アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎とは、花粉やハウスダストを原因とした鼻水やくしゃみを伴う疾患です。免疫能力が異物を排除しようとIgE抗体を作り、一定量に達するとアレルギー反応の元となる物質ヒスタミンが分泌され発症します。

売れ筋ランキング

アレルギー性鼻炎の商品一覧

  • アレグラ

    アレグラ

    特徴 ザイザルはUCB Pharma社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ザイザルは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白い楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているザイザルは、UCB Pharma社が製造・販売している正規品です。 効果 ザイザルの主成分であるレボセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:UCB Pharma

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジルテック(インシッドL)

    ジルテック(インシッドL)

    特徴 ジルテック(インシッドL)はバイエル社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ジルテックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 当サイトが取り扱っているジルテックは、バイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ジルテックの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1錠33円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・ジェネリック

    シングレア・ジェネリック

    特徴 シングレア・ジェネリックはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・ジェネリックは、喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・ジェネリックの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは4mg/5mg/10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリチン・ジェネリック

    クラリチン・ジェネリック

    特徴 クラリチンジェネリックはFamaline社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クラリチンジェネリックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 効果 クラリチンジェネリックの主成分であるロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、眠気、腹痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:Famaline

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エバステル

    エバステル

    特徴 エバステルはアボット社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 エバステルは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白く丸い円型の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエバステルは、アボット社が製造・販売している正規品です。 効果 エバステルの主成分であるエバスチンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、眠気などの副作用も抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を1日以上効果が持続します。 副作用 主な副作用には、眠気、過敏症、動悸、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルナーゼ点鼻薬

    フルナーゼ点鼻薬

    特徴 フルナーゼ点鼻薬はGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 フルナーゼ点鼻薬は、花粉症などのアレルギーを治療するための鼻噴霧用ステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているフルナーゼ点鼻薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、抗炎症作用、抗アレルギー作用を示し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状を改善します。 副作用 主な副作用には、鼻出血、鼻症状、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては50mcgが処方されています。 当サイトでも50mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本2,026円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレロック・ジェネリック

    アレロック・ジェネリック

    特徴 ウィノラップ5はサンファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎や皮膚疾患の治療薬です。 ウィノラップ5は、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 効果 ウィノラップ5の主成分であるオロパタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、発疹、眠気、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザジテン・ジェネリック

    ザジテン・ジェネリック

    特徴 アサフェンはトレントファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治療薬です。 アサフェンは、喘息をはじめ、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白く丸い円形の錠剤が特徴です。 効果 アサフェンの主成分であるケトチフェンフマルは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながら喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頻尿、発疹、眠気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠16円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ

    アレグラ

    特徴 アレグラはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、うすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているアレグラは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。 効果 アレグラの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては30mg/60mgが処方されています。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セレスタミン・ジェネリック

    セレスタミン・ジェネリック

    特徴 セレスタミンジェネリックはJean Marie社が開発した、抗ヒスタミン薬とステロイド薬の2つの成分を配合したアレルギー治療薬です。 効果 セレスタミンジェネリックの主成分であるd-クロルフェニラミンとベタメタゾンは、花粉症などのアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎を改善する働きが期待できます。 本来、花粉症の症状を抑える医薬品としては抗ヒスタミン薬、抗アレルギーが一般的に使用されますが、症状がが重い場合にこのセレスタミンジェネリックが使われます。 副作用 主な副作用には、発疹、眠気、口の乾き、腹痛、肝機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではd-クロルフェニラミン2mg/ベタメタゾン0.25mgが購入可能です。
    製造:Jean Marie

    もっと見る

    1錠11円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン点鼻薬

    ナシビン点鼻薬

    特徴 ナシビン点鼻薬はMSD社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 ナシビン点鼻薬は、花粉症などの症状を改善するアレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン点鼻薬は、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン点鼻薬の主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本862円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エピナスチン点眼液

    エピナスチン点眼液

    特徴 エピナスチン点眼液はアラガン社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 アレルギー性結膜炎などの治療に用いられます。 効果 エピナスチン点眼液の主成分であるエピナスチン塩酸塩は、アレルギーを引き起こすヒスタミンなどの体内物資の活動を阻害することで花粉症や目の痒み、結膜充血などの症状を改善する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、眼瞼炎、眼痛、流涙、点状角膜炎、そう痒感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オトリビン点鼻薬

    オトリビン点鼻薬

    特徴 オトリビン点鼻薬はGSKファーマが開発したアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療薬で、直接鼻に噴霧するタイプの外用薬です。 当サイトが取り扱っているオトリビン点鼻薬は、GSKファーマが製造・販売している正規品です。 効果 オトリビン点鼻薬の主成分であるキシロメタゾリンは鼻の中の血管を収縮して、鼻詰まりを解消します。 優れた即効性と持続性があります。 副作用 主な副作用は、刺激感、めまい、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本973円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • IF2点眼液(パタノール)

    IF2点眼液(パタノール)

    特徴 IF2点眼液はシプラ社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 錠剤のアレロックと同一成分の点眼薬です。 効果 IF2点眼液の主成分であるオロパタジン塩酸塩は、体内物質をブロックし、働きを抑えることで症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、角膜炎、眼刺激、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mlが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベコナーゼ点鼻薬(ステロイド)

    ベコナーゼ点鼻薬(ステロイド)

    特徴 ベコナーゼ点鼻薬はGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているベコナーゼ点鼻薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベコナーゼ点鼻薬の主成分のベクロメタゾンは、花粉症やダニ・ホコリなどのハウスダストなどに生じる鼻水やくしゃみ、鼻詰まりなどが改善します。 症状が早いうちに対策することで、重い花粉症などの症状を軽減します。 副作用 主な副作用には、発疹、頭痛、鼻腔、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,890円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ソミナー

    ソミナー

    特徴 ソミナーはCharoen Bhaesaj Lab社が開発した短時間型睡眠薬(抗ヒスタミン薬)です。 睡眠薬の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。 効果 ソミナーは、脳の覚醒を維持するヒスタミンの働きを抑えることで、睡眠へとスイッチが切り替わり自然な眠りへと導いてくれます。 同時に、花粉症などのアレルギー症状を抑えることができ鼻づまりで眠れないなどの不眠症にも効果的です。 効果の持続時間は6~12時間です。 副作用 主な副作用は、口渇、運動失調、排尿障害、眠気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:Charoen Bhaesaj Lab

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ドリエル・ジェネリック

    ドリエル・ジェネリック

    特徴 ドリエルジェネリックは、カークランド社が開発した睡眠導入剤(抗ヒスタミン剤)です。 睡眠導入剤の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。 世界的に有名なドリエルのジェネリック医薬品でピンク色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 ドリエルジェネリックの主成分であるジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン作用により、アレルギー症状を抑えてくれます。 その際に眠気をもよおすため一時的な不眠症に効果があります。 効果の持続時間は7時間です。 副作用 主な副作用は、発疹、動悸、口渇、めまい、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:カークランド

    もっと見る

    1錠7円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタスプレー

    メタスプレー

    特徴 メタスプレーはシプラ社が開発した、第2世代抗ヒスタミン薬よりも効果が強いためアレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているメタスプレーは、シプラ社が製造・販売している正規品です。 効果 メタスプレーの主成分のフランカルボン酸モメタゾンは、花粉症やダニ・ホコリなどのハウスダストなどに生じる鼻水やくしゃみ、鼻詰まりなどが改善します。 副作用 主な副作用には、発疹、鼻症状、頭痛、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,142円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリチン

    クラリチン

    特徴 クラリチンはシェリング・プラウ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クラリチンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 当サイトが取り扱っているクラリチンは、シェリング・プラウ社が製造・販売している正規品です。 効果 クラリチンの主成分であるロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、眠気、腹痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シェリング・プラウ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザイザル・ジェネリック

    ザイザル・ジェネリック

    特徴 クレブロスはサンタファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クレブロスは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるザイザルのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 クレブロスの主成分であるレボセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:サンタファーマ

    もっと見る

    1錠76円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン鼻炎スプレー

    ナシビン鼻炎スプレー

    特徴 ナシビン鼻炎スプレーはシェリング・プラウ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 日本で販売されているナシビンMスプレー(佐藤製薬)と同成分の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン鼻炎スプレーは、シェリング・プラウ社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン鼻炎スプレーの主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:シェリング・プラウ

    もっと見る

    1本1,780円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セトシップ(ジルテック)

    セトシップ(ジルテック)

    特徴 セトシップはシプラ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 セトシップは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 セトシップの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソールはインドの伝統医療であるアーユルヴェーダ(Ayurveda)に基づいて調合された、天然成分を原料にしたサプリメントです。 独自に配合された天然の成分が呼吸器の症状を緩和します。 特にアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみといった症状に有効です。 ブレソールにはウコンやトゥルシ、ヴァサカなど、アーユルヴェーダにおける重要なハーブが独自のブレンドで配合されています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリアスシロップ(デザレックス)

    エリアスシロップ(デザレックス)

    特徴 エリアスシロップはMSD社が開発したアレルギー症状を抑えるシロップタイプのアレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているエリアスシロップは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 エリアスシロップの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、傾眠、頭痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.5mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本1,782円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカは、アレルギー性鼻炎や呼吸器疾患の症状を緩和させる天然成分のサプリメントです。鼻水、鼻づまり、目や鼻の痒みといったアレルギーや花粉症の症状に効果的です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア

    シングレア

    特徴 シングレアはMSD社が開発した、アレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているシングレアは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 シングレアの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mgが処方されています。 当サイトでも5mg/10mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠112円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジルテック・ジェネリック

    ジルテック・ジェネリック

    特徴 セトジンはGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 セトジンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 セトジンの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠39円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ・ジェネリック

    アレグラ・ジェネリック

    特徴 アレグラジェネリックはドクターレディー社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラジェネリックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アレグラジェネリックの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
    製造:ドクターレディー

    もっと見る

    1錠62円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヒトリジン(ジルテック)

    ヒトリジン(ジルテック)

    特徴 ヒトリジンはDeva Holding社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ヒトリジンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ヒトリジンの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:Deva Holding

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリアス(デザレックス)

    エリアス(デザレックス)

    特徴 エリアスはMSD社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 エリアスは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で青色の丸い円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエリアスは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 エリアスの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テルファスト(アレグラ)

    テルファスト(アレグラ)

    特徴 テルファストはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 テルファストは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 テルファストの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは60mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠108円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・チュアブル

    シングレア・チュアブル

    特徴 シングレア・チュアブルはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・チュアブルは、アメのように噛み砕いて服用できる喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・チュアブルの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デズロリド(デザレックス)

    デズロリド(デザレックス)

    特徴 デズロリド(デザレックス)はインタスファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 デザレックスのジェネリック医薬品で、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているデザレックスは、インタスファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デズロリドの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠45円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アレルギーレスポンス点鼻薬

    アレルギーレスポンス点鼻薬

    ストップ&プロテクトアレルギーレスポンス点鼻薬は、マンガンやカルシウムなど複数のミネラルを含んでいる天然の海水をベースにヒアルロン酸、ユーカリのエッセンシャルオイルなどの天然由来の成分を配合した新しいタイプの点鼻薬です。 アレルギーの原因物質を不活性化させると同時に粘膜を保護することで、鼻づまりなどの不快感を改善することが出来ます。
    製造:Sofibel

    もっと見る

    1本2,266円~
    売切れ
    詳細を見る
  • コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    ストップ&プロテクト社のコールド&サイナスリリーフ点鼻薬は副鼻腔炎(蓄膿症)や、風邪などによる鼻づまりの症状を改善することが出来ます。100%天然の海水をベースにした高張液は、自然浸透効果によって、鼻腔に溜まって鼻づまりを起こしている鼻水を除去します。 さらにユーカリのエッセンシャルオイルなど、自然からインスパイアを受けた独自の処方は特許を取得済みで、鼻腔粘膜内に水分を補給し健康な状態を保つと同時に、粘膜を保護する膜を作り出し、風邪などの原因菌に対する鼻のバリア機能を強化します。
    製造:Sofibel

    もっと見る

    1本2,266円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉症とは

花粉症とは 日本人の約25%に症状が出ているという花粉症ですが、医学的には「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。
スギやヒノキといった樹木は、虫を介した受粉をしませんので、風に寄って花粉を飛ばして受粉を行います。
こうした植物を「風媒花」と呼びますが、数十キロに渡って飛ぶこうした花粉は、粒も小さくて軽く、量も多い為、それが人間の眼や鼻に入ることで、体内の免疫能力が「異物」を排除しようとします。
花粉を排除する際に体内で「IgE抗体」という抗体が作られ、花粉に接触する度にこのIgE抗体が作られるので、体に積み上げられていきます。
花粉症とは その量が一定に達すると、次に花粉が入ってきた時に、くしゃみや鼻水といったアレルギー反応の元となる物質「ヒスタミン」などが分泌されます。これが花粉症の症状となります。
良く言われる「花粉症はコップに溜まった水のように、ある日突然溢れ出す」という言葉は正しく、花粉症とは蓄積の結果、発症するものなのです。

花粉症の診断

花粉症の診断 くしゃみ、鼻水が出るというだけでは、まだ花粉症かどうかが解りません。
花粉症の自覚症状らしきものがあった際は、原因を探る為にもまず診断が必要になります。
まず1つが「血中IgE検査」です。
花粉症発症の引き金ともなる、血液の中にあるIgEを調べることで、花粉に反応するIgEの総量も解ります。
検査代は大体千円前後です。
もう1つが「皮膚反応検査」です。
皮膚の表面のわずかな部分を採取し(少しひっかく程度です)そこに花粉のエキスを与えて刺激反応を見るというものでです。
体の部位によって料金が追加され、1か所で200円前後です。
最後が「鼻粘膜誘発テスト」です。
鼻の粘膜に貼り花粉のエキスが染みついた紙を合わせる検査です。

花粉症の治療

医師の診断により花粉症であることが解ると、続いては治療に映ります。
花粉症の治療には、薬やレーザー手術といった「対処療法」と免疫療法による「根治療法」がありますが、一般的にはやはり薬の服用で花粉症の症状を抑えることになります。
花粉症治療の基本である薬には、以下のものがあります。
花粉症の治療

1:抗ヒスタミン薬

アレグラ 花粉症の薬剤治療の基本となるのがこちらの薬です。
アレルギー症状の元となるヒスタミンの働きを抑えます。
花粉症などの他にも、酔い止めの成分としても使われています。
20世紀半ばに発売され、現在に至るまでアレルギーの薬の第1候補になっています。
最初に登場した「第一世代抗ヒスタミン薬」は、強い鎮静効果が出ることで有名になりましたが、薬がもたらす強い鎮静作用が眠気を引き起こし、口腔の渇きに加えて、認知能力が下がる「インペアード・パフォーマンス」という現象が起こることが解り、1983年以降ではそれらの副作用を抑えた「第二世代抗ヒスタミン薬」が登場しています。
第一世代抗ヒスタミン薬として現在も市販されているのが「プレコール」「パブロン」などがありますが、第二世代になると「アレグラ」「アレジオン」といった薬が有名です。

2:ケミカルメディエーター遊離抑制剤

ヒスタミンの発生と遊離=溜まっていた場所から離れることを抑え、花粉症の症状を怒らせるのがこの薬です。
点鼻薬・点眼薬である「インタール」「リザベン」などの名称で発売されておりますが、抗アレルギー薬ではありませんので、ヒスタミン受容体そのものに抵抗する「抗ヒスタミン」の効果はありません。

3:抗ロイコトリエン薬

シングレア・ジェネリック 鼻にある粘膜にむくみを生じさせる化学物質を「ロイコトリエン」といいますが、この働きをストップさせることにより、鼻づまりなどの症状をやわらげます。
主な薬に「シングレア」があります。

4:第ニ世代の抗ヒスタミン薬

ザイザル・ジェネリック 最も強力に作用する反面、副作用の眠気が強かったジルテックを改良したザイザル「レボセチリジン」が最も最近は人気があります。
数年前には第一選択薬が「アレグラ」でしたが、最近は「ザイザル」に取って代わったと言っても良いでしょう。
1日1錠で長い時間効果を発揮し、ジルテックの半分量で同等の効果を持続する点も薬慣れしないためのメリットです。

5:ステロイド薬

炎症を鎮め、免疫反応とアレルギー症状を抑える効果を持ち、点鼻薬として使用されます。
ステロイドは効果がとても高い薬ですが、一方で副作用の心配もあります。
物量を守ることが肝要です。

花粉症の薬 花粉症の薬は、とても多くの種類が発売されています。
内服薬ひとつとっても、成分に応じて効果、そして副作用も変わりますので、生活環境は元より、どの症状が自分に相応しいのか?ということを調べる必要があります。
例えば、抗ロイコトリエン薬は鼻づまりに効果が高い薬ですので、くしゃみや鼻水が主な症状の花粉症にはあまり向きません。
その際は抗ヒスタミン薬を選ぶ必要があります。

・漢方薬

薬は大小の違いこそありますが、副作用が存在します。
車をよく運転される方や薬を飲んだ後もデスクワークを控えている方など、薬の副作用の中でも代表的である「眠くなる」という副作用は気になるところです。
花粉症は体質改善が決めてということも言われていますので、生薬をメインに据えた漢方薬を使ってみるのも1つの方法です。
花粉症に効果がある漢方薬のひとつが「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」です。
麻黄、芍薬、桂皮などが配合されており、体の余分な水分を調節し、冷えてしまった部分を温めながらその代謝を促すという方法で、鼻水やくしゃみなどの症状を和らげます。
もうひとつが「葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」です。
葛根、甘草、生姜などの生薬が配合され、これも漢方医学の「水(すい)の流れを調節する」という思想ベースに基づき、鼻に溜まった余分な水分を出します。
鼻や顔面の血液循環を促すという点でも、上記2つの薬は共通点がありますので、眠くならない漢方薬も選択肢の1つとして考えても良いでしょう。

口コミ・レビュー

  • レモンさん (33歳)
    ドリエルは色味的にもろにドラッグのようなイメージがあるものの、中毒性があるのか(※実際はないですよ。)ここ3ヶ月間手放せない。
  • カっちゃんさん (34歳)
    今年も花粉症の時期でしたが、自分はテルファストを使っていたので なんともなかったです! 以前は鼻水、鼻詰まりと症状が酷かったんですがこの薬と出会って花粉症知らずになれましたよ。
  • 真理子さん (25歳)
    ほんと年中アレルギー性の鼻炎で困っています。 病院の薬はあんまり効果を感じられないので、いつもこのサイトでザイザルを買っています。 飲み忘れると酷いことになっちゃうんだけど、ちゃんと飲めば効果があります。
  • マリオさん (40歳)
    ドリエルは有名だし、一番安定して効果が得られるので長らくお世話になっております。
  • Dianaさん (34歳)
    ハウスダストアレルギーで、朝なんかに布団のホコリが少しでも舞っていると一日中鼻がむずむずして大変でした。くしゃみもでるのでマスクなんかに鼻水が付くのもほんとにイヤになってしまいますよ。こちらのシングレアを服用してから、3、4日くらい経過して、なんかくしゃみが出てないし、鼻の違和感もなくなり感激しています!
  • Rinaさん (37歳)
    かれこれ20年くらい花粉症とアレルギー性鼻炎を患っています。アレルギー性鼻炎は朝などに症状が重くなってしまい、くしゃみや鼻水が止まらず化粧もできないしで大変でした。こちらのエリアスシロップは、私は錠剤よりも良く効いてくれているような気がします。副作用として、私は頭痛がありました。20〜30分ほどで治まるので、それほどきつくはなかったです。
  • Nathanさん (32歳)
    2回目の購入で、60錠を購入しました。もうかれこれ15年くらい、花粉症と鼻炎を患っていますが、市販のお薬では仕事中などに眠くなってしまうのであまり服用できませんでした。こちらのエリアスはそんな眠気なども抑えてくれるので助かっています。海外医薬品輸入代行サイトを利用するのはこのお薬が初めてだったのですが、病院や薬局に行く手間が省けていいなと思っています。
  • まーくさん (29歳)
    万年花粉症と鼻炎持ちで、特に鼻炎は年中なのでとてもきつかったです。私の場合、朝に何度もくしゃみが出て化粧をしてもティッシュで鼻水を拭うたびに化粧がよれてしまうような、ほんとにイヤになる感じでしたが、こちらのお薬を就寝前に服用すると朝まで鼻がむずむずすることも無くてほんとに感激しています。市販のお薬みたく、眠くならないのがまた嬉しいですね。
  • aikoさん (30歳)
    アレルギー体質で全身に症状がでます。病院で処方してもらうヒスタミン剤は眠気が強くて、寝る前に服用すると朝起きれなくて遅刻しそうになることもありました。仕事中に飲むわけにもいかず、寝る前にのまないと体のかゆみで眠れない..の悪循環でした。テルファストは眠気も感じないし、効き目もあるので調子が良いです!
  • 門脇さん (34歳)
    花粉の多いこの時期、花粉アレルギー持ちのボクは毎年このお薬に助けてもらっています。このお薬のいいところは寝る前に飲んで翌日まで効くところだと思います。本当にこれだけでいいの?ってはじめは思いましたが、マスクやめがねでもダメだった花粉症を分抑えることが出来ました。かゆみは少しあるのですが我慢できることが多いです。今年もこれを飲んで花粉シーズンを乗り切りたいです!

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ