配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

頻尿とは

頻尿とは

頻尿とは 夜中に尿意をもよおし、トイレに行きたくなる。
しかも何度も何度も目が覚めてしまう。
普段からとにかくトイレが近い…。
生理的現象は意のままには成らないというのは承知の上で、それでも異常とも感じる回数がある…これは「頻尿」という症状です。
人に話すことを躊躇われがちな症状ですが、様々な病気の兆候と成りうるのが頻尿です。
しっかりと知ることで予防、そして改善へとつなげる必要があります。
そもそも何をもって頻尿と呼ぶのでしょうか。
まずは尿の回数です。
人間の排尿回数は、個々人によって差は生じるものの「日中に約5回、夜間には0~1回」が平均的な回数です。
それが様々な原因により、排尿回数が上がることで頻尿と呼称されるのです。
その回数は、はっきりと決まっており、1日に8回以上の排尿が頻尿と呼ばれる状態となります。
1回の排尿において尿の量が多ければ「多尿」となり、そちらにも注意をしなくてはなりません。

頻尿の原因

頻尿の原因 頻尿の原因は、疾患の症状で別れており、主な原因疾患は次のようになっています。

1.前立腺肥大症
男性ホルモンの分泌が強まる高齢男性が罹患することが多いものです。残尿感や夜間の頻尿を伴います。
2.膀胱結石
腎結石が膀胱へと流れこみ、尿道に詰まってしまう状態です。排尿痛も伴います。
3.膀胱炎
文字通り膀胱の炎症です。
4.膀胱異物
大きく分けて結石も入りますが、膀胱に異物が混入している状況です。
5.過活動膀胱(OAB)
急に尿意が起きて我慢できない、トイレが近すぎるという頻尿の解りやすい症状が1番出るものです。
神経因性の基や女性の場合は、骨盤底筋のトラブルなどに原因があります。

頻尿のリスク

膀胱などの疾患に加えて、夜間頻尿の人の死亡率が常人の2倍という研究結果もあり、頻尿が引き起こす病気へのリスクは確実に存在します。
夜間頻尿といえば、高齢者の発症が多いものと知られていますが、20代30代という若さにあっても夜中に目が覚め、トイレに行くことが多い…という方は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。
睡眠時に呼吸が止まり、酸欠の状態が1時間に5回以上発生し、日中の強烈な眠気に襲われる他、重篤な疾患にも繋がる病気ですが、これも頻尿を伴います。
また、夜の尿は日中よりも少ないものですが、糖尿病、腎臓病、心臓病といった疾患の兆候として尿の量が増えることがありますので、結果、夜間頻尿になりやすくもあります。
尿と病気は密接な関わりがあり、自分の意思とは無関係に尿が漏れる尿失禁、前立腺肥大症による頻尿と排尿障害。
これらは動脈硬化、うつ病、過度のストレスから生じるものであり、頻尿は病気のサインであることの表れでもあるのです。
頻尿のリスク

頻尿の予防と治療法

頻尿は危険な疾患の兆候でもありますが、疾患そのものではない頻尿、軽度なものはケアの仕方によって改善は可能です。

・骨盤底筋体操
骨盤底筋体操 女性ならば骨盤底筋を強化させることがおすすめです。
骨盤基底筋と呼ばれる直腸、膀胱、子宮、尿道をいった部位を支える筋肉を指し、加齢などによってこの筋肉が弱くなると、膀胱を支える機能もまた弱まり、尿漏れなどに繋がるのです。
1.背筋を伸ばした正しい姿勢で立ち、片手をお腹にあて、片手をお尻にあてる。
2.他の部分に力を加えずに肛門、膣を締め、緩める動作を繰り返す(回数は2~3回)
3.更にゆっくりと、徐々に力を入れて、肛門と膣を締め、ゆるめる動作を繰り替えす(回数は2~3回)
4・骨盤周辺の筋肉を体の中に引き入れるイメージで、下腹部を持ち上げるように力をこめ、また締めて緩める動作を繰り返します。
これらの体操は慣れてくればお腹やお尻に手を当てなくてとも出来るようになりますので、電車の中などでも可能になります。

・膀胱訓練
尿を我慢することで、膀胱の中に溜まる尿の量を段々と増やしていき、排尿の回数を減らす方法です。
1.尿意を感じた時、尿道と肛門に力をこめて我慢をします。
2.尿意を散らすために他の事を考えたり、深呼吸などをします。
3.この「我慢」の時間を5分、10分と延ばしていきます。
こうした膀胱訓練は、神経要因での頻尿に対して効果が見込まれます。
疾患が原因での頻尿になると、尿を我慢することが逆に症状を悪化させますので、何よりも重要なのは「自分がどの症状からくる頻尿なのか」ということを知ることにあります。

膀胱訓練
・医薬品
デトシール 1.デトシール(酒石酸トルテロジン)
過活動膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
日常的に尿意が強く、追い詰められている尿意切迫感の症状に効果的です。
頻繁に膀胱が収縮してしまうことを抑え、膀胱を広げて尿を貯められるようにしてくれます。

ポラキス 2.ポラキス(オキシブチニン塩酸塩)
神経因性膀胱と不安定膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
人間の膀胱は尿を500mlは貯められるようになっていますが、副交感神経の乱れから、膀胱を収縮させ、尿意の信号を出してしまうのが頻尿の原因です。
頻尿、尿意切迫などの排尿障害に対して処方する薬で、抗コリン作用により膀胱の平滑筋を緩め、膀胱のサイズを拡げることによって尿を貯められる様になります。

トビエース 3.トビエース(フェソテロジンフマル酸塩)
過活動膀胱の症状に効果を発揮する薬です。
頻尿、夜間頻尿、そして尿漏れといった日常生活において大変なストレスを生じさせる症状を改善します。
人がトイレに行く回数は、日中で5~7回、就寝中は0回というのが正常と言われています。
頻繁に膀胱が収縮してしまうことを抑え、膀胱を広げて尿を貯められるようにしてくれます。

TOPに戻る