが出来るのが大きな特徴となっています。
抗うつ剤の補助薬として利用される事が多い薬です。

抗うつ剤の副作用

下記は、同じ作用秩序を持つSSRI系の中で、特に人気の3商品で特徴を比較してみました。
※同じ「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の種別で、効果や副作用を比較してみたので、参考にして下さい。

【ジェイゾロフト】

ジェイゾロフト ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)は、うつ病や不安障害などの病気に処方されている「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の1つです。
神経科で良く処方されている医薬品で、抑うつ状態や気分の落ち込みなどを改善します。
効果を実感するためには、2週間から数週間の服用を続ける必要があります
比較的に副作用の少ない医薬品ですが、悪心や頭痛、めまい、下痢、眠気などの症状が見られる場合があります。
病院やクリニックでは、副作用について説明を受けることが出来るので、気になる症状が見られたら、早めに診察を受けることが大切です。
うつ病は、ある程度の治療期間が必要な病気なので、根気よく薬による治療を続けるようにして下さい。

【レクサプロ】

レクサプロ レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は、「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」という系統に分類される抗うつ剤です。
抗うつ作用の効果は高く、しかも副作用が少ないというのが特徴で、バランスが良く使い勝手が良いお薬とされています。
実際にうつ病治療で受診する精神科だけでなく、心療内科や内科でも処方されるケースがあります。
抗うつ剤は本来、数週間かけて服用することで効果を発揮しますが、レクサプロは最初に処方される10mgが治療用量となるので、即効性も期待することが出来ます
副作用には特に吐き気が多くみられますが、人によっては数週間で軽快になると言われています。

【パキシル】

パキシル パキシル(一般名:パロキセチン)は、うつ病や不安障害など精神病の治療に処方される抗うつ剤「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤」の1つです。
効き目が強い反面、飲み始めで多いとされる「吐き気」があり、2週間程度で治まる人もいれば、パキシルを飲んでいる間はずっと続いてしまう事もあります。
離脱症状が強めに出るとされ、耳鳴り(シャンシャン)や手の痺れ(ビリビリ)といった「シャンビリ」という症状が現れることがあるので、医師の指示通りの服用が必要となります。
副作用に注意が必要な一方で効き目は強いとされ、脳の中のセロトニンを増やす効果によって、抑うつ状態や気分の落ち込みなどを改善することが出来ます。
脳内の余計な部分に作用せず、セロトニンにのみ作用する事から、服用方法をしっかり守ることで、副作用を少なく抑えることが出来るはずです。
また抗コリン作用といって、口の渇きや眠気、便秘などの症状が起こる事もありますが、他のSSRIの抗うつ剤に比べて副作用は少ないとされています。

何故うつ病になるの?

口コミ・レビュー

  • れいなさん (43歳)
    以前使っていた抗うつ剤があまり効果が感じられなかったため購入しました。副作用の症状があまりでなく、出るとしても喉が渇く程度でした。自分自身で感じている効果としては以前より行動的になり、今まで時間がかかった作業も短時間でこなせるようになったところです。家族からも最近気分がいい感じにみえるよ。と言われ効果が聞いているんだと思いました。人と話すことにもあまり抵抗を感じなくなったのも本当によかったです。これからも愛用していきます。
  • グッピーさん (30歳)
    長らく精神科に通って処方された抗うつ剤を飲むようにしてますが徐々に効き目が弱くなっているのが気になってました。定期的に時間を作って通院するのも何かと面倒なので思い切って通販の薬を試してみることにしました。いくつかある種類の中から選んだのがアナフラニールです。効き目が強めですが飲むと気分が落ち着くのと自然と前向きになれるので十分な効果がありますね。自分にはこっちの方が合っていると思います。前もって注文しておけば通販でも問題なさそうです。
  • けい子さん (45歳)
    う〜ん…やっぱ通販はなんとなくめんどくさい。スマホ操作が苦手なのもあるけど買うまでにすごく時間がかかります。使用感はとてもよく効いてる感じがします。うつ特有の億劫な気分や落ち込んだ気分が薬を飲むとなくなる感じがします。逆に効きすぎる位なのできみが悪い感じもしますね。もう少し簡単に買えないもんですかね〜
  • N.Yさん (38歳)
    うつ病で通院していましたが、仕事もあまり続けられず収入が激減したので、なんとか医療費だけでも削減したくて色々ネットで探したら薬が通販で買えるのを知ったのでこちらのサイトから注文しました。病院からもらっていたジェイゾロフトのジェネリックだし、飲んでもぜんぜん副作用も気にならず効果もあったのでこれからこちらに切り替えます。
  • マイキさん (26歳)
    うつ病と診断されて病院に通っていましたが、外出自体ができない時もあるので薬がきれたらどうしようといつもおもっていました。ネットで探したらこちらのサイトから買えるってあったのでさっそく買ってみました。副作用も気にならないし、気持ちも安定するので助かっています。無くなったらまたここから買おうかなーとおもっています。
  • aaaaさん (32歳)
    過眠症のあるうつになってしまい、一度眠ってしまうと中々起きれないし常に眠くてダルイって感覚が体を支配していました。病院でアナフラニールを処方してもらったけど病院も寝過ごして行けなかったりが続いたので通販で購入してみました。今まで病院で貰っていた物と特に変わることもなくしっかりと効果あります。ちゃんと起きていられることってありがたいです。
  • 円香さん (36歳)
    色んな薬を試したけど、最終的に自分に合ってると判断したのはパキシルでした。パニック障害と正式に診断されてから約2年経ちますが、飲んだらかなり精神的に落ち着くし、スーパーや電車内でパニックを起こす頻度が減りつつあります。薬がなくなる時期を計算して購入するようにしていますが、どうして毎回箱が潰れているのか不思議でたまらないです。
  • 黒ウサギさん (31歳)
    病院に行くのに毎回物もの凄い体力を使ってたから、通販に切り替えてからはとても気分的に楽になったし無駄な体力消費もしなくなりました。病院で貰ってるのと全く一緒だから効き目も良いし、副作用もないから安心して服用しています。しばらくは通販で購入して、何か身体に異変が起きたら病院にいけばいっかなって考えています。
  • まつさん (27歳)
    結婚を間近にしていた彼女とお互いの家族間トラブルで別れることになりました。結婚式の予定も組もうと二人で動き始めた矢先の出来事でかなりショックを受けてしまい、仕事も辞めて引きこもる状態になりました。ネットで見つけたこの薬を試して、気分がちょっとは変わればと思い購入しました。以前と比べると大分気分に余裕がでてきて前向きに動こうと考え始めるようになりました。
  • パニック症候群さん (33歳)
    今の仕事について10年程たちますが残業の多さにびっくりしてしまう会社です。残業をしすぎて、頭がおかしくなり医師にパニック症候群と診断されました。職場から外にでると症状は一切出ることはなく、会社にいくとパニックが発動します。会社に行くことに苦はありません。ただ、フルニルを使ってからパニックの頻度は少なくなっています。凄いです。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ