配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

あがり症

あがり症とは

あがり症とは 身体的にどこも悪くないのに、状況によって汗をかいたり、顔が紅潮したり、心臓が激しく動いたりすることがあります。
こういった症状は、いわゆる緊張で引き起こされるものですので、誰にでもあるものです。
しかし、稀にそういった症状を強く感じる方がいて、そのような方はあがり症と呼ばれます。
あがり症は、ノルアドレナリンの上昇により交感神経が刺激されることで発現します。
アドレナリンという言葉は多くの方が耳にしたことがあるでしょうが、ノルアドレナリンという言葉は耳馴染みがあまりないと思います。
いずれも交感神経系をつかさどる伝達物質ですが一言で言えば、アドレナリンは体内に作用し、ノルアドレナリンは脳内や神経に作用します。
つまり、ノルアドレナリンは緊張や興奮を脳で感じたときに大量に分泌される物質であり、それにより交感神経を活性化させるのです。
交感神経が活性化すると心拍数、体温、血液が上昇し、それが発汗、動悸、振るえなどに繋がります。
基本的にこういった症状は、生物には例外なく起こり得ます。
例えば猫が毛を逆立てて威嚇するのも交感神経を刺激しているためです。
ただ、交感神経が敏感な人は反応が強く出てしまい、いわゆるあがり症と言われてしまうわけです。
年代別にみると10代や20代の方に多く見られますが、一つの理由として緊張に慣れていない状況にあるとされています。
よって、症状を克服をしたいのなら、緊張やプレッシャー状態から目をそらし慣れることが必要です。

あがり症の原因とその対処法

あがり症の原因とその対処法 あがり症が起こるのは、血液中に存在するノルアドレナリンという物質の量が増えることで起こると考えられています。
ノルアドレナリンというのは、興奮等の刺激に関連する神経伝達物質で、緊張や不安を感じると活発に分泌されます。
私たちの体をつかさどる神経系統には、覚醒中の身体動作をつかさどる交感神経と、睡眠時などリラックスしたときに活躍する副交感神経があります。
ノルアドレナリンの分泌が増えると、交感神経を活性化、交感神経の活性化に伴い、心拍数や血圧が上昇し、体温も上昇してきます。
これにより、動悸や震え、冷や汗などの症状が生じ、いわゆる、あがり症と呼ばれる症状が起こります。
人前で話す、演技をするなど、緊張を伴う状況になれば、だれもが交感神経が優位の状態になります。
あがり症の人は、そうでない人に比べて、交感神経がとても敏感であることに原因があります。
誰もが心臓の高鳴り等を感じていますが、あがり症の方は交感神経が過敏に働きすぎ、特に心臓がドキドキしやすく、顔面の紅潮や汗をかきやすいのです。
あがる、という現象は誰にでも起こりえます。
ですが、その度合いが強すぎて、人前でまったく話せないとか、どもってしまう、クラクラして倒れてしまったり、気分が悪くなるという人は不安や恐怖を強く感じやすい特徴があります。
あがり症にも程度があり、多少の緊張で、人前で話すのが苦手、声が震えたり、手が震えるといった方でも、どうにかこなせるのであれば、大きな問題はありません。
そういった場数を踏めば、慣れできちんと話せるようになることも少なくありません。
中程度の場合、人と話ができないなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。
その場合には、専門的な治療や医薬品による改善が、必要となります。
さらに重度になると、対人恐怖症やパニック障害を引き起こすケースもあり、日常生活がスムーズに送れません。
こうしたケースでは、心療内科等の専門クリニックの受診や治療が必要です。

あがり症のメカニズム

あがり症のメカニズム あがり症は病気ではありませんが、しっかりしなければいけない時に限って起こりやすいため、厄介なものです。
対処法を知るためにも、まずはメカニズムを把握することが重要となってきます。
あがり症は、血液中のノルアドレナリンという値が上昇することで起こりやすくなるものです。
これによって、ドキドキしたり冷や汗をかいたしてしまうのです。
ノルアドレナリンは緊張した時や不安に感じた時などに、活発に分泌されるものとなっています。
活発な分泌から交感神経が刺激され、心拍数や血圧が上昇し、動悸や震えなどが起こってしまうことになります。
日常生活において緊張したり不安に感じたりすることは、誰にでもあることです。
この状態が過度になってしまう人が、一般的には、あがり症と言われてしまっています。
緊張や不安を回避し、改善することができれば、自然と克服できるようになるはずです。
対処法としては、自分の緊張する瞬間や不安に思う瞬間などを知ることが一番です。
過去に失敗した時のことがトラウマとなり、同じような状況になると緊張や不安を感じることがあります。
それならば、トラウマを克服することが重要です。
何度も同じような状況を敢えて体験することによって、だんだんと慣れてくることがあります。
トラウマの克服法と同じようにしていくことが大事です。
どんな状況にも慣れてしまうことで、緊張や不安を感じることが徐々になくなっていきます。
そうすれば、ドキドキや冷や汗もなくなるはずです。
しかしながら、仕事のプレゼンで失敗出来ないなどの急を要している場合は、医薬品のインデラルを服用すれば一時的にあがり症を克服する事が出来ます。
医師に処方を受けるか通販で購入可能です。

あがり症を克服するインデラルの効果と副作用

あがり症を克服 人前に立つとどうしても緊張してしまう、頭の中が真っ白になってしまうという経験は誰にでもあることかもしれません。
しかしその緊張等がより強く出てしまうと、それはあがり症という事になります。
インデラルはそんな心拍数の上昇を抑える事ができる薬です。
また手の震え等にも効果を発揮し、極度の緊張の為に震えていた人もその改善が期待できます。
それによって呼吸が速く、そして浅くなってしまう事もなくなるので、次第に落ち着きを取り戻す事ができます。
ただ、元々は狭心症の薬として使用されていました。
また不整脈の時にも処方されています。
だから沢山飲んで、より効果を強く感じようとする事はとても危険です。
基本的には1回服用すると3時間から4時間ほど持続効果を得られます。
あがり症の改善の為に服用する場合は、プレゼン発表等がある1時間ほど前に飲めば良いでしょう。
そうすればちょうど効果が出て安定してきた頃に発表となります。
ただ服用すると喉が乾きやすくなったり、眠くなってしまう等の副作用が出る事もあり、注意が必要です。
胸が苦しくなったりする事も予想されるので、そういう時は服用を中止する必要があります。
またアルコールを一緒に摂取すると、効果が強くなることもありますが全くを感じられない事もあります。
安定した効果を期待するなら、インデラルを服用する時はアルコールの摂取は避けるべきです。
TOPに戻る