片頭痛

片頭痛とは、突発的に起こる頭痛で風邪とは異なるメカニズムによって発症します。三又神経血管説が有力で頭蓋内血管が刺激を受け、血管が拡張して炎症を起こす事が痛みの原因です。

売れ筋ランキング

片頭痛の商品一覧

  • マクトリン(マクサルト)

    マクトリン(マクサルト)

    片頭痛 オススメ!!
    特徴
    マクトリンはレクメズ社が開発した、片頭痛の治療薬です。
    マクサルトのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    マクトリンの主成分であるリザトリプタン安息香酸塩錠は、偏頭痛の発作時に拡張するとされている脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させる事で、片頭痛の痛みを抑えます。

    副作用
    主な副作用は、無力症、頻脈、消化不良、顔面痛、不眠症、潮紅などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠190円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シベリウム(フルナリジン)

    シベリウム(フルナリジン)

    特徴
    シベリウムはジョンソン社が販売している片頭痛の治療薬です。
    白色で丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    シベリウムの主成分であるフルナリジンは、血管の平滑筋を緩め、血管が拡張されることで血圧が下がり、片頭痛の痛みを緩和する効果があります。

    副作用
    主な副作用には不眠、食欲不振、めまい、ほてり、血液低下などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:ジョンソン&ジョンソン

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スミナット(イミグラン)

    スミナット(イミグラン)

    特徴
    スミナットはサンファーマ社が販売している片頭痛治療薬です。
    イミグランのジェネリック医薬品で、片頭痛の痛みの緩和に用いられています。

    効果
    スミナットの主成分であるスマトリプタンは、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    主な副作用には身体各部への痛み、悪心、嘔吐、動悸、けん怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは25mg/50mg/100mgの3種類が購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠194円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リザクト(マクサルト)

    リザクト(マクサルト)

    特徴
    リザクトはシプラ社が開発した、片頭痛の治療薬です。
    マクサルトのジェネリック医薬品で楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    リザクトの主成分であるリザトリプタン安息香酸塩錠は、偏頭痛の発作時に拡張するとされている脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させる事で、片頭痛の痛みを抑えます。

    副作用
    主な副作用は、無力症、頻脈、消化不良、顔面痛、不眠症、潮紅などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠152円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ゾーミッグ・ジェネリック(7回分)

    ゾーミッグ・ジェネリック(7回分)

    特徴
    ゾーミッグ・ジェネリックはシプラ社が開発した片頭痛の治療薬です。
    ゾーミッグのジェネリック医薬品で、スプレータイプの点鼻薬です。

    効果
    ゾーミッグ・ジェネリックの主成分であるゾルミトリプタンとベンザルコニウム塩化物は、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    頻度は不明ですが、主な副作用には蕁麻疹、動悸、悪心、嘔吐、傾眠、めまいなどがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではゾルミトリプタン5%/ベンザルコニウム塩化物0.01が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱2,022円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イミグラン点鼻薬

    イミグラン点鼻薬

    特徴
    イミグラン点鼻薬はAspen社が販売している片頭痛治療薬です。
    片頭痛の痛みの緩和に用いられています。

    効果
    イミグラン点鼻薬の主成分であるスマトリプタンは、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    主な副作用には鼻炎、刺激感、咽喉頭症状、身体各部の痛み、苦味などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは20mgが購入可能です。
    製造:Aspen

    もっと見る

    1箱3,420円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イミグラン

    イミグラン

    特徴
    イミグランはGSKファーマ社が開発した片頭痛治療薬です。
    片頭痛の痛みの緩和に用いられています。
    当サイトで取り扱っているイミグランは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。

    効果
    イミグランの主成分であるスマトリプタンは、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    主な副作用には身体各部への痛み、悪心、嘔吐、動悸、けん怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては50mgが処方されています。
    当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠639円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アスピリン・ジェネリック

    アスピリン・ジェネリック

    特徴
    アスピリン・ジェネリックはユーエスブイ社が販売している解熱鎮痛消炎剤、川崎病用剤です。
    関節リウマチ、変形性関節炎、腰痛症、歯痛、川崎病などの治療に用いられています。

    効果
    アスピリン・ジェネリックの主成分であるアスピリンは、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。

    副作用
    頻度は不明ですが、主な副作用には食欲不振、悪心、発疹、頭痛、めまいなどがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは75mg/150mg/325mgの3種類が購入可能です。
    製造:ユーエスブイ

    もっと見る

    1錠15円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロキソニン

    ロキソニン

    特徴
    ロキソニンは第一三共社が開発した鎮痛・抗炎症・解熱薬です。
    白色で丸形の錠剤が特徴で、関節リウマチ、腰痛症、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎などの治療に用いられています。
    当サイトで取り扱っているロキソニンは第一三共社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物は、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。

    副作用
    主な副作用には発疹、腹痛、胃部不快感、眠気、AST上昇などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては60mgが処方されています。
    当サイトでも60mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インデラル

    インデラル

    特徴
    インデラルはアボット社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    インデラルの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。
    心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。

    副作用
    主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは10mg/40mgの2種類が購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠25円~
    売切れ
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴
    シプラ-LAはシプラ社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。
    インデラルのジェネリック医薬品です。

    効果
    シプラ-LAの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。
    心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。

    副作用
    主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠30円~
    売切れ
    詳細を見る
  • レルパックス

    レルパックス

    特徴
    レルパックスはファイザー社が開発した片頭痛治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトで取り扱っているレルパックスは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。

    効果
    レルパックスの主成分であるエレトリプタン臭化水素酸塩は、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    主な副作用には傾眠、眠気、浮腫性めまい、異常感覚、嘔気、口内乾燥、疲労などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては20mgが処方されています。
    当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠360円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イミグラン・ジェネリック

    イミグラン・ジェネリック

    片頭痛 オススメ!!
    特徴
    イミグラン・ジェネリックはUK Generic社が開発した片頭痛治療薬です。
    イミグランのジェネリック医薬品で、片頭痛の痛みの緩和に用いられています。

    効果
    イミグラン・ジェネリック主成分であるスマトリプタンは、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

    副作用
    主な副作用には身体各部への痛み、悪心、嘔吐、動悸、けん怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
    製造:UK Generic

    もっと見る

    1錠120円~
    売切れ
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴
    ベータプロはConsern Pharma社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。
    インデラルのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ベータプロの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。
    心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。

    副作用
    主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは10mg/40mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠21円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ロキソニン(海外市場向け)

    ロキソニン(海外市場向け)

    取り扱い一時停止
    特徴
    ロキソニンは第一三共社が開発した鎮痛・抗炎症・解熱薬です。
    白色で丸形の錠剤が特徴で、関節リウマチ、腰痛症、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎などの治療に用いられています。
    当サイトで取り扱っているロキソニンは第一三共社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物は、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。

    副作用
    主な副作用には発疹、腹痛、胃部不快感、眠気、AST上昇などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては60mgが処方されています。
    当サイトでも60mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠85円~
    売切れ
    詳細を見る
  • インデラル・ジェネリック

    インデラル・ジェネリック

    特徴
    プロプラノロールWZFはPolfa Warszawa S.A.社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。
    インデラルのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    プロプラノロールWZFの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。
    心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。

    副作用
    主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは10mg/40mgが購入可能です。
    製造:Polfa Warszawa S.A.

    もっと見る

    1錠22円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

片頭痛

片頭痛とは

頭痛にはいくつか種類があります。
その中に片頭痛というものがあります。

家に帰ってホッとしたときや、緊張がほぐれたとき。また、お風呂にゆっくり使っているときなど、リラックスしてくつろいでいる際に、片方の頭がズキンズキンと脈打つように急激に痛くなる症状が出たら、片頭痛の可能性があります。

片頭痛の痛みは脳血管が拡張した炎症によって生じるものであり、特にリラックス状態、副交感神経が優勢な時に発症します。

しかし、毎回この痛みに悩まされるのもつらいものです。
そうした方々のために、片頭痛の痛みの原因や対処法を詳しい解説付きでご紹介します。

また、薬物療法の段では成分、効果、また副作用についてもしっかりと解説いたします。

頭痛の種類

慢性型頭痛、いわゆる「頭痛持ち」と言われる方の頭痛にはおおまかに下記の3タイプがあります。
  • 片頭痛

    …頻度としては月に数回程度。血管が拡張して発症するものだと言われる。光や音に敏感になり人によっては悪心なども伴う。女性に多い。
  • 緊張型頭痛

    …ストレスが重なり、肩や首の筋肉が硬直して起こる。頭が締め付けられるような痛み。
  • 群発頭痛

    …年に1,2回ほどで一定期間に痛みが集中して起こる。目の奥に痛みを感じる。男性に多い。

上記のように、原則3つのタイプに区別することができますが、2つ以上が併発する場合もあります。

また、頭痛のタイプをしっかりと見極められず混同してしまい、間違った対処法を行っている方も目立ちます。

自己判断は危険ですので専門医を受診して自身の症状を理解することが何より大切です。

片頭痛の症状

片頭痛は頭の片側だけに痛みが生じ、ズキンズキンと脈打つように痛み出し、症状によっては吐き気を伴うこともあります。

発症者の3分の1は前兆として光、音、視覚、嗅覚に敏感になると言われており、生理学的には男性よりも女性に多く見られる神経学的疾患だとされています。

主に「ズキズキ」や「ガンガン」といった痛みが脈拍に合わせて訪れます。
多くの場合は読んで字のごとく頭の片側に表れる頭痛ですが、頭全体に痛みを感じることも少なくありません。

片頭痛には前駆症状や前兆が見られたという報告も多く、音や光に過度に敏感になります。

視界の中に光の粒粒が表れたり、フラッシュのように光が点滅したりするといった視覚的障害が一部の患者に見られ、それ以外にも肩こり、むくみ、また生あくび等の血管の収縮と拡張が原因となる前兆も多数報告されています。

片頭痛はどのような時に発症する?

そのときの行動や当人をとりまく環境、人間関係によって引き起こされるなど、誘発因子はいろいろと考えられますが、片頭痛は以下の3つが該当すると発症するといわれています。
  • 「外部環境によるもの」
  • 「精神的ストレスによるもの」
  • 「女性ホルモンによるもの」

もちろん、上記3つのほかにも、食べ物や何らかの医薬品による副作用など、様々なケースが考えられます。

また、明らかな原因が何一つとして見当たらないケースもあるため、慢性的に症状が続く場合は、必ず医師に相談しましょう。

外部環境によるもの

天候の変化(気温や湿度など)が片頭痛の原因になる場合があります。
これは急激な温度差や、雨や雪が降ることで一時的な身体の冷えと緊張感が関係しています。

また、環境が新しくなったり、新たな習慣を日常に取り入れたりした場合も、どこかで無意識のうちに緊張していたり、ストレスを感じていたりするものです。

このように、当人の環境が変わることで、精神的な疲労が蓄積し、リラックスできる状態に片頭痛を引き起こすことがあります。

精神的ストレスによるもの

対人関係のストレス、精神的疲労、睡眠不足などといった、精神的要因は片頭痛の原因に必ずと言っていいほど関係性が高い場合があります。

ストレスは交感神経を活発にさせるので、リラックスしたときの反動が強いとその分急な血管の拡大を催し、片頭痛として表れてきます。

女性ホルモンの関係

片頭痛は多くの場合、寝不足、ストレス、肩こりなどが誘発因子となりますが、月経もその一つとなります。

女性の片頭痛患者の約半数がこうした生理を誘発因子にあげており、これは男性にはありませんので、女性ならではの重大な悩みと言えます。

血中のホルモンバランスが急減することに加え、何らかの原因で心身のバランスを崩したときにおこるそうです。

片頭痛の原因

片頭痛はほとんどが気圧の変化、寝不足、目の疲れ、肩こり、緊張、そして生理をきっかけとして脳の血管に異常が起こるといわれています。

脳の血管が拡張して周囲に炎症を起こし、神経が刺激されることであの痛みが生じるため、そこで起きる片頭痛のメカニズムとして、以下の2つの説が今のところ有力とされています。

  • セロトニンの低下

    …以前から言われていたものとしては、セロトニンの低下が片頭痛の原因なのではないかという説です。セロトニンは体温の調節、睡眠や体のリズムを保つために重要な役割を果たしますが、これが不足すると脳内で血管が拡大してしまい、そのせいで頭痛を引き起こすのではないかというものです。
  • 三叉神経血管説

    …もう一つの説としては頭部の「三叉神経」が刺激されることで「神経ペプチド」という物質が放出され、血管の炎症が起きることによって痛みを感じるというものです。
    また、それに伴う脳の興奮によって悪心・吐き気がもたらされるのではないかという説もあります。

いずれにしろ、大脳の後頭葉皮膚に起こる神経の興奮現象が片頭痛の原因とされており、片頭痛発作のスタート地点として注目されています。

生活習慣

  • 食事
    …片頭痛を患っている方に多く見られるのが酒・ビールを日常的に飲んでいる方が多いことです。2日酔いなどという言葉もありますが、片頭痛持ちの方はお酒を飲んだその翌日にはかなりの痛みに悩まされていることでしょう。
    他にも脂質の多い食べ物であるチョコレート、チーズ、ピーナッツ、またスナック菓子なども片頭痛の発生原因となります。
  • その他 …また、ニコチンをはじめとするタバコに含まれる化学物質も片頭痛の種になる悪癖と言われており、血管の拡大と収縮を繰り返すことによって、脳の血管への負担が増大し、何かをきっかけとして痛みが誘発されやすくなるといわれます。
    タバコを吸わない方でもタバコから発せられる副流煙によって頭痛に襲われることもあります。

さらに、シックハウス症候群といって建造物やそれに使われた塗料に含まれる化学物質や保存料などで頭痛が引き起こされる例もあります。

生活習慣の中にヒントがある場合は、そこを重点的に改善することで発症率を下げることができるかもしれません。

遺伝

片頭痛は遺伝的な病気のひとつとされています。
しかし多くの場合は、親からの遺伝そのものよりも生活習慣や環境が引き金になり、片頭痛を発症しやすい体質になっていることが多いのです。

この場合、睡眠不足や不摂生な生活、また長時間のパソコンに向かっての作業といった生活習慣を少し改めるだけでも大いに改善できる可能税があります。

日常的にできる片頭痛の予防法

片頭痛が慢性的にある場合は、お近くの医師にご相談されることを強くお薦めしますが、予め日常生活のなかで片頭痛を予防するのに有効とされる方法があるのでご覧ください。

食事制限

片頭痛持ちの方は、血管作動(拡大/収縮)作用のある食物をあまり摂取しない方が良いとされています。

そのため、以下のものは注意した方がいいでしょう。
  • 酒、アルコール
  • 赤ワイン
  • チーズ
  • 柑橘類
  • スナック菓子
  • チョコレート
  • ココア

この中でも特に、赤ワイン・チーズ・チョコレートの3つは片頭痛の誘発因子が多いとされています。

これら3つそれぞれに含まれるヒスタミン・ポリフェノール・チラミンなどの成分は、強い血管作動作用があり、血管が収縮後、反動で膨張したときに神経を刺激して痛みを生じさせます。

一方、お酒類のアルコールは脳を興奮させ、血管拡張で血流を良くします。
その後に血管が収縮して正常に戻っても、繰り返し飲むことで再び血管が勢い良く拡大しますので、片頭痛になりやすいと言えます。

片頭痛の抑制に効果的とされる食材

  • ほうれん草
    …血圧を下げ、二日酔いや頭痛を和らげてくれる効果があります。
  • 大豆
    …含有成分のマグネシウムが豊富なので、血管のリラックスと炎症を鎮める働きが期待できます。
    ビタミンB1とビタミンB2と合わせて食べると疲労も取り除くことができて効率的です。
  • アーモンド
    …含有成分のマグネシウムの働きにより、血管の緊張を軽減する働きが期待できますが、過度な摂取は厳禁です。
  • ごま
    …サラダやオートミールなどでよく使われますが、ごまの含有成分のビタミンEには、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があるため、生理中の片頭痛にとても効果的に働くことが期待できます。
    ほかにもマグネシウムで血管をリラックスさせてくれるほか、ごま特有のゴマリグナンの抗酸化作用で血液の通りをスムーズにもします。

睡眠時間の見直し

日によって睡眠時間が短かったり長かったりすると自律神経が乱れがちになります。
自律神経が乱れると、脳の血管の収縮と拡張のリズムも乱れに繋がるため、片頭痛の発症にも大きく関係します。

また、過度に睡眠をとり過ぎると脳の血行は悪くなるため、血管の緊張状態も長く続きます。
そのため、起きたとたんに血管が拡大し、頭に強い痛みを感じるといった場合もあります。

平日と休日での睡眠時間が3~4時間ほど異なる場合は要注意です。休日だからと寝だめをせず、できるだけ睡眠時間をバランスよくとるよう意識的に行うことが大切です。

以上のことを気をつけてみるだけでも、片頭痛の頻度はそれだけでもだいぶ減少するはずです。

ストレスの軽減

片頭痛は脳の血管が過度に緊張して発症するものです。
心身へのストレスが長時間続く状態をなるべく避ける必要があります。

脳への負担を軽減するためにも、軽い運動やリラックスタイムを設けたり、適切な仮眠の時間を設けるようにしましょう。

もし、それが難しい場合は、外の空気を吸うなど、環境を少し変え、ゆっくり深呼吸するようにしましょう。

長時間に渡り同じ姿勢でいることや、PCやスマートフォンの画面を近距離で長時間見続けるのも片頭痛や眼精疲労の原因となります。

特にデスクワークの場合は特に、適度に体を動かしたり気を紛らわしたりして脳を休めながらお仕事をするように心掛けると良いでしょう。

突然の片頭痛への対処法

突発的に片頭痛の症状が現れたときの対処法をご紹介します。
  • 一般的な対処法
    …片頭痛の原因は主に、血管の拡大である場合が多いため、濡れタオルや冷えぴたシートなどを使って頭を冷やすと良いでしょう。頭を冷やすことで、脳の血管が収縮することで、痛みをいくぶん緩和させる働きが期待できます。
    また、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは血管を収縮させるはたらきがあり、早い段階で飲めば痛みは和らぎます。
    ただし、カフェインは摂りすぎると逆に片頭痛の可能性を強めてしまうので注意が必要です。
  • 光や音が原因な場合の対処法
    …光や音に敏感になっていることで、突発席に片頭痛の症状が可能性があります。そのため、照明が直接当たらないところへ移動するか、静かなところへ移動して安静にしましょう。

ポイント

マッサージは逆効果!?
首や肩、もしくは頭部の痛い箇所を直接マッサージすることにより除痛を促そうとする方がいますが、これは間違いです。
マッサージは血行を良くしてしまいますから逆に悪化します。
筋肉が固まって血行が悪くなっている緊張型頭痛ならこの方法が有効ですが、片頭痛の場合は血管を収縮させるために患部を冷やすのが正しい方法です。

片頭痛に有効な医薬品

片頭痛の原因から、抑制する方法(食事や環境、生活習慣の見直し)をご覧いただきましたが、それでも求める効果や、症状が改善されない場合は、かかりつけの医師にご相談のうえ、医薬品を使用することもできます。

片頭痛は4~72時間にわたって痛みが継続し、悪心をはじめ、視覚障害、光過敏や音過敏などの症状も伴うため、日常生活において重大な障害をもたらします。

片頭痛の月の発作回数の平均が2~3回との事なので、当然お仕事や私生活においてもその影響は大きい筈です。
症状によっては普通の生活を送るのさえ困難になってしまうでしょう。

実際、現代では様々な頭痛に対応した医薬品の存在は欠かせないものとなっています。
デスクワークで知的労働者が増えてきた背景もあり、日本でも頭痛に悩まされる方は増加傾向にあります。

片頭痛や緊張型頭痛で薬物を投与すること自体は決して珍しいものではなくなっています。

ただし、片頭痛持ちの方は緊張型頭痛を併発していたり、誤った判断をして全く違う薬を購入してしまう例も少なくありません。
薬はその症状によって服用する種類や用途が異なりますので、しっかりと症状を把握してから見極め・選択をする必要があります。
無用なトラブルを避けるためにも、初めて片頭痛の医薬品を購入される方はまず内科を受診し、ご自身の症状を知ることから始めた方が良いでしょう。


代表的な片頭痛に有効な医薬品

マクトリン10mg(マクサルトのジェネリック医薬品)
マクサルトに含まれている有効成分で、経口後約1時間で薬物濃度がピークに達し、速やかに鎮痛が行われることで知られています。
また、吐き気や光・音に対する過敏障害といった前兆にも効果があるとされており、片頭痛持ちの方にとっては万能薬的な存在となるでしょう。
効果を最大限に生かすため、適切なタイミングで服用する必要があります。
日時場所を問わず服薬できる「マクサルトRPD錠」もあり、こちらは口にした瞬間すぐに溶けるため水なしで飲むことができます。
マクトリン10mg
名称 マクトリン10mg
有効成分 リザトリプタン安息香酸塩
価格 950円(4錠の場合)
服用 発作時に10mg×1を服用(1日に20mgまで)
副作用 副作用:無力症、倦怠感、動悸、消化器不良、頭痛など
※重度な場合:アナフィラキシーショックなど
イミグラン50mg
セロトニン受容体(5-HT_1B/1D)にはたらきかけて拡張した頭蓋内の血管を収縮させ、炎症の原因となる神経ペプチドを阻害することで血管周囲の炎症を抑えます。
服用のタイミングは痛み始めてから飲むことです。早すぎても遅すぎても(前兆や異痛症後など)抑制効果は弱いので注意。予防用ではなく、あくまで発症後の服用となります。
イミグラン50mg
名称 イミグラン50mg
有効成分 スマトリプタン
価格 1,420円(2錠の場合)
イミグラン・ジェネリックの場合は6錠タイプで900円
服用 発作時に50mg×1を服用 (1日に200mgまで)
副作用 目まい、動悸、吐き気、倦怠感、頭痛など
※重度な場合:アナフィラキシーショックなど
アスピリン・ジェネリック75mg
薬効分類名としては解熱鎮痛消炎剤に分類され、片頭痛や緊張型頭痛にも効果的です。
体内で炎症などをもたらすプロスタグランジンの生合成を抑え、頭痛の種となる炎症を抑えます。
アスピリン・ジェネリック75mg
名称 アスピリン・ジェネリック75mg
有効成分 アスピリン
価格 1,620円(98錠の場合)
服用 1日に0.5g~4.5g(1日に4.5gまで、回数は2回が上限)
副作用 食欲不振、悪心、発疹、下痢、頭痛など
※重度な場合:アナフィラキシーショックなど
ロキソニン60mg
非ステロイド性の消炎鎮痛剤で、体内の生理活性物質であるプロスタグランジンの産生を抑えて片頭痛の痛みを和らげます。血中への移行が早く、速やかな鎮痛効果が期待できます。
痛み止めとしての役割のほか、解熱、消炎、また生理痛緩和の効果もあり、手軽に入手でき、様々な病的症状に利用できる薬として知られています。
最近では眠くなる成分(鎮静成分)を含まなくなっており、お仕事の合間などでも安心して飲めるようになりました。
ロキソニン60mg
名称 ロキソニン60mg
有効成分 ロキソプロフェンNa水和物
価格 9,000円(100錠の場合)
ロキソニン(海外市場向け)の場合は20錠タイプで1,900円
服用 1日3回(1日に180mgまで)
副作用 食欲不振、腹痛、胃部不快感、悪心、発疹、下痢、そう痒感、頭痛など
※重度な場合:アナフィラキシーショックなど

どの医薬品も用法用量を守り正しく服用すれば、期待する効果を一時的に発揮しますが、生活習慣や食生活が乱れていてはその効果は薄くなる場合があります。

医薬品はあくまで補助的な役割を担うものとなるため、治療や除痛の中心となるのはあくまで自身の日々の生活という事は忘れないようにしましょう。

副作用の心配がある方、もしくは医薬品を使い何らかの異変を感じた場合は、早い段階で服用を中止し、専門の医療機関を受診してください。

片頭痛のまとめ

  • 片頭痛とは脳血管が拡張することで、その周辺が炎症を起こし発症する頭痛の名称
  • 片頭痛は女性に多い
  • 片頭痛は必ずしも片方だけに痛みを感じるわけではなく、両方に感じることもある
  • 前兆として視覚障害、光や音に過敏になるといった症状があらわれる
  • 頭痛の種類は3タイプ
    1.片頭痛
    2.緊張型図頭痛
    3.群発頭痛
    があり、それぞれで原因や症状も異なるので、医薬品を使用する際には、どのタイプに属するのかを見極めが大事である
  • 片頭痛の原因は食事・ストレス・外部環境・ホルモンの変動(女性の場合)が主に挙がる。
  • 対処法としては
    1.「マメに身体を動かす」
    2.「食事制限」
    3.「睡眠時間の調整」
    4.「ストレスの軽減」
    が有効である
  • 医薬品はその症状によって服用量や方法が異なるものがあるので注意

口コミ・レビュー

  • 頭痛持ち さん (37歳)
    薬自体はとてもいいので、毎回お世話になっています。 しかしここ最近、インドからの発送だとかなり梱包が雑で、無理矢理詰め込まれており、リザクトの箱は潰れてる…というよりわざとぺしゃんこにしてます。薬が裸状態なので、シンガポールからの発送にして欲しいです。
  • ヤンバルクイナ物語さん (40歳)
    マクサルト効きます。半分の所に切れ目が入ってるので、簡単に手で二つに割れて、とてもよい。
  • よろしくさん (56歳)
    リザクト最高です
  • ぱぴさん (48歳)
    病院でトリプタン系を処方してもらうと数回分しか出してもらえずまとめて購入できるのは大変助かります。いろいろなトリプタンを使いましたがリザクトは副作用がほとんど無かったので時間を選ばずに服用することができました。
  • 匿名希望さん (42歳)
    薬自体は何の問題も無く良いのだが包装されてるダンボールがウンコみたいな激臭がして部屋中が臭くなった、、、
  • 匿名希望さん (40歳)
    片頭痛って、分からない人には分からない!痛みがあると仕事も手につかず家事もままならない。病院の処方薬だとお財布が厳しいので、重宝しています。
  • ウツボさん (44歳)
    効き目は即効性が早いからいいけど、味がまずい。
  • ベネセさん (41歳)
    基本的には警備の仕事なのであまり人と話す機会はないのですが、稀に警備担当者や出向先で話す機会があります。 稀だからより、緊張してしまってうまく会話ができないことがあるので、このインデラルなどを服用し、少しでもこちらが緊張しているなどと気取られないように気をつけています。
  • 綾子さん (32歳)
    片頭痛持ちなので、薬が手放せません。 飲んでから、痛みが治まるまで時間がかからないので、いい薬だと思います!
  • ちむさん (28歳)
    片頭痛って、分からない人には分からない!でも分かる人にはこの辛さも分かる!で、このリザクト、効果のことや価格のこと、総合的に考えて本当におすすめ!

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ