糖尿病・高血糖値

糖尿病とは、インスリンが機能しなくなり血液中のブドウ糖が消費されず高血糖値のままになる状態を言います。原因は様々あり高カロリーな食事や体質、遺伝などが挙げられ症状により治療薬も異なります。

売れ筋ランキング

糖尿病・高血糖値の商品一覧

  • グルコバイ

    グルコバイ

    グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているグルコバイは、バイエル社が製造・販売している正規品です。 グルコバイの主成分であるアカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える糖尿病治療薬です。 また、体内に吸収される糖質を抑制し、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることにより、食べた物が脂肪になりにくくなります。 高いダイエット効果が注目され、多くの美容外科で糖質制限ダイエット目的として処方されている医薬品です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス

    アクトス

    特徴 アクトスはタケダ社が開発した2型糖尿病の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているアクトスは、タケダ社が製造・販売している正規品です。 効果 アクトスの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては15mg/30mgが処方されています。 当サイトでも15mg/30mgが購入可能です。
    製造:タケダ

    もっと見る

    1錠86円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アマリール

    アマリール

    特徴 アマリールはサノフィ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているアマリールは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。 効果 アマリールの主成分であるグリメピリドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、便秘、腹痛、悪心、下痢、発疹、めまい、頭痛、そう痒症、貧血、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.5mg/1mg/3mgが処方されています。 当サイトでは1mg/2mg/4mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メトグルコ・ジェネリック

    メトグルコ・ジェネリック

    特徴 ゾメットはインタスファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ゾメットの主成分であるメトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは500mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジャヌビア

    ジャヌビア

    特徴 ジャヌビアはMSD社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているジャヌビアは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 ジャヌビアの主成分であるシタグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、鼻咽頭炎、腹痛、悪心、下痢、胃炎、口内炎、発疹、冷汗、浮腫、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては12.5mg/25mg/50mg/100mgが処方されています。 当サイトでは25mg/50mg/100mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠353円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スターシス・ジェネリック

    スターシス・ジェネリック

    特徴 グリネイトはグレンマーク社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているスターシスのジェネリック医薬品です。 効果 グリネイトの主成分であるナテグリニドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、代謝障害、悪心、腹痛、下痢、発疹、そう痒症、肝臓機能障害、頭痛、めまい、動悸、貧血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは60mg/120mgが購入可能です。
    製造:グレンマーク

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エクメット・ジェネリック

    エクメット・ジェネリック

    特徴 ガルバスメットはノバルティス社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているエクメットのジェネリック医薬品で、楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ガルバスメットの主成分であるビルダグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、リンパ系障害、頭痛、めまい、便秘、腹痛、消化不良、尿路障害、栄養障害、筋肉痛、皮膚障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではビルダグリプチン50mg/メトホルミン1000mgが購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠120円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メトグルコ・ジェネリック

    メトグルコ・ジェネリック

    特徴 メトホルミンはアクタビス社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 メトホルミンの主成分であるメトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは500mgが購入可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス・ジェネリック

    アクトス・ジェネリック

    特徴 ベキサゾンはマイラン社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、ボトルタイプが特徴です。 効果 ベキサゾンの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは15mg/30mg/45mgが購入可能です。
    製造:マイラン

    もっと見る

    1錠30円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラゼンタ

    トラゼンタ

    特徴 トラゼンタはベーリンガー社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているトラゼンタは、ベーリンガー社が製造・販売している正規品です。 効果 トラゼンタの主成分であるリナグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、蕁麻疹、浮腫、気管収縮、めまい、咳、口内炎、便秘、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1錠168円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イスタメット

    イスタメット

    特徴 イスタメットはサンファーマ社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているジャヌビアやメトグルコと同一成分が含まれた医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 イスタメットの主成分であるシタグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、鼻咽頭炎、腹痛、悪心、下痢、胃炎、口内炎、発疹、冷汗、浮腫、けん怠感、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、代謝異常、頭痛、筋肉痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではシタグリプチン50mg/メトホルミン500mg、シタグリプチン50mg/メトホルミン1000mgの2種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠162円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オングリザ

    オングリザ

    特徴 オングリザはアストラゼネカ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているオングリザは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 オングリザの主成分であるサキサグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎などがあげられます。 成分量 日本国内においては2.5mg/5mgが処方されています。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠202円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス・ジェネリック

    アクトス・ジェネリック

    特徴 ピオグリットはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ピオグリットの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは15mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠22円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シグル(モリンガ)

    シグル(モリンガ)

    オススメ シグル(モリンガ)は、天然成分モリンガの葉エキスが含まれたサプリで、栄養素がとても豊富です。 カルシウムは牛乳の4倍、カリウムはバナナの3倍、亜鉛はカキの2倍といったそれぞれの食品が持つ栄養素を1種類で上回る魅力があり、関節への栄養補助にふさわしいサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ツルレイシ

    ツルレイシ

    ツルレイシは、毎日の健康維持のために服用するサプリメントで血糖値の改善に効果的です。 天然の原料のみを使用し1粒に濃縮され作られているため健康維持のために必要な成分を簡単に摂取することが可能になります。
    製造:ドクターズファーマシー

    もっと見る

    1錠7円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シュガーバン(糖分吸収抑制)

    シュガーバン(糖分吸収抑制)

    シュガーバンは、体内への糖分吸収を抑制するダイエットサプリメントです。 糖分の摂りすぎによる血糖値の急激な上昇が、糖尿病や肥満といった病気の原因となりますが、シュガーバンに含まれているギムネマ、クロミウム、グレープフルーツペクチンといった成分が、糖分の吸収を抑え、インスリンの働きを助けて血糖値を調整し、コレステロールの値を低くするといった効果を与えます。ダイエットにおける糖分制限を軽減させるほか、食欲の抑制にも期待が出来るサプリメントです。
    製造:Source Naturals

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 糖尿病検査キット100回分

    糖尿病検査キット100回分

    糖尿薬検査キットは、糖尿病の経過を観察するために体内のケトン体と呼ばれる物質を測定する尿試験紙です。 体内におけるケトン体の蓄積量が増えると血糖を下げるホルモンであるインスリンの量が減少します。 このインスリンの欠乏により、体内におけるケトン体の生成が促進されます。 ケトン体を測定する当キットは、血糖の観測を行う糖尿病検査キットとして使用することが可能となります。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱4,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メシャシュリンギ

    メシャシュリンギ

    メシャシュリンギは、ダイエット中や糖分を控えなければ成らない方に最適なサプリメントです。 ヒンドゥー語において「糖を破壊する物」という意味のハーブであり、メシャシュリンギに含まれるギムネマ酸が、腸から糖分の吸収を防ぎます。 血糖値を低下させるインスリンの分泌を促すことで、膵臓にやさしい構造をしており、甘いものを食べても、その糖分が吸収されないということで「甘い物を無かったことに出来る」というサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カレラ

    カレラ

    カレラは、ヒマラヤ社が開発した天然成分配合の糖尿病を治療するサプリメントで血糖値を下げる効果があります。 運動不足によるメタボリックは、肥満が原因で糖尿病予備軍とされていますが、カレラを服用する事で、血糖値をコントロールします。 天然成分のため、副作用もなく安心安全です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アルジュナ

    アルジュナ

    アルジュナは、血液循環を改善し心臓の健康をサポートする天然成分のサプリメントです。アルジュナ樹皮はインドで何世紀にも渡って心臓疾患の薬として活用されてきました。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアベーコン

    ダイアベーコン

    ダイアベーコンは、主成分のギムネマが過剰な血糖値を下げ体内でインスリンを増加させる働きがあるサプリです。2型糖尿病や脂質異常症の方の食生活をサポートします。 世界三大伝統医学のひとつであるインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」治療に古来から用いられています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オキシタード

    オキシタード

    オキシタードは、酸化ストレス(食生活や生活習慣の症状)によっておこる糖尿病や皮膚病などの症状を改善してくれる天然成分のサプリメントです。 胃の粘膜を守ることで、体内の酸化バランスを保つことができるようになります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カレラ印薬煎

    カレラ印薬煎

    印薬のカレラは、血糖値減少効果のある苦瓜を原材料に用いた漢方薬です。 古くから東南アジア近辺を中心に、漢方薬として用いられてきたカレラは、食後に上がりやすい血糖値の上昇を抑え、また効率的に栄養補給を促す薬草として種子や果肉が用いられてきました。 また栄養素の補給により肝臓の働きも高まるため、コレステロール値の安定にも繋がります。 加齢によって血圧上昇やコレステロールが気になる方におすすめです。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モリンガカプセル

    モリンガカプセル

    モリンガカプセルとは、人が必要する栄養素を豊富に含んだ天然成分のサプリメントです。 野菜が嫌いで偏った食生活を送っている方や血圧や血糖値が気になっている方、疲れが中々とれない方、便秘気味な方などにお勧めの商品です。
    製造:KHAOLAOR LABORATORIES

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オイグルコン・ジェネリック

    オイグルコン・ジェネリック

    特徴 セミダオニールはアベンティスファーマ社が開発した糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているオイグルコンのジェネリック医薬品で、白色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 セミダオニールの主成分であるグリベンクラミドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、発疹、下痢、悪心、食欲不振、めまい、眠気、浮腫などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは2.5mgが購入可能です。
    製造:アベンティスファーマ

    もっと見る

    1錠18円~
    売切れ
    詳細を見る
  • メタクト・ジェネリック

    メタクト・ジェネリック

    特徴 ピオグリットMFはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメタクトのジェネリック医薬品で、薄い黄色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ピオグリットMFの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させると共に、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではピオグリタゾン15mg/メトホルミン500mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠43円~
    売切れ
    詳細を見る
  • スターシス・ジェネリック

    スターシス・ジェネリック

    特徴 ナグリドはアブディイブラヒム社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているスターシスのジェネリック医薬品で、黄色い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ナグリドの主成分であるナテグリニドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、代謝障害、悪心、腹痛、下痢、発疹、そう痒症、肝臓機能障害、頭痛、めまい、動悸、貧血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120mgが購入可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠34円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

糖尿病

糖尿病とは

1:血糖とは

糖尿病とは 糖尿病と聞くと「とにかく怖い病気」というイメージになり、具体的にどういう状態なのかということが解り難いものですが、それにはまず「血糖」を知る必要があります。
でんぷんなどの糖質(炭水化物)という、人間の生命を繋ぐ大切な栄養素が、体内で消化されると「ブドウ糖(グルコース)」になります。
このブドウ糖が血液から細胞へと取り込まれ、生命活動のエネルギーとなるのですが、血液の中に入っているブドウ糖を「血糖」といい、血液中のブドウ糖の量を「血糖値」と言うのです。

2:血糖値の上下

血糖値の上下 食事により炭水化物が体内へと取り込まれると、血糖値は必然的に上昇します。
そして、運動などで体を動かすとブドウ糖がエネルギーとして使われ、血糖値は下がります。
こうなると食事や運動をする毎に血糖値は上がったり下がったりして大変になるかと思われますが、健康な人であるならば、その血糖値は「インスリン」というホルモンが働くことによって、一定の数値に保たれますので、食事や運動の影響をさほど受けずに血糖値を安定させることが出来ます。
そして、このインスリンがしっかりと機能しなくなり、血液の中のブドウ糖の消費がされなくなることで、血糖値が高いままになっている状態を「糖尿病」と言うのです。
糖尿病とは「状態を指す」病名であり、何らかの痛みなどの症状ではないのですが、人間の血糖値が高い状態をそのままにしておくと、悪影響がたくさん出てくるのです。
ひどい時には失明、手足の壊死ということもありますので、血糖値とは人間の体を正常にキープするためには必要不可欠なのです。

糖尿病の種類

糖尿病の種類 血糖値が上がったまま調整されない糖尿病、その種類は主に4つに分けられます。

A:1型糖尿病

インスリンを生み出す膵臓の細胞が壊れてしまうことで、インスリンが作られなくなって糖尿病となります。
これは主に小さい子供や若い人に良くみられるケースです。

B:2型糖尿病

インスリンの分泌量が減り、その機能が低下することによって起こります。
主に中高年の方が発症しますが、若い方の数も増えています。
2型糖尿病の患者は多く、日本の糖尿病患者の9割がこの2型糖尿病とされています。
日本人は遺伝的にインスリンの分泌が弱い人が多いので、こうした体質に加え「過食・運動不足・肥満」あるいは精神的ストレスという要素も合わさっての発症が多く見られます。
生活習慣病の糖尿病としても有名です。

C:特定の原因によるその他の糖尿病

他の疾患から派生するものや、薬剤の影響で起こるもの、または遺伝子の異常などが挙げられます。

D:妊娠糖尿病

文字通り女性に起こるものです。
妊娠中に発症し、糖尿病に至っていない糖質の代謝異常を呼びます。
上記の糖尿病とはくくりが違うところもありますが、妊娠中はほんのわずかな高血糖であっても胎児への影響があるために「妊娠糖尿病」と名がついています。
妊娠中に胎盤が生み出すホルモンが、インスリンの働きにストップをかける査証があるため、インスリンが作られずに血糖値が上がるのです。
高齢での妊娠、肥満、家族に2型糖尿病患者がいる、かつて血糖値の高さを指摘されているなどの場合に起こりうるものです。

糖尿病の症状

糖尿病の症状 糖尿病は知らず知らずのうちに悪化し、重要な疾患を抱えるというケースが多いのですが、血糖値が高い状態が続くことにより、主に1型糖尿病ではありますが、以下のような症状が見られることがあります。

・尿の回数、量が増える。
糖が尿として出る時に、水分も同時に排出するため、尿の量が増えます。

・水分摂取量が増える
尿が増える=体の水分が無くなることから、喉が乾く口渇症状、そして多飲が見られるようになります。

・体重の減少
糖が尿から出てしまうため、体のタンパク質や脂肪をエネルギーに変えるため、体重が減ります。

・疲れやすくなる
体のエネルギーが減り、体重が減ることで疲れを感じやすくなります。

2型糖尿病の進行

日本の糖尿病患者の9割と言われるのが、2型糖尿病です。
これは気づかないうちに発症し、ゆっくりと進行していく病気です。
また、糖尿病の症状が見られないからといって血糖値の調節をせずにいると、恐ろしい合併症を引き起こします。
主な合併症は以下のものがあります。

A:糖尿病網膜症

網膜の血管に障害がおこり、視力が落ち、眼がかすむ、物がぼやけて見えるなどの症状が出ます。
これが進行すると最悪の場合、失明してしまいますので、年に一度は眼科での検診をおすすめします。

B:糖尿病腎症

腎臓の働きが悪くなる事で、血圧が上がり、尿からたんぱく質が流出し、体がむくんでしまうなどの症状が出ます。
また、血液をろ過する働きがあるのが腎臓ですので、それが悪くなることで血液に汚れ、老廃物がたまってしまい、腎不全、尿毒症といった重い疾患を引き起こします。
腎不全になってしまうと人工透析を受ける必要が生じます。

C:糖尿病神経障害

神経の障害により、動きを司る体への命令系統に乱れが生じます。
手足のしびれ、ほてりなどが見られ、足の痛覚の麻痺も見られることがあり、その場合は傷があっても気づくことが出来ず、そのまま患部の壊疽などに繋がりますので、注意が必要です。
2型糖尿病の進行

糖尿病の予防には

糖尿病の予防には 2型糖尿病については、対応・予防は十分可能です。
そうした予防の基本は、ずばり言って食事療法となります。
糖尿病患者の9割ともいえる2型糖尿病は、インスリンの分泌量が足りなくなり、その力が薄まってしまうのが原因というこの病気は、日本人の体質にも原因があります。
日本人は元々インスリンの分泌量が欧米人に比べて少ないものです。
食事の欧米化と言う言葉も古くなるほど、我々日本人の食事環境は変わりました。
しかし、体質はまだそれに追いついておりませんので、高脂肪、高カロリーの食事を摂って内臓に負担を掛けているのです。
肝臓を休ませる「休肝日」を設ける方は多くても、膵臓は食事の度に動いているものですので、膵臓に負担を掛けない食事を心がけることが予防に繋がります。
食事療法の基本は、カロリーを必要以上に摂らないことにあります。
バランスのとれた栄養を体形と健康状態に合わせて摂取する事で、膵臓の負担は軽くなります。
基本的には糖分(砂糖はもちろん、糖へとかわる炭水化物)を減らし、カロリー摂取表などに合わせた食事を摂ります。
いずれにせよ数日行うだけでは意味がありませんので、継続していくことが重要です。

糖尿病の薬とは

糖尿病の治療は食事療法、そして適度な運動という運動療法が基本となりますが、それでも血糖値の調節が難しい場合には薬物療法を行い、血糖値を下げる必要があります。
糖尿病の薬には種類が多くあり、それぞれの特徴もありますので、糖尿病の基本となる2型糖尿病の薬をご紹介します。

1:スルフォニル尿素薬(SU薬)

SU薬とも略される薬です。膵臓に直接働きかけ、インスリンの分泌を促すことで血糖値を下げます。
特に空腹時での服用が血糖値を著しく下げますので、最も多く使われている薬でもあります。
膵臓にインスリン分泌の力が残っていないと効果が出ないので、インスリンを作り出せなくなった方には別の薬が処方されます。
また、インスリン分泌が増えることでブドウ糖の利用量も増え、体重が増すこともあります。
第3世代のスルフォニル尿素薬で、アマリール錠「成分:グリメピリド」などがあります。

2:ビグアナイド薬

肝臓に働きかけ、糖を生み出す作用をせきとめ、筋肉などでブドウ糖を使うようにさせることで血糖値を下げます。
SU薬と比べた場合、血糖値を下げる力そのものは劣りますが、体重の増加はし難い薬です。
また、SU薬は服用後に食事を摂らなければ低血糖を起こす場合がありますが、ビグアナイド薬は低血糖のリスクは少ないと言われています。
メトグルコ錠「成分:メトホルミン」などがあります。
最近、海外の研究者が発表した論文にメトホルミンは、2型糖尿病患者の腸内細菌叢に影響を及ぼし、その組成に変化をもたらすと発表されました。
出典|糖尿病リソースガイド

3:α-グルコシダーゼ阻害薬

グルコバイ 食後には血糖値が急上昇し、糖尿病の方にとってリスクです。
この薬は小腸におけるブドウ糖の吸収を遅らせることで、血糖値の上昇に歯止めを掛けます。
食前の血糖値はあまり高くならず、食後に血糖値が上がりやすい方が服用します。
低血糖を起こすリスクが低いのも特徴です。
グルコバイ「成分:アカルボーズ」などがあります。

4:速効型インスリン分泌促進薬

SU薬と同じ構造があり、膵臓からのインスリン分泌を促します。
速効型と言われているだけあって、食後に服用し、30分以内に効果が表れます。
グルファスト「成分:ミチグリニドカルシウム」などがあります。

5:チアゾリジン薬

アクトス 血液の中にあるブドウ糖の利用を高めるために、脂肪や筋肉でインスリンの効果を上げる薬です。
インスリン抵抗性改善薬とも言います。デメリットとして体にむくみが見られることがあります。
アクトス「成分:ピオグリタゾン」などがあります。

6:DPP-4阻害薬

インスリンの分泌に関わる小腸から分泌されるホルモン、GLP-1の動きを活発にさせます。
比較的新しい薬で、血糖値が高い時にだけ作用するというのも特徴であり、SU薬にあるような体重増加の心配も無いものとなっています。
エクア錠「成分:ビルダグリプチン」やビグアナイド薬が一緒に配合されたイニシンク配合錠などがあります。

※サプリメントで予防

ダイアベーコン 高カロリーな食事や炭水化物が好きと自覚している方、生活習慣病で太っている方などは、糖尿病になる前段階で予防する事も重要です。
ダイアベーコンというサプリは、血糖値を下げ、体内でインスリンを増加させる働きがあります。
脂質異常症の予防サプリとして、世界中で多くの方が愛用しており、天然成分配合のため副作用もなく安心して服用出来ます。

口コミ・レビュー

  • レイカさん (24歳)
    最近なんだかケーキのバイキングにハマってしまいました。 去年の健康診断の時より5キロも太ってしまったんで甘いものは控えてたんですけど、それが良くなかったのかストレスで1日中甘いもののことを考えるようになったので、我慢するのはやめようと思いサプリメントを飲み始めました。
  • はっけよい澤田さん (51歳)
    ぞめっとのお陰で大分お財布事情が節制できている。いままで不摂生をしてきた自分が悪いのだが、やはりいざ待ったなしの2型糖尿病となると本当に大変だな。
  • ジョヒンネさん (33歳)
    サプリメントは以前から服用するようにしていたのですが、やはり漢方に近いオーガニックのほうが身体にもより馴染むと思い購入するようにしています。眼には見えないところを綺麗にしていくことがとても大切ですね。
  • グリコさん (30歳)
    糖尿病の商品もあるなんてステキです!まだ初期とはいえ…ちょっと通院するだけでも生活がアップアップなので…。 しばらくはこちらのなびさんにはお世話になりそうです!
  • マエちゃんマンさん (38歳)
    昔からファストフードが大好きで、この年で糖尿病と言われました。 元々遺伝的にも糖尿病になりやすい体質だったらしく、このままだと生活や仕事に支障をきたすよと宣告されました。 4月から生活習慣を改めたので糖尿病検査キットは、自身の健康チェックがいつでも行えるようにと買いました。
  • Tomzさん (41歳)
    食べ歩きが趣味でして、ついつい友達と食べ過ぎてしまいます。 昔から血糖値の上昇具合には気をつけてね。と医師に忠告されるので このサプリにサポートしてもらってます。 とは言っても、食生活は心掛けた方がいいですよね。
  • イタリヤさん (53歳)
    生活習慣と早食いなため糖尿病と診断されました。 親父も糖尿病予備軍で、糖尿病になりやすい体質を持っているのかもしれません。 病状が深刻になる前にこちらの商品で完治させたいと思います!
  • フォー大好きさん (40歳)
    血糖値がもうちょっとヤバめなんですが、メシを食べたら即眠くなるあの感じがなくなっただけでありがたいです。これからも飲み続けますよ!
  • ぬーさん (39歳)
    オイグルコンを処方されています。もう飲み方はわかっていますし、定期的に飲むのは知っているので、自分で買えるジェネリックはありがたいです。病院はとにかく待たされるので、お金よりもそっちがキツいです(苦笑)
  • さん (43歳)
    糖尿病を患ってから食生活に気をつけています。自分の体がどんな状態にあるのかを知るために検査キットを使っています。いつもであれば病院でしていたことを家でできるので便利です。いくら気をつけていても長年の習慣はそう簡単に変えることはできません。これを使うことで振り返りができ、健康管理がしやすくなりました。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ