高血圧・狭心症

高血圧は遺伝による体質と生活習慣病が主な原因と考えらている病気です。135/85mmHg以上を高血圧と言い心筋梗塞や脳卒中、狭心症の発症リスクが高まります。

売れ筋ランキング

狭心症・高血圧の商品一覧

  • ディオバン

    ディオバン

    特徴 ディオバンはノバルティス社が開発した、高血圧症の治療薬です。 当サイトで取り扱っているディオバンは、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。 効果 ディオバンの主成分であるバルサルタンは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。 成分 日本国内においては20mg/40mg/80mg/160mgが処方されています。 当サイトでは80mg/160mg/320mgが購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラシックス(むくみ取り)

    ラシックス(むくみ取り)

    人気商品!オススメ! 特徴 ラシックスは、アベンティスファーマ社が開発した利尿降圧剤で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているラシックスは、アベンティスファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ラシックスの主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。 効果の持続時間は4~6時間です。 副作用 主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。 服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。 成分量 日本国内においては10mg/20mg/40mgの3種類が発売されています。 当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:アベンティスファーマ

    もっと見る

    1錠11円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルバスク・ジェネリック

    ノルバスク・ジェネリック

    特徴 ノルバスクジェネリックはシプラ社が開発した、高血圧症、狭心症の治療薬です。 ノルバスクのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 ノルバスクジェネリックの主成分であるアムロジピンベシルは、心臓や身体の血管を広げて血流を良くします。 その結果、血液の抵抗が減り血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、ほてり、めまい、ふらつき、頭痛、動悸などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠22円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴 ベータプロはConsern Pharma社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。 インデラルのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ベータプロの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。 心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。 副作用 主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/40mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テノーミン

    テノーミン

    特徴 テノーミンはアストラゼネカ社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。 当サイトで取り扱っているテノーミンは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 テノーミンの主成分であるアテノロールは、心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては25mg/50mgが処方されています。 当サイトでは50mg/100mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠67円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オルメテック・ジェネリック

    オルメテック・ジェネリック

    特徴 オルメシップはシプラ社が開発した、高血圧症の治療薬です。 オルメテックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 オルメシップの主成分であるオルメサルタンメドキソミルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠67円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブロプレス

    ブロプレス

    特徴 ブロプレスはアストラゼネカ社が開発した高血圧症、腎実質性高血圧症の治療薬です。 当サイトで取り扱っているブロプレスは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。 効果 ブロプレスの主成分であるカンデサルタンシレキセチルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、ふらつき、食欲不振、胃部不快感などがあげられます。 成分 日本国内においては2mg/4mg/8mg/12mgが処方されています。 当サイトでは4mg/8mg/16mgが購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1錠60円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メインテート(コンコール)

    メインテート(コンコール)

    特徴 コンコールはMSD社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。 メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 コンコールの主成分であるビソプロロールフマル塩酸は心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠66円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カタプレス・ジェネリック

    カタプレス・ジェネリック

    特徴 アルカミンはユニケム社が開発した、本態性高血圧症、腎性高血圧症の治療薬です。 カタプレスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 アルカミンの主成分であるクロニジンは、脳に働きかけて、身体の交感神経を抑えノルアドレナリンの分泌を減少させます。 交感神経がゆるむことにより、血管が広がり血圧を下げる効果があります。 副作用 主な副作用には、口渇、眠気、鎮静、めまい、倦怠感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:ユニケム

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カデュエット

    カデュエット

    特徴 カデュエットはファイザー社が開発した、高血圧症、狭心症、高コレステロール血症の治療薬です。 当サイトで取り扱っているカデュエットは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 カデュエットの主成分であるアムロジピンは心臓や身体の血管を広げ血流を良くし、血圧を下げる効果があります。 アトルバスタチンは、肝臓でのコレステロールの合成を抑え、血液中の悪玉コレステロールを低下させ、動脈硬化を防ぎます。 副作用 主な副作用には、動悸、頭痛、めまい、ふらつき、肝機能障害などがあげられます。 成分 日本国内においてはアムロジピン2.5mg/アトルバスタチン5mg、アムロジピン2.5mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン5mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン10mgが処方されています。 当サイトではアムロジピン5mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン5mg/アトルバスタチン20mg、アムロジピン10mg/アトルバスタチン10mg、アムロジピン10mg/アトルバスタチン20mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴 インデラルはアボット社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 インデラルの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。 心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。 副作用 主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/40mgの2種類が購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠25円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴 シプラ-LAはシプラ社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。 インデラルのジェネリック医薬品です。 効果 シプラ-LAの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。 心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。 副作用 主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠30円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • チバセン・ジェネリック

    チバセン・ジェネリック

    特徴 チバセンジェネリックはSandoz社が開発した、高血圧症の治療薬です。 チバセンのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。 効果 チバセンジェネリックの主成分であるベナゼプリルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、頭痛、咳、ALT上昇などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:Sandoz

    もっと見る

    1錠61円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴 プロプラノロールWZFはPolfa Warszawa S.A.社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。 インデラルのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 プロプラノロールWZFの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。 心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。 副作用 主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mg/40mgが購入可能です。
    製造:Polfa Warszawa S.A.

    もっと見る

    1錠22円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ディオバン・ジェネリック(高血圧症)

    ディオバン・ジェネリック(高血圧症)

    特徴 バルサルタンタブレットはトレントファーマ社が開発した、高血圧症の治療薬です。 ディオバンのジェネリック医薬品で、黄色い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 バルサルタンタブレットの主成分であるバルサルタンは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは40mg/80mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レニベース・ジェネリック

    レニベース・ジェネリック

    特徴 レニベースジェネリックはインタスファーマ社が開発した、本態性高血圧、腎性高血圧症、腎血管性高血圧症、悪性高血圧症の治療薬です。 レニベースのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 レニベースジェネリックの主成分であるエナラプリルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、頭痛、咳、倦怠感、耳鳴りなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは2.5mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニトロダームTTS

    ニトロダームTTS

    特徴 ニトロダームTTSはノバルティス社が開発した、狭心症の治療薬です。 ニトロダームのジェネリック医薬品で、胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼り、皮膚から吸収するタイプのパッチ剤です。 効果 ニトロダームTTSの主成分であるニトログリセリンは、心臓の冠動脈や全身の血管を強力に拡張します。 その結果、心筋に血液が流れ込み心臓の負担が軽くなり、狭心症発作を抑えます。 副作用 主な副作用には、めまい、頭痛、頭重感、かぶれ、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1枚165円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メインテート・ジェネリック

    メインテート・ジェネリック

    特徴 メインテートジェネリックはインタスファーマ社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。 メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 メインテートジェネリックの主成分であるビソプロロールフマル塩酸は心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠23円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オルメテック・ジェネリック

    オルメテック・ジェネリック

    特徴 オルメテックジェネリックはGSKファーマ社が開発した、高血圧症の治療薬です。 オルメテックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 オルメテックジェネリックの主成分であるオルメサルタンメドキソミルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。 これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナディック・ジェネリック

    ナディック・ジェネリック

    特徴 ナディックジェネリックはアポテックス社が開発した、本能性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。 ナディックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ナディックジェネリックの主成分であるナドロールは、心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:アポテックス

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルバスク

    ノルバスク

    特徴 ノルバスクはファイザー社が開発した、高血圧症、狭心症の治療薬です。 当サイトが取り扱っているノルバスクは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 ノルバスクの主成分であるアムロジピンベシルは、心臓や身体の血管を広げて血流を良くします。 その結果、血液の抵抗が減り血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、ほてり、めまい、ふらつき、頭痛、動悸などがあげられます。 成分 日本国内においては2.5mg/5mg/10mgが処方されています。 当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

    ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

    特徴 ヒドラジドはシプラ社が開発した利尿降圧剤です。 ダイクロトライドのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 ヒドラジドの主成分であるヒドロクロロチアジドは食塩の再吸収を抑え、利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。 効果の持続時間は約12時間です。 副作用 主な副作用には、めまい、ふらつき、発疹、食欲不振などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは12.5mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フロセミド(むくみ取り)

    フロセミド(むくみ取り)

    特徴 フロセミドは、Bristol Laboratories社が開発した利尿降圧剤です。 ラシックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。 効果の持続時間は4~6時間です。 副作用 主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。 服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフロセミド40㎎が購入可能です。
    製造:Bristol Laboratories

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スピロノラクトン(アルダクトン)

    スピロノラクトン(アルダクトン)

    特徴 スピロノラクトンはHaupt Pharma社が開発した利尿降圧剤です。 アルダクトンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 スピロノラクトンは血圧を下げ、尿中ナトリウム排泄量と尿量の増加、尿中カリウム排泄量の軽度の減少に効果があります。 また、女性ホルモン作用を併せ持つため、男性型の脱毛症治療薬として使用することもあります。 副作用 主な副作用は食欲不振、悪心、女性型乳房、性欲減退などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではスピロノラクトン100mgが購入可能です。
    製造:Haupt Pharma

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルピナ

    セルピナ

    セルピナの有効成分は、サルバカンダという食物の根の部分を乾燥させた成分になります。 血管の拡張作用により高ぶった神経を落ち着かせ、心臓や血管に働きかける高血圧のサプリになります。その他、アドレナリン作動性の緊張を少なくさせて不安感を制御するなど、不安障害の治療にも有効とされているサプリメントになります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠12円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アルジュナ

    アルジュナ

    アルジュナは、血液循環を改善し心臓の健康をサポートする天然成分のサプリメントです。アルジュナ樹皮はインドで何世紀にも渡って心臓疾患の薬として活用されてきました。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ印薬煎

    ラスナ印薬煎

    印薬煎のラスナはインドの伝統医学に基づき調合された、脂肪燃焼効果のある漢方薬です。 大蒜(ニンニク)を原材料に調合されビタミンB1、B6を豊富に含みます。 そのためこれら二つの栄養素が、体内の糖質代謝・脂肪燃焼を高める体質へと改善します。 また、利尿作用にも優れ、むくみの解消効果を期待することも出来ます。 健康的で太りにくい体質をお考えの方に飲むだけで効果が現れやすくなる漢方薬です。
    製造:スマート

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フレティック

    フレティック

    特徴 フレティックは、Siam Bheasach社が開発した利尿降圧剤です。 ラシックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 フレティックの主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。 効果の持続時間は4~6時間です。 副作用 主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。 服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフロセミド40mgが購入可能です。
    製造:Siam Bheasach

    もっと見る

    1錠16円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ハイトラシン・ジェネリック

    ハイトラシン・ジェネリック

    特徴 ハイトラシンジェネリックはアクタビス社が開発した、高血圧症、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬です。 ハイトラシンのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 ハイトラシンジェネリックの主成分であるテラゾシンは交感神経のα受容体を遮断し、血管を広げる作用があります。 その結果、血液の抵抗が減り、血圧を下げる効果があります。 また、尿道を緩める効果があるため排尿障害にも使用されています。 副作用 主な副作用には、めまい、立ちくらみ、貧血、低血圧などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mg/2mgが購入可能です。
    製造:アクタビス

    もっと見る

    1錠36円~
    売切れ
    詳細を見る
  • テラゾシン

    テラゾシン

    特徴 テラゾシンはSandoz社が開発した、高血圧症、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬です。 ハイトラシンのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。 効果 テラゾシンの主成分であるテラゾシンは交感神経のα受容体を遮断し、血管を広げる作用があります。 その結果、血液の抵抗が減り、血圧を下げる効果があります。 また、尿道を緩める効果があるため排尿障害にも使用されています。 副作用 主な副作用には、めまい、立ちくらみ、貧血、低血圧などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは2mgが購入可能です。
    製造:Sandoz

    もっと見る

    1錠45円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

高血圧・狭心症

高血圧や狭心症とは

高血圧とは 「血圧が高い」「年を取ると血圧が高くなって困る」「怒るとダメ…」等々、高血圧に良いイメージは無くデメリットが殆どです。
生活習慣の変化から、男女共通して25歳以上の年齢で高血圧の診断結果が出ている方は、世界で10億人を超えているとされます。
高血圧の怖いところは「静かなる殺し屋」との異名を持つほどに、自覚症状がないまま様々な病気の引き金になるところです。
例えば高血圧になると、脳や心臓等に位置する大事な血管が動脈硬化(老廃物で塞がりやすくなる)気味になり狭心症や心筋梗塞といった合併症を引き起こしやすくなります。
誰でもなりうる高血圧ですが、そもそも血圧はどのようなものなのでしょうか?
我々の全身を巡る血液は心臓がポンプの役割を果たし、内臓や手・足といった各器官に向けて血管へと流れ込んで行きます。
血液は最初、動脈を通り毛細血管を伝って細胞に酸素などの栄養を運びます。
その後静脈を通過し、老廃物などを共に流しながら心臓へと戻って来ます。
この繰り返しで人間は栄養を補給し活動しているのです。
そして「血圧」とは、そうして流れ込む血液の勢い(圧力)によって血管の壁が押される力の事を指します。
心臓から送られる血液の量(心拍出量)と血管の硬さ(血管抵抗)によって、その数値が決まるとされています。
ホースから勢いよく水を出す例が分かりやすいですが、心臓から出る血液の量が多ければ血圧が上がり、血液の勢いがなければ血圧は下がるという具合です。
こうした血圧が基準値以上の状態になりそれが続く事を「高血圧」と言います。
また高血圧が起きる理由として、糖分・脂肪分等の老廃物が蓄積しホース内の幅が縮んでいくことが大半に挙げられます。
この蓄積状態が続くと動脈硬化・狭心症を発症しやすくなると言われています。
動脈硬化は、血管に余分な物質が溜まることで、弾力性や柔軟性が失われ血液がスムーズに送り出されず心臓に負荷をかけている状態です。
この状態が続くと胸の痛みや圧迫感を感じる狭心症という病気を起こしやすくなります。
狭心症は心筋梗塞の一歩手前の状態であるので、命に危険を及ぼす地雷原ともいえる病気です。
加齢と食生活・運動不足により上記の状態が起こりやすいとされます。
そのためある程度の年齢を過ぎた段階で血圧値を意識した生活が大切だと言われています。
成人における血圧は、正常の値で140/90mmHg、肥満状態で130mmHg/85mmHg、家庭で測定した場合は125/80mmHgが正常値となります。
この値以上の数字が慢性的に続くのが高血圧だと診断されます。

高血圧や狭心症の原因

高血圧とは何か、というのは解りましたが、その原因とはなんでしょうか?
狭心症は高血圧が現れた時の食習慣や中性脂肪により動脈が固くなり痛みの原因になるとされています。
一方で高血圧は根拠のあるはっきりとした原因が解らないとされています。
現在のところでは、「遺伝体質」と「生活習慣」の2つが主に関係していることは確認されています。
高血圧は、それぞれの原因に対して「一次性高血圧」と「二次性高血圧」の二種類に分けられます。
体に明らかな異常が見られないのにも関わらず、血圧が上がってしまう症状は「一次性高血圧」または「本態性高血圧」と言います。
年齢を重ねることによる血管の老化(硬化)・ストレス・食事に当たっての塩分の摂り過ぎ、そして遺伝などといった要因があります。
一方で、「二次性高血圧」は、ホルモンバランスの異常、腎臓の疾患といった病気が元となっている場合をいい、これらは元の原因である病気を治癒すると血圧もまた改善されていきます。

他の病気や薬が無い限り、一般的にほとんど(8割以上)の方は「一次性高血圧」だと診断されます。
食事が主だった要因で、代表的なのが塩分・脂肪分・アルコールです。
塩分は、摂り過ぎると血液中の塩分量が上がります。
血液はそのままではとても耐え切れないので、体はそれを薄めるために体内の水分を集中させ血液量が多くします。
これにより増えた血液を押し出す力が必要なので血圧が上がります。
次に脂肪分はコレステロールとも言い替えられ、体内に溜まると血液中の壁のすきまに挟まり血栓(血が固くなり塊になった状態)の原因となり、血液の流れをせき止めやすくなります。
障害があることでより押し出す力が必要となり血圧が上がりやすくなります。
アルコールは排出される脂肪分なため、飲むだけで中性脂肪を増やします。
中性脂肪=コレステロールなのでせき止めやすくなります。
またお酒と食事は、体はお酒から先に分解し始めるので食事の脂肪分を中性脂肪に変えやすい特徴もあり、高血圧への相乗効果を生みます。
また地域性や遺伝も原因であることが確認されています。
地域性で有名なのが東北地方で、寒い気候に塩分やお酒の多い食事が多いと高血圧になります。
また遺伝では、両親が二人とも高血圧の場合その子供が高血圧になる確率は1/2、どちらか片方が高血圧だと1/3、どちらも高血圧でなければ1/20というように体質が受け継がれやすいことも関係しています。
高血圧の原因

高血圧や狭心症のリスク

高血圧のリスク 放っておくと恐ろしい疾患を引き起こすことがある高血圧ですが、実際のそのリスクとは何なのでしょうか?
日本において3000万人を超えているという高血圧患者の中でも30歳以上になると、女性でも4割、男性の高血圧率は5割を超えるという深刻さがあります。
自覚症状がない間に重大な病気を引き起こす高血圧、その最大のリスクは「脳卒中」「狭心症・心筋梗塞」です。
脳卒中は「脳出血」「くも膜下出血」「脳梗塞」という呼び名もありますが、脳の血管が詰まる、もしくは脳の血管が破れてしまうことによって引き起こされる病気です。
血管が破れることを「~出血」、血管が詰まることを「~梗塞」「~血栓」と言いますので、大きく分けて2種類に分類されます。
そして、動脈硬化や血管の中にある脂肪の塊プラークが破れ血管を塞ぐ「血栓」が出来ると動脈が詰まってしまい心臓に血が送られなくなります。
これが狭心症、心筋梗塞です。発症から時間が経つことでどんどん重くなりますが、不安狭心症のように圧迫感のある痛みが来る症状が出る等、前兆として解ることもあります。
どちらにしても命に関わる病気であり、特に脳卒中は後遺症の心配もあります。
「自覚がないまま進行してゆく」高血圧のことを知り、備えをしていく必要があるでしょう。

高血圧の予防と治療法

自覚症状のないまま進行し、重大な疾患を引き起こす引き金となる高血圧の治療方法はどこにあるのでしょうか?

・まず血圧を知る
自覚症状がないものが高血圧ですから、最初にするべきことは病院での血圧測定です。
高血圧の程度を計り、血管の疾患や内臓の疾患など「二次性高血圧症」と呼ばれる状態かどうかを見極める必要があります。
こうして「原因が特定できずに高血圧である」と判定されれば、「一次性高血圧症」となり、生活習慣の改善を指導され、治療薬を処方されることになります。
(二次性高血圧症は、疾患そのものを治療することで血圧が結果的に改善されますので、別の治療となります)
また合併症にも要注意です。
高血圧であると診断された場合、他にもメタボ、糖尿病、脂質異常症、肝臓病等の病気も起きてないか確認する必要があるためです。
まず血圧を知る

・治療法について
高血圧・狭心症の治療法は、大きく分けて2つあります。
「生活習慣の改善」と「投薬」です。

1:食事や生活習慣の改善
血圧と食事は強い繋がりがありますので、規則正しい食事を摂る事が大切です。
間食をせず、腹八分目を心がけ、暴飲暴食を慎む…となるととにかく堅苦しいものですが、まずは「満腹になるまで食べない」ということだけは心掛ける必要があります。

満腹を感じるまで食べるという行為そのものが、肥満と動脈硬化の元となっていますので「もう少しで満腹だな」と思った時点で、食べるのを止めてお茶の1杯でも飲むと、人間の脳は時間差で満腹を感じます。
実際に「満腹だ」と思ってから食べることを止めてしまうと、実際は「超満腹」ということになります。これは体に良いはずがありません。
腹八分目というのは、満足感がないというイメージが付きまといますが「超満腹」を避けるところから始めるのも良いと思います。
人間には満腹中枢があり、血糖値が上がる30分頃が感じやすいのでそれまでゆっくり食べるのもおすすめとされます。
続いて大事なのは塩分の摂取量です。
1日6g未満に抑えるのが良いとされていますが、ファミリーレストランのメニューを見るとハンバーグプレートで、塩分が約2gです。
付け合せのポテトに塩をかけて食べることで、その量も上がります。
酢、コショウといったスパイスを使い、塩分を使わずに味に変化をつけると塩不足を補うことが出来ます。
また、オリーブオイル、ゴボウといった食べ物は高血圧を予防することに効果がありますので、油はオリーブオイルに変えるなどする工夫も重要です。
更には、適度な運動が高血圧には有効です。
ウォーキング、水泳などの有酸素運動と短距離走や腕立て伏せなどの無酸素運動がありますが、無酸素運動はかえって血圧を高めてしまいますので、マイペースであっても歩き続けるなどの有酸素運動がおすすめです。
食事や生活習慣の改善

・薬による治療
ノルバスク 1:カルシウム拮抗薬
高血圧の方に効果的な薬は「降圧薬」と呼ばれており、文字通り血圧を降下させるものです。
種類も幾つかあり、血管を広げることで血圧を下げる薬は「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。
有効成分「アムロジピン」や「ニフェジピン」があり、アムロジピンは商品名として「アムロジン」「ノルバスク」があり、ニフェジピンは「アダラート」として錠剤が販売されています。
果物のグレープフルーツとは併用が出来ないという特徴があり、この薬を服用する際はグレープフルーツとそのジュースは控えて下さい。

ARBとACE阻害剤 2:ARB
血管が縮むことを抑えることで、血圧を下げる薬をARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)と言います。
有効成分として「ロサルタン」「テルミサルタン」「イルべサルタン」があり、ロサルタンは「ニューロタン」、テルミサルタンは「ミカルディス」、イルベサルタンは「アバプロ」という名前で主に販売されています。
妊娠中や授乳中の方は、服用できないという注意点があります。

3:ACE阻害剤
こちらは別名「昇圧系」という呼び名もついている薬です。
血圧を上げる血中成分レニン・アンジオテンシンを抑えることで血圧を下げます。
「カプトプリル」「エナラプリル」「アラセプリル」が有効成分としてあり、カプトプリルは「カプトリル」、エナラプリルは「レニベース」、アラセプリルは「セタプリル」という名前で主に錠剤が販売されています。
薬の効果が出る過程で、ブラジキニンという物質が増えることにより、2割から3割の方に空咳が生じます。
また、糖尿病の治療薬と併用すると舌や喉の腫れがみられることもあるので診断を受けた後の処方が必須です。

ラシックス

4:利尿剤
塩分の摂取過多による高血圧の患者に処方されるものです。
文字通り尿の量を増やし、尿に含まれる塩分(Na)を排出させることで、血圧を下げます。
むくみを取る効果があり、副作用も少ないものですが、尿が増えることにより体内のカリウムが減ることがありますので、果物などを意識して摂ると良いでしょう。

テノーミン 5:β遮断薬
血管を拡張し、心臓のポンプの働きに作用して心拍出量を弱めることで血圧を下げます。
主な成分に「アテノロール」「ビソプロロール」「ベタキソロール」があり、アテノロールは「テノーミン」、ビソプロロールは「メインテート」、ベタキソロールは「ケルロング」という名称で主に発売されています。
いずれにしても降圧薬は副作用との兼ね合いから「自分がどの疾患によって高血圧になっているのか?」を把握する必要があります。

口コミ・レビュー

  • Mさん (29歳)
    飲んだら30分後にはトイレとにらめっこですね!効果はすごいです。手放せなくなりました! 飲んでなかったら不安になりますww買えなくなったら困りますww
  • るりさん (20歳)
    浮腫取れていいけど、正直、効果ありすぎて 飲まないと太すぎて一生手放せないかもと不安になってます。あと、副作用は多少あります。
  • 匿名さん (40歳)
    よかった
  • りさっぴさん (23歳)
    朝起きて、むくみがヤバいときに使ってます!2時間くらい余裕があった方がトイレの心配をしなくてよいと思います(笑)2時間もすると顔回りや手の指、ふくらはぎ当たりのむくみがスッキリします!トイレに行くたびに栄養素も抜けてるというような話も聞いたことがあったので、ミネラルとビタミンはサプリから一応摂取してます。ラシックスを服用するようになって3か月ですが、体調に異常などは見受けられません。しいて言うなら時期的なものもあるかもしれませんが、3か月で体重が2キロ減りました。価格も高くはないので、朝の時間とトイレの都合と相談しながら今後も困ったときは使うつもりです♪むくみに悩む女性の方にはオススメです。
  • ベネセさん (41歳)
    基本的には警備の仕事なのであまり人と話す機会はないのですが、稀に警備担当者や出向先で話す機会があります。 稀だからより、緊張してしまってうまく会話ができないことがあるので、このインデラルなどを服用し、少しでもこちらが緊張しているなどと気取られないように気をつけています。
  • あおいさん (27歳)
    立ち仕事のせいか、夕方になるとむくみがひどくて、足がパンパンでした…。ラシックス使ってからは、全然むくみがなくなってありがたいです!結構頻繁にトイレに行くようにはなるけど、その分むくみなくスッキリしてます!今後も愛用します。
  • トイレとお友達になるさん (28歳)
    これはすごい!起きて鏡見て「むくんでるー」って思ったら飲むようにしてます。すごいトイレに行きたくなりますが、個人的には我慢できないほどではないです。ただ、我慢も楽ではないので、飲むタイミングだけ気をつければ問題ないし、2時間程度で顔とか手の指、足がスッキリします!買えなくなったら本当に困る。。。
  • 青シャツさん (38歳)
    デトックスに今はまっていまして、色々なことをしているのですが中でもこれは一番効果が出たものなので書かせていただきます。 お酒を飲んでいる時くらい尿が出るわ出るわ、結果としてむくみが手に取るように分かります。 私の場合、朝などは指までむくみだすので、重度でしたがこちらを飲み始めてからは一切むくみがなくなりましたね。
  • シュンさん (26歳)
    人生を左右するどうしても大事な日に飲みました。 効果はあったと思います。 おかげで成功しました!
  • 匿名さん (23歳)
    極度の緊張屋さんです。 学生時代から目立つ行事にも出れませんでした。 つい先日会社のプレゼン業務があって、どうしてもやらなくてはいけないと、薬に頼ることを決意。 嘘のようにリラックスしてプレゼンできたことで仕事も軌道に乗って、この薬だけじゃなくて、自分に自信を付けてくれた意味合いでも本当に感謝しています。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ