脂質異常症

更新日:
脂質異常症(高脂血症)とは、コレステロールの摂り過ぎによる生活習慣病の1つです。脂は人間にとって栄養素の1つですが、摂り過ぎると血管壁に溜まり動脈硬化となってしまい脳梗塞や心筋梗塞など大きな疾患の原因となります。

売れ筋ランキング

脂質異常症の商品一覧

  • リピトール・ジェネリック

    リピトール・ジェネリック

    特徴 アトルリップはシプラ社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているリピトールのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 アトルリップの主成分であるアトルバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mg/10mg/20mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレストール・ジェネリック

    クレストール・ジェネリック

    特徴 ロスマックはマクレオーズ社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているクレストールのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。 効果 ロスマックの主成分であるロスバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、そう痒症、発疹、蕁麻疹、腹痛、便秘、下痢、筋肉痛、頭痛、口内炎、肝機能異常などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:マクレオーズ

    もっと見る

    1錠73円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リピトール・ジェネリック

    リピトール・ジェネリック

    特徴 アトルはSanovel社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているリピトールのジェネリック医薬品で、楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アトルの主成分であるアトルバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/20mg/40mgが購入可能です。
    製造:Sanovel

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カデュエット

    カデュエット

    特徴 カデュエットはファイザー社が開発した、高血圧症、狭心症、高コレステロール血症の治療薬です。 当サイトで取り扱っているカデュエットは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 カデュエットの主成分であるアムロジピンは心臓や身体の血管を広げ血流を良くし、血圧を下げる効果があります。 アトルバスタチンは、肝臓でのコレステロールの合成を抑え、血液中の悪玉コレステロールを低下させ、動脈硬化を防ぎます。 副作用 主な副作用には、動悸、頭痛、めまい、ふらつき、肝機能障害などがあげられます。 成分 日本国内においてはアムロジピン2.5mg/アトルバスタチン5mg、アムロジピン2.5mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン5mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン10mgが処方されています。 当サイトではアムロジピン5mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン20mg、アムロジピン10mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン10mg/アトルバスタチン20mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベザリップ

    ベザリップ

    特徴 ベザリップはアクタビス社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているベザトールと同一成分が含まれた医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ベザリップの主成分であるベザフィブラートは中性脂肪の値を下げ善玉コレステロールの値を増加さることで脂質異常症を改善します。 副作用 主な副作用は、傾眠、不眠、しびれ感、頭痛、筋肉痛、消化器障害、発疹、蕁麻疹、肝臓機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは400mgが購入可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ゼチーア・ジェネリック

    ゼチーア・ジェネリック

    特徴 エゼンチアはサンファーマ社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているゼチーアのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 エゼンチアの主成分であるエゼチミブは小腸でのコレステロール吸収を抑えることで脂質異常症を改善します。 副作用 主な副作用は、頭痛、しびれ、めまい、消化器障害、肝臓機能障害、蛋白尿、筋肉通、そう痒症、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リピトール

    リピトール

    特徴 リピトールはファイザー社が開発した脂質異常症の治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているリピトールは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 リピトールの主成分であるアトルバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mgが処方されています。 当サイトでは10mg/20mg/40mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リピディル・ジェネリック

    リピディル・ジェネリック

    特徴 リパンシールはアボット社が開発した脂質異常症の治療薬です。 日本でも処方されているリピディルのジェネリック医薬品で、赤いカプセル型の錠剤が特徴です。 効果 リパンシールの主成分であるフェノフィブラートは、中性脂肪の値を下げ善玉コレステロールの値を増加さることで脂質異常症を改善します。 副作用 主な副作用は、肝臓機能障害、発疹、そう痒症、蕁麻疹、消化器障害、貧血、頭痛、めまいなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アルジュナ

    アルジュナ

    アルジュナは、血液循環を改善し心臓の健康をサポートする天然成分のサプリメントです。アルジュナ樹皮はインドで何世紀にも渡って心臓疾患の薬として活用されてきました。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症とは、コレステロールの摂り過ぎによる生活習慣病の1つで別名「高脂血症」とも呼ばれています。
コレステロールはお酒やお肉の脂身等によく含まれ、コンビニでも体脂肪やコレステロールを抑えるお茶が出ていて、見かけやすい身近な成分だとされます。
本来コレステロールは、身体の原材料となる脂の1つです。
ホルモンや細胞の材料となるため、人間にとって欠かせない栄養分の1つにもなります。
コレステロールは「体内7割・食事3割」で合成されますが、摂り過ぎると動脈硬化になりやすいとされます。
動脈硬化は自覚症状が少なく、脳梗塞や心筋梗塞を突然起こすこともあるため、注意するべきです。
コレステロールは「HDL・LDL」の2種類に分かれますが、血管壁に溜まり動脈硬化となるのは「LDL・悪玉コレステロール」の方です。
脂肪は、肝臓から血流をつたって全身へと運び出されます。
この時、全身へと運ぶのがLDL(悪玉)コレステロール、運搬後に利用されず残ったLDLコレステロールを回収するのが、HDL(善玉)コレステロールになります。
LDLコレステロールは、身体に溜まり過ぎると血管壁に溜まりやすくなります。
本来代謝で消化出来ますが、過食や年齢の増加によっては上手く働かなくなって、それが続くと動脈硬化を早めてしまい「心筋梗塞・脳梗塞」に繋がります。
最悪のケースを防ぐためにも、順を追いながら説明していきます。

脂質異常症の基準値

コレステロールは体内に溜まり過ぎると、深刻な病気へと変化しやすくなります。
以下、コレステロール値がどれ位か?をご自宅でチェックしてみて下さい。

【通常の成人男女の場合】
・LDL-コレステロールが140mg/dL未満またはHDL-コレステロールが40mg/dL以上
・トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL未満
※基準を超えてても直ぐに異常がある訳ではありません。
※LDLコレステロールが基準値を下回っていても、120~139mg/dLの間は他の生活習慣病が有る場合治療の必要性があります。
トリグリセライド(中性脂肪)は、「LDL・HDL」とは別の「皮下脂肪・内臓脂肪」として蓄えられる大部分の脂肪です。
解りやすくすると食べてついたお腹のたるみや脂肪がこれに当たります。
LDLコレステロールを増やすので、多過ぎると動脈硬化を早めます。
多くが中高年以上に多いとされますが、近年では若年層、特に20代で不規則な食事を続けていると基準値を超えやすいとされます。
誰でもなりやすいため、外食が長続きしているようであるなら、一度測定してみるのがおすすめです。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因は、中性脂肪やLDLコレステロールの蓄積となります。
脂肪が増えれば、LDLコレステロールも血中に増え、溜まった分は酸化して血栓の原因となります。

(1)アルコールの蓄積
アルコールは、分解中にコレステロールを生み出して中性脂肪へと変化します。
また毒素を優先して排出するので、一緒に食べた分は大半が中性脂肪として直接吸収されます。
男性の場合は日本酒で1合以上、ビールでも500ml以上、女性ですとその半分以上を毎日飲む方は、確実に目安を超えるので危険です。

(2)食生活
卵や魚の内臓や生クリーム等を使った食品は、LDLコレステロールの合成を促します。
またバターを含むパンやお菓子、ドーナツには「飽和脂肪酸」「トランス脂肪酸」が含まれ、上記の食品よりもコレステロールを蓄積しやすいため、とても厄介な成分です。
飽和脂肪酸は、肉の脂身やバター等に多く含めており、血液の粘度を上げながら中性脂肪やLDLコレステロールを合成します。
トランス脂肪酸は、ドーナツやマーガリン等に含まれており、善玉となるHDLコレステロールを減らして中性脂肪を合成します。
また飽和脂肪酸は「肝臓7割・食事3割」の割合で合成されるコレステロールで、特に肝臓で合成されることが多いので、食品だけでなく成分にも気をつけた食事が必要です。
普段から食が偏りやすい方は、控えていくべきと言えます。

(3)運動不足による肥満
運動不足は、中性脂肪の原因です。
中性脂肪により肝臓から、LDLコレステロールの分泌を増やします。
代謝は、溜まった糖分や脂肪をエネルギーにすることで、免疫や身体の機能を上げます。
普段から高いとHDL(善玉)コレステロールの働きを高いまま維持出来ますが、年齢につれて代謝量は衰えていくため、自然と下がっていくとされます。
仕事が生活の中心となる現代社会では、運動する機会も減るので、有酸素運動が大切とされます。

(4)ストレス
ストレスも中性脂肪を増やす原因の1つです。
ストレスを感じるとHDL(善玉)コレステロールの働きも弱めます。
それに対応する発散ホルモンがあり、本能的に普段以上の暴飲暴食や気分解消を目的にアルコールへ手を伸ばしやすくなってしまいます。
このため無意識に脂肪を抱えやすく、代謝も落ちるので気分も抑うつ気味になりがちです。
職場や家庭のトラブルで食が偏りがちな際には、リラックスの時間を確保する事が大切です。

脂質異常症の予防対策

脂質異常症の元となるコレステロールは、食生活や運動不足の習慣を変えることで予防・対策出来ます。
食事には特にLDLコレステロールの増加を防ぐ・溶かす食品がたくさんあるとされます。

・食生活
「魚・野菜・ビタミン・お茶」などは、コレステロールを抑える働きがあります。
サンマやイワシなど、一部の青魚にはEPAが豊富に含まれており、体内でDHAという物質に分解されます。
これらは、善玉を増やして悪玉を減らす、中性脂肪の合成を抑える働きがあるとされます。
また血液をドロドロ状から解消してくれるので、血栓で詰まった血管にも良いとされます。
厚生労働省からも、1日1000mgの摂取が出来れば、健康を維持出来るとも発表があります。

「カボチャ・トマト・キウイ」などの野菜や果物には、食物繊維・カロテン・ビタミン郡が多く含まれます。
食物繊維が多く含まれる「納豆・アボガド・昆布・りんご・キャベツ」などは、腸内で吸収されずにコレステロールや胆汁酸を一緒に付着させて便として排出されます。
この時に胆汁酸が外に出てしまうと肝臓は更に新しい胆汁を生成しようとするので、全身のコレステロールを再度使って消費します。
そのため食事に気を遣う事で、体内のコレステロールを一気にまとめて下げる効果が期待出来ます。

βカロテン(カロテノイド)が含まれる「カボチャ・人参・ほうれん草」などは、強い抗酸化作用があります。
LDLコレステロールの酸化を抑えるので、血管のダム化を抑えて血液をサラサラにしてくれます。
かぼちゃは250g程、人参なら1/5本で1日分が摂れるとされ、摂り過ぎに悪い事はないとされています。
ただし糖尿病の方は身体に悪影響が出るため、食べ過ぎには注意が必要です。

ビタミンB2・C・E郡には、抗酸化作用とコレステロールを胆汁酸に変える働きがあり、体内のLDLコレステロールを外に出しながら血液をサラサラにしてくれます。
サプリメントでも摂りやすいので、毎日飲用し続けることで対策防止が簡単に出来ます。

クエン酸が含まれるお酢も身体にとって、様々得がたい効果があるとされます。
中性脂肪の他に糖もエネルギーとして燃焼させるだけでなく、カルシウム吸収・血圧予防・疲労回復の作用があるとされています。
1日大さじ1杯で体に効くとされるので、毎日ちょっと足すだけで健康補助に役立ちます。
またコーヒーや煎茶にもポリフェノールが含まれます。
ポリフェノールも抗酸化作用があるので、胆汁酸の排出と急な老化現象を抑えることが出来るとされています。
赤ワインにも含まれていますが、アルコールであるため飲み過ぎは止めておいた方が良いでしょう。

これらの食品を毎日メニューに合わせる事で予防・対策が出来ます。
【朝】コーヒーとキウイ・オレンジ等を摂る。
【昼】をキャベツやカボチャの煮物が入った野菜中心のお弁当を選ぶ。
【夜】焼き魚とビールを止め、魚のマリネと赤ワインに変える。
これだけの工夫で、LDLコレステロールの増加を抑えられます。

・運動不足
適度な有酸素運動が良いとされています。
簡単な深呼吸をしつつ「2階以上の階段を昇る」「太ももを上げて歩く」など少し気を使うだけでも効果が現れるとされます。
無酸素状態で行う筋トレとは違うので、負荷も掛かりにくく、筋肉痛も余程の事がない限りはありません。
また運動をすると男性ホルモンが分泌しやすくなりますので「良く眠れる・体が丈夫になる・気分が晴れる」など、疲れるけど運動すると気分が良いと感じるのはこの働きによるものですが、加齢・肥満の状態により低減しやすいとも言われます。
男女や世代に関係なく、出来る運動からぜひ試してみましょう。

解消のメリット

脂質異常症や高コレステロールの予防対策をする事で、深刻な病気を防ぐだけでなく血液もサラサラになります。
そのため老化現象が遅まり、見た目も若々しく健康的になります。
また重たいものを食べても、後に響きづらい身体になるとされます。
身体も食事制限が緩和されるため、家族やご夫婦での旅行や遠出の外出でも、楽しく過ごしやすくなると言えます。
また日々の仕事や家事も、途中の休憩が少なくなり効率的で動きやすくなります。
近年よく取り上げられるQOL(Quality of Life=生活の質・アンチエイジング)向上にもなりますが、続けることでたくさんの楽しみが待っているのも事実です。
できる範囲でのコレステロール対策をおすすめします。

※大手製薬会社ファイザーの「生活習慣病オンライン」に脂質異常症の診断と症状が詳しく掲載されています。

口コミ・レビュー

  • 奥田さん (40歳)
    高血圧で通院費がかかっている方はカデュエットを試してみてください。服用して半年経ちますが数値も落ち着いて高血圧からくるひどい頭痛やふらつきもおさまってきました。休憩時間にスマホからポチッと注文しただけで診察代がうくとは!もちろん薬だけに頼らず運動をするようにしたり、食事の内容にも気をつけていますよ。
  • 吉田さん (50歳)
    リピトールのおかげで上がり続けていたコレステロール値も少しづつ下がってきました。以前よりは運動をしたり肉中心の生活を見直したり気をつけていますが、それだけでは追いつかなかったんですよね。リピトールを飲む前は血圧があがってふらふらし、仕事中に休憩させてもらう事もありましたが今はだいぶ落ち着いています。
  • のぞみさん (51歳)
    心筋梗塞などの心臓の病気ってなかなか気付けないもので・・・少しでも予防できるものは無いかと探していたところ、こちらのサプリメントを見つけました。300錠を買って今は150錠近くまで使い続けているのですが、代謝が良くなったのか汗が良く出るようになり、健診でも血糖値が下がっていて驚き。体調も割と良いのでこのサプリのおかげかなと感じております。
  • たつさん (52歳)
    生活習慣の乱れからコレステロール値が高いと診断されました。まあ、原因は喫煙と外食が主だと思うんですが。食事療法で、コンビニで昼食を済ませる代わりに、弁当を作ってもっていくようにしてます。インスタント食品にはマーガリンとかショートニングがたっぷり使われているので気をつけてください。食事療法とあわせてゼチーアを服用することでより高い効果が期待できるそうで、購入してみました。これで数値が下がってくれたらいいんだが。。
  • 神田さん (41歳)
    コレステロール値を低下させる治療薬となっていたので購入しました。通販での購入は初めてで、不安はありましたが、仕事をしながら病院へ行くのがなかなかできないので通販を利用しました。何人か知人も利用しているようで通販で購入するのが簡単で楽だと言っていました。私も今回購入した商品は何の問題もなく使えています。さらに価格も安いので長期的に考えても病院へ行くより経済的負担が減らせます。話はそれましたが、コレステロール値の改善効果はしっかりあります。
  • 戸口さん (43歳)
    薬を注文したんですが、今回は早く到着してよかったです。海外からなのでしょうがないところもありますが、これくらい早いと嬉しいです。
  • みきたかさん (42歳)
    コレステロール値が少しずつ下がってきています。効果があるのでしばらく続けます。次の健康診断までに正常値になればいいですが。
  • S0923さん (40歳)
    昨日から飲みはじめたばかりでサプリメントの効果は不明だけど、副作用の心配しなくてもよさそうだから長期飲み続けることができそう。
  • とんかつさん (42歳)
    コレステロール値を下げるには、どうすればいいのか分からなったですが、こんな薬があるんですね。まずは試しに30錠。食事もバランスよく摂って、変化を見たいと思います。結果が出たら再度、評価します。いい結果が出ますように!
  • たかさん (28歳)
    初めて健康診断で引っかかったのを機に、服用しています。コレステロール値は全然自覚症状がなくてわからないから、まさか自分の数値が高いなんてってビックリしました。仕事の付き合いで外食が多く、食事の制限は難しかったのでこちらを使用中です。そこまでがっつり食事制限をしていませんが、しっかりと数値が下がっています。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ