配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

不眠症

不眠症診断

※Javascriptが無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

不眠症診断チェック

あなたに不眠症の傾向がないか
無料で診断いたします。
全8問で1分程度で診断できます。

スタート »

※不眠症診断は、こころナビより利用させて頂いております。

  • ベット・布団に入ってからすぐに眠ることができる

    • できる

    • 少しかかる

    • かなりかかる

    • 全く眠れない

  • 睡眠途中、夜中に目が覚めて困ったことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 目が覚めてしまい、寝付けないことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • トータルの睡眠時間に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 睡眠の質に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 日中の気分に影響している

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中の身体・精神の両方の活動に支障をきたすことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中に眠くなることがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

不眠症とは

不眠症とは 不眠症とは、寝つきが悪く、直ぐに目が覚めてしまうといった状態が続き、必要に応じた眠りを維持する事ができない睡眠障害を言います。
眠りを維持できないという事は、眠った気がしなくなるというものですから、そうした症状が続く事で日中に急な眠気に襲われたり、注意力が散漫になったり、疲れが取れなくなるなど、多岐に渡り体調不良が引き起こされている状態を指し、こうした症状の持続により、臨床的な著しい苦痛が伴う精神障害であるとも言えます。
日本では、約5人に1人が不眠の症状に悩んでいると言われています。
小児期や青年期の不眠症は稀な症状と言われていますが、20~30歳頃から不眠への障害を感じる人が現れ、それらは加齢と共に増えていく傾向にあります。
中年、壮年と増加の一途を辿り、高齢者では実に3人に1人が睡眠に障害が出ているとも言われています。
原因は、年齢と共に減少していくメラトニンに深く関係しています。
また、男性と女性の性別では、女性に不眠症の症状が多いとも言われています。
不眠症には環境的要因、身体的要因といったケースから、精神的な要因から不眠に至るケース、生活習慣によって不眠を引き起こすケースなど、その原因も多岐にわたり、また要因が重なると不眠症へのリスクは増加します。

不眠症の原因

不眠症に至るには、様々な原因があります。
人間、昼に長く寝てしまった場合は、夜に眠り難くなるものですが「朝寝たり夜寝たり」というようなランダムな入眠が続く事で、寝る姿勢が作り辛くなるもので、こうした入眠リズムは不眠症の原因の1つです。
こうした問題は時差のある場所に行っても実感出来るもので、欧米に旅行に行くと10時間以上も飛行機に乗っているために、機内で眠りにつき、目が覚めた頃は現地はまだ夜…というような状況で、旅先で不眠症に襲われる人も珍しくはありません。
単純に言えば、普段使っている枕が変わるといった部分も不眠症の原因の1つと言える訳ですが、他にも様々なことが不眠症のきっかけとなり得ます。
不眠症の原因を細かく分けると、環境を要因とするもの、身体要因からくる不眠症、そして服薬している薬による薬理学的要因や精神的要因などがあります。
特に精神的要因により入眠が困難になるといったものは、本人の自覚がないままに「なぜか眠れない」という状況になることもあり、他の要因と比べてフォローと対策が難しくなる部分もあります。
眠りを司るホルモンと呼ばれるメラトニンの減少も大きく関係しています。
メラトニンは体内時計に対して指示を出すホルモンで、睡眠と覚醒の脳内モードを切り替えて自然な眠りへといざなう効果があります。
メラトニンは、年齢と共に減少しますが、昼夜が乱れる生活サイクルや日光を浴びない生活でも減少します。
いずれにせよ、原因を見極め、適切な対策を取る事が重要です。
不眠症の原因
心理的原因
心理的原因 不眠症の心理的原因は、端的に言ってストレスです。
「不安で夜も眠れない」というのは大げさな言葉として使われがちですが、実際に家庭の問題、仕事の悩み、人間関係でどうする?といった不安を常に抱えている人は、それらの不安は確実にストレスとなって脳に積み重なり、やがて不眠症に繋がってしまうのです。
ストレスを抱えるというのは、脳に負荷を掛けていること。そうした負荷で興奮状態に入った脳は睡眠に入る事が出来なくなり、それが不眠症へと繋がっていきます。
ストレスからくる不眠症は、うつ病に繋がりやすいとも言われていますので、ストレスや不安を和らげるためには、リラックスして眠りを誘うことが必要になってきます。

身体的原因
身体的原因 不眠症における身体的要因とは、自分の体に何かしらの疾患がある時に、その疾患によって眠れなくなり、不眠症を引き起こす事を言います。
不眠を引き起こす疾患は、発作によって咳を起こす喘息やアレルギー性の皮膚疾患による痒み、中枢神経の疾患による発熱、頭痛などです。
近年では循環器疾患による不眠症も取り沙汰されており、いわば心臓に負担をかける病気です。
代表的なものが、寝ている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」が起こり、睡眠中の頻繁な呼吸停止により睡眠の質が著しく低下するというものです。
睡眠の質が下がる事で、寝ても寝ても寝たりないということも不眠症の1つと言えますので、自分の睡眠の質が下がっていないかどうかを注意する必要があります。

精神医学的原因
精神医学的原因 精神医学的原因の不眠症とは、神経症、統合失調症、うつ病といった「精神疾患」が原因となって起こる不眠症のことを言います。
当然ですが精神疾患から不眠症になった場合は、先に精神疾患を治す必要があります。
精神的な病気というのは、長いスパンで治療に当たらなければならないことも多いため、早い段階での対応が求められます。
不眠症の心理的原因としての「ストレス」が溜まることで、うつ病という精神疾患へと繋がる可能性もあります。
医師の診察を受け、精神を安定させる薬を利用する事で、不眠が改善されたということも多いので、ストレスを根本としたこれらの不眠症の改善には、精神の安定を計るということが何よりも重要になります。

薬理学的原因
薬理学的原因 薬理学的原因の不眠症とは、体内に取り入れる薬理学的成分の摂取によるものです。
その成分とは、主にタバコに入っているニコチンや酒によるアルコール、カフェインなどです。
コーヒーやお茶に含有されているカフェインやタバコに含まれているニコチンは、脳を活発にさせる覚醒作用を持っています。
眠りとはリラックスの極みとも言える行為なので、こうした脳を活発にさせる行為は睡眠の妨げになるのです。
また寝酒という事で、アルコールを体に入れる人も多いのですが、アルコールを摂取しても一時的に眠くなるだけであり、体内のアルコール成分を分解するために体の機能はずっと稼働しているため、眠りが浅くなり何度も目が覚めてしまうことになります。
他には薬そのものとして、抗がん剤、自律神経や中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

生理学的原因
生理学的原因 生理学的原因が元となる不眠症とは、引越し、入院、夜勤の仕事といった環境の変化が原因となるものです。
入院先で普段よりも早い時間に就寝しなければならない、引越しで窓の外の音がうるさくなった、部屋の温度、湿度といった環境の変化、そして枕が変わった、マットレスが変わったといった睡眠環境そのものも関係していきます。
細かい事ほど、一度気になってしまうと取り返しがつかないほど悩んでしまうものです。
眠りに於いて環境が変わるというのは、とても重要なことです。
不眠症を引き起こす生理学的要因とは、些細な事かもしれませんが、しっかりと原因を見極めて環境の改善に取り組んでいかなければ成りません。

メラトニンとは

メラトニンとは メラトニンとは「眠りを司るホルモン」と呼ばれ、脳内の松果体から分泌されるホルモンです。
メラトニンは体内時計に対して指示を出すホルモンで、睡眠と覚醒の脳内モードを切り替えて自然な眠りへといざなう効果があります。
人間が朝、太陽の強い光を浴びると、脳に存在する体内時計の針がリセットされ「活動状態」へと切り替わります。
また、体内時計はメラトニンの分泌を止める信号を出し、14~16時間の活動時間を経て、再び体内時計からの指令によりメラトニンが分泌されます。
メラトニンの分泌が徐々に上がっていくことで、その効果によって体の深い部分での体温(深部体温)が低下し、休息するのにちょうど良い状態へといざなわれて「眠気」を感じるようになるのです。
こうして眠りの状態を司るだけではなく、抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用とは、細胞の老化の一端となっている活性酵素の活動を食い止める効果の事です。
メラトニンはこうした抗酸化作用による老化防止、そして抗がん作用もあることが認められています。
アメリカでは、このメラトニンのサプリメントは抗老化ホルモンとして大ブームにもなり、現在も愛用されています。

不眠症の症状

不眠症の症状は大きく分けて4つに分類されます。

入眠障害 1.入眠障害
眠りに付くまでの時間が長く、30分~1時間も掛かるという方は、ただ寝つきが悪いというだけでは済まされず、入眠障害の可能性があります。
寝つきの問題は、睡眠への満足度が低い方が抱えている悩みの中で最も多いものです。
床について眠るまでに掛かる時間を「入眠障害」と言いますが、一般的な入眠潜時は10~15分と言われていますので、30分以上、ましてや1時間も掛かってしまうというのは非常に長いということです。
もちろん、時々「寝付けない日」があること自体は問題ありません。
それは誰にでもある事なのですが、眠れないことに馴染んでしまう、習慣になってしまう事が、慢性的な入眠障害、不眠症に繋がっていくのです。

中途覚醒 2.中途覚醒
一度は眠ったはずなのに、夜中に何度も何度も目が覚めてしまい、また眠りに就くまでに時間が掛かってしまうことを中途覚醒と言います。
一晩に大体2回程度は目覚めてしまう、目覚めた直ぐにまた眠ることが出来る、という現象なら特に問題はありません。
しかし、一晩に何度も目が覚めてしまう、目が覚めた後に寝付く事が出来なくなるとしたら、それは中途覚醒の可能性が非常に高いです。
実は睡眠障害の中で、最も多く見られる症状がこの中途覚醒です。
中途覚醒は特に高齢者に多い症状で、60歳以上の高齢者のおよそ2割の人がこの症状に自覚があると言われています。
こうして年齢的な問題の他にも、精神的なストレスも影響しています。

早朝覚醒 3.早朝覚醒
例えば、目ざまし時計を6時にセットしたのに4時に起きてしまう。もっと眠りたいのにどうしても変な時間に目覚めてしまう
希望とする時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまう症状は、早朝覚醒と呼ばれる不眠症の症状です。
目が覚めた後も再び眠りに就くことは出来なくなるのです。
「なら早起きしたと思って…」と思うかもしれませんが、不眠症は立派な病気です。そこまでポジティブに考えられる話でもありません。
その分、日中に猛烈な眠気を感じるものですから堪りません。
望まぬ早起きをした挙句に、仕事中に眠気でミスを起こすというのは笑えない話です。
この早朝覚醒は先ほどの中途覚醒に続き、高齢者に多い症状とされています。

熟眠障害 4.熟眠障害
睡眠時間も短くはない、決して寝つきが悪い訳ではない、でも熟睡した気持ちになれず、朝の目覚めがとても苦痛に感じる。
こうした症状は、熟眠障害の可能性があります。
不眠症の一種である熟眠障害は、別名「熟眠不全」とも呼ばれています。
通常の寝不足とは認識が違い、睡眠時間そのものは十分にとれていますが、なぜか熟睡した気持ちになれないのです。
熟睡した気持ちにならないと「睡眠時間が足りなった」という気持ちになり、さらに睡眠をとる人がいます。
しかし長時間寝たとしても、睡眠時間とは関係がない熟眠障害が治る訳ではありません。
寝疲れという単語があるように、やみくもに眠りに就くだけでは解決しないのです。

これらの症状は1つだけが現れるという事はなく、同時に複数の症状に掛かる場合もあります。
中々眠つけない、その上何度も何度も目が覚め、最終的には起床時間の3時間前に起きてしまう。
早起きしたと思っていても疲れは取れず、仕事中に猛烈な眠気を感じてしまう。
想像するだけでも辛いものですが、それぞれの症状を詳しく知ることで対策を講じる必要があるでしょう。

不眠症の治療方法

不眠症の治療方法 熟眠障害に早朝覚醒といった様々な原因と症状が重なる不眠症があります。
こうした不眠症の治療も又、様々な方法がありますが、大きく分けると2つになります。
それが「薬物療法」と「非薬物療法」です。
これは文字通り薬を使うか否か?というもので分けられています。
生活習慣の改善が、不眠症の改善に繋がる場合はあり、それらの非薬物療法はセルフケアの範囲で行われます。
例えば、寝る前には紅茶、コーヒーといったカフェインを含むお茶類は摂取しないようにするという基本的なことから、眠らなくてはいけないという気持ちが返って頭を冴えさせる結果にもなるので、寝る時間に拘り過ぎないようにする。
ベッドでものを食べたり、本を読んだりテレビを見たりせずに、眠る為だけに使う事を心掛けることで「ベッドは寝る空間」という意識を高めるといった意識の面に働き掛ける方法もあります。
薬物療法は不眠が起こるメカニズムを解析した上で、体の入眠、覚醒のリズムを改めて整え、入眠へと導く薬や脳の興奮状態、覚醒状態を抑えて入眠に導く薬などがあります。
いわゆる睡眠薬というのはちょっと怖いイメージがありますが、日々研究が続けられ、安全性と有効性が上がっている現代の睡眠薬は、しっかりと効能を見極めて使用するのもオススメです。

睡眠薬とは

睡眠薬とは 病気である不眠症を改善に導くには、やはり睡眠薬の存在が必要になってきます。
不眠症であったり、眠りが必要な状態に使用する薬物として、寝つきを良くする作用があります。
睡眠導入剤とも呼ばれていますが、意味合いは少し違います。
睡眠薬は「人を眠りにつかせる力を持つ薬全般」を指しますが、睡眠導入剤は「特に入眠に至らしめる力が強い薬」のみを指します。
細かく言うと、睡眠薬の中で入眠、いわば「寝つき」に効果が高いものが睡眠導入剤とされている傾向があります。
ただし、どこまで入眠させる力があれば睡眠導入剤と呼ばれ、どのくらいの範囲でその名称が変わるのか?というラインが明確に定められている訳ではありません。
これは医師によっても大体の感覚で分けられている事も多く、その線引きも微妙に違ったものになります。
睡眠薬・睡眠導入剤の種類とその効果はそれぞれ違いがあるということなので、どこまでが自分の体にとって良い形で服用できるのか?という部分を見極める必要があるでしょう。
どうも睡眠薬には過激なイメージが付きまといますが、今は開発が進み、副作用や依存性が低いものが主流となっていますので、しっかりとそれぞれの薬について確かめていきたいものです。

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類は大きく分けて2種類があります。
1つ目が、夜中に起きてしまうことを防止するために使われるもので、睡眠障害のひとつ「中途覚醒」に対して用いられます。
この中途覚醒に対して使用する睡眠薬は、効き目が長い睡眠薬を指しているもので「長時間型」や「中時間型」とも呼ばれています。
長時間型は睡眠作用が9時間以上続くものもあり、服用後30分以内に効果が作用します。
しかし、長時間続くという事は、薬の影響も長時間に及ぶという事ですので、日中に過度の眠気に襲われる可能性があります。
もう1つが、主に寝付けない症状「入眠困難」の人に対して用いられるものです。
こうした寝つきの改善に繋がる睡眠薬は、即効性があるものを指し「短時間型」や「超短時間型」と呼ばれています。
これは先ほどの「睡眠導入剤」に当たる薬です。
こちらの薬は、大量服用した場合やアルコール記憶障害を起こす可能性あるので得に注意が必要です。
超短期型の代表格で、一番有名なのがハルシオンです。
短時間型のデメリットは、3~4時間後には効果を失ってしまうので「中途覚醒」のような、夜中に何度も目が覚めてしまうものには向きません。

バルビツール酸系
バルビツール酸系 バルビツール酸系の睡眠薬は、古くからある睡眠薬として知られています。
1920年代から1950年代までは、実質的に「唯一の睡眠薬」として扱われていました。
有名なところでベゲタミン錠・ラボナ錠といったものがありますが、これが発売されたのは1950年代の事で、現在では用いられる事は殆どありません。
現在使われない理由としては、これらのバルビツール酸系の薬は耐性(使う内に効かなくなる)が強く、量が増えることで依存性も高まります。
そして大量に服用すると呼吸が停止するなどの危険な副作用もあるのです。
効果はとても強力ですが、ただ古いというだけではなく、こうした危険性も伴いますので、現在では出来るだけ使わない事になっています。

ベンゾジアゼピン系
ベンゾジアゼピン系 およそ20人に1人が睡眠薬を使っているという日本ですが、その中で最も多く使われているのがベンゾジアゼピン系睡眠薬です。
特徴として、確かな催眠作用(眠りへといざなう力)がある上に、重い副作用が少ないというのがあります。
1960年代から使われ始め、このベンゾジアゼピン系睡眠薬も、歴史ある薬と言えるでしょう。
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で最も有名なのがハルシオンです。
短い時間で薬の効能があり、3~4時間後に効能が消えるという「超短期型の睡眠導入剤」の代表格となっています。
一時期悪用された様子がニュースになり、イメージが悪い印象もありますが、しっかりした効果のある薬です。
※個人輸入が禁止されている劇薬でもあるため、医師の処方以外での入手は出来ません。

非ベンゾジアゼピン系
非ベンゾジアゼピン系 歴史ある睡眠薬で副作用が少ないというベンゾジアゼピン系の睡眠薬ですが、それだけで漫然と使い続ける事で依存症になるリスクもあります。
それよりも少ない副作用があれば尚良いということで、ベンゾジアゼピンを使わない「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれる睡眠薬も存在します。
ベンゾジアゼピン系の作用の中には、催眠作用の他にも健忘作用や筋弛緩作用があります。
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、この中で筋弛緩作用に対しての働きを抑えていることが特徴です。
解りやすく言うと「この薬では足元のふらつきなどが少なくなる」ということでしょうか?
有名なところではゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)などがあります。
超短時間型に分類される睡眠薬で、服用後30分位で眠りにつき3時間位の半減期となるため、起床時には血中から薬効も無くなるため使い勝手が良いと人気です。
副作用としてゾピクロンは苦みが口内に残る為、エスゾピクロンがオススメと言えます。

オレキシン受容体拮抗薬
オレキシン受容体拮抗薬 眠りにいざなう脳内物質がメラトニンならば、目が覚めている状態を保つ脳内物質もあります。
それが「オレキシン」という物質です。
オレキシン受容体拮抗薬とは、そのオレキシンの働きを弱める事で、入眠を促進させるという薬です。
これまでに無かったタイプの薬であり、脳の覚醒を司るシステムをブロックする事で、脳が覚醒から睡眠へと流れていくというところに着目しています。
2010年から使われている新しい薬であり、有名なところでラメルテオン(ロゼレム)があります。
こちらは半減期(体内で薬の濃度が半分になる時間)が約10時間と長く、長時間型の睡眠薬と言えます。
また、ベンゾジアゼピン系の薬よりも副作用が少ないとされています。

メラトニン受容体作動薬
メラトニン受容体作動薬 眠りを司るホルモン、メラトニンとまったく同じ働きをする薬が、メラトニン受容体作動薬です。
体内時計のリズムを調節し、睡眠と覚醒の時間帯を正しい形に調節するメラトニンですが、このメラトニン受容体作動薬がそのシステムに入り込むことで、睡眠と覚醒のリズムを正常なものに戻して入眠へといざないます。
2010年より使用され出したメラトニン受容体作動薬ですが、これまでの睡眠薬の効果である抗不安作用、鎮静作用といったものではなく、自然な眠りへといざなう薬として注目されています。
副作用はとても少なく、禁断症状もありません。
ただし、直接的な睡眠作用はないということなので、重度の不眠症や長期に渡る不眠症に悩まされている方への効果は低いと言えるでしょう。
外部から不足しているメラトニンをサプリで摂取する方法が、手軽で長期に渡って改善効果が見込めると思います。
TOPに戻る