気管支喘息

更新日:
気管支喘息とは、食品添加物やペット毛、ダニなどが原因(特定アレルゲン)のアトピー型と排気ガスやタバコの煙など生活環境が主な原因です。発作が起きると気道に炎症が起って狭くなり痰などの分泌が増加し呼吸が苦しくなります。

売れ筋ランキング

気管支喘息の商品一覧

  • サルタノール・ジェネリック

    サルタノール・ジェネリック

    特徴 アスタリンはシプラ社が販売している気管支拡張剤です。 サルタノール吸入薬のジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 効果 アスタリンの主成分であるサルブタモールは、発作時に吸入する事で平滑筋を緩め、気道を広げて呼吸を楽にする効果があります。 通常3時間です。 副作用 主な副作用には心悸亢進、気道刺激症状、悪心、脈拍増加、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,216円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

    セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

    オススメ!! 特徴 セロフロインヘラーはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。 アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 効果 セロフロインヘラーの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 持続時間は12時間です。 副作用 主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩125mcg/250mcgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・ジェネリック

    シングレア・ジェネリック

    特徴 シングレア・ジェネリックはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・ジェネリックは、喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・ジェネリックの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは4mg/5mg/10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • キュバール・ジェネリック

    キュバール・ジェネリック

    特徴 リノクレニルはChiesi社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているキュバールのジェネリック医薬品で、直接口に噴霧するタイプの外用薬です。 効果 リノクレニルの主成分であるベクロメタゾンプロピオン酸エステルは抗炎症作用があり喘息の予防と治療に働きます。 毎日の吸入を続けることで発作が生じにくくなる効果が期待できます。 副作用 主な副作用は、過敏症状、口渇、口内炎、悪心、気分不良、頭痛、紅斑などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:Chiesi

    もっと見る

    1本1,575円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザジテン・ジェネリック

    ザジテン・ジェネリック

    特徴 アサフェンはトレントファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治療薬です。 アサフェンは、喘息をはじめ、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白く丸い円形の錠剤が特徴です。 効果 アサフェンの主成分であるケトチフェンフマルは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながら喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頻尿、発疹、眠気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠16円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サルブタモール・ジェネリック

    サルブタモール・ジェネリック

    特徴 アスタリンはシプラ社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているサルブタモールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 アスタリンの主成分であるサルブタモールは気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、過敏症状、循環器障害、頭痛、めまい、興奮、下肢疼痛、食欲不振、悪心、下痢、口渇、湿疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは4mg/8mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セロフロ(アドエア)

    セロフロ(アドエア)

    特徴 セロフロはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。 アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 こちらは吸入用の薬剤のみとなります。 効果 セロフロの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 持続時間は12時間です。 副作用 主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩100mcg/250mcg、2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1個1,350円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロン

    プレドニゾロン

    特徴 プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンは、Aspen社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではプレドニゾロン1mg/5mg/25mgの3種類が購入可能です。
    製造:Aspen

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パルミコート吸入液(リノコート)

    パルミコート吸入液(リノコート)

    特徴 リノコート点鼻薬はアストラゼネカ社が販売している吸入ステロイド喘息治療剤です。 パルミコート吸入液のジェネリック医薬品で、鼻から直接吸入するタイプが特徴です。 効果 セロフロの主成分であるブデソニドは、強い抗炎症の効果を持ち、組織の反応を鈍化させることで、気管支喘息の治療に効果があります。 その他にも、喘息の予防効果、アレルギー症状の緩和、炎症部位の緩和などの効果があります。 副作用 主な副作用には口腔カンジダ症、感染症、発疹、悪心などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120回分が購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メプチン

    メプチン

    特徴 メプチンは大塚製薬が開発した気管支喘息の治療薬で、錠剤タイプが特徴です。 当サイトが取り扱っているメプチンは、大塚製薬が製造・販売している正規品です。 効果 メプチンの主成分であるプロカテロールは気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、動悸、頻脈、ほてり、頭痛、消化器障害、発疹、そう痒症、肝臓機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては25mcg/50mcgが処方されています。 当サイトでは25mcgが購入可能です。
    製造:大塚製薬

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベントリン喘息薬

    ベントリン喘息薬

    特徴 ベントリン喘息薬はGSKファーマ社が開発した気管支拡張剤です。 吸入タイプが特徴です。 当サイトで取り扱っているベントリン喘息薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベントリン喘息薬の主成分であるサルブタモールは、発作時に吸入する事で平滑筋を緩め、気道を広げて呼吸を楽にする効果があります。 通常3時間です。 副作用 主な副作用には心悸亢進、気道刺激症状、悪心、脈拍増加、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1箱1,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ムコダイン・ジェネリック

    ムコダイン・ジェネリック

    特徴 マーヒノールはBangkok Lab社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているムコダインのジェネリック医薬品で、服用タイプが特徴です。 効果 マーヒノールの主成分であるカルボシステインは痰の排泄を促す去痰作用がある薬です。 また、副鼻腔炎、咽頭炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、肺結核の治療にも用いられます。 副作用 主な副作用は、食欲不振、下痢、腹痛、悪心、口渇、湿疹、紅斑などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは375mgが購入可能です。
    製造:Bangkok Lab

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベロテック吸入器

    ベロテック吸入器

    特徴 ベロテック吸入器はベーリンガー社が販売している気管支喘息や慢性気管支炎の治療薬です。 アトロベントとベロテックを一緒に配合した治療薬で、鼻から直接吸入するタイプが特徴です。 効果 ベロテック吸入器の主成分であるイプラトロピウム臭化物水和物とフェノテロール臭化水素酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 副作用 主な副作用には動悸、振戦、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではイプラトロピウム臭化物水和物20mcg/フェノテロール臭化水素酸塩50mcgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メドロール(プレドニゾロン)

    メドロール(プレドニゾロン)

    特徴 メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているメドロールは、ファイザー社が製造・販売している正規品sわう。 効果 メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては2mg/4mgが処方されています。 当サイトではメドロール8mg/16mgの2種類が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠122円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレンブテロール(スピロテロール)

    クレンブテロール(スピロテロール)

    特徴 スピロテロールはウエストコースト社が開発した気管支炎や気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているスピロペントのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。 効果 スピロテロールの主成分であるクレンブテロール気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 腹圧性尿失禁の治療にも用いられます。 また、筋肉の分解を抑える効果もあり、筋肉増強剤として服用する方もいます。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮、不眠、めまい、眠気、血圧上昇、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは40mcgが購入可能です。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソールはインドの伝統医療であるアーユルヴェーダ(Ayurveda)に基づいて調合された、天然成分を原料にしたサプリメントです。 独自に配合された天然の成分が呼吸器の症状を緩和します。 特にアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみといった症状に有効です。 ブレソールにはウコンやトゥルシ、ヴァサカなど、アーユルヴェーダにおける重要なハーブが独自のブレンドで配合されています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカは、アレルギー性鼻炎や呼吸器疾患の症状を緩和させる天然成分のサプリメントです。鼻水、鼻づまり、目や鼻の痒みといったアレルギーや花粉症の症状に効果的です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア

    シングレア

    特徴 シングレアはMSD社が開発した、アレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているシングレアは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 シングレアの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mgが処方されています。 当サイトでも5mg/10mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠112円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・チュアブル

    シングレア・チュアブル

    特徴 シングレア・チュアブルはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・チュアブルは、アメのように噛み砕いて服用できる喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・チュアブルの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コルドリン

    コルドリン

    特徴 コルドリンは日本新薬が開発した急性気管支炎や急性上気道炎から起こる咳の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているコルドリンは、日本新薬が製造・販売している正規品です。 効果 コルドリンの主成分であるクロフェダノールは気管支を広げ呼吸を楽にする効果と咳を抑える効果があります。 また、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状も緩和します。 副作用 主な副作用は、食欲不振、胃痛、下痢、口渇、発疹、頭痛、めまい、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては12.5mgが処方されています。 当サイトでも12.5mgが購入可能です。
    製造:日本新薬

    もっと見る

    1錠90円~
    売切れ
    詳細を見る
  • スピリーバ吸入器セット

    スピリーバ吸入器セット

    特徴 スピリーバ吸入器セットはベーリンガー社が販売している気管支拡張剤です。 吸入用カプセルがあり、吸入するタイプが特徴です。 当サイトで取り扱っているスピリーバ吸入器セットは、ベーリンガー社が製造・販売している正規品です。 効果 スピリーバの主成分であるチオトロピウム臭化物水和物は、気管支の収縮に関与する神経伝達物質の受容体に働くことで、気道を広げ呼吸を楽にする効果があります。慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の治療に用いられています。 持続時間は24時間です。 副作用 主な副作用には発疹、浮腫性めまい、口渇、便秘、消化不良などがあげられています。 成分量 日本国内においては18mcgが処方されています。 当サイトでも18mcgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1set15,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シムビコート・ジェネリック

    シムビコート・ジェネリック

    特徴 フォーモニドはジャーマンレメディ社が販売している吸入ステロイド喘息治療剤、COPD治療配合剤です。 シムビコートのジェネリック医薬品で、吸入するタイプが特徴です。 効果 フォーモニドの主成分であるホルモテロールフマル酸塩水和物とブデソニドは、強い抗炎症の効果を持ち、組織の反応を鈍化させることで、気管支喘息の治療に効果があります。 その他にも、喘息の予防効果、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の症状などに効果があります。 副作用 主な副作用には嗄声、発疹、口腔カンジダ症、悪心、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではホルモテロールフマル酸塩水和物0.6mg/ブデソニド20mg・40mgの2種類が購入可能です。
    製造:ジャーマンレメディ

    もっと見る

    1回分48円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

気管支炎

気管支炎とは

風邪気味かな?と思ってそのまま放っておくと、どうも咳ばかりが続く。
次第に熱も出てきて益々咳が長引くという症状は「気管支炎」の疑いがあります。
そもそも、咳が出るメカニズムとは何なのでしょうか?
空気中に舞うホコリ、チリといった異物や、タバコの煙、冷たい空気など、こうした物が喉の気道に入ると、刺激を感じた気管支が咳の信号を送ります。
喉は異物を外に出そうとして、気管から分泌液などを出し、ホコリやウイルスを外に出します。
この「体の防御行為」が痰であり、咳はこうした呼吸器の異常サインでもあるのです。
気管支炎とは

気管支炎の種類

気管支炎の種類 気管支炎には大きく分けて2種類あります。

1つが「急性気管支炎」です。
風邪をひいた後で、気道が炎症を起こし、それが気管から気管支まで拡大し、咳が出る、痰が増えるといった症状が出ます。
もう1つが「慢性気管支炎」です。
これには条件があり「痰を伴う咳が1年間の内、3ヶ月以上続いている状態が2年以上に及ぶ」ということとなっています。
また、これらの症状が肺疾患や心疾患によってもたらせれている場合には、慢性気管支炎とはなりません。
慢性気管支炎は成人以上、特に高齢の男性に多くなり、空気が乾燥している冬になると症状が酷くなります。

気管支炎の原因となるもの

気管支炎の主な原因となるのは、急性気管支炎においては細菌・ウイルスといったものが気管支の粘膜に入り込み、感染することで発症します。
急性気管支炎の約90%が、ウイルス性の気管支炎であるとされているのです。
主なウイルスとして有名なものが、インフルエンザウイルス、乳幼児が感染しやすく、ほぼ全ての子供が2歳までには一度感染すると言われているRSウイルス、いわゆる「風邪症候群」の元となっているアデノウイルスなどがあります。
ウイルス以外の細菌や病原体は、代表的なものとして文字通り肺炎を引き起こす肺炎球菌、ニュースでも話題になったマイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなどがあります。

一方、慢性気管支炎を引き起こす原因となるものは、ウイルスなどではなく、日常環境に起因します。
まず代表的なものが喫煙です。
長期間の喫煙が最も重要な原因と考えられています。
煙の刺激が気管支を病変させ、肺胞にもまた肺気腫という別の病変を引き起こすのです。
また、自分に喫煙の習慣がなくても、他人のタバコの煙を吸ってしまう「副流煙」も原因です。
工業地帯などの煙、スモッグなどによる大気汚染も原因となります。
家庭における刺激物質を吸ってしまう、またはストレスが気管支にも負担を掛けてしまうということも見られます。
気管支炎の原因となるもの

気管支炎の主な症状

細菌が気管の中に入ることで、喉、鼻の粘膜から炎症が起きます。
そして発熱、咳、痰、全身のけだるさなどが見られるようになるのです。
風邪と判別がつき難いところがあるのですが、初期こそ風邪となっても「具合は悪くないのに咳が出る」というのは気管支炎を疑うべきです。
上記症状は解りやすいものですが、普段よりも呼吸の回数が増えて苦しくなる。
その呼吸もうめくような方式になり、水分を摂る気になれないといった状態になると、より悪化していることになりますので、早めに医師の診断を受ける必要があります。

気管支炎の治療方法

気管支炎の治療方法 急性気管支炎は、殆どウイルスなどが原因となりますので、その細菌、ウイルスを殺す療法が必要です。
しかし、気管支炎の原因となる菌は、抗生物質などの効果がみられないことがありますので、気管支炎の症状を和らげる薬を服用し、体を楽にしながら体本来の回復機能を取り戻す方法がとられます。
気管支炎に処方される薬としては、大きく分けて3つあります。

1:去痰剤

痰を切り、呼吸を整える薬です。

・アンブロキソール塩酸塩
「ムコソルバン」「ソロムコ」などの名前で発売されています。
1980年から使用されている薬で、副作用が少なく、使いやすい薬となっています。
痰を出しやすくする薬であり、気道の粘膜を増やしてウイルスを外に出しやすくさせます。

・フドステイン
「スぺリア」「クリアナール」などの名前で発売されています。
痰が増える疾患に対して、粘液の分泌を抑え、痰を軟らかくすることで気管の痰を体の外に出しやすくさせる効果があります。
また、気道の炎症を抑える働きもあります。

・L-エチルシステイン塩酸船
1960年代から使われている薬であり「チスタニン」などが有名です。
粘性を増した痰を溶かすことで、体から出しやすくさせる効果があります。
安全性が高く、副作用も極めて低いものとなっています。

2:消炎鎮痛剤


ボルタレン・ジェネリック 「インダシン」「ボルタレン」などの名称で発売されています。
ウイルスによって炎症を起こした気管を治すものです。

3:エアゾール

ベントリン喘息薬 「サルタノール」などの名称で販売されている吸入剤です。
気管支喘息や慢性気管支炎など、呼吸困難の際に平滑筋を緩めることで気道を拡張します。

いずれにしても現在の痰の症状、気道の状況などを見て、自分に合った薬を服用されることをオススメ致します。

口コミ・レビュー

  • マサさん (50歳)
    簡単な20回単位のインディケーターが付いてます。残量が分かり便利です。
  • 洋梨さん (20歳)
    パチンコが好きでよくパチ屋に行くんだけど、やっぱ煙たくてたまに発作が出ちゃうんだよね。 いつもカバンの中には常備するようにしてる。
  • レッドさん (24歳)
    子供の時よりは良くなったんですが、最近でもたまに発作があるので毎回ここで買っています。
  • りょうさん (28歳)
    喘息の僕にはこれがないと辛いです。基本的にいつも持ち歩いていて、発作が怒ってから使用して、落ち着いてくれるので、いつも助かってます。1本で結構使えるから心配もないし、使い方も複雑じゃないので、喘息が改善されるまでは使ってきます。
  • なおさん (29歳)
    喘息持ちですが病院に行く時間が取れないのでここで薬を買っています。病院で使っていた薬と同じような効きめなので助かっています。体調が良くてもないと不安になるので切らさないようにしてます。通販で買えるのはとても便利です。
  • パンダさん (31歳)
    喘息持ちです。いつ症状が出るかわからない中でこれを常に持ち歩くようにしました!症状出てから使ってもすぐに落ち着くし、何より咳が落ち着いてくれるのが助かります。今後も常備しておきます。
  • ドナルドタックルさん (40歳)
    早くぜんそくのない生活を送れるように…日々こちらのサルタノールを使用させて頂いております。本当にリーズナブルで助かっています。
  • おっちゃんさん (42歳)
    鼻炎がひどくて購入。基本の成分は調べたほうがよい。こういうのはなんとなく買ってやっぱり効かない…となるのはアホですので、病院でもらった薬の成分表を見るくらいはしてみては?
  • 佳子さん (42歳)
    風邪にかかると2週間くらいずっと咳が続いて辛く、家の事などに手がつかなくなってしまうのでこれを使っています。 とっても即効性があるのでお勧めします。 吸入タイプの薬はどこで買っても一緒だと思っているので病院へ行かなくても通販は便利なので利用しています。
  • セナさん (22歳)
    彼氏の家が古いアパートだらか、すっごいホコリっぽくて… 家にいると苦しくなることが多いので持ち歩くようにしてます。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ