胃炎・肝臓病

胃炎とは、胃の粘膜に異常が起きた疾患で不規則な食事やストレスが原因で粘膜による防御が足りず炎症を起します。肝臓の疾患は、脂肪やお酒を分解し濾過する機能を持ちますが、分解が追い付かず肝硬変になったり注射針からBC型のウイルス感染を起こします。

売れ筋ランキング

胃炎・肝臓病の商品一覧

  • ナウゼリン・ジェネリック

    ナウゼリン・ジェネリック

    特徴 ナウゼリンジェネリックはシプラ社が開発した、慢性胃炎、胃下垂症、胃切除後症候群の治療薬です。 ナウゼリンのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ナウゼリンジェネリックの主成分であるドンペリドンは、胃や十二指腸にあるドパミン受容体を遮断することにより、アセチルコリンの遊離を促し、胃腸の運動を活発にする効果があります。 副作用 主な副作用には、下痢、便秘、胸やけ、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザンタック・ジェネリック

    ザンタック・ジェネリック

    特徴 ザンタックジェネリックは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎、慢性胃炎などの治療薬です。 ザンタックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ザンタックジェネリックの主成分であるラニチジンは、胃酸の分泌を抑える作用があります。 胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり、痛みをやわらげる効果もあります。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、発疹、めまいなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは150mgが購入可能です。
    製造:Deva Holdings

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パリエット

    パリエット

    特徴 パリエットはエーザイ社が開発した、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎の治療薬です。 当サイトで取り扱っているパリエットは、エーザイ社が製造・販売している正規品です。 効果 パリエットの主成分であるラベプラゾールは、胃酸の分泌を抑える作用があります。 胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり痛みをやわらげる効果もあります。 また、さまざまな胃病変の原因菌であるヘリコバクターピロリの除菌を行います。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、軟便、めまいなどがあげられます。 成分 日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。 当サイトでは20mgが購入可能です。
    製造:エーザイ

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ファモチジン(ガスター)

    ファモチジン(ガスター)

    特徴 ファモチジンは沢井製薬社が開発した、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎などの治療薬です。 ガスターのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 主成分であるファモチジンは、胃酸の分泌を抑える作用があります。 胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり、痛みをやわらげる効果もあります。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、発疹、耳鳴りなどがあげられます。 成分 日本国内においては10mg/20mgが処方されています。 当サイトでも10mg/20mgが購入可能です。
    製造:沢井製薬

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガスモチン

    ガスモチン

    特徴 ガスモチンはエーザイ社が開発した慢性胃炎に伴う消化器症状の治療薬です。 胸やけ、悪心、嘔吐に効く医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ガスモチンの主成分であるモサプリドクエン酸塩は、弱った胃腸の運動を活発にし、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助ける働きをします。 その結果、吐き気、悪心、嘔吐などの症状が改善します。 副作用 主な副作用には、下痢、軟便、口渇、倦怠感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:エーザイ

    もっと見る

    1錠100円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルベックス

    セルベックス

    特徴 セルベックスはエーザイ社が開発した、胃炎、胃潰瘍の治療薬です。 当サイトで取り扱っているセルベックスは、エーザイ社が製造・販売している正規品です。 効果 セルベックスの主成分であるテプレノンは、胃の粘膜を丈夫にし、胃酸に対する抵抗力を高め、胃炎や胃潰瘍の治りを良くします。 また、傷ついた粘膜の修復を助ける作用もあります。 副作用 主な副作用には、頭痛、便秘、下痢、発疹などがあげられます。 成分 日本国内においては50mgが処方されています。 当サイトでも50mgが購入可能です。
    製造:エーザイ

    もっと見る

    1錠70円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ムコスタ・ジェネリック

    ムコスタ・ジェネリック

    特徴 ムコスタジェネリックはマクレオーズ社が開発した、胃潰瘍、胃粘膜病変、急性胃炎、慢性胃炎の治療薬です。 ムコスタのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ムコスタジェネリックの主成分であるレバミピドは、胃の粘膜を丈夫にし、胃酸に対する抵抗力を高め、胃潰瘍や急性胃炎の治りを良くします。 また、傷ついた粘膜の修復を助ける作用もあります。 副作用 主な副作用には、便秘、腹部膨満感、下痢、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:マクレオーズ

    もっと見る

    1錠38円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン

    アモキシシリン

    特徴 アモキシシリンはBristol Laboratories社が開発した細菌感染症の治療薬です。 主に梅毒の治療に用いられます。 サワシリンやパセトシンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。 効果 アモキシシリンの主成分であるアモキシシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:Bristol Laboratories

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ウルソ・ジェネリック

    ウルソ・ジェネリック

    特徴 ウルソジェネリックはサンファーマ社が開発した、肝・胆・消化機能改善薬です。 肝疾患、肝機能の改善に用いられるウルソのジェネリック医薬品で、赤い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ウルソジェネリックの主成分であるウルソデオキシコール酸は、胆汁の流れを良くし、胆石を溶かします。 また、肝臓の血流を良くし、肝臓の細胞を守るため肝機能の改善効果があります。 副作用 主な副作用には、下痢、軟便、悪心、そう痒などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは300mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠72円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • Liv.52 DS

    Liv.52 DS

    Liv.52DSは、ヒマラヤ社が開発した天然成分配合の肝機能を改善・保護するサプリメントです。 天然ハーブの効果で、肝細胞を活発にして二日酔いの改善や食べ過ぎによる肝機能低下を防止します。 天然成分のため、副作用もなく安心安全です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • C型肝炎セルフテストキット

    C型肝炎セルフテストキット

    C型肝炎検査キットは、自宅でC型肝炎ウイルス(HCV)の検査が出来る検査キットです。 C型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染が原因で起こる肝炎であり、主に血液からの感染を原因とする病気です。 肝炎の中ではもっとも症状が軽く、肝臓という臓器の特性上、自覚症状も現れない場合もある病気ですが、感染者の7割前後は慢性C型肝炎に移行するとも言われ、肝硬変、肝臓がんへと進行するリスクも高い病気です。
    製造:Boson Biotech

    もっと見る

    1箱2,025円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • B型肝炎セルフテストキット

    B型肝炎セルフテストキット

    B型肝炎検査キットは、B型肝炎ウイルス(HBV)の検査がシンプルに出来る検査キットです。 B型肝炎に発症してしまうと、肝臓の細胞が壊れ、その働きが悪くなります。 数ヶ月で治ることもあり、自覚症状があまりないために「いつの間にか治っている」という事もある病気なのですが、慢性化した場合は肝硬変や肝臓がんといった命に関わる病気へ進行する可能性もあるので、検査によって現状を理解するのは非常に大切であると言えます。
    製造:Boson Biotech

    もっと見る

    1箱2,025円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シグル(モリンガ)

    シグル(モリンガ)

    オススメ シグル(モリンガ)は、天然成分モリンガの葉エキスが含まれたサプリで、栄養素がとても豊富です。 カルシウムは牛乳の4倍、カリウムはバナナの3倍、亜鉛はカキの2倍といったそれぞれの食品が持つ栄養素を1種類で上回る魅力があり、関節への栄養補助にふさわしいサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピロリ菌検査キット3回分

    ピロリ菌検査キット3回分

    ピロリ菌検査キットは、自宅で簡単に10分で検査結果を判定するピロリ菌検査薬です。 専門機関などに検査キットを送付するなど手間もかからず、自分で検査結果を見届けることができる使い捨てタイプの検査薬です。
    製造:Liming Bio Products

    もっと見る

    1個4,050円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シリマリン

    シリマリン

    シリマリンは、肝機能を改善するサプリメントです。 植物から抽出された天然由来の成分で、ポリフェノール成分のフラボノイドの一種であり強い抗酸化力があります。 キク科の植物で、ミルクシスル、マリアアザミ、オオヒレアザミ、和名ではオオアザミなどと呼ばれています。 シリマリンを経口摂取することで、肝機能の働きを助け、活性酸素の働きを抑えるが研究により判明されています。
    製造:Life Extension

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リバビリン

    リバビリン

    特徴 リバビリンはMepro Pharma社が開発した、C型慢性肝炎ウイルス血症の改善薬です。 抗ウイルス薬で、白いカプセル型が特徴です。 効果 主成分であるリバビリンは、ウイルスに取り込まれ、ウイルスの複製を阻害し、免疫を調整することで抗ウイルス作用を示します。 単剤での効果は不十分ですが、インターフェロンなどの他の抗ウイルス薬と併用することで治療に効果があります。 副作用 主な副作用には、発熱、倦怠感、頭痛、貧血、かゆみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:Mepro Pharma

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン(シロップ)

    アモキシシリン(シロップ)

    特徴 ノバモックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。 主に淋病や梅毒の治療に用いられます。 サワシリンやパセトシンと同一成分が含まれた医薬品で、シロップタイプが特徴です。 錠剤タイプよりも速やかで効率的な治療が可能です。 効果 ノバモックスの主成分であるアモキシシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。 副作用 主な副作用は、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは125mg/250mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,280円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サマリン

    サマリン

    特徴 サマリンはBerlin Pharmaceutical Industry社が開発した、肝機能の改善薬です。 有効成分シリマリンを含んだ、薄茶色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 サマリンの主成分であるシリマリンは、肝障害の治療に使用されているマリアアザミの種子に含まれるフラボノイドの1種です。 毒素から肝臓を保護する肝保護作用を有しており、アルコールから肝臓を守り悪酔いの予防、二日酔いの回復を助けてくれます。 副作用 副作用はほとんどないと言われていますが、稀に吐き気、下痢、消化不要、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは140mgが購入可能です。
    製造:Berlin Pharmaceutical Industry

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ファーマリン

    ファーマリン

    特徴 ファーマリンはPharmaland社が開発した、肝機能の改善薬です。 有効成分シリマリンを含んだ、茶色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 ファーマリンの主成分であるシリマリンは、肝障害の治療に使用されているマリアアザミの種子に含まれるフラボノイドの1種です。 毒素から肝臓を保護する肝保護作用を有しており、アルコールから肝臓を守り悪酔いの予防、二日酔いの回復を助けてくれます。 副作用 副作用はほとんどないと言われていますが、稀に吐き気、下痢、消化不要、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは70mgが購入可能です。
    製造:Pharmaland

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トリカツ

    トリカツ

    トリカツは、冷え性を改善する天然成分のサプリメントです。黒コショウは、血行促進による代謝向上で、消化機能を改善し、生姜は胃液や胆汁の分泌を促進する事で、冷え性の改善と共に胃腸の調子を整える効果が期待出来ます。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プナルナバ

    プナルナバ

    プナルナバ(Punarnava)は、肝機能や黄疸といった肝臓疾患に対して改善の期待が持てるサプリメントです。 世界三大伝統医学のひとつである、インド伝統医学「アーユルヴェーダ」での治療に古くから使われています。 肝臓の不調の治療においては絶大な信頼がおかれ、腎臓不調、胆嚢痛にも働きかけ、利尿作用がある為に、泌尿器の不調にも使われています。 成分は名の通り、蔓植物「プナルナバ」のエキスとなっております。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヤシマドゥ

    ヤシマドゥ

    ヤシマドゥは、胃の酸性を和らげ胃酸過多によるもたれ、不快感を治していくヒマラヤサプリです。 威力の強い酸である胃液が、過剰に分泌されることでその内壁を傷つけ、時には穴まで空けてしまうという胃酸過多、そして胸焼けを初めとする不快感も生じます。 粘滑剤としても機能するヤシマドゥで、それらのバランスを取ることが可能です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バエル

    バエル

    バエルは、ヒマラヤ社が開発した天然成分配合の胃腸障害を治療するサプリメントで消化機能を改善します。 天然ハーブの効果で、潰瘍、腸の表面を癒し便秘の改善や腸内の寄生虫を排除する効果があります。 天然成分のため、副作用もなく安心安全です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モリンガカプセル

    モリンガカプセル

    モリンガカプセルとは、人が必要する栄養素を豊富に含んだ天然成分のサプリメントです。 野菜が嫌いで偏った食生活を送っている方や血圧や血糖値が気になっている方、疲れが中々とれない方、便秘気味な方などにお勧めの商品です。
    製造:KHAOLAOR LABORATORIES

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • L-リジンプラス

    L-リジンプラス

    L-リジンプラスは、有効成分L-リジン1600mgに亜鉛8mgが配合されているサプリメントとなります。育毛だけでなく、肝機能の強化・体内の免疫力強化・ヘルペス予防・カルシウムの吸収促進など多数の嬉しい効果が得られます。
    製造:Sapphire Healthcare LLC

    もっと見る

    1錠5円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ガスター・ジェネリック

    ガスター・ジェネリック

    特徴 ガスタージェネリックはサンファーマ社が開発した、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎などの治療薬です。 ガスターのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 主成分であるファモチジンは、胃酸の分泌を抑える作用があります。 胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり、痛みをやわらげる効果もあります。 副作用 主な副作用には、便秘、下痢、発疹、耳鳴りなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠6円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


胃炎・肝臓病

胃炎とは

胃炎とは、胃の粘膜に異常が起きた病気の1つです。
胃がキリキリと痛む、突然胃液が逆流しそうになる等が頻繁に起こる場合は、胃炎で有る可能性が高いとされます。
胃の粘膜は普段、ホルモンの働きで胃液から胃自体を保護していますが、不規則な食事やストレスが続くと粘膜で守れなくなり傷が出来て炎症となってしまいます。
これにより、胃がムカムカとしたり吐き気が起こることがあります。
胃炎は、急性型と慢性型の2つに分けられるため、それぞれ若干ですが症状の理由が異なります。

・急性型胃炎
文字通り、短期間にみぞおちの激痛や吐き気等がある胃炎です。
2日~3日程度で痛みが治まるとされます。
市販薬等でも止められますが何日も続くと慢性型胃炎へと悪化します。

・慢性型胃炎
食事をした後、常に胃の不快感や痛みを感じる方は、慢性型胃炎である可能性があります。
胃の粘膜のえぐられ方により症状が悪化しますが、多くが日常的に粘膜が非常に薄くなって胃を傷付けやすくなってしまった状態だとされています。

また胃炎は、食べ過ぎ飲み過ぎ、ストレスなど生活習慣とピロリ菌が関係する場合が理由に多いとされます。
お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは、自然と粘膜を攻撃しているので止めた方が良いでしょう。
以下個別に胃炎について説明していきます。

胃炎のメカニズム

胃炎は、胃の中で不調を来すために起こります。
胃の構造は、胃壁→胃の粘膜→胃液の順に層が重なり、食べた物を消化・分解してくれます。
この胃液は胃酸で出来ているので、それ自体は内臓にダメージを与えます。
普段は体内にいるCOX-1酵素(シクロオキシゲナーゼ1型酵素)という酵素が、この胃酸から胃壁と粘膜を守ってくれるので痛みを感じません。
しかしストレスを感じたり、風邪薬や解熱鎮痛剤を飲むと体の働きが弱まるため、酵素や胃の粘膜も弱体化しやすくなります。
このため、胃液が胃壁に侵入し傷を付けやすくなります。
本来胃壁は、小さな穴が出来た程度ではすぐに修復出来ますが、飲酒や食べ過ぎ等により体機能が消化・吸収に費やされていたりすると中々治すことが出来ません。
そのため慢性化しやすく、痛みが起きるとされています。
またピロリ菌等の細菌は、体内に浸入すると増殖しようとします。
ピロリ菌自体は粘膜を弱める力があるため、増殖すると粘膜がどんどん弱まっていきます。
このため胃潰瘍やポリープを発症しやすくなり、胃の痛み・不快感が止まらなくなるとされます。
ピロリ菌そのものは、悪性の水や生物が腐食した状態で発生しやすいので、賞味期限が明らかに切れた牛乳や生鮮食品は、勿体ないからといって食べるのは止めましょう。

胃炎の原因

胃炎の原因は、複数の要因により胃の粘膜や胃壁に傷が出来ることで発症します。
よく言われますが、年齢につれて食事が重たくなるのは、胃も加齢に合わせて機能が落ちるためです。
胃の老化に加え、以下の原因が合わさると胃炎を発生しやすいため注意して下さい。

1.過労やストレス

休憩が無い作業が続き、心身ともに疲弊すると胃炎に近づきます。
これは体機能が弱まるのもそうですが、ストレスに関わる部分も大きいとされます。
また、身体は緊張→リラックス→緊張の神経状態を交互に繰り返し活動をします。
リラックスした状態では胃に血流がたくさん回るので、胃液をたくさん出して食べ物を消化していても「COX-1酵素の働き」で胃壁・粘膜はばっちり守られています。
しかし緊張の状態が長続きすると、途中でリズムが崩れ本来胃が休憩するタイミングで、身体は動き続けてしまいます。
こうなると胃に血流を回す余裕が無いので、酵素や粘膜が弱まっていきます。
血流が回らない胃は、消化吸収も疎かになるので、身体は更に胃液を増やそうとします。
胃液はたっぷりあるのに守る粘膜がボロボロだと、胃は傷が付きやすく回復も遅れてしまいます。
この傷が酷くなると胃潰瘍となり、食道を守る器官まで及ぶと逆流性食道炎となります。
また人間は、ストレスを受けると無意識にステロイドやホルモンを合成します。
普段は気付かない程の合成量ですが、ストレスを受け続けると次第に量が増え免疫力を下げてしまいます。
免疫が下がった身体は感染にとても弱くなるので、胃腸炎の原因となる細菌ウイルスを幅広く増殖させる感染場となってしまいます。
このため、感染性胃腸炎の原因ともなります。

2.解熱鎮痛剤の影響

解熱鎮痛剤の中には、COX-1酵素を弱め胃炎を誘発する原因となる場合があります。
これは、COX酵素には2種類あり、もう片方のCOX-2酵素が痛みの原因となるためです。
本来COX酵素は、身体を守るために全身に広がって働きますが、COX-2酵素はプロスタグランジンという痛みや発熱を作る原材料です。
痛み・発熱は身体に危険信号を送り、修復に力を注ぐためのサインとなるため本来は身体にとっては大事な働きです。
ただし激しい痛みを抱えながら仕事や学校、デート等には行けないので痛み止めを飲む方も多いです。
また風邪を引いたら熱さましの解熱剤を飲む方も多いですが、この痛みや熱を止める解熱鎮痛剤は強力なものだと、COX酵素そのものの働きを抑えてしまい弱まってしまいます。
そのため、胃の粘膜が薄くなり胃炎の原因となりやすいとされます。
痛み止めが効かないので、強力なものを繰り返し使っていると慢性化しやすいため服用し過ぎは止めた方が良いでしょう。

3.アレルギーや食中毒

大腸菌やサルモネラ等で有名ですが、アレルギーや食中毒による原因もあります。
卵や青魚は、嘔吐やアナフィラキシー状態になるため医師と相談して下さい。
また大腸性胃腸炎等の食中毒は近年、集団発生が多くなりました。
不十分な加熱と常温での放置で、食器にも感染するため夏場は特に消毒が重要です。

4.生活習慣

不規則な「食事・アルコール・喫煙」は胃炎を強める原因となります。

・不規則な食事
糖分・脂肪分が多く含まれた「肉・揚げ物・ケーキ・スナック菓子」等は胃の消化に時間が必要なので、働き詰めになると血流は回りづらく胃液が増えやすいため、粘膜も薄い状態になります。
例えば、夜中にラーメンを食べると翌朝までに全部は消化出来ないので、緊張状態にある午前中に痛みやムカムカしやすくなります。
食事を抜いたり食べる時間がバラバラになると、それだけ消化の時間も変則的に長くなるため、結果的に胃炎の原因となります。
消化の悪いものは、糖分脂肪分たっぷりとしたものだけではなく、カレーやシチュー、食物繊維や刺激物(辛い・酸っぱい・塩分過多)等も消化に時間が掛かります。

・アルコール
お酒は、刺激が強いので胃液を過剰分泌します。
一緒に摂った食事も脂の濃いものであれば、胃液を増やし消化しようとするので、上記と同じように働き詰めとなって胃炎の原因となります。
またLDL(悪玉)コレステロールの増加や血中糖度も上げるので、生活習慣病の原因ともなります。
生活習慣病は、体機能を著しく落とす場合が多いので、合併症として胃炎も深刻化するとされます。
アルコール依存症を克服する事で、胃炎の解消や健康維持に繋がります。

・喫煙
タバコは血管を収縮して、胃の粘膜の酸欠を起こします。
胃の粘膜には毛細血管があり、煙により弱まるため傷付きやすくなります。
またタバコは習慣化しやすいので10年、20年と続けると胸やけが頻発すると言われます。
これは胃と十二指腸をつなぐ筋肉が弱まるので、胃液以外の消化液が入り込み粘膜を傷付けるためです。
タバコは百害あって一利なしと言われる悪い習慣ですので、禁煙治療に取り組みましょう。

胃炎の予防対策

胃炎の予防対策は、原因を解消することで防げます。
アレルギーや食中毒は、集団感染に巻き込まれて起きる場合が多いですが、生活習慣は工夫によって変えることが出来ます。

・食事を工夫する
胃炎の予防対策には食事が大切とされています。
食事は偏ると胃に負担が掛かるので、脂肪分が多い「牛肉・揚げ物」糖分が多い「生クリーム・ビール・焼酎等のアルコール分」は、摂った後の1食分を軽食「お茶漬け・お酢うどん」に変更して、消化のしやすいものに変更する。
またコーヒーの飲み過ぎや刺激物は胃に負担を掛けるので、食後に飲むなどの工夫が必要です(ノンカフェインでも負担あり)
また3食の食べる時間を一定時間に定め、間食を避けることも重要です。胃は何も無い状態でいきなり重いものを入れると、それだけで胃液が大量に分泌されます。
大量の胃液は、粘膜で保護出来ずにゲップや不快感が増加させます。また空腹やゲップを我慢し続けると体が酸化しやすくなるので、粘膜で守る力も消化する力も衰えていきます。
繰り返すことで胃炎に直行しやすいので、しっかり食べるのが大事です。

・睡眠のリズムを整える
睡眠は、リラックスの時間に当たるため胃に血流を回します。
そうする事で粘膜も胃液を守れるようになるため、消化が進みやすくなります。
胃の中の消化時間が約2時間程度のため、寝る直前の食事は控えましょう。
また食べて横になるのは、逆流性食道炎の原因でもあるため、ソファや椅子に座り、目を少し瞑る事でも休められます。
休むことで、胃も正常に戻るので休憩時間は大切です。

・痛み止めを減らす
解熱鎮痛剤は、胃炎の原因ともなります。
市販薬では探しにくいですが、病院やネットではCOX-1酵素を守りながら痛みを止める鎮痛剤も多く処方されているので、これらを使うのも効果的です。
またどの薬にも副作用があり使い過ぎはそれを強めてしまうので、回数・用量をなるべく減らせるように痛み解決を目指すことをおすすめします。

・禁煙をする
何年~何十年と胃に煙の負担を掛ける喫煙は、胃壁の傷を増やして胃炎から胃潰瘍・胃ガンに替わるとされています。
胃潰瘍は胃炎以上に痛みが激しくなるため、症状が分かりやすいとされます。
一方、胃ガンは年間10万人以上が発症する疾患で、早期にしっかり治療する事で殆どが完治します。
しかしタバコの習慣が抜けないと再発しやすいので、最悪は胃の摘出手術によって、ご飯が食べられない程に深刻化する場合もあります。
なかなか止められない喫煙ですが、身体を悪くする前に禁煙するべきと言えます。

・ストレス解消のための休憩を取る
ストレスを溜め込むと胃炎の原因だけでなく、身体の免疫も落してしまい悪くします。
胃炎はストレスから来る方が多いので、自ずとストレス解消に向かうことが大半とされます。
・自分の周りの環境を整理する
・なるべく人と楽しい会話をする
・家でゆっくりする
など、胃だけでなく身体全体を休憩出来る時間の確保が重要で、少しでも胃炎が緩和出来ます。
生活習慣病にも大きく関わるので、普段から溜めやすい方は1~2時間でも胃が休憩出来る時間を作るのがおすすめです。

胃炎解消のメリット

胃炎を解消することで、日々のキリキリした痛みムカムカとした不快感が解消されます。
また薬で一時的に抑えつけなくとも良くなるため、食事も悠々と自由に摂ることが出来ます。
また自ずと生活習慣も変わることが多いので、胃炎だけでなくストレスや喫煙など身体に悪い習慣から抜け出すことも出来ます。
他の病気と違って対策する事が明確化しているので、きちんと行えば治る症状です。
食事の工夫から試してみるのがおすすめです。

肝臓病(消化器系)とは

肝臓病とは、肝炎とも呼ばれる肝臓を悪くする病気です。
肝臓は、二日酔い対策のCMで出てくる身体で1番大きい臓器で、S字状に近い形をしています。
胸の右下の上腹部に位置しており、極めて再生能力が高く沈黙の臓器とも言われます。
脂肪分やお酒を分解して、必要な栄養素を身体に送り届けてくれる大事な働きをしてくれます。
肝臓が悪くなると各細胞にエネルギーが届かなくなるため、顔色が黄色や紫色になり、見るからに調子が悪くなります。
肝臓病は、肝臓が様々な要因で炎症を引き起こして悪化することで、発熱や頭痛、倦怠感から尿の色が茶色くなる症状が現れ、肝硬変や癌にまで至る病気になります。
肝臓病は「ウイルス性・アルコール性・肥満性(NASH)・薬剤性・自己免疫性」など幅広く種類がありますが、現代人に特に多いのがウイルスやアルコール、肥満だとされています。

・ウイルス性肝炎
日本における肝炎の大半を締めています。
A型~E型までありますが、日本で多いのはC型肝炎(8割程)とB型肝炎(2割満たない)で、慢性化しやすいとされています。
B型・C型ともに感染した血液や体液が体内に潜り込む事で発症します。
現在はワクチンが普及されるなど対策がしっかり整っていますが、年々性行為や覚せい剤、ピアス・タトゥー等の針の使い回しで若年層にも広がっています。

・アルコール性肝炎
アルコール性肝炎は、アルコール性脂肪肝とも言われます。
お酒は液体ですがカロリー量は比較的多いため、分解時に中性脂肪となることが多いとされます。
中性脂肪は身体にまとわりつく余分な脂肪の原因で、外側だけでなく内臓にも付くので厄介だとされています。
この脂肪が余分に肝臓に付き、働きを弱体化してしまうことで肝硬変のリスクを上げることになります。

・脂肪性肝炎(NASH)
ウイルス感染が無くお酒もあまり飲まない方は、脂肪性肝炎の可能性があります。
「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」と言い「生活習慣・肥満メタボ」が原因です。
近年、若年層にも生活習慣病の率が上がり、健康診断を受けた成人の3割程が予備軍とも言われています。
自覚症状が殆どないので、悪い生活習慣が続くほど肝硬変になりやすく、日頃から注意が必要です。

また症状の進行具合によって「急性・慢性・劇症肝炎」とエスカレータ式に呼び名が変わっていきます。
多くが数ヶ月で治療出来ますが、半年以上続くと悪化し最悪の場合は、臓器不全に至るともされています。
急性肝炎は自然治癒される場合もありますが、油断は出来ないので気をつけた方が良いでしょう。

肝臓病の基準

肝臓は比較的ダメージに強い臓器ですが、年齢による衰えから防げません。
そのため高齢者の多くが、肝炎を慢性化するとされています。
この肝臓は、ALT(GPT)数値の大小で、ダメージがどれほど蓄積され危険か?を判断出来ます。
人間ドックで診断されるため、去年の診断表を持ち出して、改めて見てみましょう。

※ALT(GPT)とは
アミノ酸を生成する酵素で、肝臓・腎臓にのみ位置します。
これらの細胞が壊れた際に初めて出てくるため、ダメージ基準を見るための手掛かりとなります。

・通常値 / ALT30以下(問題はありません)
・通常値より少し上 / ALT31~50以内(要注意です。急性肝炎や肝硬変予備軍の可能性が高いとされます)
・通常値を超えている /ALT51以上(医師から通院宣告されます。慢性肝炎肝硬変肝臓がんのリスクが高いです)
※アニメや動画でALT(GPT)を確認する。

人間ドックで、初めてALT数値が判明する方も少なくないとされます。
気になる方は予約してぜひ行ってみて下さい。
また自覚症状が少ない肝臓病は、我慢している内に悪化して、ある日突然倒れて「入院・通院」を余儀なく宣告されるケースが比較的多いとされています。
「時間が無い」「まだ大丈夫」と特に男性の方は人に相談しないことも多いので、急に倒れる前にご家族やご夫婦で一緒に予約して行ってみるのも良いでしょう。

肝臓病の原因

肝臓病の原因は「ウイルス・中性脂肪・アルコール」により、肝臓が悪化することが原因です。

・ウイルス
B型・C型肝炎の原因は「血液・体液」からのウイルス感染で「注射針・母子感染・STD(性感染症)・口移し」等の体液が侵入経路となります。
B型肝炎は、1985年以降に生まれた方(2017年現在で28歳以下の方)は「健康診断でワクチンを注射されている」「診断されている」ことが殆どのため、母子感染のリスクは非常に少ないです。
一方でそれ以上の方、特に40代前後は2000年時点で菌保有率が1%(約3万人ほど)を超えているため要注意です。
C型肝炎は大部分が高齢の方あるいは、過去に注射の使い回し等で感染した方で、母子感染は少ないとされます。
双方とも母子感染の危険性は少ないものの「STD・口移し・歯科での唾液感染」は無い訳ではありません。
家族内で菌の保有者がいる場合や大きな手術をされた場合は、血液検査をぜひ予約して行ってみて下さい。
また病院など正規以外の所で、ピアスの穴を開ける際やタトゥーを彫る、新たなパートナーが出来た際も同様です。

・中性脂肪
中性脂肪は、脂肪性肝炎の特徴的な原因で「コレステロール・糖分・塩分」が分解されず、そのまま放置された余分な脂肪となり脂質異常症の原因となります。
中性脂肪を抑える飲料(ヘルシア緑茶など)は、コンビニでも置いてありますが、あくまで食事だけに範囲が及びます。
簡単な話、食生活を替えて代謝を上げるか?運動をするかしない限りは、根本的な解決に至らないことが多いです。
最近は幅広い年齢層の方がジムに通い、中性脂肪を減らすためだけのコースを用意する所も増えてきているので、体験入会で行ってみるのも良いですね。

・アルコール
毎日ビール3缶(アルコール換算量60g)以上を飲む方は、肝炎に要注意です。
お酒は栄養素ではないので分解して排出はされますが、カロリーだけは異様に高いので、即座に脂肪分へと変化してしまいます。
特に加齢により衰えた肝臓は、分解する力も弱まるので「仕事のストレス解消による飲み過ぎ・やけ酒」は肝臓に負担を掛け、より疲弊させます。
翌日顔が黄色くむくんだり食べ物がおいしく感じられない自覚症状が出ている二日酔いの日は、休肝日にして「納豆・アボガド・りんご・キャベツ」等の胆汁酸が出やすい食物繊維や抗酸化作用のあるお酢ををぜひ摂ってみて下さい。
近年では飲み過ぎで入院するケースも珍しくないので、お酒の量を控えるのは必須と言えます。

肝臓病の予防対策

肝臓病の予防対策は、原因となる「ウイルス・アルコール・脂肪」を減らすだけで出来ます。

・ウイルス感染をしない・させない・起こさないよう血液検査を予約する
B型肝炎やC型肝炎のウイルスは、血液検査を保健所や医療機関で受けることが出来ます。
時期によっては無料で行っているところもあるため、近隣の保健所に電話をかけて予約してみて下さい。
菌保有者であるかないか?家族にいるかいないか?が分かるだけでも十分な予防対策です。

・脂肪を減らす
普段とても分かりづらいですが、肝臓に脂肪がついた状態、肝脂肪はれっきとした肝臓病の症状です。
ぽっこりお腹が気になり始めたら、それを減らすための努力を怠らないべきです。
例えば食事であるなら、下記が推奨されます。

・抗酸化作用
【βカロテン】カボチャ・人参・ほうれん草など
【ビタミンB2・C・E郡】ニシン・シジミ・アサリ・キウイ・イチゴ・柑橘類など(サプリメント可)
【クエン酸】米酢・黒酢

・胆汁酸(脂肪分)を出す
【食物繊維】納豆・アボガド・りんご・キャベツなど
【ポリフェノール】コーヒー・煎茶など

これら2種を含んだ野菜・魚を多く摂取するだけでも、余分な中性脂肪を吐き出しやすくなります。
特にお酢は「疲労回復」食物繊維は「便秘」にも効果適応するので、毎日少しでも摂るのが良いです。
朝「コーヒー・みかん・キウイ等のフルーツ類」をお昼「お酢のドレッシングでキャベツサラダ」という形で、ご飯のメニューに加えていってみて下さい。
また普段食べる時間が極端に少ない方は、サプリメントで代替するのもおすすめです。
また代謝を上げて、肝脂肪を減らすのであれば運動が欠かせません。

【普段】
・朝食後にラジオ体操をする
・普段から3階までは階段を使って昇り降りする
・食後の車やタクシー利用を控えて歩く

【ジム】
・歩行者用プールで30分から1時間程ゆっくり歩く
・ランニングマシンで傾斜率のちょっと高い設定でウォーキングを1時間程行う
・深呼吸を欠かさず太ももから腹筋にかけての筋トレを2.3セット行う

これらは有酸素運動で、太ももから腹筋にかけてをゆっくり呼吸をしながら行う運動です。
食後30分間は、軽い運動で脂肪分や糖分を溜めず燃焼出来ます。
食べた後はちょっとした運動でなるべく足を上げて歩いてみて下さい。
また最近の健康ブームでよく雑誌でも取り上げれるヨガも良いとされるので、女性の方はお友達を誘って行くのも良いでしょう。

・アルコールを減らす
アルコールは肝臓に直接負担をかけるので、1日飲む分を決めて休肝日を1週間に3日作るのが必須です。
厚生労働省が公表する1日飲酒量は「男性40g未満・女性20g未満」が限度なので、各お酒に換算すると下記の通りです。

・ビール500ml缶(20g)※1本飲まない程度
・チューハイ350ml缶(20g)※1本まで
・日本酒1合(22g)※1杯まで
・ワイングラス1杯(12g)※1杯と少しまで
※あくまで目安でありメーカーごとに異なる他、アルコール度数によっても変わります。
飲んではダメというものでは無く、量を減らして最終的に自分で制限できるようになることが大事です。
飲む付き合いが多い方は、まずは飲酒量を減らすところから始めてみて下さい。

肝臓病解消のメリット

肝臓病や肝炎を予防防止することで、突然倒れて入院生活を余儀なくされたり、急に働けなくなる等の不安が解消されます。
また保険が利いても入院・通院する治療費は実際かさむので、病気に左右されず生活にゆとりを持つことが出来ます。
何より大事な家族や友人を安心させることが出来ます。
ぽっこりお腹が気になり始めたら、普段から意識して対策への努力を行ってみて下さい。
家族でB型肝炎やC型肝炎を患った方は、人間ドックや血液検査を受けてみると良いでしょう。

口コミ・レビュー

  • risaさん (29歳)
    アーユルヴェーダのサロンに通っていて、今ヨガやら食事改善やらで健康体を目指しているのですが、その時に先生に聞いた生薬がたくさん入っていて驚きました!! お酒をのむ機会も多いので興味が止まらなくてすぐに購入してしまいましたね。 肝臓は体の中でとっても大事な器官なのでいたわってあげたいです。
  • ジョヒンネさん (33歳)
    サプリメントは以前から服用するようにしていたのですが、やはり漢方に近いオーガニックのほうが身体にもより馴染むと思い購入するようにしています。眼には見えないところを綺麗にしていくことがとても大切ですね。
  • くっころさん (37歳)
    ビール2杯で翌日に残るようになって危機感を覚えて購入。酒は好きなのでサプリで体質改善をして飲み続けられるようになりたいと思ってます。現在三週間目、ちょっと残らないようになってきたかな?
  • てちさん (30歳)
    いろんな症状に対しての効果がある薬なんですね!自分は淋病になってしまい使いましたが、普通の感染系の症状に効くって書いてあったので、今度はそっちにも使ってみようと思います。
  • りょうじさん (34歳)
    淋病に頻繁になるのですが、同じ抗生物質だと耐性がついてしまうのが嫌だったのでいつもと違う薬を使ってみました。ちゃんと膿が出なくなったので効いているのだと思います。
  • たかさん (26歳)
    飲むとすぐに胃が痛くなって次の日が辛くなるのでリブを飲み始めました。 前から知っていたサプリメントで、評判も良かったので気になっていましたが、購入して良かったと思います。 エビオスをずっと飲んでいましたが、その時よりはるかに体調がよくなったのを感じています。
  • kirinさん (26歳)
    病院に行く暇がなかったのでコチラで購入しました。検査結果はテスト失敗で確認できず。使い方を間違えてしまった自分が悪いんですが、もう少し簡単に使える検査キットってないんですかね?この検査キットより使いやすそうな、C型肝炎の検査キットも買ってみようかと検討中。これで失敗したら、素直に病院に行こうと思います。
  • Nikueさん (37歳)
    よく献血を利用してます。献血に行くと、ジュース飲み放題とか、お菓子もらえたり、漫画を見れたりと、予定がないときに便利なので。最近も献血に行ったんですが、その頃から体調がよくないので心配で、念のために検査してみようと考え購入しました。結果は陰性で問題なし。使い方もサイトに詳しく記載してあり、また疑いがあった時にはお世話になると思います。
  • yukmaruさん (35歳)
    こちらのサイトを利用するのは初めてだったのですが、発送もスムーズで、なによりもお安く購入できるのがほんとにいいですね。ただ、梱包が少し雑かな。私は気にならない程度でしたが。アモキシシリンを服用してからは、淋病の症状も落ちついて、痒みも無くなってきたので嬉しいです。強い殺菌作用があるので菌を根本から治療できていいですね。
  • Vさん (36歳)
    市販のウコンドリンクなんかも悪くはないんですが、お酒を飲んだ時だけそういうのを飲むってのは虫がいいんでしょうね。徐々に肝機能の衰えを感じていた私は最近そういったドリンクも効かなくなってきていました。プナルナバを毎日飲むだけで本当に肝機能が改善するのか半信半疑でしたが、今では健康な肝臓をとりもどしつつあります。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ