関節リウマチ

更新日:
リウマチ性疾患とは、免疫異常により手足の関節が腫れて周辺の骨や筋肉、腱などに痛みが生じ変形も伴う病気です。原因は特定されていませんがウイルスなど外部の敵から体を守る免疫が深く関係しています。

売れ筋ランキング

関節リウマチの商品一覧

  • ボルタレンゲル

    ボルタレンゲル

    ボベランゲルは、日本名「ボルタレン」の外用ゲル薬です。 含有成分ジクロフェナクNa(ナトリウム)がチューブに入っていて、発熱感を伴う痛みなどに直接塗って素早く効きます。 とりわけ威力が高く、ほぼ数時間内に痛みが治まることが多いので解熱鎮痛剤の中で1番効き目をもたらすとまでされています。 また外用薬なので、服用薬の錠剤につきものだった副作用の胃炎、胃潰瘍が無くなっています。 形状からも、打撲骨折肩こり腰痛など体の外側で起こる痛みに用途するのが望ましいでしょう。 ズキズキと強い痛み、止まらない発熱感を半日程で和らげてくれる最強の解熱鎮痛剤になります。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1本864円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セレコックス・ジェネリック

    セレコックス・ジェネリック

    セレコックスは、腫れや痛みを緩和する対症療法薬です。 世界で100を超える国や地域で販売されているセレブレックスのジェネリック薬で、主に、関節リウマチ・変形性関節症・腰痛症の症状緩和、さらに術後や外傷後の消炎・鎮静に用いられるのが一般的とされています。 セレコックスの有効成分であるセレコキシブは、COX2を選択的に阻害するという特徴を持った画期的なお薬で、新しいタイプの鎮痛薬としてCOX-2高選択的阻害薬とも呼ばれており、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症の症状がひどく出ている場合など、局所的に服用することが望ましいお薬です。
    製造:Ipca Laboratories

    もっと見る

    1錠33円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロン

    プレドニゾロン

    特徴 プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンは、Aspen社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではプレドニゾロン1mg/5mg/25mgの3種類が購入可能です。
    製造:Aspen

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ボルタレン・ジェネリック

    ボルタレン・ジェネリック

    ボルタレン・ジェネリックとは、Aliud Pharma社が開発を行っているジェネリック医薬品です。同一成分のため安価で同じ効果を得られるメリットがあります。 クリーム等の外用薬と比較し、身体の隅々まで痛みや炎症を和らげる効果が発揮されます。
    製造:Aliud Pharma

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナイキサン・ジェネリック

    ナイキサン・ジェネリック

    ナイキサンジェネリックはナプロキセンを有した、腰痛や関節痛などの痛みや炎症を鎮める、痛み止め薬として処方されることが多い、解熱鎮痛消炎剤です。 この薬は非ステロイドの抗炎症薬で、鎮痛薬としての効果の発現が早いのが特徴です。 腰痛、リウマチ関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)、腱鞘炎などの関節痛や月経困難症、痛風、歯痛などの症状にも用いられている治療薬です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠12円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ボルタレンカプセル

    ボルタレンカプセル

    ボルタレンカプセルとは、筋肉や関節痛、腫れや炎症の痛みを軽くしてくれる薬です。 ノドの痛みや発熱を伴う風邪の症状にも使用されることがあります。 解熱作用に対しては対症療法となります。 またこちらの商品はカプセルタイプとなっています。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠44円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロキソニン(海外市場向け)

    ロキソニン(海外市場向け)

    特徴 ロキソニンは第一三共社が開発した鎮痛・抗炎症・解熱薬です。 白色で丸形の錠剤が特徴で、関節リウマチ、腰痛症、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎などの治療に用いられています。 当サイトで取り扱っているロキソニンは第一三共社が製造・販売している正規品です。 効果 ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物は、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。 副作用 主な副作用には発疹、腹痛、胃部不快感、眠気、AST上昇などがあげられます。 成分量 日本国内においては60mgが処方されています。 当サイトでも60mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロキソニン

    ロキソニン

    特徴 ロキソニンは第一三共社が開発した鎮痛・抗炎症・解熱薬です。 白色で丸形の錠剤が特徴で、関節リウマチ、腰痛症、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎などの治療に用いられています。 当サイトで取り扱っているロキソニンは第一三共社が製造・販売している正規品です。 効果 ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物は、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。 副作用 主な副作用には発疹、腹痛、胃部不快感、眠気、AST上昇などがあげられます。 成分量 日本国内においては60mgが処方されています。 当サイトでも60mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メドロール(プレドニゾロン)

    メドロール(プレドニゾロン)

    特徴 メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているメドロールは、ファイザー社が製造・販売している正規品sわう。 効果 メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては2mg/4mgが処方されています。 当サイトではメドロール8mg/16mgの2種類が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠122円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コビックス(セレコックス)

    コビックス(セレコックス)

    コビックスは、セレコックスのジェネリック医薬品でシプラ社が開発した腫れ・痛みを緩和する消炎・鎮痛剤です。リウマチ・関節炎・筋肉痛といった症状に効果があります。副作用が少ないのもコビックスの特徴です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ボルタレン徐放錠

    ボルタレン徐放錠

    特徴 ボルタレン徐放錠はノバルティス社が開発した、関節症や腰痛、筋肉痛、熱によるノドの痛みをともなうカゼにも使える医薬品で、血中の薬物濃度が長時間持続することから、持続性製剤とも呼ばれる徐放剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているボルタレン徐放錠は、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。 効果 ボルタレン徐放錠の主成分であるジクロフェナクナトリウムは、筋肉や関節痛、腫れや炎症の痛みを軽減しますが、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 副作用 主な副作用は胃腸症状ですが、重症化することはまれです。 成分量 世界では100mgが販売されていますが、日本国内でもこの100mgが処方されています。 当サイトでも100mgの購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠162円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ボルタレン

    ボルタレン

    ボルタレンとは、炎症や腫れ、痛みなどを緩和し熱を下げる効果のある薬です。 熱や咽頭(ノド)の痛みを伴う風邪にも使用されることがあります。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カウンターペインホット

    カウンターペインホット

    カウンターペインホットは、筋肉痛や肩こりの症状を緩和する外用薬です。 筋肉痛は、筋肉の普段使われていない部分が突然使われたり、同じ筋肉が使われ過ぎるなどして、筋繊維や結合組織が傷付き炎症することで起きると言われていますが、カウンターペインホットが持つ3つの有効成分は、これらの炎症に働きかけ症状を緩和します。 関節痛や捻挫、打撲といった症状を和らげる効果もあることから、整骨院やスポーツチーム、アストリートに愛用されており、スポーツや運動をする方にオススメの商品と言えます。
    製造:大正製薬

    もっと見る

    1本1,538円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カウンターペインプラス

    カウンターペインプラス

    カウンターペインプラスは、海外アスリートにも人気の鎮痛・抗炎症剤です。 どこかで1度は必ず聞いたことがある「大正製薬」が東南アジア限定で製造・販売しています。 ちょっと分かりづらいですが、「特許の関係でまだ日本では販売できないけど先に東南アジア地域限定で販売していますよ」といわゆる逆輸入の意味合いになります。 最近流行りのムエタイ・ジムに代表されるタイ国ではジム団体施設からアスリート選手まで男女ともに広く使われているともいわれています。 含有成分ピロキシカムなどが配合されたメンソール状ゲル薬が筋肉痛、肩こりはもちろん打ち身打撲内出血箇所にもよく効くとされる対症療法薬になります。
    製造:大正製薬

    もっと見る

    1本1,982円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブルフェン・ジェネリック

    ブルフェン・ジェネリック

    ブルフェンジェネリックは、イブプロフェン400mgを配合した炎症・痛み・解熱作用のある鎮痛薬です。 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されている有効成分イブプロフェンは、国内では痛み止めや解熱剤で多く処方されており、有名な物だとロキソニン、アスピリン、コンタック風邪薬と同じNSAIDsに分類されてます。 1錠あたりの作用は市販品と比べ強くなっており、関節リウマチ、腎結石、痛風、尿路結石、片頭痛、外傷、神経痛、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛など、幅広く使用されています。
    製造:Ipca Laboratories

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナイスジェル

    ナイスジェル

    ナイスジェルとは、筋肉痛や関節リウマチなどに効く鎮痛・抗炎症剤です。 インド売上高2位を誇る製薬会社ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ社から製造・販売されています。 鎮痛成分を含んだメンソール・カプサイシン入りのゲル薬が、手首のひねり打撲など軽い怪我から筋肉痛・関節リウマチまで痛みと熱感を抑制してくれる対症療法薬になります。 そのため塗るとスースーとした清涼感、ピリッとした刺激を与え効果を振るいます。 ステロイド成分を含まない外用ゲル薬になるので体や顔のむくみや胃腸の荒れも心配ないでしょう。
    製造:ドクターレディー

    もっと見る

    1本1,213円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テルネリン・ジェネリック

    テルネリン・ジェネリック

    テルネリンジェネリックとは、チザニジンを有効成分とした筋緊張緩和剤です。 整形外科などで処方され、筋肉や肩コリをほぐし痛みを和らげる治療薬になります。 含有成分チザニジンは、しっかりとした効能があり飲むと羽がはえたようにリラックス出来るとも言われます。 副作用に眠気が多く見られるので、仕事や運転前に飲むのは事故の原因にもなるのでお止め下さい。 つらいヘルニアや肩こり緊張型頭痛にしっかり効いてくれる治療薬になります。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セレブレックス

    セレブレックス

    セレブレックスはファイザー社が開発製造している有効成分セレコキシブを有した関節リウマチや腰痛症などの関節の炎症に伴う痛みを鎮める鎮痛剤です。炎症を鎮め、腫れや痛み、発赤などの 症状を抑えます。 炎症や痛みに関与する酵素の働きを抑える事で、様々な関節痛、けが、の症状を改善します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠51円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルマラヤ ジェル(ヒマラヤ)

    ルマラヤ ジェル(ヒマラヤ)

    ヒマラヤ ルマラヤ ジェル(HIMALAYA RUMALAYA GEL)は関節痛や腰痛、筋肉痛といった様々な関節の炎症を緩和させる作用のある天然成分を配合したハーブジェルです。 インドのアーユルヴェーダー医学の伝統に基づいた生薬が配合されており、関節病変部の血液循環を良くすることで、炎症をしずめて、痛みや腫れを抑制することで関節のこわばりを解消する働きが期待できるインドの伝統医学で知られるアーユルヴェーダを基調とした関節に有用なオーガニックジェルです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1mg45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルマラヤ

    ルマラヤ

    ルマラヤ(Rumalaya)は、関節の痛みを緩和させる為に、日常服用するサプリメントです。 関節痛は過体重により、膝などの関節に負担が掛かる事から生じます。 体重管理とトランス脂肪酸など、炎症を起こす脂との組み合わせも気を付けなければいけません。 ルマラヤには、インドの伝統医学アーユルヴェーダの思想に基づき、古来から愛されているハーブが8種類がブレンドされ、腸や胃の環境を整え、関節症やリューマチなどの症状を和らげます。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラマドール・ジェネリック

    トラマドール・ジェネリック

    強力な痛みに効果が有る痛み止めです。オピオイド系の鎮痛剤の1つであるトラマドールのジェネリック医薬品になります。セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害作用を併せ持ちます。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠22円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

関節リウマチ

リウマチとは

リウマチとは リウマチというのは、お年寄りが掛かっている病気というイメージがありますが、若年層でも十分その可能性があるものです。
リウマチとは、免疫に異常がみられ、手足の関節が腫れ、その周辺の骨、筋肉、腱などに痛みが生じる病気であり、これらをまとめてリウマチ性疾患、リウマチと呼称します。
腱、筋肉といった書き方をしましたが、一般的にはリウマチ=関節リウマチとも言われており、一番数が多いものです。
患者数は70万人から100万人とも言われています。
男性よりも女性の方がリウマチに掛かりやすく、男女比が女性5人に対して男性が1人と女性の数が多い事からも解ります。
リウマチの掛かり始めには、熱っぽい、食欲の減退、体のだるさといった風邪の初期に似た状態が続き、朝起きた際に体が強張るといった症状も観られます。
その兆候を放置していくと、小さな関節が腫れ、手首、ひじ、足首に膝という具合に、関節じゅうに症状が広がっていくのです。
熱が出るという事で「リウマチ熱」という言葉もあるのですが、これは正しくは別の病名です。
溶連菌という細菌により引き起こされる病気であり、関節リウマチとは関係がありません。

リウマチの原因

正直、原因はいまだ不明であり、免疫の異常により発症するというところしか解っていません。
人間の体には、ウイルスなど外部からの敵から体を守る「免疫」があるのですが、これが関節を守るはずの組織や軟骨などを「敵」とみなして攻撃するというのがリウマチです。
大きなカテゴリーでは「自己免疫疾患」とも呼ばれるリウマチは、体質的に起こりやすい人がいると言われています。
細菌、ウイルスの感染、出産やけが、そしてストレスというキッカケで発症することもあります。
「母がリウマチで自分もそうなった」という、家系内で発症することもありますが、遺伝性が強いということでもありませんので、考え過ぎないようにしたいところです。

リウマチの初期症状

リウマチの初期症状 リウマチは、風邪のような症状からスタートすることも多く、症状が重くなるまで判断が付きづらい病気でもあります。
朝起きて30分以内の間に違和感を含めた初期症状は出やすいものです。
リウマチは女性が圧倒的に掛かりやすい病気ですので、30代から50代の女性は、以下のような違和感が少しでもあれば、検査に行かれることをオススメします。

・パジャマのボタンが外し難い
・ハサミ、ホチキスが使いづらい
・TVのリモコンが押し難い
・家の鍵が使いづらい
・歯ブラシが持ち難い
・ドアノブが回し難い
・食事の動作に違和感を感じる

いずれの違和感も、日中には落ち着きますので「寝起きだから」と見逃しがちになります。
リウマチの痛みや腫れの症状は、手指の第二関節に出やすいと言われています。
そして左右対称の症状が出やすくなるとのこと。
右の指に違和感が出れば左指にもという感じです。
ただ「単関節型」と言われる右だけ、左だけという方もいます。
また「フライパンを振る時だけ、右のひじが痛む」という料理人の男性が血液検査の結果、関節リウマチだったというケースも存在します。
体の違和感は自分にしか解らない部分ですので、早めに専門医への相談が必要です。
リウマチの初期症状

関節リウマチの治療法

関節リウマチの治療法 関節リウマチには、症状の進行具合に応じていくつかの治療方法があります。
1つはリハビリテーションです。
これは関節の可動範囲を広げることで、血流を改善させ、強張った筋肉を和らげて痛みを取る療法です。
他にも患部を温めることで強張りを和らげる温熱療法もあります。
もう1つが手術療法です。
リウマチによって関節の滑膜が増殖してしまうのですが、それを切除する滑膜切除術、更に壊れてしまった関節を人工関節へと交換することで機能を甦らせる「機能再建術」があります。
そして、最もポピュラーな療法として行われているのが薬物療法です。
腫れてしまった関節や痛みなどを抑えながら、免疫の乱れによる関節細胞の破壊の進行を抑えるのが狙いです。

・薬によるリウマチ治療

関節リウマチの治療に使われる薬は、主に4つに分けられています。

コビックス(セレコックス) 1:消炎鎮痛剤(NSAIDs)
関節の痛みや腫れを和らげるのが消炎鎮痛剤です。一般的には「痛み止め」とも呼ばれています。
消炎、鎮痛、解熱の効果がある薬剤の総称であり、もっと広く言えば「ステロイドではない抗炎症薬」全てを指します。
プロスタグランジンという、炎症の基となる物質をブロックすることにより、関節の痛みや腫れを和らげます。
速効性の高いものが多く、飲んだ後ですぐに効く薬も多いので、セレコックスなどは一番最初に処方される薬でもあります。
有効成分は「セレコキシブ」で、他にも痛み止めでも有名な「アスピリン」「ロキソプロフェン」などがあり、相性や副作用によって使い分けます。
総じて消炎鎮痛剤には炎症を抑える代わりに胃潰瘍が出来やすくなったり、腎臓の機能低下を招くことがあるなど、副作用があります。
メインとなる薬のために、その進歩は目覚ましく、副作用が少なくなるように工夫された薬の開発が進んでおります。
効果はやや弱いものの副作用が少ないもの、胃の粘膜から吸収されることで胃潰瘍の要因となっていた成分を、一度肝臓で吸収させるように向かわせるなどという薬も存在します。

2:副腎皮質ステロイド
とても強力な抗炎症作用がある薬ではありますが、関節リウマチへの効果はあくまで限定されており、副作用も多く存在するためにサポート的に使われます。
主なものとして錠剤ではプレドニン、メドロール、リンデロンなどが存在し、5-10mg服用しますが、現在では関節リウマチの患者さんが少量を使用する以外は、あまり使われてはおらず、減量、中止といった方向になっています。

3:抗リウマチ薬&免疫抑制薬
抗リウマチ薬とは、免疫反応の異常からなる関節リウマチを改善させることで、炎症を抑える薬です。
1980年代までは、リウマチの治療は「弱い薬から徐々に強い薬へと上げていく」という「ピラミッド計画」の方法がメインとなっていましたが、現在においてはリウマチ発症の3ヶ月以内という早い段階から抗リウマチ薬を使用する例も増えてきています。
加えて、現在では有効成分「メトトレキサート」を含有する薬が第一に選ばれることがセオリーになってきました。
抗リウマチ薬は効果が現れるのは遅めではありますが、その持続性は高く、効果が出ればそこから薬の量を減らすことが出来るなどというメリットがあります。
患者さん個々により反応する薬と反応しない薬が分かれますので、他のリウマチ薬と切り替えるなどの柔軟な対応が出来るのも特徴です。
メトトレキサート以外では、以下の有効成分を含有した薬があります。

・金製剤「シオゾール」などの名称で発売されており古くからの薬です。
・ペニシラミン「メタルカプターゼ」などの名称で発売されています。
※重金属のキレート薬として、リウマチに対する効果が高い反面、白血球が減ってしまうなどの副作用があるのがデメリットです。
・ブシラミン「リマチル」などの名称で発売されています。
※ペニシラミンに似た化合物でありながら、重い副作用が少ないため、最初に選ばれる薬でもあります。
・ミゾリビン「ブレディニン」などの名称で発売されています。
※日本で開発された免疫抑制薬で効果はそれほど高くありませんが、副作用が少ない薬です。
・タクロリムス「プログラフ」などの名称で発売されています。
※免疫抑制剤を代表するもので、副作用は腎臓に及ぶ可能性がありますが、肝臓や肺への報告は少なく、他のリウマチ薬とは異なります。 薬によるリウマチ治療

口コミ・レビュー

  • junさん (44歳)
    山登りが趣味で、筋肉痛や腰痛が起きたときにはこれに頼ってます!
  • おっちゃんさん (42歳)
    鼻炎がひどくて購入。基本の成分は調べたほうがよい。こういうのはなんとなく買ってやっぱり効かない…となるのはアホですので、病院でもらった薬の成分表を見るくらいはしてみては?
  • フォビドゥンさん (31歳)
    ボルタレンは効きすぎ(笑)ぎっくり腰で立てないくらいの痛みになった日にボルタレン貼って寝てたら立ち上がれるように!立てない人立たせるってどんな劇薬なんだろうな(笑)効果があるから使い過ぎちゃうのが玉にキズ。たしか市販のボルタレンには使用制限回数があったのでそれに気をつけながら飲んだほうがいいかもね。
  • 小倉さん (42歳)
    ひざの痛みを改善できればいいなと軽い気持ちで使い始めました。サプリは副作用が出ないのがいいですよね。使い始めたころは、ひざの痛みがひどくて、毎日痛みとの戦いでした。ルマラヤを使い初めて、数週間たったころには痛みが軽くなっていて驚きました。とくに食生活を改善したわけではないので、ルマラヤのおかげかと思います!
  • くみさん (31歳)
    痛み止めはいろんなものがありあすが、私にはボルタレンカプセルが合っているようです。生理痛や、関節痛があるんですが、これを飲むとすぐに効果が出て痛みが消えます。めっちゃたくさん入っているんで、コスパが抜群です。ドラッグストアーにいくよりもこっちがいいかなって思います。熱が出たときにも、これを飲んで休むと熱が下がります。
  • 佐々木さん (50歳)
    朝になると関節リウマチが痛み出すのですが、ナイキサン・ジェネリックを使ってからはだいぶ痛みがマシになりました。すぐに効いてくれるのがうれしいです。病院でもらう薬よりも痛みがなくなるのが早いのではと思うほどです。関節が痛いと家事もできず、外にいくこともできなかったのですが、ナイキサンのおかげで毎日快適です。
  • さん (36歳)
    小学生から偏頭痛持ちの私は、偏頭痛暦26年の偏頭痛ベテランです(笑)ほんとに酷いときは部屋の隅っこで体育座りをしてひたすら耐えてます。ロキソニンがないと死にます。普通に生活できないです。頭が痛くない日などないので。(笑)常備薬として購入するのは2回目ですが、こちらのサイトはわりと届くのが早いし気に入ってます。梱包が少し雑なので、気になる方は気になると思いますが、値段を考慮すればこんなもんかな。
  • Ryoさん (36歳)
    現在歯の治療中で、よく歯痛で眠れないほどずきずきすることがありました。市販の痛み止めだとすぐに効能が切れて飲みすぎてしまって、吐き気に見舞われることがあったりで散々だったのですが、ボルタレンだと効いてる時間も長いように感じ、今のところ副作用も無くてとても気に入っています。あと半年くらいはお世話になりそう。個人輸入代行を通して薬を買うのは初めてだったんですが、届くのもそんなに遅くなくて、緊急で薬が必要な時以外はいいと思います。
  • 輪入道さん (26歳)
    ボルタレンには湿布薬でお世話になっていました。もうね!どれよりも効く。ホントその一言に尽きますね。でも、ひとつだけ気になるのが湿布特有のニオイでした。デスクワークで凝り固まった腰に使用していたのですが、オフィスだとニオイがもろに気になってしまうので使いづらいのが難点でした。しかしこれは飲み薬なのでその問題が解決。使い勝手の良さに驚きました。さらにジェネリック医薬品ということもあり低価格。これは文句なしの一品ですね。
  • ムトウさん (40歳)
    腰痛もちでふとしたときに激痛に襲われます。治療したいのですが、仕事もあってなかなか病院へ行くことができません。痛みがでると生活ができないほどで、仕事も行けなくなります。私にとってトラマドール・ジェネリックのような薬があると助かります。すぐに効果が実感できるので、痛みが出ても仕事を休まなくてもすんでいます。痛みのほうも完全になくなるわけではありませんが、使うのと使わないのでは大きな差があります。これからも愛用させていただきます。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ