水虫・いんきんたむし

いんきんたむしとは水虫と同じ細菌によって性器周辺に感染する皮膚感染症で原因はカビの一種である白癬菌が原因です。症状は性器周辺に発疹・痒み・水膨れが見られます。

売れ筋ランキング

水虫・いんきんたむしの商品一覧

  • ニゾラール

    ニゾラール

    ニゾラールとは、インタスファーマ社が開発した抗真菌薬です。 カンジダ・水虫・いんきんたむしフケなどの症状を改善するお薬です。 外用の抗真菌薬と比べ即効性が高い経口タイプです。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠148円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クロトリマゾールジェル

    クロトリマゾールジェル

    外用 オススメ クロトリマゾールは、イミダゾール系に分類されている抗真菌薬で、カンジダ・白癬・水虫・いんきんたむし等に利用される治療薬です。 外用薬のため、皮膚への浸透も早く即効性が高いのと副作用も殆ど無い点が特徴です。 表在性真菌症は、真菌(カビ)が原因で起こる疾患部位にはカビが発生しており、クロトリマゾールの殺菌作用によって原因菌を死滅させることが可能です。
    製造:グレンマーク

    もっと見る

    1本1,866円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケトクリーム

    ケトクリーム

    ケトクリームとは、Med Manor Organics Pvt Ltd.が開発した抗真菌クリームです。 いんきんたむし・カンジダ症・水虫など様々な症状に効果のある抗真菌薬です。 他の抗真菌薬と比べ、患部に直接塗るので即効性があり副作用も抑えられています。
    製造:MMO

    もっと見る

    1本1,755円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニゾラルクリーム

    ニゾラルクリーム

    ニゾラルクリームは、ケトコナゾールを主成分とする抗真菌薬で、カンジダ・水虫・いんきんたむし等に利用される治療薬です。 外用薬であるため、皮膚への浸透も速く即効性が高い点や、副作用も殆ど無い点が特徴です。 真菌症には表在性と深在性の2種類がありますが、ケトコナゾールは皮膚の表面に症状が現われる表在性のみに適応があるため、臓器などに症状がみられる深在性には適応がないので注意が必要です。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1本1,215円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラミシール

    ラミシール

    ラミシールとは、ノバルティス社が開発した真菌(カンジダ・水虫)を殺菌する抗真菌薬です。 カンジダも代表的な真菌による病気で、水虫も白癬菌(皮膚糸状菌)による身近な真菌の症状です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1錠112円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デュオフィルム

    デュオフィルム

    デュオフィルムはサリチル酸を有した、魚の目やたこ、イボ、白癬(水虫)などの治療薬です。 サリチル酸には、皮膚の角質を軟らかくする、角質軟化作用があります。 イボはウイルス感染によりできてしまう腫瘍で、自然治癒する事もありますが、他人に移してしまう可能性がありますので、早期の治療をお勧めします。 この薬は、1日数回、2から3日間、患部に直接塗ることで皮膚を軟化させ、下から新しい皮膚が再生しようと細胞分裂し、患部の下から再生された皮膚によって、患部を押し出すことで、症状が改善されます。
    製造:Stiefe

    もっと見る

    1本1,236円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケトコナゾール・ジェネリック

    ケトコナゾール・ジェネリック

    ケトコナゾールは、カビである「真菌」を殺菌する医薬品です。 水虫とは「白癬菌」という真菌の種類の1つが、足の皮膚へと寄生した状態であり、通称「足白癬」と言います。 他にも癜風菌やカンジダといった真菌が寄生する病状がありますが、ケトコナゾールはこうした「真菌」を殺菌する抗真菌薬です。 強い抗真菌活性効果を持って殺菌を行うので、定期的に続けることにより、完全に菌を死滅させることが出来ます。
    製造:T.O.PHARMA

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クロトリマゾールクリーム

    クロトリマゾールクリーム

    クロトリマゾールクリームとは、グレンマーク社が開発したカビ殺菌の治療薬です。水虫・カンジダ症状に効果があります。 即効性が高く副作用が少ないです。
    製造:グレンマーク

    もっと見る

    1本1,866円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カネステンクリーム

    カネステンクリーム

    カネステンクリームとは、バイエル社が開発したカンジダ菌に特に効果のある抗真菌薬です。 カンジダの症状は主に、菌の増殖による(おりもの・痒み)などが挙げられます。 カネステンクリームは、そんな症状を抑えて細胞を破壊する事で殺菌する働きをします。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1本1,215円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クロトリマゾールローション

    クロトリマゾールローション

    クロトリマゾールローションとは、グレンマーク社が開発したカビ殺菌作用の治療薬です。 水虫・カンジダの症状に使用するローションタイプの商品です。 その他にも白癬・たむし・癜風(でんぷう)にも効果的です。 即効性が高く、副作用が少ないため人気商品になります。
    製造:グレンマーク

    もっと見る

    1本2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • グリソビンFP

    グリソビンFP

    グリソビンFPとは、GSKファーマ社が開発した水虫・白癬などの皮膚感染症治療薬です。 外用薬(クリームなど)では治りにくい、爪水虫にも効果があります。 水虫の内服薬とも言われるほど、効果のある商品です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠47円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニゾラルシャンプー

    ニゾラルシャンプー

    ニゾラルシャンプーとは、フケ痒み、加齢臭を予防する男女兼用シャンプーです。 AGA(脱毛症)治療としても効果が期待出来る商品です。 毛根から皮脂を綺麗にして毛髪を柔らかくする作用が特徴です。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1本2,680円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラミシールクリーム

    ラミシールクリーム

    ラミシールクリームとは、水虫(白癬)や皮膚カンジダ症の治療に使用するクリームタイプの抗真菌薬です。カビの増殖を抑え殺菌作用がある外用薬です。お薬が苦手な方にオススメしています。
    製造:サンタファーマ

    もっと見る

    1本1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラミシールスプレー

    ラミシールスプレー

    ラミシール外用スプレーは、カビの増殖を抑えたり予防するスプレータイプの治療薬です。 塗り薬とは違い、触れる事無く抗菌出来ます。水虫・いんきん・カンジダ症の治療に利用されるお薬です。
    製造:サンタファーマ

    もっと見る

    1本1,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 十足美

    十足美

    十足美は白癬(水虫)や乾癬、アトピー性皮膚炎、多汗症の治療薬です。 主に水虫の治療に使われることが多い薬ですが、多汗症や乾癬、アトピー性皮膚炎にも効果があるとされています。 主成分のサリチル酸と安息香酸が皮膚の角質を溶かし、病巣に速やかに浸透させ希酢酸が水虫の原因菌の成長を妨げ、殺菌する事で症状を改善します。 角質を溶かし奥深くまで浸透させることで、足裏などの、厚い角質にも浸透します。
    1箱1,575円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スポラル(イトラコナゾール)

    スポラル(イトラコナゾール)

    スポラルとは、ジョンソン社が開発した有効成分イトラコナゾールの経口抗真菌剤で、カンジダや水虫など真菌感染症を治療するお薬です。 服用タイプのため、塗り薬では完治しにくい真菌治療に効果的なお薬です。
    製造:ジョンソン

    もっと見る

    1錠200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ラスナ

    ラスナ

    ラスナは、コレステロール・高血圧を低下させるサプリメントです。 主成分であるニンニクは、コレステロール値や血圧を下げる効果と細菌や、水虫などの真菌に対する殺菌作用があります。 ラスナは様々な健康面をサポートしてくれるサプリメントです。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


いんきんたむしの症状と原因

いんきんたむしとは?

いんきんたむしとは? いんきんたむしとは、足に症状が見られる水虫と同じ菌によって性器周辺に感染を起こし痒みを起こす皮膚感染症となります。
主に男性によく見られる症状ですが、下着やストッキングの着用によってむれることで女性に発症してしまうこともあり、高温で多湿の日本では誰でも感染を起こしてしまう身近な症状の1つとなります。
いんきんたむしは股部白癬とも呼ばれ、強い痒みや感染部位がただれるのが特徴となります。
症状を放置してしまうと長期間痒みが続き、日中に強い痒みが現われてしまいます。
そのため日常生活に支障をきたしてしまうことも少なくなく、急な痒みが現われても仕事などの時は掻くことができないので、ストレスを感じやすい病気とも言われています。
表面上は7日間ほど治ったように見えますが、完治までには30日前後を要するので自己判断での治療の中断は再発の原因にもなるので注意が必要です。

いんきんたむしの症状

いんきんたむしの症状 いんきんたむしの症状は原因となる菌が水虫と同じものの、症状は異なります。
初期の症状としてまず、性器周辺や臀部に小さな無数の発疹ができたり、黄色の水ぶくれ、または痒みといった症状が見られます。
初期の段階では痒みは我慢できる程度のものですが、悪化すると痒みが広い範囲に広がってしまいます。
強い痒みも特徴であり、強い痒みを感じるようになってしまうと、入浴や運動などで身体の体温が上がることで、より痒みが増してしまいます。
掻いた部分が傷がついてしまうと別の感染症を起こしてしまうこともあります。
また、症状が進行すると外側に広がっていってしまい、地図状や円形の赤みのある発疹となり、色素が黒っぽくなってしまったり、発疹が赤くなり日焼けの時のように皮膚がむけてしまいます。
性行為などによって女性に感染させてしまうこともあるので注意が必要です。

いんきんたむしの原因

いんきんたむしの原因 いんきんたむしの原因となっているのは、「白癬菌(皮膚糸状菌)」と呼ばれるカビの一種である細菌が原因になっており、この白癬菌は湿った多湿な環境を好み、温度が15℃以上で湿度が70%を超える高温多湿な環境で菌の増殖がみられます。
水虫と同一の細菌であり、水虫は足の指の股に症状が見られますが、人の指の股の温度は30℃を超え、湿度は90%を超えると言われます。
また足の指の股以外にも頭や手に症状が現われてしまうこともあります。
白癬菌は3つに分類され、小胞子属・表皮菌属・白癬菌属に分けることができ、40種類以上の菌の種類が存在します。
日本では、その中でも人に感染し、いんきんたむしの原因として多いのが「トリコフィトン」と呼ばれている菌になります。
感染源は高温多湿な環境である、公衆浴場やサウナ、プールなど不特定多数の人が集まる様々な場所で感染します。
夏場は得に汗もかき、むれやすくなるので、タイトなジーンズを履く人などは菌の増殖を促進してしまうので男女共に注意が必要です。

薬の種類

薬の種類 いんきんたむしの治療薬は、白癬菌を殺菌することが目的となります。
真菌(カビ)に効果がある抗真菌薬やドラッグストアなどでも購入できる市販薬で治療を行うこともできます。
ラミシールクリーム(一般名:テルビナフィン)
1日1回患部に塗り込むことで白癬菌を殺菌したり、痒みや炎症を抑えてくれます。
ラミシールスプレー(一般名:テルビナフィン)
特に痒みの症状が強い方にお勧めであり、冷却や清涼感で痒みを抑えることができます。
また患部に直接触れたくない方にもお勧めです。
・ピロエース石鹸
2種類の殺菌成分が配合されているので、皮膚を洗浄して消毒し、殺菌効果を高めるために竹酢液入浴を使うと効果が高まります。

他にいんきんたむしの治療に用いられる内服薬の抗生物質として、
ラシミール(一般名:テルビナフィン)
アリルアミン系の抗真菌薬であり、作用も強いので白癬菌を殺菌してくれます。
きちんと服用することで、いんきんたむしを完治させることができます。
内服薬以外にもクリームタイプのラシミールクリームがあります。
ニゾラールクリーム(一般名:ケトコナゾール)
白癬菌を殺菌する塗り薬であり、イミダゾール系に分類される抗真菌薬となります。
患部に塗り込んだ時の刺激による痛みなども少なく、副作用も比較的少ないと言われています。
どの治療薬も使い始めてから1週間程度で痒みなどの症状は治まりますが、完治には30日前後かかるので、1ヶ月以上は使用を続けるようにして下さい。

薬の副作用

薬の副作用 いんきんたむしの薬の副作用を上記で紹介した薬ごとに紹介します。
重篤な症状を引き起こすこともあるので念のために注意が必要となります。
・ラシミール(一般名:テルビナフィン)
軽い副作用として、
・胃に不快感
・めまいやふらつき
・頭痛
・眠気
・光線過敏症
などが挙げられます。
また重症化してしまうことは稀ですが、肝臓の機能に異常が出ることがあるので肝機能の検査を受けるようにした方が良いです。
皮膚に障害(発赤や発疹)が現われた場合には、血液障害や重い皮膚障害になる可能があるので、使用を中止し医師へ相談してください。
・ラミシールクリーム(一般名:テルビナフィン)
塗り薬のため、副作用は少ないと言われていますが、皮膚に合わない場合にはかぶれてしまうことがあります。
他には、患部に塗った時に感じる熱感・しみるなどの刺激感やかぶれや痒み、発赤などの皮膚炎があります。
・ニゾラールクリーム(一般名:ケトコナゾール)
ラシミールクリームと同様の副作用となり、どちらのクリームも患部に塗り込んだ時に感じる軽い刺激は問題ありません。

口コミ・レビュー

  • ととさん (25歳)
    軽度の水虫でお泊りとかした時に足の裏の皮がむけて汚いのでかなり気になっていました。ただ、症状が自然とおさまることもあるため、病院にいくのも面倒なので通販で薬を買って治療しています。薬を使ってから極端にひどくなることはなくなりました。
  • あしかびさん (34歳)
    クロトリマゾールローションを使ってから水虫がとても良くなりました。市販の物とは大違いですね。3ヵ月くらい市販のものを使ってましたが、治る気配がなかったのでクロトリマゾールローションに変更。驚きのスピードで水虫が良くなりました。
  • あだちさん (29歳)
    んー即効性がないのかな。少しは良くなってるような感じがするけど、まだかゆみがある。一応一週間くらいは使ってます。もちろん毎日塗ってます。友達も使ったことがあるらしく、すぐ治った!って聞いたから買ったけど、私が合わないだけなのかな。トイレも痛いからはやく治したいんだけどな。もう少し使ってみて様子を見てみます。
  • ぶちさん (24歳)
    一人暮らしを始めてから食生活が疎かになってしまい会社の健康診断で高血圧気味と診断されました。このままでは体を壊す一方なので血圧を下げるサプリメントのラスナを通販で注文しました。しばらく服用を続けて再度病院で検査したところ血圧は下がっていたのでよかった〜。ニンニク成分が入っていて風邪の予防にも効くのもありがたいですね。
  • しげさん (52歳)
    乾燥体質のためフケが昔から多いのが悩みでした。さらには加齢臭も気になる年代になってきたので予防をするために友達と探しあってニゾラルシャンプーを見つけました。シャンプーとしては少々いい金額はするのですが、効果を期待するとそのぐらいかかってもしょうがないかと思っています。使い続けているとフケの量は明らかに減っています。また頭皮が脂っこかったのが今ではすっきりとした感じで脂っぽさがなくなりました。友達は加齢臭が改善されてきているとすごく喜んでいました。
  • マリネさん (24歳)
    クロトリマゾールクリームを使ってから足のムズムズした感じが段々少なくなりました。継続していきたいです。
  • Tさん (34歳)
    水虫を早く治したくて使ってます。塗り薬よりも早い効き目だと思う。今は痒みもないし、皮膚もキレイに戻りつつある。
  • 荻野さん (36歳)
    水虫がなかなか治らないのでラミシールクリームを買って使ってみたらすぐ良くなりました。ネットで買えるので助かります。
  • さん (38歳)
    市販薬ではあまり効き目が無かったので通販でグリソビンFPを購入しました。服用するだけで治りにくい爪水虫を短期間で治すことができました。
  • ベルベットさん (27歳)
    どこでうつされたかは分からないけど性病になりました。通販は誰にも知られずに買えるのが大きなメリットです。

最近チェックした商品

ようこそ、お薬なびへ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

お知らせお知らせ一覧
上へ