配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

薬事法と輸入が禁止されている薬物とは

薬事法 日本には薬事法という法律があります。
これは、医療品や医薬部外品、化粧品、医療用具などに、有効性と安全性を確保することを目的として制定されたものです。
つまり、健康に害を及ぼしたり、危険性が高いものには当然規制や禁止されたりするわけで、今回は輸入が禁止されている薬物を見ていきたいと思います。
まず覚せい剤はだめです。
これはそもそも覚せい剤取締法そのものに触れるわけで、具体的にはメタンフェタミンや、アンフェタミンがそれに該当します。
エフェドリンはある程度までならOKですが、一定濃度を超えてしまうと、覚せい剤の原料になりますからこれも輸入で禁止されています。
また、しめ縄や神事・医療用で使われる大麻ですが、これもだめで、大麻草、大麻樹脂の輸入は禁止されています。
つまり、医療用大麻はあくまで国内で作って数を管理するという理由からです。
ほかにもサルビノリンAは、人の体に害が及ばない輸入はOKですが、及んでしまうものは禁止の対象になります。
また、モルヒネなどの合法的な医療薬も注意が必要になります。
これも麻薬の原料になる恐れがあるので、地方厚生局長の許可がなければ輸入はできませんし、医療用向精神薬は、1ヶ月分以内なら許可は不要でも、それを超える量を輸入する場合は、医師からの処方箋や病気の証明がないと輸入ができないので注意しましょう。
このように、薬や麻薬関係を述べたのですが、健康上に危険が伴わないものでも法律上禁止されているものはあります。
それが何かといいますと「ワシントン条約」で絶滅の危機の恐れのある野生動物や植物をもとに作った衣料品がそれに当たります。
例えば、サイの角がそうですし、ジャコウシカの分泌物もそうですし、トラの骨がそれに当たります。
また、それそのものでなくても、それらの成分を含んでるだけで処罰の対象になりますから注意が必要といえます。
ほかにも注意しないといけない点があって、これは薬事法だけでなく「関税法」の観点からですが、輸入した医療品が知的財産侵害物品ならば輸入することができません。
これは、医療品のコピーが主になっていまして、単に他人の権利を侵害するだけでなく、その薬そのものの効果が不安視される理由からです。
このように薬事法では、様々な薬の輸入が禁止されています。
常識的なことをしていれば問題はないですが、信頼できる業者さんに確認した上で個人輸入を楽しむのが最もベターといえるでしょう。
2016年9月14日
【重要なお知らせ】エチゾラム・ゾピクロン含有商品についての重要なお知らせ
エチゾラム・ゾピクロンが、輸入禁止になる開示日が発表されました。
2016年10月14日より下記成分の個人輸入が禁止となりました。
・エチゾラム(一般名:デパス)
・ゾピクロン(一般名:アモバン)
※麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令(平成28年厚生労働省令147号)
パブリックコメント:結果公示案件詳細はコチラ
TOPに戻る