医薬品の個人輸入とは

医薬品の個人輸入によるメリットやデメリット、処方せん不要の理由や注意点、薬事法などを解説しています。

医薬品の個人輸入とは

お薬なびのお約束日本で流通している医薬品は、全て厚生労働省が安全性を認め、認可したものです。
認可とは、国内に関しての事であり、海外では日本で売っていない医薬品であっても、普通にドラッグストア等で売られている事も少なくありません。
海外で普及する多くの医薬品は、日本では認可が下りない医薬品が多く、対象の薬が欲しいと思っても、病院で処方してもらう事は不可能です。
しかし、医薬品に関して定めている薬事法では、海外医薬品を国内に居ながらにして手に入れる事は認めています。
それを医薬品の個人輸入と呼びます。
簡単に言えば、個人が直接海外のお店や企業、メーカーから薬を買う事です。
日本で認可されている薬は勿論、未認可の物であっても海外で一般的に販売されている商品であれば、おおよその商品を買う事が出来ます。
但し、直接メーカーと連絡を取り合う時は、その国の言語でコミュニケーションを図らなければいけません。
そこで現在人気がある方法が、輸入代行業者を利用するという事です。
これはインターネット上にあるサイトで、通販サイトは全て日本語表記となっています。
輸入代行業者は「利用者が海外のメーカーから薬を買うお手伝いをするだけ」という事を知っておきましょう。

日本では、厚生労働省が「薬事法」で薬の認可やルールなどを定めています。

海外医薬品の個人輸入についても定められていて、個人的な利用で且つ決められた数量であれば、日本で未認可の医薬品であっても購入出来ます。
個人輸入は、薬事法で定められているルールを幾つか守れば、簡単に行うことが出来ます。
そのルールとは「個人的な利用に限る」「決められた数量を守る」という事です。
従って、これらを守ればそれほど難しい事も無く、簡単に個人輸入は出来ます。

  • 処方せん薬 → 1ヶ月分以内
  • 医薬品や医薬部外品 → 2ヵ月分以内

ただ、病院で処方してもらう時の様に、1錠単位で薬を手に入れる事が出来る訳ではありません。
買う時はドラッグストアと同様に箱単位や販売者がバラ売りをするなど、事業者側の都合となる事を良く理解しておきましょう。
また、購入者本人が利用する時に限り、個人輸入は出来ます。
従って、注文する時に「ちょっと恥ずかしい」からといった理由で会社名を宛先に書くと税関を通る事が出来ません
偽名やニックネームで注文する事も出来ないので、宛先はしっかりと個人名で購入するようにして下さい。
薬事法で定められている基本的なルールを守れば、安全に行う購入が出来ますし、不明点は「よくある質問」をご確認下さい。

メリットとデメリット

メリットとデメリット 病気になれば医師の診察を受けて、お薬を処方して貰うのが一般的ですが、医師の診察を受けない場合は、当然ながらお薬の処方を受けられません。
それは医師のみが診察によって処方薬の可否を判断する事であり、医療に関する法律で義務付けられているからに他なりません。
それ故に患者側とすれば医療の専門家である医師に診て貰い、処方して貰ったお薬を飲むというのは、安心して服薬する事が出来ます。
しかしながら、その病気が慢性的な病気や長期間の治療が必要であれば、経済的負担はかなりの額になりましょう。

  • 服用すべき薬の種類は解ってるけど忙しくて病院へいけない
  • 病院までの通院に不便
  • 病気の種類的に恥ずかしくて病院へいけない
  • 病院は嫌いだから行きたくない

など、何らかの理由で薬を必要とする場合に、海外医薬品の個人輸入で薬通販する事例が増えています。
インターネットを利用した個人輸入では、安価で医薬品を購入出来たり、プライバシーの保護など大変便利な方法であると言えます。

しかし海外医薬品の個人輸入には、問題もあるのです。
第1に、医師の診断を受けないでお薬を入手出来てしまいますから、持病があって既にお薬を服薬している場合の「飲み合わせ」問題があります。
第2に、海外から取り寄せたお薬に添付されている説明書は、海外の人間を対象としているので、日本人を勘案していない可能性が在ることで、お薬の過剰摂取になる可能性があることです。
また、正規のお薬が届くのか?粗悪品や健康を害するものが含まれた商品が届くのではないのか?など、素人には正規品と粗悪品を見分ける力がないので心配です。
また何らかの金銭や支払いに関してのトラブルがあれば、お薬を使用している国の母国語で対応をする必要もありますから、なかなか手が出しづらいという問題もあります。
リスクを抑える方法としては、最初にまず医師に診察・診断をしてもらいお薬を処方して貰って、自分に効果が合っていて副作用が無いか?あるいは耐えられる様なレベルかを見極めるのです
そして問題が無いことを確認してから、医師から処方されているお薬と同じお薬を海外から個人輸入するという形で、取り寄せて使用するというのが比較的安全性が高く、且つお薬を格安にする方法ではないでしょうか。
また、金銭トラブルや粗悪品である確率を減らす方法として、口コミ等で評判の良い業者を選んで利用するのが賢明な方法です。

個人輸入の注意点

個人輸入の注意点 医薬品の個人輸入は、自分で自分の悩みを解決すべき薬を手に出来る画期的なシステムです。
医師の処方を受ける事なく医薬品を手に出来るので、時間や手間の節約にもなりますし、プライバシーの保護にも役立ちます。
しかしシステムを利用するに当たっては、幾つかの注意点があります。
その注意点をよく理解しておかなければ、後に大きなトラブルにも成りかねませんので、きちんと理解して臨むようにしましょう。
まず1番の注意点は、薬についてしっかりと調べるという点です
薬には、服用方法や副作用、他の薬との飲み合わせなどがあります。
個人輸入では、医師の処方せん無しで購入可能なので、誰でも手軽に薬を手にする事が出来てしまいます。
しかし薬についての特性を調べずに服用してしまうと、副作用に悩まされたり、薬の飲み合わせが悪くて重篤な問題が出てしまったりという事があるのです。
医師の処方箋を受けない分、自分自身でしっかりと薬について調べておくことが大切です。
また少しでも不安な事があったら、使用する前に医師に相談するのも良いでしょう。
次に注意すべき点は、勝手な自己判断をしてしまいがちという点です。
病気には、症状が似ていても全く違う病気である場合があります。にもかかわらず、勝手な自己判断で薬を選んでしまう人が多いのです。
その結果、症状が改善されなかったり悪化してしまったというケースも後を絶ちません。
良くあるケースでは、カンジダの症状とクラミジアなど、性病の症状を誤ってしまうケースです。
カンジダは性病ではありませんが、性病と同じような症状が出てしまいます。
更に性病の薬を使ってしまうと、悪化してしまうという特性も持っているのです。
確実な病名が分かっていない場合は、自己判断を下すのではなく、まず医師に相談してから個人輸入を活用していきましょう。
そして最後に「必ず使用者の名義」で購入するという点です。
個人輸入は、購入者本人のみの使用目的でしか販売が許可されていません。ですから家族のために購入するとか、友人・恋人のために購入するという事が禁じられているのです。
誤って女性名義で男性用医薬品「バイアグラ」などを購入してしまえば、商用目的などの利用を疑われて、大変な事にも成りかねません。
ですから、必ず使用者本人の名義で、使用者本人の住所に送付するようにしましょう。
海外医薬品の個人輸入は、うまく活用すればとても便利なシステムです。
これらの注意点をしっかりと守って、快適な輸入ライフを送りましょう。

処方せんが不要な理由

処方せんが不要な理由 国内の病院に行って薬を出してもらう時は、医師からの処方せんが必要となります。
これは診察した医師が、必要な「薬の量・投与方法」等を記した書類で、薬剤師に渡すものです。
これを見て薬剤師は「医師の指示に従って薬を患者に渡す」というのが、国内で病院に行った時の大きな流れとなります。
国内の場合、薬事法によって処方せん薬を処方せん無しで売買する事は、薬事法違反として違法行為に当たります。
しかし、海外医薬品を個人輸入する時は、処方せんが必要ありません。
勿論、国内で未認可の薬であっても買うことが出来ますが、どうしてそれが不要なのでしょうか?
処方せんとは、医師がその薬の使用に関して責任を持つと記している書類とも言えます
その為、責任の所在は医師にあると言っても良いでしょう。
しかし、個人輸入の場合はあくまでもそれを利用するのは個人の判断であり、医師がそこに関係してくることは有りません。
この場合は、個人が海外の業者・会社・販売店等と取引をし、直接購入する事になります。
また、代行サイトを利用する事も出来ますが、この場合もサイトが個人に対して薬を販売するのではなく、個人が輸入するお手伝いをするだけです。
自己責任で服用する事になるので、誰かにその薬に対して証明してもらう必要がありません。
その為、海外医薬品を個人輸入する時は、処方せんが必要ないという事になります。
処方せん自体は不要なので、自分の判断で必要な薬を買うことが出来るのが、海外医薬品の個人輸入のメリットと言えます。
しかし、買うことが出来ない薬が中には有る事、更に日本未認可の商品でも購入は可能ですが、その数量には気を付けなければいけません。
あくまでも個人的な利用に限り薬事法では輸入が認められているので、沢山まとめて個人輸入する事は出来ず、余分な分は税関で没収となります。
また薬価を抑えようとして、低価格な物を買う場合もありますが、時には偽物を買ってしまう事も少なくありません。
その場合、人体に大きな影響を及ぼしてしまう事がありますので、安価な商品には注意が必要です。
出来るだけ安全な物を買う為には、正規品のみを取り扱っている代行業者を利用すべきと言えます。
海外医薬品を個人輸入する時は、全て自己責任となるので処方せんは不要です
しかし、それによって起こりうる「メリット・デメリット」を良く理解しておく事が、重要と言えます。
処方せんが不要な理由を理解してから、海外医薬品の個人輸入をするようにしましょう。

薬事法とは

薬事法とは 日本には、薬事法という法律があります。
これは「医療品・医薬部外品、化粧品、医療用具」など、有効性と安全性を確保する事を目的として制定された法律です。
つまり、健康に害を及ぼしたり危険性が高いものには当然、規制や禁止されたりする訳で、今回は輸入が禁止されている薬物を見ていきたいと思います。
まず覚せい剤は、誰でも解るように当然ダメです。そもそも「覚せい剤取締法」そのものに抵触する訳で、具体的には「メタンフェタミン・アンフェタミン」がそれに該当します。
エフェドリンはある程度までならOKですが、一定濃度を超えてしまうと覚せい剤の原料になりますから、これも輸入で禁止されています。
また、しめ縄や神事、医療用に利用される大麻「大麻草・大麻樹脂」ですが、これも輸入禁止の対象となります。
つまり医療用大麻は、あくまで国内で生産した数を管理するという理由からです。
他にもサルビノリンAは、人体に害が及ばない輸入はOKですが、及んでしまう用量は禁止の対象になります。
また、モルヒネなどの合法的な医療薬にも、劇薬となるため注意が必要です。
これも麻薬の原料になる恐れがあるので、地方厚生局長の許可がなければ輸入は出来ません。
医療用の向精神薬は、1ヶ月分以内なら許可は不要でも、それを超える量を輸入する場合は、医師からの処方箋や病気の証明がないと輸入が出来ないので注意しましょう。
このように薬や麻薬関係を述べたのですが、健康上に危険が伴わないものでも、法律上禁止されている物はあります。
それが何かと言うと「ワシントン条約」で、絶滅の危機の恐れがある野生動物や植物を基に作った衣料品がそれに当たります。
例えば、サイの角やジャコウシカの分泌物、トラの骨がそれらに当たります。
また、それらの成分を含んでるだけで処罰の対象になりますから、注意が必要と言えます。
他にも注意しないといけない点があって、これは薬事法だけでなく「関税」の観点からですが、輸入した医療品が知的財産侵害物品ならば輸入することが出来ません。
これは医療品のコピーが主になっており、単に他人の権利を侵害するだけでなく、その薬そのものの効果が不安視される理由からです。
このように薬事法では、様々な薬の輸入が禁止されています。
常識的な事をしていれば問題はないですが、信頼出来る輸入代行業者に確認した上で、個人輸入を楽しむのが最もベターと言えるでしょう。

2016年9月14日
【重要なお知らせ】エチゾラム・ゾピクロン含有商品について

エチゾラム・ゾピクロンが、輸入禁止になる開示日が発表されました。

2016年10月14日より下記成分の個人輸入が禁止となりました。

・エチゾラム(商品名:デパス等)
・ゾピクロン(商品名:アモバン等)

※麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令(平成28年厚生労働省令147号)
パブリックコメント:結果公示案件詳細はコチラ

上へ