アレルギー

アレルギーは特定のアレルゲンに反応するアトピー型と生活環境で発症するタイプに分かれ、共に身体が過敏に反応してIgE抗体を分泌する免疫反応によって発症します。症状は結膜炎や鼻炎、気管支喘息や皮膚炎となって現れます。

売れ筋ランキング

  • アレルギー 総合
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息

アレルギー 総合 ランキング

商品ジャンル

アレルギーの商品一覧

  • サルタノール・ジェネリック

    サルタノール・ジェネリック

    特徴 アスタリンはシプラ社が販売している気管支拡張剤です。 サルタノール吸入薬のジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 効果 アスタリンの主成分であるサルブタモールは、発作時に吸入する事で平滑筋を緩め、気道を広げて呼吸を楽にする効果があります。 通常3時間です。 副作用 主な副作用には心悸亢進、気道刺激症状、悪心、脈拍増加、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱1,216円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

    セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

    オススメ!! 特徴 セロフロインヘラーはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。 アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 効果 セロフロインヘラーの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 持続時間は12時間です。 副作用 主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩125mcg/250mcgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱2,160円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベトネベートNクリーム

    ベトネベートNクリーム

    特徴 ベトネベートNクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚症状と感染症をまとめて治療することができるステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているベトネベートNクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベトネベートNクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症・免疫抑制作用し、抗生物質は殺菌作用が期待できます。 皮膚症状を和らげるステロイド成分と細菌の繁殖を抑える抗生物質が配合されているので、化膿している部分にも高い効果が期待できます 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、ベタメタゾン吉草酸エステル1.2mg/フラジオマイシン硫酸塩3.5mgが処方されています。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/フラジオマイシン0.5%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,216円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デズロリド(デザレックス)

    デズロリド(デザレックス)

    特徴 デズロリド(デザレックス)はインタスファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 デザレックスのジェネリック医薬品で、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているデザレックスは、インタスファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デズロリドの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジルテック(インシッドL)

    ジルテック(インシッドL)

    特徴 ジルテック(インシッドL)はバイエル社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ジルテックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 当サイトが取り扱っているジルテックは、バイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ジルテックの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1錠33円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・ジェネリック

    シングレア・ジェネリック

    特徴 シングレア・ジェネリックはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・ジェネリックは、喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・ジェネリックの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは4mg/5mg/10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロンクリーム

    プレドニゾロンクリーム

    特徴 プレドニゾロンクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚の炎症を抑えてくれるステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されています。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.5%が処方されています。 当サイトでも0.5%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,280円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリデルクリーム

    エリデルクリーム

    特徴 エリデルクリームはノバルティス社が開発した免疫抑制作用を持つアトピー性皮膚炎治療薬です。 当サイトが取り扱っているエリデルクリームは、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。 効果 エリデルクリームの主成分であるピメクロリムスは、免疫抑制剤という種類のアトピー性皮膚炎治療薬です。 エリデルクリームは非ステロイド性のため、ステロイド薬を使うことができない方の治療に適しており、子供にも使用することが可能です。 副作用 主な副作用には、灼熱感や一過性の局所刺激などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1%が購入可能です。
    製造:ノバルティス

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリチン・ジェネリック

    クラリチン・ジェネリック

    特徴 クラリチンジェネリックはFamaline社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クラリチンジェネリックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 効果 クラリチンジェネリックの主成分であるロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、眠気、腹痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:Famaline

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モメタゾン(フルメタ)

    モメタゾン(フルメタ)

    特徴 エロコンクリームはMSD社が開発した円形脱毛症やアレルギー性皮膚炎の治療薬です。 日本でも処方されているフルメタのジェネリック医薬品で、直接患部に塗布するステロイド外用薬です。 効果 エロコンクリームの主成分であるモメタゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アレルギー性アトピー治療に効果があります。 また、円形脱毛症の部分に塗布することで改善が期待できます。 副作用 主な副作用は、刺激感、紅斑、皮膚乾燥、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エバステル

    エバステル

    特徴 エバステルはアボット社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 エバステルは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白く丸い円型の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエバステルは、アボット社が製造・販売している正規品です。 効果 エバステルの主成分であるエバスチンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、眠気などの副作用も抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を1日以上効果が持続します。 副作用 主な副作用には、眠気、過敏症、動悸、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:アボット

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デルモベートクリーム

    デルモベートクリーム

    特徴 デルモベートクリームはGSKファーマ社が開発した、1979年に販売がスタートされた塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているデルモベートクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デルモベートクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患には湿疹やかぶれなど、様々な症状へ効果的です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • キュバール・ジェネリック

    キュバール・ジェネリック

    特徴 リノクレニルはChiesi社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているキュバールのジェネリック医薬品で、直接口に噴霧するタイプの外用薬です。 効果 リノクレニルの主成分であるベクロメタゾンプロピオン酸エステルは抗炎症作用があり喘息の予防と治療に働きます。 毎日の吸入を続けることで発作が生じにくくなる効果が期待できます。 副作用 主な副作用は、過敏症状、口渇、口内炎、悪心、気分不良、頭痛、紅斑などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:Chiesi

    もっと見る

    1本1,575円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルナーゼ点鼻薬

    フルナーゼ点鼻薬

    特徴 フルナーゼ点鼻薬はGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 フルナーゼ点鼻薬は、花粉症などのアレルギーを治療するための鼻噴霧用ステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているフルナーゼ点鼻薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、抗炎症作用、抗アレルギー作用を示し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状を改善します。 副作用 主な副作用には、鼻出血、鼻症状、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては50mcgが処方されています。 当サイトでも50mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本2,026円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレロック・ジェネリック

    アレロック・ジェネリック

    特徴 ウィノラップ5はサンファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎や皮膚疾患の治療薬です。 ウィノラップ5は、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 効果 ウィノラップ5の主成分であるオロパタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、発疹、眠気、腹痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネリゾナ軟膏

    ネリゾナ軟膏

    特徴 ネリゾナ軟膏はバイエル社が開発した、湿疹や皮膚炎に効果的なステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているネリゾナ軟膏は、バイエル社が製造・販売している正規品です。 効果 ネリゾナ軟膏の主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患には湿疹やかぶれなど、様々な症状へ効果的です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内において、0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1本2,266円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザジテン・ジェネリック

    ザジテン・ジェネリック

    特徴 アサフェンはトレントファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治療薬です。 アサフェンは、喘息をはじめ、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白く丸い円形の錠剤が特徴です。 効果 アサフェンの主成分であるケトチフェンフマルは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながら喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頻尿、発疹、眠気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠16円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サルブタモール・ジェネリック

    サルブタモール・ジェネリック

    特徴 アスタリンはシプラ社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているサルブタモールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 アスタリンの主成分であるサルブタモールは気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、過敏症状、循環器障害、頭痛、めまい、興奮、下肢疼痛、食欲不振、悪心、下痢、口渇、湿疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは4mg/8mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トップコート(フルメタ)

    トップコート(フルメタ)

    特徴 トップコートはシプラ社が開発した円形脱毛症やアレルギー性皮膚炎の治療薬です。 日本でも処方されているフルメタのジェネリック医薬品で、直接患部に塗布するステロイド外用薬です。 効果 トップコートの主成分であるモメタゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アレルギー性アトピー治療に効果があります。 また、円形脱毛症の部分に塗布することで改善が期待できます。 副作用 主な副作用は、刺激感、紅斑、皮膚乾燥、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,296円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セロフロ(アドエア)

    セロフロ(アドエア)

    特徴 セロフロはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。 アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。 こちらは吸入用の薬剤のみとなります。 効果 セロフロの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 持続時間は12時間です。 副作用 主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩100mcg/250mcg、2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1個1,350円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベタメタゾンクリーム

    ベタメタゾンクリーム

    特徴 ベタメタゾンクリームはGSKファーマ社が開発した手足や背中などの使用に適したステロイドの塗り薬です。 当サイトが取り扱っているベタメタゾンクリームは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベタメタゾンクリームの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されています。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/フラジオマイシン硫酸塩0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,273円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベトノベートGMスキンクリーム

    ベトノベートGMスキンクリーム

    特徴 ベトノベートGMスキンクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚症状の治療や細菌や真菌(カビ)が感染した部分にも使用できるステロイド外用薬です。 効果 ベトノベートGMスキンクリームは3つの成分を配合しており、炎症抑制作用と殺菌作用、抗真菌成分の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではベタメタゾン吉草酸エステル0.1%/ゲンタマイシン0.1%/ミコナゾール2.0%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,216円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレドニゾロン

    プレドニゾロン

    特徴 プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているプレドニゾロンは、Aspen社が製造・販売している正規品です。 効果 プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではプレドニゾロン1mg/5mg/25mgの3種類が購入可能です。
    製造:Aspen

    もっと見る

    1錠11円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ

    アレグラ

    特徴 アレグラはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、うすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているアレグラは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。 効果 アレグラの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては30mg/60mgが処方されています。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コスベートGクリーム

    コスベートGクリーム

    特徴 コスベートGクリームはAdcock Ingram社が開発したステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているコスベートGクリームは、Adcock Ingram社が製造・販売している正規品です。 効果 コスベートGクリームは2つの成分を配合しており、炎症抑制作用と免疫抑制作用、殺菌作用の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。 また、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などへの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 当サイトではクロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%/ゲンタマイシン0.1%が購入可能です。
    製造:Adcock Ingram

    もっと見る

    1本1,133円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハロベートクリーム

    ハロベートクリーム

    特徴 ハロベートクリームはグレーンマーク社が開発したアトピー性皮膚炎などの皮膚症状を治療するためのステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているハロベートクリームは、グレーンマーク社が製造・販売している正規品です。 効果 ハロベートクリームの主成分であるハロベタゾールは皮膚に生じた湿疹などの炎症症状をしっかりと抑え、悪化を予防する働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:グレーンマーク

    もっと見る

    1本1,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アリストコート(アフタシール)

    アリストコート(アフタシール)

    特徴 アリストコートはファイザー社が開発した皮膚炎や湿疹などを改善するステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているアリストコートは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 アリストコートの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されるほか、あまり強い薬ではないため、皮膚の薄い顔や陰部などへの使用も可能です。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1本1,520円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パルミコート吸入液(リノコート)

    パルミコート吸入液(リノコート)

    特徴 リノコート点鼻薬はアストラゼネカ社が販売している吸入ステロイド喘息治療剤です。 パルミコート吸入液のジェネリック医薬品で、鼻から直接吸入するタイプが特徴です。 効果 セロフロの主成分であるブデソニドは、強い抗炎症の効果を持ち、組織の反応を鈍化させることで、気管支喘息の治療に効果があります。 その他にも、喘息の予防効果、アレルギー症状の緩和、炎症部位の緩和などの効果があります。 副作用 主な副作用には口腔カンジダ症、感染症、発疹、悪心などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120回分が購入可能です。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トップグラフ軟膏(プロトピック)

    トップグラフ軟膏(プロトピック)

    特徴 トップグラフ軟膏はGSKファーマ社が開発した、ステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 かゆみを抑えるアトピー性皮膚炎治療薬であるプロトピック軟膏のジェネリック医薬品です。 効果 トップグラフ軟膏の主成分であるタクロリムスはステロイド薬が効かない、あるいは使えない方に用いられ、特に顔や首など皮膚が薄い部分への使用が可能です。 皮膚の状態を改善し症状の悪化を防ぐ働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、一過性の皮膚刺激感、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,906円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メプチン

    メプチン

    特徴 メプチンは大塚製薬が開発した気管支喘息の治療薬で、錠剤タイプが特徴です。 当サイトが取り扱っているメプチンは、大塚製薬が製造・販売している正規品です。 効果 メプチンの主成分であるプロカテロールは気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 副作用 主な副作用は、動悸、頻脈、ほてり、頭痛、消化器障害、発疹、そう痒症、肝臓機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては25mcg/50mcgが処方されています。 当サイトでは25mcgが購入可能です。
    製造:大塚製薬

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレオシン

    クレオシン

    特徴 クレオシンはバイアグラなどでも有名なPfizer社が開発した抗生物質で、ニキビ、ものもらい、気管支炎などに効果を発揮する抗生物質です。 ダラシンのジェネリック医薬品で、同じ成分を配合しています。 効果 クリンダマイシンは、リンコマイシン系の抗生物質で、感染症の原因となるブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌に抗菌作用を示します。 菌を死滅させるわけではなく、細菌の蛋白質合成を阻害することで増殖を抑えていく医薬品のため、一定期間服用し続ける必要があります。 副作用 主な副作用には、食道炎、下痢、耳鳴り、頭痛、めまい、カンジダ症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは150mgが購入可能です。
    製造:Pfizer

    もっと見る

    1錠65円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • デルモベートスカルプローション

    デルモベートスカルプローション

    特徴 デルモベートスカルプローションはGSKファーマ社が開発した皮膚の炎症を抑えてくれるほか、頭部への使用に特化したローションタイプのステロイド外用薬です。 当サイトが取り扱っているデルモベートスカルプローションは、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 デルモベートスカルプローションの主成分であるステロイド成分は抗炎症作用・免疫抑制作用があるため、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。 アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応による湿疹にも効くため、アレルギー治療薬として使用されるほか、頭皮のアトピー性皮膚炎や円形脱毛症などの治療にも使用できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、下垂体・副腎皮質系機能、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,906円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セレスタミン・ジェネリック

    セレスタミン・ジェネリック

    特徴 セレスタミンジェネリックはJean Marie社が開発した、抗ヒスタミン薬とステロイド薬の2つの成分を配合したアレルギー治療薬です。 効果 セレスタミンジェネリックの主成分であるd-クロルフェニラミンとベタメタゾンは、花粉症などのアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎を改善する働きが期待できます。 本来、花粉症の症状を抑える医薬品としては抗ヒスタミン薬、抗アレルギーが一般的に使用されますが、症状がが重い場合にこのセレスタミンジェネリックが使われます。 副作用 主な副作用には、発疹、眠気、口の乾き、腹痛、肝機能障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではd-クロルフェニラミン2mg/ベタメタゾン0.25mgが購入可能です。
    製造:Jean Marie

    もっと見る

    1錠11円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベントリン喘息薬

    ベントリン喘息薬

    特徴 ベントリン喘息薬はGSKファーマ社が開発した気管支拡張剤です。 吸入タイプが特徴です。 当サイトで取り扱っているベントリン喘息薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベントリン喘息薬の主成分であるサルブタモールは、発作時に吸入する事で平滑筋を緩め、気道を広げて呼吸を楽にする効果があります。 通常3時間です。 副作用 主な副作用には心悸亢進、気道刺激症状、悪心、脈拍増加、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは100mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1箱1,710円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン点鼻薬

    ナシビン点鼻薬

    特徴 ナシビン点鼻薬はMSD社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 ナシビン点鼻薬は、花粉症などの症状を改善するアレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン点鼻薬は、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン点鼻薬の主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.05%が処方されています。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本862円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エピナスチン点眼液

    エピナスチン点眼液

    特徴 エピナスチン点眼液はアラガン社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 アレルギー性結膜炎などの治療に用いられます。 効果 エピナスチン点眼液の主成分であるエピナスチン塩酸塩は、アレルギーを引き起こすヒスタミンなどの体内物資の活動を阻害することで花粉症や目の痒み、結膜充血などの症状を改善する効果があります。 副作用 頻度は不明ですが主な副作用には、眼瞼炎、眼痛、流涙、点状角膜炎、そう痒感などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:アラガン

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オトリビン点鼻薬

    オトリビン点鼻薬

    特徴 オトリビン点鼻薬はGSKファーマが開発したアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療薬で、直接鼻に噴霧するタイプの外用薬です。 当サイトが取り扱っているオトリビン点鼻薬は、GSKファーマが製造・販売している正規品です。 効果 オトリビン点鼻薬の主成分であるキシロメタゾリンは鼻の中の血管を収縮して、鼻詰まりを解消します。 優れた即効性と持続性があります。 副作用 主な副作用は、刺激感、めまい、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.1%が購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本973円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベロテック吸入器

    ベロテック吸入器

    特徴 ベロテック吸入器はベーリンガー社が販売している気管支喘息や慢性気管支炎の治療薬です。 アトロベントとベロテックを一緒に配合した治療薬で、鼻から直接吸入するタイプが特徴です。 効果 ベロテック吸入器の主成分であるイプラトロピウム臭化物水和物とフェノテロール臭化水素酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。 副作用 主な副作用には動悸、振戦、頭痛、嘔吐などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではイプラトロピウム臭化物水和物20mcg/フェノテロール臭化水素酸塩50mcgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1本2,430円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • IF2点眼液(パタノール)

    IF2点眼液(パタノール)

    特徴 IF2点眼液はシプラ社が販売している、抗アレルギー点眼薬です。 錠剤のアレロックと同一成分の点眼薬です。 効果 IF2点眼液の主成分であるオロパタジン塩酸塩は、体内物質をブロックし、働きを抑えることで症状を改善する効果があります。 副作用 主な副作用には、眼痛、角膜炎、眼刺激、頭痛などがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mlが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,620円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ムコダイン・ジェネリック

    ムコダイン・ジェネリック

    特徴 マーヒノールはBangkok Lab社が開発した気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているムコダインのジェネリック医薬品で、服用タイプが特徴です。 効果 マーヒノールの主成分であるカルボシステインは痰の排泄を促す去痰作用がある薬です。 また、副鼻腔炎、咽頭炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、肺結核の治療にも用いられます。 副作用 主な副作用は、食欲不振、下痢、腹痛、悪心、口渇、湿疹、紅斑などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは375mgが購入可能です。
    製造:Bangkok Lab

    もっと見る

    1錠18円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベコナーゼ点鼻薬(ステロイド)

    ベコナーゼ点鼻薬(ステロイド)

    特徴 ベコナーゼ点鼻薬はGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているベコナーゼ点鼻薬は、GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ベコナーゼ点鼻薬の主成分のベクロメタゾンは、花粉症やダニ・ホコリなどのハウスダストなどに生じる鼻水やくしゃみ、鼻詰まりなどが改善します。 症状が早いうちに対策することで、重い花粉症などの症状を軽減します。 副作用 主な副作用には、発疹、頭痛、鼻腔、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mcgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1本1,890円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ソミナー

    ソミナー

    特徴 ソミナーはCharoen Bhaesaj Lab社が開発した短時間型睡眠薬(抗ヒスタミン薬)です。 睡眠薬の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。 効果 ソミナーは、脳の覚醒を維持するヒスタミンの働きを抑えることで、睡眠へとスイッチが切り替わり自然な眠りへと導いてくれます。 同時に、花粉症などのアレルギー症状を抑えることができ鼻づまりで眠れないなどの不眠症にも効果的です。 効果の持続時間は6~12時間です。 副作用 主な副作用は、口渇、運動失調、排尿障害、眠気などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:Charoen Bhaesaj Lab

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジルテック

    ジルテック

    特徴 ジルテックはUCB FARCHIM SA. BULLE社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ジルテックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品となっており、低価格でお求めいただけます。 効果 ジルテックの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬となっており、改良が加えられ、従来のアレルギー治療薬の問題点であった眠気も抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:UCB FARCHIM SA. BULLE

    もっと見る

    1錠110円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メドロール(プレドニゾロン)

    メドロール(プレドニゾロン)

    特徴 メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているメドロールは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。 効果 メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。 副作用 主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。 成分量 日本国内においては2mg/4mgが処方されています。 当サイトではメドロール8mg/16mgの2種類が購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠122円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ドリエル・ジェネリック

    ドリエル・ジェネリック

    特徴 ドリエルジェネリックは、カークランド社が開発した睡眠導入剤(抗ヒスタミン剤)です。 睡眠導入剤の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。 世界的に有名なドリエルのジェネリック医薬品でピンク色で丸形の錠剤が特徴です。 効果 ドリエルジェネリックの主成分であるジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン作用により、アレルギー症状を抑えてくれます。 その際に眠気をもよおすため一時的な不眠症に効果があります。 効果の持続時間は7時間です。 副作用 主な副作用は、発疹、動悸、口渇、めまい、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現在未承認のため処方されていません。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:カークランド

    もっと見る

    1錠7円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザイザル・ジェネリック

    ザイザル・ジェネリック

    特徴 クレブロスはサンタファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クレブロスは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるザイザルのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 クレブロスの主成分であるレボセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:サンタファーマ

    もっと見る

    1錠76円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタスプレー

    メタスプレー

    特徴 メタスプレーはシプラ社が開発した、第2世代抗ヒスタミン薬よりも効果が強いためアレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているメタスプレーは、シプラ社が製造・販売している正規品です。 効果 メタスプレーの主成分のフランカルボン酸モメタゾンは、花粉症やダニ・ホコリなどのハウスダストなどに生じる鼻水やくしゃみ、鼻詰まりなどが改善します。 副作用 主な副作用には、発疹、鼻症状、頭痛、倦怠感などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.05%が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,142円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレンブテロール(スピロテロール)

    クレンブテロール(スピロテロール)

    特徴 スピロテロールはウエストコースト社が開発した気管支炎や気管支喘息の治療薬です。 日本でも処方されているスピロペントのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。 効果 スピロテロールの主成分であるクレンブテロール気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。 腹圧性尿失禁の治療にも用いられます。 また、筋肉の分解を抑える効果もあり、筋肉増強剤として服用する方もいます。 副作用 主な副作用は、発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮、不眠、めまい、眠気、血圧上昇、下痢などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは40mcgが購入可能です。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナシビン鼻炎スプレー

    ナシビン鼻炎スプレー

    特徴 ナシビン鼻炎スプレーはシェリング・プラウ社が開発した、アレルギー性鼻炎の点鼻薬です。 日本で販売されているナシビンMスプレー(佐藤製薬)と同成分の点鼻薬です。 当サイトが取り扱っているナシビン鼻炎スプレーは、シェリング・プラウ社が製造・販売している正規品です。 効果 ナシビン鼻炎スプレーの主成分のオキシメタゾリンは、風邪や花粉症などに生じる鼻詰まりなどが改善します。 血管収縮剤と呼ばれるタイプの医薬品で、鼻詰まりの原因となる充血で膨らんで血管を収縮して症状を解消します。 副作用 主な副作用には、頭痛、嘔吐、熱感、過敏症状などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでも0.05%が購入可能です。
    製造:シェリング・プラウ

    もっと見る

    1本1,780円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレルギープラス

    アレルギープラス

    特徴 アレルギープラスは肌に直接貼るタイプのアレルゲンに有効なサプリメント商品です。 アレルギーに関与する物質の制御や制御のサポートを行う効果に期待できます。 効果 アレルギープラスにはオフラボノイドや酸化ケア物質などが配合されており、アレルゲンの抑制効果に期待できます。 季節の変わり目など、アレルゲンに負けない身体的なサポート効果があります。 副作用 特にありません。
    製造:PatchMD

    もっと見る

    1包105円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリチン

    クラリチン

    特徴 クラリチンはシェリング・プラウ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 クラリチンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。 当サイトが取り扱っているクラリチンは、シェリング・プラウ社が製造・販売している正規品です。 効果 クラリチンの主成分であるロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、眠気、腹痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シェリング・プラウ

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セトシップ(ジルテック)

    セトシップ(ジルテック)

    特徴 セトシップはシプラ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 セトシップは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 セトシップの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プリム

    プリム

    プリムとは、ヒマラヤ社が開発した抗菌サプリでニキビ治療に利用されています。 天然成分配合のため、副作用もなく安心してご使用頂けます。 ニキビ治療だけでなく、抗菌・アレルギー・皮膚炎を治療にも有効です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ニーム

    ニーム

    ニームは、ヒマラヤ社が開発した肌の調子を整えるサプリです。 天然成分配合のため、副作用もなく安心してご使用頂けます。 体内から身体をクレンジングして皮膚の健康をサポートします。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソール(ヒマラヤ)

    ブレソールはインドの伝統医療であるアーユルヴェーダ(Ayurveda)に基づいて調合された、天然成分を原料にしたサプリメントです。 独自に配合された天然の成分が呼吸器の症状を緩和します。 特にアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみといった症状に有効です。 ブレソールにはウコンやトゥルシ、ヴァサカなど、アーユルヴェーダにおける重要なハーブが独自のブレンドで配合されています。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリアスシロップ(デザレックス)

    エリアスシロップ(デザレックス)

    特徴 エリアスシロップはMSD社が開発したアレルギー症状を抑えるシロップタイプのアレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているエリアスシロップは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 エリアスシロップの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、傾眠、頭痛、発疹などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは0.5mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1本1,782円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカ(ヒマラヤ)

    ヴァサカは、アレルギー性鼻炎や呼吸器疾患の症状を緩和させる天然成分のサプリメントです。鼻水、鼻づまり、目や鼻の痒みといったアレルギーや花粉症の症状に効果的です。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア

    シングレア

    特徴 シングレアはMSD社が開発した、アレルギー治療薬です。 当サイトが取り扱っているシングレアは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 シングレアの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては5mg/10mgが処方されています。 当サイトでも5mg/10mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠112円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アレグラ・ジェネリック

    アレグラ・ジェネリック

    特徴 アレグラジェネリックはドクターレディー社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 アレグラジェネリックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アレグラジェネリックの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。 ※ご注文時期により、同成分、同錠数の別メーカー「Zentiva Made in France」の商品が発送となる場合がございます。
    製造:ドクターレディー

    もっと見る

    1錠62円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヒトリジン(ジルテック)

    ヒトリジン(ジルテック)

    特徴 ヒトリジンはDeva Holding社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ヒトリジンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 ヒトリジンの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:Deva Holding

    もっと見る

    1錠57円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エリアス(デザレックス)

    エリアス(デザレックス)

    特徴 エリアスはMSD社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 エリアスは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で青色の丸い円形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているエリアスは、MSD社が製造・販売している正規品です。 効果 エリアスの主成分であるデスロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠90円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テルファスト(アレグラ)

    テルファスト(アレグラ)

    特徴 テルファストはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 テルファストは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 テルファストの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは60mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠108円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シングレア・チュアブル

    シングレア・チュアブル

    特徴 シングレア・チュアブルはシプラ社が開発した、アレルギー治療薬です。 シングレア・チュアブルは、アメのように噛み砕いて服用できる喘息やアレルギー性鼻炎に適応を持つアレルギー治療薬のシングレアのジェネリック医薬品です。 効果 シングレア・チュアブルの主成分であるモンテルカストナトリウムはアレルギー反応を起こす物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで咳や喘鳴、息苦しさや、アレルギー性鼻炎に伴う症状を改善します。 副作用 主な副作用には、皮疹、頭痛、口の渇きなどがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザイザル

    ザイザル

    特徴 ザイザルはUCB Pharma社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 ザイザルは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、白い楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているザイザルは、UCB Pharma社が製造・販売している正規品です。 効果 ザイザルの主成分であるレボセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては5mgが処方されています。 当サイトでも5mgが購入可能です。
    製造:UCB Pharma

    もっと見る

    1錠48円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ジルテック・ジェネリック

    ジルテック・ジェネリック

    特徴 セトジンはGSKファーマ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。 セトジンは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。 効果 セトジンの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。 副作用 主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠39円~
    売切れ
    詳細を見る
  • オイラックスHクリーム

    オイラックスHクリーム

    現在欠品中です。 類似商品をご利用ください。ベトネベートNクリーム:ベトネベートNクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚症状と感染症をまとめて治療することができるステロイド外用薬です。 ・プレドニゾロンクリーム:プレドニゾロンクリームはGSKファーマ社が開発した皮膚の炎症を抑えてくれるステロイド外用薬です。 特徴 オイラックスHクリームはHOEファーマ社が開発した、ステロイド作用と抗炎症作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っているオイラックスHクリームは、HOEファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 オイラックスHクリームの主成分であるヒドロコルチゾンは、副作用のリスクが低いものの、通常のかゆみ止めでは抑えられない、アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるアトピー治療薬です。 また、蕁麻疹や虫さされなどの皮膚のかゆみや炎症を抑える効果も期待できます。 副作用 主な副作用には皮膚症状、皮膚の感染症、過敏症などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 個人輸入を行っている当サイトでは1.0%が購入可能です。
    製造:HOEファーマ

    もっと見る

    1本1,710円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アタラックス

    アタラックス

    ※発送一時停止 特徴 アタラックスはGSKファーマ社が開発した抗アレルギー性の抗不安薬で、白色の楕円形の錠剤が特徴です。 効果 アタラックスは、抗アレルギー作用と鎮静、催眠作用など複数の作用を持っている薬です。 抗アレルギー作用としては、蕁麻疹や皮膚に起こる痒み(発疹や皮膚炎)などを抑えるために用いられ、鎮静、催眠作用は不安や心配事など、心の不具合によって起こる不眠症などの精神的な症状にも使用されます。 副作用 主な副作用は、眠気、身体のだるさ、めまいなどがあげられます。 成分量 日本国内においては10mg/25mgが処方されています。 当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠58円~
    売切れ
    詳細を見る
  • プロトピック軟膏

    プロトピック軟膏

    特徴 プロトピック軟膏はアステラス社が開発した、ステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。 当サイトが取り扱っている、かゆみを抑えるアトピー性皮膚炎治療薬であるプロトピック軟膏は、アステラス社が製造・販売している正規品です。 効果 プロトピック軟膏の主成分であるタクロリムスはステロイド薬が効かない、あるいは使えない方に用いられ、特に顔や首など皮膚が薄い部分への使用が可能です。 皮膚の状態を改善し症状の悪化を防ぐ働きが期待できます。 副作用 主な副作用には、一過性の皮膚刺激感、皮膚の感染症などがあげられます。 成分量 日本国内においては0.1%が処方されています。 当サイトでも0.1%が購入可能です。
    製造:アステラス製薬

    もっと見る

    1本3,040円~
    売切れ
    詳細を見る
  • コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    コールド&サイナスリリーフ点鼻薬

    ストップ&プロテクト社のコールド&サイナスリリーフ点鼻薬は副鼻腔炎(蓄膿症)や、風邪などによる鼻づまりの症状を改善することが出来ます。100%天然の海水をベースにした高張液は、自然浸透効果によって、鼻腔に溜まって鼻づまりを起こしている鼻水を除去します。 さらにユーカリのエッセンシャルオイルなど、自然からインスパイアを受けた独自の処方は特許を取得済みで、鼻腔粘膜内に水分を補給し健康な状態を保つと同時に、粘膜を保護する膜を作り出し、風邪などの原因菌に対する鼻のバリア機能を強化します。
    製造:Sofibel

    もっと見る

    1本2,266円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アレルギーレスポンス点鼻薬

    アレルギーレスポンス点鼻薬

    ストップ&プロテクトアレルギーレスポンス点鼻薬は、マンガンやカルシウムなど複数のミネラルを含んでいる天然の海水をベースにヒアルロン酸、ユーカリのエッセンシャルオイルなどの天然由来の成分を配合した新しいタイプの点鼻薬です。 アレルギーの原因物質を不活性化させると同時に粘膜を保護することで、鼻づまりなどの不快感を改善することが出来ます。
    製造:Sofibel

    もっと見る

    1本2,266円~
    売切れ
    詳細を見る
  • スピリーバ吸入器セット

    スピリーバ吸入器セット

    特徴 スピリーバ吸入器セットはベーリンガー社が販売している気管支拡張剤です。 吸入用カプセルがあり、吸入するタイプが特徴です。 当サイトで取り扱っているスピリーバ吸入器セットは、ベーリンガー社が製造・販売している正規品です。 効果 スピリーバの主成分であるチオトロピウム臭化物水和物は、気管支の収縮に関与する神経伝達物質の受容体に働くことで、気道を広げ呼吸を楽にする効果があります。慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の治療に用いられています。 持続時間は24時間です。 副作用 主な副作用には発疹、浮腫性めまい、口渇、便秘、消化不良などがあげられています。 成分量 日本国内においては18mcgが処方されています。 当サイトでも18mcgが購入可能です。
    製造:ベーリンガー

    もっと見る

    1set15,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コルドリン

    コルドリン

    特徴 コルドリンは日本新薬が開発した急性気管支炎や急性上気道炎から起こる咳の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているコルドリンは、日本新薬が製造・販売している正規品です。 効果 コルドリンの主成分であるクロフェダノールは気管支を広げ呼吸を楽にする効果と咳を抑える効果があります。 また、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状も緩和します。 副作用 主な副作用は、食欲不振、胃痛、下痢、口渇、発疹、頭痛、めまい、そう痒症などがあげられます。 成分量 日本国内においては12.5mgが処方されています。 当サイトでも12.5mgが購入可能です。
    製造:日本新薬

    もっと見る

    1錠90円~
    売切れ
    詳細を見る
  • シムビコート・ジェネリック

    シムビコート・ジェネリック

    特徴 フォーモニドはジャーマンレメディ社が販売している吸入ステロイド喘息治療剤、COPD治療配合剤です。 シムビコートのジェネリック医薬品で、吸入するタイプが特徴です。 効果 フォーモニドの主成分であるホルモテロールフマル酸塩水和物とブデソニドは、強い抗炎症の効果を持ち、組織の反応を鈍化させることで、気管支喘息の治療に効果があります。 その他にも、喘息の予防効果、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の症状などに効果があります。 副作用 主な副作用には嗄声、発疹、口腔カンジダ症、悪心、頭痛などがあげられています。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトではホルモテロールフマル酸塩水和物0.6mg/ブデソニド20mg・40mgの2種類が購入可能です。
    製造:ジャーマンレメディ

    もっと見る

    1回分48円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギーとは

アレルギーとは身体に備わる免疫反応がある特定の異物に対して過剰に反応することを指します。

もともと免疫反応自体は正常な生理機能で、異物(抗原)やウイルスの侵入を防ぐ、もしくは体の外に排除するために存在しています。せきやくしゃみなどはその代表例です。

しかし、アレルギー反応はそういったウイルスなどとは違う無害な異物に対して必要以上にその免疫機能が反応してしまうことによって起こる症状です。
体を守るはずの免疫機能がかえって心身の不調をもたらす有害な存在になる場合がります。

アレルギー体質の方は、比較的身体に無害とされている「花粉」や「ダニ」をはじめ、特定の食べ物などに対しても免疫系が過剰に反応・分泌してしまい、目のかゆみ、くしゃみ、発疹などの不快症状が生じます。

アレルギー性疾患が先進国に多い理由

日本アレルギー協会の調べによると、日本では半数近くが何らかのアレルギー性疾患を抱えていると発表しています。

スギ花粉症患数も年々、増加の傾向を見られています。
これは、地球温暖化によるスギ花粉の飛散量が増加していることが1つの原因といわれており、年々その数は増加しています。
幼少期はスギ花粉症でなかったものの、大人になってから発症したというケースも多く、日本人では一番馴染みがあるアレルギー症症状です。

しかし、この現象は日本だけに限ったものではなく、欧米でも花粉症に悩まされている人は多くおり、時期のズレや個人差はあるものの、日本人とほぼ同じ症状を抱えて苦しんでいるといわれています。

先進国では、アレルギー性疾患を抱える人が発展途上国よりも多いことが判明しています。
エアコンやカーペット、密閉された空間など、様々な化学物質を有する加工品といった類のものは、私たちの暮らしの快適にするために作られました。

しかし、皮肉なことにウイルスやダニといった病原菌やアレルゲンにとっても繁殖しやすい環境となってしまっています。

また、衛生が行き届きすぎたことによる子供の免疫力低下や、先進国特有の継続的ストレスからくる自律神経の乱れもアレルギーを発症しやすくする要因として認識されています。

アレルギーの種類はⅠ型~Ⅴ型の5種類存在する

一言でアレルギーと言ってもその種類は非常に多種多様であり、症状を概してひとくくりに説明することは困難です。

そこでわかりやすくするために、アレルギー反応はその発生機序によりⅠ型からⅤ型まで大まかな分類がなされています。

ここでは主に大多数を占めるⅠ型アレルギーの原因や対策について解説していきます。

Ⅰ型アレルギー(即時型)

体内に異物が侵入すると「ヘルパーT細胞(Th2)」が免疫応答に関するリンパ球・「B細胞」に抗体を産生するためのシグナルを与えます。

B細胞はIgE(免疫グロブリン)産生細胞へと分化され、産生されたIgE抗体が肥満細胞や好塩基球と結びつき、そこでアレルゲンに反応するとヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質を放出します。

これがⅠ型アレルギーの発症経緯です。
このⅠ型は症状が出てから短時間で引くものが多いため、即時型アレルギーとも呼ばれています。

Ⅰ型アレルギーの主な症状は以下の5つです。
  • アレルギー性鼻炎

    鼻に起こるアレルギーです。ヒスタミンやロイコトリエンが鼻の近くを通る 神経や粘膜血管を刺激してくしゃみや鼻詰まりなどの症状を引き起こします。
    アレルギー性鼻炎は通年性アレルギーと季節性アレルギーに分類され、前者はハウスダスト、ダニ、またペットの毛などが原因で年中悩まされる症状であり、花粉症でみられる鼻水やくしゃみといった症状は後者に当たります。

    アレルギー性鼻炎とは
  • アレルギー性結膜炎

    まぶたの裏側と眼球の白目の部分の粘膜である「結膜」に炎症が起こります。通年性と季節性があります。
    鼻炎と同じく、大量に放出されたヒスタミンが目の近くを通る知覚神経や毛細血管を刺激し、激しいかゆみや赤い腫れなどの炎症を引き起こします。
    通年性ではチリ、ホコリ、フケなどといったハウスダストやダニなどで炎症を起こし、季節性では主に花粉に反応します。
    子供の内に重症タイプのアレルギー性結膜炎を発症することがあり、これは「春季カタル」と呼ばれています。
    ただ発症したとしても多くの場合、この症状は思春期頃には治まるといわれています。

    アレルギー性結膜炎とは
  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎は皮膚に出るアレルギー反応であり、「肌の乾燥」や「かゆみを伴う赤い湿疹」が頭部をはじめ、首、わき、また手足の関節部位に発症します。
    数あるアレルギーの中でも特に慢性化しやすいアレルギーといわれており、その症状は「掻くことで浸出液(リンパ液)がでる」、「皮がむける」、「肌が硬くなり、イボ状の大きめの発疹ができる」と人によって様々です。
    痒いからと言って強く掻きむしることでさらに炎症が悪化するのも特徴的です。
    体質的な要因が深く関係しているため、乾燥肌などの改善をしても根本的解決には至らず長期にわたって不快な症状に苦しむことも少なくありません。
    アトピーの原因はいまだはっきりと解明してはいませんが、バリア機能が低下して乾燥した皮膚にアレルゲンが侵入することで起こるものではないかというのが通説です。

    アレルギー性皮膚炎とは
  • 気管支喘息

    気道が狭くなり、空気が通りにくくなる呼吸器症状で、発作時に呼吸困難、咳、喘鳴などがみられます。
    食品添加物、ホコリやチリといった、自動車の排気ガスや工場からでる廃棄処理の煙、タバコの副流煙などの環境刺激因子がアレルゲンとして挙げられています。
    発作症状によっては著しい体力消耗を伴い、最悪の場合、激しい過呼吸や酸欠で死に至ることもあるといわれています。
    現代は大人も子供も気管支喘息が増えているといいます。
    昔と比べて継続的なストレスが増えたこと、自動車や工場の大気汚染、そして環境の変化によるアレルゲンの増加が増加の要因として考えられています。
  • 蕁麻疹

    アレルギー性蕁麻疹として疾患のひとつに分類されます。
    何らかの刺激でIgE抗体と肥満細胞が結合し、ヒスタミンが過剰分泌され、血管が一時的に拡張することによって皮膚が盛り上がり起こる症状です。
    患部は赤く腫れ上がり、通常強いかゆみを伴います。
    形紅斑がまばらに出るようなこともあれば、皮膚全体が大きく盛り上がるだけの膨疹になることもあり、その規模や出方は一定していません。
    多くの場合、数分、長くても20分ほどで何事もなかったかのようにキレイに引いていきます。
    アレルギー性蕁麻疹を発症される方は、急な温度差や皮膚の圧迫などで皮膚が強く刺激されることが要因とされています。
    もちろんそれだけではなく、特定の植物に触れたとかアレルゲンを多く含む食べ物を食べてしまったなど、考えられる要因は多岐にわたります。

Ⅱ型アレルギー(細胞障害型)

何らかの原因で細胞表面(赤血球、血小板、甲状腺など)が抗原として認識されてしまい、IgG/IgM抗体が産生され、その細胞膜上に結合したことにより細胞自体が攻撃されてしまうアレルギーです。

Ⅱ型アレルギーの主な症状は以下の通りです。
  • 自己免疫性溶血性貧血(AIHA)
  • 橋本病
  • 重症筋無力症
  • グッドパスチャー症候群
  • B型肝炎/C型肝炎

Ⅲ型アレルギー(アルサス型もしくは免疫複合型)

Ⅲ型アレルギーの主な症状は以下の通りです。
  • 血清病
  • 悪性関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 過敏性肺臓炎

Ⅳ型アレルギー(遅延型)…細胞性免疫が関与している

Ⅳ型アレルギーの主な症状は以下の通りです。
  • ツベルクリン反応
  • 金属アレルギー
  • ウルシかぶれ
  • ギランバレー症候群

Ⅴ型アレルギー

Ⅴ型アレルギーの主な症状は以下の通りです。
  • バセドウ病

アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)

Ⅰ型アレルギー(鼻炎、結膜炎、気管支炎)のアレルゲンと聞いて真っ先に思いつくのはハウスダストやダニ、また花粉ではないかと思います。

実際、屋内で発症するアレルギーには必ずと言っていいほどこれらが関わっているといわれています。

こうしたアレルギー症状を避けるために毎日必死でお掃除を行う方もいらっしゃいますが、実は原因はそれだけではないことをご存知ですか?

どのアレルゲンがどのように体内で作用し、アレルギーを発症させるのか─あの辛い症状に適切に対処するためにメカニズムをしっかりと理解しておく必要があります。

ハウスダストやダニ

アレルギーと言えばまずこれらが1番に挙がるでしょう。
実際ほとんどのアレルギー症状の要因となっています。

部屋の隅々まで掃除したつもりでも、目に見えないダニの死骸やフン、また小さなホコリや細菌は部屋に残ります。

よくあるのは繊維汚れや食べカスですで、ペットを飼っている方はその毛がアレルゲンとなっていることもあります。

こうしたアレルゲンたちは非常に小さく軽いため、何かの拍子で簡単にフワっと空気中に舞い上がります。
この空気中に舞い上がったアレルゲンを高確率でそれらを体内に吸いこんでしまうことが原因となり、喘息やアレルギー性鼻炎といった症状を引き起こす場合がります。

お子様や高齢者がいる家庭では、掃除を定期的に行うや、マスクをするといった予防をすると良いでしょう。

花粉

2018年3月のスギ花粉の飛散量も例年より多いといわれていましたが、年々増加しているため、今後もこの花粉症で悩まされる方が増える可能性が非常に高いとされています。

花粉もハウスダストやダニとは異なり、花粉は微小で非常に軽い物質であることに加えて、花粉飛散量が多い日では屋外に限らず屋内でも空気中の花粉を吸ってしまうケースがあります。

花粉症(鼻炎、結膜炎、また喘息)が引き起こされるメカニズムとしては花粉が目や鼻に付着することによりマスト細胞が大量のヒスタミンを放出することが原因です。

もちろん花粉は皮膚にも影響することがありますから乾燥肌やアトピー性皮膚炎を患っている方は要注意となります。

マスクだけでも花粉やホコリの7~8割は防げると言われていますし、最近では予防用のマスクも高性能のものが販売されていますので是非有効活用したいところです。

食生活や生活習慣

「ハウスダストやダニ」と「花粉」以外でも、普段から口にする食べ物などが原因となりアレルギー性疾患を悪化させる場合があります。
乱れた食生活や生活習慣が、生活習慣病を引きおこる原因であるといわれますが、これはアレルギー症状にも同じことが言えます。

逆に言えば、アレルギー症状が酷い方でも生活を見直すことによってある程度の改善が見込めるということです。

ヒスタミンを多く含む食材を控えよう

アレルギーの原因は免疫機能であるヒスタミンの過剰放出です。
ヒスタミンの多量接種はそれ自体がアレルギーを悪化させる原因となりかねないので避けた方が良いでしょう。

ヒスタミンを多く含有する食材は以下の4つが主なものです。
  • チョコレート
  • コーヒー
  • パルメザンチーズ
  • カツオ、マグロ、サバなどの赤身魚

ほかにも野菜や果物、ヨーグルトなども一部該当します。
最近アレルギー症状が悪化したという方はもしかしたら上記の食事を習慣的に摂っていた可能性があります。

もちろん食事を変えただけで根本的な解決はできませんが、幾分症状は和らぐことでしょう。

生活習慣の改善

アレルギー症状の悪化は生活習慣を多少見直すだけでも効果があります。
以下にご紹介する項目を日ごろから意識的に行いましょう。
  • ストレスをため込まない

    よくストレスをため込んでしまうとアレルギー性鼻炎がよりひどくなったというような話を聞きます。これは継続的にストレスが生じることによって細胞性免疫Th1の性能が低下し、結果としてTh2・アレルギー反応が敏感になってしまうというものです。 寝食は正しいリズムを持って行うのが基地です。
  • 大気汚染が激しい地域ではマスクをする

    大気中に含まれる成分としては浮遊粒子状物質、二酸化窒素、ディーゼル粒子、オゾン、また黄砂など。最近では大陸からの汚染物質PM2.5も指摘されています。 こうした物質は言わずもがな鼻炎や喘息のリスクファクターですので、できる限り取り入れない工夫をした方が良さそうです。
    たとえば近所が工場地帯だったり産廃処理場だったりした場合には出歩くときにはできるだけ予防として3次元の高密着マスクなどを着用した方いいでしょう。こうしたマスクは肌の乾燥も防ぐことができます。
  • 喫煙

    タバコに含まれる有害物質は粘膜の損傷を生じさせます。これによりアレルギー性鼻炎症状がさらにひどくなったり長期的に症状が持続してしまう要因になります。 またタバコを吸引している本人のみではなく、受動喫煙によって周囲の人々の鼻炎症状まで悪化させることにもなります。

ポイント

体質にはエンドトキシンが関係している

環境が衛生的すぎるとかえって免疫が弱くなり、アレルギーになりやすくなるという話を聞いたことはありませんか?

環境によってアレルギー体質になるかどうかといった問題は、実は衛生的か不衛生的かという問題ではなく、エンドトキシンという物質が関係しています。

この物質は細胞性免疫を強める作用を持っており、これが体内に侵入すると鼻炎や喘息などの症状にかかりにくくなるといわれており、エンドトキシンに幼いころから接触しているか否かによって、アレルギー体質になりにくいかが決まるといわれています。

しかし、エンドトキシンは多すぎてもいけないが、少なすぎてもアレルギーが増えるため、普段の生活では抗菌などの素材を過度に使用し過ぎないほうが良いかもしれません。

アレルギー治療薬の有効成分

アレルギー治療薬は大きく次の3種類に分類されます。
  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド薬
  • その他(点眼・点鼻薬)

抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)

アレルギーの直接的な原因であるヒスタミンを抑制する薬品です。
アレルギー体質の方はIgE抗体を大量に放出させており、アレルゲンと結合しますがこれにマスト細胞が反応してヒスタミンを放出します。

ヒスタミンはヒスタミンH1受容体というものに作用しアレルギー症状を引き起こします。

このヒスタミンを抑えることで鼻水やくしゃみのほか、蕁麻疹や湿疹などの肌の炎症を防ぐ効果を持ちます。

抗ヒスタミン薬は第1世代と第2世代の2種類がありますが、現代では眠気などの副作用が多い第1世代ではなく、第2世代の処方が主流となっています。

第2世代は眠気などの副作用が緩和され、即効性も第1世代と比べて強く、モノによっては抗コリン作用(口の渇き、胃部不快感、悪心、排尿障害など)が少なく服用しやすくなっています。

他にも咳の発作や気管支の狭窄などの喘息タイプのアレルギーを抑える「抗ロイコトリエン剤」やアレルギーの因子であるトロンボキサンを阻害する「抗トロンボキサン薬」があります。

抗ヒスタミン薬は種類が大変多いため、それぞれの症状に応じて適した種類・剤型の薬を選択することが大切です。

第1世代抗ヒスタミン剤


第2世代抗ヒスタミン剤

  • 名称
  • クラリチン(ロラタジン)
  • 効果
  • 花粉症、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹抑制と幅広い効果
  • 価格
  • 1,800円(20錠)/ジェネリック医薬品:2,850円(100錠)

抗ロイコトリエン剤


ステロイド薬

ステロイド剤には多数の種類が存在していますが、最も代表的なものとして経口剤、注射剤、外用剤があります。

アレルギー治療薬としてよく用いられるのは経口剤か外用剤が多く、薬効成分は「グルココルチコイド」が使われています。

作用が強烈であると評判のステロイドですが、実はステロイドはその強さによってランク付けがされており、「strongest(最も強い)」、「very strong(かなり強い)」、「strong(強い)」、「medium(普通)」、「weak(弱い)」の5群に分類され、症状によって使い分けられています。

湿疹・皮膚炎の症状で最もよく使われ、Ⅰ型アレルギー性のアレルギー症状である蕁麻疹やアトピー性皮膚炎にも有効です。

ただし、慢性的な蕁麻疹やアトピー性皮膚炎は皮膚の弱い部位に発症することが多いためステロイド薬はベリーストロング(かなり強い)以下の薬にとの規定が「アトピー性皮膚炎ガイドライン」にも記されています。

ステロイド薬は強い作用を持つので、無用なトラブルを避けるためにも医師の指示に従い、用法用量を守って正しく使用する必要があります。

塗り薬(軟膏)


飲み薬


その他の医薬品

鼻や目に直接投与する、点眼液や点鼻薬といった形状タイプもあります。

点鼻薬


点眼液

アレルギー治療薬の副作用

抗ヒスタミン剤にしろステロイドにしろ、アレルギー症状によっては長期投与になってしまい、副作用を招いてしまうケースも考えられます。

長期的に使用する方はもちろん、一時的な症状の方も身体に異変を感じたら必ず医療機関に相談してください。

抗ヒスタミン薬

既に説明のある通り、抗ヒスタミン薬は第1世代と第2世代に分類されています。
第1世代(アタラックス)は服用すると視床下部に作用して眠気を起こすことで知られています。

別の副作用としては認知機能も低下させる可能性があり、一部では危険視されていました。

第2世代は全体的に副作用が表れにくくなっていますが、一部では眠気が出てきたり、口の渇きや悪心などの消化器症状が発症するケースもあります。

しかし、少なくとも第1世代よりもその頻度は低めだといえます。
  • 第1世代
  • 眠気、認知機能の低下
  • 第2世代
  • 眠気、消化器系症状、痙攣(稀)

ステロイド薬

ステロイドは非常に強い抗アレルゲン作用がありますが、その分副作用の懸念も大きい薬品です。

短期間の使用ならそれほど出にくいですが、長期的に使用していると何らかの異変が皮膚に生じる「ステロイド皮膚症」の可能性もでてきます。

軽度の症状であれば服用を中止すれば治まることが多いのですが、重い症状の場合、その特異性から医療機関での受診が必要になるでしょう。

重症とならないよう経口薬も軟膏も途中で使用を中止せず、最後まで使い切ることが推奨されています。

塗り薬

  • 軽度のもの
  • 皮膚の感染症、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状
  • 重篤なもの
  • ステロイド皮膚症(途中で服用を中止すると起こりやすい、いわゆるリバウンド症状で以前よりも強烈な症状がぶり返す)

飲み薬

  • 軽度のもの
  • 過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系異常
  • 重篤なもの
  • 易感染症、ムーンフェイス、緑内障、白内障、腎臓不全


その他のアレルギー薬

  • 点鼻薬
  • 刺激感、めまい、過敏症状など
  • 点眼液
  • 目の違和感、眼痛、角膜炎、充血、結膜出血など

食べ物アレルギー

Ⅰ型アレルギーには、外部からの異物に対してIgE抗体が作用してアレルギー反応を起こすものの他に特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こすという「食べ物アレルギー」もあります。

ほとんどは食べ物に含まれるたんぱく質に体の免疫が反応してアレルギー症状を引き起こすものです。

尚、この食べ物アレルギーは直接口に入れた場合だけではなく、注射器などで成分を体に注入した場合も同じ症状がでます。

よく報告される症状としては「小麦アレルギー」、「鶏卵アレルギー」、「牛乳アレルギー」、そして「甲殻類アレルギー」があります。

鶏卵や牛乳は幼児期に多く、小麦と甲殻類は成長期もしくは成人以降に発症しやすいとされます。

食べ物アレルギーで出る症状

食べ物アレルギーで生じるものは以下の5つです。
  • 皮膚の症状(かゆみ、蕁麻疹)
  • 粘膜の症状(目の充血、くしゃみ、鼻水)
  • 呼吸器の症状(咳、喘鳴)
  • 消火器の症状(腹痛、吐き気)
  • 全身の症状(アナフィラキシーショック)

この中でも最も多い症状は皮膚の症状で、およそ全体の9割を占めます。
また、最も重い症状は意識が朦朧としたりぐったりしてしまうアナフィラキシーショックです。

このような症状が表れた場合は一刻も早く医療処置をとる必要があります。

アレルギーについてのまとめ

  • アレルギー反応は、基本的に無害とされているホコリや花粉などに過剰に免疫機能が反応することで表れる症状である
  • アレルギーのタイプは全部で5タイプありⅠ~Ⅴまで存在する 一般的なアレルギー症状はⅠ型である
  • アレルゲンはハウスダスト、ダニ、また花粉が主であるが、住環境、食生活や生活習慣も関係していた
  • アレルギー治療薬の有効成分は「抗ヒスタミン薬」「ステロイド薬」「その他の薬品」の3種類
  • アレルギー治療薬は種類が相当数あるので、症状に応じた薬を適切に処方してもらう必要がある
  • 3種類とも副作用を伴う可能性があるので事前に医師との相談が必要

口コミ・レビュー

  • まきさん (35歳)
    血管運動性鼻炎で鼻詰まりがひどくくしゃみも毎日ひどかったのですがこちらが良いと聞き買いました。すぐに私は効果が出ました。常備しておきたい品です!
  • まことさん (45歳)
    この薬の鎮静効果が1番自分に合ってると思います。
  • レモンさん (33歳)
    ドリエルは色味的にもろにドラッグのようなイメージがあるものの、中毒性があるのか(※実際はないですよ。)ここ3ヶ月間手放せない。
  • マサさん (50歳)
    簡単な20回単位のインディケーターが付いてます。残量が分かり便利です。
  • 洋梨さん (20歳)
    パチンコが好きでよくパチ屋に行くんだけど、やっぱ煙たくてたまに発作が出ちゃうんだよね。 いつもカバンの中には常備するようにしてる。
  • レッドさん (24歳)
    子供の時よりは良くなったんですが、最近でもたまに発作があるので毎回ここで買っています。
  • りょうさん (28歳)
    喘息の僕にはこれがないと辛いです。基本的にいつも持ち歩いていて、発作が怒ってから使用して、落ち着いてくれるので、いつも助かってます。1本で結構使えるから心配もないし、使い方も複雑じゃないので、喘息が改善されるまでは使ってきます。
  • なおさん (29歳)
    喘息持ちですが病院に行く時間が取れないのでここで薬を買っています。病院で使っていた薬と同じような効きめなので助かっています。体調が良くてもないと不安になるので切らさないようにしてます。通販で買えるのはとても便利です。
  • パンダさん (31歳)
    喘息持ちです。いつ症状が出るかわからない中でこれを常に持ち歩くようにしました!症状出てから使ってもすぐに落ち着くし、何より咳が落ち着いてくれるのが助かります。今後も常備しておきます。
  • ドナルドタックルさん (40歳)
    早くぜんそくのない生活を送れるように…日々こちらのサルタノールを使用させて頂いております。本当にリーズナブルで助かっています。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ