摩擦黒皮症着について

ハイドロキノンクリームで、乳首や乳輪の黒ずみをピンクに改善しませんか?原因や対策を解説しています。


摩擦黒皮症着

乳首や乳輪が黒ずむ原因

乳首や乳輪が黒くなる原因として、メラニン色素が関係していると言われており、このメラニン色素が沈着して黒くなると考えられています。
専門的に言うと摩擦黒皮症着と呼びます。原因は下記の3パターンが生活習慣から予測出来ます。

【成長ホルモン】

成長ホルモン 一定の年齢に達すると思春期を迎え、この思春期の時に成長ホルモンが大量に分泌され、ホルモンの分泌に伴ってメラニン色素も一緒に分泌されます。
メラニン色素が蓄積していくことで、乳首が徐々に黒ずんでいってしまいます。
ホルモンによるものなので、ある程度の黒ずみはどうしようもなく、対策は難しいです。

【衣類や下着類による摩擦】

衣類や下着類による摩擦 乳首や乳輪が摩擦によって傷ついてしまい、その傷を修復するためにメラニン色素が分泌されます。
傷つくことを繰り返すと乳首や乳輪の皮膚が厚くなってしまい、メラニンが堆積しやすくなり黒くなってしまいます。
この黒ずみは、自分にあった下着をつけることにより、黒ずみを抑えることが出来ます。
ですが、一度黒ずんでしまった乳首や乳輪を白くすることは出来ません。

【年齢】

年齢を重ねるごとに肌が生まれ変わるサイクルが遅くなり、古い肌の角質などが残ったままになってしまいます。
古い角質などの中にはメラニン色素は含まれているので、堆積してしまって黒ずみの原因になっていると考えられています。
肌の生まれ変わり(新陳代謝)を刺激するトレンチノインや肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンクリームなどで対策出来ます。

黒ずみの改善方法

乳首や乳輪をピンクに戻す方法は、メラニン色素を除去することで、黒ずみを無くしていく事ができ、ピンク色の乳首や乳輪を取り戻すことが可能となります。
成長ホルモンが原因で黒ずんでしまっている場合やブラジャーなどの下着類による摩擦により黒ずんでいってしまっている、加齢による黒ずみであっても、乳首や乳輪の黒ずみの原因となっている堆積したメラニン色素を取り除くことが出来れば、多くの場合は乳首や乳輪をピンク色に戻すことが出来ます。
症状や対策方法により時間が掛かることもありますが、根気強くケアすれば黒ずみはきちんと改善されていきます。
費用対効果と時間短縮などを総合的に評価するとハイドロキノンクリームがお勧めです。
しかし、紫外線にとても弱い性質を持ち且つ、強力な肌の漂白作用があるため、体に合わない方は副作用も強く出てしまいます。
副作用が怖い方には、天然成分のピンクニップルクリームなども海外では広く活用されています。
個別の商品特性については、下記でご説明させて頂きます。

レーザー治療

レーザー治療 乳首や乳輪の黒ずみを取り除く治療方法として、レーザーを用いた治療方法があります。
黒ずみを取り除くには確かな効果を得ることが出来ますが、レーザー治療の料金は1回3万円前後とかなり高い料金設定となっており、1回のみでの改善は困難です。
一般的には、5回15万円で改善されれば安い方というのが業界内の話です。
昔は治療に痛みを伴うこともありましたが、最近のレーザー治療には痛みを殆ど伴わないものとなっているので、確実に黒ずみを取り除きたい方には、オススメ出来る治療方法となっています。
この治療の注意点として、妊娠している方や授乳中の方、またピルを服用している方は治療が受けられない場合があるので、治療を希望する方は医師の十分なカウンセリングを受けるようにして下さい。
また皮膚科やクリニックで治療を行いますが、レザー治療を行っていない所もあるので、希望される方は事前に問い合わせてからの方が、スムーズに治療に入ることが出来ます。

美白成分ハイドロキノン

美白成分ハイドロキノン 既に出来てしまったシミ対策に最も効果的で安価なオススメ方法は、ハイドロキノンによる対策です。
ハイドロキノンとは、肌の漂白剤とも呼ばれる美白作用が強い成分のクリームです
アメリカでは広く利用されていて、多くの実績がある美白成分ですが、日本で使用出来るのは濃度が2パーセントの商品までと決められています。
2パーセント以上の濃度を求める場合は、皮膚科やクリニックで医師の判断が必要となります。
ハイドロキノンの効果は、メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトを減少させます
そのため、黒ずみの原因の元に効果がある成分となっており、すでに堆積してしまっているメラニン色素にも有効です。
美白効果は非常に高いものとなっていますが、効果が強い分、副作用も非常に強くなっているため注意が必要です。
顔やデリケートな部分に使用する場合は、肌荒れの副作用を起こすことがあります。
乾燥してしまいカサカサになったり、痛みを伴うこと、白斑が出来ることももあります。
メラニン色素は本来、紫外線から肌を守るために放出される成分で、ハイドロキノンによりメラニン色素をなくしてしまうと肌が紫外線に弱くなってしまい、ハイドロキノンの使用中に紫外線に当たると逆に効果が出てしまい黒ずむことがあるので、使用には十分注意して下さい。
自分に合った薬であるかを確かめるためには、目立たない箇所でパッチテストを行う事が重要です

天然ニップルクリーム

天然ニップルクリーム ピンクニップルクリームは、天然成分で出来た美白改善クリームです。
肌の代謝(ターンオーバー)を活発にする成分が複数配合されており、就寝前に気になる箇所に塗る事で改善を促します。
日本人に多い茶褐色の乳頭や乳輪も継続的な利用により、徐々にメラニン色素が薄れピンク色に近づきます。
乳頭箇所のザラつきを和らげ、乳首表にあたる消えない黒ズミや古い角質等を取り除く効能もあります。
他の成分もナノ分子単位で細胞に働きかけるため、約4週間ほどで自然なピンク色へと変色する事が出来ます。
【有効成分一覧】
タマリンド・インディアングースベリー・イポメア・ザクロ・シソエキス・アロエベラ・乳酸・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンF・スクワレン・アラントイン

上へ