配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

統合失調症

統合失調症とは

統合失調症とは、人間が持つ「感情から考えが湧き出て、行動に移る」という基本動作がまとまらず(統合せず)、その能力が長期間に渡って低下していき、結果、自らの考えが乱れ、その乱れに気づかずに幻覚、妄想などを伴い行動に至ってしまうことです。
うつ病や適応障害などと区別もつき難いため、診断の仕方は幻覚、妄想の症状を持って判断されます。
人間は他者と交流をしながら生活を営みます。
しかし、統合失調症になると「自分の感覚・行動が病気によりいびつになっている」という事実にも気づかないため、我身を振り返って考えるということが出来なくなるのです。
精神疾患は慢性的なものになりやすいため、時が経つごとに「急性期」と呼ばれる、妄想や幻覚が強くなる状態になります。
現在では統合失調症は、約100人に1人弱が発症すると言われる決して珍しくない病気です。
・妄想に支配されて会話が通じない
・幻覚と現実の見分けがつかず、暴力的な手段に訴えられる
というイメージがついて回りますが、本人の自覚と家族や周囲の協力、薬物での治療を組み合わせれば、脳の働きは無事に保たれ、多くの患者は回復の傾向をみせます。
決して恐れすぎずに向き合う必要のある病気です。

統合失調症とは

統合失調症の原因と症状

統合失調症の原因は、現在でもはっきり「これ」というものが特定されていないのですが、1つ考えられているのは遺伝的な要素です。
ただし、統合失調症の患者の家族を調べたうち、9割の両親が「統合失調症ではない」という結果が出ており、兄弟を含めても8割程度になっております。
統合失調症という病気が遺伝するのではなく、病気の掛かりやすさが遺伝する。というように考えられています。
統合失調症の症状は様々なものがありますが、最も多いのが「妄想」と「幻覚」です。
妄想は、客観的に見て明らかに本人の言う事が現実と離れていることが特徴です。
例えば、テレビを見ていて「この出演者は自分の悪口を言っている」というように捉えてしまうことや「外国の電磁波が頭に流れてきて監視されている」というような発言もあります。
幻覚は、実際にはない物が見えている。という状態で、「ピンク色の象が外を歩いている」というようなものや、これに実際にはない音が聞こえてしまう「幻聴」も組合わさって「公園に言って幽霊と話をしてきた」というようなものまで、様々な症状があります。
また、思考の錯乱もあり、他者への質問で「あなたは肉と魚はどっちがF1レース?」というような、本人では話が通じているつもりでも、言葉がバラバラになってしまう状況もあります。
これを「ワードサラダ」とも言います。

統合失調症の原因と症状

統合失調症の治療法

エビリファイ 統合失調症の治療は、薬物の投与による「薬物療法」が基本となっています。
脳の神経物質の伝達がうまく機能しなくなっているのが、統合失調症の症状の元になっているために、薬物療法でその機能を回復に向かわせる必要があります。
代表的なものが、統合失調症の治療にも使われる抗うつ剤「エビリファイ」です。
有効成分の「アリピプラゾール」が、統合失調症における脳が過剰に分泌させている「ドーパミン」という、興奮の作用を持つ物質の働きを防ぎます。
アリピプラゾールの特徴的なところは、こうしたドーパミンを抑えるだけではなく、逆にまったくドーパミンが足りず無気力な状態にある時は、ドーパミンの働きを活発にさせるという作用があることです。
興奮し過ぎている状態か?落ち込みすぎている状態か?どちらであっても問題なく使えるというのは新しく、シチュエーションを考えなくとも服用が出来る便利さがあります。
抗うつ剤に良く見られる副作用もエビリファイは少なく、ジェネリック医薬品も発売されていますので、安価に服用することも可能です。
統合失調症は適切な薬の投与と本人の病気との向き合い方、そして何より周囲の人のサポートが重要でもあります。
本人がなかなか病気と認めたがらないのも統合失調症の特徴ではありますので、周囲のサポートにより薬の服用まで歩を進めてもらいたいところです。

TOPに戻る