配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧
性病名 症状 潜伏期間 治療薬
クラミジア
男性膿のような分泌物、排尿時の傷み、違和感
女性下腹部痛、おりもの増加、不正出血
1~3週間 ジスロマック
クラビット
淋病
男性膿のような分泌物、排尿時の傷み
女性下腹部の不快感、痛み、おりもの増加、不正出血
2~5日 ジスロマック
アモキシリン
性器ヘルペス
男性亀頭、包皮、陰茎、お尻に水ぶくれ・赤いブツブツ
女性外陰、膣の入り口、お尻に水ぶくれ・赤いブツブツ
1~数週間 ゾビラックス
バルトレックス
梅毒 男性女性しこり、潰瘍、赤いブツブツ、発熱 1~3年 アンピシリン
アモキシリン
尖圭コンジローマ 男性女性性器や肛門のまわりにイボ 1~数ヶ月 アルダラクリーム
トリコモナス
男性ほとんど症状なし(まれに尿道炎)
女性悪臭の強いおりもの、膣や外陰部のかゆみ・痛み
1~数週間 フラジール
ファシジン
膣カンジダ症 女性ヨーグルト状のおりもの、膣や外陰部のかゆみ・痛み 2~7日 ジフルカン
ニゾラール
いんきんたむし 男性女性発疹、水膨れ、痒み 5年 ラミシールスプレー
毛じらみ 男性女性強い痒み、湿疹 1~30日 ニゾラルシャンプー
子宮頸管炎 女性粘液の分泌、おりもの増加、下腹部痛、腰痛 7~21日 ジスロマック
アメーバ赤痢 男性女性下痢、血便、下腹部痛、発熱 2~3週間 フラジール
軟性下疳
男性コブ、膿疱、潰瘍、出血
女性ほとんど症状なし
1~7日 ジスロマック
シプロキサン

性病とは?

性病とは
近年、驚くほど早い年齢の内から性行為は行われており、また性に対して無知なまま複数の相手と簡単に性行為に至る若者が増えており、性病が蔓延しています。
性行為によって感染する性感染症には、さまざまな種類があり、その原因は風俗によって移る場合や、多数の相手との乱れた性行為などで感染する例が挙げられます。
法律では、性病と性感染症とは別なものと考えられており、法律上、性病と呼ばれるものには、淋病、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫の4種類の病気があります。
しかしこれら以外にも、性行為によって掛かりやすい感染症が多数あります。
通常は、性行為によって移る病気を全てまとめてSTDと呼びます。若者中心に特に多いのが、クラミジアや尖圭コンジローマです。
そのほか、性器ヘルペスやトリコモナス症、毛じらみ、恐ろしい病気としてはエイズなどが挙げられます。クラミジアは、男性の場合は排尿時に痛みが出たり、クリーム色の膿が見られたりします。
女性はひどい腹痛が起きたり、匂いのあるおりものが増えて、放置しておくと不妊の原因になることもあるので、注意が必要です。
クラミジアはオーラルセックスでも感染しますが、その他の病気も口唇を使うセックスだけでも移るものが多いです。
尖圭コンジローマと呼ばれる性感染症は、性器や肛門付近にイボが出来るものですが、これも同じく、例えばペニスにイボがある場合、フェラチオ行為のみでも感染することがあります。
そういった面を考えると、コンドームを付けていれば安心というわけでもなくなってきます。
きちんと決まったパートナーと、マナーのある営みをすることが何よりも大切なのです。
また、例えば尖圭コンジローマの場合は、ヒトパピローウイルスというウィルスが感染源ですが、これは性器のガン、特に女性の子宮頚ガンを引き起こすリスクのあるウィルスです。
この病気に掛かると、ガン検診を受ける必要が出てきます。
毛じらみ症や多くのSTDは、将来的に不妊の原因にもなり、性行為による病気は人生を左右するリスクも抱えた恐ろしいものなのです。
病気によって潜伏期間も違いますが、他の人に移してしまう怖れもあるので、自分のためにも人のためにも、少しでも気になる症状が現れた時には、早めに病院で診察を受けるべきです。
愛する人とのセックスはとても素晴らしいものです。皆がきちんと性に関する知識を持って、安全で安心な営みが行われることが何よりです。

性病の種類

クラミジアとは?

クラミジア クラミジア性感染症とは、性行為によって感染する性感染症(STD)で、10~20代に感染が多く日本国内の感染者数は100万人を超えると言われています。
原因菌であるクラミジア・トラコマティスは眼科領域で有名な細菌として知られており、封入体性結膜炎やトラコーマの原因となっていました。
クラミジアの症状は、男女共に自覚症状が無い事が多く、感染したまま性行為を行ってしまい人を反して感染を拡げてしまう可能性と危険性があります。
細菌は男性の場合、尿道に感染するため、尿道に違和感や痒みを感じたり、排尿時に痛みや尿と一緒に膿が排泄される事があります。
女性の場合には、子宮頸管に感染するので、子宮頸管炎を起こすと、おりものが増えてきたり、不正出血などが見られるようになります。
クラミジアの治療薬は、抗生物質を用いるのですが大きく分類すると3種類あり、ジスロマック(一般名:アジスロマイシン水和物)やクラリシッド(一般名:クラリスロマイシン)クラビット(一般名:レボフロキサシン水和物)が、順に処方率が高く、特にジスロマックは効果の持続時間が長く人気の治療薬です。
また1週間の間にクラミジアが治癒する確率も90パーセントを超えると言われています。

淋病とは?

淋病 淋病とは、淋菌の感染によって起こる性感染症(STD)となっています。
日本での感染者数は年間1万人程度と言われており、男女の割合は男性が70パーセント、女性は30パーセントの男女比となっています。
男性が尿道に感染した場合には、淋病性尿道炎となり、無症状な事もあれば、勃起時や排尿時に激しい痛みを感じたり、睾丸が腫れて痛みを伴ったり、膿のような分泌物が大量に排泄される事があります。
女性は子宮頸管に感染し子宮頸管炎となり、数週間~数か月もの間、自覚症状を伴わない事もあり、特徴的な症状もなく、黄色いおりものが増えたりする程度となります。
しかし、症状を放置してしまう事で子宮内膜炎を併発するようになり、下腹部の痛みや出血が現われたりし、骨盤腹膜炎を併発した場合、発熱などを伴います。
淋病の治療薬は、抗生物質のジスロマック(一般名:アジスロマイシン水和物)アモキシリンミノマイシン(一般名:ミノサイクリン塩酸塩)などの経口薬で治療して行きます。
淋菌は暖かく湿った環境で発育しやすく、弱い菌でもあるので早めの治療を心掛けて下さい。

性器ヘルペスとは?

ヘルペス 性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルス(HSV-2)によって感染する性感染症(STD)となっています。
ウィルスには8種類(HSV-1~8)あり、感染率が高い口唇、顔などに出るHSV-1と言われるウィルスと下半身でも性器に特に出るHSV-2などがあります。
ヘルペスは小さな水ぶくれが集まった単純疱疹で、急性の炎症性皮膚疾患となっています。
誰もが感染している一般的なウィルスであり、子供の頃に水疱瘡になってしまった経験を持っている方も少なくないと思います。
ヘルペスに感染している病変部に直接接触する事で感染してしまい、症状が現れなく潜伏している場合もあるので注意が必要です。
性器ヘルペス薬は、ヘルペスウィルスの増殖を抑えるために抗ウィルス薬を用いて治療を行います。
内服薬のゾビラックス(有効成分:アシクロビル)バルトレックス(有効成分:塩酸バラシクロビル)などがあります。
外用薬には同成分のゾビラックス(有効成分:アシクロビル)などがあり、副作用が心配な方にお勧めです。

梅毒とは?

梅毒 梅毒とは、梅毒トレポネーマという病原菌が性交渉(粘膜や皮膚の接触)により感染する性感染症です。
ペニシリンの誕生と共に減少した傾向にありましたが、近年再び増加傾向にあり重傷者や妊娠による死産、早産などの原因となってしまいます。
梅毒トレポネーマが侵入した感染部位に軟骨の様にコリコリした、しこりが現われ見た目が楊梅に似ている事が梅毒の名前に由来しています。
症状も4段階(3週間、3ヶ月、3年、末期)あり、感染してから時間の経過とともに症状が変化していく特徴があり、HIVと併発する事もあるので軽視出来ません。
しかし症状が出た際にペニシリン系の抗生物質であるアンピシリンで薬物治療すれば、完治が見込めます。

尖圭コンジローマとは?

尖圭コンジローマ 尖圭コンジローマまたは、コンジロームとはウィルス(HPV)によって感染するウィルス性の性感染症(STD)となっています。
亀頭や陰茎、陰嚢、小陰唇、大陰唇、膣、会陰部、稀なケースでは口唇、口腔内に感染し、感染部位に乳頭状または鶏のトサカのようなイボができてしまいます。
HPVには100種類以上のタイプがあり、尖圭コンジローマになるのは、その中のローリスク型に分類されるHPV6型と11型となっています。
HPVは大きく分けると2種類に分ける事ができ、良性型であれば尖圭コンジローマの原因となり、悪性型になると子宮頸がんに関係があるとされており、ハイリスク型であるHPV16型、18型などがあります。
尖圭コンジローマの治療薬は、ベセルナクリーム(一般名:イミキモド)ジェネリック名:アルダラクリームが一番簡易に治療出来ます。
放置すると外科手術(液体窒素を使った凍結手術やレーザー光線蒸散手術、電気焼灼手術)になってしまうので、早期治療を心掛けて下さい。

トリコモナス症とは?

トリコモナス症 トリコモナス症とは、原生生物であるトリコモナスが原因となって起こる症状であり、膣トリコモナスに感染すると性器に炎症を起こします。
性器以外にも感染し大腸に感染すると下痢などの症状を起こしてしまう腸トリコモナスなどもあります。
感染しても自覚症状が少なく、男性の場合は尿道の痒み、排尿や射精時に痛みを感じる事があります。女性の場合は膣に強い痛みや痒み、泡状のおりものや悪臭、排尿時の不快感や下腹部の痛みが症状として現れます。
他の性感染症と異なり、細菌が原因ではなく原虫が原因となって感染するため、男性は排尿時にチツホネマクムシが排泄される可能性もありますが、女性は構造上の関係で膣だけでなく膀胱や尿道、子宮頸管にも感染します。
膣トリコモナスの治療薬は、ファシジン(一般名:チニダゾール)の殺菌効果は強く、細菌のDNAを分断する作用で増殖を防ぎ、死滅させる効果があり、副作用が少ないのも特徴です。

カンジタ症とは?

カンジタ症 カンジタ症とは、性感染症ではなくカンジタというカビ(真菌)が性器に感染してしまうことで起こる感染症です。
男性と女性を比較すると女性の方が感染率が高く、体調不良・ストレス・寝不足などで免疫が低下すると、菌が繁殖してしまい発症するポピュラーな感染症です。
女性の20%が経験する感染症で、症状は膣に炎症を起し痛みや痒み、排尿に障害、ヨーグルトのようなおりものが増える等があります。
カンジタ菌は健康的な方の身体に常在している常在菌あり、皮膚または腸管、女性器周辺に存在しています。
カンジタ症の治療薬は、内服薬ジフルカン(一般名:フルコナゾール)と外用薬ニゾラール(一般名:ケトコナゾール)エンペシド(一般名:クロトリマゾール)があり、共に抗真菌薬となります。
内服薬の方が完治するまでの期間が短い反面、副作用も内臓に現れますので、軟膏やクリームなどの外用薬がお勧めです。
4日目ほどで自覚症状がなくなりますが、完全に治癒するまでに10日前後掛かります。自己判断で薬の使用中止は、再発の原因にも繋がるため完全に治癒させる事が大切です。

いんきんたむしとは?

いんきんたむし いんきんたむしとは、足に症状が見られる水虫と同じ菌によって性器周辺に感染を起こし痒みを起こす皮膚感染症となります。
股部白癬とも呼ばれ、強い痒みや感染部位がただれるのが特徴となり、主に男性に見られる症状となります。
初期症状は、性器周辺や臀部に小さな無数の発疹ができたり、黄色の水ぶくれ、痒みといった症状ですが、悪化すると痒みの範囲が広がり赤みの発疹が黒ずんで行きます。
性行為などによって女性に感染させてしまうこともあるので注意が必要です。
原因は、カビの一種である白癬菌(小胞子属・表皮菌属・白癬菌属)に分けることができ、40種類以上の菌の種類が存在しており主にトリコフィトンという菌が原因と言われています。
治療方法は、白癬菌を殺菌して痒みや炎症を抑える事で、殺菌作用の高いラシミール(一般名:テルビナフィン)などの外用薬を用います。
どの治療薬も使い始めてから1週間程度で痒みなどの症状は治まりますが、完治には30日前後かかるので、1ヶ月以上は使用を続けるようにして下さい。

毛じらみ症とは?

毛じらみ症 毛じらみ症とは、人の毛に寄生してしまう小さな昆虫によって感染する性感染症(STD)の一種で、陰毛や肛門の周囲に生えている毛や胸毛、わき毛、足の毛などにも小さな昆虫が寄生してしまいます。
多くは性行為によって陰毛が直接触れ合う事で接触感染を起こしますが、性行為以外にも母子間での感染やタオルや公衆浴場などで入浴した場合でも間接的に感染する事があります。
毛じらみ症は、男女同一の症状を伴い、体毛の周辺に強い痒みや発疹が出来たり、ケジラミによって血を吸われた部位から出血が見られる場合があります。
痒みを感じたら、感染者本人でも確認する方法があり、陰毛を根本から抜くことで、根元に産み付けられている卵を採取することができます。
治療方法は、費用の掛からない方法として剃毛であり、陰毛を全て剃ってしまうことです。
又は真菌による炎症や湿疹、痒みやフケを抑えるニゾラルシャンプー(一般名:ケトコナゾール)で駆除することが出来ます。

子宮頸管炎とは?

子宮頸管炎 子宮頸管炎とは、クラミジアや淋病、膣トリコモナスやヘルペスまたは膣内に存在している大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などによって起こる子宮頸管内の粘膜に炎症を起こしてしまうことです。
子宮頸管炎が単独で発症することは珍しく、膣炎などを起こし上行性感染(症状が上の方に拡がること)から発症すると言われています。
痛みや痒みなどの症状を伴うことは少なく、おりもの(帯下)や下腹部に痛みを感じるのが主な症状で、女性の半数以上が子宮頸管炎に掛かる病気であり、出産経験者の60%以上に認められる症状でもあります。
子宮頸管炎の治療は、原因となっている細菌に対して有効な抗生物質あるいは抗菌薬、または抗炎症薬を用いて治療を行います。
慢性化してしまっている時には、薬による治療は効果があまりなく、治癒しにくいため炎症部位をレーザーや電気を使って焼く高周波療法と呼ばれる方法や凍結させ凝固させる冷凍療法の方法によって治療を行います。
慢性化すると不妊の原因にもなりますので、おりもの(帯下)や痛みを感じたら、早めの治療を心掛けるようにして下さい。

アメーバ赤痢とは?

アメーバ赤痢 アメーバ赤痢とは、赤痢アメーバという寄生虫が消化器系に感染することで起こる感染症の1つです。
アメーバ赤痢の嚢子(シスト:休眠状態に入っている細菌)によって、汚染された飲食物を口から摂ることで感染を起こしてしまいます。
世界中では年間で約5000万人、日本国内では年間で800件ほど感染の届出があり、男性の同性愛者に多い傾向があります。
5類感染症に指定されている感染症のため、感染した場合は届出が必要となり、死亡する例もあるため注意が必要です。
アメーバ赤痢の症状は、男女共に下痢や粘血便、下腹部痛など大腸炎と同じ症状が現れたり、肝膿瘍の症状が見られます。
症状発症までの潜伏期間は2~3週間程度と言われていますが、数ヶ月経ってから、あるいは数年後に症状が現われることもあります。
アメーバ赤痢の薬には、「栄養型」に作用するものと「シスト」に作用する2種類の薬があり、栄養型にはフラジール(一般名:メトロニダゾール)を用います。
初期症状だけを見ると風邪やインフルエンザと誤診されることも少なくありませんので、症状が改善しない場合にはセカンドオピニオンも視野に入れて下さい。

軟性下疳とは?

軟性下疳 軟性下疳とは、軟性下疳菌であるヘモフィルス・デュクレイと呼ばれる細菌に感染することで起こる性感染症です。
昔までは梅毒や淋病に続く3大性病の1つでしたが、戦後に一度流行したものの、現在では軟性下疳の感染は激減し、日本国内の感染は少なく、アフリカや東南アジア、南米などの熱帯地域に多い病気と言われています。
軟性下疳の症状は、男女ともに同じ様な症状が現われ、男性では陰茎のカリや亀頭の周辺、女性は外陰部に感染します。
放置する事でコブは次第に黄色くなり膿を含んだ膿疱となり、潰れて潰瘍となり出血します。
軟性下疳の治療には抗生物質のシプロキサン(一般名:塩酸シプロフロキサシン)が効果を発揮すると言われ、通常は7日間程度で治癒することができますが、リンパに膿が溜まってしまった場合は切開を行い取り除く場合もあります。
異変に気づいたら早めに医師に相談するようにして下さい。

HIV(エイズ)とは?

HIV(エイズ) HIV(エイズ)とは、Acquired Immune Deficiency Syndromeのことであり、それぞれの頭文字をとってAIDSと呼ばれています。
後天性免疫不全症候群のことであり、HIVウィルスが人の免疫細胞に感染してしまい、免疫細胞を破壊してしまう性感染症の1つとされています。
ワクチンを作る事に成功したとしても、すぐに変異したウィルスが現われるので有効な治療薬を作ることは難しいと言われています。
性行為によって感染することが最も多く、男性は陰茎の亀頭部分の粘膜の細かい傷から女性は膣粘膜から、精液や膣分泌液に含まれているHIVウィルスが侵入してしまい感染します。
一昔前までは、エイズは「死の病」として考えられてきました。
現在では医学も進歩し、早期発見することによって適切な治療を進め続けていくことで、学校や仕事などの日常生活を送ることが出来るようになっています。
正しい知識と理解を持つことが今後のHIVへの悪いイメージを取り除く、あるいは感染者が日常生活を送れるようになる大切な一歩となります。
エイズ感染が気になる方は、自宅で簡単に検査するHIV(エイズ)検査KITもありますので、お試し下さい。
TOPに戻る