認知症

認知症とは、後天的な脳の障害で正常に発達した知能が不可逆的に低下していく疾患【記憶障害・判断能力低下・見当識障害・妄想や徘徊】です。正常な神経細胞が壊れ脳萎縮を起こす事が原因と考えられています。

売れ筋ランキング

認知症の商品一覧

  • アリセプト・ジェネリック

    アリセプト・ジェネリック

    アリセプトとは、ユーケージェネリック社が開発したアリセプトのジェネリック医薬品です。 主に認知症の症状を緩和する医薬品で、アルツハイマー型認知症に多く用いられるお薬です。 軽度~中度の認知症の方にオススメしています。
    製造:UK Generic

    もっと見る

    1錠46円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イクセロン・ジェネリック

    イクセロン・ジェネリック

    イクセロンジェネリックは、有効成分をリバスチグミンとするアルツハイマー型認知症のお薬です。 神経伝達物質の減少を防ぎ、記憶や判断など脳の機能を正常にします。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠43円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メマリー・ジェネリック

    メマリー・ジェネリック

    メマリージェネリックのアドメンタは、アルツハイマー型認知症の中期から後期に利用される治療薬です。 アルツハイマー型認知症は、中期頃から問題となる症状が多く見られるようになります。 主成分のメマンチン塩酸塩が、認知機能障害の悪化を抑制してくれます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠58円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レミニール・ジェネリック

    レミニール・ジェネリック

    レミニールジェネリックは、アルツハイマー型認知症の初期から中期症状に効果のある抗認知症薬です。 アルツハイマー型認知症は、アセチルコリンという神経伝達物質をアセチルコリンエステラーゼという酵素により分解されることで進行します。 レミニールは、酵素の働きを阻害し脳内の神経伝達物質を増やしたことで、症状の進行を抑制します。 人により効果は様々ですが、最大で1年程前の状態まで回復出来るとされています。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イクセロンパッチ

    イクセロンパッチ

    イクセロンパッチは貼るタイプの認知症治療薬です。 背部、胸部、上腕部などに貼付することで、有効成分のリバスチグミンが経皮吸収され効果を発揮します。 リバスチグミンで、脳内のアセテルコリンの量を増やす効果があり、アルツハイマー型認知症に有効な効果を発揮します。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1枚168円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ドネセプト

    ドネセプト

    ドネセプトは、アルツハイマーやレビー小体型認知症の進行を抑制する抗認知症薬です。 認知症の進行率が中程度であれば、その有効性は20%~30%にもなり、症状を半年から1年前くらいの状態に戻す事が可能です。 主成分であるドネペジル塩酸塩は、世界で初めて抗認知症薬として認められたお薬で、口腔内崩壊錠やゼリータイプ、ドライシロップタイプなど高齢者が服用しやすいように今もなお、改良されています。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠63円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニモトップ

    ニモトップ

    ニモトップは、循環する血液量を増加させて血圧を下げながら、脳内の血流状況を改善し、記憶力や集中力を高める効果をもつスマートドラッグです。 本来は狭心症や高血圧症といった症状の患者に対して、血管平滑筋を弛緩させて循環する血液の量を増やし、血圧を低下させることを目的とした薬でした。 二次的な作用として脳内の血流改善に効果があることが判明し、記憶力、集中力を向上させる薬となりました。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1錠60円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アリセプト

    アリセプト

    アリセプトの有効成分であるドネペジル塩酸塩は、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害してアセチルコリンの量を安定させ、認知症の症状の進行を抑えます。 認知症は、アルツハイマー型・血管性・レビー小体型・前頭側頭型などに分類がされますが、アリセプトはアルツハイマー型とレビー小体型の認知症に効果を発揮します。 服用開始から、症状改善の効果が現れるまでに要する期間はおよそ3ヵ月(12週程度)となっています。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シチコリン

    シチコリン

    シチコリンは、脳内の神経伝達物質アセチルコリンを増やし、記憶力や集中力などの脳の機能を高める薬です。 副作用も少なく、現在ではスマートドラッグやサプリメントとして広く使用されています。
    製造:マクレオーズ

    もっと見る

    1錠135円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イデベノン・ジェネリック

    イデベノン・ジェネリック

    イデベノンジェネリックは、アルツハイマー型認知症の治療薬ですが、記憶力など脳の機能を向上させるスマートドラッグとしても利用されています。 またその抗酸化作用の高さから、肌にハリとツヤを出し、シミやシワを防ぐスキンケア薬としても利用出来ます。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠84円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エビクサ(メマリー)

    エビクサ(メマリー)

    エビクサはアルツハイマー型認知症の中期から後期にかけての治療薬です。 過剰なグルタミン酸を抑制する事により、神経を守ることで、グルタミン酸系の神経異常を改善したことにより行動異常や心理症状に良い影響を与えます。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1錠63円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レミニール

    レミニール

    レミニールは、ヤンセンファーマが開発したアルツハイマー型認知症のお薬で、ガランタミンが有効成分となります。 アルツハイマー型認知症の症状が進行するのを抑える薬で、日本では2011年に認可がされた比較的新しい薬です。 症状の進行が中程度までであれば20~30%の有効率があるとされています。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1錠112円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピラセタム

    ピラセタム

    ピラセタムは、最も人気のあるスマートドラッグです。 スマートドラッグとは、記憶力や認知能力といった脳の機能や能力を高める薬のことで、ヌートロピック、メモリエンハンサーなどと呼ばれています。 主に脳の神経伝達物質やホルモンといった物質の供給を増やす効果があり、認知機能を強化します。 元々はアルツハイマー治療薬として開発されたこの薬は、記憶力や注意力を向上させる効果があり、認知機能の改善を目的とするなど幅広く使用されています。
    製造:UCB Pharma

    もっと見る

    1錠49円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブラフミ

    ブラフミ

    ブラフミとは、インドの伝統薬学において最も重視されているハーブの1つです。 人の精神活動をサポートする効果があり、気持ちを落ち着かせ、集中力を高めたり、記憶力の向上に作用があると言われているサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メンタット

    メンタット

    メンタット(Mentat)は、記憶力・集中力・ぼけ防止・リラックスを目的としたサプリメントです。 天然成分で作られていますので、安全に服用することが出来ます。 記憶力や集中力の向上は基より、効果的なのが不眠症への働き掛けも期待出来ると言われています。寝つきが悪いという事は、メラトニンの分泌量が落ちているのが主な原因です。 質の悪い睡眠は、疲れやストレスも解消せず、翌日に持ち越す悪いサイクルとなりますので、メンタットを服用して質の良い睡眠を手に入れて下さい。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ギンコ・ビローバ

    ギンコ・ビローバ

    ギンコ・ビローバは、その名の通りイチョウを示し、その葉を抽出して作られたスマートドラッグです。 イチョウの葉に含まれている有効成分ギンコライドが、血液の循環に働きかけ、生活習慣から生じる肩こりなどの改善を手助けします。 そしてギンコライドの最大の特徴は、抗酸化作用に加え、老化の原因ともいえる活性酸素を抑えることです。 特にギンコライドは、脳への効果が高く、認知力や記憶力を高めるサプリメントとして愛用されています。
    製造:Swanson

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コリン

    コリン

    コリンは、脳と循環器系の機能と細胞の補修に重要な役割を担っている栄養素です。 アセチルコリンという、血管を拡張させて血管の内側へのコレステロールの付着を防ぐ物質をはじめ、肝脂肪の排出を促進させる物質レシチンを作ります。 コリンを服用することで、脂肪の代謝が高まり、体内における老廃物の排出が滞りなく行われるようになり、コレステロールのバランスが正常に保たれます。 また、脳内神経物質であるアセチルコリンの材料になる事から、欧米ではスマートドラッグとして活用されており記憶力や集中力の向上に効果的です。
    製造:Natures

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ウルトラアルファGPC

    ウルトラアルファGPC

    ウルトラアルファGPCは、集中力の散漫、物忘れなど脳機能の衰えを改善するスマートドラッグです。 商品名の通りアルファGPC(アルファグリセリルホスホコリン)が主成分として含まれています。 これは全ての生命体の細胞にあるもので、成長と再生、そして活性化といった細胞活動の根幹として使われ、生命活動の維持に必須の成分です。 サプリメントでこのアルファGPCを効率よく摂取することで、脳機能の向上が期待出来ます。
    製造:Swanson

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


認知症

認知症とは

認知症とは「物事を認識し、記憶判断に繋げる能力に支障があり、社会生活が困難になる状態」が現れた症状をまとめた病気の事を指します。
「認知症とは、アルツハイマーのことである」というのは、良くある誤解です。
認知症の原因の1つに「アルツハイマー型認知症」というものがあるという認識です。
認知症となる原因疾患には、他にレビー小体型や血管性・前頭側頭型認知症などがありますが、アルツハイマー型認知症は原因疾患の中で最も多く見られるケースであり、男性よりも女性が罹患することが多いという研究結果が公表されています。
近年に至っては、その患者数は増加を辿り上昇率が高くなっています。
一方で、アルツハイマー型に次いで多いのが「レビー小体型認知症」で、アルツハイマー型にパーキソン病の症状等が加わった原因疾患です。
症状は男性に多く確認され、女性の約2倍程の発症率とされています。
認知症は従来まで「痴呆症」とも呼ばれ、「老いたら誰でもなる病気」と現在ほど認知はされていませんでしたが、超高齢化社会へ突入を迎え、現在では数多くの研究がされています。
しかし未だ、はっきりした原因が分からないものも多く、似たような症状だけでもたくさん確認されている病気です。

アルツハイマー型認知症

日本人に特に多く、3大認知症とも呼ばれるのがアルツハイマー型とレビー小体型です。
これらともう1つ脳血管性認知症を合わせると認知症の約80%以上は、これらに該当します。
脳の神経細胞に「タウ」「アミロイドβ」と呼ばれるたんぱく質が蓄積することで、細胞が死滅し、物事の認識、判断を担う認知機能に障害が出るのがアルツハイマー型認知症です。
脳全体が委縮していく事で、身体を思うように動かせなくなり、その機能もゆっくり低下して行きます。
一般的に機能低下が始まってから、約10年程度が平均余命と言われています。
こうしたアルツハイマー型認知症の主な症状に、以下のものがあります。

1.記憶障害
一言で言うと「物忘れ」です。代表的な症状であり、最も多く見られる症状でもあります。
人間は忘れる生き物と言いますが、物忘れという単語で片付くものとは違い、アルツハイマー型認知症の方は「思い出す」ということが出来なくなります。
それは体験そのものの記憶が出来なくなることがあるからで「言われて思い出す」事が出来ません。
人と会う約束をしていても、約束そのものを忘れてしまいます。
それを指摘しても「言われていない」という反応になるために、会話を成立させるのが難しくなるのです。

2.判断能力低下
いつもは出来ていた料理において、塩加減などの分量が急に解らなくなったり「野菜炒めに何を使えば良いのか解らなくなる」という症状が出ます。
これは抽象能力の障害と呼ばれ、大根と人参の違いが解らなくなり、野菜の名前も言えなくなるという状態になります。
進行によって料理そのものが出来なくなる事もあり、片づけの順番が解らなくなり部屋が散らかってしまい、靴下の柄が左右違うものになるなど、物のコーディネートが出来なくなるという症状も出ます。

3.見当識障害
日付が解らなくなり、進行が進むとアナログ時計で時刻を認識する事が出来なくなります。
デジタル式の時計だと読めるという人も、症状の進行によりデジタルの時刻も読めなくなります。
また、絵に関する認識能力も下がってしまい、模写が出来なくなる、絵が得意な人であっても物を見た形を捉えて描くことが出来なくなります。
位置に関する認識も低下しますので、迷子になり、家の中であってもトイレの場所が解らず、ドアの位置も解らない為にそのまま失禁してしまうという事もあります。
トイレに大きな目印を付ける、明かりを通路まで灯して置くといった対応が必要です。

4.その他、心理症状など
「大切なものが無くなった」「気づかない内にお金を取られている」という「物取られ妄想」に加え、当てもなく外を歩きまわる「徘徊」。
家族の顔が解らなくなり、他人に思えてしまう。また鏡に映った自分の顔に対して「誰かがこっちを見ている」というように、自分の顔を認識出来なくなる場合もあります。

レビー小体型認知症

アルツハイマー型の症状と合わせて、パーキンソン病の症状である手の震えや本格的な幻覚症状が特徴的です。
病院でも間違った診断がされやすく、症状だけで見ればアルツハイマー型よりも深刻で、かなり解り難い原因疾患とされます。
原因として名前通りのたんぱく質であるレビー小体が、脳の大脳皮質(思考判断を司る中枢器官)や脳幹(意識やホルモンに関わる重要な中継場所)の神経細胞にたくさん集まり死滅させてしまうため認知症が起こり始めます。

1.幻視・幻覚
物忘れよりも先によく起こるとされる症状です。
「家を出たはずの子供が何故か自宅にいる」「既に亡くなった両親がこっちをじっと見ている」「ベットの上が虫や蛇でうじゃうじゃで埋め尽くされている」等、見える物は人や動物が多いとされます。
これは脳幹の神経伝達から起きるもので、例えば壁のシミを人の顔と見間違えたり、ベッドやシーツのシワを蛇等の動物と間違えるとされます。

2.手足や顔が強張る
いわゆるパーキソン病の症状で、幻視と合わせて初期段階で現れてくるとされます。
食事をこぼし始めたり、服を途中で脱げなくなったり姿勢が保てなくなる等、生活が困難になる事が多くなります。
これらは筋肉や手足の強張りから来るものなので、突然回復したと思うとまた出来なくなることもあるとされます。
また表情がとても読み難くなるともされます。

3.うつ症状が出始める
うつ病の症状が出始めたり、睡眠障害が起こるとされています。
何となく元気がなくなる・食欲がなくなる・眠れなくなる等の症状が現れます。

4.認知機能障害
レビー小体型は1日の内に数時間程は正常な判断が出来、それ以外は思考判断が衰えボーっとした状態が現れます。
つまり意識がはっきりしている時とそうでない時の差が激しいとされます。
また本人以外が見て、トイレや着替えお散歩等の補助が必要なのかそうでないかの判断が難しくなるとされますが、出来ない時は本人は出来ないのだと理解した方が良いとされます。
また認知機能にまで進行が進むと、幻覚や歩行困難も現れてくるため、なかなか目を離しづらくなります。
この状態が続くと要介助支援で、車椅子の使用を余儀なくされます。

脳血管性認知症

血管性認知症の中でも、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等を発症した後に起こる認知症の原因疾患です。
「まだら認知」と呼ばれる記憶力だけ低下し、それ以外の機能が正常の状態であるのが特徴的です。
意識や判断は出来るものの家族の名前、自分の名前を忘れてしまうこともあるとされます。
また感情のコントロールが難しくなるので、すぐ怒る泣く等の症状も現れやすいと言われています。
原因は生活習慣病による脳血管障害の後遺症、脳に血流が送られず神経細胞が死滅することで起こります。

1.まだら認知
判断力が低下しない、自分が認知症であることを理解している等、アルツハイマーと比べ意識判断に関しては、損なわれていないのがまだら認知という症状です。
入院して家族や自分の名前を忘れてしまっても、ランチは病院の食堂で食べられるから下に行こうとするような行動が見られるともされます。
またレビー小体型のように認知機能の乱れがはっきりと分かれ、さっきまで出来てた事が急に出来なくなる等の症状も現れるようになります。

2.感情失禁
感情失禁は、ニコニコしているので声を掛けたら急に怒る等、感情のコントロールが上手くいかず、うつ傾向になりやすい症状です。
次第に表情が乏しくなっていくとされます。

3.脳血管障害
脳血管性認知症は、原因が後遺症によるものなので、進行につれて言語障害や記憶障害等も起こりやすくなります。
服の着方が解らない、お箸やドライヤーの使い方を忘れる、人混みの中でそわそわし始める等、普通の生活が困難になる状態です。
また脳梗塞を再発する等、急に症状を悪化し始めることも多々あります。

認知症の方への対応

認識能力に障害が起きてしまう認知症の方は当然、段々と落ちてくる自身の認識能力に対して焦りと恐怖を感じています。
同じことを何回も聞いてくる、繰り言のようになってしまいますから、聞いている方も大変なのは間違いないものですが、本人としては「忘れているから聞いている」だけの話です。
同じ話をしているとうんざりした表情で言われてしまうと、本人も不快に思い、また怒りを買ってしまったという感情になります。
この感情はとても残りやすく、認知症から転じてうつ傾向となる場合もあるのです。
まずは「怒らない」ということが肝要です。
それでも、延々と付き合うという事を勧める訳ではありません。
同じ話をずっと聞くというのは想像を超えて負担になりますので、別の話題に切り替えるなどの方法を試す必要があります。
また、大きなカレンダーを使って時間や予定を貼り出し、確認を容易にするというのも1つの方法です。
買い物にはメモを使うなどの工夫もありますが、1人で行かさずに付き添いが付く事が必要です。
加えて、本人が暮らしやすい環境作りも大切です。
部屋のドアノブにどの部屋かを貼り出したり、ノブの部分を解りやすく目立たせることも必要です。
外出で迷いそうな時に備えて名前、連絡先といった個人情報を衣類につけ、携帯電話や小型のGPSという徘徊のリスクを減らせる方法もあります。

認知症の治療

アルツハイマー型認知症には投薬による治療があります。
代表的な薬がアリセプトです。
アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症では、認識・記憶といった部分に繋がっている神経「アセチルコリン」の働きが悪くなります。
これが原因となり、物忘れが酷くなり判断力の低下を招いてしまうのです。
アリセプトは抗認知症薬として、アセチルコリンの量を増やしその活動を活発にさせる効果があります。
その結果、認知症の関連症状である記憶・認識の障害が改善へと向かうのです。
また、アリセプトの有効成分である「ドネペジル塩酸塩」は、2011年にその特許が終了しましたので、製薬各社がその有効成分名でジェネリック医薬品を販売しています。
長期の服用が必要になる認知症の治療薬は、自己負担の金額が減るジェネリック医薬品は不可欠の存在となっています。
ドネペジルは、アルツハイマー型認知症に対する有効性が認められた世界初となる認知症の薬です。
進行度にもよりますが、中程度の進行具合の患者にならば2割から3割の有効率があり、その症状を現時点から最大1年前の状態にまで回復出来ると言います。
また、進行が進み高度のアルツハイマー型認知症においても、効果が期待出来る商品です。
それでも、やはり特効薬ということではありませんので「対処療法薬」と呼ばれる症状を緩和に向かわせる薬です。
基本的な有効成分であるドネペジルの分量などは同じですが、各社によって錠剤、細粒タイプ、水がなくても飲める口の中で崩れる「口腔内崩壊錠」や高齢者の方にとって飲みやすいゼリータイプのものなど、各種が発売されています。
副作用については、食欲がなくなる・吐き気・下痢といった消化器症状が一般的です。
これは神経伝達物質の変化によって発生するもので、次第に体が慣れてくるものです。
長く続いた場合には吐き気止め、整腸剤などを使用して対処します。
また、身体の症状以外に現れる事があるのが、興奮・落ち着きがなくなる・イライラするといった現象です。
脳内のアセチルコリンが増えることで、神経細胞に刺激を与えることが原因とされていますが、これも身体が馴染むまでの期間が必要なものです。

商品画像 商品名 数量 価格 成分 メーカー
アリセプト アリセプト 28錠 1620円 ドネペジル ユーケージェネリック
レミニール レミニール 50錠 4500円 ガランタミン サンファーマ
メマリー メマリー 100錠 5850円 メマンチン サンファーマ
イクセロン イクセロン 50錠 2700円 リバスチグミン サンファーマ
イデベノン イデベノン 30錠 3600円 イデベノン インタスファーマ
シチコリン シチコリン 30錠 4500円 シチコリン マクレオーズ
ピラセタム ピラセタム 60錠 3150円 ピラセタム UCB Pharma
メンタット メンタット 60錠 1350円 ツボクサ他 ヒマラヤハーバルズ

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん (40歳)
    母が利用しています。母は認知症を自覚しており家族に迷惑をかけまいと薬を探しており、レミニールを注文したようです。薬を飲むときは必ず家族に報告するというルールで飲んでますが、明らかに効果があるように思えます。少し吐き気があるようですが母自身は喜んでいました。ありがとうございました。
  • 香取さん (57歳)
    自分の状態は自分がいちばんよくわかっているし、できることなら家族や周りの人間に迷惑はかけたくないと思っています。このままアルツハイマーが進行し、自分ではどうしようもなくなる前に、なんとか少しでも対策ができないか、あわよくば症状を改善させることができないか、そのような考えからレミニールを購入致しました。
  • 匿名希望さん (47歳)
    飲んで劇的な変化は見られませんが、調子は良いみたいです。
  • じーやさん (58歳)
    それなりに効いてる気がします。
  • ばっとまんじゅうさん (44歳)
    1錠当たりがちょっと高いなーとは思いつつ、同じドネペジル10mgが手に入るならと思いいここで購入させてもらってます。良くなると願うばかりです。。。
  • ユキさん (51歳)
    母が認知症になりまして改善させるには薬を長期間服用しなくてはいけないと病院で言われました。病院に行くたびに私は仕事を休まなくてはいけないのが最近辛くて。まだまだこの生活が続くかと思うと耐えられなくなり、通販で購入する事にしました。注文すれば自宅に届くし、病院に行かなくていいしで本当に楽になりました。飲み始めて1週間位は「喉がかわくー」とよく口にしていた母ですが今では落ち着いたようです。症状も気持ちよくなっているかな?という感じです。暫く様子を見ていきたいと思います。
  • 匿名希望さん (49歳)
    「俺がボケるわけないだろ!」と散々言っていた父が認知症になりました。よく小ボケをかましてくる父だったので、最初は症状に気が付きませんでした。しばらくして病院に連れて行くようになってから、知人に通販で認知症の薬が買える事を聞き、注文してみました。調べたところ、病院で処方されているものとほぼ同じだったので安心しました。兆候も出始め、最近では「ボケてるんだから、ツッコめ!」というようになり、ますます分かりません。
  • よっしーさん (38歳)
    仕事中に上司に集中できていないんじゃないかと指摘され、自分でも注意力が散漫していたり物事を忘れたりが多くなってきたなと感じて悩んでいました。そんなときに先輩にこの薬を勧められたのですが、スマートドラッグという言葉に少しやばい薬なんじゃないか?と感じながらもこちらのレビューをみて購入を決意。使い続けて1ヶ月ほどになりますが、以前よりも集中できているのかこなせる仕事の量も増え、上司にも随分よくなった、がんばっているなと認めてもらうことができました。
  • 小早川さん (46歳)
    病院でこのレミニールを処方してもらっていたのですが、金銭的に辛いと思って通販で購入するようにしました。注文してからそこまで時間もかからず届くので良かったです。
  • 匿名希望さん (35歳)
    父がアルツハイマーになってしまい生活が少し変わりました。病院にはもちろん行っているのですが通販でも薬が買えるのはとても便利ですね。新しい薬ということなのでこれから改善していくことを期待しています。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ