あがり症・緊張緩和

あがり症は、緊張や興奮を脳で感じた時にノルアドレナリンの急激な上昇により交感神経が刺激される事が原因で発現します。克服方法は訓練が必要で、急場を凌ぐ際にはインデラルを服用すると直ぐに改善出来ます。

売れ筋ランキング

あがり症・緊張緩和の商品一覧

  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    インデラルは、有効成分プロプラノロールが受容体をブロックすることによって、血圧、心拍数の上昇を抑え、狭心症やあがり症の治療に効果を発揮します。 重要な商談やプレゼンなどの多いビジネスマンにも適した薬です。 作用する場所は主に心筋の受容体であるために、抗不安薬(精神安定剤)とも併用することが出来ます。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    インデラルジェネリックは、あがり症・赤面症・高血圧症・狭心症・不整脈予防に使用される治療薬です。 主に、緊張しやすい・あがり症で人前で話すと血圧があがってしまい赤面してしまう方が利用されています。 血管の拡張作用で、片頭痛発作の発症抑制に利用される事もあります。 ※こちらの商品はバラ売りの商品です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠37円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリックは心拍の上昇を抑え、心臓を落ち着かせる薬です。 有効成分プロプラノロールが配合され、狭心症、不整脈といった症状を和らげる為に使われますが、人前で話すと顔が真っ赤になる。緊張して何も喋る事が出来なくなると言った事、いわゆる「あがり症」の方にも効果があるとされ、急なプレゼンテーションを控えた方、結婚式のスピーチを控えた方といった本来喋ることが得意ではない方にも愛されている商品です。 血管の拡張作用で、片頭痛発作の発症抑制に利用される事もあります。 ※こちらの商品はバラ売りの商品です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠30円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    インデラルとは、高血圧症・狭心症・あがり症・不整脈予防に使用される治療薬です。また再発防止にも使用されます。その他にも片頭痛の治療としても使用出来ます。
    製造:Polfa Warszawa S.A.

    もっと見る

    1錠22円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る

あがり症

あがり症とは

身体的にどこも悪くないのに、状況によって汗をかいたり、顔が紅潮したり、心臓が激しく動いたりすることがあります。
こういった症状は、いわゆる緊張で引き起こされるものですので、誰にでもあるものです。
しかし、稀にそういった症状を強く感じる方がいて、そのような方はあがり症と呼ばれます。
あがり症は、ノルアドレナリンの上昇により交感神経が刺激されることで発現します。
アドレナリンという言葉は多くの方が耳にしたことがあるでしょうが、ノルアドレナリンという言葉は耳馴染みがあまりないと思います。
いずれも交感神経系をつかさどる伝達物質ですが一言で言えば、アドレナリンは体内に作用し、ノルアドレナリンは脳内や神経に作用します。
つまり、ノルアドレナリンは緊張や興奮を脳で感じたときに大量に分泌される物質であり、それにより交感神経を活性化させるのです。
交感神経が活性化すると心拍数、体温、血液が上昇し、それが発汗、動悸、振るえなどに繋がります。
基本的にこういった症状は、生物には例外なく起こり得ます。
例えば猫が毛を逆立てて威嚇するのも交感神経を刺激しているためです。
ただ、交感神経が敏感な人は反応が強く出てしまい、いわゆるあがり症と言われてしまうわけです。
年代別にみると10代や20代の方に多く見られますが、一つの理由として緊張に慣れていない状況にあるとされています。
よって、症状を克服をしたいのなら、緊張やプレッシャー状態から目をそらし慣れることが必要です。
あがり症とは

あがり症の原因とその対処法

あがり症の原因とその対処法 あがり症が起こるのは、血液中に存在するノルアドレナリンという物質の量が増えることで起こると考えられています。
ノルアドレナリンというのは、興奮等の刺激に関連する神経伝達物質で、緊張や不安を感じると活発に分泌されます。
私たちの体をつかさどる神経系統には、覚醒中の身体動作をつかさどる交感神経と、睡眠時などリラックスしたときに活躍する副交感神経があります。
ノルアドレナリンの分泌が増えると、交感神経を活性化、交感神経の活性化に伴い、心拍数や血圧が上昇し、体温も上昇してきます。
これにより、動悸や震え、冷や汗などの症状が生じ、いわゆる、あがり症と呼ばれる症状が起こります。
人前で話す、演技をするなど、緊張を伴う状況になれば、だれもが交感神経が優位の状態になります。
あがり症の人は、そうでない人に比べて、交感神経がとても敏感であることに原因があります。
誰もが心臓の高鳴り等を感じていますが、あがり症の方は交感神経が過敏に働きすぎ、特に心臓がドキドキしやすく、顔面の紅潮や汗をかきやすいのです。
あがる、という現象は誰にでも起こりえます。
ですが、その度合いが強すぎて、人前でまったく話せないとか、どもってしまう、クラクラして倒れてしまったり、気分が悪くなるという人は不安や恐怖を強く感じやすい特徴があります。
あがり症にも程度があり、多少の緊張で、人前で話すのが苦手、声が震えたり、手が震えるといった方でも、どうにかこなせるのであれば、大きな問題はありません。
そういった場数を踏めば、慣れできちんと話せるようになることも少なくありません。
中程度の場合、人と話ができないなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。
その場合には、専門的な治療や医薬品による改善が、必要となります。
さらに重度になると、対人恐怖症やパニック障害を引き起こすケースもあり、日常生活がスムーズに送れません。
こうしたケースでは、心療内科等の専門クリニックの受診や治療が必要です。

あがり症のメカニズム

あがり症のメカニズム あがり症は病気ではありませんが、しっかりしなければいけない時に限って起こりやすいため、厄介なものです。
対処法を知るためにも、まずはメカニズムを把握することが重要となってきます。
あがり症は、血液中のノルアドレナリンという値が上昇することで起こりやすくなるものです。
これによって、ドキドキしたり冷や汗をかいたしてしまうのです。
ノルアドレナリンは緊張した時や不安に感じた時などに、活発に分泌されるものとなっています。
活発な分泌から交感神経が刺激され、心拍数や血圧が上昇し、動悸や震えなどが起こってしまうことになります。
日常生活において緊張したり不安に感じたりすることは、誰にでもあることです。
この状態が過度になってしまう人が、一般的には、あがり症と言われてしまっています。
緊張や不安を回避し、改善することができれば、自然と克服できるようになるはずです。
対処法としては、自分の緊張する瞬間や不安に思う瞬間などを知ることが一番です。
過去に失敗した時のことがトラウマとなり、同じような状況になると緊張や不安を感じることがあります。
それならば、トラウマを克服することが重要です。
何度も同じような状況を敢えて体験することによって、だんだんと慣れてくることがあります。
トラウマの克服法と同じようにしていくことが大事です。
どんな状況にも慣れてしまうことで、緊張や不安を感じることが徐々になくなっていきます。
そうすれば、ドキドキや冷や汗もなくなるはずです。
しかしながら、仕事のプレゼンで失敗出来ないなどの急を要している場合は、医薬品のインデラルを服用すれば一時的にあがり症を克服する事が出来ます。
医師に処方を受けるか通販で購入可能です。

あがり症を克服するインデラルの効果と副作用

あがり症を克服 人前に立つとどうしても緊張してしまう、頭の中が真っ白になってしまうという経験は誰にでもあることかもしれません。
しかしその緊張等がより強く出てしまうと、それはあがり症という事になります。
インデラルはそんな心拍数の上昇を抑える事ができる薬です。
また手の震え等にも効果を発揮し、極度の緊張の為に震えていた人もその改善が期待できます。
それによって呼吸が速く、そして浅くなってしまう事もなくなるので、次第に落ち着きを取り戻す事ができます。
ただ、元々は狭心症の薬として使用されていました。
また不整脈の時にも処方されています。
だから沢山飲んで、より効果を強く感じようとする事はとても危険です。
基本的には1回服用すると3時間から4時間ほど持続効果を得られます。
あがり症の改善の為に服用する場合は、プレゼン発表等がある1時間ほど前に飲めば良いでしょう。
そうすればちょうど効果が出て安定してきた頃に発表となります。
ただ服用すると喉が乾きやすくなったり、眠くなってしまう等の副作用が出る事もあり、注意が必要です。
胸が苦しくなったりする事も予想されるので、そういう時は服用を中止する必要があります。
またアルコールを一緒に摂取すると、効果が強くなることもありますが全くを感じられない事もあります。
安定した効果を期待するなら、インデラルを服用する時はアルコールの摂取は避けるべきです。

口コミ・レビュー

  • あがり症さん (34歳)
    人前だとすぐに緊張して話せなくなってしまいます。会社であるプロジェクトのプレゼンを担当することになりました。かれこれ、3回目ですが、上手くいきません。インデラル・ジェネリックを使ってみます。効果に期待して★5にしています。
  • けんさん (27歳)
    インデラル・ジェネリックを飲むようになってから人前に立つことが怖くなくなりました。ありがとうございます。 
  • せんたろうさん (25歳)
    就活中ですがいつも面接で落ちます。やっぱりあがり過ぎなんだと自分でも確信し、薬に頼ることにしましたが、こちらを服用すると明らかに落ち着いているのがわかります。40mgを購入しましたが、だるい感じがするので今度は10mgのほうでもいいかもしれません。
  • あささん (28歳)
    人前に立つと緊張してしまうので、インデラル・ジェネリックを飲んでいます。手足の震えが止まるので、とても重宝しています。以前までなら人前に立つと身震いがしておどけてましたが、インデラル・ジェネリックのおかげでなくなりました。
  • としふみ4号さん (29歳)
    最近人前でよく話す機会があるためインデラル・ジェネリックを飲んでいます。これを飲むと落ち着いて話すことができるので助かります。
  • あがり症のシャアさん (45歳)
    すごいあがり症で人前に出ると脇や頭からの汗がすごいんです。とにかくこの薬を試してみたかったの買いました。くるのが楽しみです。
  • 新入社員鮫島工作さん (26歳)
    緊張しいでこないだの有給使ったインド旅行であがり症の薬を留学友達から教えてもらえたので買う事に決めました。届くまで待ち遠しいです。
  • 美々さん (36歳)
    偏頭痛が起こりやすい体質のためこれまで市販薬を使ってましたが、徐々に効き目が無くなってきたので今回通販でインデラル・ジェネリックを買ってみました。つい先日仕事の時に片頭痛が起こったのでインデラル・ジェネリックを飲みましたが短時間で治すことができて助かりました。あがり症にも効果があるようですね。今後のためにも常備しています。
  • いっちゃんさん (26歳)
    朝礼スピーチと会議が多い会社なので、順番がまわってくる回にインデラルジェネリックを服用しています。いざって時に薬がある安心感からか、普段も落ち着いて行動できるようになりました。ある意味お守り代わりです。
  • しんこさん (32歳)
    規制が掛かるとききまとめ買いしました。 大事なプレゼンがある時はいつも使っていたので、規制が掛かってしまうのは残念です。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ