頻尿・尿漏れ

頻尿(夜間頻尿・尿漏れ)といった過活動膀胱という症状は排尿の疾患で全国で800万人以上(40歳以上の8人に1人)の方が悩んでいる症状です。頻尿を起因としたEDや早漏の症状を併発する方も非常に多いようです。

売れ筋ランキング

頻尿・尿失禁の商品一覧

  • ベシケア

    ベシケア

    ベシケアは、過活動膀胱を改善する治療薬です。 人は、膀胱平滑筋が収縮することで尿意を生じますが、過活動膀胱では、常日頃から尿意切迫感があり、頻尿(夜間頻尿)や突然の強い尿意に苛まれます。 ベシケアの有効成分であるソリフェナシンは、この膀胱平滑筋を司るムスカリン受容体と呼ばれる物質をブロックし、膀胱の過緊張を緩和することで、勝手な収縮を抑制し頻尿や切迫性尿失禁といった悪症状を改善することから、抗コリン薬に分類され新しい治療薬として世界的に広く使われています。
    製造:アステラス製薬

    もっと見る

    1錠300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポラキス・ジェネリック

    ポラキス・ジェネリック

    ポラキス・ジェネリックは、頻尿、尿意切迫などの排尿障害に対して処方する薬です。頻尿障害とは、膀胱が本来の機能とは関係なく収縮され、尿意が頻繁に起こるようになります。 本来人間の膀胱は尿を500mlは貯められるようになっていますが、副交感神経の乱れから、膀胱を収縮させ、尿意の信号を出してしまうのです。 ポラキスジェネリックの抗コリン作用により、膀胱の平滑筋を緩め、膀胱のサイズを拡げることによって尿を貯められる様になります。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デトルシトール・ジェネリック

    デトルシトール・ジェネリック

    デトルシトール・ジェネリックは、過活動膀胱と呼ばれる症状に効果を発揮する薬です。 日常的に尿意が強く、追い詰められている(切迫的)な症状があり、頻尿し、また夜間に尿意が来て何度も起きてしまうという病気です。 人によっては、そのまま尿漏れを起こしてしまう事もあり、大変に辛い病気となっています。 デトルシトールの効果は、それらの症状で頻繁に膀胱が収縮してしまうことを抑え、膀胱を広げ、尿を貯められるようにしてくれます。
    製造:ドクターレディ

    もっと見る

    1錠60円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トビエース

    トビエース

    トビエースは、過活動膀胱の症状に対して使われる薬です。 頻尿、夜間頻尿、そして尿漏れといった日常生活において大変なストレスを生じさせる病気です。 人がトイレに行く回数は、日中で5~7回、就寝中は0回というのが正常と言われています。 それ以上の尿意が起こり、就寝中も1回以上トイレに行くことが日常になっている方は、過活動膀胱の可能性が強くなります。 トビエースの有効成分フェソテロジンにより、膀胱の過敏な収縮を抑えます。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠97円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリプタノール・ジェネリック

    トリプタノール・ジェネリック

    トリプタノールジェネリックは、第一世代の三環系抗うつ薬でうつ病治療の他に夜尿症にも使われています。 三環系の中でも第一世代と呼ばれ古いタイプの薬ですが、抗うつ薬としての効果は1番強いとされており、有効成分はアミトリプチリン塩酸塩です。 うつ病の治療薬として1番効果があると言われ、うつ病によって不足したセロトニンとノルアドレナリンをバランスよく分泌させることで心の安定と意欲を向上させることによって症状を改善します。 夜尿症は、読んで字のごとく夜寝ている間に知らずに小便を漏らしてしまう症状です。 膀胱を弛緩させ尿道を漏れにくい状態にすることで、尿漏れを防ぎ尿意による目覚めを良くする作用が症状を改善します。
    製造:Actavis

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ユリーフ・ジェネリック

    ユリーフ・ジェネリック

    ユリーフ・ジェネリックは、尿をスムーズに排出させるお薬です。 尿のスムーズな排出が妨げられる原因の一つである前立腺肥大症は、膀胱のすぐ下にある前立腺が大きくなる事で、尿道が圧迫され尿が排出がされにくくなる症状で、残尿感や頻尿などを引き起こします。 ユリーフは、このような前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善に用いられるお薬で、有効成分のシロドシンが、前立腺や尿道平滑筋に存在する血管収縮作用を持つα受容体(α1受容体)を遮断する事で、尿道を弛め、尿のスムーズな排出を促します。 効果発現も早く副作用も抑えられたお薬です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠102円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール

    アナフラニール

    アナフラニールは、気持ちが晴れやかにならない、マイナス思考に陥ってしまうと言った抑うつ状態とも呼べる症状に対して作用する薬です。 うつ状態の他、子供の夜尿症に対しても効果を発揮する薬です。 自分の意志とは無関係に収縮運動を始める膀胱の反応を抑えたり、開いてしまった尿道を締める効果もあります。 また「過眠症」とも呼ばれるナルコレプシーにも処方される薬でもあります。 三環系の抗うつ剤として知られておりますが、使用は広い範囲に渡ります。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠56円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トフラニール

    トフラニール

    トフラニールは、第一世代の三環系抗うつ薬でうつ病や遺尿症の治療薬です。 悲観的になり、やる気が出ない、何をしても集中出来ない、夜眠れないなどの否定的になってしまう心を前向きにするのをサポートします。 うつ病では、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンと怒りのホルモンと呼ばれるノルアドレナリンが不足したことにより、脳内ホルモンのバランスが崩れ心の症状が現れてきます。 この薬は2つのホルモンをバランスよく分泌させることにより、症状の改善をします。 また抗コリンの作用が膀胱の収縮を抑え尿道を締める効果があるので、遺尿症の治療にも用いられています。
    製造:Assos

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デトルシトール・ジェネリック

    デトルシトール・ジェネリック

    デトルシトール・ジェネリックは、膀胱の収縮を抑え、容量を大きくするお薬です。 膀胱のむやみな収縮活動は、神経伝達物質のアセチルコリン受容体から分類される、ムスカリン受容体のM2・M3(膀胱平滑筋に多く存在)がアセチルコリンと結合する事により引き起こされますが、有効成分の酒石酸トルテロジンは、M2・M3受容体をブロックし収縮活動を抑制する事で、尿意切迫感や、尿の回数が異常に多くなる頻尿、または夜間頻尿、切迫性尿失禁(尿漏れ)といった症状の治療に効果を発揮します。 膀胱への選択性が高いため、口渇感などの副作用が少なく、さらには血中の有効成分を一定に保つことで効果を持続させてくれるので、1日1回の服用で済むという点も嬉しい特徴です。
    製造:Pharmathen S.A

    もっと見る

    1錠73円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポラキス・ジェネリック

    ポラキス・ジェネリック

    ポラキス・ジェネリックは、膀胱の収縮を抑えるお薬です。 頻尿や尿失禁は、膀胱の筋肉(平滑筋)が勝手に収縮活動をする事で起こりますが、有効成分のオキシブチニンは、筋肉の勝手な収縮活動を抑制し筋肉を弛める事で頻尿や尿失禁の症状を和らげ、膀胱の容量を大きくし尿を溜めやすくしてくれます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アナフラニール・ジェネリック

    アナフラニール・ジェネリック

    アナフラニールは、第一世代の三環系抗うつ薬です。不安障害や過食症などにも利用される精神薬です。 セロトニンを増やす作用に非常に長けており、抑うつ状態の改善に強く効果を発揮します。 不安感や憂うつ感、うつ症状や悲観的な感情など様々な精神状態に効果的に作用する万能薬です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレンブテロール(スピロテロール)

    クレンブテロール(スピロテロール)

    ウエストコースト社が製造開発しているスピロテロールは、有効成分クレンブテロール塩酸塩を有した気管支喘息の薬でスピロペントのジェネリック医薬品です。 この薬は、アドレナリンβ2受容体に作用し喘息や気管支炎、肺気腫、腹圧性尿失禁の治療に用いられています。 近年では、アドレナリンβ2受容体を活性化させる効果から、身体を脂肪燃焼させやすい環境にし、カタボリック作用を抑制する高い効果に注目され、ボディビルの世界では減量目的で使用されることが多くなりました。 アナボリック効果がありますが、非ステロイド薬になります。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る

頻尿

頻尿とは

頻尿とは 夜中に尿意をもよおし、トイレに行きたくなる。
しかも何度も何度も目が覚めてしまう。
普段からとにかくトイレが近い…。
生理的現象は意のままには成らないというのは承知の上で、それでも異常とも感じる回数がある…これは「頻尿」という症状です。
人に話すことを躊躇われがちな症状ですが、様々な病気の兆候と成りうるのが頻尿です。
しっかりと知ることで予防、そして改善へとつなげる必要があります。
そもそも何をもって頻尿と呼ぶのでしょうか。
まずは尿の回数です。
人間の排尿回数は、個々人によって差は生じるものの「日中に約5回、夜間には0~1回」が平均的な回数です。
それが様々な原因により、排尿回数が上がることで頻尿と呼称されるのです。
その回数は、はっきりと決まっており、1日に8回以上の排尿が頻尿と呼ばれる状態となります。
1回の排尿において尿の量が多ければ「多尿」となり、そちらにも注意をしなくてはなりません。

頻尿の原因

頻尿の原因 頻尿の原因は、疾患の症状で別れており、主な原因疾患は次のようになっています。

1.前立腺肥大症
男性ホルモンの分泌が強まる高齢男性が罹患することが多いものです。残尿感や夜間の頻尿を伴います。
2.膀胱結石
腎結石が膀胱へと流れこみ、尿道に詰まってしまう状態です。排尿痛も伴います。
3.膀胱炎
文字通り膀胱の炎症です。
4.膀胱異物
大きく分けて結石も入りますが、膀胱に異物が混入している状況です。
5.過活動膀胱(OAB)
急に尿意が起きて我慢できない、トイレが近すぎるという頻尿の解りやすい症状が1番出るものです。
神経因性の基や女性の場合は、骨盤底筋のトラブルなどに原因があります。

頻尿のリスク

膀胱などの疾患に加えて、夜間頻尿の人の死亡率が常人の2倍という研究結果もあり、頻尿が引き起こす病気へのリスクは確実に存在します。
夜間頻尿といえば、高齢者の発症が多いものと知られていますが、20代30代という若さにあっても夜中に目が覚め、トイレに行くことが多い…という方は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。
睡眠時に呼吸が止まり、酸欠の状態が1時間に5回以上発生し、日中の強烈な眠気に襲われる他、重篤な疾患にも繋がる病気ですが、これも頻尿を伴います。
また、夜の尿は日中よりも少ないものですが、糖尿病、腎臓病、心臓病といった疾患の兆候として尿の量が増えることがありますので、結果、夜間頻尿になりやすくもあります。
尿と病気は密接な関わりがあり、自分の意思とは無関係に尿が漏れる尿失禁、前立腺肥大症による頻尿と排尿障害。
これらは動脈硬化、うつ病、過度のストレスから生じるものであり、頻尿は病気のサインであることの表れでもあるのです。
頻尿のリスク

頻尿の予防と治療法

頻尿は危険な疾患の兆候でもありますが、疾患そのものではない頻尿、軽度なものはケアの仕方によって改善は可能です。

・骨盤底筋体操
骨盤底筋体操 女性ならば骨盤底筋を強化させることがおすすめです。
骨盤基底筋と呼ばれる直腸、膀胱、子宮、尿道をいった部位を支える筋肉を指し、加齢などによってこの筋肉が弱くなると、膀胱を支える機能もまた弱まり、尿漏れなどに繋がるのです。
1.背筋を伸ばした正しい姿勢で立ち、片手をお腹にあて、片手をお尻にあてる。
2.他の部分に力を加えずに肛門、膣を締め、緩める動作を繰り返す(回数は2~3回)
3.更にゆっくりと、徐々に力を入れて、肛門と膣を締め、ゆるめる動作を繰り替えす(回数は2~3回)
4・骨盤周辺の筋肉を体の中に引き入れるイメージで、下腹部を持ち上げるように力をこめ、また締めて緩める動作を繰り返します。
これらの体操は慣れてくればお腹やお尻に手を当てなくてとも出来るようになりますので、電車の中などでも可能になります。

・膀胱訓練
尿を我慢することで、膀胱の中に溜まる尿の量を段々と増やしていき、排尿の回数を減らす方法です。
1.尿意を感じた時、尿道と肛門に力をこめて我慢をします。
2.尿意を散らすために他の事を考えたり、深呼吸などをします。
3.この「我慢」の時間を5分、10分と延ばしていきます。
こうした膀胱訓練は、神経要因での頻尿に対して効果が見込まれます。
疾患が原因での頻尿になると、尿を我慢することが逆に症状を悪化させますので、何よりも重要なのは「自分がどの症状からくる頻尿なのか」ということを知ることにあります。

膀胱訓練

・医薬品
デトシール 1.デトシール(酒石酸トルテロジン)
過活動膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
日常的に尿意が強く、追い詰められている尿意切迫感の症状に効果的です。
頻繁に膀胱が収縮してしまうことを抑え、膀胱を広げて尿を貯められるようにしてくれます。

ポラキス 2.ポラキス(オキシブチニン塩酸塩)
神経因性膀胱と不安定膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
人間の膀胱は尿を500mlは貯められるようになっていますが、副交感神経の乱れから、膀胱を収縮させ、尿意の信号を出してしまうのが頻尿の原因です。
頻尿、尿意切迫などの排尿障害に対して処方する薬で、抗コリン作用により膀胱の平滑筋を緩め、膀胱のサイズを拡げることによって尿を貯められる様になります。

トビエース 3.トビエース(フェソテロジンフマル酸塩)
過活動膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
頻尿、夜間頻尿、そして尿漏れといった日常生活において大変なストレスを生じさせる症状を改善します。
人がトイレに行く回数は、日中で5~7回、就寝中は0回というのが正常と言われています。
頻繁に膀胱が収縮してしまうことを抑え、膀胱を広げて尿を貯められるようにしてくれます。

口コミ・レビュー

  • ミスターさん (42歳)
    1日に何度もトイレに行っていたのが数える程度まで減りました。ポラキスジェネリックには特にこれといって副作用みたいなものも感じないので、僕の体質と相性がいいのかな。思い通りの生活ができるようになってよかった。
  • まつさん (48歳)
    歳のせいか最近トイレが近くなり、夜中に1回行くこともしばしば。改善すべくこちらのお薬を注文しました。服用して2ヶ月後から効果が出始め、最近は夜中にトイレに行かなくなりました。歳を取るごとになり易くなるので、私と同じ世代の人も念のため持っておいた方が良いと思われます。
  • 氷河期さん (22歳)
    現在大学3年生なのですが、就職活動がなかなか決まらず、無気力になりうつになりかけました。心療内科に通おうとした所、その前にとこの薬を友人に勧めてもらったのですが、服用後落ち込む事がなくなり気持ちも楽になったので病院にいかなくてすんでよかったです。
  • 抹茶さん (60歳)
    夜中に何度も起きていたのがかなり改善されました。トビエースを使い始めてから、夜中起きずに済んでいます。
  • ユッキーさん (25歳)
    仕事の不安で押しつぶされそうになりますが、これのおかげで少しずつ落ち着いてきて、だいぶ楽になってます。
  • 303号室、白死の桜さん (29歳)
    うつ病でいろいろな薬を使いましたが、いまだに自分にとってベストな薬を探しています。 古い薬なようで一応の信頼はあるかなと、使ってみました。効果はハッキリとわかりやすいですね。強制アッパー系です。だいぶ生活できるようにはなります。副作用も強いとは聞いてはいました。口が渇くとか、眠気とか、だるさとかはそれなりです。用法用量を守って自己責任で。
  • 頻尿の悩みさん (29歳)
    頻尿を治したいとうのが一番の理由でポラキス・ジェネリック通販しました。そうとうに安いですね。通院も考えましたが、やはり病院にさく時間と費用に大きな差がでていますね。最高に助かっています。ありがとうございます。
  • シマシマさん (38歳)
    まだ30代なのに過活動膀胱になってしまって、困っていました。ネットでデトルシトールという薬が効くとあったので、探してみたらジェネリックが通販で購入できるので買って飲んでみたらトイレに行く回数が劇的に減ってとても助かっています。
  • マチさん (26歳)
    パニック障害持ちなので、時々襲ってくる不安感と動悸に悩んでいましたがこの薬の助けを借りるようになってからだいぶよくなりました。
  • 勢太郎さん (48歳)
    最近やたらトイレが近いため、試しに飲んでみました。そしたら寝ている時のトイレの回数が減りぐっすり眠れるようになりました。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ