配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

性器ヘルペスの症状と原因

性器ヘルペスとは?

性器ヘルペスとは? 性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスによって感染する性感染症(STD)となっています。
ウィルスには2種類あり口唇、顔などに出るHSV-1と言われるウィルスと下半身でも性器に特に出るHSV-2があります。
ヘルペスは小さな水ぶくれが集まったもので、急性の炎症性皮膚疾患となっています。
口に症状が現われた場合、口唇ヘルペスと言います。また単純疱疹と呼ばれる事もあります。
誰もが感染している一般的なウィルスであり、子供の頃に水疱瘡になってしまった経験を持っている方も少なくないと思います。
水疱瘡も単純疱疹に含まれる感染症です。
日本ではHSV-1に感染している方は、70~80パーセントほどの人がいると言われており、HSV-2には10パーセント前後の方が感染していると言われています。
ヘルペスウィルスに感染していても日常生活で症状が現われない方も多く、風邪などの体調不良や過労またはストレスなどにより症状が現われたり、再発するようになります。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状 性器ヘルペスの症状として赤い無数のブツブツや水ぶくれ、または潰瘍(皮膚のただれ)などが現われます。
はじめてヘルペスになった方は、発熱や強い痛みを伴う事があります。
また再発のケースでは、小さな水ぶくれ程度の軽い症状で治まることも多いと言われています。
男性の方は、ペニスの先端(亀頭)や包皮、陰茎体部、あるいは臀部(尻)に症状が最もよく見られます。
女性の方は膣の入り口や臀部(尻)に症状が見られ、子宮頚部に症状が及んでしまう事もあります。
症状が出る事は多いとは言えませんが、男性・女性と共通して太ももや肛門に症状が出てしまう事もあります。
初めて感染した場合には、潜伏期間(2~10日間ほど)を経過して症状が発症します。
38℃以上の高熱を伴う事もあり、感染部位に急に痛みや痒みを感じます。
また感染部位が水ぶくれになり、時間が経過すると潰れてしまい、潰瘍(ただれ)となります。
女性の場合には痛みがひどく、排尿が困難になってしまうケースもあります。

性器ヘルペスの原因

性器ヘルペスの原因 性器ヘルペスの原因となっているウィルスは、HSV-2(単純ヘルペスウィルス2型)と呼ばれるウィルスですが、ヘルペスウィルスは症状も様々で8種類のウィルスがあると言われています。
HSV-1(単純ヘルペス1型)は、口唇ヘルペスや歯肉にできるヘルペス性歯肉口内炎などの原因となっています。
HSV-2(単純ヘルペス2型)は、性器ヘルペス以外にもヘルペス性の髄膜炎や臀部(でんぶ:尻)ヘルペスの原因にもなっています。
HHV-3(水痘・帯状疱疹ウィルス)は水疱瘡や帯状疱疹の原因となっているウィルスです。
HHV-4(エプスタイン・バールウィルス)は伝染性単核症の原因となります。
HHV-5(サイトメガロウィルス)は網膜炎や肺炎の原因になっています。
HHV-6(ヒトヘルペスウィルス6)は脳炎や突発性発疹の原因となります。
HHV-7(ヒトヘルペスウィルス7)は突発性発疹の原因となります。
HHV-8(ヒトヘルペスウィルス8)はカポジ肉腫の原因になります。
ヘルペスに感染している病変部に直接接触する事で感染してしまい、セックス(性器)を含め、アナルセックス(直腸や肛門)やオーラルセックス(咽頭)で感染してしまいます。
また症状が表に現れていない場合でも、性器の皮膚や粘膜にヘルペスウィルスが現われ、感染させてしまう事もあります。

薬の種類

薬の種類 性器ヘルペス薬には、ヘルペスウィルスの増殖を抑えるために抗ウィルス薬を用いて治療を行っていきます。
抗ウィルス薬は日本国内では医師の処方を必要としているため、ドラッグストアなどでは販売は行われていません。
医師の診断によって症状の重症度、部位によって薬の使い方を決めます。
薬の種類には内服薬と外用薬があります。

ゾビラックス(有効成分:アシクロビル)内服薬
錠剤の服用は1日に5回(大体、4時間に1回)の服用すればいいとされています。

ゾビラックス(有効成分:アシクロビル)外用薬
患部に1日数回、塗布します。

バルトレックス(有効成分:塩酸バラシクロビル)
内服薬となっており、1日に2回服用すればいいとされています。

アラセナ(有効成分:ビダラビン)
こちらは外用薬であり、1日に1~4回ほど患部に直接、塗布します。

感染部位の症状が治まれば、治療は終了となりますが、性器ヘルペスに感染した場合、再発の危険性が誰にでもあり、治癒してから1年以内に80パーセント以上の人が再発すると言われています。
ですので、治癒後の体調管理なども大切な治療となります。

薬の副作用

薬の副作用 抗ウィルス薬の内服薬や外用薬について紹介してきましたが、気になるのが薬を使ってからの副作用であり、抗ウィルス薬に限らず、薬には副作用が必ずあります。
そこで先程、紹介した各薬の副作用について説明していきます。

・ゾビラックス
副作用も少ないと言われており、比較的安全性の高い薬となっています。
軽い症状として、吐き気や下痢など胃腸に症状が現われたり、発疹などの皮膚症状、他には頭痛や眩暈(めまい)、眠気などが挙げられます。

・バルトレックス
副作用は少ない方とされていて、ゾビラックス同様に吐き気や下痢などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、頭痛や眩暈、眠気などが挙げられます。
服用量が過量になってしまうと、精神に変調をきたしてしまったり、意識障害を起こす場合があります。
また腎機能が低下している方や高齢の方は十分な注意が必要です。

・アラセナA
塗り薬となっているので、内服薬と比べ副作用はほとんどなく、使用上で症状が悪化してしまったり、痒みなどの症状が出た場合には医師に、ご相談して下さい。
副作用として、痒み、発赤(皮膚が赤くなる)、刺激感などの症状があります。
抗ウィルス薬を使っていて他に違う症状が現われた場合には、医師に相談するようにして下さい。
TOPに戻る