アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、タンパク質のアレルゲンに過剰反応を起こす疾患でアレルギー体質や皮膚バリア機能が脆弱な方が湿疹や痒みを繰り返します。外用薬の免疫抑制薬から治療を開始し、治らない場合はステロイドを用います。

売れ筋ランキング

アトピー性皮膚炎の商品一覧

  • ベトネベートNクリーム

    ベトネベートNクリーム

    特徴 ベトネベートNクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚症状と感染症をまとめて治療することができるステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているベトネベートNクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベトネベートNクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症・免疫抑制作用し、抗生物質は殺菌作用が期待できます。 皮膚症状を和らげるステロイド成分と細菌の繁殖を抑える抗生物質が配合されているので、化膿している部分にも高い効果が期待できます 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、ベタメタゾン吉草酸エステル1.2mg/フラジオマイシン硫酸塩3.5mgが処方されています。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/フラジオマイシン0.5%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,216円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロンクリーム

    プレドニゾロンクリーム

    特徴 プレドニゾロンクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚の炎症を抑えてくれるステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されています。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.5%が処方されています。 当サイトでも0.5%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,280円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オイラックスHクリーム

    オイラックスHクリーム

    特徴 オイラックスHクリームはHOEファーマ社が開発した、ステロイド作用と抗炎症作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているオイラックスHクリームは、HOEファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 オイラックスHクリームの主成分であるヒドロコルチゾンは、副作用のリスクが低いものの、通常のかゆみ止めでは抑えられない、アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるアトピー治療薬です。 また、蕁麻疹や虫さされなどの皮膚のかゆみや炎症を抑える効果も期待できます。 副作用 主な副作用には皮膚症状、皮膚の感染症、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 個人輸入を行っている当サイトでは1.0%が購入可能です。
    製造:HOEファーマ

    もっと見る

    1本1,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネリゾナ軟膏

    ネリゾナ軟膏

    特徴 ネリゾナ軟膏はバイエル社が開発した、湿疹や皮膚炎に効果的なステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているネリゾナ軟膏は、バイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ネリゾナ軟膏の主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患には湿疹やかぶれなど、様々な症状へ効果的です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内において、0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1本2,266円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリデルクリーム

    エリデルクリーム

    特徴 エリデルクリームはノバルティス社が開発した免疫抑制作用を持つアトピー性皮膚炎治療薬です。 当サイトが取り扱っているエリデルクリームは、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。 効果 エリデルクリームの主成分であるピメクロリムスは、免疫抑制剤という種類のアトピー性皮膚炎治療薬です。 エリデルクリームは非ステロイド性のため、ステロイド薬を使うことができない方の治療に適しており、子供にも使用することが可能です。 副作用 主な副作用には、灼熱感や一過性の局所刺激などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1%が購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モメタゾン(フルメタ)

    モメタゾン(フルメタ)

    特徴 エロコンクリームはMSD社が開発した円形脱毛症やアレルギー性皮膚炎の治療薬です。 日本でも処方されているフルメタのジェネリック医薬品で、直接患部に塗布するステロイド外用薬です。 効果 エロコンクリームの主成分であるモメタゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アレルギー性アトピー治療に効果があります。 また、円形脱毛症の部分に塗布することで改善が期待できます。 副作用 主な副作用は、刺激感、紅斑、皮膚乾燥、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デルモベートクリーム

    デルモベートクリーム

    特徴 デルモベートクリームはGSKファーマ社が開発した、1979年に販売がスタートされた塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているデルモベートクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デルモベートクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患には湿疹やかぶれなど、様々な症状へ効果的です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トップコート(フルメタ)

    トップコート(フルメタ)

    特徴 トップコートはシプラ社が開発した円形脱毛症やアレルギー性皮膚炎の治療薬です。 日本でも処方されているフルメタのジェネリック医薬品で、直接患部に塗布するステロイド外用薬です。 効果 トップコートの主成分であるモメタゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アレルギー性アトピー治療に効果があります。 また、円形脱毛症の部分に塗布することで改善が期待できます。 副作用 主な副作用は、刺激感、紅斑、皮膚乾燥、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,296円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベタメタゾンクリーム

    ベタメタゾンクリーム

    特徴 ベタメタゾンクリームはGSKファーマ社が開発した手足や背中などの使用に適したステロイドの塗り薬です。 当サイトが取り扱っているベタメタゾンクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベタメタゾンクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されています。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/フラジオマイシン硫酸塩0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,273円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロン

    プレドニゾロン

    特徴 プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンは、Aspen社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではプレドニゾロン1mg/5mg/25mgの3種類が購入可能です。
    製造:Aspen

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ

    アレグラ

    特徴 アレグラはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、うすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているアレグラは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。 効果 アレグラの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては30mg/60mgが処方されています。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コスベートGクリーム

    コスベートGクリーム

    特徴 コスベートGクリームはAdcock Ingram社が開発したステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているコスベートGクリームは、Adcock Ingram社が製造・販売している正規品です。 効果 コスベートGクリームは2つの成分を配合しており、炎症抑制作用と免疫抑制作用、殺菌作用の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。 また、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などへの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではクロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%/ゲンタマイシン0.1%が購入可能です。
    製造:Adcock Ingram

    もっと見る

    1本1,133円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハロベートクリーム

    ハロベートクリーム

    特徴 ハロベートクリームはグレーンマーク社が開発したアトピー性皮膚炎などの皮膚症状を治療するためのステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているハロベートクリームは、グレーンマーク社が製造・販売している正規品です。 効果 ハロベートクリームの主成分であるハロベタゾールは皮膚に生じた湿疹などの炎症症状をしっかりと抑え、悪化を予防する働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:グレーンマーク

    もっと見る

    1本1,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アリストコート(アフタシール)

    アリストコート(アフタシール)

    特徴 アリストコートはファイザー社が開発した皮膚炎や湿疹などを改善するステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているアリストコートは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 アリストコートの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されるほか、あまり強い薬ではないため、皮膚の薄い顔や陰部などへの使用も可能です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1本1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トップグラフ軟膏(プロトピック)

    トップグラフ軟膏(プロトピック)

    特徴 トップグラフ軟膏はGSKファーマ社が開発した、ステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 かゆみを抑えるアトピー性皮膚炎治療薬であるプロトピック軟膏のジェネリック医薬品です。 効果 トップグラフ軟膏の主成分であるタクロリムスはステロイド薬が効かない、あるいは使えない方に用いられ、特に顔や首など皮膚が薄い部分への使用が可能です。 皮膚の状態を改善し症状の悪化を防ぐ働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、一過性の皮膚刺激感、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,906円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デルモベートスカルプローション

    デルモベートスカルプローション

    特徴 デルモベートスカルプローションはGSKファーマ社が開発した皮膚の炎症を抑えてくれるほか、頭部への使用に特化したローションタイプのステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているデルモベートスカルプローションは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デルモベートスカルプローションの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されるほか、頭皮のアトピー性皮膚炎や円形脱毛症などの治療にも使用できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,906円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メドロール(プレドニゾロン)

    メドロール(プレドニゾロン)

    特徴 メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているメドロールは、ファイザー社が製造・販売している正規品sわう。 効果 メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては2mg/4mgが処方されています。 当サイトではメドロール8mg/16mgの2種類が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠122円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プリム

    プリム

    プリムとは、ヒマラヤ社が開発した抗菌サプリでニキビ治療に利用されています。 天然成分配合のため、副作用もなく安心してご使用頂けます。 ニキビ治療だけでなく、抗菌・アレルギー・皮膚炎を治療にも有効です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニーム

    ニーム

    ニームは、ヒマラヤ社が開発した肌の調子を整えるサプリです。 天然成分配合のため、副作用もなく安心してご使用頂けます。 体内から身体をクレンジングして皮膚の健康をサポートします。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ・ジェネリック

    アレグラ・ジェネリック

    特徴 アレグラジェネリックはドクターレディー社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラジェネリックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アレグラジェネリックの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
    製造:ドクターレディー

    もっと見る

    1錠62円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テルファスト(アレグラ)

    テルファスト(アレグラ)

    特徴 テルファストはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 テルファストは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 テルファストの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは60mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠108円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リンデロン・ジェネリック

    リンデロン・ジェネリック

    9月下旬入荷予定 特徴 リンデロンジェネリックはGSKファーマ社が開発した皮膚症状の治療や細菌や真菌(カビ)が感染した部分にも使用できるステロイド外用薬です。 効果 リンデロンジェネリックは3つの成分を配合しており、炎症抑制作用と殺菌作用、抗真菌成分の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/ゲンタマイシン0.1%/ミコナゾール2.0%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,216円~
    売切れ
    詳細を見る
  • プロトピック軟膏

    プロトピック軟膏

    特徴 プロトピック軟膏はアステラス社が開発した、ステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っている、かゆみを抑えるアトピー性皮膚炎治療薬であるプロトピック軟膏は、アステラス社が製造・販売している正規品です。 効果 プロトピック軟膏の主成分であるタクロリムスはステロイド薬が効かない、あるいは使えない方に用いられ、特に顔や首など皮膚が薄い部分への使用が可能です。 皮膚の状態を改善し症状の悪化を防ぐ働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、一過性の皮膚刺激感、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:アステラス製薬

    もっと見る

    1本3,040円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?

「皮膚にカサカサや赤色のブツブツが出来てかゆくなる症状です」

アトピー性皮膚炎は強いかゆみや発疹(ブツブツ)がくり返し現れる皮膚疾患の1つです。
発症する年齢で、症状が出る部分が異なるとされますが、主に顔や首、肘、膝にかけて現れひどいと全身に広がります。
例えば赤ちゃんの内にかかると、首から上にかけてブツブツが出来て、ひどくなると体全体に広がる傾向です。
大きくなるにつれて2~3歳児の頃から、手が届きかいてしまいやすい手足の関節部分やお尻の部分等にもうつっていくでしょう。
思春期を過ぎたあたりで、顔/胸/背中/ひじなど上半身に湿疹が現れます。
いずれも共通して慢性的に皮膚にカサカサやあるいは赤みを帯びたブツブツ(湿疹)でかゆくなる症状が特徴的です。
発症する数ヶ月以上続き、慢性的に症状が繰り返すので、乳幼児は約1ヶ月以上、成人は半年程度続くとされます。
アトピー性皮膚炎は短期間で完治する事は少ない症状なので、継続して治療と肌のスキンケアを行う事が大切です。

【アトピー性皮膚炎の特徴】

体に赤色のブツブツ・湿疹が出来る

かくと皮膚がむけやすく、ジクジクした状態の湿疹は液体が出てくる

首やおでこ、目、口、耳の顔回り、手足、脇の関節内側などに出やすいと言われる

左右対称にかかる(両腕、両肘等)傾向がある

<なぜアトピー性皮膚炎をよくしなければいけない?>

症状を悪化させると、喘息や鼻炎、長引くと顔や目周りまで広がり、角膜がにごり年々視力が落ちる場合や網膜剥離等も報告されています。
またかゆみがひどければ夜寝つきが悪くなるため、心身症、抑うつのきっかけ、成長ホルモンの分泌を悪くし成長障害を併発の可能性に繋がる事もあります。
決して放って置く事は出来ない症状です。

【厚生労働省が発表した全国調査(平成26年時点)】
日本全国において推定約45万6千人の方がアトピー性皮膚炎を発症。
その内8割が0歳~40歳の年齢層で、19歳以下は男女とも合わせて16万人以上だとされています。
過去似たような調査においても、
4ヵ月・・・12.8%
18ヵ月・・・9.8%
3歳・・・13.2%
6~7歳・・・11.8%
11~12歳・・・10.6%
18~19歳・・・8.2%
が、アトピー性皮膚炎を発症していた事が分かっています(平成14年時点)

アトピー性皮膚炎の原因

「体質・環境的な要因で発症あるいは悪化してしまいます」

アトピー性皮膚炎はアレルギー(免疫)反応が強く現れてしまった状態です。
アレルギー反応は遺伝的に働きやすい場合と、外の刺激やアレルゲン(ダニやほこり等)に反応しやすい場合2つが原因に挙げられます。

【体質に関する要因】
・アトピー素因(アレルギーを働きやすい体質)
・皮膚のバリア機能低下

【環境的な要因】
・アレルゲン(アレルギーの原因物質)
※ダニ、ほこり、ハウスダスト、花粉、ペットの毛等
・アレルゲン以外の刺激
※汗や乾燥、化粧品、過労やストレス、寝不足等

<アトピー性皮膚炎の悪化原因>

アトピー性皮膚炎は年齢・症状の具合によって悪化の原因は異なりますが、かきむしりや原因が複数ある事で悪化の一途を辿るケースが多いとされています。
とびひの原因となりやすい黄色ブドウ球菌/ダニやハウスダスト等の環境アレルゲン/汗や汚れ、フケ、ペットの毛/疲労、食事バランス、睡眠障害等は要注意でしょう。
特に黄色ブドウ球菌はバリア機能が損なった皮膚組織を増やすだけでなく、毒素を出し炎症を悪化させてしまう原因となります。
ストレスや生活リズムが崩れると、免疫機能だけでなく自己回復する力も失ってしまうため、アトピー性皮膚炎以外の症状の回復も非常に遅れ、かゆみによるかき壊しも多く起こりやすくなるでしょう。
症状をかき壊してしまうと、よりちょっとした刺激でもかゆみを感じやすい状態になるためさら悪循環に陥りやすくもなります。

<悪化原因に対する対応>

症状の具合に応じて対応する必要がありますが、生活習慣見直しやお部屋の掃除をこまめに行う事が簡単で効果的です。
人がいる場所にはアレルゲンも集まりやすいので自宅の掃除や換気は行うのが良いでしょう。
また疲れていたり、ストレスを抱えやすい環境も悪化に繋がります。
そのため休みを取ったり仕事や家庭の環境を変えるのも1つの対応法と言う事が出来ます。
実際に行うのは大変な場合もありますが、アトピー性皮膚炎は我慢し続けるとより重たい症状(視力の低下等)になるため、一時的な対処法より長いスパンで見た付き合い方を考えておくのが重要です。

アトピー性皮膚炎の治療法

<治療の基本>

「スキンケアやお薬で症状を抑える事が出来ます」

アトピー性皮膚炎は、正しいスキンケアや治療を行う事で、症状を自然と抑える事が可能です。
一度回復しても再発してしまう場合もあるので、水分が保たれた健康な皮膚状態を続け、バリア機能が上手く機能するよう、日々のケアが大切と言えるでしょう。

<治療薬の種類>

アトピー性皮膚炎を治療する際、使われるお薬には

・ステロイド外用薬
・免疫抑制外用薬
・抗ヒスタミンや抗アレルギー薬
・保湿剤やスキンケア医薬品

が、あります。
ステロイド外用薬が最も処方される機会が多いお薬ですが、免疫抑制剤や抗ヒスタミン剤等も治療には適しています。
症状をすばやく止めたい方はステロイド、副作用が気になる方はそれ以外の対症療法(症状を抑える)薬を用いるのが良いでしょう。

<ステロイド外用薬>

すでにお薬をお使いの方は、治療薬=ステロイド外用薬のイメージがあるかと思われます。
ステロイド外用薬は、体内のホルモンに働きかけ、免疫作用を局所(部分)的に弱める事でアレルギーの症状を抑えるお薬です。
中程度~強めの効果があり作用時間も半日以上続く事から小児科や内科では頻繁にアトピー症状で処方される機会の多くなっています。
しかし、長期間使用は依存性や皮膚萎縮(皮膚組織が薄くなる)原因となるため ステロイドの弱点でもあります。
直接体内に入れない塗り薬が多いとは言え、使い続けると自己免疫作用が弱まってしまう恐れがあるため注意が必要です。
効果が5段階程度に分けられたステロイド治療薬や免疫抑制剤が増加し、お薬の選択肢が広がっています。

・ステロイド外用薬の種類
※年齢/体の部位/症状の具合に応じて使い分けられます。
※5が最も強く、1が最も弱い分副作用も少なくなっています。

↑1.ストロンゲスト(Strongest)
 2.ベリーストロング(Very Strong)
 3.ストロング(Strong)
 4.ミディアム(Medium)
↓5.ウィーク(Weak)

トップコート
トップコート 15mg1本当たり1620円~有効成分:フランカルボン酸モメタゾン0.1%
ステロイド2郡のとても強い効果を持つ外用クリームです。
有効成分は有名なフルメタ軟膏、アンテベートと同じフランカルボン酸モメタゾンとなっています。
皮膚萎縮症等の副作用もあるため、既に医師に処方されている方が再発予防で継続塗布する際におすすめです。
プレドニゾロンクリーム
プレドニゾロンクリーム 15mg1本当たり1420円~有効成分:プレドニゾロン0.5%
最も効果の弱い 5.ウィーク(Weak)レベルのステロイド外用薬です。
副作用も少なく処方される機会も比較的多いため、安心して使用する事が出来ますが、一定期間過ぎても改善されない場合、より強い4~2郡レベルのを用いると言われています。

<タクロリムス軟膏>

アトピー性皮膚炎治療の場合、タクロリムス水和物(プロトピック軟膏)がよく用いられます。

上記のステロイド外用薬とは別のお薬であり、強さはステロイド外用薬の3郡(ミディアムからストロング)程度とされています。
症状を抑えるだけでなく、首や顔等の皮膚の薄い部分における治療効果が良いと言われ、またステロイド外用薬の副作用がない事が特徴的のお薬でしょう。
アトピー初期の軽度な症状によく用いられるため、こちらもステロイド外用薬と並ぶアトピー性皮膚炎治療薬です。

プロトピック軟膏
プロトピック軟膏 30g1本当たり3800円~有効成分:タクロリムス水和物0.1%
免疫抑制作用により、アトピーの症状を一時的に抑えてくれる対症療法薬の1つとなります。
ステロイドとは異なるので皮膚状態を弱めず症状を抑えられるため、首や顔などにも用いられます。

その他の免疫抑制薬は以下のようになっています。

・免疫抑制外用薬の種類
シクロスポリン (通称:ネオーラル)
ミゾリビン (通称:ブレディニン)
シクロフォスファミド (通称:エンドキサン)
アザチオプリン (通称:アザニン)
タクロリムス水和物 (通称:プログラフ/プロトピック)
ミコフェノール酸モフェチル (通称:セルセプト)

<スキンケア>

アトピーの予防再発に欠かせないのが、スキンケアの習慣です。
スキンケアには医薬品だけでなく、はたまた女性なら必ず持ってる化粧水乳液等も効果的です。
年齢問わず炎症箇所を清潔な環境にして潤いを維持するだけでも、治療の期間を短縮出来たり、より深刻な症状にならないよう防ぐ事が可能となります。
スキンケアで最も肝心なのは乾燥を防ぐ事です。
大人になるとストレスや疲労で皮膚はより乾燥しやすくなります。
アトピーが慢性化する原因に多いのは、肌荒れや乾燥した箇所が痒くなり、そこを掻きむしる事で再発悪化する掻き壊しがよく挙げられます。
発症した段階で角層が弱体化しボロボロになってきているのでそれをケアしていく必要があるのです。
薬の上から保湿クリームやセラミドを含んだ軟膏を塗り、角層が再生成出来るように水分をなるべく保つようにしておくのが良いでしょう。
また外出時はなるべく日焼けによる刺激(例えば肌が弱い赤ちゃん~小児の場合)を避けるために 日焼け止めや肌触りの良い 薄手の長袖を着ておくののも良いと言われます。
夜中無意識に掻く事もあることから、手袋や少し厚手の寝巻きを重ね着する等、せっかくケアした部分をボリボリ掻いてしまわないよう守るのも大切です。
ただし重要なのがこれらが負担となりストレスの原因と重ならない事です。
毎日続けるのが難しいと感じたら医師と相談し、抗ヒスタミン剤等別のお薬も処方してもらったほうがよろしいとされます。
アルコール喫煙が多い方はビタミンを多く含んだサプリメントも使用してみられるのもおすすめです。

<症状別対処法>

アトピー性皮膚炎は、日本皮膚科学会のガイドラインでは重症度に応じて4段階に分けられます。

【軽微な症状】
カサカサ肌が目立ち湿疹がまだ現れていない状態。

-こんなお薬が向いてます-
1.ステロイドを含まない外用薬/免疫抑制外用薬(首や顔もOK)
2.抗ヒスタミン薬/抗アレルギー薬(痒みが気になる際に用います)
3.スキンケア化粧品や医薬品(刺激の少ない保湿剤は効果的な治療法です)

【軽症】
カサカサ肌がより悪化し点々とした赤みを帯び始めた症状。
ささくれや粉をふいたように見え、少したつと皮がむけて落ちます。

-こんなお薬が向いてます-
1.ウィーク(Weak)程度のステロイド外用薬
・プレドニゾロンクリーム0.5%(プレドニゾロン成分0.5%)

2.ミディアム(Medium)程度のステロイド外用薬
・レダコート軟膏0.1%(トリアムシノロンアセトニド成分0.1%)
・アルメタ軟膏0.1%(アルクロメタゾンプロピオン酸エステル成分0.1%)
・ロコイド軟膏0.1%(ヒドロコルチゾン酪酸エステル成分0.1%)
・グリメサゾン軟膏、オイラゾンクリーム0.1%(デキサメタゾン成分0.1%)
・リドメックス軟膏0.3%(草酸酢酸プレドニゾロン成分0.3%)
・キンダベート軟膏0.05%(クロベタゾン酪酸エステル成分0.05%)
 ※%(パーセンテージ)の高さ=薬の強さではありません。

3.ステロイドを含まない外用薬/免疫抑制外用薬(首や顔もOK)
4.抗ヒスタミン薬/抗アレルギー薬(痒みがひどくて眠れない時に用います)
5.スキンケア化粧品や医薬品(乾燥を防ぐ事でかゆみ等の症状の進行を抑制が可能です)

【中程度の症状】
軽症がさらに悪化した症状
腫れた皮膚が固まり、ひっかき傷の跡は残りやすくなります。

-こんなお薬が向いてます-
1.ミディアム(Medium)程度のステロイド外用薬(※上記参照)
2.ストロング(Strong)程度のステロイド外用薬
・エクラー軟膏0.3%(デプロドンプロピオン酸エステル成分0.3%)
・ベトネベート軟膏、リンデロン軟膏0.12%(ベタメゾン吉草酸エステル成分0.12%)
・ボアラ軟膏、ザルックス軟膏0.12%(デキサメタゾン吉草酸エステル成分0.12%)
・エサデルム軟膏0.1%(デキサメタゾンプロピオン酸エステル成分0.1%)
・フルコート軟膏0.025%(フルオシノロンアセトニド成分0.025%)

3.抗ヒスタミン薬/抗アレルギー薬(痒みがひどくて眠れない時に用います)
4.スキンケア化粧品や医薬品(乾燥を防ぐ事でかゆみ等の症状の進行を抑制が可能です)

【重症】
患部全体が赤みのある発疹/湿疹が広がってゴワゴワと盛り上がった症状
皮がむけてもより一層悪化しやすいので治療は必須な状態。

-こんなお薬が向いてます-
1.ストロング(Strong)程度のステロイド外用薬(※上記参照)
2.ベリーストロング(Very Strong)程度のステロイド外用薬
・フルメタ軟膏0.1%(モメタゾンフランカルボン酸エステル成分0.1%)
・ビスダーム軟膏0.1%(アムシノニド成分0.1%)
・テクスメテン軟膏、ネリゾナ軟膏0.1%(吉草酸ジフルコルトロン成分0.1%)
・パンデル軟膏0.1%(酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン成分0.1%)
・リンデロンDP軟膏/クリーム0.064%(ベタメタゾンジプロピオン酸エステル成分0.064%)
・アンテベート軟膏0.05%(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル成分0.05%)
・マイザー軟膏/クリーム0.05%(ジフルプレドナート成分0.05%)
・トプシム軟膏/クリーム0.05%(フルオシノニド成分0.05%)

3.抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬
4.スキンケア化粧品や医薬品(乾燥を防ぐ事でかゆみ等の症状の進行を抑制が可能です)

治療薬は症状の具合によって異なるので、なるべく自分に合った対症療法(症状を抑える)薬を使うと良いでしょう。
年齢と発症する部位にもよって異なりますが、一般的に最初は弱めの免疫抑制剤かステロイド外用薬が処方されます。
しかし、かえって弱すぎると掻き壊し等により湿疹症状を悪化させてしまう原因にもなるため、体調管理や保湿ケアを行いながら用いるのがベストです。
症状の具合や体調を見ながら効果・作用時間が適したものを塗っていくのが良いでしょう。。

アトピー性皮膚炎の予防

「アトピー性皮膚炎はセルフケア予防が行えます」

アトピー性湿疹はアレルギー(免疫)反応の1つです。
そのため免疫反応を抑えるお薬同様、あくまで症状を起こりにくくする対策は行う事は出来ますが、これといって目立った予防法がないのもアトピー治療の特徴となります。
個人差が大変分かれるため、医師と相談の上で治療を継続しながら再発・予防に努めるのが1番でしょう。
その上で、これらのアトピー予防を行う際、自分が何のアレルギー(免疫反応)があるのかを知るのかも大切となります。
アトピー性皮膚炎は体質的に起こりやすい=遺伝の可能性が比較的高い症状です。
体質的に起こりやすい/起こりにくいかは、総じてアトピー素因があるかどうかにもよるとされています。
アトピー素因があるとは、アレルギー反応が強く出やすい傾向にあり、他にも気管支喘息や鼻炎などの症状も疑われます。
両親や家族親戚がアトピー症状にかかった事がある場合にはどんな時に症状が現れやすいか確認しておくべきでしょう。
原因がはっきり分かっていれば、あとは対策を行うだけです。

<ダニやほこりハウスダストに心当たりがある方>

こまめに部屋を掃除したりまた換気した状態を保つのが鍵となってきます。
例えば掃除機をかけたり(1日1回)、布団を外に干す事は簡単ながらも効果的な予防法で、毎日習慣づけていく事で自然と症状が落ち着いてくる場合もあります。
また干せない場合は布団乾燥機で50-65℃程度に温めた後、シーツは洗濯、中の布団は掃除機をかけるが良いでしょう。
特にダニはコインランドリー等で洗ってもピンピンした状態で生存している事も多く、なかなか取り除くのが難しいです。
ある程度乾燥させた状態(湿度50%以下)を普段から保つとダニが繁殖しにくい環境を作る事が出来ます。
時間が無い方は、近年販売される最新のドラム洗濯機(温水洗浄機能やダニ専用コースがある機種)でも予防は可能です。
エアコンや換気扇のフィルターも掃除しておく事で余計なほこりハウスダストを防ぐ事が出来ます。
またペットを飼っている場合にはなるべくお風呂に入れたり、使った衣類をお湯で洗いお部屋を乾燥させるのが望ましいでしょう

<アトピー性皮膚炎と皮膚のバリア機能>

アトピー性皮膚炎の悪化の原因の最も多くは、皮膚の防御機能が弱体化、ボロボロになってしまっている事が挙げられます。
皮膚は何層かに分けられて構成され、健康な皮膚は、角層とその表面にある皮脂膜、角質との間にあるセラミドの3つによって水分を保ちバリア機能を担っています。
アトピー性皮膚炎の症状は、この角層が弱体化しボロボロになってきているためは外から外敵や刺激が入りやすく悪化しやすい状態のため、それをケアしていく必要があります。
バリア機能がいつまでも低下した状態が続けば、その分症状はより悪化します。
そのためスキンケア、バリア機能向上はアトピー予防法に欠かせません。
また夜中寝ている時に無意識に起こるかきむしりや疲労・ストレス等で自己回復力が落ちてしまっている事が原因に繋がるため、普段からの生活を見直す必要も出てきます。

<普段の生活習慣に心当たりがある方>

ダニアレルギー等、目立ったアレルゲン(アレルギーの原因物質)に心当たりがなければ普段の生活にアトピー解消のヒントが隠されている事があります。
例えば、毎日使うシャンプーやリンスや石鹸は化学物質が多く含まれているものではないでしょうか。
これらの物質は個人差はありますが、免疫反応を余計に引き起こす原因にもなる可能性があります。
体を清潔にしているはずなのになぜかアトピー性皮膚炎で痒くなる方は刺激の伝わらないものに替える事をおすすめします。
また疲労やストレスで角層のバリア機能は低下しがちです。
個人差が分かれますが、一般的に6~7.5時間以上の睡眠やビタミンミネラルを多く含んだ食事を摂る事が大切とされています。
普段から忙しい方はアレルギー対策のサプリメントで乳酸菌やパントテン酸を含んだ物を食事と一緒に飲用する事をおすすめでしょう。
乳酸菌は腸環境を整える事で免疫作用を強め、またパントテン酸はコラーゲンやビタミンCと密接に関わるためバリア機能向上をサポートすると言われています。
普段から忙しい方はアレルギー対策のサプリメントで乳酸菌やパントテン酸カルシウムを含んだ物を食事と一緒に飲用する事をおすすめでしょう。

口コミ・レビュー

  • カっちゃんさん (34歳)
    今年も花粉症の時期でしたが、自分はテルファストを使っていたので なんともなかったです! 以前は鼻水、鼻詰まりと症状が酷かったんですがこの薬と出会って花粉症知らずになれましたよ。
  • おっちゃんさん (42歳)
    鼻炎がひどくて購入。基本の成分は調べたほうがよい。こういうのはなんとなく買ってやっぱり効かない…となるのはアホですので、病院でもらった薬の成分表を見るくらいはしてみては?
  • aikoさん (30歳)
    アレルギー体質で全身に症状がでます。病院で処方してもらうヒスタミン剤は眠気が強くて、寝る前に服用すると朝起きれなくて遅刻しそうになることもありました。仕事中に飲むわけにもいかず、寝る前にのまないと体のかゆみで眠れない..の悪循環でした。テルファストは眠気も感じないし、効き目もあるので調子が良いです!
  • TKさん (30歳)
    アレルギー性皮膚炎で、ちょっとしたことですぐにかゆみがでます。一度かゆくなるとしつこくて、なかなか改善しないのですがトップコートはかゆみを鎮めてくれるので本当に助かります。病院でもフルメタをもらうことはできるんですが、仕事の関係で病院と時間があいません。通販で買っておくと、かゆいのに薬がない!ということがなくなります。
  • てつやさん (35歳)
    ある日鏡を見ると、散髪してないのに何だか頭の外側が薄くなっているような・・・。仕事でのストレスのせいか、脱毛症を疑いまして不安になった自分は改善のために薬を買いました。そのとき買ったのがこちらの塗り薬です。塗って1ヶ月後ぐらいから薄くなっていた部分が少し濃くなってきました。時間は掛かりましたが、元に戻ってよかったです・・・と、同時にストレス改善もしないとなと思いました。
  • リーザさん (27歳)
    ニキビがちょくちょくでき、肌も汚いので改善しようと色々使ってました。ほんのちょっと良くなった気はしますがそれからはというと、あまり良くなる気配がありませんでした。じゃあ、今まで洗顔とか直接つけるタイプのものを使ってたので、今度は飲むタイプにしようと買ってみたのが、プリムでした。ニキビに効果的というサプリで、もちろんすぐには効果でないと思ってましたが、2ヶ月ぐらいで、ニキビもできづらくなってきてます。
  • エチルさん (23歳)
    アトピーで悩んでいた肌も、大人になってから落ち着いてきましたが、その代わりにニキビがひどくなってきました。ニキビ専用洗顔を使うのは、刺激が強そうで怖いので、アトピーとニキビにきくというニームを使ってみました。しばらくはポツポツニキビはおさまることはなかったと思います。使い始めてもう少ししてからニキビが新しく出ていないということに気が付きました。やっぱりサプリメントだからきくのにちょっと時間かかるみたいですね。
  • ひゃくやさん (46歳)
    ずっと眠くなりにくい薬を探していたので、やっとアレグラで落ち着けました。頭痛とかの副作用も心配していましたが、特に問題なく使えたので、重宝しそうです。ちょっと心配していた車の運転も、眠気を感じる事無く普通に運転できました。花粉症の時期に薬を飲んで、車を運転できているのは久しぶりです。花粉症に悩む前以来なので、かなり嬉しいですね。これで家族にもこの時期家に引きこもらないで遠出させてあげられそうです。
  • イギリスさん (30歳)
    いつも常備しています。花粉症の時期だけでなく、風邪でないのになぜか鼻水が出るというようなときにも使えます。
  • とんこつさん (35歳)
    皮膚炎の治療薬を探していてトップコートが口コミや評判がよかったので使っています。評判通り皮膚炎の改善ができています。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ