お問い合わせ11:00~18:00
お問い合わせ
電話番号
お薬の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
カテゴリー検索
メーカー検索
重要なお知らせ

更年期障害とは

更年期障害診断

※Javascriptが無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

更年期障害診断チェック

あなたに更年期障害の傾向がないか
無料で診断いたします。
全10問で1分程度で診断できます。

男性

女性

  • 体調がすぐれず、気難しくなる

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 関節や筋肉に痛みがある

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • ひどい発汗がある

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 睡眠の悩みがある

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • イライラする

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 神経質になった

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • めまい、吐き気がある

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 筋力の低下を感じる

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 「自分の絶頂期は過ぎた」と感じる

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 性的能力が低下したと感じる

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 男性診断結果
    スコア (50点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評
  • 生理の周期が不規則になったり、量が少なくなった

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 体・顔のほてりや汗をかきやすくなった

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 腰や手足の末端などに冷えを感じる

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 動悸、息切れがする

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 寝つきが悪くなり、睡眠も浅くなった

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 怒りやすく、イライラする

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • くよくよと思い悩み、憂うつになる

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 頭痛、めまい、吐き気が生じる

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 疲れやすくなった

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 肩こり、腰痛、手足の痛みがある

    • まったくない

    • ほとんどない

    • ややある

    • かなりある

  • 女性診断結果
    スコア (50点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

更年期障害とは

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱調が引き起こす、身体的・精神的不調を言います。
女性・男性に関わらず存在する「更年期」。女性では閉経前後5年、平均的に45~55歳くらいまでの時期を言います。
30歳くらいを頂点とする卵巣の働きが、ゆるやかに終わりへと向かってゆき、女性ホルモン(エストロゲン)が減少してゆく。
それ自体はごく自然なことなのですが、卵巣を司る脳の司令塔「下垂体」はまだそれを認められないのか、働きが悪くなった卵巣をなんとか活性化させようとさせます。
そしてエストロゲンを大量に分泌させようと、卵胞刺激ホルモンを大量に分泌させるのです。
身体は〆のスープに入ろうとしているのに、脳は「まだまだいけるでしょう」と、お茶碗に肉をどんどん盛ってゆく。ホルモン繋がりで焼肉に例えてもつらいことです。
そんな脳の指令に応えられない身体が不調を訴えるのもまた「自然」な流れ。
このホルモンバランスの乱れが、さまざまな身体的・精神的不調を引き起こすのです。
例えば、血管を拡張・収縮させる働きをもつ血管系の自律神経に失調をきたすと「身体ののぼせ、ほてり、大量の発汗」「動悸、息切れ」「冷え」「血圧の変動」が起こります。
激しい運動をした後などは誰しもこうした体の変化が起こるものですが、そういったこととは無関係に起こります。また「顔がのぼせてほてっているのに腰や手足がひどく冷える」といった、症状が重なることもあります。
また、最近では更年期にはまだ早すぎる30代くらいで更年期症状が現れる「若年性更年期障害(プレ更年期)」と呼ばれる人も増えてきています。
個人差が大きいと言われる更年期障害。更年期を迎えてもほとんど症状が気にならない人もいれば、日常生活も満足に送れないほどの症状になる人もいます。
この個人差は、ホルモンバランスのみならず、今までの生活環境でも大きな影響を与えるといいます。
更年期の時期は、子供が独立する、夫の仕事が定年を迎える、または親や親族の介護が発生するなど、生活の環境が大きく変わる時期でもあります。その変化による精神的ストレスが更年期障害となって現れることもあるのです。
また、若い頃に行なった過度なダイエットや不規則不摂生な食事・生活習慣により、ホルモンバランスが乱れていることも原因の一つであるとも考えられます。
人生においてなだらかに「老い」を迎え、その暮らしを穏やかに、安心して楽しむためにも、知識を得て今からでも遅くない対策を整える必要があります。
更年期障害とは

女性更年期障害とは?

女性更年期障害とは? 女性の更年期とは、主に40代半ばから50代前後にかけて、卵巣機能が終息に向かっていて、その機能を終わらせてゆく中で女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少してゆく「閉経を迎えるまでの前後の期間」を言います。
しかし、卵巣をコントロールしている脳の「下垂体」という部分は、この更年期の終息活動を「卵巣の働きが悪くなった」と勘違いしてしまいます。そして足りなくなっている女性ホルモン(エストロゲン)を分泌させようと、性腺刺激ホルモンを大量に分泌させます。
卵巣は役割を終わりかけているところに、性腺刺激ホルモンにより「もっと!もっと!」とさらなる女性ホルモンの分泌を促されて困ってしまうのです。
結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、脳は興奮状態になって自律神経にも刺激を与え、体調不良や精神的な不調となって現れ、様々な失調を来してしまうのです。
これらは個人差があり、人によって「更年期に入っても特に問題なく生活を送れている」という声もありますが、この更年期の体調変化により、特に日常生活に支障を来してしまうほどの症状を総称して「更年期障害」と言うのです。

女性更年期障害の症状

女性更年期障害の症状 女性更年期障害の症状として、主だったものとして以下があります。
・自律神経の失調症状として
血管の収縮を司る自律神経が失調すると、のぼせ、ほてり、異常な発汗、体の冷え、動悸が生じるなどの症状が出ます。
特に「のぼせや体の一部の過度な発汗」というのは、更年期障害特有の症状「ホットフラッシュ」と呼ばれています。
また脳血管や血管の壁である血管壁の痙攣や収縮によって

・月経の異常として
不規則に出血するようになる。その周期が短くなる、長くなる。
また、月経とは違う不規則な出血を「機能性出血」と言います。
月経の前に少ないですが出血をしたり、月計後にも出血が続くような症状です。

・精神神経症状として
睡眠障害(不眠)、集中力の定価、孤独感の増大、めまい、イライラとして怒りっぽくなる。

※これらは更年期の症状としてふり幅のあるものです。
個人差があり、更年期になっても特に気にせずに毎日を送れる人もいますが、日常生活に支障をきたすほど強い症状が出る際にこれらの症状を総称して「更年期障害」と言います。

女性更年期障害の原因

女性更年期障害の原因、それはなんといっても女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少です。
エストロゲンによって調節されていた体の機能が、加齢により減少する。
そして体が閉経へと向かってゆく。
それでも脳の下垂体は「もっとホルモンを出して!」と性腺刺激ホルモンへ命令を出してしまうため、自律神経の失調を伴う、ホルモンの乱調「更年期障害」が起こるのです。
更年期が起こる時期は個人差が生じますが、最も多く見られるのは閉経時期である50歳前後の時期と言われています。
しかし、原因が全くそれだけとも言えないのが更年期。というよりは人生です。
年を重ねることで「老い」を感じるようになる40代半ばという時期。
子供がいるのなら、その進学や就職の時期で出費がかさみ、自分や夫の仕事でも、働き盛りであるということは、それだけ大きな壁を迎えている事でもあります。
そして年老いた自分の親を「見送る」経験が出るのもこの時期が多い・・・
更年期とは、人生で経験したことのない新たなストレスが一度にやってくるものでもあります。
そんな「人生の折り返し」に立ちはだかるストレスも、更年期障害を加速させる原因の1つとみて良いでしょう。
女性更年期障害の原因

女性更年期障害の治療法

女性更年期障害の治療法として、大きく分けて3つの方法があります。
1:ホルモン補充療法
HRTとも呼ばれる方法で、減少した女性ホルモン(エストロゲン)を補充するための薬です。
経口剤(飲み薬)と経皮剤(貼り薬、塗り薬)があります。

2:漢方薬
東洋医学の漢方です。複数の生薬を組み合わせることで薬効作用を増強させ、体質の改善を促します。
ホルモン補充療法が使用できない場合や更年期障害の訴えが多岐にわたる場合には最初に試される方法です。

3:抗うつ剤・抗不安薬
更年期障害からのうつ状態、精神神経症状の場合やホルモン補充療法が効かない場合には、これらの薬が使用されます。
他にも、専門のカウンセラーによるカウンセリングも併用して、ストレスを軽減させる方法を探ってゆきます。

その他にも、更年期障害に対してホルモンを補充する以外に「ホルモンバランスを整えるべく、体調を見直す」というのも重要です。
ホルモンバランスの変調によるストレスで、心身の悪循環を迎えてしまうのが更年期障害。
この悪循環を食い止めるためには、食生活の見直しを計り、ビタミン・ミネラルなどの調和をとった食事により、栄養をしっかりと摂るのも極めて重要です。

女性更年期障害の薬やサプリの種類

女性更年期障害の薬やサプリの種類 女性更年期障害の薬として、主だったものは下記になります。

1:HRT(ホルモン補充療法)の薬
女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少を抑えるため、その補充が目的です。
錠剤:プレマリンリノラル
塗り薬:プレマリンクリームオエストロジェル
膣内投与:ヴァギフェム
貼り薬:エストラーナテープ

2:漢方薬
日本ではHRTが普及するより以前から使われてきた治療法であり、更年期障害の症状を減少させながら、ホルモンの減少にも対応できる体作りをしてゆくのが目的です。
温経湯(うんけいとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、女神散(にょしんさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)など。
サプリメント:シャタバリ(植物性エストロゲン)

3:抗うつ剤、抗不安剤、睡眠導入剤など
※うつ症状や不安感が強くなるなど、主に精神的なものの場合には、こうした薬が処方されることがあります。
抗うつ剤:パキシル(パロキセチン)ジェイゾロフト(セルトラリン)
抗不安剤:デパス(エチゾラム)
睡眠導入剤:ルネスタ(エスゾピクロン)アモバン(ゾピクロン)

女性更年期障害の薬の副作用

女性更年期障害の薬の副作用 女性更年期障害の薬には、副作用を生じさせるものもあります。
1:HRT(ホルモン補充療法)の薬
更年期により、急激に減少する女性ホルモン(エストロゲン)を補充するための薬であるHRT(ホルモン補充療法)の副作用は、不正出血、乳房のハリや痛み、吐き気などがあります。主に薬の頻度や量で調整を図ります。
また、エストロゲンのみを長期にわたって投与を続けると子宮内膜が増殖してしまい、子宮体癌の危険性が高まるとも言われていますので、その場合は黄体ホルモン剤(プロゲステロン)も合わせて投与するというのが一般的です。

2:漢方薬
漢方薬は副作用が少ないと言われていますが、全くないという訳ではありません。
代表的なものとして「加味逍遙散」は自律神経の改善に効果がある漢方薬ですが、これらの漢方薬に多く配合されている生薬の「甘草」を大量服用すれば、むくみや高血圧になることがあります。

3:抗うつ剤、抗不安剤、睡眠導入剤など
精神的な抗うつ剤、抗不安剤の副作用は、急激な眠気、倦怠感、口の渇きや頭痛などを引き起こします。
また、抗不安剤の副作用として、依存症になりやすい。ということがあります。
※いずれにせよ、自分にとっての「適量の範囲」を定めるのが肝心です。

男性更年期障害とは?

男性更年期障害とは? 男性の更年期は、早い人で40歳くらいから始まりますが、もっとも多い年齢幅としては45歳~50歳前後と言われています。
この年齢になると、行動力、競争心とった部分を司る男性ホルモン(テストステロン)が減少してゆきます。
「加齢男性性腺機能低下症候群(通称「LOH症候群」)」と呼ばれているこの病気により、「やる気の著しい減退」や「うつ症状」が生じる可能性があり、また、身体的なところでは心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上昇します。
テストステロンの値が低いと内臓脂肪が増えてくることもわかってきており、逆に、テストステロンの値が低い人に男性ホルモン補充(テストステロン補充)をすることで内臓脂肪が減り、筋肉量が増えることも確かめられています。
うつ症状から始まる心の不調と、メタボリックシンドロームに始まる身体的リスク。
どうしても男性ホルモン、というと「ギラギラしている」イメージがありますし、「ほどよく枯れる」というのは人生において重要とは思いますが、健やかな生活を送る為にも、男性ホルモンはしっかりと補充し、人生においての「やる気」はいくら年を重ねても失わないようにしたいものです。

男性更年期障害の症状

男性更年期障害の症状 男性更年期障害のもっとも重要な症状が、うつ状態です。
気持ちが落ち込み、何をするにもやる気が起きず、外出もしたくない。
息をするのも面倒くさい・・・というのも決して大げさではないように、非常に倦怠感がある。
加えて、男性機能の低下ということで、勃起不全というのもあります。
朝起きた時に勃起している、いわゆる「朝勃ち」と呼ばれている現象が少なくなります。
男性の自信につながっている男性機能。これらが低下すると必然的に「やる気」も失われてくるというもの。
こうした様々な落ち込み、萎えというのは、 男性ホルモン(テストステロン)が低下したことで生じる症状なのです。
他にも、血管の収縮を司る自律神経が原因となる症状も発生します。
多いところではめまい、頭痛、体ののぼせ、動悸、呼吸困難などです。
これらは抑うつ状態による不安感と、過度の緊張といった不安定な精神状態が引き起こす症状でもあります。
男性ホルモン低下により、まず気持ちが不調をきたし、そして体調の変化へとつながる。
「病は気から」という言葉もまた別の意味を持ち、その言葉にさらなる重みが出てくるというものです。

男性更年期障害の原因

男性更年期障害の原因 男性更年期障害の原因。それは 男性ホルモン(テストステロン)の低下が原因です。
と言ってしまえばそれまでの話ですが、その男性ホルモンが減少する理由は大きく分けて二つあります。
第一が加齢。そして第二がストレスとなっています。
40代以降、仕事も働き盛りになりますが、体は無理が効かなくなる。
上司が入院、取引先に不幸があり、そして自分の親を最期を看取る・・・
老い、そして人の死というものがすぐ近くに迫ってくる。そんな経験も増えてゆき、自分の「生の終わり」を意識するようになるのもこの時期です。
人生の折り返しになってから初めて意識する老いの環境。そうしたストレスが、確実にテストステロンを奪ってゆくのです。
加齢とストレス。いや、加齢こそがストレスなのだと意識する年代と言いましょうか。
男性ホルモンの分泌量は、20代から30代でピークを迎え、その後の加齢で徐々に減少してゆきます。
もちろんこれには個人差があり、しかもその個人差が男性は女性に比べて大きすぎるため、一時期は「男性には更年期が存在しない」とも言われてきました。
しかし、病気と向き合うには「これが病気である」という事実を理解することが何より重要なのです。

男性更年期障害の治療法

男性更年期障害の治療法は、やはり男性ホルモンの分泌を促すために何をするか。ということに尽きます。
ビタミン・ミネラルなど、バランスのとれた食事、栄養を摂って食生活の見直しを計ります。
栄養バランスの次は、適度な運動です。
フィットネスジムももちろんいいのですが、日常で「歩きに置き換える」ということを意識するだけでも運動量は違ってきます。
エスカレーターは使わない。自転車で行っている近所のコンビニまで歩く。
電車で座れる席があっても、あえて立つ・・・というのはかえってストレスがたまりそうなのでやめましょう。
そう、ストレスをためないための方法を探る。というのも重要です。
自分に合ったリラックス方法を見つけて、日常生活に取り入れるのもいいでしょう。
そして何より、病院での受診・治療です。恥ずかしいイメージもありがちな男性更年期障害。
自分で抱えてしまうこと。それを認められないこと。というのがその症状を悪化させる「ストレス」につながります。
病院の医師に相談すれば、適切な処置をしてくれることでしょう。
病院で行われる男性更年期障害の治療法としては、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的であります。
また、自宅で塗布できる塗り薬でのホルモン補充薬も購入することができます。

男性更年期障害の薬やサプリの種類

男性更年期障害の薬やサプリの種類 男性更年期障害の治療法として、大きく分けて3つの方法があります。
1:ホルモン補充療法
HRTとも呼ばれる方法で、減少したテストステロンを補充するための薬です。
・テストステロン経口剤(アンドリール
・経皮剤(テストステロン補充ジェル

2:漢方薬
体質に応じて緩やかにその効果を出してゆく漢方薬・サプリメントも体質の改善を促します。
漢方薬(八味地黄丸・柴胡加竜骨牡蛎湯・六味丸)
サプリメント(トリプトファン・亜鉛・マカ・アルギニン)
といった成分が精子の生成、陰茎部の血流改善を促し活力となり射精時に精液が濃くなっていることが目視でもわかります。

3:抗うつ剤、抗不安剤など
※うつ症状や不安感が強くなるなど、主に精神的なものの場合には、こうした薬が処方されることがあります。
抗うつ剤:パキシル(パロキセチン)ジェイゾロフト(セルトラリン)
抗不安剤:デパス(エチゾラム)

男性更年期障害の薬の副作用

男性更年期障害の薬の副作用 男性更年期障害の治療薬には、まれに副作用がみられることもあります。
男性ホルモンは睾丸で生成されるため、その位置に関わる「前立腺疾患」を持つ方は、投与にあたって慎重になる必要があります。
がんへの悪因子が増えるケースもあり、現在進行で前立腺がんの方はその病状が進行してしまうことも考えられます。
また、 男性ホルモン(テストステロン)が増加されることにより、その造血作用がプラスに働きすぎて、多血症を患っている人はその増悪に。また多血症そのものの発症を促してしまうケースも稀にあるとのことです。
他にも、睡眠時に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」の人はその症状が悪化することや、副作用が顔面に現れる「ニキビ・むくみ」といった症状。
男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることにより、胸部が大きく張ってくる「女性化乳房」などのケースもあるようです。
また、注射によるホルモン補充療法では、睾丸の萎縮による精子の生産量の減少があります。
副作用のリスクを調べた上で、体に合った量を使ってゆくことが大事です。

若年性更年期障害とは?

若年性更年期障害とは? 今、若い世代にも更年期障害の症状が起こるケースが増えています。
更年期障害とは通常、50歳前後から閉経へと進んでゆく過程において、機能を終えようとしている子宮に対して、脳の下垂体がそれに逆らって 女性ホルモン(エストロゲン)を大量に分泌させようとする。
そのアンバランスな分泌により、自律神経の働きが乱れ、身体的、精神的不調となって現れることを言います。
つまり、更年期障害とは「閉経の過程によるホルモンバランスの乱調」ということなのですが、その脳からのエストロゲン分泌乱調の兆しを見せる年齢が早まる人がいるのです。
20代、30代ですでに生理が不順になったり、月経が無くなるなど更年期障害と同じような症状となる女性が増えてきました。
これが「若年性更年期障害」です。
最近「月経が不規則になった」「手足に急なほてりや熱が出た」「なんだか最近イライラする」といった症状を訴える若い世代も増えてきています。
若い世代にとっては「更年期障害」という言葉は、どうしても「自分の親の世代がする話」というイメージがあると思いますが、この近年増えてきている「若年性更年期障害」にもしっかりと知識をつけて向き合ってほしいと思います。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状 若年性更年期障害の症状は、通常の更年期障害の症状と大きな差異はありません。
「手足のほてり」「体の末端の冷え」を感じることもあります。
室内の温度は適温になっているので、やたらとのどが渇き、顔から汗が吹き出る「異常発汗」もそうでしょう。
そして、それらは同時に起きることもあります。
体は冷えているのに汗が止まらない。顔がほてっているのに手足は異常に冷たい。など、ホルモン分泌のアンバランスさが解りやすく出ている症状があります。
他にも女性ホルモンが低下することによって「骨量」すなわち骨の量も減少し、骨粗しょう症にも繋がりやすくなります。
エストロゲンが減少すると、皮膚や粘膜にも影響を与えます。
女性は性的に興奮をすると膣の壁から粘膜を分泌して膣壁に潤いを与えますが、このバランスが乱れると膣の乾燥や萎縮が起こり、性交時に痛みが起こる「性交痛」を引き起こしてしまうのです。
こうした身体的な不調もありますが、精神的に不調を来すこともあります。
「不安感」「うつ状態」などがそれです。
ホルモンバランスが乱れることにより、こういった様々な症状を引き起こしてしまうのが若年性更年期障害です。

若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の原因 若年性更年期障害の原因の大きなものとして、ストレスが挙げられます。
現代日本では仕事ひとつをとっても、休日出勤、残業、不規則な出社時間といった、ストレスが溜まりやすい環境が増えてきています。
女性ホルモンの分泌には、卵巣だけではなく、脳も極めて重要な部分を担っています。
脳は視床下部から下垂体に命令を下し、卵巣を刺激して 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すのですが、ここにストレスが加わることで、通常の命令を処理できず、自律神経の働きが悪くなってホルモンバランスが乱れてくるのです。
また、仕事のストレス以外でも、無理なダイエットやバランスの悪い食事というのも、若年性更年期障害を引き起こす重大な原因になっています。
急激なダイエットをすることで短期間で体重が激減した場合、体は「栄養失調」の状態になります。
そうなると体はまず「自分の体の生命活動を最優先にする」という命令を下します。
その結果、月経が止まってしまうのです。
これを「体重減少性無月経」とも言います。
また、激しい運動も肉体にとっては大きなストレスとなりますので、激しいダイエットやスポーツにより月経が止まってしまい、結果、ホルモンバランスが乱れて若年性更年期障害の症状へと進んでゆくのです。

若年性更年期障害の治療法

若年性更年期障害を治療するにあたって、万能な薬や治療法というのは存在しません。
様々な症状をひっくるめて「若年性更年期障害」という呼び名になっているため、苦しんでいる人には、「どんな症状に苦しんでいるのか=その症状に対処する方法を考える」ということになります。
ホルモンバランスの乱調により月経が止まる無月経(過度なダイエットによる無月経は「体重減少性無月経」とも呼びます)には、まず血液検査が必要になります。
血液中の 女性ホルモン(エストロゲン)量や、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを調べます。
それらのホルモン量が著しく低く「早期閉経」と診断された場合には、ホルモン補充療法を行います。
また、卵巣の機能が衰えてホルモンの分泌量が少なくなった場合でも、それぞれに適用させるホルモン補充の薬を使用します。
合わせて、プラセンタ療法といって、胎盤エキスを注射し、サプリメントを取り入れる方法もあります。
ただ、早期閉経と診断される人は決して多くはありません。
ストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れを改善させるためには、先だっては食事内容や生活習慣そのものを見直す必要があるでしょう。

若年性更年期障害の薬やサプリの種類

若年性更年期障害の薬やサプリの種類 若年性更年期障害の薬やサプリメントですが、それぞれの症状に合わせた薬が市販されています。

1:HRT薬(ホルモン補充薬)
女性ホルモンを補う卵胞ホルモン薬です。のぼせや発汗などにも効果が高く、続けて服用することで骨粗しょう症の改善もみこめます。
女性ホルモン(エストロゲン・エストラジオール)
錠剤:プレマリンリノラル
塗り薬:プレマリンクリームオエストロジェル
貼り薬:エストラーナテープ(エストラジオ―ル)

2:漢方薬
体調の不調を緩やかに整えるということが期待できます。
植物性エストロゲンが免疫強化やストレス軽減に効果的シャタバリ(ヒマラヤ)
自律神経の乱れを整える命の母ホワイト(小林製薬)
足腰の冷え、のぼせ気味など桂枝茯苓丸(ツムラ)
冷え性や貧血などルビーナめぐり(武田薬品)

3:プラセンタ(胎盤)
ホルモンを作り出す組織に働きかけ、その生産を促すのに効果があると言われています。乳がんに掛かったことがあるなど、HRT治療が行えない方も使用することが出来ます。
粉末:Tp200(日本メディカル研究所)

若年性更年期障害の薬の副作用

若年性更年期障害の薬の副作用 症状によってさまざまな薬を処方するわけですが、当然、薬である以上は副作用があります。
これは人それぞれの体質が大きく左右するものではあるのですが、以下の副作用があります。

1:HRT薬(ホルモン補充薬)
下腹部・乳房に張りを感じる。吐き気。不正出血。おりもの等。
特に不正出血は、エストロゲンによって子宮内膜が増殖し、そのホルモンを調節しようと出血に至る「消退出血」と呼ばれています。
こうした場合は、薬の種類や量を変えます。
また、乳がんや子宮体がんは 女性ホルモン(エストロゲン)との関わり合いが深い為、過去に乳がんや子宮体癌になった人はホルモン補充療法を受ける事はできません。

2:漢方薬
漢方薬には副作用が少ない。ということは言われていますが、漢方薬の約7割に含まれている甘草は、その主成分グリチルリチンを多量に摂取すると、血圧上昇、血清カリウムの低下などの副作用があると言われています。

3:プラセンタ
胎盤エキスであるプラセンタにも副作用が報告されています。生理の時期が早まったり出血量が多くなることもありますが、使い続けてゆくことで自然と治まって行きます。
TOPに戻る