糖尿病・高血糖値

糖尿病とは、インスリンが機能しなくなり血液中のブドウ糖が消費されず高血糖値のままになる状態を言います。原因は様々あり高カロリーな食事や体質、遺伝などが挙げられ症状により治療薬も異なります。

売れ筋ランキング

糖尿病・高血糖値の商品一覧

  • ティノスポラカプセル100錠【痛風】

    ティノスポラカプセル100錠【痛風】

    含有成分「ティノスポラ・クリスパ」とは!? ティノスポラ・クリスパは日本名ではイボツヅラフジといいます。 痛風・糖尿病やあらゆる生活習慣病へ高い作用が期待できることでタイ国王が自ら服用し、推進するという有名な漢方薬です。 最大15メートルの茎を生産する落葉性の登山用の樹木で、東南アジア(タイ・インド・スリランカ・フィリピン)で古くから栽培され、薬用植物として使用されています。 以下の症状に効果が期待されています。 ・痛風 ・糖尿病 ・肥満(メタボリック) ・免疫力の向上 ・組織や器官の働きをサポート ・リンマチ症状の緩和 ・消化障害 ・精子の質(活発な精子)向上 ・下痢 ...などの生活習慣病へ効果的とされています。
    製造:THANYAPORN HERBS

    もっと見る

    1錠30円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • グルコバイ

    グルコバイ

    グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているグルコバイは、バイエル社が製造・販売している正規品です。 グルコバイの主成分であるアカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える糖尿病治療薬です。 また、体内に吸収される糖質を抑制し、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることにより、食べた物が脂肪になりにくくなります。 高いダイエット効果が注目され、多くの美容外科で糖質制限ダイエット目的として処方されている医薬品です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス

    アクトス

    特徴 アクトスはタケダ社が開発した2型糖尿病の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているアクトスは、タケダ社が製造・販売している正規品です。 効果 アクトスの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては15mg/30mgが処方されています。 当サイトでも15mg/30mgが購入可能です。
    製造:タケダ

    もっと見る

    1錠86円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジャヌビア

    ジャヌビア

    特徴 ジャヌビアはMSD社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているジャヌビアは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 ジャヌビアの主成分であるシタグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、鼻咽頭炎、腹痛、悪心、下痢、胃炎、口内炎、発疹、冷汗、浮腫、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては12.5mg/25mg/50mg/100mgが処方されています。 当サイトでは25mg/50mg/100mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠353円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アマリール

    アマリール

    特徴 アマリールは2型糖尿病治療薬で丸形の錠剤が特徴です。 効果 アマリールの主成分であるグリメピリドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、便秘、腹痛、悪心、下痢、発疹、めまい、頭痛、そう痒症、貧血、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.5mg/1mg/3mgが処方されています。 当サイトでは1mg/2mg/4mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メトグルコ・ジェネリック

    メトグルコ・ジェネリック

    特徴 ゾメットはインタスファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ゾメットの主成分であるメトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは500mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スターシス・ジェネリック

    スターシス・ジェネリック

    特徴 グリネイトはグレンマーク社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているスターシスのジェネリック医薬品です。 効果 グリネイトの主成分であるナテグリニドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、代謝障害、悪心、腹痛、下痢、発疹、そう痒症、肝臓機能障害、頭痛、めまい、動悸、貧血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは60mg/120mgが購入可能です。
    製造:グレンマーク

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エクメット・ジェネリック

    エクメット・ジェネリック

    特徴 ガルバスメットはノバルティス社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているエクメットのジェネリック医薬品で、楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ガルバスメットの主成分であるビルダグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、リンパ系障害、頭痛、めまい、便秘、腹痛、消化不良、尿路障害、栄養障害、筋肉痛、皮膚障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではビルダグリプチン50mg/メトホルミン1000mgが購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠120円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス・ジェネリック

    アクトス・ジェネリック

    特徴 ベキサゾンはマイラン社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、ボトルタイプが特徴です。 効果 ベキサゾンの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは15mg/30mg/45mgが購入可能です。
    製造:マイラン

    もっと見る

    1錠30円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラゼンタ

    トラゼンタ

    特徴 トラゼンタはベーリンガー社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているトラゼンタは、ベーリンガー社が製造・販売している正規品です。 効果 トラゼンタの主成分であるリナグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、蕁麻疹、浮腫、気管収縮、めまい、咳、口内炎、便秘、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1錠168円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メトグルコ・ジェネリック

    メトグルコ・ジェネリック

    特徴 メトホルミンはアクタビス社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 メトホルミンの主成分であるメトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは500mgが購入可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イスタメット

    イスタメット

    特徴 イスタメットはサンファーマ社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているジャヌビアやメトグルコと同一成分が含まれた医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 イスタメットの主成分であるシタグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。 また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、めまい、動悸、鼻咽頭炎、腹痛、悪心、下痢、胃炎、口内炎、発疹、冷汗、浮腫、けん怠感、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、代謝異常、頭痛、筋肉痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではシタグリプチン50mg/メトホルミン500mg、シタグリプチン50mg/メトホルミン1000mgの2種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠162円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オングリザ

    オングリザ

    特徴 オングリザはアストラゼネカ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているオングリザは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 オングリザの主成分であるサキサグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎などがあげられます。 成分量 日本国内においては2.5mg/5mgが処方されています。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠202円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクトス・ジェネリック

    アクトス・ジェネリック

    特徴 ピオグリットはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ピオグリットの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 副作用 主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは15mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠22円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シグル(モリンガ)

    シグル(モリンガ)

    オススメ シグル(モリンガ)は、天然成分モリンガの葉エキスが含まれたサプリで、栄養素がとても豊富です。 カルシウムは牛乳の4倍、カリウムはバナナの3倍、亜鉛はカキの2倍といったそれぞれの食品が持つ栄養素を1種類で上回る魅力があり、関節への栄養補助にふさわしいサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ツルレイシ

    ツルレイシ

    ツルレイシは、毎日の健康維持のために服用するサプリメントで血糖値の改善に効果的です。 天然の原料のみを使用し1粒に濃縮され作られているため健康維持のために必要な成分を簡単に摂取することが可能になります。
    製造:ドクターズファーマシー

    もっと見る

    1錠7円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 糖尿病検査キット100回分

    糖尿病検査キット100回分

    糖尿薬検査キットは、糖尿病の経過を観察するために体内のケトン体と呼ばれる物質を測定する尿試験紙です。 体内におけるケトン体の蓄積量が増えると血糖を下げるホルモンであるインスリンの量が減少します。 このインスリンの欠乏により、体内におけるケトン体の生成が促進されます。 ケトン体を測定する当キットは、血糖の観測を行う糖尿病検査キットとして使用することが可能となります。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱4,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アルジュナ

    アルジュナ

    アルジュナは、血液循環を改善し心臓の健康をサポートする天然成分のサプリメントです。アルジュナ樹皮はインドで何世紀にも渡って心臓疾患の薬として活用されてきました。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カレラ

    カレラ

    カレラは、ヒマラヤ社が開発した天然成分配合の糖尿病を治療するサプリメントで血糖値を下げる効果があります。 運動不足によるメタボリックは、肥満が原因で糖尿病予備軍とされていますが、カレラを服用する事で、血糖値をコントロールします。 天然成分のため、副作用もなく安心安全です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ダイアベーコン

    ダイアベーコン

    ダイアベーコンは、主成分のギムネマが過剰な血糖値を下げ体内でインスリンを増加させる働きがあるサプリです。2型糖尿病や脂質異常症の方の食生活をサポートします。 世界三大伝統医学のひとつであるインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」治療に古来から用いられています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オキシタード

    オキシタード

    オキシタードは、酸化ストレス(食生活や生活習慣の症状)によっておこる糖尿病や皮膚病などの症状を改善してくれる天然成分のサプリメントです。 胃の粘膜を守ることで、体内の酸化バランスを保つことができるようになります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カレラ印薬煎

    カレラ印薬煎

    印薬のカレラは、血糖値減少効果のある苦瓜を原材料に用いた漢方薬です。 古くから東南アジア近辺を中心に、漢方薬として用いられてきたカレラは、食後に上がりやすい血糖値の上昇を抑え、また効率的に栄養補給を促す薬草として種子や果肉が用いられてきました。 また栄養素の補給により肝臓の働きも高まるため、コレステロール値の安定にも繋がります。 加齢によって血圧上昇やコレステロールが気になる方におすすめです。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モリンガカプセル

    モリンガカプセル

    モリンガカプセルとは、人が必要する栄養素を豊富に含んだ天然成分のサプリメントです。 野菜が嫌いで偏った食生活を送っている方や血圧や血糖値が気になっている方、疲れが中々とれない方、便秘気味な方などにお勧めの商品です。
    製造:KHAOLAOR LABORATORIES

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オイグルコン・ジェネリック

    オイグルコン・ジェネリック

    特徴 セミダオニールはアベンティスファーマ社が開発した糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているオイグルコンのジェネリック医薬品で、白色の丸形の錠剤が特徴です。 効果 セミダオニールの主成分であるグリベンクラミドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、発疹、下痢、悪心、食欲不振、めまい、眠気、浮腫などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは2.5mgが購入可能です。
    製造:アベンティスファーマ

    もっと見る

    1錠18円~
    売切れ
    詳細を見る
  • メシャシュリンギ

    メシャシュリンギ

    メシャシュリンギは、ダイエット中や糖分を控えなければ成らない方に最適なサプリメントです。 ヒンドゥー語において「糖を破壊する物」という意味のハーブであり、メシャシュリンギに含まれるギムネマ酸が、腸から糖分の吸収を防ぎます。 血糖値を低下させるインスリンの分泌を促すことで、膵臓にやさしい構造をしており、甘いものを食べても、その糖分が吸収されないということで「甘い物を無かったことに出来る」というサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    売切れ
    詳細を見る
  • メタクト・ジェネリック

    メタクト・ジェネリック

    特徴 ピオグリットMFはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。 日本でも処方されているメタクトのジェネリック医薬品で、薄い黄色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ピオグリットMFの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。 メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させると共に、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。 副作用 主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、眠気、けん怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではピオグリタゾン15mg/メトホルミン500mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠43円~
    売切れ
    詳細を見る
  • スターシス・ジェネリック

    スターシス・ジェネリック

    特徴 ナグリドはアブディイブラヒム社が開発した2型糖尿病治療薬です。 日本でも処方されているスターシスのジェネリック医薬品で、黄色い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ナグリドの主成分であるナテグリニドはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、代謝障害、悪心、腹痛、下痢、発疹、そう痒症、肝臓機能障害、頭痛、めまい、動悸、貧血などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120mgが購入可能です。
    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1錠34円~
    売切れ
    詳細を見る
  • シュガーバン(糖分吸収抑制)

    シュガーバン(糖分吸収抑制)

    シュガーバンは、体内への糖分吸収を抑制するダイエットサプリメントです。 糖分の摂りすぎによる血糖値の急激な上昇が、糖尿病や肥満といった病気の原因となりますが、シュガーバンに含まれているギムネマ、クロミウム、グレープフルーツペクチンといった成分が、糖分の吸収を抑え、インスリンの働きを助けて血糖値を調整し、コレステロールの値を低くするといった効果を与えます。ダイエットにおける糖分制限を軽減させるほか、食欲の抑制にも期待が出来るサプリメントです。
    製造:Source Naturals

    もっと見る

    1錠45円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

高血糖値と糖尿病について

糖尿病に関してどの程度までご存知でしょうか?
糖尿病は血糖値が高くなることで生じる病気です。

その病名から「甘いものを食べ続けるとかかる」、「肥満の人ほどかかりやすい」、「高齢者しかかからない病気である」といったイメージが先行しやすい病気でもあるかもしれません。

これらが完全に間違っているわけではありませんが、正しい医学的知識に基づいた根拠とは言い難いでしょう。

まず、血糖値と糖尿病の「糖」は甘い糖分を連想される方がいらっしゃいますがそれは誤りです。
単純に糖分をたくさん摂るだけで血糖値が上がったり糖尿病になるわけではありません。

また、肥満や高齢者の方だけではなく、痩せている方でも若い方でも糖尿病を患っている方は少なくないのです。

最近では食の欧米化(糖質や動物性高タンパク質の多い食事)が進んできたこともあり、糖尿病患者は老若男女問わず増加傾向にあります。
もちろん食生活だけで糖尿病になるわけではなく、そこには運動不足、仕事でのストレス、また喫煙など複合的な要因があります。

糖尿病は決して特定の層に限定されるような病気ではなく、むしろ誰にでも起こりうる身近な病気であり、その症状や長期にわたる療養を考慮すると生活習慣病の中では最も要注意すべきカテゴリーに分類されるでしょう。

血糖とは?

血糖とは血中に取り込まれているブドウ糖を指します。

ブドウ糖はあらゆる食品に含まれており、身体や脳の活動に必要不可欠な栄養素です。
ブドウ糖は小腸で吸収され血液に取り込まれたあと、身体の各細胞にとどけられてその機能を維持するためのエネルギー源となります。

この血中のブドウ糖のことを血糖と呼び、またその濃度を数値で表したものを血糖値と呼びます。

糖尿病とは?

この血糖が体の各細胞に行き渡らないまま血中に滞留してしまうと、血糖値が高い状態が続いてしまい高血糖となります。

高血糖になると身体中で様々な合併症が起こるようになり、長期間にわたる服薬と治療を必要とします。

一口に糖尿病と言っても大きく分けて4つのタイプに分けられます。
  • 1型糖尿病
    何らかの原因により膵臓のβ細胞が破壊されてインスリンが分泌されなくなり、症状が進行するスピードが速いの特徴的です。
    若いうちから発症する方も多く見られますが、糖尿病の中で1型の患者はそれほど多くありません。
  • 2型糖尿病
    1型と異なり膵臓からインスリンがちゃんと分泌されますが、その量や作用が不十分の場合は2型糖尿病の扱いになります。
    糖尿病のほとんどの患者が十中八九こちらに当てはまります。
    原因としては不規則な食生活、運動不足などの生活習慣の乱れ、精神的ストレスなどの環境的要因、また遺伝要因など複合的なものです。
    35歳以降かかる例が多く、気づかないうちに進行していき、合併症がでてきて初めて症状を自覚される方もいます。
  • 特定の原因によるその他の糖尿病
    何らかの病気や薬剤が原因で糖尿病になることもあり得ます。
    手術や長期間にわたる服薬をしているとその影響で血糖に影響が出ることがあり、二次性糖尿病とも呼ばれています。
    遺伝などもこれに該当します。
  • 妊娠糖尿病
    妊娠中の期間のみ発見される糖尿病です。妊娠する前やあきらかに妊娠の影響によるものではない通常の糖尿病の場合はこれに該当しません。
    妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンが活性化するため、それが耐糖性異常を引き起こしやすくなります。
    そのためインスリンが正常に機能しなくなることもあり一時的に高血糖になりますが、多くの場合は出産後に改善します。
    しかし胎児へのリスクもあり、体調面と精神面の厳重な管理が必要となります。

血糖値とインスリンの関係

私たちの体は血糖が血中にとどまり続けないようにインスリンがその量を正常に保ってくれています。

インスリンはすい臓のランゲルハンス島と呼ばれる部位にあるβ細胞で生成されるホルモンで血糖を速やかに体中の細胞まで運ぶ役割を持っています。

一時的に血糖値が上昇してもしばらくすれば減少するのはこのインスリンが関係しているのです。

血糖が正常に保たれているのはインスリンのおかげ?

私たちの体は食事をとると血中にブドウ糖が溶け込むので食後には血糖値が上がります。

しかし、その後にこのインスリンのはたらきによってブドウ糖の量が減少していきますので、1~2時間前後で正常な量に戻ります。

体中にブドウ糖が送られることによって脳や臓器はエネルギー源を蓄えることができ、たんぱく質の合成や細胞の増殖が促進されたりします。

普段、私たちの身体が正常に機能するのはインスリンが血糖を筋肉、脳、それぞれの臓器に送り届けてくれているからなのです。

インスリンが正常に機能しなくなると

ではこのインスリンが分泌されなくなってしまったり、その働きが弱まってしまったらどうなるのでしょうか?

当然ながらインスリンの量が減ると運び係が居なくなるので血中の糖は溜まっていく一方となります。
また、たとえ量が十分でもはたらきが悪くなってしまうとうまく細胞に吸収することができず、血糖値は上昇していきます。

こうなってしまうとインスリンの量や働きに対して何らかの対処が必要です。

そうなると、体の隅々にブドウ糖が運ばれなくなるので、脳、臓器、筋肉など重要な部位にエネルギーを蓄えられなくなる可能性が高まります。

高血糖値・糖尿病になる原因

多くの食事にブドウ糖が含まれている関係上、食後には必ず一定のブドウ糖が血中に溶け込みます。

個々の体質も考慮しなければいけませんが、栄養バランスの整った食事ではそこまで血糖値は急上昇することはありません。
血糖値が急に上がるのは主に糖質を過剰摂取したときや長い空腹時間を経て急に食事をしたときなどです。

もちろん、食事や生活習慣だけではなく、日常のストレスの有無や運動しているか否かも血糖値に大いに影響していますから一概にひとくくりには出来ません。

しかし、以下の5つは糖尿病の元となる高血糖が起こる原因として明記されています。

  • 食生活と生活習慣
  • 飲酒と喫煙
  • 継続的なストレス
  • 運動不足
  • 加齢

食生活─炭水化物の摂りすぎはよくない?

食生活は血糖値と深くリンクしており、糖質を過剰に摂取してしまう以下のような食品には注意が必要です。

  • 多量の白米(おかずより多い)
  • ラーメン、うどん、そばなどの麺類
  • パン類
  • イモ類
  • 清涼飲料水(コーラ、ジュース、缶コーヒー等)

米、パン、麺類などの炭水化物はお腹の中で消化された後、ブドウ糖として血中に取り込まれます。

多くの方が主食にしているであろう白米はお茶わん山盛りいっぱいで55g前後の糖質が含まれていると言われており、角砂糖およそ14個分に相当します。

また、パンも食パン1枚だけで糖質35g前後ですので角砂糖およそ9個分に当たります。
うどんやそばも1人前で糖質40g前後なので角砂糖10個分ですね。
※角砂糖1コ ≒ 4gとして算出
食べるときは全く甘くなくても体の中で消化・吸収されてブドウ糖となるとかなりの糖分であることがわかります。

アイスクリームや清涼飲料水は糖分が多く、清涼飲料水に至っては500mlで角砂糖およそ16個分にもなります。

上記の例をみると、単純な菓子類やジュースのみならず炭水化物の過剰摂取もできるかぎり避けた方が良さそうですね。

乱れた食生活

間食が多い、スナック菓子をよく食べる、菓子パンや甘いスイーツなどが主食と化しているなどの場合は、早急にそのような食生活を見直す必要があるでしょう。

あきらかに糖質過剰である食生活をしているとインスリンが血糖を処理しきれないので慢性的に血糖値が高い状態になります。

しかも若いうちからこうした食生活をしていると糖尿病の引き金になる確率が非常に高いのです。

飲酒と喫煙

  • 飲酒
    適度な飲酒は血糖値を下げる効果があると言われています。
    しかし、その反面、アルコールの過剰摂取を日常的に行っていると「インスリン抵抗性」を引き起こし、インスリンが効きにくい体になります。

    インスリン抵抗性が強くなると筋肉や肝臓がブドウ糖を適切に取り込まなくなってしまい、正常な血糖値を維持できなくなります。

    また、多量のアルコール摂取は肝臓や膵臓にダメージを与えてより回復の難しい糖尿病となるため、すでに糖尿病と診断されている方は多量飲酒を禁じられています。
  • 喫煙
    喫煙をすることによってインスリンの効果を弱めてしまいます。
    また、これはタバコを吸う本人だけの問題ではなく、受動喫煙で他人のたばこの煙を吸ってしまった人にも同じ害があることが判っています。
    タバコは高血圧や動脈硬化など血管系の病気のリスクもあります。
    糖尿病でも、血中の糖分が血管を傷つけてしまい動脈硬化や糖尿病網膜症などの合併症を招く恐れもあるため、喫煙をすることによりはるかにこのような危険な合併症を促進させてしまいます。

継続的なストレス

職場などで過大な業務を要求されることによる心理的圧力を受け続けると、糖尿病を発症する確率が高くなることが判りました。
多大なストレスを感じることによって交感神経が常に優位の状態になってしまい、アドレナリンや甲状腺ホルモンなどが分泌され血圧を上昇させるというのです。
また、継続的なストレスは心配事や不安感を増大させるので、それが引き金となり暴飲暴食に走りがち。勤め人の方々は特に注意したいところです。

運動不足

運動不足と2型糖尿病の発症率は因果関係があることが判っており、有酸素運動の回数が少ないほど発症率が高いことが医学界のデータでも明らかになっています。
つまり運動をすれば血糖値の上昇は防げることになります。

  • 運動を継続して筋肉量が上がることでインスリンの機能が回復すること
  • 糖代謝に関係する物質が活性化すること─この2つの相乗効果で血糖値の低下が期待できます。
    また運動を推奨するのはエネルギーを消費させて2型糖尿病患者またその予備軍の原因である肥満を解消するという狙いもあります。

以上のことから、糖尿病治療中の方は定期的に運動することを強く勧められています。

加齢

ブドウ糖の行き場所はほとんどが筋肉であり、血糖値の調節も筋肉で行われています。

高齢になると筋肉の量も減少して糖が行き場所をなくし、血液に滞留したままになってしまうので血糖値が上がりやすくなります。

また、膵臓のはたらきも弱ってくるのでインスリンの分泌量も減少していきます。
食生活や生活習慣が乱れている方は高齢になるにつれて糖尿病にかかるリスクが増していきます。

高血糖値・糖尿病の予防と治療

高血糖値・糖尿病の予防と治療には食事療法と運動療法が2つの柱として特に重要視されています。

これらを適切に行うことによって元のインスリンの作用を取り戻すことができ、血糖を減少させることができます。

そのうえ身体の各部位にブドウ糖が行き渡るようになるので本来の元気を取り戻すことができ、身体の抵抗力もついて合併症の予防にもなります。

それではその2つについて解説していきましょう。

適切な食事

  • 食べ方
    基本は1日3食食べることです。朝・昼・晩と適度な感覚で食事をとることによって血糖値の急激な上昇や下降を防ぐことができます。
    また、消化のためによく噛んで食べましょう。
    よく噛むことでインスリンの分泌をサポートするGLP-1ホルモンが増えるという効果もあります。
    出来るだけ野菜⇒主食という順番で摂りましょう。
    野菜に含有される水溶性食物繊維の効果で消化吸収を緩やかにしてくれるので、血糖値が急激に上がるのを防いでくれます。
  • 栄養
    血糖値上昇の9割は糖質過多によるものです。
    白いご飯、パン、そばやうどんなどは身体に吸収されやすいので、できるだけ他の栄養素と一緒に摂るようにした方が良いでしょう。
    例えばお米なら白米ではなく五穀米にすると食物繊維を多くとることができ、糖質も身体にゆっくりと吸収されるようになるため血糖値が上がりにくくなります。
    パン類なども同様に食物繊維を先に摂るのが良しとされます。たんぱく質や脂質と一緒にバランスよく摂取するとさらに合理的です。
    その他にも脂肪分や糖分が少ないヨーグルトも含有される乳酸菌によって腸内環境が整い、結果的に血糖値を下げる菌が繁殖しやすい環境にしてくれるので、血糖値低下に大きく貢献するでしょう。

    塩分を控えることも重要です。調味料としては減塩したしょうゆ、またゆずやレモンといったものを味付けに使いましょう。
    高血糖の方は血糖コントロールがうまくいかないので塩分を多量に摂取すると狭心症や心筋梗塞といった心血管疾患のリスクが増大します。
    特にファーストフード、カップ麺、スナック菓子などは塩分が多いだけではなく、使われている油(トランス脂肪酸やショートニング)が動脈硬化や心臓病のリスクを高めると言われています。

適切な運動

筋力トレーニングや有酸素運動を行うことでインスリンのはたらきが再活性化します。
これらの運動を行うことでブドウ糖を細胞に取り込むタンパク(グルコース輸送体)が増加し、インスリンの効果が発揮されます。

また筋肉中のブドウ糖や脂肪酸が消費されるので、それを補うために血中のブドウ糖と脂肪酸も減少します。どちらの効果も血糖の低下を狙えるものです。

さらに、運動で酸素をたくさん取り入れ、血流を良くすることによって合併症である動脈硬化や高血圧の予防にもなります。

運動は食後1時間くらいが最も効率よく血糖を減らせると言われます。
内容としては有酸素運動や少し負荷が身体にかかるくらいの「ややきつい」運動がオススメです。

呼吸数が増え、少し汗をかくような運動です。軽いジョギング、水泳、自転車などを10~30分間行うのがちょうどよいとされます。
ウォーキングで1日1万歩を目標にするのも効果的ですね。
ただし、これらはあくまで目安の数字ですので無理をして行う必要はありません。
血圧が通常よりも高かったり、疲労や目まいがあったりと体調不良を感じたらその日はお休みしましょう。

大事なのは継続することです。
自身の体調と相談して少しずつでもよいのでなるべく毎日行うようにしましょう。

途中の水分補給や前後のストレッチなども忘れずに!
  • 減酒
    肝障害や膵障害を避けるためにも過度な飲酒は避けましょう。
    インスリンが正しい量で分泌されなくなるばかりか正常に機能しなくなってしまう可能性も考えられます。
    実際高血糖や糖尿病でお悩みの患者は1日に飲むお酒の量を1合(たしなむ程度)までと、厳しく制限されています。
    また、食事を抜いてアルコールを摂取すると低血糖を引き起こしやすくなります。
    高血糖・糖尿病の患者はインスリン注射やお薬などで血糖値を下げるため、空腹時でお酒を飲むことも控えた方が良いでしょう。
  • 禁煙
    タバコは高血糖を悪化させる危険因子となります。
    理由は以下の通りです。
    ①喫煙は動脈硬化や高血圧のリスクを高めます。
    長年にわたり吸い続けることで血管へのダメージが蓄積し、血流の悪化を促進します。

    ②タバコを吸うことにより血糖コントロールが悪化することが米国公衆衛生局によって判明しています。
    血糖コントロールができなくなると血糖が体に届けられなくなり、必要な栄養素やエネルギー転換がうまくできず、様々な臓器に影響を洗えてしまい、最終的に「糖尿病の慢性合併症」を招きます。

    そのうえ、血糖値が高いまま放置されていると血管内部が血糖によってボロボロになってしまい高血圧と同様、動脈硬化や心筋梗塞のリスクも高めます。
    喫煙を行うことで①と②のリスクを同時に背負うことになるのです。

    こうした病気を回避するために糖尿病患者はもちろん、糖尿病予備軍にとっても早期禁煙が望まれます。

糖尿病の合併症

糖尿病はそれ自体よりも、それによって引き起こされる合併症の方が恐ろしいといわれます。
血糖値が上がっていくと以下の合併症にかかりやすくなります。

  • 糖尿病神経障害
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 動脈硬化

糖尿病は治りにくい?

糖尿病は確かに現代人にとって病気のひとつとして認識されていますが、糖尿病は治る治らないの二元論で語るものではなく、血糖値を正常な人と同じくらいまで調整し続け、健康な生活を送れるようにすることが目的です。

また、いくら血糖値を下げる処置をしていても、血糖値が上下しやすいかは個々の体質によって決まりますからその部分を治すことはできません。

ですからもし血糖値が下がって体調が良くなった場合、糖尿病が「治った」というよりは「血糖値が低い状態を維持できている」と言った方が適切かもしれません。

しかし、たとえ一時的にそのような状態になっても今以上に血糖値が上がらないように血糖コントロールは継続していく必要があるのです。

なぜ血糖コントロールが必要なのか

糖尿病の方は合併症を引き起こさないように、すでに合併症を引き起こしてしまっている方はそれ以上悪化しないように血糖をコントロールしていかなければなりません。

ひとたび合併症を起こしてしまうと「身体の各部位でしびれが出てくる」、「疲れやすくなる」、「頻繁に尿が出る」、また「視力が極限まで低下していく」など日常生活に支障がでるほどの症状を伴います。

そのため、糖尿病ではない健常な人と同じ値まで血糖値を下げた状態を維持し、健康寿命を延ばすことが血糖値をコントロールする目的なのです。

こまめに定期検診を受けよう

高血糖や糖尿病は初期だと自覚症状がなかなかなく、気づきにくい病気でもあります。

手遅れになる前にマメに健康診断を受けたほうがいいでしょう。

高血糖・糖尿病に有効な医薬品

糖尿病の治療は食事療法、そして適度な運動という運動療法が基本となりますが、それでも血糖値の調節が難しい場合には薬物療法を行い、血糖値を下げる必要があります。

スルホニル尿素(SU)薬
アマリールはスルホニル尿素(SU)薬で、有効成分であるグリメピリドは膵臓のランゲルハンス島と呼ばれる部位のβ細胞からインスリンの分泌を増やす手助けをします。
インスリンの分泌量が増えることで血糖値を下げることができます。
アマリール
名称 アマリール
有効成分 グリベンクラミド
価格 1,620円(30錠の場合)
服用 1日1~2回(6mgまで)
副作用 低血糖症状を伴う場合があります
ビグアナイド薬
メトグルコはビグアナイド薬で次の3つの効果を持ちます。
  • 糖新生抑制…肝臓で新しく糖が作られるのを抑える
  • 糖利用促進…筋肉や脂肪組織などの末梢部分で糖分が使われるよう促す
  • 糖尿病腎症
  • 糖吸収抑制…小腸内での糖の吸収を抑える

上のスルホニル尿素(SU)薬とは異なり、ビグアナイド薬有効成分は肝臓に直接はたらきかけて血糖値の上昇を防ぎます。2型糖尿病治療では最もよく使われています。
最近、海外の研究者が発表した論文にメトホルミンは、2型糖尿病患者の腸内細菌叢に影響を及ぼし、その組成に変化をもたらすと発表されました。
出典|糖尿病リソースガイド

ゾメット(メトグルコのジェネリック)
名称 ゾメット(メトグルコのジェネリック)
有効成分 メトホルミン
価格 2,700円(100錠の場合)
服用 1日食後2~3回(1日に2,250mgまで)
副作用 低血糖症状、筋肉痛、代謝異常等を伴うことがあります
α-グルコシダーゼ阻害薬
グルコバイはα-グルコシダーゼ阻害薬で、小腸内で作られるα-グルコシダーゼと呼ばれる酵素を阻害するはたらきを持っています。
α-グルコシダーゼは小腸内で炭水化物や糖類をブドウ糖に分解する役目を担っていますが、これを阻害することでブドウ糖の吸収が遅くなり、結果として高血糖となることを防いでくれます。
糖質とα-グルコシダーゼが小腸の中で同時に存在しないと効果を発揮しないので、服用は必ず食事の直前に行ってください。
グルコバイ
名称 グルコバイ
有効成分 アカルボース
価格 2,700円(90錠の場合)
服用 1日毎回3食ごとの食事直前(1日に100mgまで)
副作用 消化器障害や頭痛等を伴うことがあります
DPP4阻害薬
ジャヌピアはDPP4阻害薬です。 食後 は血糖値を下げるため必ずインスリンが分泌されますが、そこにはインクレチンという消化管ホルモンが存在します。
インクレチンはランゲルハンス島のβ細胞を刺激してインスリン分泌を促進するはたらきをします。

しかし、DPP4によってそのインクレチンが分解されてしまうのでそのDPP4の阻害を狙ったのがこちらの薬品です。
ジャヌピア
名称 ジャヌピア
有効成分 シタグリプチン
価格 9,900円(28錠の場合)
服用 1日1回(1日に100mgまで)
副作用 鼻咽頭炎、口内炎、頭痛等を伴うことがあります

どの薬も用法用量を守って正しく服用していれば期待の効果を発揮してくれますが、いくら薬を使用していても、生活習慣や食生活が偏ってしまっていてはその効果は半減、元の木阿弥になってしまいます。

薬物療法ももちろん効果はありますが、あくまで症状を和らげる補助的なものという認識で使用することが望ましいといえるでしょう。

病気を治す主体はあくまで自身の身体という当然のことは忘れないようにしたいですね。

高血糖・糖尿病のまとめ

  • 糖尿病は慢性的に血糖値が高い状態でインスリン作用に問題がある病気である
  • 糖尿病には1型と2型があり患者数は圧倒的に2型が多い
  • 食後には血糖値が上がるが、それを下げるためにインスリンが分泌される。
    インスリンのおかげで血糖値が正常に保たれている
  • 高血糖・糖尿病の原因としては「血糖が多いこと、インスリンの分泌量が少ないこと、インスリンの作用が充分でないこと」が原因
  • 食生活、喫煙、運動不足は特に糖尿病の引き金になることが多い。これらは動脈硬化や心筋梗塞などの心疾患のリスクもある
  • 運動療法と食事療法が奨励される。不十分だった場合は薬物療法も追加する必要がある。薬品は主にインスリンの分泌を促すものやそれをサポートするものが多い
  • 2型の場合、初期のうちは自覚症状がないので定期検診を受けることが望まれる。高血糖の状態を放置しておくと様々な合併症を招く恐れがある。

口コミ・レビュー

  • ぷりんさん (43歳)
    効きすぎると頻脈になって変な汗が出てきます。甘いのを食べるとなおるので一時的に低血糖になってしまってるのかなと思います。私には不向きだったようです。
  • ひろ さん (46歳)
    安いのでチャレンジしてみます
  • レイカさん (24歳)
    最近なんだかケーキのバイキングにハマってしまいました。 去年の健康診断の時より5キロも太ってしまったんで甘いものは控えてたんですけど、それが良くなかったのかストレスで1日中甘いもののことを考えるようになったので、我慢するのはやめようと思いサプリメントを飲み始めました。
  • はっけよい澤田さん (51歳)
    ぞめっとのお陰で大分お財布事情が節制できている。いままで不摂生をしてきた自分が悪いのだが、やはりいざ待ったなしの2型糖尿病となると本当に大変だな。
  • ジョヒンネさん (33歳)
    サプリメントは以前から服用するようにしていたのですが、やはり漢方に近いオーガニックのほうが身体にもより馴染むと思い購入するようにしています。眼には見えないところを綺麗にしていくことがとても大切ですね。
  • グリコさん (30歳)
    糖尿病の商品もあるなんてステキです!まだ初期とはいえ…ちょっと通院するだけでも生活がアップアップなので…。 しばらくはこちらのなびさんにはお世話になりそうです!
  • マエちゃんマンさん (38歳)
    昔からファストフードが大好きで、この年で糖尿病と言われました。 元々遺伝的にも糖尿病になりやすい体質だったらしく、このままだと生活や仕事に支障をきたすよと宣告されました。 4月から生活習慣を改めたので糖尿病検査キットは、自身の健康チェックがいつでも行えるようにと買いました。
  • Tomzさん (41歳)
    食べ歩きが趣味でして、ついつい友達と食べ過ぎてしまいます。 昔から血糖値の上昇具合には気をつけてね。と医師に忠告されるので このサプリにサポートしてもらってます。 とは言っても、食生活は心掛けた方がいいですよね。
  • イタリヤさん (53歳)
    生活習慣と早食いなため糖尿病と診断されました。 親父も糖尿病予備軍で、糖尿病になりやすい体質を持っているのかもしれません。 病状が深刻になる前にこちらの商品で完治させたいと思います!
  • フォー大好きさん (40歳)
    血糖値がもうちょっとヤバめなんですが、メシを食べたら即眠くなるあの感じがなくなっただけでありがたいです。これからも飲み続けますよ!

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ