配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

片頭痛

片頭痛とは

片頭痛とは 片頭痛とは、風邪や二日酔い等の思い当たる節の無い頭痛で、突発的に起こる人や常習的に悩みを抱えている方が多い様です。
日本人の10%位の方が、片頭痛に悩まされているというデータがあり、女性の方が多い傾向にあります。
原因は、脳の血管が拡張する事で痛みを伴い、主に耳の近くに当るコメカミや目の辺りに痛みが集中する特徴があります。
症状が酷くなると吐き気を模様したり、頭全体に痛みが広がります。
近年では、スマホを見た後に目がチカチカしたり、視野に閃輝暗点が見られた後に片頭痛の現象を訴える方が増加しています。
現代の医学では、片頭痛を完治させる事が出来ず、一生付き合わなければ成らない病気とされており、上手に付き合って行かなければ成らない病となります。
対処法は、コメカミ付近を氷水で冷やす事により血管の拡張を鎮めたり、薬を服用する以外にはありません。
食事療法や物理療法による補助効果は認められておらず、CTやMRI検査でも異常を確認する事が、困難な病気とされています。
片頭痛持ちの方には、前兆がある方と無い方がおり、前兆のある方は30%未満と言われています。
片頭痛の痛みを抑える薬には、リザトリプタン成分のマクサルトが有名で服用後30分以内に片頭痛を鎮静化させる効果があります。
いつ起きても対処出来るように常備薬として携帯している方が多いようです。
その他にも予防効果が期待出来る薬は、抗うつ薬・抗てんかん薬・β遮断薬等の精神薬がありますが、正常な意識を保てない方に処方されるお薬で、保険適用外というのも悩ましい限りです。

片頭痛の原因

片頭痛の原因 頭痛の原因には、二通りありあります。
理由も無く繰り返し起こる一次性頭痛と病気が原因で起こる二次性頭痛です。
一次性頭痛は、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などで頭部の血管拡張や首頭部周辺の筋肉緊張が原因と考えられており、二次性頭痛は病気が原因の頭痛となります。
片頭痛の原因やメカニズムは、現在まだ解明されていませんが、片頭痛が起こる主なきっかけは、気圧や温度の変化・寝不足・ストレス・目の疲れ・緊張・生理などが挙げられます。
片頭痛と勘違いしやすい病気には、くも膜下出血・脳腫瘍・脳出血・髄膜炎など死と隣り合わせの病気も多数あるため、普段の頭痛と違う傾向(発熱・痛みの強さ・手足の痺れ・痙攣・意識がもうろう)が出たら医療機関を受診して下さい。
片頭痛を引き起こす食べ物では、血管拡張作用があるアルコール(特にワイン)やチョコレートを耳にしますが、他にも亜硝酸・チラミン・アスパルテーム・グルタミン酸ナトリウムを含むキムチ・レバー・ソーセージ・ココア・チーズ・スナック菓子などの食品も片頭痛を誘発するようです。
食品で片頭痛の誘発を感じた事が無ければ、特に神経質になる必要はありませんが、原因を特定出来る方は、日頃の生活多少改める事で改善に繋がります。

片頭痛のメカニズム

片頭痛のメカニズム 現在の医学では、片頭痛の原因やメカニズムは解明されておらず、様々な仮説が発表されておりますが、何らかの起因でセロトニンという脳内物質の量が減少する事が知られています。
一説には「三又神経血管説」という頭蓋内血管が刺激を受けると血管が拡張して炎症を起こす事が原因とされ、脳が興奮状態になり悪心や嘔吐などを伴って頭痛を引き起こすと考えられています。
別の一説には、神経細胞の活動異常による「神経説」や血液中のセロトニン量が変化する事で起こる「血管説」などもあり、まだ原因の特定には至っていません。
大脳の後頭葉皮膚に起こる神経の興奮現象が片頭痛の原因とされおり、片頭痛発作のスタート地点として注目されているようです。
片頭痛の抑制効果があるトリプタン製剤(マクサルトやイミグラン)は、減少傾向にあるセロトニンを補助する役割で、痛みを抑制して血管の拡張や炎症を鎮める効果がありますが、現在は予防薬の開発が進められており、皮質拡延性抑制を如何に抑える薬を見つけられるかが鍵になっています。
花粉症やアレルギーと同様で、抑え込む薬は開発されたが予防する薬にも、近い内にお目見えするかも知れません。

片頭痛にはマクサルト

片頭痛にはマクサルト 片頭痛は、いざ発作が起きるとズキンズキンと脈打つような強い痛みが数時間から3日間ほど続き、悪心・嘔吐を伴うことも多く、酷い場合ですと日常生活をおくるのが困難な場合もあります。
しかし一旦発作が治まってしまえば、何事もなかったかのように普通の状態に戻ります。とはいえ、片頭痛は自身の体調や摂取した食品、また環境要因などによって起こってしまうのでうまく付き合っていく事が大切ですが、我慢しないで病院を受診し、片頭痛に対する正しい知識と適切な薬を処方してもらうのが良いでしょう。
片頭痛の薬の1つで、片頭痛が始まってから30分以内に服用すると最も効果が高いと言われているマクサルトというリザトリプタン成分の錠剤があります。
頭痛の治療に鎮痛剤を使用する事がありますが、鎮痛剤の作用は単に「痛みを感じにくくさせること」にあり、頭痛による発作が進行してしまった後では効果を実感しにくいのです。
それに対してマクサルトは、片頭痛の発作時に拡張した血管を収縮し、血管炎症を抑制する作用により速やかに頭痛を改善する片頭痛治療剤です。
マクサルトを投与すると1時間後に体内での薬物濃度がピークに達することで、速やかに効果を表すことが分かっています。
また悪心や嘔吐、光過敏、音過敏などの随伴症状にも改善効果も認められており、適切なタイミングで飲めば片頭痛をなかったことのようにしてくれる優れた薬です。
口に含むと瞬時に溶け、水なしでいつでもどこでも服用できるマクサルトRPD錠(口腔内崩壊錠)というものも開発されています。
服用量は1回10mgを片頭痛の頭痛発現時に服用しますが、効果が不十分な場合は前回の投与から2時間以上あけ追加投与することができますが、1日の総投与量が20mgですので多くても1日2錠までとなります。
副作用として無気力・疲労・倦怠感・高血圧・動悸などの報告がありますが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状、不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、頻脈(WPW症候群における)、てんかん様発作、血管浮腫、中毒性皮壊死症、呼吸困難、失神が報告されておりますので、あくまで医師の指導に従ってください。
また月に10回以上(週に2~3回以上)の頻度で薬を使用していると「薬物乱用頭痛」に陥る危険性が高まりますので使用頻度も考えて服用する必要もあります。
TOPに戻る